湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



STRADIVARIUS セール


イタリアの名門STRADIVARIUS レーベル、古楽・現代音楽を中心とした全143タイトルを対象にした大セールです。DATUM シリーズでは歴史的録音もございます。

特価受付期間〜2017年3月30日まで!!


品番 内容 演奏者
STR-005
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2 番BWV.1003
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1 番BWV.1001
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1 番BWV.1002
ウート・ウーギ(Vn)

録音:1991年
STR-006
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3 番BWV.1005
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2 番BWV.1004
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3 番BWV.1006
ウート・ウーギ(Vn)

録音:1991年
STR-0506(2CD)
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(全曲)BWV.1001
〜1006
ウート・ウーギ(Vn)

録音:1991年
STR-11004
マラン・マレ(1656-1728):スペインのフォリア
前奏曲/アルマンド/クーラント/
サラバンド/ポロネーズメヌエット/
ジーグ「お気に入り」/
昔のリュート作曲家の様式によるパヴァーヌ/
優美/ロンド形式のバレ/
スペイン風サラバンド/
陽気なフーガ/人の声
アルベルト・ラージ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
パトリツィア・マリサルディ(Cemb)
ベアトリス・ポルノン(テオルボ)
STR-11005
バンキエーリ:マドリガル・コメディ「老いの戯れごと」(1598)
マドリガル・コメディ「若者の知恵(若者の抜け目なさ)」(1607)
マルコ・ロンギーニ(指)デリティエ・ムジケ
[アレッサンドロ・カルミニャーニ(T、CT)、パオロ・コスタ(Br、CT)、マルチェロ・ヴァルジェット (B、CT)、ラッファエーレ・ガンガーレ(語り)、マリーナ・ボネッティ(ダブルハープ)、ピエトロ・プロッセル(キタローネ)、クリスティアーノ・コンタディン(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、ジュリアーノ・エッケル(ヴィオローネ)、ジョヴァンニ・トーニ(スピネットーネ)]
STR-11006
ビアージョ・マリーニ(1697-1663):クリオーゼ・インヴェンツィオーニ Op.8
[2つの弦のソナタ/第5カンツォン/
モニカによるソナタ/
リラの旋法によるソナタ/バレット/
第11ソナタ(2声)/
10度による第4カプリッチョ/
ソナタ・ヴァリアータ/バレット/
ソナタ・イン・エコー/第4カンツォン/
ソナタ・ディンヴェンツィオーネ/
(10部の)パッサメッツォ・コンチェルタート]
モニカ・ハジェット(Vn)
パウル・ベイエル(指)ガラテア 
[エミリア・ベンジャミン(Vn、ヴィオラ・ダ・ガンバ)、クラウディア・コムズ(Vn)、カテリーナ・デラニェッロ(Vc)、ヴィオラ・ダ・ガンバ)、ヴィンチェンツォ・オニーダ(Fg)]
[通奏低音]パウル・ベイエル(リュート、テオルボ)、ウリツィオ・マルテッリ、イヴァン・ペラ(テオルボ)、ガブリエーレ・パロンバ(リュート、アーチリュート)、フランコ・パヴァン(アーチリュート)、リチャード・サヴィーノ、フルヴィオ・ガリアスキ(バロックG)、ファビオ・ボニッツォーニ(Org)
STR-11020(2CD)
バッハ(フレデリク・ジガンテ編):リュートのための作品全集&シャコンヌ(ギター版)
 前奏曲と組曲(フーガとアレグロ)
  ホ短調 BWV996/
 パルティータ ハ短調 BWV997/
 前奏曲 ハ短調 BWV999/
 シャコンヌ(BWV.1004から)/
 パルティータ BWV.1006a/
 組曲 ト短調 BWV.1005/
 組曲 ト短調 BWV.995/
 前奏曲、フーガとアレグロ
  変ホ長調BWV.998/
 フーガ ト短調 BWV1000
フレデリク・ジガンテ(G)
STR-11033(2CD)
バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ集
[第1番 ロ短調 BWV1014/第2番 イ長調 BWV1015/  第3番 ホ長調 BWV1016/第4番 ハ短調 BWV1017/  第5番 ヘ短調 BWV1018/第6番 ト長調 BWV1019] 第6番の初期稿からの4つの楽章
フランチェスコ・ドラツィオ(Vn;*)
ジョルジョ・タバッコ(Cemb;+)
※使用楽器:1748年、ヴェネツィアにてピエトロ・グァルネーリ製*/1989年、マイケル・ジョンソン製(モデル:1767年パスカル・タスカン製)+

STR-33452
アントニオ・デ・カベソン:鍵盤楽器,ハープ,ビウエラのための曲集 Vol.4
[Si bona suscepimus(ヴェルドロ原曲)/
Aspice Domine(ジャケット原曲)/
Je fille quanile medona(ヴィラールト原曲)/
 Pis ne me pul venir(クレキヨン原曲)/
Aiule vos sola verdura(リュピ原曲)/
Ayme qui Voldra(ゴンベール原曲)/
Durmendo un jorno(ヴェルドロ原曲)/
Triste de par(ゴンベール原曲)/
Je suis ayme(クレキヨン原曲)/
ティエント
 〔第2旋法/第4旋法/第1旋法/
 sobre qui la dira/第2旋法/
 第3旋法/ Fugas al contrario〕]
クラウディオ・アストロニオ(指)
ハルモニチェス・ムンディ
[アレッサンドロ・チッコリーニ、パトリツィオ・フォカルディ、ヴァニア・ペドロネット、ロザリオ・ディ・メーリョ、ワリー・ピトゥエッロ、クラウディオ・アストロニオ]ラ・モランダ(コルネット&トロンボーン)
[マリア・ガルニエ、パコ・ルビオ、ステファン・レジェー、ジャン=マリー・ボンシュ、パスカル・コンザレス]
STR-33471
ウェン・デクィン:作品集
Qi(1994)/一陣の風/
弦楽四重奏曲第1番(1995)/Wu(1995)
目覚め/不平(1994)/ラメント/
Ji 1&Ji 2(1992-93)
セバスティエン・リスラー(P)
ジョルジョ・ベルナスコーニ(指)
アンサンブル・コントルシャン
STR-33472
イタリアの歌曲と室内アンサンブルによる歌劇管弦楽曲集
ロッシーニ:「音楽の夜会」〜踊り*
ドニゼッティ:「インフラスカータの秋の夕べ」〜船乗りの恋*
カプア(1865-1917):口づけを許したまえ!*
ロッシーニ:歌劇「ブルスキーノ氏」序曲
トスティ:魅惑*/暁*/理想*
ヴェルディ:歌劇「ル・トルヴェール」〜バレエ音楽
6つのロマンスのアルバム〜乾杯*
亡命者/6つのロマンス〜墓に近寄るな*
歌劇「ナブッコ」序曲
ミケーレ・ペルトゥージ(Bs)*
パルマ・歌劇・アンサンブル

発売:1997年4月
STR-33501
D・スカルラッティ:ソナタ全集 Vol.2
イタリア様式 Part 1
K.37 / K.43 / K.46 / K.51 /
K.52 /K.53 / K.54 / K.56 / 
K.59 / K.60 /K.61 / K.63 /
K.67 / K.69 / K.77 / K.87
オッターヴィオ・ダントーネ(Cemb)
録音:2000年
STR-33587
バンキエーリ:3声のカンツォネッタ集第3巻(1600年ミラノ刊)から
 「楽しい研究」(マドリガル・コメディ)
3声のカンツォネッタ集第4巻(1601年ヴェネツィア刊)から
 「音楽の変容」(マドリガル・コメディ)
マルコ・ロンギーニ(指)デリティエ・ムジケ
ラッファエーレ・ガンガーレ(語り)
イタリアのボローニャに生まれた多才な作曲家バンキエーリの2つのマドリガル・コメディ(物語を形成する連作マドリガーレ)を収録。
STR-33609
ニコラ・サーニ(1962-):奔放な思考(ピアノとテープのための)/
わが不在の音響イメージ(チェロとテープのための)/
テンポの重複(フルートとテープのための)/
島の歌(ヴァイオリン独奏のための)/
No tutte le isole hanno intorno il mare(バス・クラリネットとテープのための)/
不毛の空間の彼方に(5つの楽器のための)
アルテル・エゴ
STR-33626
ストラデッラ:オラトリオ「洗礼者聖ヨハネ」(1688) シルヴァ・ポッツェル(S)
ロベルト・バルコーニ(CT)
櫻田亮(T)
フルヴィオ・ベッティーニ(Bs)
クラウディオ・アストロニオ(指)
オルケストラ・ハルモニツェス・ムンディ
アンサンブル・ヴォカーレ・ムジカッシエメ
STR-33635
不安なる精神に
マッシモ・ボッテル(1965-):藻類[Les Algues](管弦楽のための;2001-2003)*
アレッサンドロ・ソルビアーティ(1956-):弦楽合奏のための7つの小品(1999)+
マッシモ・ボッテル:シート・オヴ・サウンズ(サクソフォン四重奏のための;1997)#
アレッサンドロ・ソルビアーティ:おお真に祝福されし夜[O vere beata nox](ソプラノ、語りと弦楽四重奏のための;2002)**
エイドリアン・リーパー(指)スペインRSO*
ティート・チェッケリーニ(指)デイ・ラーギ室内O+
アルテ・クァルテット(サクソフォン四重奏)#
ラウラ・チェトラーニ(S;**)
トリノSQ**
STR-33642
ルカ・マレンツィオ(1553-1599):5声の宗教的マドリガーレ集(1584)
[大地もわれとともに感謝したまえ[Grazie renda al Signor]
わずかの間に天を創りたもうた主よ[Signor cui gia fu pocho]
いかなる甘美なささやきが[Qual mormorio soave]
その顔が蒼白となったあの日[Il di che di pallor]
天なる父よ、今やもう一つの雲が小路を[Padre del cielo]
真紅のバラの如く[Quasi vermiglia rosa]
古き神殿のヴェールが引き裂かれるのが聞こえる
   [Sento squarciar del vecchio Tempio il velo]
賢くけがれなき聖母[Vergine saggia]
これぞ聖なる血を浴びし木[E' questo il legno]
あかなき望みと涙とあだな苦しみ[Le dubbie speme]
めでたくも幸せなる聖母[Vergine gloriosa e lieta]
かくも速く駆ける鹿はいなかった[Non fu mai cervo]]
アレッサンドロ・カザーリ(指)リ・エッランティ
STR-33655
D・スカルラッティ:ソナタ全集8
チェンバロのための練習曲集 Part 1
ニ短調 F.517 K.1/ト短調 F.520 K.4/ニ短調 F.521 K.5/ イ短調 F.523 K.7/ト短調 F.524 K.8/ニ短調 F.526 K.10/ ト短調 F.528 K.12/ホ長調 F.536 K.20/ニ長調 F.537 K.21/ ハ短調 F.528 K.22/ニ長調 F.539 K.23/イ長調 F.542 K.26/ ホ長調 F.544 K.28/ニ長調 F.545 K.29/ホ短調 F.546 K.30
オッターヴィオ・ダントーネ(Cemb)
※使用楽器:2002年、アンドレア・ラステッリ製(モデル:1737年、クリスティアン・ツェル製
STR-33667
D・スカルラッティ:鍵盤楽器のためのソナタ集9〜スカルラッティとオルガン
ト短調 F.53 K.31/ハ長調(パストラーレ)F.457 K.513/ ニ短調 F.10b K.52/へ長調 F.324 K.378/ へ長調(フーガ)F.43 K.82/ニ長調(パストラーレ)F.361 K.415/ ト長調(メヌエット)F.337 K.391/二短調(フーガ)F.363 K.417/ ハ長調 F.76 K.117/ニ短調(フーガ)F.552 K.41/ ホ短調 F.211 K.263/ト短調(フーガ)F.55 K.93/ニ短調 F.54 K.92
マリア・チェチリア・ファリーナ(Org)
※使用楽器:1812年、ヴァレッジョ・スル・ミンチオのジョ・バッタ・ソーナ製
STR-33671
20世紀イタリアの音楽
カゼッラ:ピアノのためのソナティナ
レスピーギ:たそがれ(独唱とピアノのための)
ペトラッシ:ピアノのためのトッカータ
ダッラピッコラ:ゲーテ歌曲集(メゾソプラノと3つのクラリネットのための)
ベリオ:フルートのためのセクエンツィア
カスティリョーニ:比喩(室内アンサンブルのための)
ドナトーニ:Clair n.1(クラリネット独奏のための)
◆[CD ROM] 
バイオグラフィ/批評/音楽的分析/スコア/スコアを見ながら聴く
アルベルト・ カルネヴァーレ=リッチ(P)
モニカ・ボッツォ(S)
カティア・ジェンギーニ(P)
アルフォンソ・アリベルティ(P)
モニカ・ルカーチ(Ms)
ソニア・フォルメンティ(Fl)
ティト・チェッケリーニ(指)
アンサンブル・リゾニャンツェ
パオロ・カシラーギ(Cl)
STR-33681
アレッサンドロ・ソルビアーティ(1956-):By my Window
アニアのための歌(Canto per Ania;チェロ・アンサンブルのための;1992)/
私の窓辺で(By my Window;ピアノとアンサンブルのための;2001)/
ピアノと打楽器のための4つの小品(1999)/
ああこれほど早く?(Ach, so fruh;ソプラノと7つの楽器のための;2003)/
私の抒情的な影(Mi lirica sombra;バス・クラリネットとアンサンブルのための;1993)
ダニエル・カウカ(指)
アンサンブル・オルケストラル・コンタンポラン
サンドロ・ゴルリ(指)
ディヴェルティメント・アンサンブル
STR-33684
編曲の模範
 アルカンジェロ・コレッリ:フォリア
 フランソワ・クープラン:陰気な女
 アントニオ・ヴィヴァルディ:ソナタ Op.2 No.3
 フランソワ・クープラン:お気に入り
 ベネデット・マルチェッロ:ソナタ Op.2 No.12
 ミシェル・ド・ラ・バル:組曲第9番
 ドメニコ・ガッロ:ソナタ第10番
 ジャン・フェリー・ルベル:組曲第2番
 ジュゼッペ・コロンビ:チャコーナ
 マラン・マレ:スペインのフォリア
ロレンツォ・カヴァサンティ(リコーダー)
ホルヘ・アルベルト・ゲレーロ(Vc)
パオロ・エルダス(Cemb)
STR-33699
ヴィリー・メルツ(1956-):離郷[Depaysements]
 Maftir(ヴィオラ・ダ・ガンバのための)
 Mizmor(ピアノのための)
 Le Divan oriental-occidental(声とピアノのための)
 Dhil(コントラバスのための)
 Pardes(打楽器のための)
 Dung(ファゴットのための)
 Mizmor(ヴィオラのための)
ヒッレ・パール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
クリスティーナ・バルブーティ(P)
リンダ・カンパネッラ(S)
ヴィリー・メルツ(Cb)
ティエリー・ミローリョ(Perc)
ディエゴ・ケンナ(Fg)
ダニーロ・ロッシ(Va)
STR-33701
フランチェスコ・チェッラヴェーニア(16世紀):ミサ・レターレ・ノヴァ・シオン
天使たち、大天使たち/一人の王がいた/
われを憐れみたまえ/教会の御母よ、喜びたまえ/
けがれなく完全な
アンドレアス・デ・シルヴァ(15-16世紀):シオンよ喜べ(レターレ・ノヴァ・シオン)
ダリオ・タッビア(指)ダルトロカント
[アレッサンドロ・カルミニャーニ(CT) ジャンルカ・フェラリーニ、 ファビオ・フルナリ(T) マルコ・スカヴァッツァ(Br) ワルター・テストリン(Bs)]
STR-33706
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏作品全集
ピアノ三重奏曲第1番 Op.8(1923)/
アレクサンドル・ブロークの詩によるソプラノとピアノ三重奏のための7つのロマンス Op.127(1967)*/
ピアノ三重奏曲第2番 Op.67(1944)
ユリア・コルパチェワ(S;*)
パルマ三重奏団
[イヴァン・ラバーリャ(Vn)、エンリコ・ブロンジ(Vc)、アルベルト・ミオディーニ(P)]
STR-33707
ギター・コレクション Vol.11〜スペインの音楽
ファリャ、トゥリーナ、モンポウ:ギター作品全集
ファリャ:クロード・ドビュッシーの墓碑銘のための讃歌
トゥリーナ:セビリャーナ Op.29(1923)/ファンダンギーリョ Op.36(1926)/疾風 Op.53(1929)/ソナタ Op.61(1931)/ターレガをたたえて Op.69(1935)
モンポウ:コンポステーラ組曲(1962)/アルフォンソ10世のカンティガによる歌と踊り(1955)/歌と踊り 第13番(1973)
フレデリク・ジガンテ(G)
STR-33713
マルコ・ストロッパ(1r959-):ミニアテューレ・エストローゼ 第1巻(1991-2001)
[タンガータ・マヌ/カノン風パッサカリア/モアイ/子守歌/いたずらっ子/親密なカヴァティーナ/プロロゴス.アナグノリシス I]
フロリアン・ヘルシャー(P)
STR-33714
ソプラノ・サクソフォンとオルガン
シャイト:待降節の賛歌
F.クープラン:「教区のためのミサ」から
ジョスカン・デプレ:御身のみ、奇蹟をなす者/
クレランボー:ナザール管のレシ
ダンドリュー:マニフィカト
 ミュゼット/対話
ダカン:異国風のノエル
ラングレ(1907-91):中世組曲〜ティエント,即興曲,瞑想曲
「フレスコバルディへのオマージュ」〜幻想曲/
ガストン・リテーズ(1909-1991):牧歌的間奏曲/グラツィア・サルヴァトーリ(1941-):山鳩の声(2004)
マッシモ・ベルツォッラ(1963-):アンティフォナ.ヘ長調(2004)
エミリオ・カパルボ(1968-):イギリスのサックス(2004)
シルヴィオ・アマート
(1961-):リチェルカーレ.ニ短調(2004)
ピエトロ・タリャアフェッリ/
マッシモ・ベルツォッラ/
The Hours(2003マルゲリータ・シッドゥルロ編)
ピエトロ・タリャフェッリ(ソプラノSax)
マルゲリータ・シッドゥルロ(Org)
STR-33716
ピエルルイジ・ビッローネ(1960-):ME A AN(声とアンサンブルのための;1994)*
ITI KE MI(ヴィオラ独奏のための;1995)+
フランク・ヴェルナー(Br;*)
アンサンブル・ルシェルシュ*
バルバラ・マウラー(Va;+)
STR-33720
ベニーニュ・ド・バシイ(1625頃-1690):エール集
千もの辛苦の後に/私たちはしてはならない/この憂鬱な悲しみはどこから来るのか/助けて、助けて/私はできることをする/私が目覚めた瞬間から/私はむだに企てる/あたたは聞いたことがある/悲しみと恐怖に襲われ/褐色の小さな花/世界の喜び/それは虚しい/フィリスが不誠実なので/私は求めない/あなたが理解できないこと/シルヴィーの美しい瞳からシャルル・ムトン(1617頃-1699頃):リュート曲集前奏曲/美しいアストレ(シャコンヌ)/前奏曲/前奏曲/サラバンド/アルマンド/傲慢(アルマンド)/移り気(クラント)ロンド形式のサラバンド/歌劇「イシ」のガヴォット/アルマンド/Le Dialogue des graces Sur Iris(アルマンド)/La Mallassis(サラバンド)
クロディーヌ・アンセルメ(S)
パオロ・ケリーチ(テオルボ)

