湧々堂HOME 新譜速報 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック 廉価盤 シリーズ
旧譜カタログ チャイ5 殿堂入り 交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック


声楽曲・新譜速報1


※発売済のアイテムも含めて、約3ヶ月間掲載しています。
※新しい情報ほど上の段に記載しています。
※表示価格は全て税込みです。



NEOS
NEOS-11732 (1SACD)
「ムジカ・ヴィヴァ・ミュンヘンVol.32」
ヴォルフガング・リーム(b.1952):「レクイエム・シュトローフェン」(2015/2016)
マリス・ヤンソンス(指)
バイエルンRSO&cho
モイツァ・エルトマン (S) 、アンナ・プロハスカ (S) 、 ハンノ・ミュラー=ブラフマン(Br)

録音:2017年3月31日ムジカ・ヴィヴァ・コンサート(ライヴ)
世界初演ライヴ
既に 70 年以上の歴史を持つドイツの国際的な現代音楽祭ムジカ・ヴィヴァ より委嘱、初演されたヴォルフガング・リーム畢生の大作レクイエムのライヴ CD。正式なタイトルは「レクイエム-シュトローフェン」といい、シュトローフェンの stroph には「詩」「ひとつの連なり」という意味があり、また語尾に en をつけた strophen には「災害」という意味があり、おそらくリームは二重三重の意味をタイ トルと内容に込めたと思われます。全体は 4 部から構成されテキストには伝統 的な典礼で歌われる祈祷文「キリエ」「ラクリモサ」「サンクトゥス」「アニュス・デ イ」「詩篇」のほか、曲のエピローグに 20 世紀ドイツの作家、詩人ハンス・ザー ル(1902-1993)の詩「strophen(災害)」が使われています。ザールはユダヤ系文 学者として両次世界大戦と東西冷戦の時代を生き抜き反ファシストの立場から 執筆活動を行ってきました。こうしたことからこのリームのレクイエムは戦争の世 紀であった 20 世紀全体を悼むような性格を持っています。1980 年代より新ロ マン主義の若き旗手として華々しく登場したリームも今年 67 歳。かつての尖っ た荒々しさは影を潜め、その表現は悠々とした大河のようなたずまいを見せて います。21 世紀前半を代表するレクイエム、巨匠マリス・ヤンソンスの共感溢れ る渾身の棒さばきも大いに聴きものです。

MARSTON
MARS-51301-2(13CD)
フョードル・シャリアピン全録音集
●(1)1902 年1-2 月 モスクワ GRAMOPHONE AND TYPEWRITER 録音:
ケーネマン:王が戦に出陣した時 Op.7-6
スロノフ:ああ汝太陽よ、素晴らしい太陽よ Op.10-1
コルガノフ:悲歌 静かな月夜
グノー:「ファウスト」〜金の子牛(ロシア語)
チャイコフスキー:夜鶯 Op.60-4
ロシア民謡:夜
グリンカ:「皇帝に捧げた命(イワン・スサーニン)」〜あなたは来るだろう、私の夜明けよ
チャイコフスキー:失望 Op.65-2

●(2)1907 年10 月 サンクトペテルブルク GRAMOPHONE AND TYPEWRITER 録音:
マヌイキン=ネフストルエフ:貧しい巡礼者の歌
ケーネマン:王が戦に出陣した時 Op.7-6
ボーイト:「メフィストーフェレ」〜ご機嫌よろしゅう、主よ!
グノー:「ファウスト」〜眠ったふりをせずに(ロシア語)
ムソルグスキー:蚤の歌
グノー:「ファウスト」〜金の子牛(ロシア語)
●(3)1907 年10 月 ミラノ GRAMOPHONE AND TYPEWRITER 録音:
ロシア民謡:おいお前、イワンよ
 夜/おいお前、イワンよ
 小さな樺の破片
●(4)1908 年6 月 パリ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
グリンカ:「ルスランとリュドミラ」〜私の勝利の時は近い
ロッシーニ:「セビリアの理髪師」〜陰口はそよ風のように
グリンカ:「皇帝に捧げた命(イワン・スサーニン)」〜あなたは来るだろう、私の夜明けよ
ドリーブ:「ラクメ」〜お前の甘い眼差しは(ロシア語)
グリンカ:「ルスランとリュドミラ」〜永遠の夜の帳から
●(5)1908 年6 月 パリ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ロシア民謡(シャリアピン編):樫の丸太(ドゥビヌシカ)
ロシア民謡:昇れ、赤い太陽よ
 カバノキの小片
●(6)1910 年8,9 月 モスクワ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ウクライナ民謡:牧場で
セーロフ:「悪の力」〜陽気な懺悔節を!(エレムカの歌)
ロシア民謡:母なるヴォルガを下りて
 オークの下から、ニレの下から
 夜
ヴェルストフスキー:「アスコルドの墓」〜昔祖先たちが住んでいた
グノー:「ファウスト」〜主よ、いやしいしもべをお許し下さい(第4 幕 教会の場面 ロシア語)
 「ファウスト」〜時が来た(ロシア語)
ロシア民謡:おいお前、イワンよ
ヴェルディ:「ドン・カルロ」〜彼女は私を愛さなかった…王家のマントに包まれて
ソコロフ:荒天が唸り
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜もう一つの物語で
ロシア民謡(シャリアピン編):樫の丸太(ドゥビヌシカ)
ロシア民謡:昇れ、赤い太陽よ
 太陽は昇り(ロシアの囚人の歌)
 カバノキの小片
●(7)1911 年9 月 サンクトペテルブルク THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜カザンの町で
ロシア民謡:マシェンカ*
●(8)1911 年10―11 月 サンクトペテルブルク THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜さらばわが息子よ,鐘が鳴っている
ボロディン:「イーゴリ公」〜私は退屈は好きではない…もしプティーヴルの公になれば
ルビンシテイン:「デーモン」〜泣くでない、娘さん
ストロキン:主よ今こそあなたの僕を
シューマン:二人の擲弾兵 Op.49-1(ロシア語)
ルビンシテイン:「デーモン」〜大気の大海原で
ロシア民謡:秋の霧雨ではない
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜ある日、晩に、羊飼いが
●(9)1912 年4 月 ミラノ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ベッリーニ:「ノルマ」〜あの丘へ行け
ロッシーニ:「セビリアの理髪師」〜陰口はそよ風のように
ボーイト:「メフィストーフェレ」〜ご機嫌よろしゅう、主よ!
ベッリーニ:「夢遊病の女」〜また見ることができた、ああ心地良い場所よ
【カルロ・サバイーノ(指)ミラノ・スカラ座O,合唱団】
●(10)1912 年10 月 サンクトペテルブルク THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
マイヤベーア:「悪魔ロベール」〜冷たい墓に眠る尼僧たちよ(イタリア語)
ドニゼッティ:「ルクレツィア・ボルジア」〜私の復讐よ来るのだ
ヴェルディ:「エルナーニ」〜不幸な男だ
グラズノフ:バッカスの歌(フランス語)
ラ・マルセイエーズ
●(11)1913 年7 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ロシア民謡(ケドロフ編):イリヤ・ムロメツの物語
ブラームス:サッフォー頌歌 Op.94-4(ロシア語)
リーシン:彼女は笑う
チャイコフスキー:夜鶯 Op.60-4
リムスキー=コルサコフ:「サトコ」〜恐ろしい岩壁に
ロシア民謡(リャプノフ編):イワン雷帝にまつわる物語
 義母には義理の七人の子どもがいた
ウクライナ民謡:ああ、緑の樫が
 大きなブヨが
●(12)1914 年1 月 サンクトペテルブルク THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
スロノフ:別れの言葉 Op.12-1
ルビンシテイン:囚われ人 Op.78-6
グリーグ:白鳥 Op.25-2
リムスキー=コルサコフ:ジョージア(グルジア)の丘の上で
ラフマニノフ:昨日私たちは出会った Op.26-13
ブラームス:サッフォー頌歌 Op.94-4
●(13)1914 年4 月 サンクトペテルブルク THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ルビンシテイン:囚われ人 Op.78-6
グリーグ:白鳥 Op.25-2(ロシア語)
スロノフ:別れの言葉 Op.12-1
グリーグ:亡くなった人Op.25-5,アルバムの数行 Op.25-3(ロシア語)
ケーネマン:王が戦に出陣した時 Op.7-6
シューベルト:「白鳥の歌」〜私の住む所(ロシア語)
ソコロフ:荒天が唸り
グリンカ:「皇帝に捧げた命(イワン・スサーニン)」〜あなたは来るだろう、私の夜明けよ
●(14)1921 年10 月 ヘイズ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
グリーグ:古い歌 Op.4-5(ロシア語)
グリーグ:アルバムの数行 Op.25-3(ロシア語)
チャイコフスキー:夜鶯 Op.60-4
ムソルグスキー:蚤の歌
リムスキー=コルサコフ:預言者Op.49-2
アルネス:最後の航海 Op.17-2
マラシュキン:ああ、私の苦しみを音で描けさえできれば
シューマン:二人の擲弾兵 Op.49-1(ロシア語)
ケーネマン:王が戦に出陣した時 Op.7-6
グリーグ:真夜中の回想
ベートーヴェン:この暗い墓で
ムソルグスキー:「死の歌と踊り」〜トレパーク
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜カザンの町で,さらばわが息子よ
ロッシーニ:「セビリアの理髪師」〜陰口はそよ風のように
●(15)1922 年1 月 ニューヨーク VICTOR TALKING MACHINE COMPANY 録音:
ナドソン:夢 まだ子どもだった頃
ヴェルディ;「ドン・カルロ」〜彼女は私を愛さなかった…王家のマントに包まれて
●(16)1922 年9,10 月 ヘイズ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ケーネマン:王が戦に出陣した時 Op.7-6
リムスキー=コルサコフ:「サトコ」〜恐ろしい岩壁に
ロシア民謡(シャリアピンおよびケーネマン編):ヴォルガの舟歌
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜もう一つの物語で
●(17)1922 年11 月 キャムデン VICTOR TALKING MACHINE COMPANY 録音:
ヴェルディ;「ドン・カルロ」〜彼女は私を愛さなかった…王家のマントに包まれて
ベッリーニ:「夢遊病の女」〜また見ることができた、ああ心地良い場所よ
ボーイト:「メフィストーフェレ」〜ご機嫌よろしゅう、主よ!
ロシア民謡:おいお前、イワンよ
ボロディン:「イーゴリ公」〜私は退屈は好きではない…もしプティーヴルの公になれば
●(18)1923 年6,7 月 ヘイズ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜私は最高の権力を手に入れた
ボロディン:「イーゴリ公」〜私は退屈は好きではない…もしプティーヴルの公になれば
ラフマニノフ:「アレコ」〜ジプシーの野営では皆寝ている
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜鐘が鳴っている(2 種)
グノー:「ファウスト」〜金の子牛
グノー:「ファウスト」〜眠ったふりをせずに
ロシア民謡(シャリアピン編):樫の丸太(ドゥビヌシカ)
●(19)1923 年9 月 ヘイズ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」〜奥様、これが目録です(カタログの歌)
グリンカ:「皇帝に捧げた命(イワン・スサーニン)」〜あなたは来るだろう、私の夜明けよ
●(20)1924 年1 月 キャムデン VICTOR TALKING MACHINE COMPANY 録音:
マイヤベーア:「悪魔ロベール」〜冷たい墓に眠る尼僧たちよ(イタリア語)
プッチーニ:「ボエーム」〜古びた外套よ
チャイコフスキー:第5 曲 祝福されよ、森よ Op.47-5
フレジェ:角笛
●(21)1924 年1 月 ニューヨーク VICTOR TALKING MACHINE COMPANY 録音:
ロシア民謡:太陽は昇って沈み
●(22)1924 年7 月 ヘイズ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ボロディン:「イーゴリ公」〜調子はどうだ、公よ?…いや違うぞ、友よ
ロシア民謡:ピーテル街道に沿って
グリンカ:「皇帝に捧げた命(イワン・スサーニン)」―私の愛する子よ
グリンカ:疑い
●(23)1924 年10 月 ヘイズ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
シューマン:二人の擲弾兵 Op.49-1(ロシア語)
ボロディン:「イーゴリ公」―疲れ果てた魂には眠りも休息もなく
●(24)1925 年10,11 月 ヘイズ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜ボリス・フェオドロヴィチ皇帝万歳! … 魂は悲しむ(戴冠の場面)
グノー:「ファウスト」〜主よ、あなたのいやしいしもべをお許し下さいませ(2 種)
ルビンシテイン:「デーモン」〜大気の大海原で,私こそがあなたの言うことを聞いていた者
●(25)1926 年5 月 ヘイズ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ロッシーニ:「セビリアの理髪師」〜陰口はそよ風のように
シューマン:二人の擲弾兵 Op.49-1(ロシア語)
ムソルグスキー:蚤の歌
ロシア民謡(シャリアピン及びケーネマン編):ヴォルガの舟歌
グリーグ:真夜中の回想(ロシア語)
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜さらばわが息子よ,鐘が鳴っている(2 種),ボリス・フェオドロヴィチ皇帝万歳! … 魂は悲しむ(戴冠の場面)
(26)1926 年5 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音(コヴェントガーデン歌劇場でのライヴ録音)
ボーイト:「メフィストーフェレ」〜プロローグ,第1 幕、第2 幕の抜粋
●(27)1927 年3 月 キャムデン VICTOR TALKING MACHINE COMPANY 録音:
ムソルグスキー:蚤の歌
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜カザンの町で
ボーイト:「メフィストーフェレ」〜ご機嫌よろしゅう、主よ!
ボロディン:「イーゴリ公」〜私は退屈は好きではない…もしプティーヴルの公になれば
ロッシーニ:「セビリアの理髪師」〜陰口はそよ風のように
ベッリーニ:「夢遊病の女」〜また見ることができた、ああ心地良い場所よ
クラーク:盲目の農夫
●(28)1927 年4 月 ニューヨーク VICTOR TALKING MACHINE COMPANY 録音:
マスネ:「ドン・キショット」〜ああ、私のご主人様(ドン・キショットの死)
●(29)1927 年6 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜鐘が鳴っている
リムスキー=コルサコフ:預言者 Op.49-2
ケーネマン:王が戦に出陣した時 Op.7-6(2 種)
ベートーヴェン:この暗い墓で
●(30)1927 年9 月 パリ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ロシア民謡:昇れ,真赤な太陽よ
ロシア民謡:樫の木の下より、楡の木の下より
ロシア歌謡:黒い瞳
ヴェーデリ:悔悟の門よ私に開け
●(31)1927 年10 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音(ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ録音)
リムスキー=コルサコフ:「モーツァルトとサリエリ」〜誰もがこの世に真実はないと言う,ケルビムのように,お前は長い眠りに
つくだろう、モーツァルトよ!
●(32)1927 年10 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
リムスキー=コルサコフ:預言者 Op.49-2
ベートーヴェン:この暗い墓で
リムスキー=コルサコフ:「サトコ」〜恐ろしい岩壁に
ロシア民謡(シャリアピンおよびケーネマン編):ヴォルガの舟歌
ボロディン:「イーゴリ公」〜調子はどうだ、公よ?…いや違うぞ、友よ
●(33)1928 年6 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」〜奥様、これが目録です(カタログの歌)
●(34)1928 年6 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音(コヴェントガーデン歌劇場でのライヴ録音)
グノー:「ファウスト」抜粋
●(35)1928 年6 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
シューベルト:白鳥の歌 D957〜影法師,死と乙女 D531(ロシア語)
マラシュキン:ああ、私の苦しみを音で描けさえできれば(英語)
(36)1928 年7 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音(コヴェントガーデン歌劇場でのライヴ録音)
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」抜粋(シャリアピンのみロシア語、他はイタリア語)
●(37)1929 年6 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ロシア民謡(アレキサンドロフ編):ピーテル街道に沿って
ロシア民謡:マシェンカ
ロシア民謡(カラトゥイギン編):お前に別れを告げる、私の喜びよ、私の命よ
フレジェ:角笛
ダルゴムイシスキー:古参の伍長
リーシン:彼女は笑った
サシャ・ギトリおよびイヴォンヌ・プランタンとの電話風の会話
●(38)1929 年11 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ロシア民謡(シャリアピン編):夜
ラフマニノフ:「アレコ」〜ジプシーの野営では皆寝ている
ムソルグスキー:「死の歌と踊り」〜トレパーク
●(39)1930 年2 月 パリ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
グノー:「ファウスト」〜金の子牛,眠ったふりをせずに(2 種)
マスネ:「ドン・キショット」〜星が姿を現す時
●(40)1930 年6 月 パリ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ロシア民謡:ステンカ・ラージン
グリンカ:疑い
ルビンシテイン:囚われ人 Op.78-6
ラフマニノフ:「アレコ」〜ジプシーの野営では皆寝ている
●(41)1931 年1 月 パリ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ヴェーデリ:悔悟の門よ私に開け(2 種)
ストロキン:主よ今こそあなたの僕を(2 種)
セーロフ:「悪の力」〜陽気な懺悔節を!(エレムカの歌)
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜ボリス・フェオドロヴィチ皇帝万歳!
●(42)1931 年5,6 月 ロンドン THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
グリンカ:疑い
ルビンシテイン:ミルザ・シャフィによる12 の歌(ペルシャの歌)Op.34〜クル川の渦巻く波は
マスネ:悲歌(ロシア語
ムソルグスキー:「ボリス・ゴドゥノフ」〜私は最高の権力を手に入れた(2 種),ああ、苦しい!息をつかせてくれ(時計の場)(2種)
ダルゴムイシスキー:「ルサルカ」〜ああ、お前たち若い娘は皆同じに見える,おはよう、義理の息子よ
グリンカ:「ルスランとリュドミラ」〜私の勝利の時は近い
●(43)1932 年2,3 月 パリ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ストロキン:主よ、今こそあなたの僕を
ロシア民謡(ジャーロフ編):12 人の盗賊の伝説
ヴェーデリ:悔悟の門よ私に開け
ロシア民謡(アレキサンドロフ編):母なるヴォルガを下りて
グレチャニノフ:ロシアの典礼 Op.79〜あなたに栄光が、ああ主よ(3 種)
アルハンゲルスキー:私は信じる
●(44)1933 年1 月 パリ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
ダルゴムイシスキー:ボレロ
1933 年3 月 パリ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音
イベール::ドン・キショットの4 つの歌
●(45)1934 年3 月 パリ THE GRAMOPHONE COMPANY 録音:
マヌイキン=ネフストルエフ:貧しい巡礼者の歌
ロシア民謡:昇れ、赤い太陽よ
(46)1936 年2 月 東京 日本ビクター録音:
ムソルグスキー:蚤の歌
ロシア民謡(シャリアピンおよびケーネマン編):ヴォルガの舟歌
●(47)補遺  私的シリンダー録音:1898-1902 年
リムスキー=コルサコフ:「サトコ」〜恐ろしい岩壁に
ボロディン:「イーゴリ公」〜もしプティーヴルの公になれば
グノー:「ファウスト」〜ああ夜よ、お前の陰を広げよ(ロシア語)
ロシア民謡:夜
 白い綿毛の雪
 ああ、私は目を使い過ぎた
スロノフ:ああ汝太陽よ、素晴らしい太陽よ Op.10-1
フョードル・シャリアピン(Bs)

●(1)1ピアノ伴奏
●(2)P.P.グロス(P)
ブルーノ・ザイドラー=ヴィンクラー(指)O
●(3)無伴奏
●(4)I.P.アルカデフ(指)O
●(5)無伴奏
●(6)モスクワ帝立歌劇場cho
マリア・アレキサンドロヴナ(S)
管弦楽伴奏
無伴奏
管弦楽伴奏
ピアノ伴奏
M.I.セメノフ(指)モスクワ帝立歌劇場O
モスクワ帝立歌劇場cho
無伴奏
●(7)管弦楽伴奏
無伴奏*
●(8)管弦楽伴奏
管弦楽伴奏
マリア・ウラジミロヴナ・コワレンコ(S)、管弦楽伴奏
無伴奏
管弦楽伴奏
●(9)カルロ・サバイーノ(指)ミラノ・スカラ座O,cho
●(10)管弦楽伴奏
●(11)ペトログラード四重奏団
D.I.ポヒトノフ(P)
ペトログラード四重奏団
●(12)ピアノ伴奏
●(13)ピアノ伴奏
●(14)マックス・ラヴィノヴィッチ(P)
パーシー・ピット(指)O
マックス・ラヴィノヴィッツ(P)
パーシー・ピット(指)O
ジョゼフ・パスターナック(指)O
●(15)ジョゼフ・パスターナック(指)O
●(17)ジョゼフ・パスターナック(指)O
ジョゼフ・パスターナック(指)O
●(18)ジョージ・W.ビング(指)O,ほか
●(19)ジュリアス・ハリソン(指)O
●(20)ロザリオ・ブルドン(指)O
●(21)フョードル・ケーネマン(P)
●(22)ユージン・グーセンス(指)O
マジョリー:ヘイワード(Vn)、ピアノ伴奏
●(23)ジュリアス・ハリソン(指)O
●(24)フローレンス・オストラル(S)、アルバート・コーツ(指)O,cho
ジュリアス・ハリソン(指)O
●(25)ユージン・グーセンス(指)O,cho
(26)ヴィンチェンツォ・ベレッツァ(指)コヴェントガーデン歌劇場O,cho
●(27)ロザリオ・ブルドン(指)O
●(28)ロザリオ・ブルドン(指)O
●(29)ローレンス・コリングウッド(指)O
●(30)アレクサンドル・スクリャービン(指)アリストフcho,バラライカ・オーケストラ
アリストフcho
●(31)アルバート・コーツ(指)LSO,ロイヤル・コラール・ソサイティ
●(32)アルバート・コーツ(指)O
●(33)ジョン・バルビローリ(指)O
●(34)ジョゼフ・ヒスロップ(テノール ファウスト)、ジェーン・ロジェー(メッゾソプラノ シーベル)、 フランクリン・ケルシー(テノール ワグナー)、ユージン・グーセンス(指)コヴェントガーデン歌劇場O,cho
●(35)ユージン・グーセンス(指)O
(36)マルゲリータ・カロージオ(ソプラノ フョードル)、イレーネ・ミンギーニ=カッタネオ(メッゾソプラノ マリーナ)、 アンジェロ・バダ(テノール シュイスキー)、ヴィンチェンツォ・ベレッツァ(指)コヴェントガーデン歌劇場O,cho
●(37)ペテルスキー・バラライカ・オーケストラ
アイヴァー・ニュートン(P)
●(38)マックス・ラヴィノヴィッツ(P)
ローレンス・コリングウッド(指)O
●(39)アンリ・ビュッセル(指)パリ・オペラ座O,cho
●(40)イヴァン・バジレフスキー(P)、 ルシアン・シュワルツ(ヴァイオリン グリンカ)
●(41)【D.アリストフ(指)パリ・ロシア歌劇団cho
O.チェルノヤノフ(指)バラライカ・オーケストラ,cho
D.アリストフ(指)パリ・ロシア歌劇団O,cho
●(42)セドリック・シャープ(Vc)、アイヴァー・ニュートン(P)
ローレンス・コリングウッド(指)O
セドリック・シャープ(Vc)、アイヴァー・ニュートン(P)
マックス・シュタインマン(指)LSO,ほか
●(43)ニコライ・アフォンスキー(指)パリ・ロシア府主教教会cho
●(44)ピエトロ・コッポラ(P)
ジャック・イベール(指)O
●(45)バラライカ・オーケストラ,アフォンスキーcho
(46)ゲオルギ・デ・ゴジンスキー(P)
marstonが偉業を成し遂げた。20世紀前半の偉大なバス、フョードル・シャリアピン(1873-1938)の全録音を復刻。20世紀初頭のロシア帝国時代の録音から、亡命後のロンドンやパリなどでの録音、そして未発表録音や私的録音まで含んだCD13枚、16時間半近くという膨大な量。世紀の大歌手シャリアピンの全貌がこの一箱に詰まっています。シャリアピンはもちろんオペラ歌手として世界をまたに駆けて活躍し、ことにムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」は彼が世界に知らしめたようなものだが、同時にシャリアピンはヴォルガの舟歌や黒い瞳のようなロシア民謡も深く愛し愛唱曲に高めた。そうしたシャリアピンの両輪の魅力は古い録音を通してもたっぷり楽しめる。よく知られているようにシャリアピンは1936年昭和11年、亡くなる2年前に来日し、東京で生涯最後の録音を行った。彼の得意中の得意の2曲、蚤の歌はまさに絶唱、そして深々としたヴォルガの舟歌。後者の最後の静かに消えて行く声が記録されたシャリアピンの最後の声です。日本人にはことのほか感慨深い録音だ。いつもながらマーストンによる復刻は極めて丁寧なもの。さらに320ページ超のハードカバーの冊子が付属、英文解説に加え、ロシア語の歌に英語訳がついており、これだけでも貴重。たいへんに力の入った品です。marstonは初回生産分が完売すると再生産は稀なので、くれぐれもお見逃しなきよう。

WERGO
WER-7378(1CD)
エマヌエル・ヌネス(1941-2012):作品集
(1)Minnesang ミンネザング 〜12人の独唱とア・カペラのための、ヤコブ・ベーメのテキストによる(1975/76)
(2)Musivus モザイクの 〜4群のオーケストラのための(1998, 2001改訂)*
マルクス・クリード((1) 合唱指揮) 
SWRヴォーカルアンサンブル((1))
エミリオ・ポマリコ( (2) 指) 
ケルンWDRSO((2))

録音:(1)2017年10月20日ドナウエッシンゲン、(2)2001年3月31日ケルン
*=改訂版による世界初録音
エマヌエル・ヌネスはブーレーズ、シュトックハウゼンに学んだポルトガルの作曲家。細かく書き込んだ音符が複雑に絡み合いますが、全体の音響は広く空間 性があり、とても立体的です。音色も美しいもので、なるほど師匠の音楽からの影響を思わせつつ、自家薬籠中のものとした完成度の高い書法が味わえます。
「ミンネザング」とは中世の叙事詩や恋愛の歌。ドイツの神秘主義者、ヤコブ・ベーメのテキストを基に繰り広げられる(1)は沢山のパートが入り組み、複雑な 展開を見せます。声楽家たちは合唱団の一員であったり騒ぐ群衆であったり、さまざまな立場から声を発します。
「Musivus」は音楽・文芸の女神ムーサ(Musa)から派生した言葉で、ムーサのあるところの、という意味で、神殿の飾りとして生まれたモザイク(musivum) の元となる言葉です。翻って、「モザイクの」という意味を持ちます。シュトックハウゼンの『グルッペン』の上をゆく4群(!)のオーケストラのために書かれた (2)はまさにモザイク模様、目も眩まんばかりの音の綴れ織りにムーサも眩暈を覚えます。

Seattle Symphony Media
SSM-1021(1CD)
NX-B03
ベルリオーズ:歌曲集「夏の夜」
ラヴェル:歌曲集「シェエラザード」
ドビュッシー:ボードレールの5つの詩より(ジョン・アダムズによるオーケストラ伴奏編)
イアン・ボストリッジ(T)
リュドヴィク・モルロー(指)
シアトルSO

録音2017年11月2.4.5日、2017年10月31日,11月3.7日
リュドヴィク・モルローが振るシアトルSOの最新録音は名テノール、イアン・ボストリッジを独唱者に迎えたフランス 歌曲集。ボストリッジは2004年にもドビュッシーやフォーレ、プーランクなどのフランス歌曲を録音していましたが、今回は ベルリオーズの「夏の夜」やラヴェルの「シェエラザード」など、どちらかというとドラマティックな作品が選ばれています。作品 を徹底的に研究し、独自の解釈を施すことで知られるボストリッジ、今回も作品の文学性を追求し、劇的な表情で巧 みな発声で全曲を歌っています。女声で歌われることの多い「夏の夜」やシェエラザードがとても新鮮に耳に残ります。ド ビュッシーの「ボードレールの5つ」の歌は、ピアノ・パートをジョン・アダムスがオーケストラ用に編曲したヴァージョンを用い、 原曲よりも更に色彩的な響きが追求されています。

COL LEGNO
COL-20303(1CD)
マーラーによる室内楽作品集(M.クラーラー、A.シェットによる室内アンサンブル編)
ウ1.さすらう若者の歌-第1曲 恋人の婚礼の時
2.若き日の歌-第4番うぬぼれ
3.子供の魔法の角笛-第5番この世の生活
4.リュッケルト歌曲集-私はほのかな香りを吸い込んだ
5.さすらう若者の歌-第4曲 恋人の青い目
6.魔法の角笛の踊り
7.ストラスブールの砦の上
8.亡き子をしのぶ歌-第3曲 きみのお母さんが戸口から入ってくるとき
9.子供の魔法の角笛-第2曲 むだな骨折り
10.子供の魔法の角笛-第9曲 美しいラッパが鳴りひびくところ
11.子供の魔法の角笛-第12曲 原光
12.リュッケルト歌曲集-第6曲 真夜中に
13.子供の魔法の角笛-第13曲 惨殺された鼓手
14.リュッケルト歌曲集-第5曲 私はこの世に捨てられて
ダニエル・シュムッツハルト(Br)
フラヌイ(アンサンブル)

録音:2010年8月19-21日
クラーラーとシェットによるロマン派作品アレンジ第3作。こちらも民謡や伝承とは切り離すことができないマーラーの作品 をクラーラーとシェットが大胆にアレンジしています。まるでウィーンの酒場で聴くような、フラヌイのユニークな編成で奏でら れる数々の歌は、マーラーがが憑りつかれていたという死生観も全て取り込み、時には美しく、時には残酷な世界を描 き出しています。
COL LEGNO
COL-60024(1CD)
「不思議な角笛」歌曲集
メンデルスゾーン:狩りの歌 Op.84-3
ウェーバー:私の恋人 Op.64-1
ライヒャルト(1779-1826):水の氾濫
メンデルスゾーン:もうひとつの5月の歌
シューマン:子供のための歌のアルバム 第10曲 小さなフクロウ
 子供のための歌のアルバム.第13曲 テントウムシ
ブラームス:死の草刈り人 WoO34-13
レーヴェ:オールフ殿 Op.2-2
フランツ(1815-1892):Zu Strassburg an der Schanz Op.12-2
ブラームス:裏切者 Op.48-2
ダルベール(1864-1932):子供とすみれ Op.28-7
R・シュトラウス:15ペニヒで Op.36-2
シンディング(1856-1941):フーガ Op.15-6
マーラー:子供の不思議な角笛-第2曲 むだな骨折り
 子供の不思議な角笛-第10曲 高き知性への賛歌
キーンツル(1857-1941):An einen Boten
シュトライヒャー(1874-1940):子供の不思議な角笛-第21番 Weinschroterlied
クナプ(1881-1951):不思議な角笛歌曲集 第6番 Abschiedszeichen
ツェムリンスキー(1871-1942):歌曲集 第2集-第2番 Altdeutsches Minnelied
シェーンベルク::6つの歌曲 Op.3-1 Wie Georg von Frundsberg von sich selber sang
フンパーディンク(1854-1921):クリスマスの歌曲集 第7番キリストの幼時の子守歌
シュレーカー(1878-1934):飢えた子供
エーリヒ J.ヴォルフ(1874-1913):歌曲集 第3番Ach hartes Herz, lass dich doch eins erweichen
ヴァイグル(1881-1949):Zum Einschlafen
ツァイスル(1905-1959):子供のための歌曲集 第1番Im Fruhling, wenndieMaiglockchenlauten
 子供のための歌曲集 第5番Auf dem Grabstein eines Kindes in einem Kirchgang im Odenwald
ツェムリンスキー:6つの歌曲 Op.22-第6番 Das bucklichte Mannlein
ズーダー(1892-1980):原光
ショルム(1913-1987):不思議な角笛歌曲集 Op.12-第6番Schneckenlocken
 不思議な角笛歌曲集 Op.12-第10番 Wenn das Kind etwas nicht gern ist
ヴォルフガンク・ホルツマイアー(Br)
テレーゼ・リンドクヴィスト(P)

録音:2011年9月2-4日
オーストリア、ザルツブルク近郊の街、フェックラブルック出身のバリトン歌手ホルツマイアー。オペラ、オペレッタ歌手として 世界中の舞台で活躍するだけでなく、ザルツブルク・モーツァルテウム大学のリート・オラトリオ科教授としても多くの後進 を育てています。1952年生まれということもあり、2014年には引退表明を出していますが、この2011年のリサイタルで は熟練の歌唱を披露。アルニムとブレンターノが編纂した詩集「不思議な角笛」を題材にしたメンデルスゾーンから近代 作曲家までのさまざまな歌曲、その歌唱からは、リート歌手としての幅広いレパートリーと、彼が歩んできた確かな足跡 が感じられます。
COL LEGNO
COL-60011(1CD)
ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス イングリット・カイザーフェルト(S)
ヘルミーネ・ハーゼルベック(A)
ヴォルフラム・ヴィッテキント(T)
リー・リァン(Bs)
グスタフ・クーン(指)
ボルツァーノ・トレント・ハイドンO
チロル祝祭コーラス・アカデミー

録音:2008年10月10-16日イタリア、ボルツァーノ
グスタフ・クーンとボルツァーノ・トレント・ハイドンOがベートーヴェンの交響曲全集の録音という偉業を終えた後、 引き続き取り組んだのが「ミサ・ソレムニス」でした。オペラを得意とするクーンならではの、ソリストと合唱を掌握したまとま りのある演奏は、ベートーヴェンの晩年の崇高な精神を見事に映し出しています。

MELODIYA
MEL-1002379(2CD)
NX-C07
バッハ:ヨハネ受難曲 BWV245 エヴァンゲリスト…アレクセイ・マルティノフ(T)
イェズス…アナトリー・サフィウリン(Bs)
ピラト…ユーリ・サヴェリエフ(Bs)
リュドミラ・ベロブラジナ(Ms)
ニーナ・ロマノヴァ(Ms)
ユーリ・セミヨノフ(Org)
モスクワ合唱学校少年cho
エドゥアルド・セーロフ(指)
レニングラード古楽・現代音楽室内O
(現:サンクトペテルブルク国立アカデミーSO)

録音:1981年11月15日 モスクワ音楽院、大ホール(放送録音)
1981年、旧ソ連時代に国内の音楽家たちによって初めて演奏された、バッハ「ヨハネ受難曲」の歴史的録音。 1967年にカール・エリアスベルクとニコライ・ラビノヴィチによって創設された「レニングラード古楽・現代音楽室内管弦楽 団(現在名称:サンクトペテルブルク国立アカデミーSO)を当時の首席指揮者エドゥアルド・セーロフが振り、当 時ソ連で名を馳せていた名合唱指揮者アレクサンドル・スヴェシニコフの教えを受けた3人の歌手がソロを担当、同じく 彼が創設した合唱団が参加しており、実質上、この公演は1980年にこの世を去ったスヴェシニコフの偉業を讃えたも のとなっています。当時のソ連での最高水準の演奏家たちによるバッハは、驚くほど洗練された解釈と力強さを備えてお り、少年合唱の澄んだ響きも美しく、最近のピリオド奏法を用いた演奏とは異なる味わいを持っています。

ANTARCTICA
ANTAR-009(2CD)
ブエノスアイレスのマリア」〜ピアソラ(1921-1992)作曲/オラシオ・フェレル(1933-2014)詩
[CD1]
アレヴァーレ- Alevare
マリアのテーマ - Tema de Maria
狂ったストリートオルガンのバラード - Balada Renga para un Organito Loco
わたしはマリア - Yo soy Maria
(少女マリアに捧げる)カリエーゴのミロンガ - Milonga Carrieguera por Maria la Nina
フーガと神秘 - Fuga y Misterio
ワルツになった詩- Poema Valseado
[CD2]
罪深きトッカータ- Tocata Rea para Bandoneon, Recitante y Percusion
下水道の古い盗賊たちの場末の懺悔の歌 - Miserere Canyengue de los Ladrones Antiguos en las alcantarillas
マリアの最初の死のための葬儀のコントラミロンガ - Contramilonga a la funerala por la primera muerte de Maria
夜明けのタンガータ - Tangate del Alba
街路樹と煙突に寄せる手紙 - Carta a Los Arboles Y a Las Chimeneas
精神分析医たちのアリア - Aria de los Analistas
詩人で酔った小悪魔のロマンサ - Romanza del Duende Poeta y Curda
アレグロ・タンガービレ - Andante a la Sordina para mi Buenos Aires tan querido (Allegro Tangabile)
受胎告知のミロンガ - Milonguita de la Anunciacion
タングス・ディ- Tangus Dei
ラファエル・グリーン(ヴォーカル)
アレハンドロ・フォンテ(ヴォーカル)
アンネミー・ファンデーレ(ヴォーカル)
スヴェスドリキ・アンサンブル

録音:2018年2月3,4日/スタジオにおけるライヴ録音(聴衆あり)
「ブエノスアイレスのマリア」はピアソラ作曲、フェレール作詞によるタンゴ・オペレッタ。この録音は14名の器楽奏者と歌手たちによるオーセンティックな演奏です。臨場感のある録音も魅力です。 (Ki)

SOMM
SOMMCD-272(1CD)
NX-B04
パリー(1848-1918):英語詩による歌曲集 第3集
My heart is like a singing bird 私の心は歌う小鳥のように
The Blackbird 黒鳥
If I might ride on puissant wing 私がポザッサンの翼に乗るのなら
A moment of farewell 告別の時
The sound of hidden music 隠された音楽の響き
Through the Ivory Gate 象牙の門を通って
Nightfall in Winter 冬の夜明け
8.Sleep 眠り
When the dew is falling 露が落ちるとき
Thine eyes still shined for me わが瞳は輝いていた
When lovers meet again 恋人に再び会ったとき
A Lover's garland 恋人たちの花輪
The Faithful Lover 真実の愛
A stray nymph of Dian ダイアンの飛び回る妖精
A girl to her glass
When the Sun's Great Orb 太陽の偉大なオーブ
One golden thread 金の糸
Whence 深淵
At the hour the long day ends 長い一日の終わりの時
Looking backward 過去を振り返る
She is my love beyond all thought 彼女はすべてを超えた私の愛
From a city window 街の窓から
The Spirit of the Spring 春の精霊
The child and the twilight 子供と夕暮れ
Grapes 葡萄
サラ・フォックス(S)
ロードリック・ウィリアムズ (Br)
アンドリュー・ウェスト(P)

録音:2016年4月8日,2017年4月19-21日Turner Sims, University of Southampton
合唱作品「イェルサレム」で知られる英国20世紀初頭の作曲家パリー。このアルバムは「英国抒情歌曲集」シリーズ の第3集であり、12巻で構成された歌曲集の追尾を飾るものです。どの曲もパリーが大切にしている詩が用いられて おり、その時の気分によって明るい曲、暗い曲と書き分けられています。同時代のドイツ、フランス歌曲とはまた違う郷 愁を含んだ繊細な曲調は、日本人の感性にも寄り添うことでしょう。流麗なピアノ・パートも聴きどころです。
SOMM
SOMMCD-0187(1CD)
NX-B04
イギリスの合唱作品集
アイアランド(1879-1962):至上の愛
パリー(1848-1918):イェルサレム
ゲスト(1916-1966):For the Fallen
エルガー:彼ら安息の地に
チャールズ.K.ハリス(1867-1930):おお、勇ましい心
パリー:告別の歌-第4曲「There is an old belief」
ホルスト:祖国よ、われは汝に誓う
スタンフォード:3つのラテン語のモテット Op.38-第1曲「Justorum animae 正しき人の魂は」
ホルスト:死への頌歌 Op.38
フォーレ:レクイエム Op.48(I.ファリントン編)
ヴェナブルス(1955-):レクイエム・エテルナム
ケイティ・ヒル(S)
リア・ジャクソン(S)
ギャレス・ブリンモア・ジョン(Br)
ジェームズ・オーフォード(Org)
ヒュー・ローランズ(Org)
チェルシー・ペンショナーズ(合唱団)…1.2.5.7
ロイヤル・ホスピタル・チェルシー・チャペルcho
ウィリアム・ヴァン(指)

録音:2018年1月13-14日
「思い出に」と題された美しいイギリスの合唱作品集。第一次世界大戦終結100周年と第二次世界大戦開始80 周年を記念し、戦いに敗れた人々に敬意を表して2018年に制作された1枚です。 「安息」「魂」などの言葉をキーワードに作曲年代として130年に及ぶ作品が収録されており、どの曲も慈愛溢れる演 奏で死者の心だけでなく、今を生きる人の心をも慰めてくれます。イギリスの合唱曲らしくオルガン伴奏が荘厳な雰囲 気をかもしだしており、まるで教会の中でそのまま聴いているような臨場感も素晴らしいアルバムです。
SOMM
SOMMCD-0189(1CD)
NX-B04
冬とクリスマスの歌集
1.伝承曲:Don oiche ud i mBeithil(S.ヴァンゴ編)…世界初録音
2.伝承曲:マリアはいばらの道を通って(P.ローソン編)…世界初録音
3.15世紀英国民謡:Nowell, tidings true there be come new
4.伝承曲:O Jesulein zart(V.ブルックナー編)
5.タヴナー:A Nativity
6.ウクライナ民謡:キャロル・オブ・ザ・ベル(E.ドルリー編)…世界初録音
7.ウェダーバム兄弟/ヴァンゴ:バルラロウ…世界初録音
8.ジョニ・ミッチェル:The River(J.クレメンツ編)
9.ラヴェル:子供と魔法-Toi, le coeur de la rose(C.ゴットヴァルド編)
10.13世紀:Angelus ad Virginem
11.作者不詳:Sancta Mater Graciae/Dou way Robin
12.作者不詳:Gaudete(S.ヴァンゴ編)…世界初録音
13.アイルランド民謡:The Darkest Midnight 夜明け前の真夜中(D.Muirithe編)
14.クィンノールト/ターネイ(1970-):The Waiting Sky…世界初録音
15.ノルウェイ民謡/クローン(1960-):幼子
16.伝承曲:In dulci Jubilo(M.クロトン編)
17.ドイツ民謡:Es ist ein Ros entsprungen(M.プレトニウス/S.テナント=フラワーズ編)…世界初録音
18.マクドナルド(1966-):When the Earth Stands Still
19.マクドナルド:フュージョン
パパゲーナ(ヴォーカル・アンサンブル)
エリザベス・ドルリー(S)
アビー・テンプル(S)
スッジー・ヴァンゴ(S)
スージー・プルキス(A)
サラ・テナント=フラワーズ(A)

録音:2018年4月14-15日Challow Park Studios, Wantage on April
AMAZON UKのデジタル・チャートで第1位を獲得したクリスマス・アルバム。ヴォーカル・アンサンブル「パパゲーナ」は 女声5人で結成されており、曲によっては各々のメンバー自身がユニークなアレンジを加えているため、ほとんどが世界 初録音となります。 賑やかな歌だけでなく、アイルランドやスコットランドの魅力的な子守歌や、ノルウェーやドイツ、時にはラヴェルの「子供 と魔法」からの曲など選曲はバラエティに富み、聴き手の耳をひきつけます。英国では“女声のヒリアード・アンサンブル” と称される「パパゲーナ」の美しいハーモニーを心行くまでお楽しみください。
SOMM
SOMMCD-271(2CD)
NX-C09
エルガー:管弦楽伴奏歌曲集
【CD1】
連作歌曲集 Op.59
1.O soft was the song
2. Was it some golden star?
3.Twilight
4.The Wind at Dawn
5.The Pipes of Pan
6.トーチ Op.60-1
7.河 Op.60-2
8.弁解 Op.48
9.Follow the Colours
10.王の道(声楽と管弦楽版)
11-13.劇音楽「グラーニアとディアーミッド」Op.42
【CD2】
1.ダマスクローズが如く
2.羊飼いの歌 Op.16-1
3.Dry those fair, those crystal eyes
4.粉ひき(冬)
5.Muleteers' Song
6.As I laye a-thynkynge
7.メアリー女王の歌
8.トーチ Op.60-1
9.河 Op.60-2
10.夜明けに Op.41-1
11.語り、音楽 Op.41-2
【CD1】
ヘンク・ネヴェン(Bs)
ナタリー・デ・モントモリン(S)
バリー・コレット(P)
BBCコンサート・オーケストラ
バリー・ワーズワース(指)
録音:2017年3月21-23日 Watford Colosseum, Watford, UK

【CD2】
ナタリー・デ・モントモリン(S)
バリー・コレット(P)
録音:2016年11月27日 Turner Sims, Southampton, UK
このエルガーの2枚の歌曲集にはあまり耳にすることのない、しかしまさに英国の至宝とも言える美しい作品が詰まって います。CD1にはオーケストラ伴奏による歌曲の数々を収録、静かな郷愁に満たされたOp.59の連作歌曲集、「威 風堂々第4番」の旋律を用いた「王の道」、バリトンで歌われる勇壮な「Follow the Colours」などエルガーの愛国 精神が示された曲、古代アイルランドの神話の中の愛の物語を題材にした劇音楽「グラーニアとディアーミッド」などを 聴くことができます。CD2はピアノ伴奏による歌曲集。「河」や「トーチ」は管弦楽版との聴き比べも楽しめます。ソプラ ノのモントモリンの美しい声が耳に残ります。
SOMM
ARIADNE-5001(1CD)
NX-B04
グリーグ:歌曲集
1.ソルヴェイグのゆりかごの歌*
2.吟遊詩人 Op.25-1
3.白鳥 Op.25-3*
4.小句集 Op.25-3
5.睡蓮とともに Op.25-4
6.亡き人 Op.25-5
7.鳥の歌 Op.25-6
8.山の精にとらわれた人 Op.32
9.まぼろし Op.33-6
10.モンテ・ピンチョより Op.39-1
11.挨拶 Op.48-1
12.いつの日か、わが思いは Op.48-2
13.世のなりゆき Op.48-3
14.沈黙したナイチンゲール Op.48-4
15.青春時代に Op.48-5
16.夢 Op.48-6
17.ノルウェーへ(祖国に寄す) Op.58-2
18.王女 EG133
19.小さなヒルステン Op.60-1
20.母の悲歌 Op.60-2
21.水の上で待ちながら Op.60-3
22.鳥の嘆き Op.60-4
23.エロス Op.70-1
キャロル・ファーリー(S)
ホセ・セレブリエール(指)
LPO、フィルハーモニアO*

録音:1997年7月3.29日、11月28日、1998年1月24日Henry Wood Hall and St. Jude’s Church, London
アメリカのソプラノ歌手キャロル・ファーリーが歌うグリーグの歌曲集。メトロポリタン歌劇場で活躍し、現代作品を得意 とするファーリーは、指揮者セレブリエールの妻でもあり、2人は協力して現代作品の演奏を行っていることで知られま す。ここではセレブリエールが伴奏部を色彩豊かなオーケストラ版に編曲、息のあった演奏を繰り広げています。 1990年代に発売されていたアルバムの復刻盤。

Hanssler
HC-18072(2CD)
バッハのカンタータ〜フラウト・トラヴェルソ・オブリガート
■CD1
(1)カンタータ「甘き慰め、わがイエスは来ませり」BWV151より第1曲「アリア」
(2)カンタータ「汝至高の善なる、主イエス・キリスト」BWV113より第5曲「アリア」
(3)カンタータ「安らぎと喜びもてわれは逝く」BWV125より第2曲「アリア」
(4)カンタータ「われらが口を笑いにて満たすべし」BWV110より第2曲「アリア」
(5)(6)カンタータ「わが心よ、汝備えをなせ」BWV115より第1曲「コラール合唱」、第4曲「アリア」
(7)カンタータ「愛する神よ、われいつの日に死すや」BWV8より第4曲「アリア」
(8)カンタータ「主なる神よ、われらはみな汝をたたえん」BWV130より第5曲「アリア」
(9)復活祭オラトリオBWV249より第5曲「アリア」
(10)カンタータ「おお愛する魂よ、汝を飾れ」BWV180より第2曲「アリア」
(11)カンタータ「汝何を悲しまんとするや」BWV107より第1曲「コラール合唱」
(12)カンタータ「喜べ、救われし群れよ」BWV30より第5曲「アリア」
(13)カンタータ「われは貧しき者、われは罪の僕」BWV55より第3曲「アリア」
(14)カンタータ「おお永遠の炎、おお愛のみなもと」BWV34より第3曲「アリア」
■CD2
(1)カンタータ「神のみわざは善きかな」BWV99より第1曲「コラール合唱」
(2)カンタータ「神のみわざは善きかな」BWV100より第3曲「アリア」
(3)カンタータ「ああ、いかにはかなく、いかに空しき」BWV26より第2曲「アリア」
(4)カンタータ「主なる神は、太陽にして楯なり」BWV79より第2曲「アリア」
(5)カンタータ「ああ、愛するキリスト者よ、心安んぜよ」BWV114より第2曲「アリア」
(6)(7)カンタータ「われ何ぞ世を思いわずらわん」BWV94より第1曲「コラール合唱」、第4曲「アリア」
(8)カンタータ「われらあまたの苦難を経て神の御国に入らん」BWV146より
第5曲「アリア」
(9)カンタータ「愛するイマヌエル、信仰厚き者の将軍よ」BWV123より第5曲「アリア」
(10)カンタータ「主、汝まことの神よ、われらから取り去りたまえ」BWV101より第6曲「アリア」
(11)カンタータ「主よ、汝の目は信ずる者を見守りたもう」BWV102より第5曲「アリア」
(12)カンタータ「汝ら、自らキリスト者と名づけし者」BWV164より第3曲「アリア」
(13)カンタータ「神のひとり子なる主キリスト」BWV96より第3曲「アリア」
(14)カンタータ「いと高きにある神に栄光あれ」BWV191より第2曲「アリア」
全て、ペーター=ルーカス・グラーフ(Fl)

