湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



PORTUGALSOM
(ポルトガル)


ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ1978年、ポルトガル国立録音ライブラリー開設に合わせ創設された国営レーベル「ポルトゥガルソム」。
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(1896-1963)はポルトガルの指揮者。1932年に作曲家ラヴェルに招かれパリで指揮し成功を収めたことをきっかけとしてフランスを中心にヨーロッパ各地でコンサートおよび歌劇指揮者として活躍、同時代の作品も積極的に演奏しました。兄ルイス・デ・フレイタス・ブランコ(1890-1955)は作曲家、妻マリー・アントワネット・レヴェーク(・フレイタス・ブランコ)(1903-1986)はピアニスト。



※品番結尾に特に表記のないものは、全て1CDです。
品番 内容 演奏者
PS-870032
マリア・デ・ロールデス・マルティンス(1926-2009):ピアノ作品集
グロテスク(1950)/ソナタ第2番(1957)
3つのワルツ(1960)/ソノリタ(1970)
トッカティーナ(1976)/キャッチ(1981)
リトミテ(1983)
5音による8つの小品(子供の為の;1960)
エルジェーベト・トゥサ(P)

録音:1986年11月11-13日、フンガロトン・スタジオ、ブダペスト、ハンガリー、AAD
発売:1992年
マリア・デ・ロールデス・マルティンスはポルトガルのリスボンに生まれた作曲家・ピアニスト・教育者。リスボン音楽院教師としてオルフの教育システムを導入しました。エルジェーベト・トゥサ(1928-)はハンガリーのピアニスト。
PS-870033
カンディド・リマ(1939-):砂のロボット(1978/1984)
ネプチューンの伝説(1987)
大洋(1978/1979)
カンディド・リマ(電子音楽制作)

録音:1987年、スタジオRM(Fortea & Rangel. Lda.)、ポルト、ポルトガル、AAD
発売:1992年
PS-870036
フェルナンド・ロペス=グラサ(1906-1994):弦楽四重奏曲第2番+
愛と死の歌*
オフィシナ・ムジカル・ド・ポルトSQ
オルガ・プラツ(P)*

録音:1987年7月11日*、1989年10月7日+、スタジオ・ジョルソム、リスボン、ポルトガル、AAD
発売:1993年

SP-4077
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.1
ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲
シューマン:交響曲第2番ハ長調 Op.61
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1961年5月15日、シネマ・ティヴォリ、リスボン
SP-4078
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.2
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
*
ヒンデミット:歌劇「今日のニュース」序曲+
ダヴィド・オイストラフ(Vn)*
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1960年6月27日、コリセウ・ドス・レクレイオス、リスボン*
  1961年11月25日、シネマ・ティヴォリ、リスボン+
SP-4079
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.3
ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」*
ルーセル:組曲ヘ調 Op.33+
ファリャ:バレエ「三角帽子」#
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1959年12月12日、サン・カルロス劇場、リスボン*
1960年6月27日+、1961年7月28日 #、コリセウ、リスボン(+/#)
SP-4084
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.4
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲*
ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第9番ホ短調+
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1960年6月27日、コリセウ・ドス・レクレイオス、リスボン*
1958年12月20日、サン・カルロス劇場、リスボン+
SP-4109
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.5
R・シュトラウス:歌劇「影のない女」から 交響的断章*
歌劇「ばらの騎士」から 7つのヴェールの踊り+
交響詩「ティル・オイゲンシュピーゲルの愉快ないたずら」#
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1958年12月20日、サン・カルロス劇場、リスボン*
  1961年5月15日+、12月16日#、シネマ・ティヴォリ、リスボン(+/#)
SP-4110
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.6
ラヴェル:バレエ「マ・メール・ロワ」*
左手の為のピアノ協奏曲+
バレエ「ダフニスとクロエ」組曲第1番#/同第2番#
マリー・アントワネット・レヴェーク・フレイタス・ブランコ(P)+
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1957年12月28日(*/+)、1958年12月20日#、サン・カルロス劇場、リスボン
SP-4111
【入手困難】
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.7
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op.23*
ルイス・デ・フレイタス・ブランコ:交響曲第4番ニ長調+
エミール・ギレリス(P)*
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1961年4月27日、ライヴ、シネマ・ティヴォリ、リスボン*
1960年4月8日、ポルトガル国営放送スタジオ+
供給元に良品返品が在庫された際に限り確保が可能なので出荷時期は未定となります。お許しください。
SP-4112
【在庫僅少】
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.8
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467*
ジョリー・ブラガ・サントス:交響曲第1番ニ調 Op.8+
エミール・ギレリス(P)*
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1961年4月27日、ライヴ、シネマ・ティヴォリ、リスボン*
1960年3月26日、ポルトガル国営放送スタジオ+
現在供給元の在庫数が1桁となっており、完売後は上記 SP-4111と同じ状況となります。
SP-4113
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.9
ドビュッシー:夜想曲*
ファリャ:讃歌+
フロラン・シュミット:サロメの悲劇#
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1959年6月22日、ライヴ、シネマ・サン・ルイス*
1959年8月7日、パリャヴァン・ドス・デスポルトス+
1961年7月14日、ポルトガル国営放送スタジオ#
SP-4114
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.10
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18*
クラウディオ・カルネイロ:ポルトゥガレザス+
ナウン・スタルクマン(P)*
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1957年10月25日、第1回ヴィアナ・ダ・モッタ・コンクールの非公開ガラ・コンサート、サン・カルロス劇場、リスボン*
1961年6月26日、第5回グルベンキアン・フェスティヴァル、コリセウ・ドス・レクレイオス、リスボン+
SP-4115
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.11
ヴォーン・ウィリアムズ:劇音楽「すずめばち」序曲*
マルティヌー:室内協奏曲+
ルイス・デ・フレイタス・ブランコ:交響詩「人工の楽園」#
エルネスト・ハルフテル:ポルトガル狂詩曲**
レオノル・プラド(Vn)+
レジナ・カスカエス(P)+
マリー・アントワネット・レヴェーク・フレイタス・ブランコ(P)*
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1953年8月19日*、1959年8月7日+、パリャヴァン・ドス・デスポルトス(*/+)
1957年11月16日、サン・カルロス劇場、リスボン#
1954年11月11日、高等工科学校**
SP-4116
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ・エディション Vol.12
シューベルト:イタリア様式の序曲*
ワーグナー:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲+
ヴィアナ・ダ・モッタ:ビト#
ルーセル:バレエ「バッカスとアリアーヌ」組曲#
ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ(指)
ポルトガル国立SO

録音:1961年5月30日*、1959年12月29日+、サン・カルロス劇場、リスボン(*/+)
1959年7月17日、パリャヴァン・ドス・デスポルトス#

SP-4356
ジョリ・ブラガ・サントス(1924-1988):弦楽四重奏曲第1番ニ短調 Op.4+
弦楽四重奏曲第2番イ短調 Op.27*
リスボンSQ

録音:1989年12月20-22日*、1990年6月2、4-5日+、スタジオ・ジョルソム、リスボン、ポルトガル
発売:2002年


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.