録音:2005年7月5-7日
※各エールの間にムトンのリュート独奏曲が収録されている
STR-33721
アオスタ大聖堂参事会図書館所蔵の手稿譜と印刷譜による17&18世紀の音楽
不詳:マニフィカト(ソプラノ、アルト、バス、合唱、ヴァイオリンと通奏低音のための)/喜べ、処女の花よ(合唱と器楽のための讃歌)
A・スカルラッティ:死すべき者たちよ、聞こえるか?(ソプラノ、アルトと通奏低音のための)/弱り、傷つき(アルト、ヴァイオリンと通奏低音のための)
フランチェスコ・マリア・ベネデッティ(1683-1746):辛抱せよ心よ(ソプラノと通奏低音のための)/主がシオンの捕われ人を帰された時(詩篇125;ソプラノ、アルト、バス、合唱、ヴァイオリンと通奏低音のための)
ラウラ・アントナス(S)
ガブリエッラ・マルテラッチ(A)
マルコ・ピレッタ(Bs)
テレジオ・コロンボット(指)
カペッラ・ムジカーレ・ディ・サン・グラートアンサンブル・ヴォカーレ・ストルメンターレ(器楽)
TR-33724
カッチーニ:愛の歌
不詳:サルタレッロ
ジュリオ・カッチーニ:Mentre che fra doglie e pene(*)
ピッチニーニ:トッカータ第2番
カッチーニ:Queste lagrim'amare(*)
不詳(ピエトロ・パオロ・ライモンドの曲集 から):カッサンドラ
カッチーニ:Titolo: Sfogava con le stelle(*)
不詳(ピエトロ・パオロ・ライモンドの曲集 から):ヴォルタ
カッチーニ:Non ha 'l cielo cotanti lumi(*)
ピッチニーニ:トッカータ第6番
カッチーニ:Amor io parto(*)
不詳(ピエトロ・パオロ・ライモンドの曲集 から):バレット
カッチーニ:Dalla porta d'oriente(*)
カプスベルガー:トッカータ第1番
カッチーニ:Tutto 'l di piango(*)
不詳(ピエトロ・パオロ・ライモンドの曲集 から):コッレンテ・フランチェーゼ
カッチーニ:Odi Euterpe(*)
カプスベルガー:前奏曲第1番
カッチーニ:Alme luci beate(*)
カプスベルガー:ラ・フォリアによるパルティータ「ロマネスカ」
カッチーニ:Torna deh torna(「ロマネスカ」のバスによる)(*)
カプスベルガー:コッレンテ第10番
カッチーニ:Al fonte al prato(*)
カプスベルガー:前奏曲第5番
カッチーニ:Se voi lagrime a pieno(*)
カプスベルガー:サラバンダ
カッチーニ:Se in questo scolorito(*)
カプスベルガー:ガリャルダ第10番
カッチーニ:Belle rose purpurine(*)
ピッチニーニ:トッカータ第4番
カッチーニ:Ohime begli occhi(*)
クロディーヌ・アンセルメ(S)*
パオロ・ケリーチ(リュート、アーチリュート、テオルボ)
STR-33732
モーツァルト:「フィガロの結婚」序曲
クラリネット協奏曲 イ長調 K.622*
交響曲第41番「ジュピター」K.551
パオロ・ベルトラミーニ(Cl;*)
アルフレード・バルキ(指)
イ・ヴィルトゥオージ・ディ・アクィレイア
録音:1999年11月6日、パルマ、王立劇場、ライヴ
STR-33736
ヴォヤージュ[旅]〜ファゴットのための現代音楽
細川俊夫:ヴォヤージュ II(ファゴットとアンサンブルのための協奏曲)*
ベリオ:セクエンツァ XII(ファゴット独奏のための)
フィリップ・シェラー:カンターテ・イシス(ファゴットと混声合唱のための)+
パスカル・ガロワ(Fg)
ダニエル・カウカ(指)ラジオ・フランスPO*
ロイク・ピエール(指)ミクロコスモスcho+
STR-33737
新世界より〜新しい音楽の閲覧 Vol.1
アイヴズ:川にて(トロンボーンと吹奏楽のための版)
カウエル:ダイナミック・モーション(ピアノのための)
ケージ:夢(リュートとチェロのための版)
カウエル:バンシー(ピアノのための)
ジェイコブ・ドラックマン:ヴァレンタイン(コントラバスのための)
アイヴズ:Illmenau(トロンボーンと吹奏楽のための版)
フェルドマン:たいへん短いトランペット小品(アルトトロンボーンのための版)
テリー・ライリー:ビート・スートラ #7(ピアノのための)
セッションズ:チェロのための6つの小品
アイヴズ:チャーリー・ラトリッジ(トロンボーンと吹奏楽のための版)
ファウスト・ボンジェッリ(P)
フランチェスコ・ディロン、ルーカス・フェルス(Vc)
テリー・ライリー(P)
ステファノ・スコダニッビオ(Cb)
ペーター・セダーベルク(Lute)
マイク・スウォヴォダ(Tb)
フェルナンド・シレオーニ(指)
ポッレンツァ市立ジュゼッペ・ヴェルディ吹奏楽団
STR-33740
エアヴァリスト・フェリーチェ・ダッラーバコ(1675-1742):ヴァイオリン・ソナタ集
ヴァイオリンと通奏低音のための12のソナタ Op.1
[ニ短調 NO2/ト短調 NO5/イ短調 NO4/ト長調 NO8]2つのヴァイオリンと通奏低音のための12のソナタ Op.3〜[ト長調 NO4/イ長調 NO12/ロ短調 NO3]
ジョルジョ・サッソ(Vn)(指)
マウロ・ロペス・フェレイラ(Vn)
フランチェスコ・ソレンティーノ(Vc)
インシエメ・ストルメンターレ・ディ・ローマ
サルヴァトーレ・カルキオーロ(Cemb、Org)
STR-33742
シルヴァーノ・ブソッティ(1926-):ハープ独奏のための作品集
細分[ Fragmentation ]/迷宮[ Labirinto ]新迷宮[ Nuovi Labirinti ]/ハープ奏者のための細分[ Fragmentations pour un joueur de harpes ]
ジョヴァンナ・レイターノ(Hp)
STR-33744
ヘスス・ビリャ=ロホ(1940-):室内楽作品集
君たちと...[ Vosotros y... ](クラリネット、フルート、ファゴット、ホルン、トロンボーン、打楽器、ヴァイオリン、チェロとコントラバスのための;1977)/
ディヴェルティメント III(サクソフォン二重奏のための;1992)/
牧歌[ Eglogas ](フアン・デル・エンシーナの記念に;3つのトロンボーン、3つのホルンと3つのトランペットのための;1979)/
記念の[ Conmemorativa ](フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロとピアノのための;2000)/
モジュールによる音楽[ Musica sobre unos modulos ](2つのフルートとヴィオラのための;1969)螺旋[Espirales](フルート、クラリネット、ファゴット、ホルン、トロンボーン、ヴァイオリン、ヴィオラとチェロのための;1983)
LIM - Laboratorio de
Interpretacion Musical
STR-33747
rotte sonore
ファビオ・ヴァッキ:フルート、バスクラリネット、ヴァイオリン、チェロとハープのための五重奏曲(1987)
マリオ・チェーザ:四重奏のための交響曲(フルート、クラリネット、チェロとピアノのための;2003)*
アルマンド・ジェンティルッチ:私たちの夢の遥かなる神秘(ソプラノ・レッジェーロ、フルート、クラリネットとピアノのための;1988)+
ジャンヴィンチェンツォ・クレスタ:本土の船乗り(語り手、フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロとピアノのための;2003)#
マリア・アグリーコラ(S;+)
ルチアーノ・ベルトーリ(語り;#)
ヴィットリオ・パリージ(指)
デダーロ・アンサンブル
STR-33748
ショスタコーヴィチ:ピアノ作品全集 Vol.2
ソナタ第1番 Op.12(1926)/
ソナタ第2番 Op.61(1942)/
3つの小品(1920)/
子供の音楽帳 Op.68(1944-1945)/
ムルジルカ/グリンカの主題による3つの変奏曲(1957)
ボリス・ペトルシャンスキー(P)
録音:2006年4月13日-20日、モスクワ放送スタジオ
STR-33749
シルヴァーノ・ブソッティ(1931-):サドによる受難曲「踊るこだま」(ジョヴァンナ・レイターノによるハープ独奏と録音された語りのための版) ジョヴァンナ・レイターノ(Hp)
シルヴァーノ・ブソッティ(語り)
STR-33750
エマヌエーレ・カザーレ(1968-):室内音楽集
9(アンサンブルのための;2006)/
スタジオ 2a(バスリコーダーのための;1990)/スタジオ 1(ホルンのための;1997)/
5つの楽器のためのコンポジション(1990)/
声のためのコンポジション(2003)/
四重奏のためのコンポジション(1997)/
5(フルートとクラリネットのための;2002)/
3(フルートとファゴットのための;1999)
エクス・ノーヴォ・アンサンブル
[アントニオ・ポリターノ(バスリコーダー),
アンジェロ・ポッリーノ(Hrn)、スヴェン・ヤコブ・メルビ(Fl)、マリア・ソーク・ガルマルク(Cl)、アンナ・クレメンティ(声)、マリア・カローリ(Fl)パスカル・ガロワ(Fg)]
イカルス・アンサンブル
STR-33753
シュニトケ:ピアノ作品全集 Vol.1
前奏曲とフーガ(1963)
ソナタ第1番(1987)/小品集(1971)
格言集(1990)
四手連弾のためのソナティナ(1994)(*)
ジャンパオロ・ヌーティ(P)、
ダニエラ・デ・サンティス(P)*
STR-33755
ネヴァーランドマウロ・ランツァ(1975-):バロック(ソプラノ、楽器と玩具のための;2002)/貝とかたつむり(フルートとピアノのための;1996)/
たまねぎの皮(フルート、ヴァイオリン、チェロ、ピアノと打楽器のための;2000)
ジェラール・ペッソン(ペソン)(1958-):人生はクリスマスツリーのようなもの(ヴァイオリンとピアノのための;1995)/
Non sapremo mai di questo mi(フルート、ヴァイオリンとピアノのための;1991)/
わが至福(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノと打楽器のための;1995)
アンサンブル・アルテルナンス
STR-33757
ミケーレ・ダッロンガーロ(1957-):GRIMOIREGrimoire(ソプラノ、ヴァイオリンとテープのための;1996)*/
Alter(無伴奏ヴィオラのための;2001)/
傍らにある損害(チェロ独奏、クラリネット、ヴァイオリン、ヴィオラとピアノのための;2003)/E.Z.の音楽(無伴奏ヴァイオリンのための;1999)/
ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための三重奏曲(1989/1990)/
破片になった子守歌(2つのヴァイオリンのための;1998)/
ソプラノ、フルート、クラリネット、2つのヴァイオリン、ヴィオラとチェロのための変奏曲(2004)/
跡(無伴奏フルートのための;1995)/
弦楽四重奏曲第5番(2003/2004)
ソニア・ヴィセンティン(S;*)
アルディッティSQ
エクス・ノーヴォ・アンサンブル
STR-33762
ラッスス:シビラの予言[Prophetiae Sybillarum]/
マニフィカト「万物の連なりを超えて」[Magnificat "Praeter rerum seriem"]/
キリスト降誕の聖務日課[Officium Natalis Christi]/初めに言葉ありき[In principio erat verbum]
ヴァルター・テストリン(指)
デ・ラビリント[ナディア・カリスティ、ラウラ・ファブリス、アンナ・シンボリ、ブロニスラワ・ファリンスカ、アレッサンドロ・カルミニャーニ、ルチアーノ・ボンチ、ファビオ・フルナーリ、ジャンルカ・フェッラリーニ、レナート・グロット、エンリコ・バーヴァ、ダヴィデ・ベネッティ、ギャリック・コモー、マルコ・スカヴァッツァ]
STR-33769
現代イタリアの声楽作品集3
アルド・クレメンティ:2つの詩(1946)
アルベルト・コッラ:リルケの2つの詩(2005)
ルカ・ロンバルディ:オフェーリア断章(1982)
ジャコモ・マンツォーニ:暗闇よ(1998)
カルロ・ピネッリ:Se un giorno tu(2002)
アレッサンドロ・ソルビアーティ:ヘルダーリン歌曲集 から I(2000)
ファビオ・ヴァッキ:ミニョン(憧れについて)(1995)
デュオ・アルテルノ
[ティツィアーナ・スカンダレッティ(S)、リッカルド・ピアユエンティーニ(P)]
ステファノ・グロンドーナ(G)
STR-33773
ドナトーニ・エディション6
フランコ・ドナトーニ(1937-2000):Algo IV(ギター・コンチェルタンテと12の楽器のための;1996)/
Poll(13人の奏者のための;1998)/
Refrain IV(6つの楽器のための;1996)/
About(ヴァイオリン、ヴィオラとギターのための;1979)/
Al(マンドリン、マンドーラとギターのための;1997)/
Small II(フルート、ヴィオラとハープのための;1993)/
Algo(ギターのための;1980)
ステファノ・カルディ(G)(指)
フレオン・アンサンブル
STR-33774
テレマン:音楽の練習帳[Essercizi Musici]から
リコーダーと通奏低音のための独奏曲ハ長調
リコーダー,ヴァイオリンと通奏低音のためのトリオ・ソナタ イ短調
リコーダー,チェンバロのオブリガートと通奏低音のためのトリオ・ソナタ イ長調
ヴァイオリンと通奏低音のための独奏曲ヘ長調
チェンバロのための独奏曲ヘ長調
リコーダー,チェンバロのオブリガートと通奏低音のためのトリオ・ソナタ変ロ長調
ステファノ・バリャーノ(リコーダー)、
クラウディオ・アストロニオ(Cemb)、
フェデリコ・グリエルモ(Vn)、
コレギウム・プロ・ムジカ
STR-33775
Ceci n'est pas une guitare
 [これはギターではない]