■CD1
(1)ノブコ・ガモオ=ヤマモト(S)
(2)アーダルベルト・クラウス(T)
(3)マルガ・ヘフゲン(A)
(4)アルド・バルディン(T)
(5)(6)カアーリーン・オジェー(S)
(7)フィリップ・フーテンロッハー(Bs)
(8)アーダルベルト・クラウス(T)
(9)アーリーン・オジェー(S)
(10アーダルベルト・クラウス(T)
(11)(12)メヒティルド・ゲオルク(A)
(13)アーダルベルト・クラウス(T)
(14)ヘレン・ワッツ(A)
シュトゥットガルト・ゲヒンガー・カントライ、
フランクフルト・カントライ、
シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム、
ヘルムート・リリング(指)
録音:(14)1972年、
(2)(3)1973年、(4)(8)1974年、
(1)1977年、(7)(10)(11)1979年、
(5)(6)1980年、(9)1981年、
(13)1982年、(12)1984年

■CD2
(1)(2)アーリーン・オジェー(S)
(3)アーダルベルト・クラウス(T)
(4)ユリア・ハマリ(A)
(5)クルト・エクヴィルツ(T)
(6)(7)エルセ・パースケ(A)
(8)ヘレン・ドナート(S)
(9)フィリップ・フッテンロッハー(Bs)
(10)アーリーン・オジェー(S)
(11)クルト・エクヴィルツ(T)
(12)ユリア・ハマリ(A)
(13)アーダルベルト・クラウス(T)
(14)ノブコ・ガモオ=ヤマモト(S)
アーダルベルト・クラウス(T)
シュトゥットガルト・ゲヒンガー・カントライ、
フランクフルト・カントライ、
シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム
ヘルムート・リリング(指)
録音:(14)1971年、(11)1972年、
(8)(13)1973年、(5)-(7)1974年、
(1)1979年、(3)(10)1980年、
(4)(9)1981年、(12)1982年、
(2)1983年&1984年
独ヘンスラー・レーベルの誉れ高きリリング指揮によるバッハのカンタータ大全集。その作品中、オブリガートは巨匠ペーター=ルーカス・グラー フも演奏しておりました。当アルバムではグラーフが演奏した作品の中から構成されたオムニバスです。グラーフのオブリガートが美しき歌唱に華を添 えます。

ACCENTUS Music
ACC-30471CD(1CD)
バッハ:カンタータ集
カンタータ第33番「ただ御身へと、主イエス・キリスト」BWV33
カンタータ第17番「感謝の供えものを献ぐる者は、われを讃う」BWV17
カンタータ第99番「神のみわざはすべてなされ」BWV99
ライプツィヒ聖トーマス教会少年cho
ゴットホルト・シュヴァルツ(指)
ザクセン・バロックオーケストラ
ジュリア・ソフィー・ワーグナー(S)
シュテファン・カーレ(A)
ヴォルフラム・ラトケ(T)
トビアス・ベルント(Bs)
世界で最も歴史ある少年合唱団である聖トーマス教会合唱団が2016年よりトーマスカントルに就任したゴットホルト・シュヴァルツとバッハのカンター タ集の録音に取り組みます。12世紀の聖トーマス教会完成とともに創設された、聖トーマス教会少年合唱団。バッハはこの教会の音楽監督を務め、少年 たちに指導をしながら作曲活動を行いました。バッハは毎週教会のために新しいカンタータを作曲するという精力的な活動を行ったことで知られています。 長きに渡って伝統は引き継がれ、第17代トーマスカントル、ゴットホルト・シュヴァルツはこの録音に際してこのように述べています「バッハのカンター タを録音することは仕事として、また人生において素晴らしい挑戦です。何十年もの間、この作品と対峙してきましたが、毎回新しい発見をします。それ がこの録音にも反映されていることでしょう」。第33番は1724年の三位一体節後第13日曜日用に書かれ、同年9月3日に初演されました。第17番 は1726年の三位一体節後第14日曜日用のカンタータで、同年9月22日に初演されたと考えられています。第99番は1724年9月17日、三位一 体後第15日曜日に初演されました。ソリストには、ドイツのソプラノ歌手ジュリア・ソフィー・ワーグナー、アルトとテノールには同合唱団に在籍してい たシュテファン・カーレとヴォルフラム・ラトケ、そしてフィッシャー=ディースカウにも師事したバリトンのトビアス・ベルントらが登場します。 (Ki)

ARCO DIVA
UP-0197(1CD)
NX-A14
ボニ・プエリのワンダフル・ワールド
シール/ウェイス:この素晴らしき世界(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
.モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク K525-第1楽章(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
スメタナ:連作交響詩「わが祖国」-第2曲 モルダウ(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
伝承曲:Ty bystersky zvony(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
ヴェイヴォーダ(1902-1988):シュコーダ・ラスキ(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
リンダ:ライオンは寝ている(A.ラフ、D.シャロンによる合唱とピアノ編)
伝承曲:Trepa no coqueiro(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
ソロヴィオフ=セドイ(1907-1979):モスクワの夜(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
伝承曲:Rege, rege(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
伝承曲:聖者の行進(J.ラターによる合唱とピアノ編)
11.モリコーネ(1928-):ミッション-ネッラ・ファンタジア(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
ホーナー(1953-2015):タイタニック-My Heart Will Go On(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
ジョン・ウィリアムズ(1932-):スター・ウォーズ(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
ハンプトン(1957-):聖なる御名をたたえよ
バーリン(1888-1989):ホワイト・クリスマス(H.マッカーシーによる合唱とピアノ編)
ベルナルド(1897-1944):ウィンター・ワンダーランド(カピニェックによる合唱とピアノ編)
ジョン・レノン&オノ・ヨーコ:ハッピー・クリスマス(V.ポペルカによる合唱とピアノ編)
Hye-Seung Nam:シカゴ・タイプライター(パク・サンヒによる合唱とピアノ編)
バルタク(1954-):Just Dream Your Dream(I.ゼレンカによる合唱とピアノ編)
ボニ・プエリ少年cho
ローベルト・フックス(P)
パヴェル・ホーラク(指)
1982年に設立された「ボニ・プエリ」はチェコの青少年合唱団。1252年からプラハの聖ヴィート大聖堂で活動していた 聖歌隊の伝統を継承しながら、現代の魅力的なレパートリーも歌いこなす注目の合唱団です。このアルバムには彼らの とりわけユニークなレパートリーを収録。チェコ民謡からスター・ウォーズなどの映画音楽までを親密なハーモニーで聴かせ ています。世界を魅了する歌声をお楽しみください。
ARCO DIVA
UP-0200(1CD)
NX-A14
エベン&ルカーシュ:宗教的合唱曲集
エベン(1929-2007):プラハ・テ・デウム
 愛あるところに神ありて
 待降節と四旬節第3主日のためのミサ曲
ルカーシュ(1928-2007):レクイエム Op.52
 ガーナのクリスマスの祈り Op.59
 われら神であるあなたを讃えん Op.311
 ホディ-ドナ・モビス・パーチェム Op.350
プラハ・カレル大学cho
20世紀チェコを代表する2人の作曲家による宗教的合唱作品集。優れたピアニスト、オルガン奏者として知られるペト ル・エベンの愛国心溢れる「プラハ・テ・デウム」や、チェコ国内で広く知られた合唱作曲家ルカーシュの代表作「レクイエ ム」など、チェコの近現代合唱曲の作風を端的に示す全7曲が収録されています。プラハ・カレル合唱団は1948年に 創設された、チェコで最も古い大学合唱団の一つで、このアルバムは合唱団設立70周年を記念して制作されました。 素晴らしい残響を誇るプラハの教会での録音も聴きどころです。
ARCO DIVA
UP-0202(1CD)
NX-A14
クルチェク(1939-):声楽作品集
アラム語による主の祈り
ミサ曲 第10番
信頼できない時間
ああ、世界の光よ
カレル・ヤクブ(T)
ペトラ・ハヴランコーヴァ(S)
リュドミラ・ヴェルネローヴァ(S)
レンカ・ピスティエカー(A)
リュボミール・ブラスピール(T)
ズデニェク・ハヴラーネク(Bs)
ジェントルメン・シンガーズ
ムジカ・ボヘミカ
チェコ児童合唱団ジトロ
イウヴェントゥス・パエダゴギア・プラハ
スロヴァキア室内O
ヤロスラフ・クルチェクは、プラハ音楽院で作曲を学んだ後、CDレーベル「Suraphon」の音楽ディレクターを務め、プラハ の放送局で働くなど現代チェコ音楽界を牽引する人物の一人として知られています。このアルバムは作曲家としての彼 の本質を示すシリアスな合唱作品が収録されており、中世音楽の伝統とチェコの民族音楽のエッセンスが融合された興 味深い作品を聴くことができます。冒頭の「アラム語による主の祈り」では東洋的な雰囲気を持つ清冽な合唱と、これを 包み込む美しいオーケストラの響きが融合し、素晴らしい効果を上げています。「ミサ曲」にはジャズ風の要素も盛り込 まれるなど、ジョン・ラターを思わせる親しみやすい作風も魅力です。

Solo Musica
SM-300(1CD)
NX-B03
ハンブルクにちなんだ歌曲集
デッサウ(1894-1979):Tierverse 動物の詩-第1曲 ワシ
イルゼ・フロム=ミヒャエルス(1888-1989):4つの小さな不思議な歌 Op.96
メンデルスゾーン:6つの歌曲集 Op.19a-第4曲 Neue Liebe 新しい愛
ルタ・パイデレ(1977-):Auf stillem Meer 穏やかな海に
キルヒナー(1823-1903):10の歌曲 Op.1-第2曲 Fruhlingslied 春の歌
エルマー・ランプソン(1952-):クリスティアン・モルゲンシュテルンの詩による3つの歌
ファニー・ヘンゼル・メンデルスゾーン(1805-1847):6つの歌 Op.1-第3曲 なぜそんなにばらの花はあおざめている

ロルフ・リーバーマン(1910-1999):中国の歌集
 Mir tat die Helligkeit der Lampe weh ランプの明るさが私を傷つける
 Der Strom flos 流れる清流
 Wenn ich an deinem Munde hingesunken 私はあなたの口もとに沈む
 Die Libelle schwebt zitternd 震えるとんぼ
マーラー:Fruhlingsmorgen 春の朝
ペーター・ルジツカ(1948-):Nach dem Lichtverzicht 光が棄てられた後に
ゴルトシュミット(1903-1996):3つの歌曲 Op.24
ブラームス:4つの歌 Op.70 第2曲 Lerchengesang ヒバリの歌
ヴェルナー・ハーゲン(1944-):松尾芭蕉の12の俳句より第5番、第6番、第7番
デッサウ:Helle Nacht 明るい夜
リゲティ:Der Sommer 夏
デッサウ:動物の詩-第2曲 かかし
リニ・ゴング(S)
マリアーナ・ポポヴァ(P)

録音:2017年5月25-28日フリードリヒ=エーベルト=ハレ、ドイツ ハンブルク=ハールブルク
エルベ川の支流にあるハンブルクは、長い間音楽都市としてその名を誇っていました。18世紀にはテレマン、C.P.E.バッ ハが市の音楽監督を務め、ロマン派時代にはメンデルスゾーンやブラームスがこの地に生まれ、現在はNDRエルプフィル ハーモニーOが本拠地とするなど、現代でも話題の多い都市です。ハンブルクには小さな博物館がいくつもあり、 ブラームスやテレマン、メンデルスゾーンなどの資料が展示されています。このアルバムはハンブルクに関連した作曲家の 興味深い作品を集めて演奏したもの。ハンブルクで生まれた作曲家、ハンブルクで初演された作品などさまざまな曲が 選ばれており、演奏する2人もまたハンブルクを拠点に活躍するという、まさに「ハンブルク」尽くしのアルバムとなっていま す。
Solo Musica
SM-294(1CD)
NX-B03
マーリス・ピーターゼン〜歌曲を歌う
プフィッツナー(1869-1949):誘惑 Op.7-4

【Nixen und nock 男女の人魚】
ハンス・ゾマー(1837-1922):ローレライ Op.13-1-Lore im Nachen
グリーグ:水連とともに Op.25-4(ドイツ語歌唱)
ヘルマン・ロイター(1900-1985):リカルダ・フーフの詩による9の歌曲-孤独な人魚
レーヴェ(1796−1869):3つのバラード Op.129-第2曲 人魚
シンディング(1856-1941):古い方法 Op.1-3 Ich furcht'nit Gespenster 私は亡霊を恐れない
ゲンツマー(1909-2007):歌曲集 GeWV 74-第3曲 Stimmen im Strom 嵐の中の声

【Elfen I 妖精たち I 】
レーガー:素朴な歌 Op.76-第15曲 月の夜
ブルーノ・ワルター(1876-1962):6つの歌-第6曲 妖精
メトネル(1880-1951):9つのゲーテの詩による歌曲 Op.6-第3曲 妖精の歌
ユリウス・ヴァイスマン(1879-1950):妖精 Op.43-4
ブラームス:6つのリート Op.85-第1曲 夏の夕べ

【Nordlichter 北極の光】
ニールセン:シェイクスピア記念祝典へのプロローグ FS 80-アリエルの歌
シンディング:5つの狂人の歌 Op.22-第3曲 5月の歌
ステンハンマル(1871-1927):4つのスウェーデンの歌 Op.16-第4番フリージア
キルピネン(1892-1959):高い山の冬 Op.99-第3曲 山の精神
カルダロウンス(1881-1946):城のような岩山

【Elfen II 妖精たち II 】
ヴォルフ:メーリケ詩集-第16曲 妖精の歌
フリードリヒ・グルダ(1930-2000):4つのアイヒェンドルフの歌-第2曲 妖精
レーヴェ:6つの歌 Op.9-第2曲 勝利
シュレーカー:8つの歌 Op.7-第4曲 おばけ
ヘルマン・ツンペ(1850-1903):5つの歌-第2曲 魂の歌
ツェムリンスキー:塔守の歌とその他の歌 Op.8-第2曲 昼はすべての苦しみを
マルリス・ペーターゼン(S)
カミロ・ラディッケ(P)

録音:2018年7月2-5日ブライバハ コンツェルトハウス、ドイツ
実力派ソプラノ歌手、マルリス・ペーターゼンが取り組むユニークな歌曲の世界。「Dimensionen」と題されたシリーズに は私たちを取り巻く全ての事項が内包されています。第1作のモティーフは“世界”(SM274)でしたが、第2作の今作 では「Anderswelt=異世界」がテーマ。選ばれた曲を見てわかるとおり、この世のものではない不可思議な者たちが 主人公です。いつの時代にも芸術家たちは、伝説の世界に住む人魚、妖精、目に見えぬ霊魂などを絵や音、詩で捉 えようと試みを重ねてきており、ペーターゼンは官能的な歌唱で彼らに命を吹き込んでいます。

Resonus
RES-10219(2CD)
ヘンデル:メサイア(S.アーレショルド編) スザンナ・ハレル(S)
レベッカ・アフォンウィ=ジョーンズ(Ms)
サミュエル・ボーデン(T)
ジェームズ・プラット(Bs)
BBCシンガーズ
ノルウェー管楽アンサンブル
ディヴィッド・ヒル(指)

録音:2016年8月8-12日
サフロン・ホール,エセックス ウォルデン
ノルウェーの編曲者アーレショルドが管楽合奏用に編曲した「メサイア」全曲。演奏しているノルウェー管楽アンサンブル は、1734年にハルデンのフレドリクステン要塞において創設された「First Brigade Band=第一旅団バンド」もしくは 「Division Band=ディヴィジョン・バンド」を起源とするノルウェーにおける最古のアンサンブルです。彼らはハルデンを拠 点に年に120回のコンサートを開催するだけでなく、世界中で演奏会を行うなどユニークな活動をすることで知られま す。このメサイアではモダン木管楽器各1〜2、ピリオド金管楽器各2〜3、チェロとコントラバス(モダン各1)、チェンバロ にオルガンといった編成で、デイヴィッド・ヒルの指揮のもと、BBCシンガーズと優れた独唱者たちとともに輝かしい演奏を 披露。編曲者アーレショルドもナチュラル・トランペットで演奏に参加しています。
Resonus
RES-10227(1CD)
NX-B05
ジェームズ・フランシス・ブラウン(1969-):合唱と管弦楽作品集
トリオ・コンチェルタンテ〜ヴァイオリン,ヴィオラ、チェロと弦楽オーケストラのための
クラリネット協奏曲(Lost Lanes-Shadow Groves)〜クラリネットと弦楽オーケストラのための
The Heavens and the Heart 天国と心〜合唱と小オーケストラのための3つの詩篇
ベンジャミン・ナバロ(Vn)
レイチェル・ロバーツ(Va)
ジェンマ・ローズフィールド(Vc)
カトリオーナ・スコット(Cl)
ジョージ・ヴァス(指)
ロイヤル・ホロウェイcho
オーケストラ・ノーヴァ

録音:2018年2月9-10日聖オーガスティン教会、ロンドン キルバーン
全て世界初録音
イギリスの現代作曲家J.F.ブラウンの作品集。ブラウンはロンドン王立音楽院で作曲を学び、主として室内楽と合唱作 品の作曲家として知られています。彼の作風は英国音楽の伝統をはっきり受け継ぐもので、器楽作品はホルストやウォ ルトン風、合唱曲はラッターを思わせる豊かな響きと明快な楽想が持ち味です。このアルバムには弦楽オーケストラの美 しい響きを生かした2つの協奏的作品「トリオ・コンチェルタント」と「クラリネット協奏曲」、「天国の心」と名付けられた宗 教的な3つの合唱作品が収録されています。

MUSO
MUSO-027(1CD)
NX-B09
「夕暮れ」〜子守歌(だけではないけど…)を集めて
フォーレ :夕暮れ 〜「2つのメロディ」 Op83 より 第2曲
ハビエル・モンサルバーチェ (1912-2002):黒人の子供を眠りへといざなう子守歌 〜「5つの黒人の歌」よ
ブラームス :子守歌(ブラームスの子守歌) 〜「5つの歌曲」 Op.49 より 第4曲
シューベルト :子守歌(シューベルトの子守歌) D.498 〜「3つの歌」 Op.98 より 第2曲
グノー :静かな夜(カンタレーナ) 〜歌劇「サンク=マルス」 より
プーランク :お前には夕べの火が見えるだろう 〜歌曲集「燃える鏡」FP.98 より第1曲
アーン (1874-1947):恍惚の時 〜歌曲集「灰色の歌」 より 第5曲
ファリャ :ナナ 〜「7つのスペイン民謡」より 第5曲
プーランク:眠り 〜歌曲集「くじ」FP.178 より 第1曲
カントルーブ :子守歌 〜「オーヴェルニュの歌」第3集より 第4曲
ショーソン:慰め 〜「4つの歌」Op.13 より 第1曲
ビゼー :子守歌 (古い歌) 〜「20の歌」Op.21 より 第11曲
ベルンハルト・フリース (c.1770):子守歌 (モーツァルトの子守歌)
ブリテン :乳母の歌 〜歌曲集「子守歌の御守り」Op.41 より 第5曲
ゴダール:ジョスランの子守歌 〜歌劇「ジョスラン」より
R・シュトラウス :子守歌 〜「5つの歌」 Op.41 より 第1曲
セヴラック (1872-1921):愛しい子よ
日本民謡:中国地方の子守唄
フォーレ:白い月 〜歌曲集「優しい歌」 Op.61 より 第3曲
ウジェニー・ワルニエ (S)
マリーヌ・トロー・ラ・サル (P)
レ・ウール・デュ・ジュールSQ

(声楽、ピアノと弦楽四重奏への編曲:エマヌエル・イオー)

録音:2016年6月27-30日パリ、ノートルダム・ド・ボンスクール教会
世界中のオペラのステージに立つほか、クリストフ・ルセに見出されて古楽方面でも活躍し、ル・ポエム・アルモニークなどとも共演するソプラノ、ワルニエによる子 守歌アルバム。ブラームス、シューベルト、モーツァルト(実際はフリース)など日本でも有名な子守歌を網羅しているほか、中国地方の子守唄まで(もちろん日本 語で!)収録しているのは何とも嬉しいところ。また作品によっては弦楽四重奏(アカデミア・ビザンティナやレ・バッス・レユニ、アマリリスなどでも活躍する実力派 バロック・チェロ奏者エマヌエル・ジャックはじめ、フランス古楽界の名手4人からなるカルテット)も加わっています。世界中の子供たちとその母親へのプレゼントの つもりで制作されたというだけあり、ワーニエの柔らかな歌声と優しい伴奏が、静かに心に響きます。

ALPHA
ALPHA-431(1CD)
ブラームス :美しきマゲローネのロマンス Op.33 (全曲) ジョン・チェスト (Br)
マルセロ・アマラウ (P)

録音:2018年3月 パリ、聖マルセル新教教会
中世ドイツの騎士物語から題材を取られた、ティークによる小説「美しいマゲローネとプロヴァンス伯爵ペーターとの恋の物語」に収録された詩に、20〜30代の ブラームスが曲を付けた連作歌曲集。若い瑞々しさにあふれたこの作品を、グラインドボーン音楽祭やプロムスでも評判となったアメリカの若きバリトン、ジョン・ チェストの抒情的な美しい歌声で楽しむ一枚です。共演は、「最上級の伴奏者」とアメリカで絶賛されたブラジル出身のピアニスト、マルセロ・アマラウ。

Linn
CKR-281(1CD)
NX-B09
ヴィヴァルディ :ソプラノと通奏低音のための室内カンタータとソナタ集
ヴァイオリンと通奏低音のための「グラーツ・ソナタ」第3番 ニ長調 RV.11 (A.チャンドラー復元)
ソプラノと通奏低音のためのカンタータ 「震える腕と涙」 RV.799
ヴァイオリンとチェロと通奏低音のためのトリオ・ソナタ ハ短調 RV.83
ソプラノと通奏低音のためのカンタータ 「エルヴィーラ、わが魂よ」 RV.654
ヴァイオリンと通奏低音のための「グラーツ・ソナタ」第2番 ロ短調 RV.37 (A.チャンドラー復元)
ソプラノ,ヴァイオリンと通奏低音のためのカンタータ 「恋人から遠く離れて」 RV.680
ラ・セレニッシマ
マイリ・ローソン (S)
エイドリアン・チャンドラー (Vn、指)

録音:2006年3月27-29日
聖アンドリュー教会、英国トディントン
イギリスのマージーサイド出身で、王立音楽大学でモダンとバロック・ヴァイオリンを学んだエイドリアン・チャンドラーにより、1994年に結成されたラ・セレニッシマ。 結成当初よりヴィヴァルディ作品の演奏を念頭に置いて活動をしてきた彼らが、2006年にSACDでリリースしたアルバムの通常CDでの再発売。スコットランド 出身のソプラノ、マイリ・ローソンを迎え、ヴィヴァルディの室内カンタータとソナタを収録しています。このうち不完全な譜面しか残っていない「グラーツ・ソナタ集」に 含まれ、チャンドラー自身が復元した2曲に関しては発売当時世界初録音だったもの。ここでは二人に加えてチェロ、テオルボ、鍵盤という小編成で、息の合っ たキレのある演奏を聴かせてくれます。
Linn
CKR-296(1CD)
NX-B09
近代英国歌曲集
ヴォーン=ウイリアムズ :ウェンロックの断崖にて
ピーター・ウォーロック (1894-1930):シャクシギ
アーサー・ブリス:悲しいソネット
アイヴァー・ガーニー (1890-1937):ラドローとテム
ジェイムズ・ギルクリスト (T)
アンナ・ティルブロック (P)
ミカエル・コクス (Fl)
ギャレス・ハルス (コーラングレ)
フリッツ・ウィリアムSQ

録音:2006年11月21-23日
クライスト病院 ウエスト・サセックス、ホーシャム
1996年に医師から音楽家へ転向して以来、英国音楽のスペシャリストとして歩んだギルクリストによる、LINNレーベル2枚目のアルバム。かつてSACDでのリ リースされたアルバムの、通常CDでの再発売。室内楽伴奏の歌曲を集めたもので、テノールに弦楽四重奏とピアノ(あるいはほかの楽器)という編成で、これだ け名曲が揃うというもの近代英国音楽の特徴と言えそうです。作曲家の特性を知り抜いた器楽陣の情感豊かなサポートと、ギルクリストの張りのある歌声が、 各作品の魅力を余すところなく伝えます。

ORFEO
C-956181(1CD)
NX-B05
エリーザベト・クールマン〜歌曲の夕べ
シューマン
1.「子供の情景」Op.15-第1曲:見知らぬ国と人々について
2.7つの歌 Op.104-第1曲:月よ、私の魂のなぐさめ
3.「女の愛と生涯」Op.42-第1曲:あの人に会ってから
4.7つの歌 Op.104-第3曲:あなたは私を哀れな乙女という
5.「女の愛と生涯」Op.42-第3曲:私にはわからない、信じられない
6.「子供の情景」Op.15-第5曲:十分に幸せ
7.「女の愛と生涯」Op.42-第6曲:やさしい友よ、君のまなざしは
8.「女の愛と生涯」Op.42-第7曲:私の心に、私の胸に
9.7つの歌 Op.104-第4曲:ひわ
10.子供のための歌のアルバム Op.79-第22番:子供のおもり
11.幻想小曲集 Op.12-第3番:なぜ?
12.7つの歌 Op.104-第6曲:最後の花もしおれて
13.「女の愛と生涯」Op.42-第8曲:いまあなたは最初の悲しみを私に与えた
14.7つの歌 Op.104-第5曲:お手を私に
15.リートと歌 第4集 Op.96-第1番:夜の歌
16.リーダークライス Op.39-第5番:月の夜
シューベルト
17.酒神讃歌(1) D801
18.星 D684
19.ロザムンデのロマンス D797/3b
20.ヘルヴィヒ・ライター(1941-):事実のロマンス
21.シューベルト:悲しみ D772
22.ライター:墓場の老婆
23.シューベルト:万霊節のための連? D343
24.シューベルト:酒神讃歌(2) D801
25.ライター:Misstrauensvotum 不信任決議
26.シューベルト:嘆き D415
27.シューベルト:スイスの歌 D559
28.ライター:猫のために
29.シューベルト:酒神讃歌(3) D801
30.ライター:歌のためのアナウンス 第8番
31.シューマン:「詩人の恋」Op48-第1曲:美しき五月に
エリーザベト・クールマン(Ms)
エドゥアルド・クトロヴァッツ(P)

録音:2017年8月26日 ライヴ
アンゲリカ・カウフマン・ザール
メゾ・ソプラノ歌手エリーザベト・クールマン。彼女はピアニスト、エドゥアルド・クトロヴァッツとともに長年に渡り、ユニークな 「ドイツ・リート」のプログラムを組み、一連の作品にストーリー性を持たせて演奏し好評を博しています。 このアルバムは、2017年「東京の春」音楽祭でもほぼ同じ曲を歌い満場を沸かせたプログラムをほとんどそのまま収録 したもので、前半にはシューマンのピアノ独奏曲を交えた一連の曲を置き、後半にはシューベルトの歌、現代作曲家のラ イターの作品を織り交ぜた作品が並んでいます。シューマンのロマンティックな作品、シューベルトの素朴で豊かな旋律を 持つ歌、ライターのユーモラスでアイロニカルな歌。これらの曲の精神を、2人は歌詞、音楽全てを含め丁寧に描き出し ています。

ONDINE
ODE-1327(1CD)
NX-B04
アンドレイス・セリツキス(1960-):合唱作品集
1.From My Youth わが青春から(2011)
2.Paradisus vocis 楽園の声(2014)
3.My Soul is Yearning for Heaven
私の魂は天国を憧れる(男声合唱版)(1980/2017)
4.Cherubic Hymn ケルビム讃歌(2011)
5.Litany to Mother Teresa マザーテレサの連祷(2012)
6.We Sing to Thee われらは歌う(2004/2008)
7.O Crux Christi! おお、キリストの十字架よ(2016)
8.Hymn to Light:Christ 光への讃歌:キリスト(2012)
イェーヴァ・パルシャ(Ms)…5
イェーヴァ・ニマネ(バブパイプ)…5
マリス・イェカブソンス(バグパイプ)…5
ヴァシリー神父(朗誦)…2
イーヴォ・クルースコプス(ティンパニ)…3,7
ヴィタリス・スタンケヴィチ(Br)…8
イェヴァ・エゼリエーテ(S)…8
シグヴァルス・クリャーヴァ(指)
ラトビア放送cho

録音:2018年5月14-18日,6月4-5日
ラトビア、リガ セント・ジョン教会
ラトビアの現代作曲家セリツキスの合唱作品集。現在はリガに住み、宗教家、詩人として活躍するセリツキスは、幼い ころからアルヴォ・ペルトに強く影響を受けていたといい、その作品はどれも象徴的で神への賛美に貫かれています。セリ ツキスとクリャーヴァは2012年に共演した時からの親しい友人で、2人は古い讃美歌を学び、一緒に各地の修道院へ の巡礼を計画するなど、このアルバム制作のために力を尽くしました。現代的な響きと古風な響きが入り混じるユニーク で神秘的な作品を、ラトビア放送合唱団の完璧なハーモニーでお聴きください。

Prima Facie
PFCD-059(1CD)
コーフィールド・ゴドフリー:アカルラベース
ダイロン Op.45/トールキンの歌 Op.9
シャドウ・ブライド Op.33
ミステリーズ・オヴ・タイム Op.44
アカルラベース Op.42
タラ・マクスイニー(S)、
アンドルー・ヘンリー(T)、
アダム・ヨンデリウス(Br)、
ニコラ・ローテン(Fl)、
ニーアム・フェリス(Va)、
イマヌエル・カール・マリア・フォークト(P)、
コナー・フォーゲル(P)

録音:2015年11月13日、聖十字架協会(ハーフォード、イギリス)
ウェールズを活動の拠点とし、J.R.R.トールキンの神話物語を題材とした大作「シルマリルの物語」が代表作として知られるイギリスの作曲家、ポール・コーフィールド・ゴドフリー(1950−)の歌曲集。アルバムのタイトルにもなっている「アカルラベース」もJ.R.R.トールキンの物語をベースとした作品です。

Prima Facie
PFCD-062(1CD)
ファー・アウェイ〜20世紀〜21世紀のアート・ソング集
フランク・ベイフォード:アパラチアのエレジー
トニー・オズボーン:夏の日のソネット
フィリップ・キャノン:5つの女性の歌
デイヴィッド・ヘイズ:ア・スポットレス・ローズ
エリック・ファンク:サラ・ティーズデールの詩による4つの歌
ピーター・ラム:サーチング・フォー・ラムズ
デイヴィッド・ヘイズ:ファー・アウェイ
ハンフリー・クルーカス:イーヴンフォール
ジョン・アレグザンダー:ジョン・バーリーコーン(6つのサマセット民謡より)
サラ・プール(S)、
デレク・ハリス(P)

録音:2016年11月26日−27日、イギリス
サラ・プールは、クラシックからブロードウェイの古典的なレパートリー(ガーシュウィン、ポーター、カーン、ヴァイル、アーレン等)のリサイタル&コンサートで世界で歌う英国のソプラノ。現代の作曲家とのコラボレーションも多彩に行っており、このアルバムでは1960年から現在までのイギリスを中心としたアート・ソングを収録。

Diapason
DIAP-053(1CD)
モーツァルト:演奏会用アリア集


(1)おお、運命の星よ...岸は近いと信じ K.368

(2)ひどいこと、ここはどこでしょう...今話しているのは私ではない K.369

(3)わがいとしの希望よ K.416

(4)ああ、もし空に恵み深い星があるなら K.538

(5)どうか、詮索しないで下さい K.420

(6)私は行く、しかしどこへ K.583

(7)彼に眼を向けなさい K.584

(8)ああ、私の思った通り K.272

(9)もうたくさんだ、お前は勝った K.295

(10)テッサリオの人々よ K.316
(1)エリカ・ケート(S)、カペラ・アカデミカ、ベルンハルト・パウムガルトナー(指)/録音:1957年
(2)エディト・マティス(S)、カペラ・アカデミカ、ベルンハルト・パウムガルトナー(指)/録音:1961年
(3)リタ・シュトライヒ(S)、バイエルンRSO、チャールズ・マッケラス(指)/録音:1958年
(4テレサ・シュティッヒ=ランダル(S)、パリ音楽院O、アンドレ・クリュイタンス(指)/録音:1954年
(5)アントン・デルモタ(T)、ベルリン国立歌劇場O/録音:1952年
(6)イルムガルト・ゼーフリート(S)、ロンドン・モーツァルト・プレーヤーズ、ハリー・ブレック(指)/録音:1953年
(7)ジョージ・ロンドン(Bs)、コロンビアSO、ブルーノ・ワルター(指)/録音:1953年
(8)テレサ・シュティッヒ=ランダル(S)、ザルツブルク・モーツァルテウムO、ベルンハルト・パウムガルトナー(指)/録音:1959年
(9)エリーザベト・グリュンマー(S)、シュトゥットガルト室内O、カール・ミュンヒンガー(指)/録音:1956年
(10)エッダ・モーザー(S)、バイエルン国立歌劇場O、レオポルト・ハーガー(指)/録音:1972年
ディアパゾン誌が選んだモーツァルトの「演奏会用アリア」の決定盤!エディト・マティス、エリカ・ケート、リタ・シュトライヒ、テレサ・シュティッヒ=ランダル、エリーザベト・グリュンマーなど、1950年代に収録された数々の名歌唱を中心としたプログラムです。
Diapason
DIAP-043(1CD)
モーツァルト:ミサ曲ハ短調 K.427 マリア・シュターダー(S)、ヘルタ・テッパー(A)、エルンスト・ヘフリガー(T)、イヴァン・サルディ(Bs)、ベルリン聖ヘトヴィヒ大聖堂聖歌隊、ベルリンRSO、フェレンツ・フリッチャイ(指)

録音:1959年10月
ソプラノのマリア・シュターダー、アルトのヘルタ・テッパー、テノールのエルンスト・ヘフリガー、そしてフェレンツ・フリッチャイ&ベルリンRSOの1959年録音は、数あるモーツァルトの「ミサ曲ハ短調」の演奏の中でも最上位に位置する名演中の名演。長きに渡って親しまれ続けてきた名演をディアパゾン盤でもお楽しみ下さい。

CORO
COR-16169(2CD)
ヘンデル:牧歌劇 《エイシスとガラテア》 HWV.49a ザ・シックスティーン、ハリー・クリストファーズ(指)、ジェレミー・バッド(エイシス/テノール)、グレース・デイヴィッドソン(ガラテア/ソプラノ)、ステュアート・ヤング(ポリフィーマス/バス)、マーク・ドーベル(デイモン/テノール)、サイモン・ベリッジ(コリドン/テノール)

録音:2018年6月25日−27日、セント・オーガスティン教会(キルバーン、ロンドン)
1979年にハリー・クリストファーズが創設し、2019年に記念すべき40周年を迎えるザ・シックスティーン。2019年アニヴァーサリー・イヤー最初のリリースを飾るのは、前作「イェフタ(COR 16121)」から約5年ぶりとなるヘンデルの新録音。
愛、悲劇、解放の物語を描いた牧歌劇「エイシスとガラテア」が登場。今回も、グレース・デイヴィッドソン、ジェレミー・バッド、マーク・ドーベルといった豪華歌手陣が集結。特に、グレース・デイヴィッドソンのガラテアは、英MusicWeb Internationalのライヴ・レビュー・セクションである"Seen and Heard International"から「純粋な声と素晴らしく完璧なピッチ」と絶賛されています(2018年6月ロンドンのキングス・プレイス公演)。
2009年の英グラモフォン賞で2冠に輝いた「戴冠式アンセム集」(COR 16066)を筆頭に、「メサイア」(COR-16062)や「サウル」(COR 16103)など、名演揃いの「ヘンデル」に新たに加わる「エイシスとガラテア」。1718年の初演版(HWV.49a)に忠実に、わずか5人の歌手と9人の器楽奏者という小編成で贈るザ・シックスティーンの「エイシスとガラテア」にご期待ください!

Signum Classics
SIGCD-565(1CD)
ラヴ・ソング
ハロルド・アーレン&アイラ・ガーシュウィン(リチャード・ロドニー・ベネット編):イッツ・ア・ニュー・ワールド
ランディ・ニューマン(ローソン編):ホエン・シー・ラブド・ミー
ジョン・レジェンド(レストレンジ編):オール・オヴ・ミー
ハロルド・アーレン&テッド・ケーラー(レストレンジ編):アイヴ・ガット・ザ・ワールド・オン・ア・ストリング
フィンランド民謡(チルコット編):そこにわたしの愛しい人が
フランシス(ブリュートン編):ドント・ウォーリー・アバウト・ミー
ポール・サイモン(ローソン編):四月になれば彼女は
リチャード・ロジャーズ&ロレンツ・ハート(レストレンジ編)
韓国民謡(チルコット編):アリラン
ジョルジュ・オーリック(ラングフォード編):君が僕の傍で眠るとき
シャルル・トレネ&ジャック・ローレンス:ビヨンド・ザ・シー
ジョージ・ガーシュウィン&アイラ・ガーシュウィン(ベネット編):わが愛はここに
イギリス民謡(ローソン編):我が愛を愛す
スコットランド民謡(キャリントン編):我が恋人は赤い薔薇
ジェローム・カーン、ドロシー・フィールズ&ジミー・マクヒュー:アイ・ウォント・ダンス
スティーブン・スティルス(ローソン編):どうにもならない望み
マク・ゴードン&ハリー・ウォーレン(レストレンジ編):アット・ラスト
ポール・サイモン(ジャックマン編):ある人の人生
ヴィクター・ヤング&エドワード・ヘイマン(レストレンジ編):恋に落ちた時
キングズ・シンガーズ
2018年に結成50周年を迎えた、男声ア・カペラ・グループのレジェンド、ギンクズ・シンガーズ。
「ラヴ・ソング」は、これまでSignum Classicsへ録音してきたキングズ・シンガーズのアルバムから、珠玉のラヴ・ソングを集めたスペシャル・コンピレーション・アルバム。民謡からのアレンジや、往年のスタンダード・ナンバー、現代のシンガー・ソングライターらの美しくも切ない恋の歌を、キングズ・シンガーズの最高のハーモニーでお届けします。
Signum Classics
SIGCD 570(1CD)
ジョン・タヴァナー:ミサ・グロリア・ティビ・トリニタス
おおいに喜びたまえ/王のキリエ
ミサ・グロリア・ティビ・トリニタス(ミサ曲 「汝三位一体に栄光あれ」)
アヴェ・マリア/声を聞き
安息日が過ぎて
コントラプンクトゥス、
オックスフォード・クイーンズ・カレッジcho
オーウェン・リース(指)

録音:2018年7月10日−13日、セント・マイケル&オール・エンジェルズ教会(オックスフォード)
名匠オーウェン・リースが結成した "コントラプンクトゥス" は、ガーディナーからの信頼も厚いエスター・ブラジル、マリアン・コンソートのリーダー、ローリー・マクリーリー、タリス・スコラーズやカージナルズ・ミュージック、ポリフォニーなどで活躍するソプラノ、エイミー・ハワースなどの名歌手たちが参加するイギリスのヴォーカル・コンソート。オックスフォード大学のヴォーカル・コンソート・イン・レジデンスに任命され、2014年、2015年には英グラモフォン賞古楽部門賞にノミネートされるなど、合唱大国イギリスにおいて急速に評価を高めている要注目のアンサンブル。
同じく、オーウェン・リースが指揮を務めるオックスフォードの名門聖歌隊、オックスフォード・クイーンズ・カレッジ合唱団とともに、イギリス・ルネサンスの巨匠ジョン・タヴァナー(c.1490−1545)の傑作「ミサ・グロリア・ティビ・トリニタス」を歌います。

Hyperion
CDA-68275(1CD)
バッハ:カンタータ集 第106番&第182番
カンタータ第106番「神の時こそいと良き時」 BWV.106
「おお神よ、慈しみ深き神よ」より パルティータ[ BWV.767-8
モテット 「来たれ、イエス、来たれ」 BWV.229
カンタータ第182番「天の王よ、汝を迎えまつらん」 BWV.182
アミチ・ヴォイシズ

録音:2017年2月13日−15日、セント・マイケル教会(ロンドン)
創立当初より優れた古楽録音を築いてきたHyperion(ハイペリオン)に新たな声楽グループ "アミチ・ヴォイシズ"が参戦。アミチ・ヴォイシズ(Amici Voices)は、2012年にバッハのヨハネ受難曲の演奏のために創設。尼子広志(T)、ベサニー・パートリッジ(S )、レイチェル・アンブローズ・エヴァンス(S)、ヘレン・チャールストン(MS)、ガイ・ジェームズ(CT)、マイケル・クラドック(B)、ヘンリー・ホークスワース(B)ら、多くはスティーヴン・レイトンの指揮するケンブリッジ・トリニティ・カレッジ合唱団で学び、現在はポリフォニーやタリス・スコラーズ、テネブレ、キングズ・コンソート、ジェズアルド・シックスなどに参加、またオペラ、オラトリオなどの分野で活躍する優れた若手声楽家たちによって構成。ドイツ・バロックのレパートリーを中心に、バッハのクリスマス・オラトリオ、ミサ曲ロ短調、2つの受難曲から小規模な作品までを定期的に演奏しています。
Hyperionデビュー・アルバムでは、人気作「神の時こそいと良き時」を含むバッハのカンタータ2曲とモテットを収録。器楽には、フロリレジウムのアシュリー・ソロモン(リコーダー、トラヴェルソ)や市瀬礼子(テノール・ヴィオール)など、古楽界の名手も参加。Hyperionが見出した若き名歌手たちの優れた録音にご期待ください。

LAWO Classics
LWC-1164(1CD)
情熱の描写〜ヴァイル、パウス、アイヴズ:作品集
クルト・ヴァイル:七つの大罪(9景の歌つきバレエ)
マルクス・パウス:憎しみの歌(声と管弦楽のための)
チャールズ・アイヴズ(ジョン・アダムズ:オーケストレーション):5つの歌〔ソロー、川のほとり、平穏、東へ、子守歌〕、答えのない質問(トランペット、フルート四重奏と弦楽のための)(改訂版)
トーラ・アウゲスタ(Ms)、マグヌス・スターヴェラン(T)、トルビョルン・グルブランソイ(T)、ハルヴォル・フェステルヴォル・メーリエン(Br)、ウッレ・ホルムグレーン(Bs-Br)、オスロ・フィルハーモニックO、ジョシュア・ワイラスティーン(指)、クリスチャン・エッゲン(指)

録音:2017年5月3日−5日、22日−24日、オスロ・コンサートホール(オスロ)/Recorded in DXD 24bit/352.8kHz
トーラ・アウゲスタ(1979−)は、ベルゲン生まれ。オスロとストックホルムでクラシカルとジャズの歌唱を学び、歌手、俳優、指揮者と多才に活動しています。アルバム『情熱の描写』では、「不調和の歴史から卓絶した芸術へ」をテーマに3人の作曲家の作品を歌っています。クルト・ヴァイルが劇作家のブレヒトと共作した「9景の歌つきバレエ」「七つの大罪」。チャールズ・アイヴズの歌曲をジョン・アダムズがオーケストラ共演用に編曲した「5つの歌」。マルクス・パウス(1979−)は、ノルウェーの作曲家、ノルウェー国立音楽大学とマンハッタン音楽学校で学び、多彩なジャンルに作曲、特に映画のための音楽やオペラで成功を収めています。「憎しみの歌」は、社会の問題に目を向けた風刺的な作風のアメリカの詩人、ドロシー・パーカー(1893−1967)の作品をテクストに作曲されました。アウゲスタの委嘱で作曲された「キャバレー・ソング」スタイルの作品です。幅広いレパートリーをもったアメリカのジョシュア・ワイラスティーン(ワイラースタイン)と、現代音楽からジャズまで、ノルウェーの音楽シーンを彩るひとり、クリスチャン・エッゲンの指揮とオスロ・フィルハーモニックOの共演です。

TOCCATA
TOCC-0331(1CD)
NX-B03
ペルト・ウースベルグ(1986-):合唱作品集 第1集
ダヴィデ詩篇 第121篇 第1部(2009-2010)
ムジカ(2008)/ミゼレーレ(2008)
美しくないのは(2009)
ミサ・ブレヴィス(2008)
冬の夕べ(2013)*
アヴェ・マリア(2013)*
冬の夜(2015)*/主の祈り(2015)*
楽園にて(20168)*/別れ(2008)
ダヴィデ詩篇 第121篇 第2部(2010)
エンドリク・ウクスヴァラフ(指)
コレギウム・ムジカーレ室内cho

録音:2016年3月2.3日、6月10.11日、2017年3月6.7日エストニア ヴィームシ,聖ヤコブ教会
*=世界初録音
エストニア出身のウースベルグ。2004年にエストニア音楽院の指揮科を卒業し、作曲家、指揮者としてだけでなく、映 画俳優としても活躍しているマルチな才能を持った人です。このアルバムに収録された合唱曲は、最近のバルト合唱音 楽の特徴を示すもので、広大なベースラインの上で静かに紡がれる旋律に、ときおり差し込まれるわずかな不協和音が スパイスとなり、これが絶妙な美しさをもたらします。2010年に設立されたコレギウム・ムジカーレ室内合唱団はエストニ ア屈指の室内合唱団。ルネサンスから現代音楽まで幅広いレパートリーを持ち、エストニアの作曲家、ペルトやトゥール らの作品を積極的に紹介し、エストニアの音楽大使としての役割も担っています。

ACCENT
ACC-26410(2CD)
ヘンデル:オラトリオ『ユダス・マカベウス』 HWV63(1747年版) ケネス・ターヴァー(テノール:ユダス・マカベウス)
ディアンナ・ブレイウィック( ソプラノ:イスラエルの 婦人 )
ソフィー・ハームセン(メゾソプラノ:イスラエル人)
ジョアン・フェルナンデス(バス:シモン、大使)
オーウェン・ウィレッツ( カウンターテナー:司祭)
イナ・ジャックス( アルト:使者)
北ドイツ放送cho
ローレンス・カミングス(指)
ゲッティンゲン祝祭O

録音:2018年5月10日/ドイツ、ゲッティンゲン シュタットハレ
ローレンス・カミングスは音楽祭の音楽監督でもあるヘンデルの専門家で演奏の完成度は折り紙つき。 『ユダス・マカベウス』の初演は1747年コヴェントガーデン。表彰式でおなじみの「見よ勇者は帰る」は1750年の再演時に新しく加えた曲のため、1747 年版には入っていません。オリジナルのオラトリオでじっくりと音楽を味わってください。 (Ki)

TYXart
TXA-18111(1CD)
ヨーゼフ・ハース(1879-1960):聖夜op.85 カンティカ・ノヴァ・ホルツキルヒェン(合唱)
カトリン・ヴェンデ = エーマー(指)
ノルベルト・ドゥヒテル(Org)
アレックス・ドロウ( 朗読)
シンフォニア、第1部、第2部で構成され、バロック時代のオラトリオのような響きで書かれた『聖夜』。演奏しやすいように、ノルベルト・ドゥヒテルがオル ガン伴奏に書き換えて演奏しています。ところどころ朗読が入ります。 (Ki)

TYXart
TXA-18109(1CD)
子供のための歌
フンパーディンク:Bruderlein, komm tanz mit mir
ツェルター:Der Kuckuck und der Esel
ベートーヴェン:Marmotteによる即興演奏、Freude, schoner Gotterfunkenによる即興演奏
シュルツ:Der Mond ist aufgegangen (Abendlied)
アンシュッツ:Es klappert die Muhle am rauschenden Bach
伝承曲:Zwei kleine Wolfe、Es tanzt ein BiBaButzemann
民謡:Heisa, Kathreinerle、Fuchs, du hast die Gans gestohlen、Ein Jager langs dem Weiher ging、O Tannenbaum ?
Du tragst einen grunen Zweig、Kein schoner Land in dieser Zeit 他
ジャネット・レック(S)
ジャン・レック(ジャズ・ピアノ)他
童謡や民謡、聴きなじみの良い歌をジャズ・アレンジ。ソプラノのジャネット・レックとその兄弟ジャンのデュオに、ベース、ドラムスも登場し軽妙なノリで明るく歌う、楽しいアルバムです。 (Ki)

MSR
MS-1687(1CD)
ルイーゼ・ライヒャルト(1779-1826):歌曲集
6つの歌曲、色とりどりの薔薇を通して、マリア、 森を通って、夜の讃美歌、花のなかの花、 ただ愛だけが、しあわせなリオ、ほか全22 曲
エイミー・プフリンマー (S)
ドリュー・モントグー(P)

録音:2018年5月、6月ロヨラ大学ヌーンメーカー・ホール、ルイジアナ州ニュー・オーリンズ
ルイーゼ・ライヒャルトは今日ではほとんど忘れられたドイツの作曲家。音楽家の一家に生ま れ生前は合唱指揮者として活躍した。作品は歌曲が主要な分野でゲーテ、ノーヴァリス、クレメ ンス・ブレンターノらの詩に好んで曲をつけています。シューベルトよりおよそ 20 歳年長だが時代 の空気感を共有しており、シューベルトの歌曲の影響を受けた抒情性の高いもの。知られざる ドイツ・リートの貴重な作品集。