ウルリヒ・クリーガー(1962-):眼球譚[Histoire de l'oeil](変則調弦エレクトリックギターとライヴ・エレクトロニクスのための;2007)*
ジェルジ・クルターク(1926-):A kis csava Op.15b(ピッコロ、トロンボーンとギターのための;1978)+
スティーヴ・ライヒ(1936-):ナゴヤ・ギターズ(1995)
細川俊夫(1955-):恋歌 I(高声とギターのための;1986)(**)
ジョルジュ・アペルギ(1945-):会話 XX[Conversation XX](ギター奏者のための;1985-2007)
ユーグ・デュフール(1943-):柳の町[La cite des saules](エレクトリックギターとサウンド・トランスフォーメーションのための;1987)*
武満徹(1930-1996):海に向かって(アルトフルートとギターのための;1981)#
イヴ・ベグラリアン(1958-):Until it blazes(ピアノまたは撥弦楽器のための;2001)
エマヌエーレ・フォルニ(G)
アンドレアス・プフィッフナー(エレクトロニクス&プログラミング;*)
ジーモン・レトリスベルガー(Tb;+)
アンゲラ・チャンツ(ピッコロ;+)
タチアナ・ジュリショヴァ(アルトFl;#)
ノエ・イトー(声;**)
STR-33776
ドイツのオルガン音楽
ムッファット(1653-1704):トッカータ V
ヨハン・ヤコプ・フローベルガー(1616-1667):リチェルカーレ ト短調 FbWV405/ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラによるファンタジア FbWV201
パッヘルベル(1653-1706):われら皆唯一の神を信ず/トッカータ ハ長調/パルティータ「神の御業は善きかな」
ヨハン・カスパル・ケルル(1627-1693):カンツォーナ V/トッカータ III 
ヨハン・フィッシャー(1670-1746):チャッコーナ[シャコンヌ] ヘ長調 
ゴットリープ・ムッファット(1690-1770):聖体奉挙の前のアリア/カプリッチョ・デスペラート
ヨハン・クリスティアン・バッハ(1735-1782):ソナタ ニ長調 Op.5 NO2
マウリツィオ・クローチ(Org)
※使用楽器:スイス、フライブルク、聖ニコラ大聖堂、1657年、ゼーバルト・マンデルスシャイト製/ブルク病院礼拝堂、1667年、ゼーバルト・マンデルスシャイト製/モンタルジュ修道院、1811年、アロイス・モーザー製
STR-33777
グイード・サントルソラ(1904-1994;ブラジル):ギター作品集
ギターと弦楽四重奏のための5声の協奏曲(1978)*/
ショーロ第1番(1944)/ワルツ=ショーロ(1960)
ソナタ第2番「イスパニカ」(1971)/
ラテンアメリカ4つの小品(1971)
アントニオ・ルゴーロ(G)
パウル・クレーSQ*
STR-33780
ステファノ・ジェルヴァゾーニ(1962-):Least Bee(ソプラノ、フルート、クラリネット、ピアノ、ヴァイオリンとチェロの為の;2003)
Eyeing(アンサンブルの為の;1999-2000)
In Nomine R(アンサンブルの為の;2001)
Godspell(ソプラノ、フルート、クラリネット、打楽器、ピアノと弦楽四重奏の為の;2002)
Dal belvedere di non ritorno(アンサンブルの為の;1993)
マルゲリータ・キミネッリ(S)
ソニア・トゥルケッタ(Ms)
ディヴェルティメント・アンサンブル
サンドロ・ゴルリ(指)
STR-33782
無伴奏ヴァイオリン・リサイタル
イザイ:ソナタ第4番「クライスラーに」Op.27ナタン・ミルシテイン:パガニーニアーナ 
プロコフィエフ:ソナタ Op.115 
クライスラー:スケルツォ=カプリッチョ 
O.マーリオ(1966-):B.A.C.Hによる変奏曲
カルメロ アンドリアーニ(Vn)
STR-33784
ビウエラのための曲集
ルイス・デ・ミラン(1500頃-1560頃):ファンタシア第10番/パバナ第1番−第6番/ファンタシア第11番/同第8番
ルイス・デ・ナルバエス(1500頃-1555/1560):皇帝の歌(原曲:ジョスカン・デ・プレ)/「牛の番」による4つのディフェレンシア
 「牛の番」によるさらに3つのディフェレンシア
 バハ・デ・コントラプント/「クラロス伯爵」による22のディフェレンシア
 モーロの王は散歩していた
アロンソ・ムダラ(1500頃-1580):ルドヴィコの手法によるハープを模したファンタシア/アレクサンドルのパバナ
 ガリャルダ/ジョスカンのミサの「プレニ」/ギターのためのファンタシア
エンリケス・デ・バルデラバノ(1500-1556):ソネト第2番/ファンタシア第4旋法/ソネト第1番
ディエゴ・ピサドル(1509/10-1557以後):パバナ
ミゲル・デ・フエンリャナ(1535-1578):ティエント第2旋法/ジョスカンのミサ・デ・エルクレスのデュオ
エステバン・ダサ(1537頃-1591/1596):Gritos daba la morenica so el olivar/ファンタシア第22番
ディエゴ・ピサドル:サン・フアンの手法
マッシモ・ロナルディ(ビウエラ)
STR-33785
ヒースの芽〜ツィンバロンのための作品集
ジェルジ・クルターク(1926-):ヒースの芽(1994)/
サールカーク(1962/1973)/
クラリネットとツィンバロンのための3つの小品 Op.38(1996)/
クラリネットとツィンバロンのための次の3つの小品 Op.38a(1996)/
ベレーニ・フェレンツ70歳へのオマージュ(1997)
アレサンドロ・ソルビアーティ(1956-):イメージのノート(8つの小品;2002)*/
小さな歌の3つのデュエット(1996)*
ルカ・フランチェスコーニ(1956-):エチュード(2001)*
ルイジ・ガッジェーロ(ツィンバロン)
フレイア・グンラウグスドッティル(Cl)
ミケーラ・ラ・ファウチ(Hp)
アンドレア・モレッティ(ヴィブラフォン)
STR-33787
フランチェスコ・ダ・ミラノ&ペリーノ・デ・フィオレンティーノ:リュート作品集
ペリーノ・デ・フィオレンティーノ(1523-1552):ファンタジア 5
ジャン・リシャホール(1480頃-1548頃):De mon triste desplaisir
ペリーノ・デ・フィオレンティーノ:ファンタジア 4
フランチェスコ・ダ・ミラノ(1497-1543):ファンタジア 41/同 39
ペリーノ・デ・フィオレンティーノ:ファンタジア 2
ジャック・アルカデルト(1505-1562頃):Quanta belta
フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジア 40/ファンタジア 30
ペリーノ・デ・フィオレンティーノ:ファンタジア 1
フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジア 42/ファンタジア 13
ジャック・アルカデルト:O felici occhi miei
ペリーノ・デ・フィオレンティーノ:ファンタジア 8
フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジア「 la compagna 」
不詳:Vignon Vignetta
フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジア 32
ペリーノ・デ・フィオレンティーノ:ファンタジア 3/同 7
フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジア「demontriste」
ジャック・アルカデルト:Quand' io penso al martire
フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジア 31/同 38/同 35
ジャック・アルカデルト:Quanti travagli
ペリーノ・デ・フィオレンティーノ:ファンタジア 6
フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジア 33
パウル・ベイエル(ルネサンスLute)
STR-33788
ジョヴァンニ・ヴェラーンド(1965-):管弦楽作品集
Triptych(2006)/Sottile(1997)
Agile(2004)/Polyptich(2007)
ピエール=アンドレ・ヴァラド(指)
RAI 国立SO
STR-33789
マイケル・グレン・ウィリアムズ(1957-):ディジタル・アニメーション
Five Abstract Pieces* / Suite for piano
Scherzo / Anger Burst
Nocturne / Canzicranz Dance / Moments
Tone Poems / Digital Animation
エンリコ・ポンピーリ(P)
ガブリエーレ・バルドッチ(P)*
マイケル・グレン・ウィリアムズはアメリカ合衆国の折衷主義の作曲家。
STR-33791(2CD)
エヴァリスト・フェリーチェ・ダッラーバコ(1675-1742):複数の楽器のための協奏曲集 Op.6(全12曲) アルベルト・ラージ(指)
イル・テンピオ・アルモニコ[ヴェローナ・バロックO]
ダッラーバコは法学者を父にヴェローナに生まれ、幼い頃トレッリにヴァイオリンとチェロを師事し、20代初めはモデナで活動。1701〜1704年頃にバイエルンの選帝侯マクシミリアン2世の宮廷楽団員となり、戦争のためネーデルラント、フランスに随行。1715年、侯の凱旋に伴い宮廷楽長となり、1717年には顧問官の地位まで出世しました。ダッラーバコは「ポスト・コレッリ」の作曲家とされ、その作風は非常に洗練されていますが、その経歴を反映してか、当時のフランス音楽の様式が採り入れられている点が特徴的です。
STR-33794
アグスティン・チャルレス(1960-):管弦楽作品集
Seven Looks(2003)
管弦楽のための協奏曲(2004)
クラリネットと室内楽グループのための協奏曲(2006)*
サルバドル・サルバドル・ムニョス(Cl)*、
ホセ・ラモン・エンシナル(指)マドリード市立O
STR-33800(2CD)
ケルビーニ:弦楽四重奏曲全集
第1番変ホ長調/第4番ホ長調 Op.posth.
第5番ヘ長調 Op.posth/第2番ハ長調
第3番ニ短調/第6番ニ短調 Op.posth.
サヴィーノSQ
[アルベルト・マリア・ルータ、
ロセッラ・ベルトゥッチ(Vn)、
フランチェスコ・ソロンブリオ(Va)、
ロレンツォ・チェリアーニ(Vc)]
STR-33811
ガブリエル・エルコレカ(1969-):独奏と管弦楽のための作品集
(1)Afrika(マリンバと管弦楽のための;2002)
(2)Kantak(ピッコロと室内管弦楽のための;1996)
(3)Jukal(ギターと室内管弦楽のための;2000)
(4)Akorda(アコーディオンと管弦楽のための;1999)
ホセ・ラモン・エンシナール(指)
マドリード市立管
(1)ペドロ・カルネイロ(マリンバ)
(2)ミヒャエル・シュミット(ピッコロ)
(3)ネレケ・テル・ベルグ(G)
(4)イニャキ・アルベルディ(アコーディオン)
STR-33812
ヴィヴァルディ:喜ばしき聖母よ昇天したまえ[Ascende laeta](「主は言われた」への序唱)RV635、
主は言われた[Dixit Dominus]RV595、
草原にて歌え[Canta in prato, ride in fonte](「主は言われた」への序唱)RV636、
主は言われた[Dixit Dominus]RV807
モニク・ザネッティ、エマヌエラ・ガッリ(S)、
スザンナ・モンカヨ・フォン・カーゼ(A)、
イアン・ハニーマン、マリ(Bs)、
フランチェスコ・ファンナ(指)
アンサンブル・ピアン&フォルテ、
アンサンブル・ヴォカーレ・イル・カント・デ・オルフェオ
STR-33815
ミゲル・リョベート(1878-1938):ユモレスク〜2つのギターのための編曲作品集
アルベニス:カスティーリャ
エボカシオン/椰子の木陰
 入り江のざわめき
グラナドス:スペイン舞曲集〜第6番/第11番、
アギーレ
:足跡
ロペス=チャヴァリ:モーロの城の伝説、
ヴィラ=ロボス
:テレジーニャ・ジ・ジェズース(シランダスより)
トレス:子守歌、
デ・ロガティス
:チャカレーラ、
ダカン:かっこう、
モーツァルト:メヌエット
ベートーヴェン:メヌエット、
ブラームス
:ハンガリー舞曲集第5番
メンデルスゾーン:無言歌集〜第20番/第25番、
チャイコフスキー:ユモレスクOp.10-2
ステファノ・グロンドーナ(G)、
ラウラ・モンディエッロ(G)
1925年6月9日、ブエノスアイレスのサロン・アルヘンティーナにおいてミゲル・リョベートと彼の教え子である天才少女マリア・ルイサ・アニード(1907-1996)による最初のギター・デュオ・コンサートが開かれました。そのコンサートこそ、室内楽としてのギター・デュオの輝かしい歴史が開かれた瞬間でした。当アルバムはリョベート=アニード・デュオの公式レパートリーを収録したもので、旧譜「賛歌」(STR-33660)に収録されたファリャ原曲の作品と合わせてその全集となります。
STR-33816
パーカッション・マスターピース
ライヒ:ドラミング、
チャベス
:タンブーコ[Tambuco]
シュトックハウゼン:ツィクルス、
ケージ:サード・コンストラクション、
ヴァレーズ:イオニザシオン
レナート・リヴォルタ(指)
イ・ペルクッシオニスティ・デラ・スカラ
STR-33819
ケージ、フェルドマン:ヴィオラとピアノのための音楽
ジョン・ケージ(1912-1992):ヴァイオリンとピアノのための夜想曲(無伴奏ヴィオラ版;1947)、オフィーリア−Jean Erdman のために(ピアノのための;1946)
モートン・フェルドマン(1926-1987):アーロン・コープランドのために(無伴奏ヴァイオリンのための;1981)
ジョン・ケージ(マウリツィオ・バルベッティ編):夢(ピアノまたはハープのための;1948/ピアノとヴィオラのための版)
モートン・フェルドマン:ピアノ小品−フィリップ・ガストンに(1963)
ジョン・ケージ:ヴァイオリンとピアノのための6つのメロディ−、ジョゼフ&アンニ・オルヴァーズのために(1950)〜 第5番/第6番、Eight Whiskus−マルコム・ゴールドスタインのために(無伴奏ヴァイオリンのための;1985)、ある風景の中で−ルイーズ・リッポルドのために(ピアノのための;1948)
モートン・フェルドマン:ヴィオラ・イン・マイ・ライフ III(ヴィオラとピアノのための;1970)
マウリツィオ・バルベッティ(Va)、
ロセッラ・スピノーザ(P)
STR-33821
ジョヴァンニ・スペッツァフェッリ(1888-1963):ピアノ作品集
見知らぬ者への手紙 Op.57
3つの幻想的小品 Op.75
楽興の時 Op.55/5つの易しい小品 Op.11
無言歌 Op.2
シメオーネ・ポッツィーニ(P)
STR-33823
マルコ・スカッキとその時代 マドリガーレ集
マルコ・スカッキ(1602-85)を中心として,他にタルクイニオ・メールラ(1594/95-1665),ルカ・マレンツィオ(1553頃-1599),クラウディオ・モンテヴェルディ(1567-1643),ジローラモ・フレスコバルディ(1583-1643)の作品を収録
アンサンブル・ヴォカーレ・ヴェネト(声楽アンサンブル)
ロベルト・ロレッジャン(Cemb)
STR-33826
D・スカルラッティ:ソナタ全集 Vol.11
チェンバロのための練習曲(ソナタ)集 Part 2
ト長調 K.2 F.518/ニ短調 K.3 F.519 L.378/ヘ長調 K.6 F.522
K.9 F.525 L.413「パストラーレ」/ハ短調 K.11 F.527 L.352
ト長調 K.13 F.529/ト長調 K.14 F.530/ホ短調 K.15 F.531 L.374
ヘ長調 K.16 F.531/ヘ長調 K.17 F.533 L.384 P.73/ニ短調 K.18 F.534
ヘ短調 K.19 F.535 L.383 P.79/イ長調 K.24 F.540
ヘ短調 K.25 F.541 L.481/ロ短調 K.27 F.538 L.449
エミリア・ファディーニ(Cemb)
ドメニコ・スカルラッティ没後250年であった2007年に続き2009年11月にも来日しているスカルラッティの権威にしてチェンバロ界の大御所、ファディーニ女史が当シリーズに久々の登場。
STR-33827
21世紀のための練習曲集
ガブリオ・タリェッティ(1955-):8つの練習曲(2006)
ガブリエーレ・マンカ(1957-):あるチック症患者の練習曲集(2007)/機械的練習曲集(2007)
アントニオ・サルディ・デ・レット(P)
STR-33831
ジョルジョーネの時代のヴェネツィアの歌
不詳:Su su leva alza le ciglia
マルケット・カーラ:Mentre io vo per questi boschi
マルコ・ダッラクイーラ:Recercar, liuto solo
不詳:La via de la fiumera voglio fare
不詳:Su l'herba fresca(Gagliarda)
不詳:Amor che fai? Occido et poi do vita
ジョアン・アンブロジオ・ダルツァ:Caldibi Castigliano
不詳:Se cosi bella sete
セバスティアーノ・フェスタ:L'ultimo di di Magio un bel matino
ジョアン・アンブロジオ・ダルツァ:Calata alla spagnola
フランチェスコ・パタヴィーノ:Un cavalier di Spagna
シルヴェストロ・ガナッシ:Recercar quarto, viola solo
ジェロニモ・デル・ラウロ:Non mi dir che non si po
不詳:Tanto mi trovo hay lasso el cor piaghato
ヴィンツェンツォ・ルッフォ:Capriccio la Gamba in basso e soprano
不詳:Amor che fai si altero?
不詳:Che sara che non sara
不詳:La Traditora (Pavana)
ミケーレ・ピゼンティ:Quando lo pomo vien dalo pomaro
不詳:La Traditora (Gagliarda)
フランチェスコ・パタヴィーノ:De la da l'acqua sta la mia amorosa
不詳:El Bisson (Pavana)
マルケット・カーラ:Cangia sperar mia voglia
不詳:Zorzi (saltarello)
マルケット・カーラ:Tante volte si si si
エッラ・デ・ミルコヴィク(S)
パオロ・ボルゴノーヴォ、マッテオ・ゼナッティ(T)
アンドレダ・ファヴァーリ(Bs)
アルベルト・ラージ(指)
アッカデーミア・ストルメンターレ・イタリアーナ
「眠れるヴィーナス」、「嵐」などで知られるヴェネツィア派の画家ジョルジョーネ(1478頃-1510年)の時代、イタリア・マドリガーレ隆盛前のヴェネツィアにおける声楽曲を中心としたアルバム。
STR-33833
現代イタリアの声楽作品集 Vol.4
シルヴァーノ・ブソッティ(1931):ラクリメ
マウロ・バリトロッティ(1926-2007):影[Schatten]
マルチェッロ・アッバード(1926-):「セビーリャの理髪師」の「Ma se mi toccano dov'e il mio debole」によるヴォカリーズ
フランコ・ドナトーニ(1927-2000):そして一斉に扉を叩く[...ed insieme bussarono]
キャシー・バーベリアン(1928-1983):ストリプソディ[Stripsody]
ジルベルト・ボスコ(1946-):…夢の中で[...im Traume]
リッカルド・ピアチェンティーニ(1958-):モーツァルトに[An Mozart]*
デュオ・アルテルノ
ティツィアーナ・スカンダレッティ(S)
リッカルド・ピアチェンティーニ(P)
ペンデレツキSQ*
STR-33834
フォーレをめぐって
ロベルタ・ペローニ:Prenitude
フォーレ(ロベルタ・ペローニ編):子守歌(組曲「ドリー」より)
フランチェスコ・リセーナ:Synthesis
フォーレ(マリアーノ・パーテルノステル編):ミ・ア・ウ(組曲「ドリー」より)
マリアーノ・パーテルノステル:Ologramaul
フォーレ(ヴィート・アルメニーゼ編):ドリーの庭(組曲「ドリー」より)
ヴィート・アルメニーゼ:Idees voilees
フォーレ(ロベルト・クレシーニ編):キティ=ワルツ(組曲「ドリー」より)
フランチェスコ・リセーナ:Aer
フォーレ(フランチェスコ・リセーナ編):優しさ(組曲「ドリー」より)
リヴィオ・ミナーフラ:Le pas sarrasin
フォーレ(リヴィオ・ミナーフラ編):スペインの踊り(組曲「ドリー」より)
ロベルト・クレシーニ;Spleen
アンサンブル・デル・マステル・ムジカ・ドッジ
リッカルド・チェーニ(指)
アンサンブル・デル・マステル・ムジカ・ドッジ

録音:2008年12月21-23日、バーリ・ピッチニーニ音楽院(イタリア)
ピッチニーニ音楽のレベル1マスターコース「今日の音楽 作曲-演奏-制作」の成果の記録として録音されたもの。6人のマスターコース参加者による「ドリー」(ピアノ四手連弾作品)各曲の室内アンサンブル用編曲と、そこから各自が霊感を得て書いたオリジナル作品を収録。
STR-33835
シャッリーノ、ラヴェル〜夜の音楽
サルヴァトーレ・シャッリーノ(1947-):2つの夜想曲(1998);第1番,第2番/夜想曲第3番(1998)
夜想曲第4番(1998)/無慈悲な夜想曲(2001)
夜に(1971)
ラヴェル:夜のガスパール
チーロ・ロンゴバルディ(P)
ラヴェルの作品に触発されてシャッリーノが書いた夜想曲(ノットゥルノ)を収録。
STR-33836
バッハ、ヘンデル、スカルラッティ:オルガン作品集
バッハ:幻想曲とフーガ イ短調BWV904
ヘンデル:ソナタ ヘ長調 HG II(1720)
D・スカルラッティ:ソナタ ニ長調 K.287/同ニ長調 K.282
バッハ:カンツォーナ ニ短調BWV588
ヘンデル:前奏曲とソナタ ト短調 HG II/iii/9
ドメニコ・スカルラッティ:ソナタ ト長調 K.304/同ハ長調 K.79
バッハ:イタリア風アリアと変奏曲 K.989
ヘンデル(ジョン・ウォルシュ編):オルガン協奏曲ヘ長調Op.4-5(1738)
マウリツィオ・クローチ(Org)
STR-33843
クリスティアン・カッラーラ(1977-)作品集
(1)血の行き先/(2)イコン
フラヴィオ・エミリオ・スコーニャ(指)
新スカルラッティO
(1)P.イアンノーネ(P)、ニコラ・フィオリーノ(Vc)
STR-33847
展開するソナタ
コレッリ:ソナタ ト短調
エヴァリスト・フェリーチェ・ダッラーバコ(1675-1742):ソナタ ト短調
D・スカルラッティ:ソナタ ニ短調 K.213/同 K.64/同 K.56
ヴェラチーニ:ソナタ イ短調
メアッリ(1690-1768):ソナタ イ短調
ジョヴァンニ・バッティスタ・フォンターナ(?-1630):ソナタ第2番
バルトロメオ・デ・セルマ(1585-1648):低音独奏の為のファンタジア
ダリオ・カステッロ(17世紀):ソナタ第8番
トリプラ・コンコルディア[ロレンツォ・カヴァサンティ(リコーダー)、カロリーネ・ブルスマ(Vc)、セルジョ・チョメイ(Cemb)]
STR-33848
シュポア:作品集
(1)ヴァイオリンとハープのためのソナタ.ホ短調 WoO.27(1806)
(2)ハープとフルートのための協奏ソナタ.ホ長調 Op.113(1806)
(3)ハープのための変奏曲 Op.36(1807)
(4)ハープのための幻想曲ハ短調 Op.35(1807)
(5)ハープとフルートのための協奏ソナタ.ホ長調 Op.114(モーツァルトの「魔笛」の主題によるポプリ;1811)
アルパルラ:【ダヴィデ・モンティ(Vn)、
マリア・クリスティーナ・クレアリー(Hrp)】
「そのとき瞳は閉じられ」というような意味のアルバム・タイトルが付けられています。フルート・パートもヴァイオリンで演奏。オリジナル楽器による世界初録音とのことですが、これがピリオド楽器を意味しているのかどうかは現在不明です。
STR-33849
ハイドン:弦楽四重奏曲集
ト長調 Op.77-1 Hob.III:81(1799)
ヘ長調 Op.77-2 Hob.III:82(1799)
ニ短調 Op.42 Hob.III:43(1785)
アレア・アンサンブル
[フィオレンツァ・デ・ドナティス、
アンドレア・ロニョーニ(Vn)、
ステファノ・マルコッチ(Va)、
マルコ・フレッツァート(Vc)]
※ピリオド楽器使用
STR-33850
イヴァン・フェデーレ(1953-):ヴァイオリンと管弦楽のための作品集
(1)ヴァイオリン協奏曲(1998/99)
(2)エン・アルシェ(2008)
(3)エレクトラの地平線(5弦エレクトリック・ヴァイオリン、ライヴエレクトロニクスと管弦楽のための;1997/2009)
(4)モザイク(2008)
フランチェスコ・ドラツィオ(Vn)
マルコ・アンジウス(指)RAI国立SO
(2)コリンナ・モローニ(S)
STR-33855
レスピーギ:歌曲集
霧(1906)/雪(1906)/涙(1896)
短い物語(1904)/舞踏への招待(1906)
ミランダ(1907)/夜想曲(1896)
光(1906)/コントラスト(1906)
憐れんでください私の神よ(バッハ:マタイ受難曲BWV244 より/レスピーギ編曲)*
おじぎ草(1914/1915)
サラ・ミンガルド(A)
カルロ・ラーザリ(Vn)*
アルド・オルヴィエート(P)
STR-33856
ヴィヴァルディ:協奏曲とカンタータ集
(1)フルート協奏曲イ短調 RV440
(2)カンタータ「ため息をついて何になろう、哀れな心よ」RV679
(3)チェロ協奏曲ニ短調 RV406
(4)カンタータ「疑惑の影に」RV678
(5)2つのフルートのための協奏曲ハ長調 RV533
(6)カンタータ「憧れの瞳のもとへ」RV682
(7)フルート協奏曲ト短調「夜」RV439
アッカデーミア・オットボーニ
(2)(4)(6)ラッファエッラ・ミラネージ(S)
(1)(5)ラウラ・コルッチ(フラウト・トラヴェルソ)
(5)(7)マヌエル・グラナティエロ(フラウト・トラヴェルソ)
(3)マルコ・チェッカート(Vc)
STR-33858
ジュリオ・カスタニョーリ(1958):聖エヴァシウスのミサ&声楽作品集
聖エヴァシウスのミサ(独唱、少年合唱とバロック楽器管弦楽の為の;2007)*
夜の歌(声楽12部、打楽器とエレクトロニクスの為の;1997)+
3つのピサの歌(声楽6部、打楽器とエレクトロニクスの為の;2004)#
戦いと愛のマドリガーレ(声楽6部と6つの中国伝統楽器の為の;2002)**
トリノ・ルッジェーロ・マギーニcho*
少年歌劇cho*
アカデーミア・モンティス・レガリス*
クラウディオ・キアヴァッツァ(指)*
ミラノ・ポリフォニーcho+
マウリツィオ・ベン・オマール(打楽器+)
ルベン・ヤイス(指)+
ストックホルム SYRIN アンサンブル#
リッカルド・バルビヌッティ(打楽器#)
カルロ・パヴェーゼ(指)#
シドニー・ソング・カンパニー**
ホンコン・ヴィルトゥオージ**
ロナルド・ピールマン(指)**
STR-33864
シュトックハウゼン:無伴奏クラリネットの為の作品集
夢の使い[Der Traumbote]
遊び好きな設計者[Der spielerische Konstrukteur]
恋する抒情詩人[Der verliebte Lyriker]
気難しい教師[Der pedantische Lehrer]
いたずら好きな道化師[Der spitzbubische Joker]
情熱的な舞踊家[Der leidenschaftliche Tanzer]
一つの足との対話[Dialog mit einem Fuss]
ハルレキンの踊り[Harlekin's Tanz]
熱狂する輪廻の魂[Der exaltierte Kreiselgeist]
ミケーレ・マレッリ(Cl)
曲名の和訳は適切でないかもしれませんので参考程度にお受け取りください。
STR-33870
ミラノ音楽祭ライヴ Vol.1
クセナキス:テトラスTetras(1983)
ラッヘンマン(1935-):グラン・トルソ(1972)/
クセナキス:エルグマ(1994)/
クルターグ(1926-):彼方から III/
ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番〜第1楽章
ダネルSQ