Pentatone
PTC-5186722(1SACD)
シューベルト:歌曲集
(1)「月に寄せて」D.259(3’17”)
(2)「小人」D.771(5’21”)
(3)「わが心に」D.860(2’52”)
(4)ミニョンの歌「ただあこがれを知る者だけが」D.877/4(3’20”)
(5)ミニョンの歌 その1「私にいわせないで」D.877/2(4’12”)
(6)ミニョンの歌 その2「大人になるまでこのままに」D.877/3(3’18”)
(7)「郷愁」D.456(2’26”)
(8)「墓堀人の郷愁」D.842(6’52”)
(9)「すみれ」D.786(12’57”)
(10)「最初の喪失」D.226(2’12”)
(11)「エレンの歌」その1 D.837(8’44”)
(12)「エレンの歌」その2 D.838(3’09”)
(13)「エレンの歌」その3(アヴェ・マリア) D.839(5’56”)
(14)「この世からの別れ」D.829(2’35”)
(15)「岩上の羊飼い」D.965(12’26”)
アンナ・ルチア・リヒター(S)
ゲロルト・フーバー(P)
(15)マティアス・ショルン(Cl)

録音:2018年5月1日/MCOスタジオ1、ヒルフェルムス(オランダ)
ドイツの名唱、麗しきソプラノ歌手アンナ・ルチア・リヒターがPENTATONEレーベルより本格的なソロ・デビューとなるシュー ベルトの歌曲集をリリースします。 アンナ・ルチア・リヒターは、9歳から母より声楽の手ほどきを受け、ケルン大聖堂少女聖歌隊の隊員となりました。その後バーゼルでクルト・ヴィトマー 教授に師事、その後ケルンで研鑽をつみました。主な受賞歴としては、2008年ベルリン全国声楽コンクール年少部門第2位、2011年キッシンゲンの 夏音楽祭ルイトポルト賞、2012年ツヴィッカウで行われた国際ロベルト・シューマン・コンクール優勝などがあげられます。2015年10月ベルナルト・ ハイティンク(指)ロンドンSOの来日公演では、マーラーの交響曲第4番のソリストで登場し話題となりました。シューベルトの歌曲の神髄に迫る 注目の録音です。 (Ki)

COL LEGNO
COL-20600(2SACD)
NX-D03
ルイジ・ノーノ(1924-1990):作品集

【SACD1】
Io, Frammento Da Prometeo イオ・プロメテオからの断片(1981)

【SACD2】
Das Atmende Klarsein(1980/1983)
【SACD1】
カーティア・プラシュカ(S)
ペトラ・ホフマン(S)
モニカ・バリ=イヴェンツ(S)
ロベルト・ファブリツィアーニ(バス・フルート)
チロ・スカルポーニ(コントラバス・クラリネット)
ゾリステンコア・フライブルク
【SACD2】
ロベルト・ファブリツィアーニ(バスFl)
ゾリステンコア・フライブルク
ルイジ・ノーノが晩年に書いた2つの作品。当時ライヴ・エレクトロニクス作品を集中して作曲していたノーノは、音の性質 そのものに着目し、一つ一つの音に対する静寂とを際立たせることに終始するようになります。このアルバムには彼の最 後のオペラとなった「プロメテオ」と関連のある「イオ、プロメテオからの断章」、「息づく清透 」と訳される"Das Atmende Klarsein"の2曲を収録。
COL LEGNO
COL-20603(1SACD)
NX-B07
ルイジ・ノーノ(1924-1990):Quando Stanno Morendo
1."Ha Venido", Canciones Para Silvia
シルヴィアのための歌「春が来た」(1960)
2.?Donde Estas, Hermano?兄弟よ、どこへ?(1982)
3.Djamila Boupacha ジャミラよ、朝は近い(1962)
4.Sara Dolce Tacere それはやさしい沈黙(1960)
5-13.Quando Stanno Morendo. Diario Polcacco
死の間近な時(ポーランド日記 第2番)(1982)
アンゲリカ・ルッツ(S)…1.3
バーバラ・シュタイン(A)…2.4.5-13
ピルミン・グレール(Fl)…5-13
エリック・ボルジール(Vc)…5-13
マンフレッド・シュライアー(指)…1.5-13
デジタル・マスターズ・シュトゥットガルト
ノイエ・ヴォーカルゾリステン・シュトゥットガルト…1-2.3-13

録音:2002年2月26-28日
ノーノの中期から後期にかけての作品集。「それはやさしい沈黙」はノーノの元教師で親友であったブルーノ・マデルナの 40歳の誕生日のための作品。「シルヴィアのための歌」は彼の娘のための曲など、個人的な目的で書かれた曲も含まれ ています。イタリアの哲学者マッシモ・カッチャーリのテキストによる「死の間近な時(ポーランド日記第2番)」は晩年の静 謐な作品。21世紀におけるノーノの受容を知る1枚です。
COL LEGNO
COL-20412(1CD)
NX-B05
マドリガル集
シェールホルン(1962-):マドリガーリ・ア・ディオ(2011)
サンチェス=ベルドゥ(1968-):Scriptvra antiqva(2010-2012)
ドーメン(1962-):インフラ(2008)
ガーデンシュテッター(1966-):Weh(2007)
ノイエ・ヴォーカルゾリステン・シュトゥットガルト
【メンバー】
サラ・マリア・サン(S)
スザンネ・ライツ=ローリー(S)
トゥルイケ・ヴァン・デア・ポエル(Ms)
マルティン・ナジ(T)
グリエルモ・アンツォレーナ(Br)
アンドレアス・フィッシャー(Bs)

録音:2012年4月2-5日
マドリガルの歴史を辿り、新たな形で現代によみがえらせる「ノイエ・ヴォーカルゾリステン・シュトゥットガルト」。このアルバ ムでは21世紀に書かれた4つの作品を演奏しています。古風な歌い交わしだけでなく、時には囁きなど様々な技巧を 凝らした演奏は「声の限界」への挑戦ともいえるでしょう。
COL LEGNO
COL-20413(1CD)
NX-B05
Drama
ルカ・ジランチェスコーニ(1956-):Herzstuck 心の小品(2012)
カンペ(1976-):Falsche Lieder 偽りの歌(2011)
ミシャ・ケーザー(1959-):Praludien 1. Buch 前奏曲集 第1巻より第1番-第8番(2004/05)
フリードリヒ・チェルハ(1926-):2つの情景(2010/2011)
ノイエ・ヴォーカルゾリステン・シュトゥットガルト
【メンバー】
サラ・マリア・サン(S)
スザンネ・ライツ=ローリー(S)
トゥルイケ・ヴァン・デア・ポエル(Ms)
マルティン・ナジ(T)
グリエルモ・アンツォレーナ(Br)
アンドレアス・フィッシャー(Bs)

録音:2013年1月
「ノイエ・ヴォーカルゾリステン・シュトゥットガルト」のために4人の作曲家が書いたアンサンブル作品。切れ切れの音をつな ぎ合わせながら浮き上がる旋律、ささやき、つぶやき、怒号、哀願、多彩な感情を乗せた歌声が交錯する音楽です。
COL LEGNO
COL-20409(1CD)
NX-B05
エリン・ギー(1974-):マウスピース

マウスピース IX
1.I
2.II

3.マウスピース(Segment of the 3rd Letter)
4.マウスピース VII
5.マウスピース X
6.マウスピース I
エリン・ギー(ヴォーカル)…1-6
マーティン・ブラビンズ(指)…1.2/ウィーンRSO…1.2
シメオン・ピロンコフ(指)…3/PHACE(アンサンブル)…3
ヨハネス・カリツケ(指)…4.5/クランクフォルム・ウィーン…4.5

録音:2006年10月8日 ライヴ Helmut-List-Halle Graz, Austria…1.2
2007年7月 ORF Recording Studio, Vienna, Austria…3
2005年2月19日 ライヴ Helmut-List-Halle Graz, Austria…4
2008年4月25日 ライヴ Festsaal Witten, Germany…5
2006年7月2日 日本 秋吉台国際芸術村…6
作曲家、ヴォーカリスト、エリン・ギーの代表作「マウス・ピース」。歌による巧妙な楽器の模倣と溶け合うオーケストラの 響きは、聴き手になんとも言えない愉悦感をもたらします。トラック6は歌のみ。彼女の魅力がストレートに伝わる瞬間で す。

BR KLASSIK
BR-900170(1CD)
NX-B05
ベートーヴェン:ミサ曲ハ長調
序曲「レオノーレ」第3番*
ゲニア・キューマイアー(S)
ゲルヒルト・ロンベルガー(Ms)
マキシミリアン・シュミット(T)
ルカ・ピサローニ(Bs-Br)
バイエルン放送cho
マリス・ヤンソンスシ
バイエルンRSO
録音
2018年1月11-12日 ミュンヘン ガスタイク・フィルハーモニー・ライヴ
2004年6月29-30日 ミュンヘン ヘルクレスザール・ライヴ*
2018年1月に開催された、マリス・ヤンソンスの75歳の誕生日祝賀コンサートよりメイン・プログラムの「ベートーヴェン:ミ サ曲ハ長調」を収録。この祝賀コンサートの模様は昨年belvedere editionより映像商品(BELVED08041・・・ DVD/BELVED08042・・・Blu-ray)としてリリースされていますが、こちらのアルバムではミサ曲と、2004年に演奏さ れた「レオノーレ序曲 第3番」をカップリングすることで、ヤンソンスのベートーヴェンにおける長年の思いが強調されていま す。ミサ曲、レオノーレ序曲、どちらも1806年から1807年、ベートーヴェンの壮年期に作曲された名作。ヤンソンスは 作品に漲る旺盛な活力を存分に引き出し、至上の高みに導いています。
BR KLASSIK
BR-900917(2CD)
NX-B07
モーツァルト:ミサ曲 ハ短調、他

【CD1】
ミサ曲 ハ短調 K427
クレメンス・ケンメ補筆版(2018)

【CD2】
音楽への道-ミサ曲 ハ短調 K427
マルクス・ファンヘーファーによる物語
【CD1】クリスティーナ・ランツハーマー(S)
アンケ・フォンドゥンク(Ms)
スティーヴ・ダヴィスリム(T)
トビアス・ベルント(Br)
ハワード・アーマン(指)
バイエルン放送cho
ベルリン古楽アカデミー
録音:2018年4月13-14日 ライヴ
ミュンヘン、Prinzregententheater

【CD2】
クリスティアン・バウマン(ナレーター)
ハンス・ユルゲン・シュトッケル(ナレーター)
ノーマン・ハッカー(モーツァルト)
フランツィスカ・バル(コンスタンツェ)
カーチャ・シルト(ナンネル)
録音:2018年7月30日-8月2日
ミュンヘン、バイエルン放送 第9スタジオ
1782年に作曲されたモーツァルト16番目のミサ曲は、彼の作品の中では珍しく、誰かから依頼を受けたわけではなく、 モーツァルトが自発的に作曲した作品です。当時、モーツァルトはコンスタンツェと結婚したばかりでしたが、彼の父レオポ ルトは結婚を認めていなかったため「コンスタンツェが優れたソプラノ歌手であることを証明したい=父に結婚の許可をも らう」ことを目的に作品を書いたとされています(CD2には作品の成立経緯がドイツ語の物語として収録されていま す)。しかし、作品は未完で終わっており、完全な姿で残存しているのは「キリエ」「グローリア」「サンクトゥス」「ベネディク トゥス」のみ。他は一部のみ、もしくは完全に欠落しているため、これまでにもさまざまな研究による補筆が行われ、演 奏、録音されてきました。この録音は音楽学者クレメンス・ケンメが2018年春に行った補筆版を用いており、最新の研 究結果が反映された興味深い音楽を聴くことができます。ロンドン出身のハワード・アーマンは2017年からバイエルン放 送合唱団の監督を務めており、バッハやヘンデルなど次々と素晴らしい演奏を披露する指揮者。ここではベルリン古楽 アカデミーを自在に操り、流麗なモーツァルトを聴かせます。

SUPRAPHON
SU-4235(1CD)
マルティヌー:ページの歌曲集 H.294(1943)
2ページの歌曲集 H.302(1944)
スロヴァキア歌曲集 H.126(1920)
新シュパリーチェク H.288(1942)
マルティナ・ヤンコヴァー(S)、
トマーシュ・クラール(Br)、
イヴォ・カハーネク(P)

録音:2017年6月8-10日/マルティヌー・ホール、プラハ音楽院(プラハ)
スプラフォン・レーベルが力を注いで新録音をリリースしているチェコの作曲家、ボフスラフ・マルティヌー(マルティヌー)。生涯400作にも及ぶ作品を残し た多作曲家として知られます。マルティヌーは声楽作品の分野でもチェコの民俗性を色濃く呈した美しい作品を残しました。当ディスクには1920年から晩年の 1943年までに作曲された歌曲集4篇を収録。スシル詞の1ページの歌曲集、2ページの歌曲集や民謡詞の新シュパリーチェクなどマルティヌーの豊かな旋律美 を堪能できる作品が揃いました。
歌唱はスプラフォン・レーベルでもおなじみのマルティナ・ヤンコヴァーとトマーシュ・クラールです。ヤンコヴァーは1998年からチューリッヒ歌劇場のソリ ストを務めるソプラノ歌手で、ザルツブルク音楽祭に頻繁にゲスト出演し、ガーディナー、アーノンクール、フェドセーエフ、ヘレヴェッヘ、ラトルなど名だたる世 界的指揮者と共演し高い評価を得ています。一方、クラールはヤナーチェク音楽院に学んだバリトン歌手で2005年よりコレギウム・ヴォカーレ1704の主要メ ンバーとして活躍し、クラールが参加したディスクも数多くリリースされております。ヤナーチェクの歌曲集(SU 4183)でも優れた歌唱で高い評価を得ております。ki

Skani
SKANI-054(1CD)
自然と魂〜ラトビアの合唱作品集
エミールス・ダールズィンシュ(1875−1910):ずっと昔、月の光、倒れた松の木
エミールス・メルンガイリス(1874−1954):自然と魂、ラトヴィア・レクイエム
ヤーニス・ザーリーティス(1884−1943):死の島のゴブレット
イェーカブス・グラウビンシュ(1886−1961):森は夜にしずむ
ヤーゼプス・ヴィートリス(1863−1948):一日が終わる、月はうそをついた、魔法にかけられた森、こびとたちとメジャヴェツィス(森の老人)、王とキノコ、ダビデはサウルの御前に、太陽の休日
ラトビア放送cho 
カスパルス・プトニンシュ(指)

録音:2016年10月、セント・ジョンズ教会(リガ)
バルト三国の1つであるラトビアが世界に誇るハーモニー、ラトビア放送合唱団。それぞれに物語と明確な個性をもち、郷愁を誘う、ラトビアのアカペラ合唱曲コレクション。その美しさは、英グラモフォン誌で「エディターズ・チョイス」に選ばれています。

Sheva
SH-209(1CD)
ギャリー・ヒギンソン (1952-):フルート、ピアノ、声楽作品集
TWO PIECES フルート独奏のための2つの小品 Op.62
MESSAGES OF HOPE 希望へのメッセージ ソプラノ、テノール、バリトンとピアノのための Op.87
I Entry into Stanford スタンフォードへの入り口
THREE BEN JONSON SONGS ベン・ジョンソンの3つの詩 バリトンとピアノのたの Op.126b
SCENES FROM SHAKESPEARE シェイクスピアからの場面 ピアノ独奏のための Op.164
17.WHEN MOST I WINK, THEN DO MINE EYES BEST SEE 閉じている時こそ、私の目は見えるのです ソプラノとピアノのための Op.147
THREE SHAKESPEARE DUETS シェイクスピアによる3つのデュエット ソプラノ、テノール、フルートとピアノのための Op.167
パトリシア・オークタロニー (S)
オリヴァー・ブリグナル (T)
ジョナサン・ハイド (Br)
ラウラ・チョッフィ (Fl)
アレッサンドロ・ヴィアーレ (P)

録音:日時場所不明(2018年頃)
英国中部の炭鉱の町、ウエスト・ブロムウィッチに生まれたギャリー・ヒギンソンは、あらゆる形式の音楽を幅広い年齢 層へ向けて様々な難易度で書いてきました。それらの多くは、彼の愛した英国の自然や文学、なかでもシェイクスピア に深く関わっています。このアルバムは、ヒギンソンの歌曲、器楽曲、そして重要なカンタータを集めたもの。いずれも雄 弁かつ個性的で親しみやすい作品ばかりです。

CPO
CPO-555073(1CD)
NX-B10
フェスカ/ダンツィ:詩篇集
フリードリヒ・エルンスト・フェスカ(1789-1826):詩篇103番Op.26-
 詩篇9番Op.21
フランツ・ダンツィ(1763-1826):悲劇への序曲「ヴィオラ」
 詩篇128番Op.65-
 カンタータ「神を讃えよ」
ユリア・ゾフィー・ヴァグナー(S)
アンドレア・チューダク(S)
レジーナ・グレーネグレス(A)
ローター・オディニウス(T)
マティアス・ホルン(Bs)
ベルンハルト・ゲルトナー(指)
カールスルーエ・バッハcho
カメラータ2000

録音:2016年5月15日カールスルーエ
1807年6月8日、ドイツの都市カールスルーエにおいて新しいルター派教会の礎石が置かれ、1816年に教会が完成 した暁には盛大な祝賀会が開かれました。そして教会完成から100年を経た2016年、カールスルーエに関わりの深い 2人の作曲家、ダンツィとフェスカによる「詩篇」の演奏を行い2つの大切な機会を祝したのです。 ダンツィは1812年からカールスルーエ宮廷楽団の音楽監督を務めており、その楽団に在籍していたのがフェスカでした。 ダンツィの作品はモーツァルトを思わせる18世紀の伝統を受け継ぐ端正な風情をもっていますが、フェスカの作品は華麗 で息の長い旋律が朗々と歌われるロマン派寄りの作風。教会の完成までに要した10年間で、音楽の様式が劇的に 変化したことを意識させる興味深い選曲です。設立100周年を迎えるカールスルーエ・バッハ合唱団の輝かしい合唱で お楽しみください。


THE CHOIR OF KINGS COLLEGE
KGS-0033(2CD)
9つの聖書日課とクリスマス・キャロル〜100年の歴史
[CD1](アーカイヴより)
1. ガブリエルのお告げ Gabriel’s Message (1958)
2. 囚われのアダムは横たわりAdam lay y bounden (1963)
3. ディンドン!いと高きところでほがらかに Ding! dong! Merrily on high (1963)
4. サセックスのキャロルSussex Carol (1963)
5. 神の御子は今宵しも O Come, All Ye Faithful (1963)
6. 甘き喜びのうちにIn dulci jubilo (1980)
7. 神の子は私たちのためにお生まれになった Unto Us is Born a Son (1980)
8. あめにはさかえ Hark the Herald Angels Sing (1978)
9. ユディト・ウェイア:輝かしいエルサレム Weir: Illuminare, Jerusalem(1985-世界初演)
10. ひいらぎとつたは The Holly and the Ivy (1994)
11. ワーロック:ベネディカムス・ドミノ Warlock: Benedicamus Domino (1994)
12. プレストン:私は3つの船を見た Preston: I Saw Three Ships (1994)
13 トマス・アデス:フェアフォックス・キャロル Ades: The Fayrfax Carol (1997 ? premiere)
14. ガードナー:明日は私が踊る日 Gardner: Tomorrow Shall be my Dancing Day (1997)
15. ルッティ:私はさまよいながら不思議に思う Rutti: I Wonder as I Wander (2000)
16. シルコット:羊飼いのキャロル Chilcott: The Shepherd’s carol (2001)
17. ラター:ねむれ、イエスよ Rutter: Dormi, Jesu (2007)
18. ペルト:神の母なる処女 Part: Bogoroditse Djevo (2007)
19. バークリー:ディス・エンダーナイト Berkeley: This Endernight (2016 ? 世界初演)
20. ワトキンス:エリシャのキャロル (2017 - 世界初演)
21. むかし、ダビデ王の町に Once in Royal David’s City (2017)

[CD2]
1. ラター:さやかに星はきらめき Rutter: O Holy Night
2. クレオバリー:ザ・リンデン・ツリー・キャロル Cleobury: The Linden Tree Carol
3. タヴァナー:子羊 Tavener: The Lamb
4. 神が喜びをくださるように(世の人忘るな)God Rest You Merry, Gentlemen (Willcocks)
5. ベルリオーズ:羊飼いたちの別れ(「キリストの幼時」より)Berlioz: The Shepherds’ Farewell
6. レジャー:私は3つの船を見た Ledger: I Saw Three Ships
7. ニアリー:はるかな国から来た3人の王 Neary: We Three Kings of Orient Are
8. ジャクソン:Jackson: Can I Not Syng But Hoy?歌うことはできないが祝うことはできよう?
9. ホワイトボーン:マジの夢 Whitbourne: The Magi’s Dream
10. ジュベール:ここには薔薇はない Joubert: There is No Rose
11. エルフィン・ジョーンズ:アダムの罪 Elfyn Jones: Adam’s Fall
12. バッハ:いかにしてわれは汝を迎えまつり(クリスマス・オラトリオ第1部第5番)
Bach: How Shall I Fitly Meet Thee?
13. R.O.モリス:クリスマスに愛が降りてきた R.O.Morris: Love Came Down at Christmas
14. バッハ:差し出でよ、汝美わしき朝の光よ(クリスマス・オラトリオ第2部第3曲)
Bach: Break Forth, O Beauteous Heavenly Light
15. 神の御子は今宵しも O Come, All Ye Faithful (Willcocks)
16. あめにはさかえ Hark! The Herald Angels Sing (Cleobury)
ケンブリッジ・キングズ・カレッジcho

オリジナルブックレット
日本語訳つき
イギリス、ロンドンの人々にとって、クリスマスにはキングズ・カレッジの歌う讃美歌が欠かせません。BBCがかつて放送してそれ以来CDなどで耳に されることがなかった貴重な過去のライヴ録音と、2017年の礼拝での演奏のライヴ録音、2枚組で発売されます! DISC1は1958年から2017年までの演奏会をBBCが放送したもので、放送以降は世に出ることがなかった録音ばかり。サー・デイヴィッド・ウィルコッ クス(1957〜1974年在任)、サー・フィリップ・レジャー(1974〜1982年在任)、そしてステファン・クレオバリーと、歴代の音楽監督らが指揮し た珠玉のキャロルです。DISC2は2014、2018年に録音されたクレオバリー指揮の演奏。伝統的なものから、ペルト作品など委嘱新曲も含まれた、注目の2枚組です。(歌唱歌詞(原語・日本語訳)は掲載されておりません) (Ki)

2L
2L-151SACD
(SACD Hybrid /MQA-CD)
光/ファウナ・ヴォーカルクインテット
1.今一度クリスマスの鐘が鳴る(Det kimer na til julefest)
カール・クリスチャン・ニコライ・バレ(1806-1855)(CT 編)
2.クリスマスイブは幸せな気持ちに(Jeg er sa glad hver julekveld)
グットルン・フリーセン(1908-1992)の旋律(BBL 編)
3.それは愛らしい幼子が(Et lidet barn sa lystelig)
ノールムーレ伝承曲(CMBA 編)
4.うるわしき青空(Deilig er den himmel bla)
ヤコブ・ゲアハード・マイデル(1778-1857)(SWOK 編)
5.エッサイの根より(一輪のバラが咲いた)(Ei rose er utsprungen)
ドイツ伝承曲(SWOK 編)
6.ベツレヘムに御子が生まれた(Et barn er fodt i Betlehem)
オステルダーレン伝承曲(BBL 編)
7.われらが救い主よ来たれ(Folkefrelsar til oss kom)
ノルウェー伝承の賛美歌(CMBA 編)
8.ハウゲボンデン(Haugebonden)
テレマルク伝承曲/リカルド・ヨイティルとホイ・ストランの旋律(BBL 編)
9.古き年は過ぎ去り(Nu er det gamle ar forsvunnet)
オステルダーレン伝承曲(BBL 編)
10.こよなく清らなバラ(Den fagraste rosa)
ノルウェー民謡(CMBA 編)
11.わが思い果てしなく駆けめぐり(つねに待ち望む心を)(Mitt hjerte alltid vanker)
ヴェステルヨートランド民謡(CT 編)
12.クリスマス・キャロル(Julesang)
リリ・パウルスベルグ(作詞・作曲)
13.さあ鐘よ鳴れ(Kling no, klokka)
スルナダール伝承曲(ヘンニング・ソンメッロ(1952-)編)
ファウナ・ヴォーカルクインテット
【クリスティーナ・ティングヴォル(メゾソプラノ、アルト)(CT)/シリエ・ヴォルケネシュ・オストビュー・クライヴェン(メゾソプラノ、アルト)
(SWOK)/グドルン・エミリー・ゴッフェング(メゾソプラノ、ソプラノ)/カミラ・マリー・ビョルク・アンドレーアセン(S)(CMBA)
/ベアーテ・ボーリル・ロッケン(メゾソプラノ、アルト)(BBL)】

録音:2018年6月、9月 ブリュン教会(バールム、ノルウェー)
『光(Ljos)』は、グレクス・ヴォーカリスの『大いなる神秘』(2L26SACD)』やソルヴグッテネ少年合唱団の『クリスマス・ミサ』(2L42SACD)などを 制作した 2L の新しいクリスマス・アルバム。「秋になり、冬になります。北の国に寒く暗い日々がやってくる。だから、クリスマスの季節をいつも歓迎してきた。クリ スチャンとして祝い、日が長くなり明るい日のやってくることを祝う……」。 「ファウナ・ヴォーカルクインテット」は、2009年秋、ノルウェー国立音楽大学で結成された女性5人のグループです。オスロ生まれ、バールム少女合唱団など の指導者としても活動するクリスティーナ・ティングヴォル。子供時代をエチオピアで過ごし、フォークやポップ・ミュージックのコンサートに作曲者、指揮者、オー ガナイザーとして参加するシリエ・ヴォルケネシュ・オストビュー・クライヴェン。オスロ生まれ、子供のころから「オスロ青年合唱団」とグレクス・ヴォーカリ スに参加、女声合唱のアンサンブル「オスロ新青年合唱)」の指揮者、グドルン・エミリー・ゴッフェング。フレドリクスタ出身、オペラ・オストフォルの合唱団 に所属するカミラ・マリー・ビョルク・アンドレーアセン。ヴォーカルグループ「Cornelis」とトラッドの「Osterdalslat」でも歌う、ヘードマルク県、ストール =エルヴダール生まれのベアーテ・ボーリル・ロッケン。このアルバムで歌われるクリスマス・ソングは、リリ・パウルスベルグ作詞作曲の「クリスマス・キャロル」 とヘンニング・ソンメッロの編曲した「さあ鐘よ鳴れ」をのぞき、ファウナのメンバーが編曲、光と闇のコントラストを再現することをめざしたと言います。録音セッ ションは、1861年にバールムのリュッケンに建てられた信徒席400、レンガ造りのブリュン教会で行われました。 CD層はMQA-CD仕様になっておりMQAデコーダーを搭載した対応機器を使用すれば、ハイレゾ・スペック音源を聴くことができます。 (Ki)
2L
2L-150SABD
(Blu-ray Disc Audio
+SACD Hybrid /
MQA-CD)
光/ニーダロス大聖堂少女合唱団
ストーレ・クライベルグ(1958-):愛に寄せる賛歌(少女合唱と弦楽オーケストラのための)
アンドルー・スミス(1970-):レクイエム(少女合唱、サクソフォーンとオルガンのための)*
ストーレ・クライベルグ(1958-):光(少女合唱、弦楽オーケストラとオルガンのための)**
ニーダロス大聖堂少女cho
アニタ・ブレーヴィク(指)
トロンハイム・ソロイスツ
トリグヴェ・サイム(サクソフォーン)*
ストーレ・ストールロッケン(オルガン)*
 ペトラ・ビョルクハウグ(オルガン)**

録音:2017年10月、2018年5月 ニーダロス大聖堂(トロンハイム、ノルウェー)
ニーダロス大聖堂少女合唱団は、聖オラヴが礎を築いた町トロンハイムの大聖堂に1992年に創設されました。「わたしたち少女合唱団の使命の中心にあるの は、能力を試されるような脆い人生の局面で生きる技を身につけていくことです。帰属することを学び、見られ包まれていると感じることを学び、友情を築くこと を学ぶ」。合唱団はこれまで、ヌールハイム、オーラ・ヤイロ、ボブ・チルコット、キム・アンドレ・アルネセンをはじめとする作曲家に作品を委嘱してきました。 創設25周年を迎える作品に選ばれたのは「レクイエム」。イギリス生まれ、オルガニストと作曲家としてノルウェーで活動するアンドルー・スミス(1970-)に 作曲を依頼、少女合唱に管楽器の即興とオルガンを加えた作品が作られました。アルバム『光』は、この「レクイエム」と、その「エコー」ともいえるクライベ ルグの2つの作品で構成されています。 アンドルー・スミスの「レクイエム」は、カトリックの典礼文をベースに『聖書』の「子供」に関する部分をテクストに使い、グレゴリオ聖歌からインスピレーショ ンを得た素材で作曲されました。〈入祭唱〉、オルガン・ソロの〈祈り〉、〈キリエ〉、わが子イエスの死を嘆くマリアを歌う〈彼女は泣いている〉、〈若い殉教者た ちへの賛歌〉、王ヘロデの命令で殺されたラマの子供たちを悼むラケルの歌〈ラマの声〉、〈主は羊飼い〉〈サンクトゥス〉〈天国には〉。ECM レーベルの録音で知 られるジャズ・プレーヤー、作曲家でもあるトリグヴェ・サイム(1971-)がサックスの即興、ジャズ・ミュージシャンのストーレ・ストールロッケン(1969-) がオルガンを弾いています。 ストーレ・クライベルグ(1958-)の「愛に寄せる賛歌」は、『新約聖書』の「コリントの信徒への手紙 I』(13章1節-13節)をテクストとする「信仰と希望 と愛」の音楽です。「たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、わたしは騒がしいどら、やかましいシンバル……」(新共同訳)。大聖 堂のオルガニスト、ペトラ・ビョルクハウグ(1964-)が共演する「光」は、ノルウェーの抒情詩人、作家、心理学者、ヘルゲ・トルヴン(1951-)の言葉「The light you need exists/Lyset du treng finst(あなたの必要とする光は存在する)」をテクストに歌われます。この2曲は、2011年7月22日にオスロとウ トヤ島で起きた「ノルウェー連続テロ事件」で命を落とした若者たちを追悼するために作曲されました。 全作品を指揮する芸術監督、指揮者のアニタ・ブレーヴィク(1964-)は、1992年の創設から合唱団に関わり、2018、ノルウェー国王功労褒章を授与されました。 2015年の第58回グラミー賞の最優秀サラウンドサウンド・アルバムにノミネートされたトロンハイム・ソロイスツ共演の『マニフィカト』(2L106SABD)と 同じモッテン・リンドベルグの制作。録音はニーダロス大聖堂でのセッション。合唱団、オケ、ソリストがマイク・セッティングを囲む(サラウンド)配置で「DXD (24bit/352.8kHz) 録音」されています。さらに今話題のMQAを搭載(MQA再生には専用の機器が必要です。)、現在オーディオ界を賑わしている「Auro-3D」、 「Dolby Atoms」と「MQA-CD」をこのアルバムで同時に楽しむことができます。 (Ki)

Delphian
DCD-34211(1CD)
初回限定生産
レイトン&マルタン:二重合唱のためのミサ曲集
ケネス・レイトン:ミサ曲 Op.44
マルタン:二重合唱のためのミサ曲
ジャン・アラン:終課のための後奏
ジョゼフ・フォート(指)、
ロンドン・キングズ・カレッジcho
2014年10月に急逝したデイヴィッド・トレンデルの後任として、2015年9月に18世紀の音楽と舞踏の研究者としても名高いジョゼフ・フォートを音楽監督に迎えた名門ロンドン・キングズ・カレッジ合唱団。
ブラームスの「ドイツ・レクイエム」"英語歌唱版"(DCD 34195)の録音で話題を呼んだジョゼフ・フォート体制でのレコーディング第2弾は、全日本合唱コンクールなどでも度々演奏されてきた名曲、フランク・マルタンの「無伴奏二重合唱のためのミサ曲」。そして、反対にこれまで殆ど録音が行われていなかったケネス・レイトン(1929−1988/エディンバラを拠点に活動したイギリスの作曲家)の二重合唱とソリストのためのミサ曲をカップリング。英国有数のカレッジ聖歌隊の熱烈なパフォーマンスによって、20世紀を代表する二重合唱ミサと、知られざる二重合唱ミサの魅力やコントラストを雄弁に描きます。
Delphian
DCD-34222(1CD)
ジャクソン:主イエス・キリストの受難(世界初録音) ベンジャミン・ニコラス(指)、
オックスフォード・マートン・カレッジcho
オックスフォード・コンテンポラリー・シンフォニア、
エマ・トリング(S)、ガイ・カッティング(T)

録音:2018年6月24日−27日、マートン・カレッジ・チャペル(オックスフォード、イギリス)
英国合唱界の2人の名匠ベンジャミン・ニコラスとピーター・フィリップスの指導の下、瞬く間にオックスフォード大学の混声合唱団の代表的存在の1つとなったマートン・カレッジ合唱団。新録音は、ジョン・ラッター、ボブ・チルコットに並び、日本合唱界でも人気の高い英国領バミューダ諸島生まれのイギリス人作曲家、ガブリエル・ジャクソン。「主イエス・キリストの受難(The Passion of our Lord Jesus Christ)」は、マートン・カレッジの卒業生でもあるイギリスの詩人、劇作家のT.S.エリオットが、聖書や英語の詩歌、ラテン語の賛美歌などを織り交ぜて構成した詩に基づく作品。
長い間ガブリエル・ジャクソンとコラボレートしてきたベンジャミン・ニコラスとマートン・カレッジの合唱団によるガブリエル・ジャクソンの新作にご期待ください。BBCシンガーズや現代音楽ヴォーカル・アンサンブル「EXAUDI」のメンバーであり、イ・ファジョリーニやザ・シックスティーンにも参加したエマ・トリング、タリス・スコラーズ(2017年の来日公演にも参加)やマリアン・コンソート、ガブリエリ・コンソートのメンバーを務めるガイ・カッティングといった強力ソリストもポイント。

EM Records
EMRCD-053(1CD)
パリー:歌曲集
アナクレオンの3つのオード(世界初録音)
グッド・ナイト
Take, O Take Those Lips Away
ルーカスタへ
If Thou Would’st Ease Thine Heart
アルシアへ/なぜそんなに青ざめて
もう泣かないで/プラウド・メイジー
花輪を飾れ/ウェールズの子守歌
When Comes My Gwen
And Yet I Love Her Till I Die
ラヴ・イズ・ア・ベイブル
緑の木の下で
On A Time The Amorous Silvy
おお小鳥/ソネット第109番/眠り
冬の夕暮れ/木の中の挽歌
ぶどう/アルミダの庭/Dream Pedlary
ジェレミー・ヒュー・ウィリアムズ(Br)、
ポーラ・ファン(P)

録音:2018年1月11日−12日、アリゾナ大学、ジェフ・ハスケル録音スタジオ
ドビュッシー没後100周年の陰に隠れながらも、優れた録音や興味深いプログラムがいくつもリリースされてきたヒューバート・パリーの没後100周年。知られざるイギリス音楽に取り組むEM Recordsからは、世界初録音となる「アナクレオンの3つのオード」を含むパリーの歌曲集が登場。宗教音楽や合唱作品で人気を誇るパリーですが、初期から晩年まで一生を通して歌曲も書いており、ここではシェイクスピアを始めとするイギリスの詩を中心とした歌曲を、ウェールズのバリトン歌手、ジェレミー・ヒュー・ウィリアムズが歌います。
EM Records
EMRCD-049(1CD)
ホルスト&ダイソン:合唱作品集
ジョージ・ダイソン:勇気の3つの歌〔Valour、The Seekers#、Reveille#〕
ホルスト:ウェールズ民謡集〔Liss Lan、Green Grass、The Nightingale And Linnet、The Lively Pair〕
ダイソン:ラウズ、夜想曲*、
 トゥ・ミュージック、ザ・ムーン*、
 アイ・ラヴド・ア・ラス*
ホルスト:ラヴ・イズ・イナフ*、
 5つのパート・ソング集
ゴドウィンcho、
アレックス・デイヴァン・ウェルトン(指)、
エドワード・ヒューズ(指)、
マシュー・ジョリス(Org)


録音:2017年10月21日−22日、セント・ジュード・オン・ザ・ヒル教会(イギリス)
*=世界初録音
#=SATBバージョン世界初録音
ケンブリッジ大学の卒業生によって2014年に設立されたゴドウィン合唱団(Godwine Choir)。多様なレパートリーを誇りながらも、特に20世紀〜21世紀の英国音楽を得意としており、これまで見過ごされていながらも、力強さや美しさなど多彩な魅力を持つホルストとダイソンの合唱作品を歌います。


SOMM
ARIADNE-5000(2CD)
NX-C09
バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232

マタイ受難曲 BWV244-憐れみ給え、わが神よ*
昇天祭オラトリオ BWV11-ああ、留まりたまえ、わが最愛の命よ#
シュザンヌ・ダンコ(S)
キャスリーン・フェリアー(C.A)
ピーター・ピアーズ(T)
ブルース・ボイス(Br)
ノーマン・ウォーカー(Bs)
ダグラス・ムーア(Hrn)
チャールズ・スピンクス(Org)
ジョージ・マルコム(Cemb)
BBC合唱団
ボイド・ニールO
ジョルジェ・エネスコ(指)
キャスリーン・フェリアー(C.A)*#
マルコム・サージェント(指)*
ニュー・シンフォニー・オーケストラ*
レジナルド・ジェイクス(指)&O#

録音:1951年7月17日 Concert Hall, Broadcasting House,London, England, United Kingdom
1946年6月2日 Kingsway Hall, London, England, United Kingdom*
1949年1月11日 Kingsway Hall, London, England, United Kingdom#
BBCのオリジナル・アーカイブから復元された1951年7月17日のバッハ「ミサ曲 ロ短調」全曲。指揮者としてのエネスコ の本領が発揮された名演として知られています。現代のピリオド奏法とは全く違うロマンティックな表現からは時代の変 遷も感じさせてくれるでしょう。ダンコ、フェリアー、ビアーズと言った独唱者たちの顔ぶれにも注目。「憐み給え、わが神 よ」でのフェリアーの絶唱も聴きどころです。
SOMM
SOMMCD-212(1CD)
NX-B04
ブリテン:ノアの洪水 Op.59
キャロルの祭典 Op.28*
ベンジャミン・ラクソン(Br)
デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(Br)
キャサリン・ウィン=ロジャース(S)
ジェフリー・ダイボール(Hp)*
BBCコンサートOの首席奏者たち
フィンチリー児童cho*
ニコラス・ウィルクス(指)*

録音:1997年10月18-19日Haberdasher’s Aske’s Boy’s School, Elstree
1997年7月13日Church of All Saints,
London*
1957年に作曲されたブリテンの「ノアの洪水」は、旧約聖書の「ノアの箱舟」を基にした教会用の作品です。歌劇場で はなく、教会で一般の人々が演奏できるように、平易な技法が用いられているにもかかわらず、内容は深く、とりわけ純 粋な子供の声が物語を崇高なものにしています。このアルバムは作品の初演40年を記念した演奏会の模様が収録さ れています。
SOMM
SOMMCD-0140(1CD)
NX-B04
ハウエルズ:合唱作品集
雪の上を歩く/久しき昔
婚礼のための朝の歌
若きは喜び/わが前に
おお、救いのいけにえよ
ミサ・シネ・ノミネ「ドリア調のミサ曲」
祝福された聖母マリアへの4つのアンセム Op.9 めでたし女王
わが両目は美しい人に思い焦がれる
When first thine eies unveil 最初にあなたがしな/かったとき
死者へ/この日こそ
祝福された聖母マリアへの4つのアンセム Op.9 天の女王
.今こそ主よ、僕を去らせたまわん(ヌンク・ディミティス)
アンティフォナ
ポール・スパイサー(指)
バーミンガム音楽院室内cho

録音:2013年6月24-26日
イギリスのオルガニスト、作曲家ハウエルズの知られざる合唱作品集。若い頃はオルガンや管弦楽作品を書いていたハ ウエルズが、宗教音楽の分野に足を踏み入れたのは、1935年の息子の死がきっかけとされています。このアルバムに 収録されている一連の合唱曲は、ハウエルズが過去の作曲家、タリスやバードから強い影響を受けたことも示す、興味 深い作品群です。演奏しているのはオーディションを経て選考された24人の学生たちによるアンサンブル。近現代のイ ギリス合唱作品を得意としています。
SOMM
SOMMCD-213(1CD)
NX-B04
イギリス歌曲の一世紀 第1集
ウォルトン:ファサードの3つの歌
ブリテン:鳥たち
 波立たない湖の魚
 この島国で Op.11
ティペット(1905-1998):連作歌曲集「心の平和」
レノックス・バークリー(1903-1989):W.H.オーデンによる5つの詩 Op.53
ベネット(1936-2012):マジョリー・フレミングの花輪
サラ・レナード(S)
マルコム・マルティノー(P)

録音:1994年12月21-23日St. George's Brandon Hill, Bristol, United Kingdom
20世紀の始めから連綿と書き連ねられてきた英国歌曲の数々。このシリーズではブリテンやウォルトンなど良く知られた 作曲家から、ほとんど無名の作曲家まで、多数の曲を採り上げ演奏しています。第1集ではブリテンを中心にウォルトン やティペットなど、主として20世紀前半の歌曲が選ばれており、その多くは民謡風の旋律を持つ素朴なものです。名伴 奏者マルコム・マルティノーのピアノも聴きどころです。

MELODIYA
MEL-1002556(2CD)
NX-C07
ユーリ・ブツコ(1938-2015):作品集

(1「狂人日記」 バリトンと管弦楽のための、プロローグとエピローグの付いた2幕のモノ・ドラマ (1964)
(2)「ラクリモサ(涙の日)」 〜弦楽合奏のための (1982)
(3)「威圧的な天使、指揮官、守護者への聖歌(カノン)」 イヴァン4世のテキストにもとづくオラトリオ (2009)〜合唱、独唱者、二人のピアニスト、チェレスタ、パイプオルガン、とパーカッションのための
(1セルゲイ・ヤコヴェンコ(Br)
アルノルト・カッツ(指)
ノヴォシビルスクPO

(2)
ゲンナジー・チェルカーソフ(指)
モスクワ音楽院室内O
(3)
セルゲイ・スピリドノフ(T)
アントン・ザライエフ(Bs)
マリアンナ・ヴィソツカヤ(P)
アレクサンドル・クリコフ(P)
ユリア・チホノワ(チェレスタ)
マルガリータ・コロレヴァ(パイプオルガン)
アレクセイ・オルローフ(打楽器)
ニコライ・アンドリチュク(打楽器)
キリル・ヤコヴェンコ(打楽器)
スタニスラフ・カリーニン(指)
モスクワ音楽院cho

録音:(1) 1976年、(2)1988年11月21日モスクワ音楽院小ホール(ライヴ)、(3)2011年10月29日モスクワ音楽院大ホール(ライヴ)
ロシアの作曲家ユーリ・ブツコの生誕80年を記念した選集。彼はスタイルや影響を特定して語ることが難しく、体制に反することも社会主義リアリズムに頼ること もなく、アヴァンギャルドにも付かず離れず、数世紀に渡るロシア伝統の芸術を意識しながら彼独自の道を追求し続け、あらゆる趣向を取り込むと当時に真に ロシア的とも言える作品を作り上げました。オペラ、交響曲、合唱曲に室内楽と、様々なジャンルでその才能を開花させた彼ですが、このアルバムではその多彩 なパレットを垣間見ると同時に、作風の進化も体感できるものとなっています。彼の有名な作品の一つである「狂人日記」は、まだ音楽院の二年生であった 頃、ゴーゴリの悲劇的かつ奇抜なテキストに深い情熱で臨み書き上げたもので、発表された時には激しい批判に遭いましたが、彼が作曲家として成功を収め た後には、ロシアの古典的な名作に数え上げられるようになりました。室内交響曲第3番第3楽章である「ラクリモサ」は、ルイコフ一家(ソヴィエト政府を反宗教 的だと避け、山奥で40年以上も孤立した隠遁生活を送った家族)が1970年代に発見された時に大きな衝撃を受け、秘かに彼らへ捧げられたもの。「威圧 的な天使、指揮官、守護者への聖歌(カノン)」はブツコの最後の作品の一つで、正教会の聖歌・祈祷文の一つ「規定(カノン)」の名を付けられたオラトリオ。 恐怖政治で歴史に名を残す皇帝が晩年に囚われた悔恨についての、古いテキストが用いられています。
MELODIYA
MEL-1002557(1CD)
NX-B06
現代ロシアの合唱作品の系図Vol.1
ヴラディスラフ・アガフォンニコフ(1936-):
1.モスクワ音楽音150周年に寄せる頌歌 (詩:A.プーシキン)
ロディオン・シチェドリン(1932-):ロシアのことわざ
2.甘いものはついばまれ、苦いものはつばをかけられます。
3.神に罪深くない者は、皇帝へも罪を犯さない。
シルヴァニ・チャラーエフ(1936-):歌曲集「献呈」より (詩:M.レールモントフ)
4.No.6 祈り
5.No.7 山々の頂は(原詩:ゲーテ)
イェフレム・ポドガイツ(1949-):
6.己を慰めよ、わが魂よ… (詩:G.ファルコヴィチ/D.ポドガイツによるウクライナ語訳)
ヴァレリー・キクタ(1941-):
7.アンドレイ・ルブリョフの白昼夢
オレシア・イェフストラトヴァ
8.祈り (詩:K.R.)
セルゲイ・イェキモフ
9.聖アレクサンドル・ネフスキーへの讃歌より、コンタキオン
ローマン・レデニョフ(1930-):
10.秋は来ぬ (詩:A.プレシュチェーエフ)
ダヴィッド・クリヴィツキー
11.歌劇「ドクトル・ジバゴ」より、第2幕第7場への導入部 「秋」
ユーリ・イェフグラフォフ
12.愛と空について (詩:S.ロジン)
トリブホン・シャヒディ(1946-):
13-14.「自由な即興曲」 ソロ・ピアノと合唱のための 世界初演
クズマ・ボロドフ(1980-):
15.「グローリア」 合唱とピアノのための
タチアーナ・チュドヴァ(1944-):
16.「詩のトラム」 合唱のための協奏曲 (詩:Y.イェフツシェンコ)
ローラ・クヴィント(1953-):
17.観客 (詩:Y.イェフツシェンコ)
アレクサンドル・チャイコフスキー(1946-):
18.いけ好かない奴らと酒は飲めない (詩:A.ヴォロディン)
アレクサンドル・クレヴィツキー(1954-):
19.「トゥー=チャ」 無伴奏混声合唱のための演奏会用小品
エフゲニア・クリヴィツカヤ (Org)…1
エカテリーナ・メヘチナ (P)…13-15
アンドレイ・ヴィンニツキー (打楽器)…17,19
マリヤ・チェルマキナ (S)…3,10,12
ミハイル・コテルニコフ (T)…19
アレクサンドル・ソロヴィエフ (指)
モスクワ音楽院室内cho

録音:モスクワ音楽院、2012-2017年
2012年から2017年まで、モスクワ音楽院の各ホールで行われた同音楽院室内合唱団の演奏会より、主に宗教的あるいは教訓的なものを中心に、現代ロ シア合唱界で重要な作品ばかりを集めたアルバム。合唱のレパートリー拡大に努め、指導者としてこの合唱団を大きく育てたボリス・テヴリンが2012年に世を 去ったのち、その教え子であったアレクサンドル・ソロヴィエフが師の遺志を継いで、同時代の作曲家たちの作品を積極的に取り上げていきました。彼らの活動の 集大成として音楽院とメロディア・レーベルが共同企画し、ロシア作曲家協会の全面的サポートを得て、これまでにない規模で制作されるロシア現代合唱作品 アンソロジーの第1弾です。

H.M.F
HMM-932139(2CD)
再発売
マティアス・ゲルネ・シューベルト・エディション第6集
「白鳥の歌」D.957(「秋」D.945追補版) 
ピアノ・ソナタ第21番変ロ長調 D.960
マティアス・ゲルネ(Br)、
クリストフ・エッシェンバッハ(P)

録音:2010年2月、2011年1月、ベルリン
バリトン界屈指のリート歌手ゲルネと豪華な伴奏陣とのアンサンブルが好評のシューベルト・エディション。2007年より収録が開始され、2012年 にシリーズ完結、すでにボックス化もされ(HMX 2908750/ KKC 8663)、ロングセラーとなっております。「白鳥の歌」と、エッシェンバッハのソロ によるソナタ第21番をおさめた第6集が、単売で再発売となります(旧品番HMC 902139(廃盤))。 (Ki)

NORTHERN FLOWERS
NF/PMA-99126(1CD)
ヴァレーリー・ガヴリーリン(1939-1999):声楽交響詩「戦地からの手紙」*
劇場ディヴェルティメント(管弦楽の為の組曲;1969)+
交響的連作声楽曲「大地」)#
タイシヤ・カリンチェンコ(S)*
エドゥアルト・ヒル(Br)*
レニングラード放送児童cho*
レニングラードRSO(*/+)
スタニスラフ・ゴルコヴェンコ(指揮(*/+))
コーリャ・ヴィノグラードフ(ボーイソプラノ#)
キーラ・イゾトヴァ(S)#
レニングラード・グリンカ合唱学校少年cho#
レニングラード放送器楽アンサンブル#
フョードル・コズロフ(指)#

録音;1980年(+/#)、1983年*、カペラ・コンサート・ホール、レニングラード、ロシア、ソヴィエト ADD
原盤:Melodiya
ガヴリーリンは10歳で孤児院に送られ、音楽の才能を見出されてレニングラード音楽院で学んだソヴィエト・ロシアの作曲家。心臓発作により59歳で亡くなるまで、主にバレエ、歌劇、映画音楽、声楽曲の分野で多数の作品を書きました。連作歌曲「ロシアの手帳」(当レーベル、NF/PMA 9955 に収録)が比較的知られています。収録全曲が世界初録音にして現在唯一入手可能な音源です。