録音:2005年9月10日、ミラノ、ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院プッチーニ・ホール、ミラノ音楽祭、ライヴ
STR-33872
ミラノ音楽祭ライヴ Vol.3
ジェルヴァゾーニ(1962-):Meta della ripa(2002-03)
マンツォーニ(1932-):Ode(1982)
 Sembianti(2003)
ウェーベルン:パッサカリアOp.1
ローター・ケーニヒス(指)RAI国立SO

STR-33875
ハーモニカと管弦楽の為の音楽
グレアム・ウェッタム(1927-2007):ハーモニカと小管弦楽の為のコンチェルト・スケルツォ
フォーレ(ジャンルーカ・リッテラ編):パヴァーヌ
ホヴァネス(1911-2000):7つのギリシャ民族舞曲 Op.150
ピアソラ:オブリビオン
ヴィレーム・タウスキー(1910-2004):ハーモニカ協奏曲
ジャンルーカ・リッテラ(ハーモニカ)
ステシコロスO
フランチェスコ・ディ・マウロ(指)

録音:2010年7月、ヴィンチェンツォ・ベッリーニ劇場、カターニア、イタリア
クラシックとジャズの両ジャンルで国際的に活躍するイタリアのハーモニカ奏者ジャンルーカ・リッテラによる、稀少なハーモニカ協奏作品集。オリジナル協奏曲での技巧はもちろん、「パヴァーヌ」「オブリビオン」での哀愁に満ちた音色にも魅了されます。グレアム・ウェッタムはイギリスの作曲家。ヴィレーム・タウスキーはヤナーチェクに師事したチェコの作曲家・指揮者。ナチスを避けフランスに移住、戦後はイギリスで活躍しました。
STR-33879
ベネデット・ヴィナッチェージ(1666-1719):カンタータ&ソナタ集
カンタータ「Or fia mai ver, o lontananza infida」(ソプラノと通奏低音の為の)*
ソナタ第4番
カンタータ「Belve, se mai provaste」(ソプラノと通奏低音の為の)*
ソナタ第3番
カンタータ「In lontananza della sua donna」(ソプラノ、バスと通奏低音の為の)*
カンタータ「Amor pericoloso」(ソプラノと通奏低音の為の)(*/+)
ジェンマ・ベルタニョッリ(S)*
フルヴィオ・ベッティーニ(Bs)+
リ・エッランティ
アレッサンドロ・カーザリ(Cemb、指)
ヴィナッチェージはブレシアに生まれ、1704年にヴェネツィアの聖マルコ大聖堂のオルガニストに就任、同地に没した作曲家。音楽学者マイケル・タルボットは「もし私たちのこの時代の音楽への興味が歌劇よりも教会音楽に向いていたならば、アレッサンドロ・スカルラッティよりヴィナッチェージの方が注目されていたであろう」と述べています。
STR-33885
20世紀スペインのフルート音楽
サルバド・ブルトンス(1959-):フルート・ソナタ Op.21
フェデリコ・モレノ・トロバ(1891-1982):献呈
フリアン・メネンデス(895-1975):夜想曲
ヘスス・グリディ(1886-1961):ティラナ
マヌエル・インファンテ(1883-1958):ジプシーの歌
モンセラト・トゥラス(1973-):サラの為の3つの楽章
ロドリーゴ:古い歌
シャビエ・モンサルバジェ(1912-2002):カダケスのリディアへのセレナード
オスカル・エスプラ(1886-1976):往年の歌アマンド・ブランケル(1935-2005):若々しいソナティナ
マヌエル・パラウ(1893-1967):ドゥルサイナ吹き
クラウディア・ジオットーリ(Fl)
ラッファエーレ・ダニエッロ(P)
STR-33886
マルティヌー:フルート、ヴァイオリンとピアノまたはチェンバロの為の作品集
マドリガル・ソナタ H.291
ヴァイオリン・ソナタ第1番 H.182
プロムナード(フルート、ヴァイオリンとチェンバロの為の)H.274*
フルート・ソナタ H.306
フルート、ヴァイオリンとピアノの為のソナタ H.254
アルバトロス三重奏団
[ステファノ・パッリーノ(Fl)
フランチェスコ・パッリーノ(Vn)
アレッサンドロ・マランゴーニ(P)
ジャンルカ・カプアーノ(Cemb)*]
STR-33889
マリピエロ(1882-1973):管弦楽作品集
ヴァイオリン協奏曲第2番*
リスペットとストランボット
フルート協奏曲+
交響曲第6番「Degli archi」
フランチェスコ・パッリーノ(Vn)*
ステファノ・パッリーノ(Fl)+
フランチェスコ・ディ・マウロ(指)
カタンザーロ県O「ラ・グレチア」

録音:2009年3月23-25日、レメツィア・テルメ、カタンザーノ県、イタリア
オペラ一辺倒だったイタリアにおける器楽の復興、およびモンテヴェルディ、ヴィヴァルディをはじめとする古楽の復興に尽力した作曲家マリピエロ。アルバム・タイトルの「Cordiali saluti」は「心をこめて」「敬具」のような手紙の結びの言葉。マリピエロから送られてきた郵便物のような、しゃれた体裁の商品です。「リスペット」、「ストランボット」とはそれぞれ8行または6行、6行ないし8行のイタリアの恋愛詩のこと。交響曲第6番は弦楽合奏のための作品で、「Degli archi」は「弦楽の」、「弓型の」という意味。
STR-33890
ミラノ音楽祭ライヴ Vol.4
ジェルジ・クルターグ(1926-):ヒパルティータ[Hipartita] Op.43(無伴奏ヴァイオリンの為の;2000-2004)*
サルヴァトーレ・シャリーノ(1947-):
アスペルン組曲[Aspern Suite](ソプラノと楽器の為の;1979)+
菊地裕美(Vn)*
ペトラ・ホフマン(S)+
アンサンブル・ルシェルシュ+

録音:2006年10月22日*、2003年10月22日+、ミラノ(*/+)
*はヨーロッパで評価の高い日本のヴァイオリニスト菊地裕美への献呈作品。
STR-33891
ミラノ音楽祭ライヴ Vol.5
ルカ・フランチェスコーニ(1956-):Rest(チェロと管弦楽の為の;2004)*
イヴァン・フェデーレ(1953-):Duo en resonance(2つの協奏ホルンの為の;1991)+
ジョヴァンニ・ヴェランド(1965-):弦楽四重奏曲第2番(1999)#
エンリコ・ディンド(Vc)*
ロベルト・アバド(指)RAI国立SO*
アンサンブル・アンテルコンタンポラン+
ジェンス・マクナマラ、
ジャン・クリストフ・ヴェルヴォワット(Hrn)
ピエール・ブーレーズ(指)+
トリノSQ#

録音:2004年9月27日ミラノ・ヴェルディ・ホール・ライヴ*
1994年6月22日ミラノ・スカラ座ライヴ+/1999年10月4日ミラノ・ライヴ#
STR-33892
ミラノ音楽祭ライヴ Vol.6
リゲティ:13の楽器の為の室内協奏曲(1969-1970)*
クルターグ(1926-):6つの楽興の時 Op.44(弦楽四重奏の為の;2005)+
バルトーク:野外にて(ピアノの為の;1926)#
リスト:夜の賛歌、朝の賛歌(ピアノの為の)#
ペーテル・エトヴェシュ(1944-):Psy(フルート、チェロとツィンバロムの為の;1976)**
イクトゥス(アンサンブル*)
ジョルジュ=エリー・オクトルス(指)*
ケラーSQ+
エマヌエーレ・アルチウリ(P)#
マリオ・カルーリ(Fl)**
ジョルジョ・カザーティ(Vc)**
ルイージ・ガッジェーロ(ツィンバロム**)

録音:2003年10月10日*、2006年10月22日+、2009年11月2日#、
ミラノ、スカラ座、ライヴ(*/+/#)
2006年10月6日聖ロレンツォ教会ライヴ**
ハンガリーの作曲家で統一されたアルバム。
STR-33900
サルヴァトーレ・シャッリーノ(1947-):歌劇「Luci mie traditrici」(全2幕;1998) ニーナ・タランデク(Ms)
クリスティアン・ミードル(Br)
ローラント・シュナイダー(C.T)
ジーモン・ボーデ(T)
マルコ・アンジウス(指)
アンサンブル・アルゴリトモ
邦題として「私を裏切った光」、「わが裏切りの瞳」のように訳されている歌劇。
STR-33902
ヴェネツィア方言によるカンツォーネとアリエッタ集
伝承曲(ヴェネツィアの舟歌):そんな不安な思いは忘れてしまえ
 ニーナ、私は何をすべきかわからない
 多くの人は言う
アントニオ・ブッツォッラ(1815-1868):節度ある恋
 捨てられて/多過ぎと少な過ぎ
 棘(とげ)
ロッシーニ:ヴェネツィアの競艇
レイナルド・アーン(1874-1947):「ヴェネツィア」〜何と悲しい!
マリピエロ(1882-1973):7つのヴェネツィアのカンツォネッタ[おやすみ、ぼうや,貧しいベルナルド,ソトポルテゴの下で,ジプシーたちのように,プーニ橋の上で,恋人よ、ほんとうにあなたはビッソナだ,ローマは偉大だ]
グイード・ビアンキーニ(1885-1971):舟歌/歌え、歌え
 罠にかかったねずみ/二人とも
 キリストと聖家族

[ボーナス・トラック]
伝承曲(ヴェネツィアの舟歌):優美な花(二重唱)*
ロレンツォ・レガッツォ(Bs)
サラ・ミンガルド(Ms)*
ディミートリ・ロマーノ(P)

録音:2011年5月5-9日、チーニ財団、ヴェネツィア、イタリア
ヴェネツィア生まれのバッソ・イタリアーノ、ロレンツォ・レガッツォが歌うヴェネツィア方言歌曲。歌劇の大物による軽妙な歌を楽しめます。
STR-33903
ジョン・ダニエル(1564-1626頃):リュート・ソング&リュート曲集
Can doleful notes?
No, let chromatic tunes
Uncertain certain turns
Dost thou withdraw thy grace?
Pavan "Rosamund" *
Eyes look no more
Coy Daphne fled
Like as the lute delights
Thou Pretty Bird / Pavan *
Grief keep within
Drop not mine eyes
Have all our passions
"Daniells Jigge" *
I die whenas i do not see
Time cruel time
Stay cruel stay
If could shut the gate
Mrs Anne Grene her leaves be green *
Let not Cloris thinke
What delight can they enjoy?
He whose desires are still abroad
Why canst thou not?
"Mounsiers Almayne" *
Now the earth the slies the air
マイケル・チャンス(C.T)
ポール・バイアー(Lute)

録音:聖ヴィンチェンツォ教会、エウピーリオ、レッコ県,
被昇天教区教会、ピウーロ、ソンドリオ県,ロンバルディア州、イタリア
聖マルティノ教会、グラウビュンデン州、スイス 時期の記載なし
ジョン・ダニエルはジョン・ダウランド(1563-1626)と同世代のイングランドのリュート奏者・作曲家。兄は高名な宮廷詩人サミュエル・ダニエル(1562-1619)。アルバム・タイトルである「リュートの喜びのごとく」をはじめ、優れたリュート・ソングを残しました。イギリスの名カウンターテナー、マイケル・チャンスとアメリカ合衆国出身のポール・バイアーによる滋味豊かな演奏をゆったり楽しめる一枚です。*はリュート独奏。
STR-33911
C.P.E.バッハ:クラヴィーア・ソナタ集
チェンバロ独奏の為のソナタ.ト短調 Wq.65-17*
ソナタ.ハ長調 Wq.62-10 H.59
ソナタ変ロ長調 Wq.62-16 H.116*
ソナタ.ト長調 Wq.62-19 H.119
ロ短調 Wq.62-22*
ソナタ変ホ長調 Wq.65-28 H.78*
ソナタ.ハ短調 Wq.65-31
ダヴィデ・ポッツィ(Cemb*、フォルテピアノ)
ダヴィデ・ポッツィは1975年ミラノ近郊のパデルノ・ドゥニャーノに生まれ、ロレンツォ・ギエルミ、ラウラ・アルヴィーニ、アンドレア・マルコン、ジャン=クロード・ツェーンダーに師事したイタリアのチェンバロ、フォルテピアノ、オルガン奏者。MVクレモナ・レーベルへの録音でもおなじみです。
STR-33916
私のフルートの音
ジャン・ガスパール・ヴァイス(1739-1815):ラウト・トラヴェルソとチェロの為の作品集
フルートの為のソロ第6番ニ短調(1816)
ドイツ・フルート、ヴァイオリンと通奏低音の為の三重奏曲 Op.2-6
チェロの為のソロ第5番ト長調(1816)
ドイツ・フルートと通奏低音の為のソロ ト長調 Op.3-6
フルート四重奏曲ヘ長調 Op.4-4(1781)
チェロの為のソロ第15番ニ長調(1816)
ドイツ・フルートと通奏低音の為のソロ.ニ短調 Op.3-5
フルートとヴァイオリンの為の前奏曲第2番(1816)
ドイツ・フルート、ヴァイオリンと通奏低音の為の三重奏曲 Op.1-4
フランソワ・ニコレ(フラウト・トラヴェルソ)
トビアス・ボンツ(Vc)
アンティーキ・ストルメンティ(アンサンブル)
ジャン・ガスパール・ヴァイスはフランス、アルザス地方の都市ミュルーズ(ドイツ語名ミュールハウゼン)に生まれたフルート奏者・作曲家・実業家。ドイツのチェリスト、トビアス・ボンツは大英博物館でヴァイスの音楽を「再発見」し、その再評価に務めています。
STR-33920
ジョン・ケージ:フリーマン・エチュード 第3巻&第4巻(1980) マルコ・フージ(Vn)
芸術家のパトロンとして知られたベティ・フリーマン(1921-2010)の名を冠した、ケージとポール・ズーコフスキー(ヴァイオリニスト)とのコラボレーション作品。第1巻&第2巻:STR-33882。
STR-33930
ナポリの旅
ニコラ・フィオレンツァ(1700-1764):ヴァイオリン、チェロのオブリガートと通奏低音の為の協奏曲ニ長調
フランチェスコ・ドゥランテ(1684-1755):協奏曲第8番イ長調「ラ・パッツィア」
レオナルド・レーオ(1694-1744):チェロ、弦楽と通奏低音の為の協奏曲ニ短調
マルチェッロ・スカンデッリ(Bv、指)
ミラノ・クラシカO
マルチェッロ・スカンデッリはミラノ・クラシカOの首席奏者・ソリスト・指揮者を務めるイタリアのチェリスト。
STR-33933(2CD)
ルイ・シュポーア(1784-1859):協奏的二重奏曲ト短調Op.95
協奏的二重奏曲へ長調《旅行ソナタ》Op.96
協奏的大二重奏曲ホ長調Op.112
6 つの二重奏曲《エレジーとユモレスク》Op.127
フランチェスコ・パリーノ(Vn)、
ミケーレ・フェドリゴッティ(P)

録音:2012 年(世界初録音)
シュポーアはフランス風の名前ルイを名乗っているがドイツの作曲家。ヴァイオリニストでありながら多作家で9 つの交響曲、15 のヴァイオリン協奏曲をはじめ、歌劇、室内楽など作品数は150 曲を越える。シュポーアは世代的にはベートーヴェンとシューベルトの間、従って様式的には古典派とロマン派を結ぶ架け橋であり、実際、彼の作品には後のシューマンを思わせる箇所もあり、今日では全く忘れられた時代の先駆者として注目される。この作品集は全作品、世界初録音。ヴァイオリンは1790-1805 年製ジュゼッペ&アントニオ・ガリアーノ、ピアノも 1849 年製ブロードウッド使用、作曲家在世時の音を忠実に再現。
STR-33934
ニーノ・ロータ:ヴァイオリン/ヴィオラとピアノの為の作品全集
ヴァイオリンとピアノの為の即興曲ハ長調「センチメンタルな悪魔」(1969)
ヴァイオリンとピアノの為のソナタ ト長調(1937)
ヴィオラとピアノの為の間奏曲ロ短調(1945)
ヴァイオリンとピアノの為の即興曲イ短調(1947)
ヴィオラとピアノの為のソナタ ハ長調(1945)
魔の山の伝説(1948)
ヴィオラとピアノの為のソナタ ト長調(1934)
フランチェスコ・ドラツィオ(Vn)
ジャンパオロ・ヌーティ(P)
STR-33935
フルートとピアノのための音楽
メンデルスゾーン:ソナタ ヘ短調 Op.4(原曲:ヴァイオリン・ソナタ)
ヴィドール:組曲 Op.34
カール・ライネッケ:ソナタ.ホ短調「ウンディーネ」Op.167
ポール・タファネル(1844-1908):トマの「ミニョン」の主題による大幻想曲
マリオ・カローリ(Fl)、中山敬子(P)
日本でもおなじみのイタリアのフルーティスト、カリオ・カローリによるロマン派プログラム。
STR-33936
イヴァン・フェデーレ(1953-):2つの月 ピアノの為の作品集
フランス組曲[Suite francese](2003)
北の練習曲[Etudes boreales](1990)
2つの月[Two Moons](2台のピアノと2つのヴァーチュアル楽器の為の;1997/2009)
図形を伴う2つの夜想曲[Due Notturni con figura](2007)
マリア・グラツィア・ベッロッキオ(P)