ATMA
ACD2-2779(1CD)
フォーレ:レクイエム Op.48
デュリュフレ:レクイエム Op.9
ジュリー・ボーリアン(Ms)
フィリップ・スライ(Br)
ル・プティ・シャンテール・ドゥ・モン・ロワイヤルcho
聖アンデレ&パウロ教会cho
エラナー・フレイ(Vc) ジョナサン・オルデンガーム(Org)
ジャン=セバスチャン・ヴァレ(指)

録音:2018年5月/ケベック
世界一美しいカップリングであるフォーレとデュリュフレのレクイエム。指揮者のジャン = セバスチャン・ヴァレのもと、モントリオール周辺の選りす ぐりの歌手が集まって結成された聖アンデレ&パウロ教会合唱団、また同教会のオルガニストであるジョナサン・オルデンガームらが神聖かつ平和な 祈りを聴かせます。幸せあふれる1枚。 (Ki)
ATMA
ACD2-3020(1CD)
フォーレ:歌曲選集
蝶と花 Op.1-1/私は口づけをしたから
船乗りたち Op.2-2/オーロラ
孤独 Op.3-1/シルヴィ Op.6-3
夢のあとで Op.7-1/舟歌 Op.7-3
川のほとりで Op.8-1
この世では Op.8-3/ネル Op.18-1
揺りかご Op.23-1/私たちの夢 Op.23-2
秘め事 Op.23-3/マドリガル Op.35
あけぼの Op.39-1
イスファーンのばら Op.39-4
夜曲 Op.43-2/贈り物 Op.46-1
月の光 Op.46-2/スプリーン Op.51-3
ヴォカリーズ・エチュード
ひそやかに Op.58-2
優しい歌 Op.61より第3曲
イヴの歌 Op.95より第5曲/金の涙 Op.72
消え去らぬ香り Op.76-1/牢獄 Op.83-1
9月の森で Op.85-1/沈黙の贈り物 Op.92
幻想の水平線 Op.118より第4曲
エレーヌ・ギュメット(S)
ジュリー・ブーリアンヌ(Ms)
アントニオ・フィゲロア(T) 
マルク・ブーシェ(Br)
オリヴィエ・ゴダン(1859年製エラールピアノ)

録音:2015年10月〜2017年9月
フォーレ時代のピアノとピッチで演奏された歌曲全集 4 枚組(ACD2-2741)からのセレクション盤。全曲録音からの抜粋だけあって幅広い作曲年代 と4 種の声域がバランスよく配置された選曲となっており、1枚でとりあえず楽しみたいという方には大変おすすめです。 (Ki)

Glossa
GCD-921126(1CD)

PGCD-921126(1CD)
国内盤仕様
税込定価
ブラームス:ドイツ・レクイエム キャロリン・サンプソン(S)、
アンドレ・モルシュ(Br)、
18世紀オーケストラ、
カペラ・アムステルダム、ダニエル・ロイス(指)

録音:2018年5月、デ・ドゥーレン(ロッテルダム、オランダ
「ポスト=ブリュッヘン時代」へと突入したピリオド・オーケストラのパイオニア、18世紀オーケストラの音楽創造の旅路。
前作ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」(PGCD 921124/GCD 921124)で、18世紀オーケストラのタクトを振ったオランダ古楽界の名匠ダニエル・ロイス。ポスト=ブリュッヘン時代のGlossa録音第2弾は、ブラームスの偉大な宗教作品「ドイツ・レクイエム」をレコーディング!
古楽、合唱シーンでその卓越した手腕を発揮するダニエル・ロイスと自身が芸術監督を務める世界有数の合唱団カペラ・アムステルダム。ソリストは、前作に引き続き参加となる古楽系ソプラノの最高峰キャロリン・サンプソン、そしてアムステルダムとハーグで学び、ウィリアム・クリスティのル・ジャルダン・デ・ヴォワのメンバーともなったドイツのバリトン、アンドレ・モルシュです。
ブリュッヘンが築いた18世紀オーケストラのサウンド、カペラ・アムステルダムの純度の高いハーモニーで、音色、解釈、テンポなど、ブラームス本来の意図に可能な限り近づけるよう試みた演奏です。

Lyrita
SRCD.371(1CDR)
ユージン・グーセンス:オラトリオ 「黙示録」 Op.64/G.77 メイヤー・フレッドマン(指)、シドニーSO、シドニー・フィルハーモニーcho、グラント・ディクソン(Bs)、グレゴリー・ユリシック(Br)、ロナルド・ダウド(T)、ナレル・タッピング(Ms)、ローリス・エルムス(C.A)、レイモンド・マクドナルド(T)

※録音(ライヴ):1982年11月13日、シドニー・オペラ・ハウス/ADD
ヨハネ黙示録からテキストがとられたオラトリオ「黙示録(アポカリプス)」(1949-54)は、グーセンスがシドニーSOの指揮などオーストラリアで活動していた頃の作品。
1982年にオーストラリア放送協会(ABC)の50周年記念イベントとしてシドニー・オペラ・ハウスで行われたライヴの録音。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。
Lyrita
SRCD.372(1CDR)
マスグレイヴ:フェニックス・ライジング
ネス湖 〜 スコットランドからのポストカード*
テノール,バリトンと4手ピアノのための歌曲集 「ポエッツ・イン・ラヴ」** (全曲世界初録音)
ウィリアム・ボートン(指)、
BBCウェールズ・ナショナルO、
ダニエル・トロッデン(Tub)*、
ネイサン・ヴェイル(T)**、
サイモン・ウォルフィッシュ(Br)**、
サイモン・キャラハン(第1ピアノ)**、
竹ノ内博明(第2ピアノ)**
知られざる英国音楽を発掘し続けているリリタ(Lyrita)の新録音。2018年で90歳となるシア・マスグレイヴ(1928−)は、60年間にわたって現代音楽の最前線に立ってきたスコットランド出身の女流作曲家。フェニックス(不死鳥)が蘇り灰の中から飛び立つ様子を描いた「フェニックス・ライジング」は、BBCの委嘱によって作曲され、アンドルー・デイヴィスに献呈、1998年にBBCSOによって初演された作品で、マスグレイヴのなかでももっとも色彩的で想像的な作品のひとつ。また、ネッシーで有名なネス湖を描いた管弦楽作品(テューバがネッシーを表現)や、サイモン・ウォルフィッシュ、サイモン・キャラハン、竹ノ内博明らが歌う歌曲集など、全曲が世界初録音。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

TYXart
TXA-18117(1CD)
ああ、帰り道がわかるなら… 〜童謡とおとぎの国の歌
<子供に戻って>
ムソルグスキー:乳母といっしょに、おやすみ前のお祈り/シューマン:眠りの精/ギーゼキング:ちいさな子守歌/R.シュトラウス:子守歌/ヴォルフ:ねずみとりのおまじない/ムソルグスキー:子猫マトロス/プーランク:Ba, Be, Bi, Bo, Bu、何てこと!/ギーゼキング:しずかに/バーバー:ヌヴォレッタ
<昔々の童話の中から>
シューマン:昔話の中から/リムスキー・コルサコフ:ニンフ/メンデルスゾーン:無言歌「信頼」/C・シューマン:ローレライ/シューマン:海の妖精/レーヴェ:ネック/ラフマニノフ:ここは素晴らしい場所
<ああ、翼があれば!>
シューベルト:月にさまよう人 / C・シューマン:さすらい人/ブラームス:野にひとり/シューベルト:月に寄せて、水の上で歌う/ヴォルフ:隠遁/シューマン:あこがれ/ブラームス:帰り道がわかるなら/シューマン:私の美しい星
カテリーナ・カスパー(S)
ヒルコ・ドゥムノ(P)

録音:2016年11・12月/バイエルン
子供時代に帰り、妖精の世界へ…というコンセプトで巧妙に選曲・構成した歌曲集です。こういったテーマにはロマン派の音楽がぴったり。あるいは 現代社会に生きる人々が忘れてしまった感覚がここにあるのかもしれません。ミリアム・ヘリン国際声楽コンクールなど数々のコンクールに入賞、フラ ンクフルト歌劇場と専属契約を結ぶなど世界各地で活躍するソプラノ、カテリーナ・カスパーの美しい歌唱に聴き惚れます。ファスベンダー、プレガルディ エンらのアルバムにも参加している伴奏のスペシャリスト、ヒルコ・ドゥムノの合いの手も見事で、コンセプトに負けない素敵な演奏です。 (Ki)

Challenge Classics
CC-72785(1CD)
シューマン:リーダークライス Op.24
グリーグ:6つの歌曲 Op.48、
 君を愛す Op.5-3
シベリウス:セレナード JS167、夢 Op.13-5、3月の雪の上のダイヤモンド Op.36-6、はじめての口づけ Op.37-1、それは夢だったのか? Op.37-4、逢引から帰ってきた少女 Op.37-5、夜に Op.38-3
ベルク:4つの歌 Op.2、私の両眼を閉じてください(第1作)
ラウル・ステファニ(Br)
ゲロルト・フーバー(P)

録音:2018年3月10-14日/オランダ、スキーダム
それぞれの作曲家が比較的初期に書いた歌曲を取り上げており、夢みるような音楽が並んでいます。ベルクの「私の両眼を閉じてください」はハ長 調の第1曲と、後年に12音技法を用いて書いた第2曲があり、前者を収録しています。
今作でCDデビューとなるラウル・ステファニは1992年生まれのオランダのバリトン。ハンプソン、ルートヴィヒ、アメリングといった名歌手のマスター クラスに参加、すでに新進気鋭の歌手として名を上げています。若き才能をじっくりとお聴きください。 (Ki)

Quintone
Q-1801(1CD)
オールド・ソングス・リサング
ベートーヴェン:アイルランドの歌
ラヴェル(フェルハイデン編):5つのギリシャ民謡
ブラームス:ドイツ民謡集 WoO.33、ピアノ三重奏曲第2番Op.87より アンダンテ・コン・モート
ベートーヴェン:スコットランドの歌 Op.108
バターワース(フェルハイデン編):「シュロップシャーの若者」より 6つの歌
伝承曲(フェルハイデン編):ダウン・バイ・ザ・サリー・ガーデンズ
マールテン・コニングスベルガー(Br)、
アトランティック・トリオ

録音:2018年6月、オランダ
オランダの名バリトン、マールテン・コニングスベルガーとアトランティック・トリオのコラボレーション。ベートーヴェン、ラヴェル、ブラームスら偉大な作曲家たちが書いた民謡を元にした歌曲集を歌う。

Signum Classics
SIGCD-563(1CD)
ウィル・トッド:パッション・ミュージック、ジャズ・ミサ・ブレヴィス
パッション・ミュージック/ゴッド・ソー・ラヴド・ザ・ワールド/アイ・アム・チェンジド/ジャズ・ミサ・ブレヴィス/タントゥム・エルゴ/ホワット・スウィーター・ミュージック
シャニーカ・サイモン(ヴォーカル)、
セント・マーティンズ・ヴォイセズ、
ウィル・トッド・アンサンブル、
ジョン・ターヴィル(P)、
ウィル・トッド(指,P)

録音:2018年4月&5月、イギリス
2006年にリリースされ、世界中で大ブレイクしたジャズ・ミサ「青のミサ(ミサ・イン・ブルー)」で知られる英国の作曲家、ウィル・トッド(b.1970)。「青のミサ」に続く、新たなジャズ・テイスト・アルバムがついに登場。
「パッション・ミュージック(受難の音楽)」は、2018年にセント・マーティン・イン・ザ・フィールズのために委嘱され、3月に世界初演されたばかりの作品。様々な受難の物語にスターバト・マーテルや「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」などのテキストが使われ、ジャズ、ソウル、ゴスペルの要素が盛り込まれた宗教作品。「ジャズ・ミサ・ブレヴィス」はデイヴィッド・プライスによってポーツマス大聖堂のために委嘱されたジャズ・スタイルのミサ・ブレヴィス(小ミサ曲)で、スウィング、アップビート・ラテン・グルーヴ、スムース・ジャズ・バラード、ソウルフルなど、様々なスタイルのジャズが取り入れられています。現代合唱界の話題必至、合唱関係者要注目です!



OMF
KCD-2064(1CD)
税込定価
金子美香/南天の花
花の街(詩:江間章子,曲:團伊玖磨)
お菓子と娘(詩:西條八十,曲:橋本國彦)
中国地方の子守唄(詩:岡山地方民謡,曲:山田耕筰)
桐の花(詩:三好達治,曲:中田喜直)
むこうむこう(詩:三井ふたばこ,曲:中田喜直)
さくら横ちょう(詩:加藤周一,曲:別宮貞雄)
花林(詩:杉浦伊作,曲:畑中良輔)
秘唱(詩:西條八十,曲:平井康三郎)
悲歌(詩:尼崎安四,曲:猪本隆)
小さな空 詩・曲:武満徹)
赤とんぼ(詩:三木露風,曲:山田耕筰)
ペィチカ(詩:北原白秋,曲:山田耕筰)
南天の花(詩:永井隆,曲:山田耕筰)
くちなし(詩:高野喜久雄,曲:田三郎)
ほおずき(詩:萩原朔太郎,曲:三善晃)
竹とんぼに(詩:岸田衿子,曲:木下牧子)
夕顔(詩:金子みすゞ,曲:木下牧子)
誰かがちいさなベルをおす(詩:やなせたかし,曲:木下牧子)
海と涙と私と(詩:やなせたかし,曲:木下牧子)
舟唄(詩:北原白秋,曲:團伊玖磨)
ふるさとの(詩:三木露風,曲:石桁 眞禮生)
よかった(詩:河野進,曲:川口耕平)
金子美香(Ms)
朴令鈴(P)

録音:2018年2月8日-9日
芳町文化会館(コピスみよし)
■アルバムに寄せて(金子美香)
2018年夏、私はバイロイト音楽祭に出演するという思いもよらない好機に恵まれました。指揮は三大テノールのプラシド・ドミンゴ氏。オファーがあった当初、夢のよ うな出来事に喜びつつも、あまりの大舞台に不安が募る日々を送りました。しかし実際にはとても温かい現場で、緊張しながらも本番を楽しんで歌うことが出来まし た。世界の名歌手たちが揃う舞台に並んだこと、ワーグナーからの歴史ある舞台に立てたことは、本当に夢のような素晴らしい体験となりました。 ところでバイロイトでは、観客が心からワーグナーの音楽を楽しみ、客席から笑いが起こる様子に驚きました。そこで感じた事は、その土地に根付いた音楽の力、言 葉の持つ力でした。そこにはやはりどうしても超えれない、「血」のようなものを感じざるを得ませんでした。そして帰国した今、私は改めて日本人の「血」を感じる音楽 を表現したい!と強く思うのです。 私が日本歌曲に本格的に取り組み始めたきっかけは、オペラ研修所での日本歌曲の講座でした。母国語であるはずの日本語なのにわからない言葉が多々あり、 詩の意味も十分に理解できず、自分の無知にとてもショックを受けたことです。私たち歌手は様々な国の言葉を学びますが、まず母国語の日本語を一番大切に 学んでいきたいと目覚めました。 素晴らしいパートナーである朴さんにも出会い、偉大な詩人や作曲家が生み出した美しい言葉と音を大切に、これまでたくさんの作品を共に探求してきました。彼 女はどこまでも言葉を大切に、言葉に寄り添う音を丁寧に創りだしてくれます。 今回は馴じみ深い作品も含め、特に大好きな詩の作品を選んでみました。今の私たちが表現できる音楽をお聴き頂けたら、これ以上幸せなことはありません。

■金子 美香(かねこ みか メゾ・ソプラノ)
東京音楽大学を首席で卒業後、同大学院を経てザルツブルグモーツァルテウム音楽院マスタークラスを修了。二期会オペラ研修所マスタークラス修了時、優秀賞 受賞。平成18年度文化庁新進芸術家国内研修員。第18回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位、第15回日仏声楽コンクール第2位及び日本歌曲賞を受 賞。平成24年度山口県芸術文化振興奨励賞を受賞。2008年東京二期会『ワルキューレ』グリムゲルデでデビュー。2009年二期会ニューウェーブ・オペラ『ウ リッセの帰還』ウリッセの妻ペネロペ、横須賀芸術劇場オペラ宅配便シリーズでは 2010年メノッティ『霊媒』ババ、2011年『泥棒とオールドミス』ミス・トッドと続けて 出演。2013年びわ湖ホール・神奈川県民ホール『ワルキューレ』シュヴェルトライテ、2016年新国立劇場『ワルキューレ』グリムゲルデ、仙台フィル『蝶々夫人』 (演奏会形式)スズキと着実に舞台を重ね、2017年新国立劇場『カルメン』メルセデス、日生劇場には、2017年『ルサルカ』森の 精3、2018年6月『魔笛』 侍女Vに出演。東京・春・音楽祭には2014年『ラインの黄金』(演奏会形式)フロスヒルデ、2015年『ワルキューレ』シュヴェルトライテ、2017年『神々の黄昏』 (演奏会形式)フロスヒルデ並びに第1のノルンを演じ、2018年夏にはバイロイト音楽祭『ワルキューレ』グリムゲルデに出演という快挙を成し遂げた。コンサートで も、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」等のソリストとして活躍、NHKニューイヤーオペラコンサートにも出演しています。二期会会員。

Relief
CR-3010(2CD)
ルドルフ・ショック
(1)シューベルト:竪琴に Op.56-2 / 夜と夢 Op.43-2 / さすらい人が月に寄せて Op.80 / 水の上で歌う Op.72
シューマン:献呈 Op.25-1 / ミルテの花 Op.25-7, Op.25-3
ブラームス:五月の夜 Op.43-2 / 日曜日 Op.47-3 / 野の寂しさ Op.86-2 / 帰郷 Op.7-6
ヴォルフ:隠棲 / 庭師 / アナクレオンの墓 / 盟友 / 郷愁
(2)シューマン:詩人の恋 Op.48(全16曲)
(3)モーツァルト:夕べの想い / クローエに / 春への憧れ
シューベルト:夕映えに / ミューズの息子 Op.92-1 / セレナーデ
ヴォルフ:職人の歌 / 秘めた愛 / 楽師 / ヴァイラの歌 / 鼠捕りの男
R.シュトラウス:森のしあわせ Op.49-1 / 若者の誓い Op.49-6 / 夜 Op.10-3 / ああ、不幸な私 Op.21-4
(4)R.シュトラウス:なつかしい面影 Op.48-1 / セレナード Op.17-2 / たそがれの夢 Op.29-1 /ひそやかな誘い Op.27-3/ あした Op.27-4 / 万霊節 Op.10-8 / 私の愛をだれに Op.32-1 / 献呈 Op.10-1
ルドルフ・ショック(T)
アドルフ・ストーチ(P)
(4)ヴィルヘルム・シュヒター(指)大オペレッタO

録音:(1)(3)1959年6・9月(ステレオ)、(2)1957年1月20・23日(モノラル)、(4)1957年11月29日・12月1日(ステレオ)
ドイツの名歌手、ルドルフ・ショック(1915-1986)の残したエレクトローラ、EMI録音からの復刻。自らの実力を大いに発揮した古典的プログラム で聴く者を虜にします。N響の常任指揮者としても名を知られる名匠シュヒターとの共演も収録。 (Ki)

QUERSTAND
VKJK-1803(1CD+BOOK)
ペーター・ヘルムート・ラング(b.1974): 室内カンタータ「...そして彼女は心の中で言葉を動かした」
プロローグ―天の女王/受胎告知
エリザベト訪問/イエスの誕生
三賢者の崇拝/寺院にて
ベツレヘムの幼児虐殺/逃亡
マリアの死/エピローグ―イエスの母マリア
辻井亜季穂(S)
アンサンブル・ディクス:
【アンドレアス・クノープ(Fl)
アルブレヒト・ピンクヴァルト(Ob,コールアングレ)
ヘンドリク・シュネーケ(バセットHr)
ロラント・シュレンブルク(Fg)】

録音: 2018 年1 月19-21 日 ドイツ,テューリンゲン州ゲーラ
ドイツの作曲家、ペーター・ヘルムート・ラングによるソプラノと管楽四重奏のための室内カンタ ータ集。ペーター・ヘルムート・ラングは 1974 年、バーデン=ヴュルテンベルク州ヘレンベルク の生まれ。このCD に収録されているのは、曲名で分かる通り聖母マリアの生涯を描いたもの。ド イツ,テューリンゲン州のゲーラ=ウンテルムハウスのマリア教会には美しい祭壇画や彫刻が多 数あり、ラングはそれに触発されて音楽を書いた。新古典主義的な穏やかで美しい作風です。 ソプラノ独唱は大坂出身のソプラノ、辻井亜季穂。辻井亜季穂は愛知県立芸術大学、同大学院 を卒業後、ドイツに留学、現在はアルテンベルク=ゲーラおよびヴュルツブルクの劇場と契約を 結んで活躍しています。アンサンブル・ディクスは、アルテンベルク=ゲーラ・フィルハーモニー管 弦楽団の木管楽器団員による木管四重奏団。ディクス(diX と綴っている)とは、同地生まれの画 家、オットー・ディクス(1891-1969)に由来しています。 マリア教会の様々な祭壇画や彫刻のカラー写真を収録した豪華なブックタイプ。

GENUIN
GEN-18616(1CD)
シューベルト:男声合唱曲全集第4集
春の歌 D740/苦しみは消え去った D88/鉱夫の歌 D268/水の上の精霊の歌 D538/人生は D269/ポンチの歌 D277/酒の歌「兄弟よ」D148/ポンチの歌、北国で歌うD253/酒の歌「友よ、輪になれ」 D75/ポンチに D492/自然の喜び D422/庵 D337/精霊の踊り D494/時の歩みは三倍に D69/墓 D330/墓掘り人の歌 D38/サンクトゥス D56/聖霊への讃歌 D948/詩篇第23 篇「主は私の牧人」 D706/サルヴェ・レジーナ D811/アレルヤ D71A/
信仰、希望、愛 D954
ヤン・シュマッハー(指)
カメラータ・ムジカ・リンブルク
クリストフ・プレガルディエン(T)
ティルマン・ホプストック(G)
アンドレアス・フレーゼ(P)
アンヅレアス・ヴェラー(T)
ゼバスティアン・コールヘップ(T)
イェンス・ハマン(Br)
アドルフ・ザイデル(B)

録音:2009年5月21-23日 グレフェネック、
2015年8月28-30日 フランクフルト・アム・マイン 、2017年2月17-19日、6月30日-7月2日、2018年5月31日-6月3日ディエツ
ヤン・シュマッハー指揮カメラータ・ムジカ・リンブルクによるシューベルトの男声合唱曲全集 の第4集。今回も聖俗どちらの曲もある。ちなみに3曲に用いられるポンチ Punschとはフルー ツ・ポンチ的なカクテル。 今回も名テノール、クリストフ・プレガルディエンが参加しています。

IBS CLASSICAL
IBS-12018(1CD)
ドヴォルザーク:歌曲集
4つの歌 Op.82
ジプシーの歌 Op.55
民謡風の歌曲 Op.73
聖書の歌 Op.9
マルタ・インファンテ(Ms)
ホルヘ・ロバイナ(P)

録音:2016年9月4-6日
1874年から1878年の間、若いドヴォルザークはオーストリア政府の国家奨学金の審査を受け、これを得ることに成 功しました。当時の彼の年収の2倍以上の高額でしたが、彼は結局5年間に渡り受けとれたため、心おきなく中央 ヨーロッパ音楽の伝統を学ぶことができたのです。とは言え、当時のウィーンがチェコ出身の作曲家に求めたのは「チェコ の音」であり、モラヴィア民謡やスラヴの民謡だったのです。このアルバムに収録されている多くの歌は民謡に由来して おり、なかでも「わが母の教え給いし歌」の郷愁溢れる旋律は日本でも広く愛される名曲です。かたや「聖書の歌」は ドヴォルザークがニューヨークで過ごした時期の作品。彼の友人たちや故郷の父親を思い作曲したとされる深い感情 表現に彩られた曲です。マルタ・インファンテの美しい声が魅力的な1枚です。
IBS CLASSICAL
IBS-152017(2CD)
NX-C01
トマス・マルコ(1942-)カンタータ「:ラ・デソラーダ」 マリナ・ロドリゲス=クージ(Ms)
エドゥアルド・サンタマリア(T)
マヌエル・ガリアーナ(ヴォーカル)
カンタブリア大学室内cho
グスタボ・ディアス=ヘレス(P)
ハビエル・ネグリン(P)
アントニオ・ドミンゴ(打楽器)
ペドロ・テラン(打楽器)
ホセ・ラモン・エンシナール(指)

録音:2017年8月16日 ライヴ
2015年にルチアーノ・ゴンザレス・サルミエント(長いキャリアを持つピアニストであると同時に詩人としても活躍)に よって書かれた詩的な文章をテキストに、トマス・マルコが作曲したカンタータ。内容は5つのエピソードで構成されてお り、荒廃した島で孤独に生きる人々が描かれています。物語は合唱、語り、メゾ・ソプラノとテノール独唱によって進め られます。複雑なプロットを包みこむかのようなピアノと打楽器の合いの手が聴きどころです。

Profil
PH-18029(2CD)
プライとベルガー夢のアルバム
Disc 1
(1)ヴォルフ:イタリア歌曲集(全46曲)
Disc 2
(2)シューマン:女の愛と生涯Op.42(全8曲)
(3)メンデルスゾーン:歌の翼にOp.34の2/挨拶Op.19の5
(4)レーヴェ:時計Op.123の3/詩人トムOp.135a
(5)ヴォルフ:散歩/郷愁
(6)シューベルト:セレナードD889/野ばらD257/「キプロス島のロザムンデ」D797〜ロマンツェ
(7)グリーグ:待ちながらOp.60の3/君を愛すOp.5の3
(8)ブラームス:4つの厳粛な歌Op.121
ヘルマン・プライ(Br)(1)の3-5、7-9、13、14、17-19、22、23、27、30、32-35、37、38、41、42、44、
(4)(5)(6)(7)(8)、
エルナ・ベルガー(S)(1)の1、2、6、10-12、15、16、20、21、24-26、28、29、31、36、39、40、43、45、46、
(2)(3)、
ギュンター・ヴァイセンボルン(1)、
エルンスト=ギュンター・シェルツァー(2)(3)、
ミヒャエル・ラウハイゼン(4)(5)(6)(D797 以外)、
ヘルベルト・ハイネマン(6) (D797) (7)、
マルティン・メルツァー(8)(以上ピアノ)

録音:1959年9月22-24日、11月9-10日(1)、1956年9月18、21日(2)、9月20日(3)、1952 / 53年(4)(5)、1953年4月22日(6)(D797以外)、1955年1月29日(6)(D797)(7)、1957年2月4日(8)
20世紀ドイツ声楽界を代表したエルナ・ベルガーとヘルマン・プライ(1929-1998)の貴重な音源を2枚にまとめました。ただし共 演ではなく、それぞれの独唱を満喫できます。エレクトローラ音源によるヴォルフの「イタリア歌曲集」は全46曲のうち24曲をプライが、22曲をベルガー が担当、至高の芸風を聴かせてくれます。名盤の誉れ高いものながら、初CD化となり大歓迎。
嬉しいのが、ベルガーの「詩人の恋」やメンデルスゾーンの「歌の翼に」を聴くことができること。さらにプライの20代前半の若々しい歌唱によるシュー ベルトの「セレナード」「野ばら」も新鮮。最晩年ブラームスの深い世界を描いた「4つの厳粛な歌」を28歳のプライが見事に表現しているのも聴きものです。 (Ki)

Etcetra
KTC-1639(1CD)
エルガー、マーラー、ワーグナー:歌曲集
エルガー:海の絵
マーラー:リュッケルト歌曲集
ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集
ルース・ヴィレムセ(Ms)、
ヴィタリー・スタヒエヴィチ(P)

録音:2018年7月16日−18日、オランダ
アムステルダム音楽院で学びプリンス・クラウス音楽院を卒業したオランダのメゾ・ソプラノ、ルース・ヴィレムセ。同じくアムステルダム音楽院で学び、2011年からはアムステルダム音楽院で講師も務めているベラルーシ出身のピアニスト、ヴィタリー・スタヒエヴィチ。2005年からデュオ・パートナーとしてオランダ全土とベラルーシ、そしてオランダとベラルーシの放送局で活動している二人によるエルガー、マーラー、ワーグナーの歌曲集。ヴィタリー・スタヒエヴィチは、ヴィム・ファン・ハッセルトの日本公演「聖夜のトランペット」(2017年)でも共演しています。

Diapason
DIAP-079(1CD)
初回限定生産
シューマン:歌曲集


(1)詩人の恋 Op.48
(2)君に捧ぐ Op.25-1
くるみの木 Op.25-3
(3)魂に近く Op.77-3
月に寄す Op.95-2
ぼくは樹々の下をさまよう Op.24-3
いとしい恋人、君の手を Op.24-4
ぼくの苦悩の美しいゆりかご Op.34-5
においすみれ Op.40-1
(4)カルタ占いの女 Op.31-2
(5)ローレライ Op.53-2
(6)セレナード Op.36-2
のばら Op.89-6
時は春 Op.79-23
(7)古いリュート Op.35-12
(8)哀れなペーター Op.53-3
あなたの顔は Op.127-2
(9)ズライカの歌 Op.25-9
ぼくの馬車はゆっくりと行く Op.142-4
(10)レクィエム Op.90-7
(1)ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)、ジェラルド・ムーア(P)
録音:1956年
(2)エリーザベト・グリュンマー(S)、ヒューゴー・ディーツ(P)
録音:1956年
(3)エルンスト・ヘフリガー(T)、ジャクリーヌ・ボノー(P)
録音:1959年
(4)エリーザベト・ヘンゲン(A)、ハンス・ジッパー(P)
録音:1946年
(5)ペーター・アンダース(T)、ミヒャエル・ラウハイゼン(P)
録音:1943年
(6)エリーザベト・シューマン(S)、ジョージ・リーヴス(P)
録音:1930年、1933年&1937年
(7)ロッテ・レーマン(S)、エルノ・バローグ(P)
録音:1937年
(8)イルムガルト・ゼーフリート(S)、エリック・ヴェルバ(P)
録音:1956年
(9)ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)、ヘルタ・クルスト(P)
録音:1957年
(10)クリスティーネ・シェーファー(S)、グレアム・ジョンソン(P)
録音:1995年
フィッシャー=ディースカウ、ヘフリガー、グリュンマーなど名歌手たちが歌う30年代から50年代にかけてのシューマンの名唱集。クリスティーネ・シェーファーとグレアム・ジョンソンの名コンビによる「レクィエム」がプログラムのラスト飾ります。 ※Diapasonレーベルのタイトルは初回限定生産のため、ご注文に対し十分な数量をご用意できない場合がございます。また、ライセンスに起因する突然の廃盤が発生する場合がございます。予めご了承下さい。

DACAPO
MAR-8.226128(1CD)
NX-B06
ポール・ロウシング・オルセン(1922-1982):惑星
A Dream in Violet すみれ色の夢 Op.82(1978)〜弦楽三重奏のための
The Planets 惑星 Op.80(1978)…世界初録音〜メゾ・ソプラノ、フルート、ヴィオラとギターのための
Rencontres 出会い Op.67(1970)…世界初録音〜パーカッションとチェロのための
ヴィオラ・ダモーレのための Op.66(1969)…世界初録音
アラパ・タラーナ Op.41(1959)…世界初録音〜メゾ・ソプラノとパーカッションのための
シーネ・アムスセン(S)
ウルラ・ミールマン(Fl)
ヘルゲ・スラート(Vn)
アネッテ・スラート(ヴィオラ、ヴィオラ・ダモーレ)
ジョナサン・スラート(Vc)
フレデリク・ムンク・ラーセン(G)
クリスティアン・マルティネス(パーカッション)

録音:2017年10月21-22日,11月3-4日
コペンハーゲンの王立音楽院で学び、パリでナディア・ブーランジェとメシアンに教えを受けた作曲家、ロウシング・オルセン。民 族音楽の研究者として知られる彼の作品は、どれも独自のイディオムを持ち、西洋と東洋の伝統要素が融合されていま す。このアルバムには、15世紀の木版本に基づく「惑星」をはじめ、彼の最後の作品となった「A Dream in Violet」など、 4曲の世界初録音を含む声楽と器楽のための作品が収録されています。 細密な色彩が施された中世の木版本からインスパイアされた「惑星」は、中世の惑星の名前を付された7つの曲で構成さ れた組曲。"誕生してから、変化し、新しいものへと置き換わる"人類の歴史への賛歌でもあり、金星と月は女性を示してい ます。「音楽を聴き手に近づけるために、できるだけ直接的に作曲することが私の夢です」と語ったオルセンの理想が描かれた 興味深い曲集です。
DACAPO
MAR-8.226140(1CD)
NX-B06
ニコライ・ヴォルサーエ(1980-):Wesenheit ab Wesenheit
Wesenheit ab Wesenheit(2011)〜声、パーカッション、クラリネットとコントラバスのための
WaWV(2014/2017改訂)〜ソプラノ、(Bs)クラリネット、パーカッション、コントラバスとエレクトロニクスのための
シ-ネ・アムスセン(S)
イェルク・マイヤー(声)
フィグラ(アンサンブル)

録音:2017年10月3-5日
世界初録音
デンマーク王立音楽大学でソレンセン、アブラハムセンといったデンマークを代表する作曲家たちから指導を受けた作曲家 ヴォルサーエ。活動の初期には古典的な楽器を用いた作品を書いていましたが、最近はエレクトロニクスを多用したモダンな 作風へと変化、ミュージック・コンクレート(日常的な音を素材とし、電子的な加工を加え再構成すること)の手法を用いた 一連の作品は、北欧内外で高く評価されています。このアルバムに収録された2つの作品は、1970年代にデンマークの刑 務所に収監されていたドイツの諜報員イェルク・マイヤーの詩からインスピレーションを受けたもの。この刑務所の牧師を務め ていた父を通じてマイヤーの詩を知ったヴォルサーエは、マイヤー自身の声も効果的に用いながら、その孤独な心境と思想を 最小限の楽器と歌で描き出しています。

Musique en Wallonie
MEW-1889(1CD)

NYCX-10023(1CD)
国内盤仕様
税込定価
「ザ・ピンク・レディ」 〜第一次大戦中のベルギー都市派音楽
アイヴァン・キャリル(本名フェリクス・マリー・アンリ・ティルキン 1861-1921)
ジョルジュ・ラウウェレインス(1884-1960)ウィレム=ヤン・パーンス(生歿年不詳)
イポリート・アッケルマンス(1886-1965)オーギュスト・エーヘリクス(生歿年不詳)
カール・マイ(生歿年不詳)エミール・シルー2世(生歿年不詳)

1.ラウウェレインス:ホリデイズ(休暇)〜アメリカ風行進曲(1914)
2.ラウウェレインス:恋の季節だ(『春のバレエ』より)〜ヴァルス・ラント(1919)
3.パーンス:褐色のワルツ〜ヴァルス・ラント(1914)
4.アッケルマンス:大幻想曲「不可解な魅力」作品160〜同題のオペレッタによる(1917)
5.エーへリクス&マイ:ラ・カノネット(砲手女子)〜舞曲(1915)
6.エーヘリクス:ジープ男爵殿〜笑劇歌(1917)
7.アッケルマンス:大幻想曲「女性弁護士」作品92〜同題のオペレッタによる(1917)
8.シルー2世:いとも麗しき参政権〜ニュー・ラグタイム(年代不詳)
9.アッケルマンス:ラ・サボティーヌ(オペレッタ『不可解な魅力』より)〜当世風刺歌(1917)
10.パーンス:それは在りし日のワルツ〜ヴァルス・ラント(1917)
11.ラウウェレインス:エル・オペラ・タンゴ〜タンゴ(1914)
12.キャリル:幻想曲「ザ・ピンク・レディ」〜同題のオペレッタによる(1911)
13.アッケルマンス:魔法のカブリオレ(軽馬車)〜個性的小品(年代不詳)
歌:ジョエル・シャルリエ (Ms)、マクシム・メルニーク(T)
ティヴォリ・バンド
[エリック・ロッベレヒト、ハンス・カンマールト、ヒセラ・カンマールト(Vn)、カミーユ・フェイェ=ピコー(Va)、ラファエル・フェイエ(Vc)
イェンス・シミロクス=タホン[2][10][11]、エリック・マトー(Cb)
アラン・バジョ (ピアノ / パリのプレイエル1843年製オリジナル)]

エレーヌ・ラガディティス[4-7][12-13]、マリー・ラガディティス(Fl)
デインフナ・ファンデンアベーレ(Ob)
ヘールト・バーケラント[1-7][12-13]
ジャン=フィリップ・ポンサン(Cl)
ダニエル・ドムスティエ(バスーン)
マルク・ド・ヴレース(Tp)
ジャン=ミシェル・モナール(ドラムス)
エリック・マトー(コントラバス&総指揮)

録音:2017年12月、ヘント(ベルギー)、ミレイ音楽堂
【国内盤】解説日本語訳・補筆、歌詞日本語訳:白沢達生
このアルバムのリリースからちょうど100年遡った1918年11月は、4年以上におよぶ膠着状態で多くの犠牲者を出してしまった第一次大戦がついに休戦協定 を迎えた月。2014年から欧州各地で展開がみられた第一次大戦前後の芸術を再検討するプロジェクト「1914−1918」にとくに熱心だったのは、ドイツ対フ ランスの戦役のさなか国土荒廃にさらされたベルギーでした。イザイやジョンゲンをはじめ、大戦で疎開を余儀なくされたことで実績をあげた作曲家たち、あるいは 戦火の犠牲となってキャリアを中断されてしまった作曲家たちの復権に力をあげてきたフランス語圏ベルギーのレーベルMusique en Wallonieはいま、企画の 最終年を飾るにふさわしく「大戦期間中のベルギー」に着目、20世紀初頭までに欧州随一の文化大国となっていたはずの自国が大いに荒れてゆくのを横目 に、たくましく人々の心に潤いをもたらしつづけた音楽家たちの偉業を世に問うアルバムを制作。音楽院的クラシック王道とはやや一線を画した、サティやシェー ンベルクらを育てた大都市圏ならではの音楽世界を「いま」に甦らせるのは、コープマン、ヘレヴェッヘ、ドンブレヒトら古楽先進地オランダ&ベルギーを代表する 指揮者たちが絶大な信頼を置いてきた古楽系コントラバス奏者エリック・マトー率いるサロン楽団。1843年製プレイエル・ピアノのまわりに集う室内楽の名手た ちが、ソプラノとテノールの甘い歌を交え、ワルツやラグなど「ジャズ前夜」のヨーロピアン・サウンドを艶やかに、本場奏者ならではの共感とともに甦らせてゆきます。 国内仕様盤は詳細解説・歌詞日本語訳付。ドビュッシーやラヴェル、R.シュトラウスやシェーンベルク:、プロコフィエフなど同時代の周辺諸国の作曲家たちとの 比較も面白そうな1枚と言えるのではないでしょうか。

CPO
CPO-555236(1CD)
NX-B02
「Oh, Christmas Tree!」-おお、クリスマスツリー!

1.クリスマス・ソング(Chestnuts Roasting on an Open Fire はぜる焼き栗)
2. Wie soll ich dich empfangen どのようにお迎えしましょうか?
3.Little Drummer Boy リトル・ドラマー・ボーイ
4.Lieb'Nachtigall, wach auf 愛しいうぐいすよ、目覚めよ
5.Kommet,ihr Hirten 来たれ、羊飼いらよ
6.Let it Snow! 雪よ降れ!
7.Es wird scho glei dumpa もうすぐ夜に
8.Ich steh an deiner Krippen hier まぶねのかたえにわれは立ちて
9.O Holy Night オー、ホーリーナイト
10.Zu Bethlehem geboren ベツレヘムに生まれたもう
11.O magnum mysterium おお、大いなる神秘
12.Quem vidistis pastores dicite .羊飼い達よ、汝ら見たものを語れ
13.Videntes stellam 星をみて
14.Hodie Christus natus est 今日キリストはお生まれになった
15.Freu dich, Erd und Sternenzelt 喜べ、大地と満天の星よ
16.Oh Christmas Tree - O Tannenbaum もみの木
17.Wir singen Dir in Deinem Heer み使いとともに
18.Rudolph the red-nosed Reindeer 赤鼻のトナカイ
19.Brich an, o schones Morgenlicht 輝き出よ、おお、美しいあかつきよ
20.Have yourself a merry little Christmas ささやかにクリスマスをお祝いしよう
ジングフォニカー(ヴォーカル・アンサンブル)
【メンバー】
ヨハネス・オイラー(C.T)
ダニエル・シュライバー(T)
ヘニング・イェンセン(T)
ミヒャエル・マンタイ(Bs-Br)
クリスティアン・シュミット(Bs)
ベルノ・シャルプフ(P)

録音:2018年1月15-16日,2月10-11日
クリスマスのひと時、それは喧噪であったり冥想であったり。この神聖かつ喜ばしい時にふさわしい音楽は、やはり美しい ハーモニー。ドイツを代表するヴォーカル・アンサンブル“ジングフォニカー”はルネサンス期から現代のポップスまで見事に歌 いこなすことで知られ、このアルバムでも伝統的な民謡にはじまり、バッハ作品や有名な「オー、ホーリーナイト」、プーラン クの静かなモテットなど独自のアレンジを施した色とりどりのクリスマス曲を披露しています。カウンターテナーで歌われる 「赤鼻のトナカイ」も聴きどころで、楽しい一夜をお約束します。

ALBANY
TROY-1743(2CD)
「ヴォカリスムス」
ハービソン:ヴォカリスム,ロリン・ニーデッカーの7 つの詩
プリモシュ:天体とワルツを踊る,3 つの民俗聖歌,影の記憶,聖なる確固たる人
クロジアー:ウォルターズのための歌曲集―歴史の子羊,ビザンチウム,エミリー・ディキンソンの 4 つの詩,虹が来て去る,そして、日の光が,アフター・ソング,荒々しい白い太陽の炎
ロレム:別の眠り3
メアリー・マッケンジー(S)
ハイディ・ルイーズ・ウィリアムス(P)

録音:2004年 米国 フロリダ州 タラハシー
米国の作曲家によるソプラノの歌曲集。ジェイムズ・プリモシュとダニエル・クロジアーの作品が中心となっています。 メアリー・マッケンジーは、米国の同時代の歌曲を積極的に歌い高く評価されているソプラノ。

H.M.F
HMM-902260(1CD)
「動物寓意譚〜動物がテーマの歌曲集」
ラロ:ひばりの歌(ラプラード詩)
ラヴェル:くじゃく、こおろぎ、白鳥(『博物誌』より/ジュール・ルナール詩)
プーランク:らくだ、チベットのヤギ、イナゴ、イルカ、ザリガニ、鯉(『動物詩集(あるいはオルフェの行列)』(全6曲)/アポリネール詩)
ドビュッシー:小さな羊飼、ジャンボ(象)のララバイ(『子供の領分』より)(ピアノソロ)
フォーレ:「蝶と花」(2つの歌op.1より/ヴィクトル・ユゴー詩)
セヴラック:ふくろう(2つのメロディより/シャルル・ボードレール詩)
シャブリエ:小さなあひるのヴィラネル、蝉(ロズモンド・ジェラール詩)
イベール::白い小さなろば(『物語』より)(ピアノソロ)
サティ:青銅の像、ダフェネオ(伊達男)、シャプリエ(帽子屋)
ロッシーニ:2匹の猫の滑稽な二重唱
オッフェンバック:からすときつね(ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ詩)
アーン:リラの葉陰のナイチンゲール(レオポール・ドーフィン詩)
ビゼー:てんとう虫(ヴィクトル・ユゴー詩)
ショーソン:蜂雀(ルコント・ド・リール詩)
ポーリーヌ・ヴィアルド(1821-1910):小鳥 VWV 4021(ショパンのマズルカ第47番op.68-2の編)(ルイ・ポメイ詩)
ジャック・イベール::金の亀を使う女(『物語』より)(ピアノソロ)
シャブリエ:赤い豚の牧歌、太った七面鳥のバラード(エドモンド・ロスタン詩)
ゾフィー・カルトホイザー(S)
ユージ ン・アスティ(P)

録音:2016 年 9月14-18日、テルデックス・スタジオ・ベルリン
今をときめくソプラノのカルトホイザー。その混じりけのない美しい声でモーツァルト作品はもとより幅広いレパートリーでヨーロッパでひっぱりだこの 活躍を見せています。彼女が今回とりあげたのは動物をテーマにした歌曲集。まず彼女の美しい歌声にあらためて驚かされ、それから動物にインスピレー ションを受けた詩人や作曲家たちによる、イメージ豊かな世界を堪能できる1枚です。ロッシーニの猫の二重唱での、ドミニク・ヴィスの芝居っけたっぷ りの猫はさすが。本物のネコが録音に紛れ込んだのかと思わされるほどです。挟み込まれたピアノソロでのアスティの非常に端正な演奏も好感がもてます。 (Ki)

H.M.F
HMM-905305(1CD)
クリスマスにまつわる作品集
バード(c.1540-1623):O magnum mysterium
A. ピーコック(b. 1962):Venite, Gaudete!
ロデリック・ウィリアムズ(b.1965):O Adonai, et Dux domus Israel
ユディト・ウェイア(b.1954):Drop down, ye heavens, from above
トマス・タリス(c.1505-1585):Videte miraculum
作曲者不明(中世):Coventry Carol
リチャード・アラン(b. 1965)編)):Coventry Carol
作曲者不明(中世):Nova, nova
ジェームス・マクミラン(b.1959):Nova! Nova! Ave fit ex Eva
ジョン・ラター(b.1945):Suzi’s Carol*(ORA委嘱作・世界初録音)
ジェイミー・W.ホール(b. 1983):As I lay upon a night
作曲者不明(中世):There is no rose
ベン・ロワース(b.1992):There is no rose
トマス・ハイド(b.1978):Sweet was the song
作曲者不明(中世):Now may we singen
セシリア・マクドウォル(b.1951):Now may we singen
フレデリク・シクステン(b.1962):Mary’s Lullaby (Silent Night)
スティーヴン・サメツ(b.1954):Gaudete
モルテン・ラウリセン(b.1943):O magnum mysterium
ORAシンガーズ(指揮&芸術監督:スージー・ディグビー)

録音:2017年1月23-28日、2017年8月7-12日、ロンドン
2014年に設立された声楽アンサンブルグループ、ORA。現代は、ルネッサンス時代に匹敵する合唱音楽の黄金期である、と考える彼らは、ルネッサンス、 および現代の合唱作品を演奏・録音しています。英国で合唱指揮者としてならすスージー・ディグビーのタクトのもと、中世から現代までの、クリスマス にまつわる作品を収録しました。 (Ki)

ACCENTUS Music
ACC-70446DVD
(2DVD)
「アダムの受難」ライヴ&ドキュメンタリーBOX

■DVD1
アルヴォ・ペルト:アダムの受難
[ 音楽:アダムの嘆き/タブラ・ラサ/ミゼレーレ/ゼクエンティア ]

■DVD2
失楽園〜アルヴォ・ペルト/ロバート・ウィルソン(ドキュメンタリー)
■DVD1
トヌ・カリユステ(指)タリンCO
エストニア・フィル室内cho
出演:ミハイリス・セオファヌス、ルシンダ・チャイルズ
音楽監督:ロバート・ウィルソン
映像監督:アンディ・ゾンマー
収録:2015年5月12日/ノブレッスナー・ファウンドリ(タリン)
■DVD2
監督:ギュンター・アッテルン

画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
字幕:独英仏韓,日本語
リージョン:All
総収録時間:149 ‘41
エストニア出身のアルヴォ・ペルト。東方教会の典礼音楽やルネサンス音楽などの影響を受け、簡素な和声と反復によって深遠さを極めていく「ティンティ ナブリ様式」を1970年代に確立、現代音楽の世界に一大旋風を巻き起こしました。この映像はペルト80歳を記念して2015年に制作され、アメリカ の演出家ロバート・ウィルソンと共同で創作した「アダムの受難」の制作過程を収めた貴重なドキュメンタリー「失楽園」。そして、故郷エストニアのタリ ンで上演された「アダムの受難」のライヴ映像を収録した2枚組。「アダムの受難」は、彼の代表作3篇「アダムの嘆き」(2011)、「タブラ・ラサ」(1977)、 「ミゼレーレ」(1989)に、この企画のために書き下ろされた最新作「ゼクエンティア」を加え、光、空間、運動を持ちこんで、瞑想的な秘儀の世界を作 り上げます。ペルトとロバート・ウィルソンというふたりの偉大な芸術家が相照らしながら、密度の濃いマルチメディア芸術を実現しています。
ACCENTUS Music
ACC-60477BD
(3Bluray)

ACC-70477DVD
(4DVD)
聖トーマス教会合唱団〜ドキュメンタリーと名演集


■BD1/DVD1
ドキュメンタリー『ライプツィヒ聖トーマス教会少年合唱団の1年』

【ボーナストラック】
バッハ:マタイ受難曲BWV244より
来たれ、娘たちよ、われとともに嘆け
神よ、あわれみたまえ・・・


■BD2/DVD2,3
バッハ:マタイ受難曲BWV244

■BD3/DVD4
バッハ:ミサ曲ロ短調BWV.232
■BD1/DVD1
映像監督:ポール・スマツニー、ギュンター・アッテルン
出演:ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団,聖トーマス教会合唱団
教育責任者:ローラント・ワイゼ
聖トーマス教会音楽監督:ゲオルグ・クリストフ・ビラー、ほか
■BD2/DVD2,3
クリスティーナ・ランズハマー(S)
シュテファン・カーレ(カウンターテノール)
ウォルフラム・ラットケ(T)
マルティン・ラットケ(T)
クラウス・メルテンス(Bs)
ゴットホルト・シュヴァルツ(Bs)
ライプツィヒ聖トーマス教会少年合唱団
ライプツィヒ・ゲヴァントハウスO
ゲオルグ・クリストフ・ビラー(指)
収録:2012年4月5-6日,ライプツィヒ、聖トーマス教会(ライヴ)
監督:ミカエル・ベイヤー 製作:ポール・スマツニー
■BD3/DVD4
レグリント・ビューラー(S)
スザンネ・クルムビーゲル(Ms)
スザンネ・ラングナー(A)
マルティン・ラトケ(T)
マルクス・フライク(Bs)
ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団
フライブルク・バロック・オーケストラ
ゲオルク・クリストフ・ビラー(指)
収録:2013年6月23日ライプツィヒ、聖トーマス教会(ライヴ)

◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS-MA5.1
字幕:BD1:英仏西韓,日本語、BD2:独英仏韓、BD3:羅英韓
リージョン:All
総収録時間:391’ 40
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
字幕:DVD1:英仏西韓,日本語、DVD2&3:独英仏韓、DVD4:羅英韓
リージョン:All
総収録時間:391’ 40
1212年に創設された世界で最も歴史ある少年合唱団である聖トーマス教会合唱団の名演映像ボックス。創立800年を記念して制作されたドキュメ ンタリー映像『ライプツィヒ聖トーマス教会少年合唱団の1年』。2012年のフィルム・フェスティヴァルでは各賞を受賞した名作。新入生のオーディショ ンからレッスンやリハーサルに追われる音楽漬けの日々、しかし学校に通い、勉学に励み、友人と笑い合い、スポーツに夢中になる姿からは、年相応の愛 らしい一面も垣間見える興味深い内容となっています。そして800周年記念として聖トーマス教会で行われた「マタイ受難曲」のライヴ映像。そして翌 2013年のライプツィヒ・バッハフェスティヴァルのクロージング・コンサートの模様が収められています。800年間に渡って歌い継がれてきた彼らの伝統 の重さをひしひしと感じる映像集となっています。 (Ki)

LAWO Classics
LWC-1157(1CD)
マーラー:歌曲集
歌曲集 「リュッケルトによる5つの歌曲」〔1.私の歌をのぞき見しないで、2.私は快い香りを吸いこんだ、3.私はこの世に捨てられて、4.真夜中に、5.美しさをあなたが愛するなら〕
歌曲集 「亡き子をしのぶ歌」〔1.いま太陽は輝き昇る、2.なぜそんなに暗い眼差しなのか, 今にしてよくわかる、3.おまえのお母さんが戸口から入ってくるとき、4.ふと思う, あの子たちはちょっと出かけただけなのだと、5.こんな嵐に
歌曲集 「さすらう若人の歌」〔1.恋人の婚礼のとき、2.けさ野辺を歩けば、3.私の胸の中には燃える剣が、4.恋人の青い目〕
マリアンネ・ベアーテ・キーラント(Ms)、
ニルス・アンデシュ・モッテンセン(P)

録音:2016年1月4日−6日、ソフィエンベルグ教会(オスロ、ノルウェー)/Recorded in DXD 24bit/352.8kHz
Lawo Classicsの主力アーティストの1人であり、鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパンとの定期的な共演でも知られるノルウェーの名メゾ・ソプラノ歌手、マリアンネ・ベアーテ・キーラント(マリアンネ・ベアーテ・シェラン)。『モーツァルトをささやいて(Whispering Mozart)』(LWC1111)につづくLAWO Classics第8作。マーラーのもっとも重要な3つの歌曲集を、作曲者自身の編曲によるピアノ共演版で歌っています。これまでのアルバムで彼女と共演してきたニルス・アンデシュ・モッテンセンのピアノ。テクストになったリュッケルトとマーラーの詩に共通して漂うテーマ「孤独(Einsamkeit)」がアルバム・タイトルにとられました。

Signum Classics
SIGCD-535(1CD)
アドヴェント・ライヴ
ブリテン:聖コルンバの祈り
ジェームズ・バートン:明日はわたしが踊る日
ヴォーン・ウィリアムズ(クリストファー・ロビンソン編):天から送られた真実
イアン・ショウ:アダムは囚われ横たわり*
伝承曲(スティーヴン・クリーバリー編):さくらんぼのキャロル
ジェームズ・ロング:目覚めていよ*
パレストリーナ:人が神より遣わされぬ
ギボンズ
:これはジョンの記録
マルコム・アーチャー:シナノキのキャロル*
ジョン・ジュベア:かくも気高きバラはない
ティム・ワッツ:ザ・バース・オヴ・スピーチ*
バスクのキャロル(エドガー・ペットマン編):大天使ガブリエルが天からやってきた
フランシス・ジャクソン:わたしはその花を知っている
アラン・ブラード:幼児キリストに栄光あれ
ポール・コモー:世の光
イアン・ショウ:わたしは乙女について歌う*
伝承曲(デイヴィッド・ウィルコックス編):明日はわたしが踊る日
ジュディス・ビンガム:ザ・クラウデッド・ヘヴン
デイヴィッド・ベドナル:ノエ・ノエ
ケンブリッジ・セント・ジョンズ・カレッジcho
アンドルー・ネスシンガ(指)

録音:2014年〜2017年、セント・ジョンズ・カレッジ礼拝堂(ケンブリッジ、イギリス)
*=世界初録音
1670年代から礼拝での役目を担うなど歴史と伝統を誇り、現在では世界屈指のカレッジ聖歌隊として知られるケンブリッジ・セント・ジョンズ・カレッジ合唱団(聖歌隊)と、2007年の音楽監督就任後、数多くの名演を共に創り上げてきたアンドルー・ネスシンガ。ケンブリッジ・セント・ジョンズ・カレッジ合唱団のクリスマス・アルバムは、ほぼ毎年BBCラジオ3で放送されている彼らのアドヴェント・サーヴィスの中から、2014年〜2017年までに行われたのライヴを収録。伝統的なキャロルやパレストリーナ、ギボンズらのルネサンスの聖歌、ブリテンやヴォーン・ウィリアムズら近代英国の讃歌を入れつつ、ジュディス・ビンガムやデイヴィッド・ベドナル、ジョン・ジュベアなど、現代のリーディング・コンポーザーたちの作品(そのうち5曲は世界初録音)を中心にした、セント・ジョンズ・カレッジならではのプログラムです。
Signum Classics
SIGCD-562(1CD)
レスト・ウィ・フォーゲット
スタンフォード:見よ、わたしは興す
ベイントン:新しい天と新しい地を見た
パリー:砂州を超えて
アイアランド:これより大きな愛はない
ハウエルズ:狂詩曲第3番嬰ハ短調 Op.17(オルガン・ソロ)
スコルフィールド:この日も暮れゆきて
エルガー:私たちはそれらを覚えている
パリー
:古き信仰あり
ホルスト:立ち戻れ、人よ
スタンフォード:ヴェルダン(ソナタ第2番 「エロイカ」より)
アストン:コモンウェルスへ身体を捧げた
ホルスト:我は汝に誓う、我が祖国よ
アイアランド:テ・デウム ヘ長調
チチェスター大聖堂聖歌隊、
チャールズ・ハリソン((指)オルガン・ソロ)、
ティモシー・ラヴァルド(オルガン伴奏)

録音:2018年6月、チチェスター大聖堂(イギリス)
約900年という長い歴史を持つサセックス州のチチェスター大聖堂で、年間約300回の演奏を行っているチチェスター大聖堂聖歌隊。
2018年の第一次世界大戦終戦100周年を記念したアルバム、「レスト・ウィ・フォーゲット(戦没者の死を私たちは忘れない)」は、スタンフォード、アイアランド、パリー、エルガー、ハウエルズら近代イギリスを代表する作曲家たちの戦争と平和をテーマにした作品集。
ホルストが「木星」のテーマに歌詞を付け、戦没者追悼の歌として親しまれている「我は汝に誓う、我が祖国よ(I vow to thee, my country)」も収録。
14人の少年聖歌隊による美しいトレブルと、6人のプロのミュージシャンによるアルト、テノール、バスで、決して忘れてはならない戦争の惨禍と平和への祈りが歌われます。

Resonus
RES-10224(1CD)
NX-B05
雪の女王たち
ケリー・アンドリュー(1978-):Apples, Plums, Cherries りんご、プラム、さくらんぼ
デイヴィッド・ブレスリン(1980-):Verdandi ヴェルダンディ
デイヴィッド・ランカスター(1960-):Confound Winter 冬のいさかい
アンナ・スノウ(1980-):Lully, lulla リュリ・リュラ(コヴェントリー・キャロル)
バンジャマン・タッシー(1987-):Sun 太陽
タリク・オレガン(1978-):Tell Me 私に話して
フィル・マグワイア(1989-):/SOUCH/DRON/HUM
伝承曲(ケリー・アンドリュー編):Hollyberry Song ホーリーベリーの歌(太陽の日のキャロル)
トーマス・カンピオン(1567-1620)(サラ・ダケイ編):Cold Nights Freeze Me Dead 凍える夜は私を凍らせる
クリス・ワーナー(1976-):Blow, blow thou winter wind 吹け、吹け、冬の風
ビリー・エド・ウィーラー(1932-)/サラ・ダケイ(1979-):Winter Sky 冬の空
アリソン・ウィリーズ(1971-):The Ballad of the Harp-Weaver ハープをつま弾く人のバラード
エミリー・ホール(1978-):4.05
伝承曲(サラ・ダケイ編):Down in Yon Forest
バーナード・ヒューズ(1974-):The Winter It Is Past 過去の冬
サイモン・スペア(1962-):Christmas in England イングランドのクリスマス
アメリカ伝承曲:Shine Like a Star in The Morning 暁の星のように輝く
ジュース・ヴォーカル・アンサンブル
【メンバー】
アンナ・スノウ(S)
サラ・ダケイ(S)
ケリー・アンドリュー(A)

録音:2017年7月26-28日,2018年1月17日北ヨークシャー シェルバーン,セント・ヒルダ教会
現代作品の実験的な演奏で知られる女声ヴォーカル・アンサンブル「ジュース・ヴォーカル・アンサンブル」。BBC Radio4 の"Woman's Hour"をはじめ、BBC Radio 3、Classic FMの番組に定期的に出演、イギリスで高い人気を獲得し ている3人組グループです。このresonusレーベル初参加のアルバムは、冬にまつわる曲をあつめたユニークな1枚で、クラ シック、ジャズ、民謡、即興などジャンルを超えた作品が収録されており、彼女たちが模索する音を楽しむことができます。 メンバーによる自作や編曲を含む様々な作品からは神秘的かつ、前衛的な香気が漂っています。癒し系のヴォーカル作 品としてもオススメです。

DIVINE ART
DDA-25173(1CD)
NX-B07
ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ(1940-):レクイエム「ロシアで長く苦しむ殉教者たち」 イェレナ・ブリルヨーヴァ(S)
インナ・ポリアンスカヤ(S)
リューボフ・シャルニナ(S)
アレクセイ・マルティヨノフ(T)
ミハイル・ランスコイ(Br)
アンドレイ・アゾフスキ(Boy-S)
オレグ・ヤンチェンコ(Org)
スヴェシュニコフ少年cho
ドミトリー・キタエンコ(指)
モスクワPO

録音:1988年
20世紀ロシアに生まれ、目覚ましい活躍をした作曲家アルチョーモフ。MELODIYAに録音されたライヴ音源を DIVINEARTレーベルが復刻。その偉業を改めて讃えるというシリーズの第7弾は、彼の代表作の一つ「レクイエム」 です。マーラーやメシアンを思わせる色彩的なオーケストレーション、ロシア風の重厚な和声、壮麗な合唱を伴うこの 作品は、ロシアの殉教者たちに捧げられており、“ロシア人が書いた最初のレクイエム”であるとされています。全編エキ サイティングでありながら、哀しみと癒しも漂う美しい作品です。キタエンコら初演者たちによる演奏です。

METIER
MSV-28567(1CD)
NX-B07
20世紀後半から現代までの歌曲集
ハインツ・ホリガー(1939-):村のモティーフ:4つのバガテル
ヴォルフガンク・リーム(1952-):3つのヘルダーリン歌曲
マイケル・フィニッシー(1946-):ここは私の庭
【Hier ist mein Garten/Hinten im Winkel des Gartens】
ホリガー:5つのミレヴァ歌曲集
デイヴィッド・レッサー(1966-):ドリッテ・トラクル-ムジーク
ホリガー:クリスティアン・モルゲンステルンの詩による6つの歌曲
クレア・レッサー(S)
デイヴィッド・レッサー(P)

録音:2016年7月,2017年1月.6月
現代歌曲を得意とするソプラノ、クレア・レッサーが歌う近現代歌曲集。ピアニストである彼女の夫デイヴィッドととも に、彼女たちがインスピレーションを受けたというホリガー、リーム、フィニッシーの3人の作品と、デイヴィッド自身の曲を1 曲が歌われています。控え目なヴィヴラートと正確な音程、見事なテクニックを駆使して歌われる無調、十二音の歌 曲はさながら「調性を顧みることのない自然界の鳥の歌」のように、聴き手の心に直接刺激を与えます。

ANALEKTA
AN-29261(1CD)
新しいユダヤの音楽 Vol.1〜アズリエリ音楽賞
ブライアン・カレント:テノール独唱、合唱とSOのための 「セヴン・ヘヴンリー・ホールズ」
ウラド・マルフレツ:クレズマー・クラリネット協奏曲
ルーカス・フォス:ソプラノと管弦楽のための 「ソング・オヴ・ソングス(ソロモンの雅歌)」
スティーヴン・マーキュリオ(指)、
チェコ・ナショナルSO、
シャロン・アズリエリ(S)、
デヴィッドクラカウアー(Cl)、
リチャード・トロクセル(T)

録音:2017年9月
2018年で25周年を迎えるチェコ・ナショナルSO(チェコ国立SO)による新シリーズ、「新しいユダヤの音楽」がスタート。 カナダのソプラノ歌手でもあるシャロン・アズリエリが創設したアズリエリ財団によるユダヤ音楽のための作曲コンクール「アズリエリ音楽賞(THE AZRIELI MUSIC PRIZES)」の受賞者、ブライアン・カレント(2016 Azrieli Commission受賞)、ウラド・マルフレツ(2016 Azrieli Prize受賞)の作品と、1947年にボストンSOが初演したルーカス・フォスの「ソング・オヴ・ソングス」を収録。多彩な奏法や軽快なリズムが楽しい「クレズマー・クラリネット協奏曲」はクラリネットや管楽器関係者、ワールドミュージック愛好家なども要注目です。

ANALEKTA
AN-29540(1CD)
バッハ:カンタータ第21番
カンタータ第120番「神よ、讃美はシオンにて静けく汝に上がり」より Heil und Segen
カンタータ第21番「わがうちに憂いは満ちぬ」
カンタータ第76番「天は神の栄光を語る」より Liebt, ihr Christen, in der Tat!
ベツレヘム・バッハcho
バッハ祝祭O、
グレッグ・ファンフゲルド(指)、
カサンドラ・ルモワーヌ(S)、
ローサ・ラモロー(S)、
ダニエル・テイラー(C.T)、
ベンジャミン・バターフィールド(T)、
ウィリアム・シャープ(Br)

録音:2018年5月13日−16日、アメリカ
2018年で創立120周年を迎えるという、アメリカでもっとも歴史の古いバッハ・クワイア、ベツレヘム・バッハ合唱団。全米でのコンサートやペンシルバニア州で行われるベツレヘム・バッハ・フェスティヴァルで人気を博してきたバッハのカンタータ。今回も、ダニエル・テイラーなど、実力派のソリストが参加。

ANALEKTA
AN-29541(1CD)
ヘンデル:聖セシリアの日のための頌歌 ベツレヘム・バッハcho
バッハ祝祭O、
グレッグ・ファンフゲルド(指)、
カサンドラ・ルモワーヌ(S)、
ベンジャミン・バターフィールド(T)

録音:2018年5月13日−16日、アメリカ
2018年で創立120周年を迎えるという、アメリカでもっとも歴史の古いバッハ・クワイア、ベツレヘム・バッハ合唱団。ヘンデルが1739年に作曲した、音楽家の守護聖人「聖セシリア(聖チェチーリア)」を祝う、華やかで美しいオードを歌う。

SUPRAPHON
SU-4244(1CD)
ヨーロッパ各国のクリスマス・キャロル集
1ヨーロッパ伝統のクリスマス・ソング
1.Maria durch ein Dornwald ging(ドイツ)/2.Dormi, dormi, bel bambin(イタリア)/3.Gesu bambin l'e nato(イタリア)/4.Adeste fideles「神のみ子は今宵しも」(J.F.Wade)/5.Stille Nacht, heilige Nacht「きよしこの夜」(F.X.Gruber / J.Mohr)/6.Joseph, lieber Joseph mein(ドイツ)/7.Les anges dans nos campagnes(フランス)/8.Lulaj?e Jezuniu(ポーランド)/9.Nu is die roe(ベルギー)/10.Ding! Dong! / Bim! Bam!(イングランド)/11.Nar juldagsmorgon(スウェーデン)/12.De herdertjes lagen bij nachte(オランダ)/13.Ihr klare Seraphim(スイス)/14.Good King Wenceslas(イングランド)

ボヘミアの讃美歌からのクリスマス・ソング
15.Hudba pro ?as Vanoc(Mat?j Vaclav ?teyer)/16.Zv?stujem vam radost(Mat?j Vaclav ?teyer)/17.B?h se nyni narodil(Ji?i T?anovsk)/18.Chtic, aby spal / Vano?ni noc(Adam Vaclav Michna z Otradovic)/19.Otce nebeskeho(Mat?j Vaclav ?teyer)/20.Nu?, and?li?kove(Mat?j Vaclav ?teyer, Jan Josef Bo?an)/21.Vesele vano?ni hody(Mat?j Vaclav ?teyer)/22.D??atko se narodilo(Mat?j Vaclav ?teyer)/23.Raduj se v?ecko stvo?eni(Mat?j Vaclav ?teyer)

ボヘミアとモラヴィアのクリスマス・キャロル
24.Vano?ni intermezzo/25.Jozef, muj kochany/26.Ej, posly?te kamaradi/27.Poslechn?te lide/28.Dej vam Pan B?h dobrej den/29.Radujte se pta?atka/30.Hle, hle, tamhle v Betlem?
ダグマル・ペツコヴァー(Ms)、
ヤロスラフ・クルチェク(指)、
ムジカ・ボヘミカ、他

録音:2018年3月1-4日/ドモヴィナ・スタジオ(プラハ)
スプラフォン・レーベルでもおなじみの名唱ダグマル・ペツコヴァーによるクリスマス・キャロル集。ドイツ、イタリア、イングランドなどヨーロッパのク リスマス・ソングからボヘミアの讃美歌からのクリスマス・ソング、そしてボヘミアとモラヴィアのクリスマス・キャロルまで、全 30 曲をおさめております。 もちろんクリスマスといえばの「きよしこの夜」や「神のみ子は今宵しも」も収録しております!温かみのあるペツコヴァーの歌声で聴くクリスマスにまる わる作品をお楽しみください。 (Ki)

BR KLASSIK
BR-900523(1CD)
NX-B05
バッハ:モテット集
主に向かって新しき歌を歌え BWV225
聖霊はわれらの弱きを助けたもう BWV226
イエス、わが喜び BWV227
われ汝とともにあり BWV228
来たれ、イエス、来たれ BWV229
マックス・ハンフト(Org)
ギュンター・ホルツハウゼン(Vn)
ハワード・アーマン(指)
バイエルン放送cho

録音:2017年11月15-18日,2018年3月17日
ミュンヘン、バイエルン放送、ヘルクレスザール
バッハのモテットはライプツィヒのカントルに就任した最初の年、1723年から作曲されましたが、現在残存してい る作品は10曲未満。その中には偽作も含まれているため、実際には恐らく5曲、もしくは6曲が真作とされてい ます。カンタータが200曲以上書かれたことに比べると、モテットの数は本当に少なく感じられます。もともとモテッ トというジャンルは、宗教曲に限られていたわけではありませんが、17世紀頃には「宗教的な歌詞による声楽 曲」として使われ、やがて衰退していきました。とは言え、バッハの時代にはまだ教会でモテットが歌われていました が、これらは主に流布していた歌曲集が用いられたため新作を書く必要がなく、それよりも、バッハは新しいカン タータを作曲することが求められていたようです。そのため、バッハのモテットはプライヴェートのために書かれたと推 測されており、そのどれもが複雑な声部を持ち、多くはアカペラ(無伴奏)で歌われます。しかし最近では楽器を 用いる演奏も多く、このアルバムではオルガンとヴァイオリンが効果的に用いられています。ヨーロッパの合唱団に とって、バッハのモテットを歌うことは大いなる喜びであり、ここでも全ての曲がアーマンの指揮のもと、バイエルン放 送合唱団によって高らかに歌い上げられています。
BR KLASSIK
BR-900521(1CD)
NX-B05
クリスマス名曲集
1.ランドル・アラン・バス(1953-):グローリア
2.メンデルスゾーン:天には栄え
3.ベルリオーズ:「キリストの幼時」より「羊飼いたちの聖家族への別れ」
4.プッチーニ:子守歌「すてきな金の夢」
5.ラフマニノフ:「徹夜祷」より「アヴェ・マリア」
6.レビコフ(1866-1920):おとぎ話「クリスマスの木」-大管弦楽のための組曲より「ワルツ」
7.カルピンスキ(1741-1825):ポーランドのクリスマス・ソング「Bog sie? rodzi 神がお生まれになった」
8.ギリシャのクリスマス・キャロル「Kalin esperan archontes」
9.伝承曲:マリアはみどり子を授かった
10.ベネズエラのクリスマス・キャロル「Adorar al nino」
11.アイレンベルク(1848-1927):ギャロップ「ペテルブルクの橇の旅」 Op.57
12.伝承曲「甘き喜びのうちに」
13.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
14.ヘンデル:オラトリオ「マカベウスのユダ」HWV63-シオンの娘よ、喜べ
15.ヴィヴァルディ:グローリア ニ長調-いと高きところに神の栄光あれ
16.アダン(1803-1856):オー、ホーリーナイト
17.メイソン(1792-1872):もろびとこぞりて
チェン・レイス(S)…4.10.16
ハワード・アーマン(指)
バイエルン放送cho…1-3.5.7-9.12-15.17
ミュンヘン放送O…1-4.6-11.13-17

録音:2017年10月9-13日ミュンヘン、バイエルン放送 第1スタジオ…1-3.5-9.11-15.17
2016年11月26日ドイツ、ヒルポルトシュタイン市教区教会
…4.10.16

ハワード・アーマン編曲…2.4.7-10.12.14.16.17
ヨーロッパのクリスマス・キャロルと言えば、中世の教会賛美歌、子供の歌、牧歌的な題材、ルター派の讃美歌 のお祝いの歌、ゴスペルからポップスまで数多く存在します。またそのレパートリーは膨大で、毎年新しい作品が 生まれています。グラーツの市内中心部にある「新しいクリスマス・キャロル」をとりまとめるオフィスでは、25年以上 前から忘れられたメロディを復活させたり、テキストを復刻したりと、クリスマスに関する情報を提供しています。こ のアルバムも知られざるキャロルが満載。ギリシャ、ポーランド、ドイツの伝承曲から、アダンの「オー、ホーリーナイ ト」まで、清冽なソプラノを伴う曲や、アーマン自身による楽しいアレンジが施された曲まで、魅力的な作品が並 ぶオススメの1枚です。

FIRST HAND RECORDS
FHR-66(2CD)
イザベル・アブルケル:歌曲集
[CD1]フランス語、[CD2]英語
ジュリア・コーガン(S)
イザベル・アブルケル(P)

録音:2017年8月8-10、12-15日
フランスの作曲家、イザベル・アブルケルの80歳を記念したアルバム。高齢ながらピアニストとしても参加しています。CD1にフランス語による歌曲 集を収録しており、CD2には同じ作品の英語バージョンを収録しています。20世紀フランスの美しい音楽です。 (Ki)

NAXOS
NAXOS-2.110581(DVD)
NX-C09

NBD-0080V(Bluray)
NX-C09
ハイドン:「天地創造」 ガブリエル/エヴァ…マリ・エリクスモーン(S)
ラファエル/アダム…ダニエル・シュムッツハルト(Br)
ウリエル…マルティン・ミッタールッツナー(T)
ロランス・エキルベイ(指)
アクサンチュス
インスラ・オーケストラ
【ステージ・プロダクション】
ラ・フラ・デルス・バウス-カルルス・パドリッサ
イザベル・スラール(ビデオ・ディレクター)
収録 2017年5月12日
フランス、セガン島 ラ・セーヌ・ミュージカル オー
ディトリアム

日本語字幕あり
収録時間:138分
音声:ドイツ語歌唱
ステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
ステレオ2.0/dts-HD
マスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・ドイツ語・英語・フランス語・韓国語
画面:16:9
REGION All(Code:0 DVD)
A.B.C(Blu-ray)
DVD…片面2層ディスク
Blu-ray・・・2層 50GB 1080i
1796年から1798年に作曲されたオラトリオ「天地創造」。2度目のロンドン滞在を終えてウィーンに戻った64歳のハイドンに、興行主J.P.ザロモンが作曲を依頼。旧約 聖書の「創世記」とミルトンの「失楽園」のテキストをもとにハイドンの友人で理解者であるスヴィーデン男爵が制作した台本を用いて、2年の年月を経て完成された大作 です。 作品は3つの部分で構成され、第1部は「天地創造」の第1日目から第4日目まで、第2部は第5日、第6日、そして第3部では神によって創造された人間であるアダム とエヴァの姿が描かれています。ハイドンはそれまでに培ってきた宗教音楽のノウハウと、数々の歌劇での経験を生かし、このオラトリオに極めてスケールの大きな音楽を付 けています。色彩豊かなオーケストラの響きで世界が出来上がっていく様子を克明に表現し、独唱者たちの美しいアリアがこれを彩ります。 ハイドンの最高傑作と呼ぶにふさわしいこの作品に取り組むのは、合唱音楽の権威で、先ごろ自身のオーケストラ「インスラ・オーケストラ」を立ち上げた女性指揮者ロラン ス・エキルベイ。今作ではヴォーカル・アンサンブル「アクサンチュス」の指揮はマルク・コロヴィッチに委ね、自身はインスラ・オーケストラを含む全体の統括に当たっています。 オーケストラ、合唱、そしてソリストが一体となった素晴らしい演奏に加え、ドラマティックなストーリーを実際に体感させるために登場するのが、前衛的な演出で知られるカ タロニアの「ラ・フラ・デルス・バウス」のパフォーマンスです。巨大な装置、プロジェクションマッピング、映像、照明などを駆使した強烈で衝撃的な舞台は、21世紀における 新たな『創世記』となることでしょう。

Avie
AV-2396(1CD)
シュガーローフ山のクリスマス
クロスロードのクリスマス・イヴ/ケルティック・メモリーズ(古いアイルランドのクリスマス・イヴ)/キャロリング・アクロス・ザ・ウォーターズ/アパラチアのクリスマスの朝/ワンダラーズ・アンダー・ザ・スカイ/クリスマス・バーン・ダンス
アポロズ・ファイア、ジャネット・ソレル(指)、
アマンダ・パウエル(S)、ロス・ホーク(T)、
ジェフリー・ストラウス(Br)、
アポロズ・シンガーズ、アポロズ・ミュゼッツ

録音:2017年12月5日−9日&2018年7月28日、クリーヴランド
アムステルダムでグスタフ・レオンハルト、アメリカでロジャー・ノリントン、レナード・バーンスタインに師事した才女ジャネット・ソレルとアメリカ、クリーヴランドのバロック・オーケストラ、アポロズ・ファイア。
ケルト、セファルディ、アパラチアなど民族音楽的要素とのクロスオーバー・プログラムでも人気を博すアポロズ・ファイアの最新クリスマス・アルバムは、スコットランドやアイルランド系移民のルーツを持つアパラチア地方のクリスマス音楽!アイルランド、スコットランド、ニュー・イングランド、ブリテン島、ゲール、アパラチアの民謡やキャロル、伝統音楽を、フィドル、中世ハープ、ダルシマー、バグパイプなどを加えた古楽アンサンブルと合唱で贈ります。

ABC Classics
ABC-4816826(1CD)
私はあなたの横に歩く
伝承曲(ツイスト&ローター編):ラグラン通り
マイヤーズ(バクルンチェフ編):彼女は美しかった
トモアナ(バクルンチェフ編):ホエア・ラ
伝承曲(ローター編):ボタニー湾
マレイ(ツイスト編):私はあなたの横に歩く
ジェームズ:我々とともに
ウッド(ローター編):ピカルディのバラ
チャイコフスキー(バクルンチェフ編):ただあこがれを知る者だけが
伝承曲(ローター編):深い河
伝承曲(バクルンチェフ編):クレツマーの踊り
ドヴォルザーク(ローター編):家路
伝承曲(バクルンチェフ編):エリスケイの恋歌
伝承曲(ローター編):シュティル・シュティル・シュティル
ロウリー(バクルンチェフ編):まもなくかなたの
シューベルト:君は安らぎ
伝承曲(バクルンチェフ編):ポ・アタラウ
伝承曲(ツイスト編):シェナンドー
伝承曲(ツイスト&ローター編):ロッホ・ローモンド
テディ・タフ・ローズ(Bs-Br)、
サザン・クロス・ソロイスツ、
カリン・シャープ(G)

録音:2018年1月29日−2月3日、ABCスタジオ(ブリスベン、オーストラリア
キャスリーン・フェリアー賞、ARIAミュージック・アワードの受賞、カーネギー・ホールへのデビューなど、着実にキャリアを重ね、現在のオーストラリアにおける有数のバリトン歌手として高い人気を誇るテディ・タフ・ローズ。ABC-Classicsでの初となるソロ・アルバムは、オーストラリア、スコットランド、ドイツ、アメリカなどの伝承曲、そしてニュージーランドのマオリ族の音楽など、世界各地の歌が集められた情感あふれる美しいプログラムです。
ABC Classics
ABC-4816820(1CD)
ウィッチズ
ホーナー:ガーデン・オヴ・マジック
ニューリー:ピュア・イマジネーション
アンダーソン=ロペス:レット・イット・ゴー
ロジャース:愛のかけ違い
ホーキンズ:アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー
ローウェ:メイク・ヒム・マイン
アンダーソン=ロペス:とびら開けて
リー・ロビンソン:プリンセス
ソンドハイム:チルドレン・ウィル・リッスン
スチュワート:ウィズ・ユー
ソンドハイム:ラスト・ミッドナイト
シュワルツ:ポピュラー
シュワルツ:フォー・グッド
シュワルツ:重力を無視して
アーレン:虹の彼方に
ヘレン・ダリモア(ヴォーカル)、
ルーシー・ドゥラック(ヴォーカル)、
アマンダ・ハリソン(ヴォーカル)、
ジェマ・リックス(ヴォーカル)、
サイモン・グリーソン(ヴォーカル)、
ビヴァーリー・ケネディ(ピアノ&チェレスタ)、
クライヴ・レンディッチ(G)、
ジェイミー・カストリソス(ドラムス&打楽器)、
デイヴィッド・ストラットン(ダブルベース)、
ケリー・ディッカーソン(指)、
オペラ・オーストラリアO

録音:2017年−2018年
「ウィッチズ(Witches)」は、ブロードウェイ・ミュージカルの「ウィケッド」でグリンダ役を演じたヘレン・ダリモアをはじめとするオーストラリアの人気舞台女優4人のアンサンブルが映画やミュージカルの音楽やディズニー音楽を歌うプロジェクト。マシュー・リー・ロブソンの「プリンセス」は世界初録音。

Delphian
DCD-34197(1CD)
クリスマスの讃歌〜ベルリオーズからドビュッシーまで クリスマスのためのフランス音楽
アダン:クリスマスの讃歌
ベルリオーズ:キリストの幼時より〔聖家族への羊飼いたちの別れ、O mon ame〕
伝承曲(フォーレ編):この子こそ神さまのみ子
グノー:ノエル
サン=サーンス:クリスマス・オラトリオより〔Domine, ego credidi、アレルヤ〕
伝承曲(ロケ編):40の古いクリスマスの歌より〔Nous voici dans la ville、Quelle est cette odeur agreable ?、Quittez, pasteurs、Noel nouvelet〕
フランク(ノワイヨン編):馬槽の聖母
ドビュッシー:もう家の無い子のクリスマス
ギルマン:幼な子イエスの心
マスネ:雪
トンベル:クリスマスの村より〔C’est aujourd’hui、Dans les cieux regne l’allegresse〕
伝承曲(フォーレ編):子どもたちの降誕祭
伝承曲(グノー編):ポルトガルの賛歌(神のみ子は今宵しも)
ケンブリッジ・ゴンヴィル&キーズ・カレッジcho
ジェフリー・ウェッバー(指)

録音:2018年4月4日−6日、オックスフォード大学エクセター・カレッジ礼拝堂
中世、ルネサンスから近現代、そして南米ブラジルやアイルランドのケルトなど、驚異的なレパートリーの広さと安定感のあるハーモニーが魅力のケンブリッジ・ゴンヴィル&キーズ・カレッジ合唱団。
珍しい作品の探求でも評判を高めてきたゴンヴィル&キーズ・カレッジ合唱団のクリスマス・アルバムは、フランスがテーマ。オックスフォード大学エクセター・カレッジ礼拝堂のフランス風オルガンを伴奏に、ベルリオーズからドビュッシーまで、フォーレやグノーがアレンジした伝承曲やサン=サーンスのクリスマス・オラトリオなど美しいフランスのクリスマス音楽を歌います。
Delphian
DCD-34207(1CD)
リチャード・アラン:合唱作品集
パーフェクト・フレンド*/ノリッチ・サーヴィス/もし音楽が愛の糧であるなら*/カナの客/賢者の贈り物*/ビラヴド*/ようこそ, すべての奇跡よ*/O Day-spring/見よ天の御母の奇跡を/チチェスターの聖リチャードの祈り/Don't you weep when I am gone/神がわがこうべにあらんことを*/主に叫ぼう* (*=世界初録音)
ベンジャミン・ニコラス(指)、
オックスフォード・マートン・カレッジcho

録音:2017年6月26日−28日、マートン・カレッジ・チャペル(オックスフォード、イギリス)
英国合唱界の2人の名匠ベンジャミン・ニコラスとピーター・フィリップスの指導の下、瞬く間にオックスフォード大学の混声合唱団の代表的存在の1つとなったマートン・カレッジ合唱団。創設10周年を迎えたマートン・カレッジ合唱団のDelphian7枚目のアルバムは、劇場、器楽、宗教合唱、歌曲、子どものための音楽など幅広いスタイルの作品を書き、BBCのラジオ2、3、4のために音楽を作っているイギリスの作曲家、リチャード・アラン(b.1965)の合唱作品集。
Delphian
DCD-34216(1CD)
ロビン・ホロウェイ:ザ・ラヴァーズ・ウェル
十二支の歌/エドモンド・ウォーラーの詩への3つの歌/童謡となぞなぞメドレー/ピアノ4手のためのモンサルヴァトの思い出/ザ・ラヴァーズ・ウェル/ザ・フード・オヴ・ラヴ(全曲世界初録音)
クレア・ロイド=グリフィス(S)、
ケイト・シモンズ=ジョイ(Ms)、
ジェームズ・ロビンソン(T)、
サイモン・ウォルフィッシュ(Br)、
エドワード・ラシュトン(P)、
ウィリアム・ヴァン(P)
ケンブリッジ大学で長らく作曲の教授を務め、Spectator誌へのコラム執筆なども行い、教師、作家、作曲家として活躍するロビン・ホロウェイ(b.1943)。生誕75周年となるロビン・ホロウェイの、全曲初録音となるソング・アルバム。バリトン歌手のサイモン・ウォルフィッシュは、父はチェリストのラファエル・ウォルフィッシュ、母はバロック・ヴァイオリニストのエリザベス・ウォルフィッシュというサラブレッド。

ORFEO DOR
C-952182DR
NX-D04
ハイドン:オラトリオ「トビアの帰還」Hob.XX:1 ラファエル…セン・グオ(S)
サラ…ヴァレンティナ・ファルカス(S)
アンナ…アン・ハレンベリ(A)
トビア…マウロ・ペーター(T)
トビト…ルーベン・ドロール(Bs)
ニコラウス・アーノンクール(指)
ラ・シンティッラO
チェンバロ:シュテファン・ゴットフリート
アルノルト・シェーンベルクcho

録音:2013年8月19日 ザルツブルク音楽祭
2013年、アーノンクールがザルツブルク音楽祭に出演した際、演奏したのはハイドンのオラトリオでした。「四季」は ウィーン・フィル、「天地創造」はコンツェントゥス・ムジクス、このラ・シンティッラO(チューリヒ歌劇場O のメンバーによるピリオド楽器のオーケストラ)による「トビアの帰還」と、曲ごとにオーケストラを変えての演奏でしたが、 中でもこの「トビアの帰還」はハイドンのオラトリオの中でも上演されることが非常に少ないため、作品への興味も含 め、非常に注目を浴びた演奏会となりました。聖書のエピソード(盲目の父を癒すために天使ラファエルを伴い長い旅 にでかけるトビアの物語)を題材としたこのオラトリオは、全編、美しいアリアを含む劇的な音楽に彩られた円熟期のハ イドンらしい緊密な構成に支えられており、アーノンクールは全ての音を際立たせる勢いでこの作品に取り組み、アーノ ンクールが認めた優れた独唱者たちの歌唱も万全、満足の行く演奏が繰り広げられています。 このコンサートの収益は全てサラエボの戦争犠牲者たちを支える慈善団体に寄付されたということです。

Gramola
GRAM-99167(1CD)
Again and Again-小さなマッチ売りの少女の受難曲
ボー・ホルテン(1948-):初雪(1996)
ハンス・クリスティアン・アンデルセン(1805-1875):Das kleine Madchen mit den Schwefelholzern
マッチ売りの少女(朗読)
デイヴィッド・ラング(1957-):小さなマッチ売りの少女の受難曲
Come daughter
It was terribly cold
Dearest heart
In an old apon
Penance and remorse
Lights were shining
Patience
Ah! perhaps
Have mercy
She lighted another match
From the sixth hour
She again rubbed a match
When it is time
In the dawn of morning
We sit and cry
ジョン・タヴァナー:子羊
デイヴィッド・ラング:Again and Again
ホルスト:Lullay, My Liking
わが愛し子よ
マリア・ハッペル(朗読)
ヨハネス・ヒーメツベルガー(指)
カンパニー・オブ・ミュージック(ヴォーカル・アンサンブル)

録音:ウィーン、聖ウルスラ教会
2015年7月8-10日、2017年2月19日
誰もが知っているアンデルセンの童話「マッチ売りの少女」からインスパイアされた作品集。指揮者としても活躍するデン マークの作曲家ボー・ホルテンの「初雪」で始まり、原作の「マッチ売りの少女」がドイツ語で朗読されます。アルバムのメイ ンとなるのはアンサンブル「バング・オン・ア・カン」の主宰者として知られる作曲家デイヴィッド・ラングの「小さなマッチ売り の少女の受難曲」。貧しい少女の苦しみをイエスの受難になぞらえたこの作品には2008年の“ピューリッツァー賞”が与 えられています。少女の魂を慰めるかのようなタヴァナーの「子羊」など、美しい合唱作品で構成された1枚です。
Gramola
GRAM-99173(1CD)
軽やかな女神
ツェムリンスキー:遺作歌曲集-Liebe und Fruhling 愛と春(M.レスキーによる管弦楽伴奏編)
 喜劇の序曲-世界初録音
ニコ・ドスタル(1895-1981):喜歌劇「クンシラン」-Ich bin verliebt 私は愛している
レハール:喜歌劇「ウィーンの女たち」-Schone Rose 美しいばら(スペイン風ロマンス)
 喜歌劇「エヴァ」-War es auch nichts als ein Traum vom Gluck たとえ今は儚い夢だとしても
エルンスト・フィッシャー(1900-1975):Perlender Champagner 泡立つシャンパン
ツェムリンスキー:遺作歌曲集-In der Sonnengasse 太陽横丁で
 遺作歌曲集-Herr Bombardil ボムバルディル氏
シェーンベルク::ブレットル歌曲集-Gigerlette ギゲルレッテ
 Spiegel von Arkadien アルカディアの鏡
ガーシュウィン:By Strauss シュトラウスの曲で
 「ストライク・アップ・ザ・バンド」序曲
イルディコ・ライモンディ(S)
ミヒャエル・レスキー(指)
ウィーン・ユンゲPO

録音:2016年7月10-12日ウィーン・コンツェルトハウス
ウィーンを中心に活躍するソプラノ、イルディコ・ライモンディが歌う20世紀初頭のウィーンで流行した歌曲とアリアを中心 に収録した楽しい音楽集。十二音音楽の探求で知られるシェーンベルク:の別の一面が垣間見える“キャバレー・ソング” ブレットル歌曲集をはじめ、ツェムリンスキーの世界初録音を含む一連の歌曲と管弦楽曲、ドスタルとレハールのオペレッ タからのアリア。そして最後に置かれているのがガーシュウィンです。「シュトラウスの曲で」は当時大流行していたヨハン・ シュトラウスの曲をモティーフに書かれた洒落た歌。「ストライク・アップ・ザ・バンド」はおなじみのノリの良い曲です。 ライモンディは20世紀の近代歌曲を得意とするソプラノ歌手で、このアルバムに収録されたレパートリーは彼女の十八 番と言える曲ばかりです。オーストリアの17歳から27歳までの若手奏者によるエリート集団「ウィーン・ユンゲ・フィルハー モニーO」の絶妙な伴奏も聴きどころ。

CPO
CPO-555178(2CD)
NX-D11
ハインリヒ・フォン・ヘルツォーゲンベルク(1843-1900):劇的カンタータ「コロンブス」Op.11(独唱、合唱とオーケストラのための) アンドレ・シューエン(Br)
ミヒャエル・シャーデ(T)
マルクス・ブッター(Br)
ディルク・カフタン(指)
グラーツ歌劇場cho
グラーツPO

録音:2017年27.29.30日
ステファニーエン・ザール、グラーツ
1870年12月4日、グラーツ音楽協会で初演された大規模なカンタータ「コロンブス」。作曲家であるヘルツォーゲン ベルクは当時27歳。20代始めまではワーグナーの音楽に熱狂していたヘルツォーゲンベルクでしたが、バッハを通じて ブラームスの魅力に目覚め、作風も古典派寄りに変化してきた時期に書かれています。とは言え、自身で書いた台 本につけた音楽は劇的であり、まだまだワーグナーの影響から完全に脱しているとは言えない過渡期の作品と言える でしょう。作品は大きく2部に分かれており、壮大な合唱によってコロンブスのエピソードが歌われていきます。近現代 歌劇を得意とするカフタンの(指)シャーデら名歌手をソリストに迎えた堂々たる演奏です。

Chandos
CHSA-5215(1SACD)
エルガー:ミュージック・メイカーズ/イングランドの精神
コントラルト独唱,合唱と管弦楽のための 「ミュージック・メイカーズ Op.69*
テノールもしくはソプラノ独唱,合唱と管弦楽のための 「イングランドの精神」**
アンドルー・デイヴィス(指)、
BBC響&cho、
サラ・コノリー(Ms)*、
アンドルー・ステイプルズ(T)**

録音:2018年4月14日−15日、ワトフォード・コロシアム(イギリス)
故リチャード・ヒコックスより、ヴォーン・ウィリアムズの交響曲全集やホルストの管弦楽作品集の録音プロジェクトを引き継ぐなど、「英国音楽の伝道師」としての名声を確立したアンドルー・デイヴィス。エルガー協会より「エルガー・メダル」を受賞し、2014年に英Gramophone誌が発表した「Top 10 Elgar recordings」に4枚のアルバムがランクイン、Chandosから発売した「ゲロンティアスの夢(CHSA 5140)」は、グラモフォン賞とBBCミュージック・マガジン賞の二冠(合唱部門)を達成するなど、エルガー指揮者としても国際的に高く評価されています。
アンドルー・デイヴィス、注目のエルガー新録音は、アーサー・オショーネシーのオード(頌歌)をテキストにした「ミュージック・メイカーズ」と、ローレンス・ビニョンの3つの詩をテキストにした「イングランドの精神」。エルガーの様々な作品からの引用が用いられ(特に「ミュージック・メイカーズ」)、エルガーの高貴なエッセンスを存分に味わえる、独唱と合唱を伴うオーケストラ作品です。2017年に「デイム」の称号を授与され現在注目を浴びるメゾ・ソプラノ、サラ・コノリーの参加も嬉しいポイント。

NEOS
NEOS-11809(1CD)
「20〜21世紀の歌曲」
ユルグ・ヴィッテンバッハ(b.1935):一茶&クルト・マルティの詩による8 つのデュエッティーニ
カトリン・フラウヒガー(b.1967):ピアノ独奏のためのプロローグと 2つの歌
カタリーナ・ウェーバー(b.1958):「国境」から7 つの歌
ルグ・ヴィッテンバッハ:日本の神・慈悲深き観世音菩薩への 3つの短い祈り
ハンス・アイスラー(1898-1962):ハリウッド・ソング・ブックより選集
ベルク:7 つの初期の歌
カトリン・フラウヒガー (S)
カタリーナ・ヴェーバー(P)

録音:2017 年8 月
カトリン・フラウヒガーは歌手、作曲家で作曲をミヒャエル・ジャレル、チヤ・チェルノヴィン、ハインツ・ホリガー、クラウス・フーバーらに学んだ。ピアノのカタリーナ・ウェーバーも作曲家でヨルグ・ヴィッテンバッハに師事、ジェルジ・クルターク、ポーリン・オリヴェロスの影響を受けた音楽で評価されています。このディスクは彼女たちの自作を中心にヴィッテンバッハ、アイスラー、ベルクと20 世紀ドイツ歌曲の歴史を辿る内容。ヴィッテンバッハの「観世音菩薩への祈り」のやや怪しい東洋趣味、アイスラーの退廃的なハリウッド・ソング・ブック、後期ロマン派の芳しい香り漂うベルクの初期歌曲が聴きもの。

Goodies
33CDR-3742(1CDR)
税込定価
フォスター名曲集
なつかしいケンタッキーのわが家
おお、スザンナ/恋人よ窓を開け
サム・フォークス.ネリー・ブライ
故郷の人びと(スワニー川)
草競馬.夢みる人
おおレミュエル/グレンディ・バーク
金髪のジェニー
バンジョーをかき鳴らせ
オールド・ブラック・ジョー
ケティー・ベル
ロジェー・ワーグナー(指)
ロジェー・ワーグナーcho

日CAPITOL 2LC-4(Mono)
1954年録音
指揮者ロジェー・ワーグナー(1914-1992)は1921年フランスから両親と共にアメ リカに移住。1946年にロサンジェルス・コンサート合唱団を設立し、後にこの 合唱団に自らの名前を冠しロジェー・ワーグナー合唱団とした。アメリカ CAPITOL Records の専属となり、宗教曲、民謡、現代音楽と幅広いジャンルの アルバムを発表、また定期的に日本公演を行った。このアルバムはロジェー・ ワーグナー合唱団の3枚目のアルバムで日本へのデビュー盤。フォスター Stephen Collins Foster(1826-1864)はアメリカの作曲家で、アメリカのポピュ ラー・ソングの父と称されます。作品のいくつかはわが国の小学唱歌にも取り入 れられ、親しみ深い。ロジェー・ワーグナー合唱団はステレオ時代になって再 録音しています。復刻には1958年ステレオ録音が出現したときに原盤の検聴用に 開発されたWESTREX10Aカートリッジをモノラル接続で使用した。フォノイコラ イザーはコルグ株式会社の新型真空管Nutubeを使用、AESカーブで再生した。 (グッディーズ)ィー

WERGO
INT-3059(1CD)
テオドラキス・シングス・テオドラキス
omorfi poli / dioti den sinemorfothi / 8. novembri / gelasto paidi / tin porta anigho / chathika / anigho to stoma / imaste dio / margarita / sto perigali / mirtia / afti pou tharthoun
ミキス・テオドラキス(歌)

録音:1990 年 12月
INTUITIONレーベルより発売されていた音源が品番・バーコードはそのままにWERGOレーベルから再発売されます。クラシックのみならず「その男 ゾルバ」などの映画音楽も手掛けたギリシャの大音楽家テオドラキスによるポピュラー・ソング自作自演。管弦打楽器さまざまな組み合わせの生演奏と御 大の渋い歌声をお楽しみあれ。 (Ki)

Resonus
RES-10221(1CD)
NX-B05
Sing Levy Dew〜レヴィ・デューを歌う
ジョナサン・ダヴ(1959-):It sounded as if the Streets were running あたか
も街を走っていたかのように聞こえた
リチャード・ロドニー・ベネット:The Insect World 昆虫の世界
 The Aviary アヴィアリー
ハワード・スケンプトン(1947-):メアリー・ウェッブの5つの詩
サリー・ビーミッシュ(1956-):7つの歌
ブリテン:Friday Afteernoons Op.7 金曜日の午後
エドワード・ウィッカム(指)
ケンブリッジ・セント・キャサリン・カレッジ少女cho
フレデリック・ブラウン(P)

録音:2017年1月&6月Chapel of St Catharine’s College, Cambridge
エドワード・ウィッカムが率いる「ケンブリッジ・セント・キャサリン・カレッジ合唱団」。このアルバムは2008年に創設された 少女たちのみのメンバーで構成される「少女合唱団」による演奏です。混じりけのない高く済んだ歌声は、他に類の ないほどに美しく、まるで天使たちの合唱を聴いているかのような心地良さ。アルバム・タイトルの「Levy Dew」は ウェールズの伝統的な新年の行事で歌われるキャロルのこと。子供たちが井戸からきれいな水を汲み上げ、常緑樹の 枝で通行人に水を振りかけ、プレゼントをもらう時に歌われたとされています。このアルバムに収録されているブリテンの 「新年のキャロル」にその様子が描かれています。
Resonus
RES-10226(1CD)
NX-B05
Christmas with Sonoro〜クリスマスとソノーロ
マルコム・アーチャー(1952-):A lile child there is yborn
セシリア・マクダウォル(1951-):O Oriens
ポール・スパイサー(1952-):In a Field as I Lay
マイケル・ヒギンズ(1981-):The angel Gabriel
ジョン・ジュベール(1927-):There is no rose
ガレス・トレセダー(1985-):Blessed be that Maid Marie
ハーバート・ハウエルズ(1892-1983):A spotless rose
ベッキー・マクグレート(1974-):In the bleak midwinter
ヒギンズ:Tomorrow shall be my dancing day
ベティ・ロー(1930-):The Holly and the Ivy
サリー・ビーミッシュ(1956-):In the sllness
フィンタン・オキャロル(1922-1981):Suantrai ar Slanaitheora
ヒギンズ:Coventry Carol
ピーター・ウォーロック(1891-1930):Bethlehem Down
ジョン・ラター(1945-):Wexford Carol
ウィル・トッド(1970-):My Lord has Come
ヒギンズ:Silent night
ステュアート・ニコルソン(1975-):Ding dong! merrily on high
ソノーロ(アンサンブル)
マイケル・ヒギンズ(Org)
ニール・フェリス(指)

録音:2018年7月16-17日
ロンドンを拠点とする室内合唱団「ソノーロ」のクリスマス・キャロル集。ニール・フェリスとマイケル・ヒギンズによって 2016年に設立されたばかりの新しい合唱団ですが、現在、イギリスにおいて「最も印象的な室内合唱団」と絶賛さ れており、その温かみのある響きと多彩な声は、独特のサウンドを創り出すことで知られています。このアルバムでは、 近現代の新しい「クリスマス・キャロル」をしっとりと歌い上げており、ヨーロッパにおける聖夜の伝統を感じさせる1枚で す。

Challenge Classics
CC-72787(1CD)
ロマン派の歌曲とピアノ編曲集
シューベルト:「ます」 Op.32 D.530
リスト:6つのシューベルト歌曲集 S.563より 「ます」(第1稿)*
シューベルト:白鳥の歌 D.957より 第1曲「愛の使い」
ゴドフスキー:「愛の使い」独奏用編曲*
メンデルスゾーン:6つの歌曲 Op.34より 第2曲「歌の翼に」
リスト:メンデルスゾーン歌曲集 S.547より 第1曲「歌の翼に」*
シューマン:リーダークライス Op.39より 第12曲「春の夜」
クララ・シューマン:30のロベルト・シューマン歌曲集より 第28曲「春の夜」*
 6つの歌曲 Op.23より 第3曲「ひそやかな語らい」
リスト:クララ&ロベルト・シューマン歌曲集 S.569より 第10曲「ひそやかな語らい」*
 「ラインの美しい流れの」(第2稿) S.272
 歌の本 第1巻 S.531より 第2番「ラインの美しい流れの」*
ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集 WWV91より 「夢」
アウグスト・ストラダル:「夢」独奏用編曲*
ヴォルフ:アナクレオンの墓
ブルーノ・ヒンゼ=ラインホルト:ヴォルフの歌曲による10のピアノ小品より 第6曲「アナクレオンの墓」による牧歌*
R.シュトラウス:5つの歌曲 Op.48より 第1曲「懐かしの幻影」
ギーゼキング:「懐かしの幻影」による自由な編曲*
キルヒナー:10の歌曲 Op.1より 第4曲「春の歌」
 自作歌曲による10のピアノ小品 Op.19より第10番「春の歌」*
ブラームス:8つの歌曲 Op.59より 第5曲「アグネス」
キルヒナー:「アグネス」独奏用編曲*
ブラームス:5つのロマンスと歌曲 Op.84より 第4曲「甲斐なきセレナーデ」
エドゥアルド・シュット:「甲斐なきセレナーデ」によるパラフレーズ*
ブラームス:5つの歌曲 Op.49より 第4曲「子守歌」
ジェラルド・ムーア:「子守歌」独奏用編曲*
クリストフ・プレガルディエン(T)
シプリアン・カツァリス(P)

録音:2018年5月4-8日/パリ、サン=マルセル福音教会
*はピアノ独奏
クラシック界のビッグ・アーティストが大変ユニークなアルバムを発表しました!単純明快にして新鮮、ピアノ伴奏歌曲とそのピアノ独奏編曲を徹底して 交互に並べるという構成。生半可な演奏家では出来ませんがプレガルディエンとカツァリスなら申し分なし。選曲もこだわりぬいて、歌だけでも十分にロ マン派の名曲集と言える内容。おなじみからこんな人までという編曲者ごとのピアニズムの変化にも注目。カツァリスが原曲の伴奏とトランスクリプション どちらも弾いているからか、思った以上に統一感ある流れの中でどんどん面白く聴き進められます。
2人の初共演は2015年の6月7日、ハンブルクでの「冬の旅」。そのときカツァリスがプレガルディエンの歌に惚れ込み、CD録音の話を持ちかけま した。では何を録音するのか?歌曲愛好家はピアノを聴かず、ピアノ好きは歌を聴かない…ならば2つの領域を一緒にまとめてしまおう!というやりとりが ありこのCDのコンセプトが決まりました。プレガルディエンもすぐさま乗り気になったそうです。 (Ki)

Dynamic
CDS-7813(1CD)
NX-B03
ドニゼッティ:レクイエム(1835) カルメラ・レミージョ(S)
キアラ・アマル(A)
ホアン・フランシスコ・ガテル(T)
アンドレア・コンチェッティ(Bs)
オマール・モンタナーリ(Bs)
コッラード・ロヴァリス(指)
ドニゼッティ・オペラO&cho

録音:2017年11月29日
ベルガモ,サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
19世紀初頭を代表するオペラ作曲家、ドニゼッティの知られざるレクイエム。ドニゼッティとほぼ同時期に 生まれ、お互いに良きライバルとして刺激し合った盟友ベッリーニが33歳の若さでこの世を去った時に、リ コルディ社から依頼された作品です。しかし、ドニゼッティは作品に着手したものの、結局完成されること なく死去。「サンクトゥス」や「アニュス・デイ」が欠けたまま残されたレクイエムが初演されたのは、ドニゼッ ティの死後22年を経た1870年のことでした。未完成ではあるものの、随所に散りばめられた美しい旋律 がドニゼッティのオペラを思わせる魅力的な作品です。初演時と同じく、ドニゼッティが埋葬されているサン タ・マリア・マッジョーレ教会歌手たちの熱唱も聴きどころです。

Solo Musica
SM-289(2CD)
NX-B03
アイスラー/バルバラ:歌曲集
【CD1】
アイスラー(1898-1962):第二次大戦中のシュヴェイク(抜粋)
1.ケルヒの歌
2.アンナへの歌
3-9.7つの愛の歌
第二次大戦中のシュヴェイク(抜粋)
10.小さな風の歌
11.ハインリヒは彼の新婚者と寝た
12.理想と現実
13.昨日と明日の間の今日
14.道に散らばっているばら
15.子牛の行進
16.黒大根
17.私たちがヤロメルシュに移動したとき
18.丸い頭と尖った頭:もしもの歌
19-22.労働者の母親のための4つの子守歌 Op.33
23.ホレイショのモノローグ
第二次大戦中のシュヴェイク(抜粋)
24.ナチス兵士の妻の歌
25.プルツェミスルの砲撃者によるシュヴェイクの歌
26.ドイツ、あわれみたまえ
27-32.6つのヘルダーリン断章
33.私の知恵に無関心
第二次大戦中のシュヴェイク
34.牧師の説教
35.シュヴェイクの白鳥の歌
36.モルダウの歌
37.他の世界、彼女にはそれが必要
【CD2】
モニク・セール(1930-1997):1.Y aura du monde そこにいるだろう
2.Au coeur de la nuit 夜の中心に
3.Schones Alter (Le bel Age) 美しい時代
4.Au bois de Saint Amand
サン・アマンドの木に
5.De jolies putes vraiment
本当に美しい娼婦
6.A chaque fois 毎回
7.Ich liebe Dich kann ich nicht sagen
私はあなたを愛していると私は言うことができない
8.L'Aigle noir 黒い鷲
9.Nantes ナント
10.Remusat レムス
11.Quel joli temps (Septembre)
なんてステキな時(9月)
12.Perlimpimpim ペリンピムピム
13.Sag, wann kommst du zuruck?
言って、いつ帰ってくるの?
14.J'entends sonner les clairons 私は聞く
15.Die Sonne wird schwarz
(Le Soleil soir) 太陽の夜
16.Mein Kompliment (Chapeau bas)
わが賛辞
17.Le mal de vivre 生活の痛み
18.Schrecklich suss (Les Mignons)
かわいいもの
19.Gottingen ゲッティンゲン
20.Femme piano フェム・ピアノ
レア・クラウディア・コスト(Ms)
ダニエル・フューター(P)
ダニエル・プフィスター(Fl)…CD1:1-2.10-11.24-26.35-26
霧生貴之(Tp)…CD1:1-2.10-11.24-26.35-26
グルゲン・カコイアン(Cl)…CD1:1-2.10-11.24-26.35-26
ニーナ・ウッリ(Vn)…CD1:1-2.10-11.24-26.35-26
ヨーヨ・クンツ(Cb)…CD1:1-2.10-11.24-26.35-26

録音:2017年12月11-14日スイス チューリヒ,第1スタジオ
ユダヤ系の音楽家ハンス・アイスラーは第二次世界大戦時、ドイツを逃れハリウッドで活躍、終戦後はド イツに戻り独自の音楽を作りました。一時期は新ウィーン楽派の先鋒として活動していましたが、ベルトル ト・ブレヒトと共同作業を行うようになってからは、このアルバムに収録された「ハリウッド・ソング」のような ジャズ風の作品を好み、親しみやすく風刺の効いた作品を数多く手がけています。このアルバムにはアイ スラーの全ての歌曲が網羅されています。もう一人の作曲家であるセールは「バルバラ」の名前でお馴染 みの伝説のシャンソン歌手。2018年には映画「セーヌの黒いバラ」の公開も予定されており、彼女の歌 が話題になりそうです。洒落たアレンジによる数々の作品を聴くことができます。

B RECORDS
LBM-002(1CD)
NX-B09
シューマン:ミルテの花 Op.25 レア・トロンメンシュラーガー(S)
ダミアン・パス(Bs-Br)
アルフォンス・スマン(P)

録音:2014年10月13日 ライヴ
1840年、紆余曲折を経て、ようやくクララと結婚できることになったシューマン。彼が結婚式の前日に最愛 のクララに贈ったのがこの歌曲集「ミルテの花」です。全曲を通じてシューマンの喜びが感じられますが、連作 歌曲というわけでもなく、各々の曲も男声でも女声でも歌われることがあります。ベルリンのハンス・アイス ラー音楽院で学んだソプラノ、トロンメンシュラーガーとオーストラリア生まれ、パリで学んだバス・バリトン、パ スが曲に合わせ、表現豊かに歌っています。
B RECORDS
LBM-008(1CD)
シューベルト:冬の旅 ナウエル・ディ・ピエロ(Bs)
アルフォンス・スマン(P)

録音:2015年5月11日 ライヴ
1984年ブエノスアイレス生まれのバス歌手ナウエル・ディ・ピエロが歌う「冬の旅」全曲。2012年にはロイ ヤル・オペラの「ラ・ボエーム」に出演し話題となり、2014年には「ドン・ジョヴァンニ」のマゼット役でも注目を 浴びました。現在はパリ・オペラ座のアトリエ・リリケとザルツブルク音楽祭の「ヤング・シンガー・プログラム」に 席を置き、オペラ全般を学んでいます。この「冬の旅」ではビロードのような美しい声と、若々しい感性を生 かした見事な歌唱を聴くことができます。
B RECORDS
LBM-009(1CD)
プーランク/ラヴェル:歌曲集
プーランク: ギョーム・アポリネールの詩による2つの歌 FP131-第1曲 橋
 動物詩集 FP15
 モンパルナス FP127
 ハイド・パーク FP128
 カリグラム FP140
 ギヨーム・アポリネールの4つの詩 FP58
 平凡な話 FP107
ラヴェル:マダガスカル先住民の歌+

 博物誌
ステファーヌ・ドグー(Br)
セドリック・ティベルギアン(P)
アレクシス・デシャルム(Vc)
マッテオ・チェーザリ(Fl)

録音:2017年1月23日 ライヴ
2017年1月、パリの「アテネ劇場」で開催されたコンサートのライヴ録音。動物の叫び声、都市の寓話、 旅の散文、失われた詩人の声など、奇妙な声を伴うユニークで一風変わった演奏は聴衆たちを大いに沸 かせました。バリトン歌手ドグーの表情豊かな歌と、名手ティペルギアンの伴奏は、音楽と文学の完璧な融 合をみせています。

NIFC
NIFCCD-058(1CD)
シューベルト:冬の旅(スタニスワフ・バランチャクの詩による) トマシュ・コニエチュニー(Bs-Br)、
レフ・ナピェラワ(P)

録音:2017年12月14日、18日、20日ヴィトルト・ルトスワフスキ・ポーランド放送コンサート・スタジオ(ワルシャワ、ポーランド)
トマシュ・コニエチュニーは1972年ポーランド生まれ、1998年ドヴォルザーク国際声楽コンクール(カルロヴィ・ヴァリ、チェコ)で優勝し、現在は世界中のオペラ・ハウスで活躍するドラマティック・バス・バリトン。ディスコグラフィーにはサイモン・ラトル、フランツ・ウェルザー=メスト、クリスティアン・ティーレマン、マレク・ヤノフスキらとの共演盤が並ぶコニエチュニーの新録音が、NIFC(ショパン・インスティテュート)から登場。
20世紀ポーランドの著名な詩人であり翻訳家であったスタニスワフ・バランチャクの詩を用いたという、まさにNIFCならではのシューベルト「冬の旅」を歌います。もちろん、世界初録音。
コニエチュニーは2014年、2016年、2017年、2018年の東京・春・音楽祭に出演し日本での評価も着実に積み重ねています。コニエチュニーと定期的に演奏しているピアニストのレフ・ナピェラワは、2016年の東京・春・音楽祭でも共演しています。

ARTHAUS
10-9349CD(1CD)
オスカー・ストラスノイ(1970-):オラトリオ「ルター」(マルティン・ルターに捧げる) ミヒャエル・ヴェンデベルク(指)
シュターツカペレ・ハレ
エルンスト・ゼンフcho
ヨゼフィーネ・レネルト(ソプラノ/天使)
ミヒャエル・プフルム(テノール/ルター)
ナディア・シュタインハルト(アルト/カイェタン)
ヨハネス・オイラー(カウンターテナー/教皇)
ヘンリエッテ・ゲッデ(メゾソプラノ/カタリーナ・フォン・ボラ)
ラルフ・ルーカス(バス/カール5世)
ゲルト・フォーゲル(バリトン/トマス・ミュンツァー)

録音:2017年10月22&23日、ハレ(ザーレ)、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル・ホール
2017年の宗教改革500周年を記念して関連作品が多く演奏、録音されましたが、この度ブエノスアイレス出身の作曲家オスカー・ストラスノイ(1970-) が音楽を担当し、ドイツの作家クリストフ・ハイン(1944-)が台本を書いたマルティン・ルターに捧げる<オラトリオ>がヘンデルの街ハレ(ザーレ)で 初演され録音されました。管弦楽と合唱、そしてソリストによる大規模な編成の作品。現代音楽の演奏で定評のあるミヒャエル・ヴェンデベルク指揮でシュ ターツカペレ・ハレ、エルンスト・ゼンフ合唱団により現代音楽のためのIMPULS音楽祭のプロジェクトの一環で演奏されました。 (Ki)

BIS
BISSA-2334
(1SACD)
『フォーク・クリスマス II(Folkjul II)』
(1)天使ガブリエルが訪れ(Fran himmelen kom angeln Gabriel)(ガブリエルのみ告げ)
【バスク伝承曲(スウェーデン語歌詞:エーヴァ・ノルベリ=ハーグベリ)】
(2)フィリップ・ニコライ(1556-1608)(スウェーデン語歌詞:J・O・ヴァリーン):ようこそ、美しい朝の時間よ(Var halstad skona morgonstund)
(3)甘き喜びのうちに(もろびと声あげ)(In dulci jubilo)【14世紀のキャロル】
(4)マールングの物乞い歌(Tiggarvisa fran Malung)【伝承曲】
(5)ヴィクトル・ガブリエルソン:ヴィクトル・ガブリエルソンのポルスカ(Polska av Viktor Gabrielsson)
(6)アリス・テグネール(1864-1943):神の天使たちが歌っている(Nu sjunga Guds anglar)
(7)サンドラ・マットルール:コーヒーのガンガル(En gangar till kaffet)(ヴァイオリンとオルガンのための)
(8)星がひとつ明るく輝き(Det lyser en stjarna)【伝承曲】
(9)エミ・シェーレル(1858-1925):たくさんのキャンドルに灯がともった(Nu tandas tusen juleljus)
(10)グンナル・イーデンスタム(1961-):クリスティーネのポルスカ(Christines polska)(ヴァイオリンとオルガンのための)
(11)スタファンの歌(Staffansvisa)【伝承曲】/ミュゼット(Musette)【『アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳』】
(12)スタファンのハリング(その2)(Staffans Halling II)【伝承曲】
(13)星がひとつ空を横切っていった(En stjarna gick pa himlen fram)【中世クリスマスの賛美歌】
(14)祝福された日(Den signade dag)【伝承曲】
(15)ソフィア・サンデーン(1973-):すべてあの明るい星に(Allt vid den ljusa stjarna)
(16)マッツ・ヴァルマンポルスカ:「クリスマスの朝(Julottan)」(ヴァイオリンとオルガンのための)
(17)マルティン・ルター(1483-1546)(スウェーデン語歌詞:J・O・ヴァリーン):高き天より(Fran humlens hojd)
ウルリカ・ブーデーン(ヴォーカル、リコーダー)、
サンドラ・マットルール(Vn)、
グンナル・イーデンスタム(Org)
聖ヤコブ室内cho
ギャリー・グレイデン(指)

録音:2017年6月/エーリク・エーリクソン・ホール(ストックホルム)
フォークミュージシャンのイーデンスタム(1961-)がストックホルムの聖ヤコブ室内合唱団とコラボレートした『スウェーデ ンのフォーク・クリスマス(Folkjul)』(BIS NL-5031)の第2作。2007年にリリースされた最初のアルバムは、イーデンスタムがシールナの教会の聖 歌隊やイギリスの大聖堂のオルガンと出会った思い出をインスピレーションに創り上げた「ユニークなクリスマス」が、フォークミュージックが身近なスウェー デンの人たちから広く愛されたといわれます。第2作も前作と同じスタイルのアルバムとして作られました。バスクの伝承曲をスウェーデン語で歌う「天使 ガブリエルが訪れ(ガブリエルのみ告げ)」。「スタファン(聖ステファノ)」を歌った「マールングの物乞い歌」「スタファンの歌」「スタファンのハリング(そ の2)」。ダーラナ地方エルヴダーレンのヴィクトル・ガブリエルソンの「ポルスカ」は、合唱、ヴォーカル・ソロ、リコーダー、ヴァイオリン、オルガンが 共演。サンドラ・マットルールが友人の結婚式のコーヒータイムに演奏するために作り、プレゼントした「コーヒーのガンガル」(歩き歌)、イーデンスタム の「クリスティーネのポルスカ」、ダーラナ地方サクスダーレンのフォークミュージシャン、マッツ・ヴァルマンの「クリスマスの朝」の3曲は、ヴァイオリ ンとオルガンのデュオで演奏されます。美しいメロディの「すべてあの明るい星に」は、イーデンスタムの友人でレークサンドの歌手、フォークミュージシャ ンのソフィア・サンデーンが伝承の詩に作曲しました。ウルリカ・ブーデーンは、スウェーデン北東部、ヘルグム生まれのフォークミュージシャン。フィラ デルフィア出身のギャリー(ゲーリー)・グレイデン(1955-)は、王立ストックホルム音楽大学でエーリク・エーリクソンに学び、1984年から聖ヤコブ 室内合唱団の芸術監督を務めています。 (Ki)

ORFEO DOR
C-953181DR(1CD)
NX-B04
シューマン:スペインの歌芝居
ブラームス:愛の歌(ワルツ) *
エディト・マティス(S)
ブリギッテ・ファスベンダー(A)
ペーター・シュライアー(T)
ワルター・ベリー(Bs)
エリック・ヴェルバ(P)
パウル・フォン・シルハウスキー(P)*

録音:ライヴ・ステレオ 1974年8月25日 ザルツブルク祝祭大劇場
1974年のザルツブルク音楽祭を沸かせた、マティス、ファスベンダー、シュライアー、ベリーという当代きっての豪華歌手の共演がCDで登場。こ の後1981年には、ほぼ引退となったベリーに代わってフィッシャー=ディースカウが加わり、DGへセッション録音していますが(ピアノはエンゲルと サヴァリッシュ)、その丁度7年前のライヴということになります。まだ若々しい4人の歌声がなんといっても魅力で、ライヴならではの生き生きとした やりとり、そして高揚感も素晴らしいもの。オーストリア放送に残されていたオリジナル・テープから丁寧にリマスタリングされており、彼らの力強い アンサンブルを堪能することが出来ます。

Skani
SKANI-064(1CD)
ブラウンス:ダウガヴァ ラトビア放送cho
シグヴァルズ・クラーヴァ(指)、
マルティンシュ・ブラウンス(鍵盤楽器)

録音:1997年&2018年、リガ(ラトビア)
東ヨーロッパを流れるダウガヴァ川を作品名としているラトビアの作曲家、マルティンシュ・ブラウンス(1951−)の世界初録音となる合唱曲集「ダウガヴァ」。 バルト三国の1つであるラトビアが世界に誇るハーモニー、ラトビア放送合唱団が歌う「ダウガヴァ」は、同国の建国100周年と、歴史あるアマチュア合唱のための音楽祭「ラトビア歌と踊りの祭典」に捧げられています。

Signum Classics
SIGCDCD-550(1CD)
シューベルト:歌曲集 「白鳥の歌」 D.957*
川の上で D.943#
岩の上の羊飼い D.965+
(全曲、ジェレミー・サムズによる英語版)
ジョン・トムリンソン(Bs)*、
ソフィー・ベヴァン(S)#+、
ジュリアン・ブリス(Cl)#+、
アレック・フランク=ゲミル(Hrn)#、
クリストファー・グリン(P)*#+

録音:2017年9月11日−13日&2018年1月10日、聖サイラス教会(ケンティッシュ・タウン、ロンドン)
ロデリック・ウィリアムズが歌った「冬の旅」(SIGCDCD-531)に続く、シューベルトの英語版歌曲プロジェクト。第2弾は、英国オペラ界で長年活躍し、1997年に大英帝国勲章(CBE)を受勲、2004年にはロイヤル・フィルハーモニック協会のゴールト・メダルを受賞した名バス歌手、ジョン・トムリンソンが歌う「白鳥の歌」。そして、ソフィー・ベヴァンとジュリアン・ブリス、アレック・フランク=ゲミル(SCO首席奏者)らによるに「岩の上の羊飼い」と「川の上で」、いずれもイギリスの指揮者、作編曲家、作家、作詞家、翻訳家として幅広く活躍するジェレミー・サムズによる英語翻訳版です。
Signum Classics
SIGCDCD-554(1CD)
自然の慰め〜シューマン、キルピネン、ブラームス:歌曲集
シューマン:12の詩 Op.35
キルピネン:歌曲集 Op.97より(第4曲「Ich fragte dich」、第5曲「Allein」)、 高山の冬 Op.99より(第4曲「Schlittenfahrt」)、秋 Op.98より(第7曲「Die Kindheit」、第8曲「Verganglichkeit」)
ブラームス:5つの歌 Op.94
シュテファン・ローゲス(Bs-Br)、
イアン・バーンサイド(P)

録音:2013年4月8日−10日(ブラームス&キルピネン)&2017年11月13日−14日(シューマン)、オール・セインツ教会(ロンドン)
シュテファン・ローゲスは、ドレスデン生まれ、ウィグモア・ホール国際歌曲コンクールの受賞者で、ジョン・エリオット・ガーディナーのバッハ・カンタータ集の他、ポール・マクリーシュ、トレヴァー・ピノックらと共演してきたドイツのバス・バリトン歌手。 ローゲスが、失われた若さ、命の儚さ、自然の慰めをテーマに選んだプログラムは、シューマンとブラームス、そしてフィンランドの歌曲作曲家、ユルヨ・キルピネン(1892−1959)の知られざる歌曲集。

Danacord
DACOCD-777(1CD)
イーダ・ヘンリエテ・ダ・フォンセカ 作品全集〜18の歌曲
孤独(Einsamkeit)(ヴィルヘルム・ミュラーの詩)、
期待(Die Erwartung)(シラーの詩)、
懺悔する女学生(Den angrende Skole-Pige)(作者不詳の詩)、
ロウゲンの川辺に立つトウヒ(Granen ved Lougen)(ヨハン・ストルム・ムンクの詩)、
あの山を越えて(Uber die Berge dort)(作者不詳の詩)、
泣かないで!(K・Cの詩)
告別(Der Abschied)(ゲーテの詩)、
恋する田舎の若者(Den elskende Bondeknos)(エーダム・ウーレンスレーヤーの詩)、
冬の不安(Vinterangst)(エーダム・ウーレンスレーヤーの詩)、
新年に(Zum neuen Jahr)(ゲーテの詩)、
バイロンの像(Byrons Statue)(アンドレーアス・ムンクの詩)、
虹(Regnbuen)(エーダム・ウーレンスレーヤーの詩)、
いやに無口な羊飼いの娘(Die sprode Schaferin)(ゲーテの詩)、
ワルツとロマンス「私の娘」(Vals og Romance “Mi eja Jente”)、
エーリとグルヒュンディ(Aly og Gulhyndy)(エーダム・ウーレンスレーヤーの詩)、
ムーンのロマンス=エコー(Romance-Eccoet pa Mon)(作者不詳の詩)、
5月の歌(Maylied)(ゲーテの詩)*、
舞踏のかけあいの歌(Wechsellied zum Tanze)(ゲーテの詩)*
ヘレーネ・ヴァス・ハンセン(S)、
カトリーネ・ペネロプ(P)、
室内合唱団ムシカ*
デンマーク音楽史から忘れられてしまっていたロマンティシズム時代の女性作曲家フォンセカの初めての作品全集。イーダ・ヘンリエテ・ダ・フォンセカ(Ida Henriette da Fonseca)は、1806年、コペンハーゲンに生まれました。王立劇場で合唱指揮者を務めていたジュゼッペ・シボーニに姉エミーリエと一緒に学び、1827年、アルト歌手として王立オペラにデビューしました。1840年に引退、宮廷歌手として歌を教え、1848年、作曲家としての最初の作品を発表しました。ドイツ、デンマーク、ノルウェーの詩に作曲した作品。
ソプラノのヘレーネ・ヴァス・ハンセン(Helene Hvass Hansen)は、王立デンマーク音楽アカデミーで学び、スザンナ、パミーナ、グレーテルなどの役のほか、クルト・ヴァイルの作品、アンディ・ペイプの子供オペラの主役も歌っています。共演のカトリーネ・ペネロプ (Cathrine Penderup)は『デンマーク女性作曲家のロマンティック・ピアノ作品集』(DACDOCD680)が好評のピアニストです。ディスクの最後にヘンリク・エンゲルブレクト(Henrik Engelbrekt)による「イーダ・ヘンリエテ・ダ・フォンセカ」の紹介(デンマーク語)が Podcast で収録されています。

BELVEDERE
BELVED-08041(DVD)
NX-C07

BELVED-08042(Bluray)
NX-C07
ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲
フンメル:トランペット協奏曲 ホ長調
ベートーヴェン:ミサ曲 ハ長調 Op.86
マルティン・アンゲラー(Tp)
ゲニア・キューマイアー(S)
ゲルヒルト・ロンベルガー(Ms)
マキシミリアン・シュミット(T)
ルカ・ピサローニ(Bs-Br)
バイエルン放送cho
マリス・ヤンソンス(指)
バイエルンRSO

収録:2018年1月11日 ミュンヘン ガスタイク・フィルハーモニー・ライヴ収録
収録時間:91分
音声:ラテン語歌唱
ステレオ2.0/DD5.0/DTS5.0(DVD)
ステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.0(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画面:16:9
REGION All(Code:0)
DVD…片面2層ディスク
Blu-ray・・・単層 25GB 1080i High Definition
現代最高の指揮者の一人、マリス・ヤンソンスの75歳の誕生日祝賀コンサートを完全収録。2003年、バイエルンRSOの首席指揮者に就任してから15 年、ヤンソンスとオーケストラとの親密な結び付きから数々の名演が生まれてきました。そして、この祝賀コンサートは南ドイツ新聞に「湧き上がる喜びと威厳にみちたマリ ス・ヤンソンスの全てがある」と評されました。 当日のプログラムは、ヤンソンスが得意とするストラヴィンスキーの「3楽章の交響曲」、フンメルの輝かしいトランペット協奏曲に始まり、ベートーヴェンのミサ曲がメイン楽 曲に据えられました。1807年、エステルハージ公のために書かれた「ミサ曲 ハ長調」はハイドンの伝統を引き継ぎつつ作曲家が旺盛な活力に満ちた時代の作品で、ヤ ンソンスはバイエルン放送響に優れた独唱者を迎え、この作品を至上の高みに導いています。

MN Records
MNRCD-140(2CD)
ナイマン&"ザ・テンペスト"
CD1:ノイジズ, サウンズ&スウィート・エアズ
CD2:プロスペローの本
CD1:キャサリン・ボット(S)、ヒラリー・サマーズ(A)、イアン・ボストリッジ(T)、バス=ノルマンディー器楽アンサンブル、デイヴィッド・ローチ(サクソフォン)、アンドルー・フィンドン(サクソフォン)、ドミニク・ドバール(ディレクター)
CD2:サラ・レオナード(S)、マリー・エンジェル(アイリス)、ウテ・レンパー(セレス)、デボラ・コンウェイ(ジュノー)、マイケル・ナイマン・バンド、マイケル・ナイマン(ディレクター)

録音:CD1:1991年6月、フランス&1993年6月、ロンドン/CD2:ロンドン
2016年にリリースされたシェイクスピア没後400周年記念アルバム。シェイクスピアの「テンペスト(あらし)」を題材としたナイマンの2つの作品、オペラ「ノイジズ, サウンズ&スウィート・エアズ(Noises, Sounds and Sweet Airs)」(1995)と、映画「プロスペローの本(Prospero’s Books)」(1991)の音楽を収録。

Alba
NCD-57(CD)
『妖しげなカンテレ』
ユッカ・リンコラ(1955-):組曲「呪文(Loitsut)」(2013)
組曲「妖しげなカンテレ(Outo Kantele)」(2010)
女声合唱団 KYN 
カイヤ・ヴィータサロ(指)
パヌ・サヴォライネン(ヴィブラフォーン)
ヨハンナ・ユホラ(ハーモニカ)
キルモ・リンティネン(P)

録音:2017年4月1日、9月16日、2018年2月3日 Finnvox Studiot(ヘルシンキ)、
2017年10月26日、2018年2月8日 Studio
ヘルシンキの商科大学(現、アールト大学商学部)の女声合唱団 KYN(キュン)は、バラード、フォークソング、ジャズといったジャンルの音楽をレパートリー とするユニークな活動で知られます。『新しい始まり(Kynnyksella)』(ABCD223)『あなたにお話しするなら(Jos mina puhuisin sinulle)』(ABACD15) に続く Alba レーベルへの新録音は、ユッカ・リンコラ Jukka Linkola(1955-)の「ルーツを共有する2つのストーリー」です。リンコラは、ジャズ・ ピアニスト、ジャズとクラシカルの作曲家としてフィンランドを代表する音楽家のひとり。KYN とリンコラのコラボレーションは1990年代から始まり、彼 の音楽は合唱団の活動に欠かせないレパートリーになっています。2つの作品はいずれもリンコラ自身がテクストを書きました。「呪文」は、フィンランド に古くから伝わる呪文とシャーマニズム的なルーネソングに、リンコラがミシガン州のスペリオル湖を訪れた際に出会った、自然への愛をユーモアたっぷり に歌ったアメリカ先住民の歌が重ねられています。〈石の呪文(Loitsu kiville)〉〈呪文の創造(Loitsu synty)〉〈オッツォの呪文(Loitsu Otsolle)〉〈空 の熊(Karhu taivaalla)〉〈魚釣りの呪文(Kalastusloitsu)〉〈サウナの呪文(Kylvetysloitsu)〉〈幸運の呪文(Loitsu pelionnelle)〉〈手の呪文(Loitsu kasille)〉〈感謝の歌(Kiitoslaulu)〉。「妖しげなカンテレ」は、〈妖しげなカンテレ(Outu kantele)〉〈悪は善を知らない(Ei pahat hyvasta tiia)〉 〈おいで(Tule)〉〈歌って子供を寝かしつける(Laulan lasta nukkumahan)〉〈カッコウ(Kaki)〉〈貧しい者の定め(Armottoman osa)〉〈踊りの歌 (Tanssilaulu)〉の7曲。フィンランドの抒情詩集『カンテレタル』の詩をリンコラが自由にアレンジしたテクストが歌われます。
Alba
ABACD-18(1CD)
『アルファベット』
アッツォ・アルミラ(1953-)
アルファベット(Aapine)
1.Intro Aakkossi niil, ko ymmartava jo pualest sanast!
2.A Kato kui vahva A!
3.B Beet ei tartte ku Bilteman kassa
4.C C-luokas citykarhu reissas meren yli
5.D Onk ireoi? Onk vireoi?
6.E Ei tul mitta! Ei mitta!
7.F Meija flik putos soffalt! Fiuu vaa!
8.G Geet kayteta harvo eika sillonka, kyl kreipi ilmanki kuarituks saa
9.H Hirv hiiht kilppa hiiren kans
10. Iik! Ihana!
11. Jos maa olissi janes, en ossais lukke. Jestas!
12. Kani kirjot kunnajohtajal
13. Laiskmakkaral tul liava luulovika
14. Mamma mankeloit. Maa kattosi viarest
15. Nokikolar ol kotosi Naantalist, nuahos vahinkos nokanki naapurilt
16. Ovel koputeta. Oi voi!
17. Pulu painel paim punassi. Pilli sois oikopaat!
18. Q naytta sivistynylt ja kuulosta koulu kaynylt, mut kuka sen tunte!
19. Raija erhettys reitist
20. Suvel isa via meijat onkel
21. Tammimetas on tuhat tamme
22. Uurevuare uutine: Mukul sai mummult upouure luistime!
23. Vinkki sul, kenel o ain vilu!
24. Woi welje, mut willois o hamara!
25. Yx mias kexis xylitol ja hyvin kexiski
26.Y Kello lya yhreksa. Ya hyakka ylakertta hyssyttama
27. Nyy maa kerro sul, kummottos menna zumpa
28.A Jas Manu alis ruatinkialine ja Tellle Turumaalt katasi
29. Ala ika ruppe karttyseks ammaks, alaka ainaka aijankranaks!
30.O Pollol suli jaatelo lolloks
キー・アンサンブル室内cho
タピオラcho
テーム・ホンカネン(指)

録音:2017年1月14日-15日 リーヒマキ守備隊教会(Riihimaen varuskuntakirkko)(リーヒマキ、フィンランド)
フィンランドの西海岸、ラウマ在住の詩人でパフォーマー、ヘリ・ラークソネン Heli Laaksonen(1972-)が2013年に出版した『アルファベット(Aapine)』 にアッツォ・アルミラ Atso Almila(1953-)が作曲。序曲、フィンランド語とスウェーデン語の29のアルファベットからなる、老若男女のためのフィン ランド南西部の方言による「あいうえお作文」。コンテンポラリー・ミュージックがレパートリーのトゥルクの室内合唱団「キー・アンサンブル」と、タピ オラ合唱団(タピオラ少年少女合唱団)の共演。 (Ki)
Alba
ABACD-17(1CD)
『ヒッラとリーシ』
ヒッラとリーシ(Hilla ja Liisi)
前奏曲「ヒッラとリーシ」(Alkusoitto “Hilla ja Liisi”) 
引越し屋さんの行進曲(Pakkaajan Marssi)
お祝いの気分(Juhlatunnelma) 
靴のマズルカ(Kenkamasurkka)
トロルたちのダンス(Peikkokansan Tanssi) 
なつかしい思い出の味(Maistan Muistan Maun)
夕べの歌(Iltalaulu) 
時の歌(Aikalaulu) 
おともだち(Kaveri)
いちばんのおともだち(Paras Ystavain)
おばけごっこしない?(Leikitaanko Kummitusta)
さいごの歌(Loppulaulu)
マリ・カトカ(歌、ヒッラ)
ウッラ・ピースパネン(歌、リーシ)
コウヴォラ児童cho
トゥオマス・ケサラ(P)
キュミ・シンフォニエッタ
エサ・ヘイッキラ(指)
ヒッラとリーシは、かわいらしい妖精のような生き物。音楽が好き、楽しくて元気いっぱい。人間の心をもっていて、友だち思い……。『ヒッラとリーシ』 のキャラクターたちと彼らの世界は、フィンランドのイラストレーター、サリ・アイロラ Sari Airola が創りました。彼女は、絵本や教科書やピクチャーカー ドの作家として知られ、ラハティ・ポリテク(現、ラハティ応用科学大学)やヘルシンキのアールト大学でグラフィックデザインを教えています。『ヒッラとリー シ』は、24センチ平方の大きさの絵本に作られ、アイロラのイラストと、子供たちが一緒に歌うことができるよう、歌の楽譜と歌詞が載っています。12 の歌を作詞作曲したのは、マリ・カトカ Mari Katka、ウッラ・ピースパネン Ulla Piispanen、トゥオマス・ケサラ Tuomas Kesala。コウヴォラ音楽ク ラスの児童合唱団とキュミ・シンフォニエッタと共演した録音のCDがアルバムの最後につけられています。エサ・ヘイッキラ Esa Heikkila(1962-)はフィ ンランドの指揮者。ラハティSOでヴァイオリンを弾き、オスモ・ヴァンスカとセーゲルスタムに指揮を学んでいます。 (Ki)

Coviello
COV-91813(1SACD)
ボッケリーニ:スターバト・マーテル ヘ短調 G532(1781年初版)
シンフォニア ニ長調 G500
ヌリア・リアル(S)
オルケストル・ル・フェニックス

録音:2018年4月19-22日/スイス、ファレラ
美しい容姿と透き通った美声が人気のスペインのソプラノ、ヌリア・リアルがボッケリーニの名品『スターバト・マーテル』を録音しました。ボッケリー ニはこの曲を、まずソプラノと弦楽五重奏という編成のために書き(初版)、後に編成を大きくして3人の声楽と弦楽合奏のために書き直した版も残して います。初版に用いられた「チェロ2本を要する弦楽五重奏」はチェロの名手であったボッケリーニお得意の編成で、大量の素晴らしい五重奏曲を残し ていることからしても、大いなる霊感の源泉であったと思われます。このアルバムでは初版を用いながらも弦はパート内で人数を増やしコントラバスも取り 入れ、弦楽五部の合奏体として演奏。しっかりと響きを作りつつ、1人の声ゆえに統一感ある表現に貫かれています。高貴な祈りのように響く『悲しみの 聖母』をじっくりとご堪能ください。カップリングのシンフォニアは弦楽合奏にホルン2本が加わります。10分ほどの作品ですが4楽章形式で「急-緩-メヌエット-急」という構成を持ち、まさに交響曲の前身といった音楽で楽しめます。上質のメロディ・メーカーでもあるボッケリーニの魅力が詰まった1枚。 SACDハイブリッド盤での発売です。 (Ki)

Pentatone
PTC-5186720
(1SACD)
『ゴスペル・クリスマス』
(1)デマーカス・ウィリアムズ:「キング・オブ・キングス」(4’09”)
(2)ビル・ウィンストン:「賛美のいけにえ」(5’06”)
(3)ミルトン・ビッグハム:「キリストの降誕」(5’13”)
(4)テリー・ディヴィス:「アンド・ヒズ・ネイム・シャル・ビー・コールト」(5’40”)
(5)マイケル・マッケロイ/ジョゼフ・ジュベール/ブリル・レッド:「あなたは思い知ったほうがいい」(2’57”)
(6)ノーマン・ハッチンズ:「エマニュエル」(5’00”)
(7)ゲイリー・ヘメンウェイ/チャールズ・フロイド:「救世主イエス、来たれ神の子」(4’58”)
(8)ジェームス・フォーチュン(アイロン・ルイス編):「告げよ」/「ワンダフル・チャイルド」(6’07”)
(9)ジョゼフ・ペースU:「シオン、喜べ」(5’08”)
(10)ヘンデル(マーヴィン・ウォーレン、マイケル・ジャクソン、マーク・キブル編):「ハレルヤ」(7’38”)
(11)キャロル・メドレー
【エラスムス・ムタンビラ「アルファ&オメガ」、伝承曲「神のみ子は今宵しも」、ゲイリー・サドラー/
リン・ディシェイゾ「ビー・ウントゥ・ユア・ネーム」、イスラエル・ホートン、イスラエル・ホートン「この世を支配する」】(10’27”)
(12)ヘンデル(マーヴィン・ウォーレン編):「もろびとこぞりて」(5’59”)
ソリスト:(1)(6)(8)(11)アロンゾ・チャドウィック、(2)ロビン・ヘンダーソン、(3)キアナ・クリッテンデン、(5)ジェラニ・グリーンリッジ、
(7)チェルシー・ホステットラー、(8)ウェンディ・ジャクソン、(9)マーラ・サンプソン、(10)エマニュエル・ヘンリード、
(10)マリリン・ケラー、(11)クライリーゼ・ロゼッティ=ヘメンウェイ、(11)ジョナサン・ヴォーン、(11)トレーシー・ハリス、
(11)マーエッタ・キャリアー、(12)サイーダ・ライト

三重唱:(7)トレーシー・ハリス、(7)アシュリー・シーマスター、(7)サイーダ・ライト

リズム・セクション:クリス・ターナー(P)、ジェリー・ハリス(Cb)、ロデリック・ナイチン・ゲール(ドラム)
ノースウエスト・コミュニティ・ゴスペル・コーラス、ゲイリー・ヘメンウェイ(合唱指揮)
オレゴンSO、
チャールズ・フロイド(指)

ライヴ録音:2017年12月/アーリン・シュニツァー・コンサート・ホール(オレゴン州ポートランド)
ノースウエスト・コミュニティ・ゴスペル・コーラスとオレゴンSOによる演奏会『ゴスペル・クリスマス』の20周年を記 念して2017年12月にライヴ収録されたアルバム。喜び讃美し歌おうというゴスペル・スピリットに浸ることができるこのアルバムにはクリスマスの定番 曲であるヘンデルの「ハレルヤ」「もろびとこぞりて」はもちろんのこと、キャロル・メドレーとして「アルファ&オメガ」「崇高で神聖な」など、クラシック、ジャ ズ、R&B、聖歌とジャンルをこえた音楽の魅力にあふれた作品を収録しております。ゴスペル・コーラスならではの力強さと心温まる歌唱で聴く心に染み 入る美しきキャロル集です。 (Ki)

BIS
KKC-4148(1SACD)
国内品番のみ
「きよしこの夜/BCJのクリスマス」
(1)「ことばは肉となった」【ソプラノ・ソロ】
(2)ノエル第1番〜ルイ=クロード・ダカン:オルガンのための新ノエル集から【オルガン・ソロ】
(3)「いけるものすべて」
(4)ノエル第2番【オルガン・ソロ】
(5)「まぶねのかたえに」【2番歌詞日本語】
(6)ノエル第3番【オルガン・ソロ】
(7)「きよしこの 夜 」
(8)「もろびと声あげ」
(9)「まきびとひつじを」
(10)「あめにはさかえ」【1番歌詞日本語】
(11)「神の御子は今宵も」
(12)ノエル第6番【オルガン・ソロ】
(13)キャロル・メロディ:『人里離れた飼葉桶のなかで』/『天なる神にはみさかえあれ』/『ディン・ドン ほがらかに』
(14)ノエル第7番【オルガン・ソロ】
(15)「優しくも愛らしく」
(16)ノエル第10番【オルガン・ソロ】
(17)「ひさしくまちにし」
(18)ノエル第12番「スイスのノエル」【オルガン・ソロ】
(19)「ことばは肉となった」【三重唱】
Bach Collegium Japan c Suntory Hall
バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱とソロ)(歌唱はアカペラ)
鈴木雅明(指)、
鈴木優人(編曲&オルガン)

録音:2018年2月、3月/神戸松蔭女子学院大学チャペル
日本語帯・解説付
バッハ・コレギウム・ジャパンが、サントリーホールの「クリスマス・オルガンコンサート」に登場したのが2013年のクリスマス・ イヴ。以来、鈴木優人の企画・構成・演出で、毎年この時期に同ホールで2017年までの5年間に渡り、楽しいクリスマス・コンサートが行われました。 今回のディスクには2013年から2017年までのコンサートで演奏された曲のなかから、選りすぐりのクリスマス・キャロルが収められています。これらのキャ ロルは、すべて鈴木優人の手による編曲。彼の作曲家としての手腕が冴え、いずれの編曲も原曲の美しさに、さらなる新しい魅力が添えられています。そしてキャ ロルとキャロルの間には、フランスの作曲家ダカンによる素敵なクリスマス用のオルガン曲も収録されています。また「まぶねのかたえに」は2番が、「あめ にはさかえ」は1番が日本語歌詞での歌唱ということも大注目です!クリスマスの大決定盤登場といえましょう。音楽学者・加藤拓未氏による日本語解説付(歌詞対訳はつきません)。
サントリーホールのコンサートのために鈴木優人が編曲したキャロルの楽譜は2015年12月にショット・ミュージックより、合唱曲集『Bach Collegium Japan Christmas Carol Book』として発売されています。 ※国内品番のみのご案内です。
BIS
BIS-2442(1CD)
フィンランド大公国の希少合唱曲集
1.エルッキ・メラルティン:朝に(J・H・エルッコの詩)
2.カール・コッラン(1828-1871):朝の歌(ルートヴィヒ・ウーラントの詩)
3.ヘンリク・ボレニウス(1840-1909):歌うつがいの鳥に寄せて(サクリス・トペリウスの詩、フィンランド語訳者不詳)
カール・ヨハン・モーリング(1832-1868):
4.待つ者(カール・ユーハン・モーリングの詩)
5.復讐(ユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリの詩)
6.ベルンハード・ヘンリク・クルーセル(1775-1838):幸あれ、なんじ気高き北の国!(フレードリク・ベルンハード・コステルの詩)
7.『ピエ・カンツィオーネス』/ヘイッキ・クレメッティ(1876-1953):緑の季節に/来たれ、祝福されし春
8.フレードリク・パーシウス(1810-1891):春の朝(ユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリの詩)
9.ラファエル・レテーン(1845-1898):夕べの歌(作者不詳の詩)
10.フレードリク・アウグスト・エールストレム(1801-1850):白鳥(ユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリの詩)
11.ロベルト・カヤヌス(1856-1933):セレナード(エーリク・ユーハン・スタグネリウスの詩)
12.伝承曲(エミール・シヴォリ(1864-1929)編):喜びと悲しみ(フィンランド民謡)
13.ルードヴィーグ・シーリヤンデル(1851-1911):森の中で(作者不詳の詩)
14.ペッカ・ユハニ・ハンニカイネン(1854-1924):プンカハルユの歌う娘(A・オクサネンの詩)
15.エーリク・アウグスト・ハーグフォシュ(1827-1913):春のポルスカ(A・O・ヴィアレーンの詩)
16.伝承曲(マルティン・ヴェゲリウス(1846-1906)編):娘は踊りの輪に入る(ウーシマーの輪踊り)
17.ルードヴィーグ・シーリヤンデル(1851-1911):静かに!(作者不詳の詩)
18.プリムス・レッパネン(1872-1934):一度だけ夏の夢を見た(エイノ・レイノの詩)
19.エミール・ゲネツ(1852-1930):静かな国へ(ヨハン・ガウデンツ・フライヘル・フォン・ザーリス=ぜーヴィスの詩)
アルマス・ヤルネフェルト(1869-1958):
20.孤児と小鳥(『カンテレタル』の詩)
21.恋しい人の小道(『カンテレタル』の詩)
22.エルッキ・メラルティン:ダルトゥラの葬送歌(『オシアン』/J・L・ルーネベリ/ユリヨ・ヴェイヨラ)
23.オスカル・メリカント(1868-1924):東から吹く風の中に(セヴェリ・ヌオルマーの詩)
24.エルッキ・メラルティン:輪踊りの歌(作者不詳の詩)
25.伝承曲(リカルド・フレデリク・ファルティン(1835-1918)編):輪踊りの歌(フィンランド民謡)
26.ガブリエル・リンセーン(1838-1914):収穫作業人の歌(サクリス・トペリウスの詩)
ニルス・シュヴェケンディーク(指)
ヘルシンキ室内cho