録音:2009年5月19-26日
STR-33943(2CD)
ロッシーニ:小ミサ・ソレムニス マリア・ラドエヴァ(S)
ミレーラ・ストルティ(Ms)
ユ・ジュンホ(T)
フランク・ファン・ホーフェ(Bs)
ブダペスト聖エフレム男声Cho
スコラ・カントールム・ブダペスティエンシス
タチアナ・ラリオノヴァ、ダヴィデ・カヴァッシ(P)
ドーラ・ビズヤク(ハルモニウム)
ティート・チェッケリーニ(指)
STR-33954
ギターのための20世紀音楽
ブリテン:ダウランドによるノクターナル Op.70
ウォルトン:5つのバガテル(1971)
武満徹:すべては薄明のなかで(1986)
R.R.ベネット:5つの即興曲(1968)
武満徹:森のなかで(1995)〜ミュアー・ウッズ
ステファノ・グロンドーナ(G)

録音:2008〜2012年
STR-33957
ジョルジョ・ガスリーニ(1929-):ピアノ作品集
ピアノ・ソナタ(2012)/7 つのエピファニー(2012)/
ピアノ・フェリックス(2012)/花の音楽(2012)/
森の木々(2012)
アルフォンソ・アルベルティ(P)

録音:2012年
ジョルジョ・ガスリーニはイタリアの現代作曲家、ピアニストでミラノのヴェルディ音楽院で学び、若くして多くのフェスティヴァルや歌劇場で作品が上演され、今日でもミラノ・スカラ座、ローマ歌劇場などで作品が頻繁に取り上げられている。無調、ジャズ、モード技法、民族音楽的な要素が折衷された、先鋭的なジャズとも捉えられる都会的な音楽。
STR-33962
シェーンベルク:月に憑かれたピエロ Op.21(1912)*
フランコ・エヴァンジェリスティ(1926-1980):箱(1962-1963)+
リヴィア・ラード(朗読)
アンサンブル・プロメテオ
マルコ・アンジウス(指)

録音:2011年10月1-3日*
2010年10月28-30日+
STR-33968
リュック・フェラーリ(1929-2005):即興のエクササイズ(1977,Exercises d'improvisation)
失われたリズムを求めて (1978,a la recherche du rythme perdu) 〜ピアノとテープのための
チロ・ロンゴバルディ(P)

録音:2011年
「即興のエクササイズ」は1977 年、「失われたリズムを求めて」は翌78 年の作品。「即興のエクササイズ」は7 曲の小品からなる大作で、いかにも70 年代を思わせるサイケデリックなオルガン(もしくはシンセサイザー)のドローンを背景にリリカルなピアノが即興演奏を繰り広げる。「失われたリズムを求めて」も同様のコンセプトで、大地の脈動を思わせる低音のパルスを背景にピアノは内部奏法、プリペアド・ピアノを含む無国籍民族音楽風の即興を行う。両作品ともケージ、ハロルド・バッド、テリー・ライリー、キース・ジャレット、果てはグルジェフを思わせる官能的、神秘的、媚薬的な音楽。聴いているうちにトリップ必至!
STR-33977
暗示〜弦楽の為の北欧の音楽
ニールセン:小組曲 Op.1
グリーグ:2つの旋律 Op.53
シベリウス:アンダンテ・フェスティヴォ
チャイコフスキー:フィレンツェの思い出(弦楽六重奏曲)Op.70
リアルキアンサンブル

録音:2013 年10 月19-22 日
グリ・アルキ・アンサンブル(GliArchiEnsemble)は 2003 年に結成されたアンサンブル。メンバーは11 人のイタリア人の弦楽奏者達(ヴァイオリン6、ヴィオラ2、チェロ2、コントラバス1)です。既にFONEレーベルからもCD が発売になっています。小編成を生かしたキビキビとしたアンサンブルで、イタリアらしい瑞々しい歌心でチャイコフスキーやグリーグなどの北国の名旋律を歌います。
STR-33979
ヘンデル:リコーダー・ソナタ集
ソナタ.ハ長調
前奏曲(チェンバロのための組曲HWV426 より)
ソナタ.へ長調、協奏曲ニ短調
ソナタ.ト短調
アリア《私は泣いてみせましょう》(歌劇「リナルド」より)
ソナタ.ニ短調/ほか全10 曲
アンサンブル・エストロ・クロマティコ
【マルコ・スコルカティ(リコーダー)、ダヴィデ・ポッツィ(Cemb)、グレゴリオ・カッラーロ(アルト・リコーダー)、エヴァ・ソラ(Vc)、マリーナ・ボネッティ(Hrp)】

録音:2011 年9 月
アンサンブル・エストロ・クロマティコはイタリア、アルゼンチン、ハンガリー、アメリカ、日本など異なる国の音楽家からなる古楽アンサンブルで 17〜18 世紀のオリジナル楽器を使用している。彼らはイル・ジャルディーノ・アルモニコ、エウローパ・ガランテ、チェチーリア・バルトリなど、著名なアンサンブルや歌手と度々共演しており、若手の古楽アンサンブルとして近年注目されている。このアルバムではチェンバロ伴奏のリコーダー・ソナタから比較的大きいアンサンブルを伴奏にしたものまで多彩な編成のものが収録されています。
STR-33984
バッハ:幻想曲全集
前奏曲ハ短調BWV.921
幻想曲ハ短調BWV.1121
幻想曲とフーガ.イ短調BWV.904
幻想曲ハ短調BWV.919
幻想曲イ短調BWV.922
ロンドによる幻想曲ハ短調BWV.918
幻想曲ハ短調BWV.906
幻想曲イ短調BWV.944
2 つの主題による幻想曲ト短調BWV.917
半音階的幻想曲とフーガ.ニ短調BWV.903
アンドレア・パドヴァ(P)

録音:1996 年2 月
しばらく廃盤になっていたアンドレア・パドヴァのバッハ:幻想曲全集、待望の再発売。旧盤が一部では価格が高騰していたものの、これで一件落着。透明で品のよいタッチ、美しい音色、みずみずしいカンタービレなど、いくら賛辞を贈っても足りないほどの美しさ、神々しさにあふれるバッハです。アンドレア・パドヴァはピアノをチッコリーニに師事、作曲をフランコ・ドナトーニに師事。ブーレーズ、バーンスタインとも共演し、完全に現代ピアノの視点からバッハに取り組みます。これほど現代的でありながら、リリシズムの感じられるバッハは珍しいでしょう。
STR-33985
「イタリヤ〜神の露の島」〜古代ユダヤの歌(全26 トラック)
Bezalel Aloni (1940):Love Song(Vo のみ)/Anonimo:Kyriah Yefeifiah/ Anonimo:Fire Dance(Vn のみ)/Delilah Gutman (1978):Osse Shalom/ Joel Engel (1868-1927):Numi numi/Anonimo:Sheyibane(Vo のみ)/ Anonimo:Kuando el rey Nimrod/Anonimo:Durme, durme/ Anonimo:Sing mir ein Liedele(Vo のみ)/Shlomo Secunda (1894-1974) Dona dona(ドナ・ドナ)/ Daniel Galay (1945):Partita: Andante con moto(Vn のみ)/Anonimo:Shalom Aleichem/ Anonimo:Yedid Nefesh/Max Janowski (1912-1991):Avinu Malkeinu(Vo のみ)/Samuel Cohen (1870-1940):Hatikva/Anonimo:Hinne ma tov/ Gershom Lev:Prok Yas Anach(Vn のみ)/Anonimo:Adio Kerida/ Anonimo:Nani nani/Anonimo:Tarantino(Vn のみ)/ Anonimo:Hevenu Shalom Al eichem/Anonimo:Shalom Aleichem(Vn のみ)/ Anonimo:Shema/Ilse Weber (1903-1944):Wiegala(Vo のみ)/ Delilah Gutman (1978):La memoria parla un canto
デリラー・シャロン・グートマン(Vo)
ラファエル・ネグリ(Vn)
古代の作者不詳(Anonimo)の作品を中心に、合間に「ドナ・ドナ」など有名な曲も含む 20 世紀に書かれた歌もはさみつつ、様々なユダヤ民謡、宗教歌を収録。ヴォーカルのグートマンはイタリア系アメリカ人で作曲も手がけ、リゲティ、シャリーノに師事。本 CD では自作も披露している。全編ユダヤおよび中東的な雰囲気に溢れています。
STR-33995
21世紀のための鍵盤楽器の展望
バッハ: 前奏曲とフーガBWV533A
キリストは死の絆につかせたもうによる幻想曲 BWV695
われを憐れみたまえ、おお主なる神よ BWV721
前奏曲とフーガ.ハ長調
ソナタI ト短調BWV1001
パルティータ.ホ長調BWV1006a
シャコンヌ ニ短調BWV1004/5
アリア.ト長調BWV988/1(ゴールドベルク変奏曲より)
ルカ・グリエルミ(Org、クラヴィコード又はチェンバロ又はピアノ・フォルテ)

録音:2002-2011 年
ルカ・グリエルミはスペインの鍵盤奏者、作曲家、指揮者でジョルディ・サバール、チェチリア・バルトリらと共演、近年注目されている古楽奏者のひとり。ここではバッハの鍵盤作品をオルガン曲、チェンバロ曲取り混ぜて演奏、しかもチェンバロ曲はクラヴィコード、ピアノ・フォルテ、チェンバロと曲によって楽器を変えて演奏するという凝った内容。

STR-37003
チャイコフスキー:「四季」Op.37bis
「子供のアルバム」24 の易しい小品Op.39
ボリス・ペトルシャンスキー(P)

録音:2011年10月、2014年5月
ボリス・ペトルシャンスキーは 1949 年モスクワ生まれ。モスクワ音楽院でロシア・ピアノ楽派の領袖と言われた作曲家でもあるレフ・ナウモフに師事、同門にはアレクセイ・リュビモフ、コンスタンチン・シチェルバコフらがいる。2006 年に当レーベルより発売された5 枚組からなるショスタコーヴィチ:ピアノ作品全集(STR-33763)は子供のための小品集までも網羅し各方面より高く評価された。度々来日してリサイタルや公開レッスンを行っており、日本にもファンは少なくない。このアルバムではチャイコフスキーの平易な小品集を取り上げているが、シンプルな楽譜から豊かなロシア情緒を引き出している。録音の優秀さもあり、楽しめる一枚。
STR-37002
ジョン・ジェンキンズ(1592-1678):4声のファンタジー集(全17 曲) アカデミア・ストゥルメンターレ・イタリア【アルベルト・ラッシ(アルト・ヴィオール)、
クラウディア・パセット(バス・ヴィオール)、
レオナルド・ボルトロット(バス・ヴィオール)、
リッカルド・コエラーティ・ラマ(ヴィオローネ)】

録音:2014 年8 月
ジョン・ジェンキンズは 17 世紀イギリスの作曲家でヴィオール・コンソートのためのファンタジーの作曲家として知られており、ここに収められた作品は彼の代表作のひとつ。アカデミア・ストゥルメンターレ・イタリアはヴェローナで結成されたヴィオール・アンサンブル。メンバーはこの団体のほかにエスペリオンXX、ラ・ルヴェルディ、エウロパ・ガランテなどでも活動しているスペシャリスト達。
STR-37010
ドルチッシモ・ヴェレーノ(甘きヴェローナ)〜ジェズアルド・マドリガル集(全20 曲)
《プロローグ》
もしおまえが私の死を望むなら
《恋に落ちて》
輝く瞳に出会ったとき/彼女は結局のところ/見ないで、見ないで/見つめなければ私は死なないが/大胆な小さい蚊が
《短命の愛》
私の希望を打ち砕いたあの残酷な「いや」という言葉を/悲嘆にくれて泣いていたのは昔/私の心はため息をついている/おお、悪しき生まれの悪しきメッセージ
《別離》
美しい人よ、心を持ち去るのなら/私は死ぬ、悲しみや苦しみゆえに
《嫉妬》
明るく輝く太陽/ああ、お前たちはあまりにもしあわせ/《怒り》
お前は私を殺す/私は黙する/無駄に残酷に/こんなに大きな苦しみの中でも/「情けを」と泣きながら叫んでも
《エピローグ》
私を煩わすのをやめておくれ
ルイージ・ガゲーロ(指)
ラ・ドルチェ・マニエラ【セシル・ローミュラー(S)、 エレン・ジャコーヌ(S)、 シルヴァーナ・トルト(Ms)、 ダミエン・ロケッティ(T)、 エルヴァン・ピケット(Br)】

録音:2014 年10 月
このアルバムは人の出会いから別れまで5つのテーマに沿ってジェズアルドのマドリガルから選曲し、プロローグとエピローグを加えた興味深い構成で出来ています。 イタリア・ルネサンスの作曲家ジェズアルドはこの時代では考えられない和声の連結、半音階の使用でルネサンスの前衛と呼ばれているが、ここに収められたマドリガル集はいずれも愛を歌ったものばかりで甘美な響きの中に頻繁に現れる半音階進行と不思議なハーモニーは爛熟しきった後期ルネサンスの退廃の世界へと聴き手を誘う。ヴォーカル・アンサンブル、ラ・ドルチェ・マニエラは17 世紀と現代の音楽を得意としておりTRADIVARIUS では今後も継続して彼らの録音をリリースしてゆく予定。