録音:2017年3月、4月/ヤルヴェンパー教会(ヤルヴェンパー、フィンランド)
ヘルシンキ室内合唱団と芸術監督ニルス・シュヴェケンディークの『エーリク・ベリマン 合唱作品集 1936年−2000年』(BIS 2252)と『祝え喜べ!−フィ ンランドのクリスマス』(BIS SA 2322)に続くアルバム。フィンランドがロシア支配の大公国だった1809年から1917年の時代に作曲され、シベリウスの音 楽やナショナル・ロマンティシズムが主流になるとともに忘れられていった後期ロマンティシズムのスタイルの合唱曲。アルバムのテーマは「春」。ロシア帝国の 自治領だった「冬の時代」から解放された「フィンランドの春」が重ね合わせられています。フィンランド国歌を作曲したパーシウスの「春の朝」、クラリネット の協奏曲と四重奏曲で知られるクルーセルの「幸あれ、なんじ気高き北の国!」、混声合唱団「シルヴィア・クラブ」を創設したカール・ヨハン・モーリングの「待 つ者」と「復讐」、彼の合唱団で歌っていたガブリエル・リンセーンの「収穫作業人の歌」とヘンリク・ボレニウスの「歌うつがいの鳥に寄せて」、ヘルシンキ音 楽学校(現、ヘルシンキ芸術大学シベリウス・アカデミー)を創設したマルティン・ヴェゲリウスが民謡を編曲した「娘は踊りの輪に入る」、後任として校長を務 めたメラルティンの3曲。人気のあった歌を当時のスタイルで再現するため、フィンランド化の進む中でフィンランド語の歌詞に置き換えられスウェーデン語やド イツ語の歌は、一部の曲をのぞき、オリジナルの詩が歌われます。エールストレムの「白鳥」とコッランの「朝の歌」は、オリジナルの詩による楽譜が見当たらず、 フィンランド語の歌詞からそれぞれウェーデン語とドイツ語に復元。ボレニウスの「歌う番いの鳥に」は、トペリウスの詩が紛失したため、最初に出版されたフィ ンランド語歌詞の楽譜が使われました。
BIS
BISSA-2327
(1SACD)
シンプル・ソング
(1)バーンスタイン:シンプル・ソング(スティーヴン・シュウォーツ、レナード・バーンスタインの詩)(「ミサ(Mass)」(1971)から)
(2)コープランド:オルガンが話すのを時々聞いた(エミリ・ディキンソンの詩)
(3)アイヴズ:静穏(ジョン・グリーンリーフ・ホイッティアーの詩)
マーラー:(4)三人の天使がやさしい歌を歌い(『子供の不思議な角笛』の詩)
(5)原光(『子供の不思議な角笛』の詩)
R・シュトラウス:(6)たそがれの夢(オット・ユリウス・ビーアバウムの詩)
(7)あした!(ジョン・ヘンリー・マッケイの詩)
(8)アルヴォ・ペルト:わが心はハイランドにあり(2000)(ロバート・バーンズの詩)
(9)デュリュフレ:ピエ・イエズ(「レクイエム」から)
メシアン:(10)-(12)3つの歌(1930)
(13)プーランク:平和への祈り(シャルル・ドルレアンの詩)
(14)マルタン(1890-1974):アニュス・デイ(「レクイエム」から)
(15)アルヴォ・ペルト:何年もの昔、歌っているのを聞いた(1985)(クレメンス・ブレンターノの詩)
(16)リスト:アヴェ・マリア S.60
(17)リチャード・ロジャーズ(1902-1979):すべての山に登れ(オスカー・ハマースタイン二世(作詞))(「サウンド・オブ・ミュージック」から)
アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(Ms)
(1)-(14)(16)(17)ベンクト・フォシュベリ(オルガン;マルキュッセン・オルガン)
(1)ファビアン・フレードリクソン(エレクトリックギター)、
(1)シャロン・べザリー(Fl)、
(1)(7)マルガレータ・ニルソン(Hp)、
(7)(15)ニルス=エーリク・スパルフ(ヴァイオリン)、
(9)マリー・マクラウド(チェロ)
(15)エレン・ニスベト(ヴィオラ)

録音:2016年12月/聖ヤコブ教会(ストックホルム、スウェーデン)
タイトルにとられたバーンスタインの「ミサ」のナンバーから、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の〈すべての山を登れ〉まで、「宗教」と「心」 でつながる17の曲。「典礼の手かせ足かせを逃れ、自然に湧き出る賛美の心を高らかに歌え」を基本のスタンスに歌われます。コープランドの「エミリ・ディキ ンソンの12の詩」の第10曲、ジャズの和声とゴスペルの歌唱を取り入れた〈オルガンが話すのを時々聞いた〉。ホイッティアーのクエーカーの賛美詩によるアイ ヴズの曲。マーラーが交響曲第3番と第2番の楽章とした『子供の不思議な角笛』の詩による2曲。陽が昇り、愛する人と結ばれる……マッケイのドイツ語詩にシュ トラウスが作曲した「あした!」。デュリュフレとフランク・マルタンの「レクイエム」から1章ずつ。メシアンがデュカスに学んでいた頃に作曲した「3つの歌」とプー ランクの「平和への祈り」。リストが「巡礼の年 第2年:イタリア」の第1曲〈婚礼〉に基づいて書いた「アヴェ・マリア」は、オルガンの長い序奏で始まります。 ペルトが2曲。スコットランドの詩人ロバート・バーンズの詩にペルトが作曲した「わが心はハイランドにあり」。『子供の不思議な角笛』の編者のひとり、ブレンター ノがナイチンゲールの歌を詠んだ詩による「何年もの昔、歌っているのを聞いた」は、原曲どおり、ヴァイオリンとヴィオラの共演で歌われます。〈すべての山に 登れ〉は、フォン・オッターがブラッド・メルドーの共演で素敵に歌った〈何かいいこと〉(naive V 5241)に次ぐ「サウンド・オブ・ミュージック」のナンバー です。ピアニストとして知られるフォシュベリは、ヨーテボリの音楽大学でオルガンを学びました。聖ヤコブ教会に1976年に設置されたマークセン・オルガンを 弾き、彼の子息ミケール・フォシュベリがレジストレーションを担当しました。フォン・オッターの子、ファビアン・フレードリクソンが〈シンプル・ソング〉のエ レクトリックギターを弾いています。 (Ki)

CAvi
4260085-534029(1CD)
(1)シューベルト:白鳥の歌 D957より「アトラス」「君の肖像」「漁師の娘」「街」「海辺にて」「影法師」
(2)ブラームス:4つの厳粛な歌 Op.121
(3)バーバー:3つの歌曲 Op.45
(4)バーンスタイン:アリアと舟歌
クリスティアン・イムラー(Br) 
アンナ・ステファニー((4)Ms)
クリストフ・ベルナー((1)(2)P) 
ダニー・ドリヴァー((3) (4)P)
シルビア・フレイザー((4)P)

録音:2016 年 6月、2017年 4月/バイエルン放送スタジオ2
2001年パリのナディア&リリー・ブーランジェコンクールで優勝した経歴を持つクリスティアン・イムラー。バッハ・コレギウム・ジャパン、ヘレヴェッ ヘ、ミンコフスキなど古楽系指揮者との共演も多いのですが、このアルバムではドイツ・ロマンとアメリカを組み合わせて新たな一面を見せています。バー ンスタインの『アリアと舟歌』は4手ピアノとメゾソプラノ、バリトンという編成でファンタジーが大いに飛翔します。 (Ki)

Linn
CKD-578(1CD)
NX-B09
ヘンデル:聖セシリアの日のためのオード(頌歌) HWV76
.合奏協奏曲 イ短調 Op.6-4
キャロリン・サンプソン(S)
イアン・ボストリッジ(T)
ポーランド放送cho
ジョン・バット(指揮・ハープシコード)
ダニーデン・コンソート

録音:2018年3月27-29日、4月2-3日
ポーランド、クラクフICE公会堂、クシシュトフ・ペンデレツキ・ホール
ポーランドのクラクフで毎年復活祭の頃に行われる「ミステリア・パスカリア古楽祭」2018年ライヴで、経験豊かな古楽鍵盤奏者ジョン・バット 率いるスコットランド第一線の古楽器集団ダニーデン・コンソートと、キャロリン・サンプソン、イアン・ボストリッジの初共演です。25年のキャリアの 中で数多くの賞を受賞しているボストリッジは、ここでもその熟練のテクニックで素晴らしい歌唱を聴かせています。またバロック作品で聴かせる 洗練された感性と、ピュアなイントネーションで今やひっぱりだこのソプラノ、サンプソンのリリカルな歌声は、まさにヘンデルに理想的といえます。こ れまでもヘンデル作品に積極的に取り組んできた、バットとダニーデン・コンソートにとっても会心の一枚。カップリングされた合奏協奏曲では、ダ ニーデン・コンソート・メンバーの名人芸を楽しむことが出来ます。

ONDINE
ODE-1313(1CD)
NX-B04
ジュリアン・アンダーソン(1967-):作品集
The Comedy of Change (2009)*
「Heaven is Shy of Earth」(2006/2009-10改訂)〜メゾ・ソプラノ、合唱とオーケストラのためのオラトリオ
オリヴァー・ナッセン(指)
ロンドン・シンフォニエッタ
スーザン・ビックリー(Ms)
BBC交響cho、BBC響

録音:2010年11月26日 UK ロンドン、バービカン・ホール ライヴ、2010年3月31日 UK クィーン・エリザベス・ホール ライヴ*
2018年7月8日、惜しまれつつこの世を去った作曲家、指揮者オリヴァー・ナッセン。このアルバムにはナッセンとは長きに渡り 協力関係を築いた作曲家ジュリアン・アンダーソンのオラトリオと室内楽作品が収録されています。 ジュリアン・アンダーソンはフィルハーモニアOが運営する「Music of Today」において多くの作曲家による現代音楽を 紹介する他、ウィグモアホールのコンポーザー・イン・レジデンスを務めるなど様々な取り組みを行っていました。2006年には BBCプロムスにおいて、自身のオラトリオ「Heaven is Shy of Earth」を紹介、こちらはエミリー・ディキンソンの詩とラテン語の 典礼文を組み合わせた大規模な声楽作品ですが、宗教色はほとんどなくタイトルの「地上(の美しさ)に天も恥じる」という言 葉通り、自然を賛美した聴きやすい作品です。初演時はアンドリュー・デイヴィスがタクトを執りましたが、改訂版の初演はナッ センが行いました。もう1曲の「The Comedy of Change」は比較的規模の大きな室内楽と言った作品。ダーウィンの「種 の起源」出版150年を祝しての作品で、演奏会だけでなくバレエ音楽としても使えるように作曲されています。

PAN CLASSICS
PC-10393(2CD)
バッハ:クリスマス・オラトリオ BWV248 グンタ・スミルノヴァ(S)
フラヴィオ・フェッリ=ベネデッティ(A)
ハンス・ヨルグ・マンメル(テノール:エヴァンゲリスト)
ライティス・グリガリス(Br)
ダニエラ・ドルチ(Cemb、指)
ムジカ・フィオリータ

録音:2017年12月スイス、バーゼル
全6部のカンタータ集からなる壮麗な人気作品『クリスマス・オラトリオ』。パン・クラシックスから多数のリリースがある看板アーティスト、ダニエラ・ ドルチ&ムジカ・フィオリータによる演奏です。ヘンデルの『メサイア』(PC-10351)や『聖セシリアの祝日に捧げるオード』(PC-10382)が高評価だっ たコンビだけに、バッハの中でも明るい響きを持つ『クリスマス・オラトリオ』は相性が良いと思われます。ムジカ・フィオリータは合唱団込みのグループ であり、声楽と器楽のバランスが素晴らしいです。ナチュラルトランペットの音量も丁度よく見事な効果を上げています。 (Ki)

SWR music
SWR-19065CD(1CD)
NX-B06
フランスの合唱作品集
プーランク:小室内カンタータ「ある雪の夕暮れ」
ドビュッシー:3つのシャンソン
 Dieu, qu'il la fait bon regarder 神よ、美しき人を見るはよきかな
 Quant j'ai ouy le tabourin 太鼓の音を聞くとき
 Yver, vous n’estes qu’un villain 冬は本当にいやらしい
ミヨー:ヴィーナスの誕生
ジョリヴェ(1905-1974):祝婚歌
プーランク:アッシジの聖フランチェスコの4つの小さな祈り
メシアン:モテット「おお、聖なる饗宴よ」
アペルギス(1945-):ヴェルフリ-カンタータ-Die Stellung der Zahlen 数字の位置 混声合唱のための
マーカス・クリード(指)
南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル

録音:2017年3月13-17日 シュトゥットガルト 放送スタジオ…1-11
2018年10月27-29日 シュトゥットガルト 放送スタジオ…12-14
2005年11月 シュトゥットガルト ヴィラ・ベルク…15-18
2016年11月22-24日 シュトゥットガルト 放送スタジオ…19
2009年6月4.5.9日 シュトゥットガルト 放送スタジオ…20
クリード/南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル
指揮者マーカス・クリードと南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブルによる“世界の歌”シリーズの最新作はフランスの近代合唱 曲を集めた1枚です。 1870年に起きた普仏戦争は、フランスからドイツ文化の香りを一掃し「フランス独自の文化を発展させる」ことが国家的な政 策になりました。しかし、ワーグナーの半音階技法は19世紀末のフランス国内でも流行しており、調性の緩やかな崩壊から 生まれる響きはドビュッシーたち多くの作曲家たちを魅了していました。ドビュッシーは魅力的な和声を更に発展させつつも、 同時に脱却も試みており「ペレアスとメリザンド」を経て、印象派音楽へと結実していきました。このアルバムではドビュッシーを 始め、プーランク::、ミヨー、ジョリヴェ、メシアン、アペルギスの作品が歌われており、色彩豊かなハーモニーを堪能することができ ます。アルバムで歌っているのは、創立70年以上の歴史を持つ南西ドイツ放送合唱団の選りすぐりのメンバーたちによる「南 西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル」。20人ほどの少人数で結成されており、現代作品を中心に250曲以上のレパート リーを持つ彼らは世界中のコンサートホールで見事なハーモニーを披露しています。これまでにリリースした6枚のアルバムはど れも高く評価され、なかでも「アメリカ」と「フィンランド」は“ドイツ・レコード批評家賞”を受賞するなど、優れた演奏は広く注目 を集めています。
SWR music
SWR-19064CD(3CD)
NX-C05
フリッツ・ヴンダーリヒ:ドイツ・リートを歌う/1955-1965年
【CD1】
ブラームス
1.49のドイツ民謡集 WoO33-第36番一人のヴァイオリン弾きが住んでい
2.49のドイツ民謡集 WoO33-第6番谷の底では
3.49のドイツ民謡集 WoO33-第12番かわいい恋人よ、素足で来ないで
4.15の子供のための民謡集 WoO31-第2番ナイチンゲール
5.49のドイツ民謡集 WoO33-第38番私は夕べに眠れない
ヴォルフ:イタリア歌曲集より
6.第44番:どれほどあなたに愛情を感じているか知っていますか?
7.第4番:たたえよう、この世をつくりだしたものを
8.第8番:さあ仲直りしよう
9.第13番:お高くとまった美しい娘さん
10.第42番:私はもうこれ以上歌えない
11.第31番:私がどうしてうれしかろう
12.メーリケ歌曲集 第10番:散歩
13.メーリケ歌曲集 第9番:尽きることのない愛
14.アイヒェンドルフ歌曲集 第2番:楽師
ベートーヴェン
15.優しき愛 WoO123
16.アデライーデ Op.46
シューベルト
17.セレナード D889
18.白鳥の歌より「君の肖像」D957-9
R・シュトラウス
19.献呈 Op.10-1
20.二人の秘密をなぜ隠すのか Op.19-4
21.ひそやかな誘い Op.27-3
【CD2】
1-16.シューマン:歌曲集「詩人の恋」
ベートーヴェン
17.アデライーデ Op.46
18.あきらめ WoO149
19.くちづけ Op.128
シューベルト
20.孤独な男 Op.41 D800
21.夜の小品 OP.36-2 D672
22.リュートに寄せて Op.81-2 D905
23.双子座に寄せる舟人の歌 Op.65-1 D360
24.シルヴィアに Op.106-4 D891
25.ミューズの息子 Op.92-1 D764
【CD3】
シューベルト:歌曲集「美しき水車小屋の娘」Op.25 D795
【CD1】
フリッツ・ヴンダーリヒ(T)
ヨーゼフ・ミュラー=マイエン(P)
ロルフ・ラインハルト(P)
録音:1955年11月30日 Mainz,Deutschhaus, Kammersaal…1-11
1962年11月2日Mainz, SWF,Altes Funkhaus, Fernsehstudio…12-21

【CD2】
フリッツ・ヴンダーリヒ(T)
フーベルト・ギーゼン(P)
録音:1965年5月19日 Schwetzingen,Schloss, Konzertsaal
【CD3】

フリッツ・ヴンダーリヒ(T)
フーベルト・ギーゼン(P)
録音:1964年2月5日 Kammermusikstudio des SWR
ドイツのテノール歌手、フリッツ・ヴンダーリヒ(1930-1966)がSWR放送に残した録音をまとめたシリーズの第7弾。今回 は、彼の歌の神髄とも言えるドイツ・リート集です。ヴンダーリヒの代名詞であるシューマンの「詩人の恋」は1965年の録音。 ヴンダーリヒとギーゼンによる同作品にはミュンヘンにおける11月録音の名盤がありますが、こちらは5月、スイスでの録音であ り、まさに「美しい五月に」から始まる抒情的な歌声を聴くことができます。【CD1】には1955年の歌声も収録されており、短 い一生を駆け抜けた不世出の歌手ヴンダーリヒの10年間の歩みが感じられます。

のすたるぢあ
Nostalgia-1701(1CD)
伊福部昭の古歌
ギリヤーク族の古き吟謡歌〔アイ・アイ・ゴムテイラ、彼方の河び、苔桃の果拾ふ女の歌、熊祭に行く人を送る歌〕
古代日本旋法による踏歌(ギター・ソロ)*
サハリン島土蛮三つの揺籃歌〔ブールー・ブールー(キーリン族)、ブップン・ルー(ギリヤーク族)、ウンプリ・ヤーヤー(オロッコ族)〕
山田千代美(S)、山田令子(P)、
ダーヴィッド・ヴァン・オーイエン(G)*

録音:2017年7月11日−13日、みやまコンセール
山田千代美は国立音楽大学を卒業後、オランダのハーグ王立音楽院に留学。在学中よりレベッカ・ステュワート博士の率いるルネサンス・カペラの第1ソプラノとして演奏を始め、ポリフォニー音楽、グレゴリア聖歌の豊富な経験を積み、佐藤豊彦の率いる古楽アンサンブル「アルバ・ムジカ・きょう」のヴォーカリスト、日本の古楽アンサンブル「諧謔音楽」のメンバーとして活動。古楽のスペシャリストとして、浸透性のある声と繊細な表現テクニックが高く評価されています。 伊福部昭の作品には、伊福部昭のピアノ作品のスペシャリストとして知られる米国在住のピアニスト山田令子をきっかけに出会い、このレコーディングへと結びつきました。日本音楽でも西洋音楽でもない、古代人の祈りを元に伊福部が書き留めたいにしえの音楽に山田千代美が挑戦します。
この数年、私は常に伊福部の楽譜を手元に置き、彼の音楽はこのモードの原理に基づくモーダルマナーで歌われて初めて意味があるのではないかと考えて来た。そして私の伊福部への挑戦が始まった。よってこれはだれもが考える大きさへの挑戦ではない。私がこれまでモーダリストであろうとしたように、ここでもまたあくまでモーダリストでなければならない。それは限界のない伊福部の内なる世界への挑戦です。(山田千代美/ブックレット解説より)

Tactus
TC-880301(1CD)
カゼッラ:パリ時代の歌曲集
5つの詩 Op.2/ひび割れた鐘 Op.7
3つの詩 Op.8/ソネット Op.16
2つの歌 Op.21
2つの古いシャンソン Op.22
さらば人生よ Op.26
ローナ・ウィンザー(S)、
ラファエレ・コルテシ(P)

録音:2014年9月、ロッシーニ劇場(ラヴェンナ、イタリア)
イタリアにおける器楽復権運動で中心的な役割を果たしたアルフレード・カゼッラ(1883−1947)。タクトゥスが取り上げたのは、マーラー的とも称される「交響曲」などの器楽作品ではなく、パリ時代に作曲された「歌曲」の数々。 パリ時代の師であるフォーレの影響を随所に感じさせるカゼッラ初期の歌曲を、シュヴァルツコップ、ホッター、スゼーの下で学んだイギリスのソプラノ、ローナ・ウィンザーが歌い上げています。
Tactus
TC-941902(2CD)
パオロ・スカットリン:オラトリオ「トレノディア」 ピア・パオロ・スカットリン(指)、
エウリディーチェ室内O、
アンサンブル・ストゥルメンティ・アンティチ「キルケー」、コーロ・エウリディーチェ、他

録音:2017年7月、ボローニャ(イタリア)
第一次世界大戦中に詩人や兵士たちによって読まれた詩を題材として、現代イタリアの作曲家ピア・パオロ・スカットリン(1949−)が作曲した壮大なスケールのオラトリオ。CD1にはイタリア語ヴァージョン、CD2には英語ヴァージョンが収録されています。

Chandos
CHSA-5219(1SACD)
ベルリオーズ:レクイエムOp.5 エドワード・ガードナー(指)、
ベルゲン・PO&cho、
ブルール・マグヌス・トーデネス(T)、
コレギウム・ムジクムcho
エドヴァルド・グリーグcho
王立ノーザン音楽大学cho
アイカンゲル=ビョルスヴィーク・ムシークラーグ、
ベルゲン・フィルハーモニー・ユース・オーケストラとクレッシェンドのミュージシャン達

録音(ライヴ):2018年5月21日−24日、グリーグホール(ベルゲン、ノルウェー
テノール独唱に大編成のオーケストラ&cho、そして4組の金管アンサンブル(バンダ)が必要とされる大作。ベルゲン・フィルの合唱団の他、ノルウェーのアンサンブルや合唱団、管楽器アンサンブル、そしてベルゲン・フィルのユース・オケとクレッシェンド(オーケストラはオスロ・フィルが主に指導するノルウェーの国際的な教育プログラム)のメンバー等が集結して実現した、ベルゲン国際音楽祭のライヴ。大人数の演奏がエドワード・ガードナーの手腕によって、美しく壮大な鎮魂歌として昇華された劇的なライヴ演奏が、Chandosの高品質なサラウンド・サウンドで録音されています。高音質盤愛好家も要注目!

Diapason
DIAP-085(1CD)
ショーソン:作品集

(1)愛と海の詩 Op.19
(2)詩曲 Op.25
(3)交響曲変ロ長調 Op.20
(4)妻を讃える歌 Op.36-1
(1)イルマ・コラッシ(Ms)、ルイ・ド・フロマン(指)LPO
録音:1955年
(2)クリスチャン・フェラス(Vn)、ジョルジュ・セバスティアン(指)ベルギー国立O
録音:1953年
(3)ピエール・モントゥー(指)、サンフランシスコSO
録音:1950年
(4)ジェラール・スゼー(Br)、ジャクリーヌ・ボノー(P)
録音:1955年
「詩曲」をはじめとした19世紀、フランス・ロマン派の作曲家、エルネスト・ショーソン(1855−1899)の代表作を集めたプログラム。モントゥーが振る「交響曲」は、音楽監督を務めたサンフランシスコSOとの録音の中でも代表作の1つとして高く評価されている名演です。
※Diapasonレーベルのタイトルは初回限定生産のため、ご注文に対し十分な数量をご用意できない場合がございます。また、ライセンスに起因する突然の廃盤が発生する場合がございます。予めご了承下さい。


EUROARTS
20-50548(5DVD)
エリク・エリクソン生誕100周年記念DVDボックス

■DVD1(79分)
ブラームス:ドイツ・レクイエム

■DVD2(131分)
ヨーロッパコンサート1998フロム・ストックホルム
ワーグナー:「さまよえるオランダ人」序曲
チャイコフスキー: 交響的幻想曲「テンペスト」8
ドビュッシー:夜想曲,
ヴェルディ
:聖歌四篇

■DVD3(97分)
ヨーロッパコンサート2000フロム・ベルリン
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番
交響曲第9番『合唱』
【特典映像】メイキング(ベルリン)

■DVD4(89分)
ヴェルディ: レクイエム

■DVD5(99分)
ノーベル賞コンサート2008
スウェーデン国王歌
ドヴォルザーク:交響曲第7番
モーツァルト:ミサ曲ハ短調K.427(K.417a)
■DVD1(79分)
バーバラ・ボニー(S)、ブリン・ターフェル(Br)、スウェーデン放送cho、エリク・エリクソン室内cho、クラウディオ・アバド(指)BPO
収録:1997年4月3日、ウィーン、ムジークフェラインザール(ライヴ)
■DVD2(131分)
クラウディオ・アバド(指)BPO、マリー・アレクシス(S)、マリア・ヴィースランデル(コーラスマスター)、スウェーデン放送cho エリク・エリクソン室内cho
収録:1998年5月1日バーサ号博物館、ストックホルム(ライヴ)
■DVD3(97分)
ミハイル・プレトニョフ(P)、カリタ・マッティラ(S)、ヴィオレータ・ウルマーナ(C.A)、トマス・モーザー(T)、アイケ・ヴィルム・シュルテ(Br)、エリク・エリクソン室内cho スウェーデン放送cho、トヌ・カリユステ(合唱指揮)、クラウディオ・アバド(指)BPO
収録:2000年5月1日フィルハーモニー、ベルリン(ライヴ)
■DVD4(89分)
アンジェラ・ゲオルギュー(S)、ロベルト・アラーニャ(T)、スウェーデン放送cho、エリク・エリクソン室内cho、オルフェオン・ドノスティアーラcho、クラウディオ・アバド(指) BPO
収録:2001年1月、フィルハーモニー、ベルリン(ライヴ)
■DVD5(99分)
ミア・パーション(S)、アン・ハレンベリ(A)、ヘルゲ・ルンニング(T)、ペーテル・マッティ(Bs)、モンテヴェルディcho、エリク・エリクソン室内cho、ジョン・エリオット・ガーディナー(指)ロイヤル・ストックホルムPO
収録:2008年12月8日ストックホルム・コンサート・ホール(ライヴ)

画面:16:9 NTSC
音声:PCMステレオ
リージョン:All、495分
スウェーデンの世界的な合唱指揮者エリク・エリクソン生誕100年記念DVDボックス。エリク・エリクソン(1918-2013)は、合唱の神様と称される 大指揮者。スウェーデン放送合唱団、オルフェイ・ドレンガルなどの名門合唱団の指揮者を長年務め、1945年にはエリク・エリクソン室内合唱団を創設、 ロランス・エキルベイ、アロイス・グラスナーなど優れた合唱指揮者を育て上げた20世紀の合唱界を代表する人物。 このDVDボックスは、エリク・エリクソン及びエリク・エリクソン室内合唱団がこれまで参加した数々の歴史的なコンサート映像を集めたもの。まず、ウィー ンの楽友協会で行われたアバド指揮ベルリン・フィルとの公演。ブラームスの死後100周年を記念したこの演奏会で「ドイツ・レクイエム」が上演され ています。ソリストは、当時最高の顔ぶれとも言える、バーバラ・ボニーとブリン・ターフェルです。DVD2には、1998年にエリク・エリクソンの母国ス ウェーデンで行われたベルリン・フィルのヨーロッパコンサート。1628年建造の戦艦バーサ号の保存館で行われ嵐や海をテーマにした楽曲が演奏されま した。そしてベルリンで行われた2000年のアバド指揮ベルリン・フィルのヨーロッパコンサート。さらにその翌年行われたアラーニャとゲオルギューとい う当時のスターが出演したヴェルディのレクイムの映像。DVD5は、2008年のノーベル賞記念コンサートという大変豪華な映像が並びます。 (Ki)

Pentatone
PTC-5186621
(1SACD)
ゴードン・ゲッティ(1933-):管弦楽付き合唱作品集
夜の老人(詩:ゴードン・ゲッティ)
朝の老人(詩:ゴードン・ゲッティ)
バレエ・リュス(詩:ジョン・メイスフィールド)
シェナンドー(伝承)
いたずら小僧がいた(詩:ジョン・キーツ)
最も愛した者たち(詩:サラ・ティーズデール))
美女が踊りながらやってくる(詩:ゴードン・ゲッティ)(
死せるレディに(詩:エドウィン・アーリントン・ロビンソン)
センナケリブの破滅(詩:バイロン卿)
シナーラ(詩:アーネスト・ダウスン)
つれなき美女(詩:ジョン・キーツ)
オランダ放送cho
クラース・ストック(合唱指揮)
ジェイムズ・ガフィガン(指)、オランダ放送PO
ヨリス・ヴァン・リーン(コンサートマスター)

録音:2017年6月&10月/ヒルフェルスム、MCOスタジオ5
PENTATONEが力を注ぎ録音を続けているゴードン・ゲッティの作品。当アルバムは管弦楽付き合唱作品集で、オランダ放送 合唱団による合唱、ジェイムズ・ガフィガン指揮オランダ放送フィルによる演奏です!詩や英米文学を愛する作曲家ゲッティが、思い入れのある詩人の作品から厳選した詩を用いたこの合唱曲の数々です。キーツ、バイロンからメイスフィー ルド、そして自作の詩までが音楽となって立ち昇ります。ゲッティのオペラ「アッシャー家の崩壊」の録音でタクトを執った指揮者ローレンス・フォスターがゲッ ティを評した「歌手のためにいかに書くかを知っていて、またそれを楽しんでいる作曲家」という言葉通り、彼の手腕がいかんなく発揮された作品集です。 声楽作品への愛と文学作品への愛が重なり、まさにゲッティの魅力満載のアルバムと言えるでしょう。 ジェイムズ・ガフィガンは1979年ニューヨーク生まれ。サンフランシスコ響の准指揮者、クリーヴランド管のアシスタントを務めるなどしてアメリカの 一流オケに関わり、2004年のショルティ国際指揮コンクールで優勝。現在ルツェルンSOの首席指揮者を務めながら、世界中のオーケストラを指揮 している逸材です。 (Ki)

Stradivarius
STR-37110(1CD)
カステルヌオーヴォ=テデスコ:フォーゲルヴァイデ(全10曲)
エットレ・デスデーリ(1892-1974):ギター・ソナタ ホ長調
 2 つの15 世紀のカッチャ
 三幅対
ルカ・トラブッキ(G)
レオナルド・デ・リージ(T)

録音2017 年9 月 ロンバルディア州モンターニャ・イン・ヴァルテッリーナ
※CD ブックレットでは録音が 2018 年 9月と誤って表記されています。
マーリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ:(1895-1968)とエットレ・デスデーリ(1892-1974)のギター伴奏の歌曲を中心に収録。注目はカステルヌオーヴォ=テデスコ:の「フォ ーゲルヴァイデ」。これは文字通り中世の高名な詩人、ヴァルター・フォン・デア・フォーゲ ルヴァイデの詩を用いたギター伴奏のドイツ・リートで、元々はディートリヒ・フィッシャー= ディースカウに献呈されたのだが、彼は結局歌わず終いで、カステルヌオーヴォ=テデ スコの代表作になってもおかしくないのに埋もれてしまった。この CD には世界初録音と ある。 エットレ・デスデーリはピエモンテ州アスティ生まれの作曲家。渋めのクールな作風が良 い。2 つのカッチャは世界初録音と表示されています。 レオナルド・デ・リージはバロック音楽から現代曲まで幅広く手掛けるイタリアのテノール。 カステルヌオーヴォ=テデスコ:に入れ込んでいるようで、20 年以上前にカステルヌオー ヴォ=テデスコの歌曲集のCD を作ったことがある。ルカ・トラブッキは1965 年ソルディー ノ生まれのギター奏者。

オクタヴィア
OVCL-0068(1CD)
2018年9月26日発売
ストラヴィンスキー:ペルセフォーヌ
〈日本初演〉
アレクサンドル・ラザレフ (指)
日本フィルハーモニーSO
ドルニオク綾乃 (ナレーション)
ポール・グローヴス (T)
晋友会cho
東京少年少女合唱隊

2018年5月18-19日、東京・サントリーホール にてライヴ収録
ストラヴィンスキーの音楽と、アンドレ・ジッドの台本でギリシャ神話の物語を描いた「ペルセフォーヌ」。オーケストラ、テノール独唱、合唱、ナレーション、という編成の大きさからも演奏機会の少ない秘曲と言われています。 当盤は、日本フィル第700回目の定期演奏会における、記念すべき日本初演のライヴ録音。ラザレフと日本フィルの長い歩みによって築かれた厚い信頼関係の証ともいえる名演です。立体的な響きと鮮やかな音色が、聴き手をペルセフォーヌの神話に引き込みます。
オクタヴィア
OVCL-00682(1CD)
2018年9月26日発売
「ありがとう」を風にのせて−日本名歌集
鉾をおさめて/椰子の実
納涼/秋の月/荒城の月
荒磯/この道/われは海の子
朧月夜/出船/平城山
甲斐の峡/九十九里浜
浜辺の歌/鴉/行々子
浜千鳥/竹田の子守唄
小さな空/落葉松
津軽のふるさと
見上げてごらん夜の星を
ありがとう
ヴィタリ・ユシュマノフ(Br)
塚田佳男(P)

録音:2018年3月4、6日 神奈川・相模湖交流センター
注目を集めるロシア人、バリトン歌手ヴィタリ・ユシュマノフの最新アルバムは、日本の名歌集となりました。 日本のことをこよなく愛し、日本人以上に日本の清い心を宿すヴィタリが熱い想いを歌い上げます。ヴィタリの持つ日本人以上に美しい発音、朗々たる豊かな歌声と表現力は聴く者の心へダイレクトに強く伝わります。日本人なら誰もが知る日本の美しい風景を映し出した名歌が、懐かしさと慈愛を乗せて広がります。 ピアノ伴奏には、日本歌曲の大家であり、ヴィタリの長年日本歌曲の師でもある塚田佳男が担当。美しさと気品を兼ねるピアノで、アルバムに輝きを与えます。 ロシアで生まれ、日本で開花する一人のバリトン歌手が、第二の故郷とする日本のために感謝の気持ちを届けます。未来へ歌い継いでいきたい日本名歌とその歌声をお聴き下さい。

Seattle Symphony Media
SSM-1019(1CD)
NX-B03
ベルリオーズ:レクイエムOp.5 ケネス・ターヴァー(T)
シアトル・プロ・ムジカ
ルドヴィック・モルロー(指)
シアトルSOcho

録音:2017年11月9、11日ライヴ
音楽史に残る大編成作品、ベルリオーズの「レクイエム」。フランス出身で最新の音楽への理解が深い首席指揮者 モルローが、自国の革新的作品を深い共感を持って表現しています。10人で叩くティンパニとシンバル、聴衆を取り 囲む金管楽器が炸裂する「テューバ・ミルム」、そして「ラクリモサ」では、シアトル響が誇るブラスが絶大な威力を発揮 し、「ホスティアス」で四方から低く響くトロンボーンもかなりの不気味さです。「サンクトゥス」の独唱として登場するアメ リカ出身の若きテノール、ケネス・ターヴァーは、美しい声と高い技術、広い音域、エレガントで魅力的な舞台姿など で、この世代で最も優れたベルカント・テノールの一人と目されており、ここでもすっと引き込まれるような素晴らしい歌 唱を聴かせます。

コウベレックス
KRS-470(1CD)
品番変更再発売
宇野功芳〜叙情の世界1
佐藤眞:混声合唱のための組曲「旅」(作詞:田中清光、山之井愼)
高田三郎:水のいのち(作詞:高野喜久雄)
大中恩:沼、海の若者、秋の女よ
石桁真礼生:月光とピエロ
宇野功芳(指)
神戸市混声cho

録音:2011 年6 月5 日、
神戸文化ホール 中ホール(神戸市)

※旧品番:KPC-619は廃盤となります。
神戸市混声合唱団は1989 年に神戸市により設立されたプロの合唱団。澄んだ歌声 と密度の高い合唱でレパートリーも多彩。年2回の定期演奏会では内外の客演指揮者 を迎えて本格的なステージが組まれ固定したファン層を持っています。2011 年の特別 演奏会では宇野功芳氏を迎え、佐藤眞作曲「混声合唱のための組曲『旅』」と、高田三 郎作曲「水のいのち」他が好演されました。 宇野氏は同合唱団の音楽的なレベルの高さを評価しており、混声合唱の可能性を追 求しながら、聴く人が親しみを感じる渾身の舞台を作りあげ、人々の心を掴んできまし た。一方、「水のいのち」は、これまでの演奏スタイルから表現を一新したという宇野氏 の「最終形」ともいわれています。
「この”水のいのち”は余分なものがとれた最後のかたちである」 (宇野功芳)

Profil
PH-14033(1CD)
ヴェルディ歌曲集
(1)ストルネッロ「お前は私を愛さないという」
(2)石だたみの道(小さな煙突掃除屋)
(3)ジプシーの女
(4)私の安らぎは失せて
(5)乾杯(第2稿)
(6)エリザよ、疲れた詩人は死んでゆく
(7)暗い夜を恐れて/(8)誘惑
(9)つぼに近寄るな(墓に近寄らないで欲しい)
(10)バラード「亡命者」
(11)哀れな男
(12)乾杯/(13)孤独な部屋で
(14)嘆きの聖母よ、私にあわれみを
(15)星に/(16)日没/(17)神秘
ディアナ・ダムラウ(S)(1) - (5) 、
パウル・アルミン・エーデルマン(Br)(6)‐(11) 、
セザール・アウグスト・グティエレス(T)(12)‐(17)、
フリードリヒ・ハイダー(P)

録音:2005年8月(1)-(5)、2010年1月(6)‐(17)
ヴェルディといえばオペラですが、わずかながらピアノ伴奏の歌曲も残しています。いずれもヴェルディならではの旋律美と活力にあふれ、魅力的ながら あまり録音に恵まれていません。ダムラウの歌唱で聴くことができるのは奇跡で、まさに決定盤と申せましょう。 ダムラウのほか2010年録音の男声歌曲も収録。全ての伴奏をグルベローヴァの夫君フリードリヒ・ハイダーが担当。珍しいヴェルディのピアニズムも 絶妙に表現しているのも注目です。 (Ki)
Profil
PH-18042(1CD)
ジョルジュ・シュミット:フランス語歌曲集
まだあなたのもの/夢/法悦/壊れた花瓶/私を思い出して/海辺にて/彼は眠る/忘れな草/すみれ/「すみれ」によるアラベスク(ピアノ曲)/去りゆくつばめ/四季のロマンス/夜想曲/五月の歌/フェスティヴァ/マリエットに/ミミ・パンソン/シードル/ファウスト
トリオ・セナクル
【エヴェリン・チェスラ(S)、ニコ・ヴォウテルセ(Bs-Br)、ミシェル・ケルシェンメイヤー(P)】

録音:2017年8月1-4日/ルクセンブルク市立音楽院
ジョルジュ・シュミット(1821-1900)はドイツ生まれながら、23歳の時にパリへ移りずっとその地に暮らしました。14歳から病気の父に代わり大聖 堂のオルガニストとなり、パリでもサン・シュルピス教会、サン・ジェルマン・デ・プレ教会の奏者を務めました。1857年にはニデルメイエール音楽学 校のオルガン科教授に任命されました。ここでは彼のフランス語歌曲の約半分が収録されています。歌詞はユーゴーやミュッセによります。トリオ・セナク ルはドイツのソプラノのチェスラ、オランダのバス・バリトンのヴォウテルセ、ルクセンブルクのピアニスト、ケルシェンメイヤーにより2015年結成。ドイ ツとフランスの歌曲にこだわりを示しています。 (Ki)
Profil
PH-18036(1CD)
ロマン派のバス・デュエット
メンデルスゾーン:恋人よ打ち明けておくれOp.63の1
 秋の歌Op.63の4/夕べの歌/舟旅
ヒラー:夜の平和Op.121の5
 祈りOp.121の6/讃歌Op.121の7
アントン・ルビンシテイン:天使Op.48の1
 すべての頂に憩いありOp.48の5
 暗雲Op.48の8/森の歌Op.67の2
ドヴォルザーク:りんごOp.38の2
 もし大鎌が鋭く磨かれていたらOp.32の3
 兵士の分れOp.32の6
マッティーセン:星の歌/夜の至福
シューベルト:死と乙女D531/魔王D328
レーヴェ:海をゆくオーディン
 アーチボルド・ダグラス/詩人トム
アイルランド民謡:緑の服
 わがいとしの弟/ドリナウン・ドゥン
 なんと甘く答えることか
 パスシーン・フィオン/美しいキティ
クルト・モル、ハラルド・シュタム(Bs)
ヴィル ヘルム・フォン・グルネリウス(P)

録音:1983年6月、1986年2月/自由ベルリン放送小ゼンダーザール
かつてコッホ・シュヴァンからリリースされていたアルバムの復活。バスの二重唱は珍しく、またヒラーやアントン・ルビンシテインのような大ピアニスト がオリジナル作品を残しているのも驚きですが、どれも味わい深く独特の世界を創り上げています。シューベルトの「死と乙女」と「魔王」はあえて2つ の役を分けて演じることで表現力が増しています。

Cybele
CYBELEKIG-010S
(3SACD)
オスカー・ゴットリープ・ブラー(1934-):イエス受難曲
ミリヤム・ヴィーゼマンとオスカー・ゴットリープ・ブラーの対話
ミリヤム・ヴィーゼマンとオディロ・クラッセンの対話
グロリア・レーム(S)
シルヴィア・ハウアー(Ms)
ソン・ソンミン(T) 
ヨハネス・ヒル(Br)
マルクス・ヴォルペルト(バスバリトン、イエス)
ヨルグ・エンデブロック(指)
ヴィースバーデン・バッハO&cho

録音:2018年3月30日(ライヴ)
SACDハイブリッドで、SA層ではバイノーラル録音も楽しめます。幼いころから教会音楽やオルガン音楽に魅了されてきたという1934年生まれのド イツの作曲家、オスカー・ゴットリープ・ブラーによる『イエス受難曲』。1985年に初演されて以来20回以上上演されている大作オラトリオ。作曲者に よると、バッハのマタイ受難曲・ヨハネ受難曲とは距離を置いて作曲したということで、また、反ユダヤ主義の無い内容を目指したと言っています。 (Ki)

Challenge Classics
CC-72780(1CD)
ジャズ歌手と弦楽四重奏のハイレベルな共演
レオ・フェレ(1916-1993):Paris canaille
ミアルカ・ラパルセリエ(1912-1956)&ジャン・リシュピン(1849-1926):Mon coeur est un violon
ジョルジュ・ブラッサンス(1921-1981):Je me suis fait tout petit
ジャック・ブレル(1929-1978):Les vieux
シャルル・トレネ(1913-2001):Debit de l’eau, debit de lait
ジャック・ブレル&ジェラール・ジュアネスト(1933-2018):La chanson des vieux amants
シャルロッテ・ハーセン(1987-):Qui protege les marins?
ジャック・ブレル:Isabelle
シャルル・アズナヴール(1924-)& ジャック・プラント(1929-1986):La boheme
フィリップ・サルド(1948-)&ジャンヌ・モロー(1928-2017):L’ adolescente
クロード・ヌガロ(1929-2004)&ジャック・ダタン(1920-1973):Le jazz et la java
ジャック・ブレル:Orly
ミシェル・ルグラン(1932-):Les moulins de mon coeur
カフェ・ド・シャンソン feat. シャルロット・ハーセン

録音:2018年5月18-20日/ベルギー
1987年アムステルダム生まれのシャルロット・ハーセンはベルギーのフランス語圏で育ち、アムステルダム芸術大学でジャズを学んだ歌手。ネーデル ラント・POのメンバーによる弦楽四重奏との共演で20世紀フランスの歌を歌います。弦のアレンジが凝っていて、自在に伸縮する 歌声にも完璧にマッチ。完成度の高いアルバムです。 (Ki)

Phi
LPH-030(1CD)

NYCX-10016(1CD)
国内盤仕様
税込定価
バッハ:カンタータ 第4、79、80番
神はわが堅き砦 BWV80(1725年初演稿)〜宗教改革記念日のための教会カンタータ
救世主は、死の縄目につながれても BWV4〜復活祭主日のための教会カンタータ
主なる神は、太陽であり楯であり BWV79〜宗教改革記念日のための教会カンタータ
「独唱」
ドロテー・ミールズ(S)
アレックス・ポッター(アルト=カウンターテナー)
トーマス・ホッブズ(T)
ペーター・コーイ(Bs)
コレギウム・ヴォカーレ・ヘント(合唱・器楽合奏/古楽器使用)
総指揮:フィリップ・ヘレヴェッヘ

録音:2017年1月23〜25日
ベルリン、イェス・キリスト教会
国内盤解説訳・補筆、歌詞訳:白沢達生
独自レーベルを立ち上げてから8年、フィリップ・ヘレヴェッヘのさらなる冒険はシャンゼリゼOやアントヴェルペンSO(旧称ロイヤル・フランダース・ フィル)といった大規模オーケストラとの新規レパートリーでもくりひろげられてきましたが、やはりヘレヴェッヘといえばバッハ。満を持しての新録音で、一連の教会 カンタータから彼にとって関心の高い作品をじっくり選び出し、今もなお少しずつ音盤化してくれているのは頼もしい限りです。今回はついに傑作中の傑作「神 はわれらが堅き砦」BWV80と、もうひとつ同様に宗教改革記念日を彩ったカンタータ第79番、そして若き日のミュールハウゼン時代に書いた、17世紀以前 の伝統の系譜をひく第4番...と、変化に富んだプログラムが魅力。とくにBWV80では金管・打楽器を伴う一般的な版ではなく、それらが使われない初演稿 での録音になっているのが見逃せません。首席奏者は同レーベルでバッハの無伴奏曲集を全曲録音し、イザベル・ファウストやアマンディーヌ・ベイエールらの最 新録音にも比しうると絶賛されたクリスティーネ・ブッシュ。さらにマルセル・ポンセール(Ob)、ブルース・ディッキ―(ツィンク)、モード・グラットン(Org)...と 楽団の随所に多忙な大物たちが集い、ヘレヴェッヘのチームならではの一体感と推進力あふれる自然体の演奏で、過不足なく客観性を浮き彫りにしなが ら、これらの名品の「生まれたての真相」に迫ります。

ALPHA
ALPHA-425(1CD)
ハンス・ツェンダー(1936-):シューベルトの「冬の旅」再創造-テノールと小オーケストラのための ユリアン・プレガルディエン(T)
ロベルト・ライマー(指)
ドイツ放送PO

録音:2016年1月22日 ライヴ
ザールブリュッケン ハルベルク放送局大ホール
若きテノール歌手の中で強い存在感を放つユリアン・プレガルディエン。父クリストフ・プレガルディエンも優れたリート歌手 であり、ユリアンも宗教曲やリートの分野で大活躍しています。 彼がALPHAレーベルでの最初の録音に選んだのは歌曲集「冬の旅」。しかし、これはシューベルトが書いた曲集ではな く、後世の作曲家ハンス・ツェンダーが“まるでオペラか音楽物語のように”仕上げたオーケストラを伴う長大な歌絵巻で す。この作品は彼の父クリストフも歌い、作品の特異さを広く知らしめたもの。ツェンダー自身が「創造的な変容」と語る ように、シューベルト作品の極限まで切り詰めた美しさ、深さとは一線を画した“表現豊かな性格”を与えられた曲集で す。第1曲目の「おやすみ」から、歌手は歌い始めるまでに積もった雪の中を延々と歩かなくてはいけません。歌は時とし て叫び、嘆き、オーケストラは風景をとことん描写し、聴き手は目の前に迫る恐怖と諦念と戦うことになります。プレガル ディエンの清冽な歌唱は苦悩に満ちた世界を浄めるかのようです。

Cypres
CYP-4649(1CD)
ブノワ・メルニエ(1964-):作品集
ディキンソン歌曲集
 My Garden-like the Beach 私の庭-海辺のように
 Of Being a Bird 鳥のこと
 Snow Flakes 雪片
 There is something quieter the sleep 息の音一つ聞こえない静寂の中
 Angels,in the early morning 天使よ、早朝に
 I've heard an Organ talk,sometimes 私はオルガンが時折鳴るのを聴いていた
 A transport one cannot contain 移したもののなかに含まれていない
オルガン協奏曲*
アラン・アルティノグル(指)
モネSO/ブノワ・ジオー(指)ラ・コラリーヌ(モネ青少年合唱団)
オリヴィエ・ラトリー(Org)*
ヒュー・ウルフ(指)ベルギー国立O*

録音:2017年9月15.17日
ブリュッセル ボザール音楽堂アンリ・ルブフ・ホール
現代ベルギーのオルガニスト、作曲家メルニエの作品集。古典的な形式を用いた調性感のある作品で知られ、ここ数 年アルバムのリリースも増えてきました。 ベルギーの3つの文化機関、モネSO、ボザール音楽堂、ベルギー国立Oの共同プロジェクトにより生ま れたこの新しいメルニエ作品集は、2つのオーケストラから各々委嘱された作品を併せて収録したもの。アメリカの偉大 な女性詩人ディキンソンの詩を用いた歌曲集は、ディキンソンの詩を知らない若い女性合唱団員たちにも大きな感銘 を与えたといいます。かたやヒュー・ウルフの(指)名手オリヴィエ・ラトリーがオルガンを演奏する「オルガン協奏曲」はブ リュッセル、ボザール音楽堂の改築されたオルガンを初めて使用した演奏の記録でもあります。