STR-57003
ニコロ・カスティリョーニ(1932-1996):作品集
Inverno In-ver(小管弦楽のための11の詩;1973)*
ソプラノ独唱のためのクオドリベット(「Figure」から;1965)+
クオドリベット(ピアノと室内管弦楽のための小協奏曲;1976)#
ディッキンソン歌曲集(ソプラノとピアノのための;1977)**
12の声のための讃歌(1989)++
ジャンルイジ・ ジェルメッティ(指)
シュトゥットガルト放送SO*
イングリート・アーデ=イェーゼマン(S;+)
キウチ・サカエ(P;#)
ジョルジョ・ベルナスコーニ(指)#
フライブルク新音楽インスティトゥート・アンサンブル#
レギナ・カビス、アンネッテ・ノエディンガー(S;**)
ペーター・ホフマン(P;**)
クリトゥス・ ゴットヴァルト(指)++
スコラ・カントールム・シュトゥットガルト++
STR-57005
ファビオ・ヴァッキ(1949-):作品集
架空の場所(1987-1992)*/
「さすらい人」変奏曲(B♭管クラリネット、ファゴット、ホルン、2つのヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとコントラバスのための;1997)+/
サッビウーノの圏谷(5人の奏者のための;1995)#/
流れよわがダウランド(男声アルトとアンサンブルのための;1994)**
グイード・グイダ(指)シチリアSO*
ソロイスツ*
マウロ・チェッカンティ(指)コンテンポラルタンサンブル+
マルコ・ラッザーラ(男声アルト;**)
アンサンブル・ムジカ20**
演奏者未判明#
STR-57009
ジャコモ・マンツォーニ(1932-):自画像
(1)エミリー・ディッキンソンの10の詩句(ソプラノ、弦楽四重奏、2つのハープと10の弦楽器のための;1988)
(2)ファウストのための交響的情景(合唱と管弦楽のための;1984)
(3)前奏曲−グラーヴェ−フィナーレ(クラリネット、3つの弦楽器と女声のための;1956)
(4)ペルコルソGG(Clとテープのための;1979)
(5)夜の音楽(5つの管楽器、Pと打楽器のための;1966)
(6)ジョスカンへのオマージュ(女声と5つの楽器のための;1965)
リリア・ショメイ(S)
ダニエル・パチッティ(指)モルドヴィア国立PO&Cho
エミリオ・ポマリコ(指)エコー・アンサンブル
STR-57010
ブルーノ・マデルナ(1920-1973):作品集
(1)ジュリアード・セレナード(テンポ・リベロ第2番;1971)
(2)「フィッツウィリアム・ヴァージナル・ブック」による陽気な音楽(1969)
(3)グランデ・アウロディア(1970)
ブルーノ・マデルナ(指)ローマRAI響
(3)セヴェリーノ・ガッゼローニ(Fl)
(3)ローター・ファーバー(Ob)

録音:(1)1971年5月21日、(2)1969年2月14日、(3)1970年2月7日、ライヴ
STR-57013
ジョルジョ・バッティステッリ(1953-):作品集
(1)後の思案〜シェークスピアの悲劇について(2005)
(2)ある詩劇の場面への伴奏音楽(12の楽器のための;1994)
(3)アナルカ〜エルンスト・ユンガーへのオマージュ(1988-89))
(1)(2)ローラント・クルッティヒ(指)アンサンブル・ルシェルシュ
(3)ピエール=アンドレ・ヴァラド(指)RAI国立SO、サンドロ・ロンバルディ(朗読)

DATUM シリーズ
DAT-12306(2CD)
アルトゥール・ロジンスキ
(1)シマノフスキ:ヴァイオリン協奏曲第2番
(2)シマノフスキ:スターバト・マーテル Op.53
(3)ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」
(4)スクリャービン:交響曲第3番「神聖な詩」
(5)シベリウス:交響曲第2番
アルトゥール・ロジンスキ(指)
(1)(4)RAIローマSO、
(2)(3)(5)RAIトリノSO、
(1)ヘンリク・シェリング(Vn)
(2)アドリアーナ・マルティーノ(S)、
アンナ・マリア・ロータ(A)、レナート・カペッキ(Bs)、RAIトリノCho

録音:(1)1955年3月18日、(2)1958年4月18日、(4)1958年2月22日、(3)1955年4月3日、(5)1955年4月1日、(すべてモノラル)
DAT-12307(2CD)
フランチェスコ・カヴァッリ(1602-1676):歌劇「オルミンド」 ヴィンチェンツォ・マンノ(T)、アルベルト・リナルディ(Br)、エレーナ・ツィリオ(Ms)、カティア・コルチェヴァ(Ms)、ステッラ・シルヴァ(A)、フロリンド・アンドレオッリ(T)、チェチーリア・フスコ(S)、フランカ・マッティウッチ(Ms)、ロベルト・アミス・エル・ハーゲ(Bs)、ジョルジョ・ガッティ(Br)
レナート・ファザーノ(指)
イ・ヴィルトゥオージ・ディ・ローマ、
チッタ・ディ・ローマ音楽小劇場合奏団

録音:1971年9月26日ヴェネツィア、ライヴ(モノラル)
DAT-12310(4CD)
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(イタリア語訳歌唱) ロヴロ・フォン・マタチッチ(指)
RAIトリノ響&Cho
ジュゼッペ・タッデイ(Br:ハンス・ザックス)、ボリス・クリストフ(B:ファイト・ポーグナー)、ヴィート・タトーネ(T:クンツ・フォーゲルザング)、ジョヴァンニ・チャヴォーラ(B:コンラート・ナハティガル)、レナート・カペッキ(Br)、ヴィート・ススカ(Bs)、エツィオ・ディ・ジョルジ(T)、ライモンド・ボッテゲッリ(T)、ワルター・ブルネッリ(T)、レンツォ・コンザレス(Bs)、シルヴィオ・マイオニカ(Bs)、ジェイムズ・ルーミス(Bs)、ルイージ・インファンティーノ(T)、カルロ・フランツィーニ(T)、ブルーナ・リッツォーリ(S)、フェルナンダ・カドーニ(A)

録音:1962年2月8日、トリノ、RAIホール、ライヴ、ステレオ
DAT-12313(2CD)
ヴェルディ:歌劇「トロヴァトーレ」 オリヴィエロ・デ・ファブリティース(指)ローマ・歌劇O&cho
エットーレ・バスティアニーニ(Br:ルーナ伯爵)
ミレッラ・パルット(S:レオノーラ)
フランコ・コレッリ(T:マンリーコ)
フェドーラ・バルビエーリ(MS:アズチェーナ)
アゴスティーノ・フェリン(Bs)、アンナ・マルカンジェリ(Ms)、
ヴィットーリオ・パンダーノ(T) 他

録音:1961年10月1日ヴェステンス劇場、ライヴ(モノラル)
DAT-12318(3CD)
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」 デジェー・エルンスター(B:ヘルマン)
グレ・ブラウェンステイン(S:エリーザベト)
カール・リーブル(T:タンホイザー)
エーベルハルト・ヴェヒター(Br:フォン・エッシェンバッハ)
マレイ・ディッキー(T)、ワルター・ブルネッリ(T)、
アロイス・ペルナーシュトルファー(Br)
ピーター・ハロワー(Bs-Br)
ヘルタ・ヴィルフェルト(S)、
ロスル・シュヴァイガー(S)
アルトゥール・ロジンスキ(指) RAIローマ響&Cho

録音:1957年11月14-16日ローマ、ライヴ(モノラル)
DAT-12320(2CD)
ムソルグスキー:歌劇「ホヴァンシチナ」(リムスキー=コルサコフ完成、イタリア語訳歌唱) アルトゥール・ロジンスキ(指)
RAIローマCho&SO
ボリス・クリストフ(B:ドシフェイ)
マリオ・ペトリ(B:イワン・ホヴァンスキー公)
イレーネ・コンパネス(A:マルーファ)
アメーデオ・ベルディーニ(T)、
ミルト・ピッキ(T)、
ミケーレ・マラスピーナ(Br)、
ジョランダ・マンチーニ(S)、
ヘルベルト・ハント(T)、
ドミートリー・ロパット(Bs)、
アンドレア・ミネオ(Br)、
ジョルジョ・カネッロ(Bs)

録音:1958年7月3日ローマ、RAIホール、ライヴ(モノラル)
DAT-12321(3CD)
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 モリナーリ=プラデッリ(指)RAIミラノCho&SO
マリオ・ペトリ(B:ドン・ジョヴァンニ)、
セスト・ブルスカンティーニ(Br:レポレッロ)
テレーザ・シュティヒ=ランダル(S:ドンナ・アンナ)
レイラ・ゲンジェル(S:ドンナ・エルヴィーラ)
ルイージ・アルヴァ(T)、
ハインツ・ボルスト(Bs)
グラツィエッラ・シュッティ(S)、
レナート・チェーザリ(Br)

録音:1960年4月26日ヴェルディ音楽院、ライヴ(モノラル)
DAT-12323(2CD)
ボリス・クリストフへのオマージュ
(1)ブラームス:ドイツ・レクイエム(伊語歌唱)
(2)ヴェルディ:レクイエム
全て、ボリス・クリストフ(Bs)
(1)ブルーノ・ワルター(指)
 RAIローマCho&SO、
 ロサンナ・カルテリ(S)
(2)ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)VPO
 ウィーン楽友協会Cho、
 ヒルデ・ツァーデク(S)、
 マルガレーテ・クローゼ(A)、
 ヘルゲ・ロスヴェンゲ(T)、

録音:(1)1952年4月16日トリノRAI、ライヴ(モノラル)
(2)1949年9月14日ザルツブルク音楽祭、ライヴ(モノラル)
DAT-12324(2CD)
オットー・アッカーマン
(1)ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67
(2)ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
(3)ベートーヴェン:交響曲第7番
(4)ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調

チューリヒ・トーンハレO
(4)ポール・トルトゥリエ(Vc)

録音:1952-1956年、モノラル
※原盤:ラジオ放送用アセテート
DAT-80013
ファゴットのための音楽
サン=サーンス:ソナタ.ト長調 Op.168
ヒンデミット:ソナタ変ロ長調
デュティーユ:サラバンドとコルテージュ
ファリャ(カヌーティ編):スペイン民謡集(6曲)
モンポウ(カヌーティ編):アウレアナ・ド・シル
 夢の戦い
ピアソラ(カヌーティ編):ル・グラン・タンゴ
ステファノ・カヌーティ(Fg)
マッシモ・ソメンツィ(P)

録音:1998年1月31日ポルトグアーロ室内音楽祭、ライヴ
DAT-80014
ダイナミック・バンド/吹奏楽名曲集
(1)ホルスト:吹奏楽のための組曲第1番Op.28-1
(2)ロレンツォ・デラ・フォンテ(1960-):エクソルトゥス
(3)ハーディ・メルテンス(1960-):ダ・パーチェム・ドミネ
(4)ロン・ネルソン(1929-):レオナンへのオマージュ
(5)チェザリーニ(1961-):プロヴァンス牧歌
 ダイナミック序曲
(6)ユリウス・フチーク(1872-1916):フローレンス行進曲
ソンチーノ市民バンド(吹奏楽)
(1)(3)-(6)ヴァルテル・ルッジェーリ(指)
(2)ロレンツォ・デラ・フォンテ(指)

録音:1997年4月26日、12月6-7日、1998年2月21-22日、ソンチーノ(イタリア)
DAT-80019
アッティリオ・デル・レ(1938-):順序のない歌集
(Maggio / Baccha / Maria / Rodoclea / Il martin pescatore / Angelo / Pioggia di notte / La preda / Difilo / Lacrime bagordi ... / Notte di maggio / Lisania / La mela / Odio Amore! / Eliodora / Sei venuta ...
エレーナ・アルクーリ(声)、
パオラ・デヴォーティ(P)

録音:1998年6月25-27日、7月6-7日、ピアチェンツァ県アルセーノ(イタリア)、デル・レ邸、図書館
DAT-80020(3CD)
マウロ・ジュリアーニ:ギターのためのロッシニアーナ&ポプリ全集 アントニオ・プッチョ(G)

録音:1999年10月14-16日、イヴレア(イタリア)、司教区神学校講堂
DAT-90002
カミッロ・トーニへのオマージュ
カミッロ・トーニ(1922-1993):(1)ゲオルク・トラクルの「ヘリアン」(ソプラノと室内管弦楽のための5つの歌;1961)
(2)フルート・ソナタ(1954)
(3)10人のためのロンド(1965)
(4)ゲオルク・トラクルの「夜に歌う」による6つの夜想曲(1965)
(5)弦楽三重奏曲(1980)
(6)ブロワの花環(1978)
(1)(3)(6)ドロシー・ドロウ(S)
(1)ハンス・ロスバウト(指)BBC響
(2)セヴェリーノ・ガッゼッローニ(Fl)
(2)(6)カミッロ・トーニ(P)
(3)サンドロ・ゴルリ(指)
 ディヴェルティメント・アンサンブル
(4)カルラ・ヘニウス(A)、
 サシュコ・ガヴリーロフ(Vn)、
 ハンス・ダムツェル(Cl)、
 マリオリーナ・デ・ロベルティス(P)、
 ヴェルナー・ハイダー(P)
(5)パリ弦楽三重奏団

録音:(1)1962年6月ロンドン(モノラル)/(2)1954年ダルムシュタット(モノラル)/(3)1985年9月ヴェネツィア(ステレオ)/(4)1966年9月ヴァネツィア(モノラル)/(5)1983年6月ブレッシャ/(6)1978年6月15日ナポリ(モノラル)、すべてライヴ


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.