LIMEN Classic
CDE18-C19(1CD)
ベルク:7つの初期の歌曲*
ノーノ:ジャミラ・ブ ー パシャ
カスティリオーニ:Cosi parlo Baldassarre
マンツォーニ:Nel tuo silenzio / Estremita
ソルビアーティ:To whom?
スピノザ:Pasicompsa
シェルシ:「山羊座の歌」より XVII / XII / IV /XIII / III / V / XIV / XVI
チョー・ジョー(S)
マリーノ・ナホン(P)*
(2)以降は無伴奏独唱。ベルクが完全にロマン派と思えてくる刺激的プログラムで、声の可能性を追求します。

Hanssler
HC-18025(1CD)
『詩人の恋』
(1)ベートーヴェン:連作歌曲「遥かなる恋人に寄す」 Op.98
(2)シューマン:哀れなペーター Op.53-3
(3)ヴォルフ:歌曲集「歌の花束」
(4)シューマン:詩人の恋 Op.48
(5)シューマン:月の夜 Op.39-5
ベンヤミン・ブルンス(T)、
カローラ・タイル(P)

録音:2015 年 10 月 5-7 日/ランゲンフェルト
2017年4月、バッハ・コレギウム・ジャパンのマタイ受難曲演奏会にて福音史家として出演したテノール、ベンヤミン・ブルンスがベートーヴェン、シュー マン、ヴォルフの歌曲集を録音しました。 ブルンスはハノーファーの少年合唱団のアルトのソリストとして演奏活動を開始し、その後、ハンブルク音楽演劇大学在学中にブレーメン歌劇場の所属 歌手となり、若くしてその才能開花させた逸材です。これまでにウィーン国立歌劇場、ミュンヘン国立歌劇場、ケルン歌劇場、ニュルンベルク歌劇場などヨー ロッパの主要なホールにて経験を積み、ここに収録されたベートーヴェン、シューマン、ヴォルフはもちろんのこと、バッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァ ルトなども得意とする注目のテノールです。2016/17シーズンにはウィーン国立歌劇場に『ペレアスとメリザンド』のペレアス役で出演し好評を博しました。 のびやかで美しい歌唱が魅力です。共演のカローラ・タイルはソプラノのシルヴィア・ヴァイス、テノールのスコット・ウィアーなどと録音もしているピアニ ストで歌曲の伴奏には定評のある名手です。 (Ki)

ALBANY
TROY-1725(1CD)
リンダ・リスター〜自作自唱
(1)私に愛のワインを持って来て(6 曲)
(2)有名な妖精たちへの嘆願(7 曲)
(3)恋するソネット詠み(3 曲)*
(4)別々の弦(2 曲)
(5)エマーソンとアイル(2 曲)
(6)セミ歌劇「なんと明瞭に彼女は輝いていることか!」から(3 曲)
(7)悪い詩 Bad Poetry のB(7 曲)
(8)歌手の健忘
リンダ・リスター(S)
アマンダ・ジョンストン(P)
ウェイウェイ・レ(Vn)*

録音:2015年8月13,14日、10月8日 ネバダ州ラスベガス
歌手による自作歌曲の自唱は珍しい。リンダ・リスターは米国のソプラノ。高音を得意とする軽め のソプラノで、歌劇から歌曲まで幅広く歌っています。同時代の作曲家の作品も好んで歌う彼女 は、自ら歌曲をたくさん書いて歌っていることでも知られてい。唯一連作歌曲でない「歌手の健 忘」は、歌手が時々歌詞が飛んでしまうことを題材にしたアンコール用の歌劇アリアの接続曲。
ALBANY
TROY-1728(1CD)
宗教歌曲集
フォーレ:サルヴェ・レジーナ,アヴェ・マリア
ヴォーン=ウィリアムズ:5 つの神秘的な歌
レーガー:12 の精神的な歌 Op.137〜第 4 番「晩に」,第5番「おお主な神よ」,第6番「キリストよ」
ヴィエルネ:祈り(3 曲)
リテーズ:祈り
サワビー:隠れ場に住む人は,主に向かって喜ばしい声をあげろ,私は山に向かって目を上げる
ピンカム:イエスよ、甘い思い,主を褒め称えよ,慈しみと愛のあるところ
スティーヴン・ランカスター(Br)
ケヴィン・ヴォーン(Org)

録音:2017年5月30日―6月1日 米国,インディアナ州,サウスベンド
近代の作曲家によるオルガン伴奏による宗教曲集。ガストン・リテーズ(1909-1991)はフランス のオルガン奏者、作曲家。レオ・サワビー(1895-1968)は米国のオルガン奏者、作曲家。ダニエ ル・ピンカムは米国のオルガン奏者、作曲家。 スティーヴン・ランカスターはカナダのバリトン。北米を中心に主に演奏会、リサイタルで活躍して います。インディアナ州のノーターデイム大学の教会出の録音。
ALBANY
TROY-1729(1CD)
「十分に軽く」
スコット・ウィーラー(b.1952):十分に軽く(7 曲)
デイヴィッド・コント(b.1955):誰もが歌った(4 曲)
ラリー・アラン・スミス(b.1955):時、忍耐と憧れの歌
(6 曲)
ケンドラ・ダーコール:笑いと溜め息(4 曲)
ロバート・ベアフィールド(Br)
ケリー・ホーステッド(P)

録音:2017 年6-10 月 ニューヨーク、DDD、56'50
米国の 1950 年代生まれの作曲家たち、スコット・ウィーラー(1952-)、デイヴィッド・コント (1955-)、ラリー・アラン・スミス(1955-)に加え、比較的若い世代のケンドラ・ダーコールの、4 人 の作曲家の歌曲集を収録。いずれもネオロマンティシズム風の穏やかな曲調で楽しめる。 ロバート・ベアフィールドは主として米国の地方歌劇場で活躍するバリトン。
ALBANY
TROY-1733(1CD)
ドン・ウォーカー(b.1941):合唱作品集
カミングズ・カントリー/マニフィカト
ベンジャミン・フランクリン歌曲集
ウォルト・ホワイトマン歌曲集
エミリー・ディキンソンの4 つの詩
エミリー・ディキンソンの3 つの詩
「ディストラー」第1 幕第3 場から
ケンタッキー風刺話
ダン・カロウセク(指)
ARSブリュネンシスcho
米国の作曲家、ドン・ウォーカーの Albany Records からの 3 枚目の CD。ドン・ウォーカーは 1941 年、カリフォルニア州ヴェンチュラの生まれ。いずれも親しみやすい曲ばかりです。 ARSブリュネンシス合唱団はチェコのブルノの合唱団。ダン・カロウセクはその音楽監督。 なお収録年やピアノ伴奏者などの情報は記載がない。
ALBANY
TROY-1734(1CD)
LOVE COMES IN AT THE EYE
ケヴィン・プッツ(b.1972):目の中へと(6 曲)
 アリア
ジェイムズ・スコット・バレンティン(b.1947):5 つの霊歌
ケヴィン・プッツ:エア
 ロビンの為の周回
ネッド・ローレム(b.1923):サンタフェ歌曲集(12 曲)
ティモシー・ジョーンズ(Br)
ステファニー・ジャット(Fl)
ステファニー・サンタンブロジオ(Vn)
キャロル・クック(Va)、ベス・レイピア(Vc)
アンソニー・ロス(Vc)、
ジェフリー・サイクス(P)

録音:2017年8月 米国,ウィスコンシン州,マディソン
ケヴィン・プッツ(1972-)、ジェイムズ・スコット・バレンティン(1947-)、ネッド・ローレム と、概ね四半世紀世代が異なる米国の 3 人の作曲家の歌曲および器楽曲を収録。ケヴィン・プ ッツはミズーリ州セントルイス生まれの作曲家。近年非常に人気が高いのも納得の才気煥発な 音楽。一方バレンティンの5 つの霊歌はバリトンをチェロで伴奏する渋い曲。 バリトンのティモシー・ジョーンズはヒューストン大学の声楽教授であり、また歌劇や演奏会で広 く活躍もしています。
ALBANY
TROY-1735(1CD)
「反応」
ドロレス・ホワイト:時々私は私自身ではない,南京虫
ジャクリーン・ヘアストン:愚かな心
ロバート・オーウェンズ:バリトンとピアノの為の3 つの歌 Op.20
マーケス・L.A.ギャレット:愛の循環〜愛の歌,心よ、私の心よ,さようなら
ジャクリーン・ヘアストン:彼女は自由に向かって座った
カーロス・サイモン・ジュニア:夕暮れ
マシュー・イヴァン・テイラー:反応
ハワード・スワンソン:死の歌
リナ・マクリン:日
マーケス・L.A.ギャレット:償い
ジョージ・ウォーカー:ああその唇を奪い去れ
ユージン・ハンコック:アブサロム,主よ、今こそこの僕を
カール・デュポン(Br)
グレゴリー・トムソン(P)
20 世紀から 21 世紀にかけての米国の作曲家、ドロレス・ホワイト、ジャクリーン・ヘアストン (1938-)、ロバート・オーウェンズ(1925-2017)、マーケス・L.A.ギャレット(1984-)、カーロス・サイ モン Jr(1984-)、マシュー・イヴァン・テイラー(1983-)、ハワード・スワンソン(1907-1978)、リナ・マク リン(1929-)、ジョージ・ウォーカー(1922-)、ユージン・ハンコック(1929-93)の歌曲を収録。 カール・デュポンは米国のバス=バリトン。歌劇で幅広く活動しています。

QUERSTAND
VKJK-1808(2CD)
バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV.232 ミヒャエル・シェーンハイト(指)
メルゼブルガー・ホフムジーク
コレギウム・ヴォカーレ・ライプツィヒ
ガーリンデ・ゼーマン(S)
ブリッタ・シュヴァルツ(S)
ヘンリエッテ・ゲッデ(A)
ファルク・ホフマン(T)
アンドレアス・シャイブナー(Bs)

録音:: 2017 年9 月7-9 日 ドイツ,メルゼブルク
バッハ好きはぜひとも聞くべきなCD。ハイドンの「天地創造」(VKJK1611)やブラーム ス&レーガー:「レクイエム」(VKJK1717)がたいへん好評だったミヒャエル・シェーンハ イト指揮のメルゼブルガー・ホフムジークによる第3弾はバッハのロ短調ミサ。これもライ プツィヒ近郊のメルゼブルク大聖堂での録音、ただしライヴ録音ではなく、9 月 10 日の 公演の直前の4 日間に録音が行われた。 シェーンハイトはやや速めの演奏しながら、透明で清らかな合唱の魅力を存分に生か して、新鮮かつ親しみやすい魅力に満ちた演奏に仕立てています。数多あるロ短調ミサ の録音の中でも、これは逃せない一品でしょう。 ミヒャエル・シェーンハイトはザールフェルト生まれでライプツィヒに学んだオルガニスト、 指揮者。メルゼブルガー・ホフムジークは1998 年創立のピリオド楽器使用オーケストラ。

ALPHA
ALPHA-393
NX-B08

NYCX-10013(1CD)
国内仕様
税込定価
ウィーン世紀末、六人の作曲家〜アルマ・マーラーのまわりで
シェーンベルク:四つの歌曲 Op.2(1899)
ウェーベルン:リヒャルト・デーメルの詩による五つの歌曲(1906-08)
ベルク:七つの初期歌曲(1907)
ツェムリンスキー:歌曲集 Op.2(1895〜1896)〜思いつくこと/春の日中/歌曲集 Op.5(1896〜1897)より/下衆なる期待/ただ眠りなさい
歌曲集 Op.5(1898〜1899)〜そこに二人の子供がいて/お誘い/44薔薇のイルメリン
アルマ・マーラー=ヴェルフル(1879〜1964):五つの歌曲(1910)〜静まりかえった都/甘やかな夏の夜/わたしは花のあいだを歩きまわる
四つの歌曲(1915)〜夜のさなかの光
フーゴ・ヴォルフ:ゲーテ歌曲集(1888)〜ミニョンの歌I/ミニョンの歌II/ミニョンの歌III/君よ知るや、かの国を
バーバラ・ハンニガン(S)
レインベルト・デ・レーウ(P)

録音:2017年10月
オムループ音楽センター(オランダ)
歌詞訳:小阪亜矢子・白沢達生
解説訳・補筆:白沢達生

Velut Luna
CVLD-297(1CD)
ロッシーニ:小ミサ・ソレムニス(12人の独唱者、2台のピアノとハルモニウムの為の;1863) アリアンナ・チモリン、
ヴァレンティーナ・コーロ、ミャオ・タン(S)
ヴァレーリア・ジラルデッロ、
フイジャオ・リ、ルドヴィーカ・マルクッツィ(A)
アンドレア・ビスコンティン、
ディエゴ・ロセット、ニコライ・スタツィウク(T)
パオロ・イングラショッタ、
フランチェスコ・トーゾ、チェンロン・ワン(Bs)
アルベルト・ボイスキオ(第1ピアノ)
マヌエル・ギディーニ(第2ピアノ)
カルロ・エミーリオ・トルタローロ(ハルモニウム)
ジョヴァンニ・バッティスタ・リゴン(指)

録音:2016年6月2日、ライヴ、テアトロ・オリンピコ、ヴィチェンツァ、イタリア
初演時の版と編成による演奏です。

Diapason
DIAP-022(1CD)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ 〜 マーラー&ヴォルフ:歌曲集
(1)マーラー:さすらう若人の歌
(2)マーラー:亡き子をしのぶ歌
(3)ヴォルフ:いましめ/ことづて
 新しい愛/火の騎士/心よ、考えよ
 ムンメル湖畔の精霊/めぐりあい
 4月の黄色い蝶/庭師/告白
 さすらい人の夜の歌
 ミケランジェロの3つの詩による歌曲集
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)、

(1)オットー・アッカーマン(指)ケルンRSO
録音:1954年

(2)ルドルフ・ケンペ(指)BPO
録音:1955年

(3)ジェラルド・ムーア(P)
録音:1957年&1959年
20世紀ドイツの名バリトン、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウが歌 ったマーラーとヴォルフの歌曲集。「亡き子をしのぶ歌」はケンペが指揮するベ ルリン・フィルとの演奏で、一方「さすらう若人の歌」はフルトヴェングラー& フィルハーモニアOとの名演ではなく、1954年に収録されたアッカーマン とケルンRSOによる演奏をチョイスしているところもポイントです。
※Diapasonレーベルのタイトルは初回限定生産のため、ご注文に対し十分な数量 をご用意できない場合がございます。また、ライセンスに起因する突然の廃盤が 発生する場合がございます。予めご了承下さい。
Diapason
DIAP-091(1CD)
ブラームス:29の歌曲
(1)蜘蛛の糸 Op.72-2
(2)花は仰ぎ見る Op.96-3
 私の心は重く Op.74-3
(3)秘め事 Op.71-3
 エオリアン・ハープに寄す Op.19-5
 乙女の歌 Op.107-5
(4)ことづて Op.47-1
 帰り道はどこ Op.63-8
(5)おお、涼しい森よ Op.72-3
 セレナード Op.106-1
(6)あなたの青い瞳 Op.59-8
静かな夜に WoO.22/42
(7)ヴァイオリン弾きが住んでいる WoO.33/36
 あの下の谷の底では WoO.33/6
(8)野の寂しさ Op.86-2
(9)ああ母さん欲しいものがあるんだ WoO.33/33
 永遠の愛 Op.43-1
 わが心は緑 Op.63-5
(10)乙女は語る Op.107-3
 甲斐なきセレナード Op.84-4
 かわいい乙女よ、私を許して WoO.33/2
(11)死は冷たい夜 Op.96-1
(12)5月の夜 Op.43-2
 愛のまこと Op.3-1
(13)4つの厳粛な歌 Op.121
(1)マーガレット・プライス(S)、ヴォルフガング・サヴァリッシュ(P)/録音:1982年
(2)ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)、イェルク・デームス(P)/録音:1957年−1958年
(3)エリーザベト・グリュンマー(S)、ジェラルド・ムーア(P/Op.71-3)、フーゴ・ディーツ(P/Op.19-5, Op.107-5)/録音:1958年
(4)ハンス・ホッター(Bs-Br)、ジェラルド・ムーア(P)/録音:1951年&1956年
(5)ジャネット・ベイカー(Ms)、アーネスト・ラッシュ(P)/録音:1960年
(6)イルムガルト・ゼーフリート(S)、エリック・ヴェルバ(P)/録音:1954年&1951年
(7)ヴヘルマン・プライ(Br)、マルティン・メルツァー(P)/録音:1958年
(8)リーザ・デラ・カーザ(S)、アルパード・シャーンドル(P)/録音:1957年
(9)エリーザベト・シュヴァルツコップ(S)、ジェラルド・ムーア(P/エリーザベト・シュヴァルツコップ)、エドウィン・フィッシャー(P/Op.43-1, Op.63-5)/録音:1954年
(10)エリーザベト・シューマン(S)、ジョージ・リーヴス(P/Op.107-3, Op.84-4)、レオ・ロゼネーク(P/WoO.33/2)/録音:1935年、1937年&1938年
(11)ロッテ・レーマン(S)、ポール・ウラノフスキ(P)/録音:1949年
(12)クリスタ・ルートヴィヒ(Ms)、ジェラルド・ムーア(P)/録音:1957年
(13)ヘルマン・プライ(Br)、マルティン・メルツァー(P)/録音:1958年
ベイカーやデラ・カーザ、グリュンマー、フィッシャー=ディースカウ、シュ ヴァルツコップなど20世紀の名歌手たちの演奏を集めたブラームスの歌曲集。12 人の名歌手たちそれぞれのカラーによるブラームスをお楽しみ下さい! ※Diapasonレーベルのタイトルは初回限定生産のため、ご注文に対し十分な数量 をご用意できない場合がございます。また、ライセンスに起因する突然の廃盤が 発生する場合がございます。予めご了承下さい。
Diapason
DIAP-087(2CD)
バッハ:クリスマス・オラトリオ BWV.248
バッハ:クリスマス・オラトリオ BWV.248より お休み、愛しいわが子よ、安らかに*
ルート・ツィーザク(S)、モニカ・グロープ(A)、クリストフ・プレガルディエン(T)、クラウス・メルテンス(Bs)、ラルフ・オットー(指)、コンチェルト・ケルン、フランクフルト・ヴォーカル・アンサンブル
アンドレアス・ショル(C.T)*
ルネ・ヤーコプス(指)ベルリン古楽アカデミー*

録音:1991年、1997年*
ディアパゾン誌が選んだバッハの「クリスマス・オラトリオ」は、マインツ・ バッハO&合唱団を指揮し、多くのバッハの名演を送り出してきたラルフ ・オットーがコンチェルト・ケルンを指揮した1991年の演奏。ボーナストラック として、アンドレアス・ショルが歌う「お休み、愛しいわが子よ、安らかに」を 収録しています。 ※Diapasonレーベルのタイトルは初回限定生産のため、ご注文に対し十分な数量 をご用意できない場合がございます。また、ライセンスに起因する突然の廃盤が 発生する場合がございます。予めご了承下さい。

LAWO Classics
LWC-1152(1CD)
モッテン・ゴートハウグ:月明かりの風景
月明かりの風景 Op.97/深き淵より Op.20b(2016)(メゾ・ソプラノと室内アンサンブルのための版)*/騎士ダーレビュー/オブストフェルデル歌曲集 Op.104/悲歌の断片 Op.42
マリアンネ・E・アンデシェン(Ms)、トーレ・ディングスタ(P)、ヤン・コープ(Vc)*、ビョルン・ラッベン(打楽器)*、ダーヴィト・フリーデマン・シュトルンク(Ob)*、スタイナル・グランモ・ニルセン(Hrn)*

録音:2016年10月25日−26日、2017年1月2日−4日、ソフィエンベルグ教会(オスロ、ノルウェー)/Recorded in DXD 24bit/352.8kHz
ノルウェーの作曲家モッテン・ゴートハウグ Morten Gaathaug(1955−)は、オスロのバラット・ドゥーエ音楽学校でヨハン・クヴァンダールに作曲を学びました。プロコフィエフをはじめとするネオクラシカルの作曲家に共感を寄せ、モダニストの音楽から距離を置いた伝統的な語法による室内楽曲と歌曲を中心に作品を発表しています。ヨルセンの抒情詩による「月明かりの風景」、ノルウェー抒情詩に初めてモダニズムを導入したことで知られるシーグビョルン・オブストフェルデルの詩による歌曲集、リルケの『悲歌』をテクストにした曲集。ゴートハウグは、ロルカがスペイン内戦を背景に書いた「深き淵より」を個人的な「愛の喪失の表現」として使ったと語っています。この曲は、1985年にメゾ・ソプラノと管弦楽のために作曲され、2016年、マリアンネ・E・アンデシェンのために「メゾ・ソプラノと室内アンサンブルのための版」が作られました。アンデシェンは、ノルウェー放送少女合唱団の出身。ロンドンの王立音楽アカデミーとオペラ・スタジオで学び、オスロでデビューしました。クヴェルノの「マタイ受難曲」の録音、ゴートハウグのカンタータ「赤い秋(Den Rode Host)」のノルウェー初演にも参加しています。

VIVAT
VIVAT-117(1CD)

PVIVAT-117
国内仕様盤
税抜定価
ヘンデル:イタリアン・カンタータ集
カンタータ 「見捨てられたアルミーダ」 HWV.105
カンタータ 「炎の中で」 HWV.170
カンタータ 「高貴な望みの子」 HWV.113
カンタータ 「死に瀕するアグリッピーナ」 HWV.110
キャロリン・サンプソン(S)、
キングズ・コンソート、
ロバート・キング(指)

録音:2018年3月9日−12日、アルフトン・ニュー・モルティングス(サフォーク、イギリス)
イギリスが誇る美しき名花。完璧なコロラトゥーラと豊かな歌声で古楽系ソプラノの最高峰として君臨するキャロリン・サンプソン。2013年にロバート・キング&キングズ・コンソートが立ち上げた自主レーベル「Vivat」から、サンプソンが歌うヘンデルのカンタータ集が登場。ヘンデルがイタリア時代に書いた多くの「イタリアン・カンタータ」の中から、「見捨てられた女性(abandoned women)」をテーマに4つのカンタータをプログラム。Hyperion時代から多くの名盤でロバート・キング&キングズ・コンソートと共演してきたキャロリン・サンプソンが、美しくも力強い歌声で劇的なヘンデルを歌います。
キングズ・コンソートのメンバーには、カティ・デヴレツェニやヒュー・ダニエル、ロビン・マイケル、市瀬礼子、レイチェル・チャップリンといった古楽器の名手たちが参加。また、ワールド・クラスの新たな録音会場、アルフトン・ニュー・モルティングス(Alpheton New Maltings)で録音された暖かくも透明感のあるアコースティック・サウンドもポイントです。

Hyperion
CDA-68179(1CD)
リスト:歌曲全集 Vol.5
喜びと悲しみと S.280(第1版、第1稿)
喜びと悲しみと S.280(第2版)
ローレライ S.273(第4稿)
すべての峰に安らぎがある S.306(第1稿)
青春の幸福 S.323
君は花のような人 S.287(第2稿)
尼僧院の僧房 S.274(第3稿)
エドリタムに寄す S.333
おお、私が眠るとき S.282(第1稿)
彼らは何と言った S.276(第1稿)
わが子よ、私が王ならば S.283(第1稿)
美しい芝生が広がるところ S.284(第1稿)
君を愛す S.315
朝起きると胸に尋ねる S.290(第1稿)
私は死にたいのです S.296(第2稿)
愛の夢 〜 〔高貴なる愛 S.307
私は死んだ S.308
おお、愛しうる限り愛せ S.298(第2稿)〕
アラン・クレイトン(T)、
ジュリアス・ドレイク(P)


録音:2016年12月1日−2日、ポットン・ホール(サフォーク)/2017年11月24日−25日、オール・セインツ教会(ロンドン)
歌曲大国ハイペリオンが2010年にスタートしたフランツ・リスト(1811−1886)の歌曲全集。第1巻マシュー・ポレンザーニ(CDA 67782)、第2巻アンゲリカ・キルヒシュラーガー(CDA 67934)、第3巻ジェラルド・フィンリー(CDA 67956)、第4巻サーシャ・クック(CDA-68117)に続く第5巻では、バロック・オペラから現代の新作オペラまで大活躍中のイギリスのテノール歌手、アラン・クレイトンが登場。
アラン・クレイトンはケンブリッジ・セント・ジョンズ・カレッジの聖歌隊出身、ロンドンの王立音楽アカデミーで学び、BBCニュー・ジェネレーション・アーティスト(2007-2009)、ボルレッティ=ブイトーニ財団フェローシップ(2008-2011)など有望な若手アーティストに贈られる主要な賞を受賞。その後ヨーロッパ各地のオペラ・ハウスや音楽祭で歌い、近年では2017年にグラインドボーン音楽祭で世界初演されたブレット・ディーンの「ハムレット」の主役を務め称賛を浴び、それらの功績を認められ、2018年5月に発表されたロイヤル・フィルハーモニック協会音楽2017では「歌手賞」を受賞しています。

APARTE
AP-181(1CD)
グノー:歌曲集
私の美しい恋人は死んだ/祈り/セレナーデ/出発/いとしい子よ、おやすみ/ほか(全24曲)
タシス・クリストヤニス(Br)
ジェフ・コーエン(P)

録音:2017年12月
ダヴィッドの歌曲集(AP 086)やラロの歌曲集(AP 111)、ゴダールの歌曲集(AP122)などもリリースしている、19世紀の作曲家の歌曲に力を 注いでいるクリストヤニス。今回は生誕200周年記念作曲家、グノーの歌曲集に挑戦しました。 グノーは150曲ほどの歌曲を出版しており、その3分の1は英語の詩によるもの、他にイタリア語、スペイン語、ドイツ語のものもあります。フランス語 のものでは、ユゴー、ミュッセ、ゴーティエ、ラ・フォンテーヌ、ロンサールらによる詩のものがあります。映画に出てきそうな物憂げな雰囲気が美しい「祈 り」(仏語)やいとしい子よ、おやすみ(英語)の洒脱なピアノに乗って歌われるやさしいメロディなど、グノーの魅力に満ちた1枚です。 (Ki)

la musica
LMU-012(1CD)
GRACIAS A LA VIDA〜このいのちへの感謝
レオン・ギエコ(b.1951):5世紀もかわらず
ダニエル・レゲイラ(1912-1963):わたしは光になりたい
アリエル・ラミレス(1921-2010):アルフォンシーナと海
アンドレス・フローレス(1690-1754):おお!美しいひとよ
ヴィオレッタ・パルラ(1917-1967):このいのちへの感謝、ほか全16曲
バルバラ・クサ(S)
マリアナ・レヴェルスキ(Ms)
ルイス・リゴー(笛&声)
エドゥアルド・エグエス(指揮&リュート、ギター)&ラ・キメーラ

録音:2017年 2月
エグエス率いるアンサンブル、ラ・キメーラとソプラノのバルバラ・クサの最新盤は、南米の音楽。インカ帝国の音楽を再現するこころみ、いわば想像 上のフォークロアです。20世紀の作曲家たちによる作品がならびますが、どれも非常に親しみやすく、また、エグエス率いる器楽アンサンブルが世界を盛 り上げます。 (Ki)

Hanssler
HC-17079(1CD)
チャイコフスキー:抒情日記集
四季〜5月「白夜」
私は窓を開けたOp.63の2
待てOp.16の2/伝説Op.54の5
セレナードOp.63の6
嵐の中の子守歌Op.54の10
かっこうOp.54の8/四季〜6月「舟歌」
教えて、木陰で起こったことをOp.57の1
ナイチンゲールOp.60の4
私はお前に何も話すまいOp.60の2
騒がしい舞踏会のなかでOp.38の3
夢であなたを見た
美しさをあなたが愛するなら
おお、お前が知っていたらOp.60の3
四季〜10月「秋の歌」
ドン・ファンのセレナードOp.38の1
ユリヤ・スクマノワ(S)、
エレーナ・スクマノワ(P)

録音:2018 年
ペテルブルグ出身のスクマノワ姉妹によるチャイコフスキー・アルバム。彼の抒情性あふれる歌曲とピアノ曲「四季」から3曲をしっとりと披露。歌曲はチャ イコフスキーを代表するものが中心ですが、コンスタンチン大公の詩による「夢であなたを見た」と「美しさをあなたが愛するなら」は、未出版作品で極 めて貴重。チャイコフスキーのファン必携で魅力的。スクマノワ姉妹はペテルブルグ音楽院でピアノを学びましたが、姉のユリヤは卒業後歌に転向して見る 見る才能を開花させました。 (Ki)
Hanssler
HC-18003(1CD)
アルベルト・ヘムシ:セファルディ民謡集(全20曲) テヒラ・ニニ・ゴルトスタイン(S)、
ヤーシャ・ネムツォフ(P)

録音:2017年10月23-26日/rbb(ベルリン)
アルベルト・ヘムシ(1898-1975)はトルコ生まれのイタリアの音楽家。1928年から30年間エジプトのアレキサンドリアのユダヤ教会で音楽監督と 合唱長を務めていたため、中央の音楽界に登場することはありませんでした。ヘムシはユダヤ人としてのアイデンティティが強く、南欧系ユダヤ人セファルディ の民謡を生涯に232曲収集、うち60曲にピアノ伴奏を付けて「ユダヤ民謡集」として出版しました。ここではそのうち20曲が選ばれていますが、セファ ルディのロマンスは物悲しくも美しいものが多く、BGMとしても最高です。 20世紀ユダヤ音楽の大権威ヤーシャ・ネムツォフがここでも素晴らしい仕事を繰り広げています。 (Ki)

ALPHA
NYCX-10006(1CD)
国内仕様
税込価格
夢想のおもむくところ
レーヴェ:ああ向けて下さい、悲しみの聖母よ(ゲーテ作詩)
シューマン:君よ知るや
 君の顔を/はすの花(以上3曲「ゲーテ『ヴィルヘルム・マイスター』による歌曲集」Op.98a)
ドビュッシー:ひそやかに
 あやつり人形/月の光(以上3曲「雅やかな宴」第1集/ヴェルレーヌ作詩)
ヴォルフ:秘められた恋(「アイヒェンドルフ歌曲集」より)
 ニクセ(水の精)のビンセフース(「メーリケ歌曲集」より)
 捨てられた乙女(「メーリケ歌曲集」より)
 風の歌(「メーリケ歌曲集」より)
ガーニー:眠り(「エリザベス朝の五つの歌」より/フレッチャー作詩)
バスカ:心よ、あの人を忘れよう(ディキンソン作詩)
プーランク:オルクニーズの唄
 ホテル/ワロンの沼地
 パリへの旅/すすり泣き(以上5曲「よくある話」/アポリネール作詩)
バーバー:峠に孤立したホテル(「それでも、と、まだ」Op.41より/ジョイス作詩)
プーランク:お前はこんなふう(「転身物語」より/ド・ヴィルモラン作詩)
プレヴィン:悲しみのように気配を消して
 朝はまた来るのだろうか?
 おはよう、夜更けよ(以上3曲「三つのディキンソンの歌」)
サンドリーヌ・ピオー(S)
スーザン・マノフ(P)

録音:2017年9月
ベルリン、テルデクス・スタジオ
解説訳・補筆:白沢達生
輸入品番:ALPHA397
ウィリアム・クリスティやエルヴェ・ニケらの指揮でフランス・バロック作品の復権に大きく寄与したのち、ロマン派以降の歌曲歌手としても鮮烈な存在感を放ちつづ けるフランスの名歌手サンドリーヌ・ピオー。新作のテーマに掲げられたのは「夢想」。人々の空想から生まれた古代神話の怪物キマイラに由来する Chimeres(とりとめのない空想、夢想)という単語を軸に、南国への夢想をつのらせたゲーテの詩やメーリケの詩集にもとづくドイツ語歌曲、過去への憧憬をに じませたヴェルレーヌの詩や空想ゆたかなアポリネール作品など、フランスの傑作詩にもとづくドビュッシーやプーランクのフランス語歌曲、そして英語詩の歴史に独 特の立ち位置を占めるディキンソン作品やエリザベス朝時代の古めかしい詩を歌詞にしたガーニーの、あるいは指揮者として名高いプレヴィンの手がけた英語歌 曲……解説に寄せられたピオーの言葉(日本語訳付)をひもときながら、ヨーロッパ最前線で音楽愛好家たちが接している洗練されたプログラムを、ピオーとの 信頼も深い名伴奏者スーザン・マノフとの共演でじっくり味わえる1枚です。

Coviello
COV-91809(1CD)
フランツ・クサヴァー・シュテルケル(1750-1817):歌曲集
Lied im Freien / Phylis an ihren Damis / Ermunterung / Liebesbothen / An Lina / Elise / Des Jagers Abendlied / Philint an Suschen / Die Sprode / Die Biene / Der Geist der Harmonie / Abendlied / Erinnerung des 15ten May 1793 / Die Vollendung / ピアノのための幻想曲 作品45 / 7つの歌より Misero tu non sei / アリエッタ M’hanno detto, che il marito / 3つのイタリア語二重唱より Ad onta del fato mio bene adorato
ユリア・フォン・ランズベルク(S)
ヤン・コボウ(T)
シルヴィア・アッカーマン(タンジェントピアノ)
トマス・ヘーネ(G)
忘れられたドイツ古典派の作曲家フランツ・クサヴァー・シュテルケルの歌曲集。やわらかく温かなメロディが味わい深いです。チェンバロとピアノの中 間のような音を出すタンジェントピアノによる伴奏も注目。声と楽器が美しく溶け合います。 (Ki)

CPO
CPO-777730(1CD)
NX-B02
ジークムント・フォン・ハウゼッガー(1872-1948):歌曲集
1.Siehst du den Stern あなたは星をみますか?(G.ケーラー:詩)
2.Ewig jung ist nur die Sonne 永遠に若いのは太陽だけ(C.F.マ
ヤー:詩)
3.Abendwolke 夕方の雲(C.F.マイヤー:詩)
4.Letzte Bitte 最後のお願い(O.J.ビーアバウム:詩)
5.Schwule 灼熱の想い(C.F.マイヤー:詩)
6.Winter 冬(O.J.ビーアバウム:詩)
7.Mit trockenen Blumen しおれた花(O.J.ビーアバウム:詩)
8.Vor der Ernte 収穫の前に(C.F.マイヤー:詩)
9.Mein Schweinchen 私のこぶたちゃん(R.バーンズ:詩)
10.Tief von fern 遠くから(R.デーメル:詩)
11.Auf der Heide アウフ・デア・ハイデ(L.C.H.ヘルティ:詩)
12.Das Lied von Ferne 遠くからの歌(O.J.ビーアバウム:詩)
13.Mondnacht 月の夜(フリードリヒ・フォン・ハウゼッガー:詩)
14.Das Liebchen 恋人(民謡)
15.Uber die Haide ハイデについて(T.シュトルム:詩)
16.Herbst 収穫(D.v.リリーエンクロン:詩)
17.Genug 満足(O.J.ビーアバウム:詩)
18.Weihenacht クリスマス(O.J.ビーアバウム:詩)
19.Stille der Nacht 静かな夜(ケーラー:詩)
20.Unter Sternen 星空の下(ケーラー:詩)
21.Eingelegte Ruder 納められた櫂(C.F.マイヤー:詩)
22.Lenz Wanderer, Lenz Morder & Lenz Triumphator 春のさすら
い人、春の殺人者、春の勝利者 (C.F.マイヤー:詩)
22.Ekstase エクスタシー(O.J.ビーアバウム:詩)
23.Glaube nur! ただ信じて(O.J.ビーアバウム:詩)
24.Der Teufel ist fort 悪魔は去った(R.バーンズ:詩)
ローマン・トレーケル(Br)
コルト・ガーベン(P)

録音:2010年5月16-19日バイエルン放送 第2スタジオ
「自然交響曲」など、後期ロマン派の様式を色濃く受け継いだいくつかの作品で、近年再評価されつつあるオーストリ アの作曲家ハウゼッガー。このアルバムでは同時代の詩人たちの詩を用いた歌曲が収録されています。 デーメルやビーアバウムなどの退廃的な詩を正統派ドイツ・リートの流れに組み入れたユニークな歌曲は、リヒャルト・ シュトラウスやツェムリンスキー、時にはマーラーの妻アルマが残した作品にも似た感触を持ち、この時代の作品を好き な人にはたまらない魅力を放っています。ドイツ・リートの巧みな歌い手、トレーケルによる丁寧な歌唱です。

LSO Live
LSO-0827
(6SACD+10CD)
限定3000セット
ベルリオーズ・オデュッセイ
■SACD

(1)序曲「宗教裁判官」
(2)テ・デウム
(3)レクィエム Op.5
(4)歌劇「ベンヴェヌート・チェッリーニ」
(5)聖三部作「キリストの幼時」H.130(Op.25)

■CD
(1)歌劇「トロイの人々」
(3)幻想交響曲
(4)歌劇「ベアトリスとベネディクト」(歌唱:フランス語)
(5)ロメオとジュリエット(歌唱:フランス語)
(6)「イタリアのハロルド」
コリン・デイヴィス(指)LSO

■SACD
(1)録音:2006年9月27 & 28日
(2)コリン・リー(T)、ロンドン交響cho,
エルサム・カレッジcho【録音:2009年2月22 & 23日】
(3)バリー・バンクス(T)、ロンドンSOcho、ロンドン・フィルハーモニーcho【録音:2012年6月25 & 26日/ロンドン、セント・ポール大聖堂(ライヴ)】
(4)グレゴリー・クンデ(チェッリーニ) ローラ・クレイコム(テレーザ)、ジョン・レリア(教皇クレメンス7世)、アンドルー・ケネディ(フランチェスコ)、イザベル・カルス(アスカーニオ)、ジャック・インブライロ(ポンペーオ)、ダーレン・ジェフリー(バルドゥッチ)、ピーター・コールマン=ライト(フィエラモスカ)、アンドルー・フォスター=ウィリアムズ(ベルナルディーノ)、アラスデア・エリオット(カバラティア)、ロンドン交響cho【録音:2007年6月26&29日】
(5)ヤン・ブロン(語り手、百人隊長:T)、カレン・カーギル(マリア:Ms)、ウィリアム・デイズリー(ヨゼフ:Br)、マチュー・ローズ(ヘロデ:Bs-Br)、ピーター・ローズ(家長、ポリュドールス:Bs)、テネブレcho【録音:2006年12月3&4日】
[CD]
(1)ヘップナー(T)、ラング(Ms)、デヤング(Ms)、ミンガルド(A)、マッテイ(Br)、ターヴァー(T)、ミリング(B) 他【録音:2000年12月】
(2)サッバティーニ(T)、シュコサ(Ms)、ペルトゥージ(B)、ウィルソン=ジョンソン(B)、ロンドンSOcho【録音:2000年10月】
(3)録音:2000年9月29−30日】
(4)シュコサ(Ms)、ターヴァー(T)、グリットン(S)、ミンガルド(A)、ナウリ(B) 他、ロンドンSOcho【録音:2000年6月】
(5)バルチェッローナ(Ms)、ターヴァー(T)、アナスタソフ(B)、ロンドンSO
cho【録音:2000年1月】
(6)タベア・ツィンマーマン(Va)【録音:2002年3月】

※収録場所は、レクィエム以外はすべてバービカン・ホール。
サー・コリン・デイヴィスがLSOとのこしたベルリオーズ録音がボックス化。世界で3000セットの限定品です。サー・コリン・デイヴィスはベルリオー ズ演奏の第一人者として、ロンドンSOとも積極的にベルリオーズ作品を取り上げていました。初めてLSOがグラミー賞を受賞した「トロイの人々」 をはじめ、充実した内容となっております。2019年はベルリオーズ没後100年記念。ベルリオーズのアニヴァーサリー・イヤーに先駆けて、これ以上ない 充実のボックスの登場です! (Ki)

Alba
ABCD-417(1SACD)
ペッカ・コスティアイネン(1944-):レクイエム(Requiem)(2016) スヴィ・ヴァユリネン(S)
エナ・ポングラク(Ms)
シモ・マキネン(T)
タパニ・プラトハン(Bs) 
ムシカcho
ユヴァスキュラ・シンフォニア
聖ミカエル弦楽オーケストラ
ヴィッレ・マトヴェイェフ(指)

録音:2016年10月30日、11月1日 ミカエル・ホール(ミッケリ、フィンランド)
フィンランドのペッカ・コスティアイネ(1944?)は、主に合唱音楽の作曲家として知られています。100曲を超す合唱作品は、児童合唱のための作 品、宗教作品、フィンランド民族叙事詩集『カレヴァラ』にテーマを求めた作品と、大きく3つに分類され、『不滅の詩人』(Alba NCD49)をはじめと する Alba Records の「コスティアイネン自作を指揮する」シリーズで紹介されてきました。「レクイエム」は、ユヴァスキュラ教区とユヴァスキュラ・シン フォニア(シンフォニア・フィンランディア)の共同委嘱により作曲された作品です。〈主よ、永遠の安息を彼らに与え〉〈あなたに賛歌が捧げられ〉〈キリ エ〉〈涙の日〉〈主イエス・キリスト〉〈賛美の生贄と祈り〉〈聖なるかな〉〈慈悲深き主、イエスよ〉〈神の子羊〉〈永遠の光〉〈楽園へ〉。「平安、慈悲、光、 愛」を清冽、抒情、輝かしい音楽に表すため、〈涙の日〉をのぞき、〈怒りの日〉のように来世を暗く描いた章が省略されています。ユヴァスキュラ・シンフォ ニアの首席指揮者ヴィッレ・マトヴェイェフ(1986?)は、「チェロ協奏曲」や「アド・アストラ」(ABCD364)などの作曲家としても知られます。トゥル ク音楽祭の芸術監督。2020年からサヴォンリンナ・オペラ・フェスティヴァルの芸術監督に就任する予定です。 (Ki)

Capriccio
C-5346(1CD)
NX-B07
エネスコ: オラトリオ「Strigoii 亡霊」(C.タラヌとS.パウツァによる再構築版)*
幻想牧歌(1899)
王妃…ロディカ・ヴィーカ(S)*
アラルド…ティベリウス・ジーム(T)*
魔法使い…ボグダン・バチウ(Br)*
語り手…エイリン・アンカ(Bs)*
ガブリエル・ベベシェレア(指)
ベルリンRSO
*=世界初録音

録音:2017年12月11-14日Berlin RBB Sendesaal
2017年12月に世界初演されたエネスコのオラトリオ「亡霊」。第一次世界大戦の混乱の際に失われてしまい、 ずっと忘れられていた作品です。近年エネスコ博物館のディレクターが総譜を買い戻しましたが、そのままでは演奏 不能であり、まずは楽譜を判読することから始め、作品を再構築したというもの。作品にはエネスコが生涯尊敬の 念を抱いていた詩人ミハイ・エミネスクの台本が用いられており、後期ロマン派から新ウィーン楽派までの作風を取り 入れた新時代の模索が感じられる音楽が付けられいます。

Champs Hill Records
CHRUBI-144(1CD)
セプテンバー・ソングス〜グレート・アメリカン・ソングブック
バーリン:You're Just in Love
カーン:They Didn't Believe Me
ワイル:My Ship
カーン:All The Things You Are
ガーシュウィン:Someone to Watch Over Me
ポーター:Just One Of Those Things
カーン:The folks who live on the hill
ロジャース:Come Home Joe
ポーター:Miss Otis Regrets
ディステル&レアルドン:The Good Life
ロウ:I Remember It Well
ガーシュウィン:Our Love Is Here To Stay
アーレン:One For My Baby
コスマ:Autumn Leaves
ワイル:September Song
バーンスタイン:Some Other Time
バーンスタイン:Greeting
トーマス・アレン(Br)、
ルーシー・クロウ(S)、
スティーヴン・ヒギンズ(P)

録音:2018年4月9日−12日、チャンプス・ヒル・ミュージック・ルーム(イギリス)
膨大なオペラ・レパートリーを誇るイギリス声楽界の重鎮、サー・トーマス・アレンが歌う、ハリウッドとブロードウェイの黄金時代のグレート・アメリカン・ソングブック!
デュオ・パートナーに同じくイギリスの名ソプラノ、ルーシー・クロウを迎えてのアメリカ歌曲集が、重鎮トーマス・アレンのオペラ歌手とは異なる姿の魅力を伝えてくれることでしょう。

H.M.F
HMM-902306(2CD)
ドビュッシー:歌曲集
(1)星月夜(バンヴィル詩)/マンドリン(ヴェルレーヌ詩)/艶なる宴第1集〔秘めやかに、操り人形、月の光(いずれも第2版)〕(ヴェルレーヌ詩)/ビリティスの3つの歌(P.ルイス詩)/2つのロマンス「そぞろな悩める心」、「鐘」(ブールジェ詩)/夕べの鐘(ル・ロワ詩)/庭で(グラヴォレ詩)/美しき夕べ(ブールジェ詩)/ロマンス、春が来た(ブールジェ詩)/センティメンタルな風景(言うに言われぬ静けさ)(ブールジェ詩)/麦の花(ジロー詩)/眠れる森の美女(イスパ詩)/ボードレールの5つの詩〔「バルコニー」、「夕べの調べ」、「噴水」、「黙想」、「恋人たちの詩」〕(ボードレール詩)

(2)3つの歌曲〔海はさらに美しく、角笛の音は悲しく、垣根のつらなり〕(ヴェルレーヌ詩)/艶なる宴第2集〔無邪気な人たち、牧神、感傷的な対話〕(ヴェルレーヌ詩)/フランスの3つの歌〔「ロンデルス―季節の衣を残して」、「洞窟」、「ロンデルス―死の安らぎに」〕(ドルレアン、レルミット詩)/フランソワ・ヴィヨンの3つのバラード〔「恋人に捧げたヴィヨンのバラード」、「母の願いにより聖母に祈るためにヴィヨンが作ったバラード」、「パリの女のバラード」〕(ヴィヨン詩)/ステファヌ・マラルメの3つの詩〔「ため息」、「ささやかな願い」、「扇」〕(マラルメ詩)/愛し合う二人の散歩道〔「この暗い洞窟のほとりに」、「私の忠告を聞いておくれ、いとしのクリメーヌよ」、「あなたの顔を見て私はおののく」〕

(3)「忘れられた映像」(全3曲)
(4)「燃える炭火に照らされた夕べ」
(1)ゾフィー・カルトホイザー(S)
ユージン・アスティ(P)

(2)ステヴァヌ・ドゥグー(Br)
アラン・プラネス(P)

(3) アラン・プラネス(P)

(4) ユージン・アスティ(P)

録音:2017年11月、2018 年1月/テルデックス・スタジオ・ベルリン
ドビュッシー没後100周年記念シリーズ。美しいフランス語による旋律と、それをさらに美しく包みこむピアノがたまらない、歌曲集です。象徴派と印象 派の詩人たちによる歌曲を集めています。 ドビュッシーは生涯に100ほどの歌曲を書いていますが、そのうち生前に出版されたのは半分ほどでした。未出版のままとなっていたのは1880-85年、 音楽院の学生だったときに書かれたものなので、歌曲という形式が、ドビュッシーのスタイルを形作っていく過程で非常に重要な役割を果たした、というこ とがうかがわれます。当盤では、若い頃から傾倒していたバンヴィル、そしてヴェルレーヌのほか、一時凝っていたブールジェ、そしてボードレール、また、 歌手、俳優、コメディアンといったマルチの才能を見せたイスパらのテキストによる歌曲が選曲されています。 カルトホイザー(S)とドゥグー(Br)の美しいフランス語でつむがれるメロディは、語りなのか歌曲なのかわからなくなってしまうほど。そ の美しい声を美しく包みこむピアノも、非常に雄弁。極上のドビュッシー歌曲集となっております。ki

Gramola
GRAM-99164(1CD)
シシーの詩
アルビン・フリース(1955-):オーストリア皇后エリーザベトの詩による17の歌 Op.50
シシーの足跡-ザルツカンマーグートにて
ニーナ・ベルンシュタイナー(S)
アミエル・ブシャケヴィツ(P)
ゲルハルト・シュリュッスルマイアー(P)
使用楽器:ベーゼンドルファー・インペリアル1922

録音:2017年8月15-17日Tonstudio Tonal, Vienna, Austria
現在でも“シシー”の愛称で慕われるオーストリア=ハンガリー帝国皇妃エリザベート(1837-1898)。2017年、シシーの 180回目の誕生日を記念してリリースされたこのアルバムには、1984年に初めて公開された韻文日記から詩を選び、オース トリアの作曲家フリースが後期ロマン派風の美しい曲をつけた17曲が収録されています。ウィーンを拠点に活躍するソプラノ、 ベルンシュタイナーの表情豊かな歌唱によって、彼女が生きた激動の時代に思いを馳せるとともに、類まれなる才能を持つ詩 人“シシー”の姿も浮かび上がります。4曲添えられたフリースのピアノ曲も、シシーへのオマージュです。
Gramola
GRAM-99163(1CD)
近代の忘れられた歌曲集
エルシュタイン(1907-1963):Oy Mame, Bin Ikh Farlibt ああ、お母さん、私は恋に落ちたわ
シュピールマン:Wien wird tausendmal schoner ウィーンは千倍美しい
エルシュタイン:Abi Gezunt あなたは元気
レオポルディ(1888-1959):Alles, weil es einmal zu schon war すべてはかつて美しかった
エルシュタイン:Oygn オイグン
ノイマン:Bisserl Liebe, bisserl Wein ちょっぴりの愛、ちょっぴりのワイン
エルシュタイン:Tif vi di Nacht 夜は深い
コレーニ:Pour Martha マルタに
 Out of Sight 見えないところに
ルムシンスキー(1881-1956):Tsipke: A Bisl Libe Un A Bisl Glik 愛のかけらと幸福のかけら
ユルマン(1903-1971):ウィ−ンはいつもウィーン
ノイマン:Die Gedanken sind frei 考えることは自由
オルシャネツキー(1892-1946):Ich hob dich zufi l lib
コレーニ:Out of Sight 見えないところに
エセル・メルハウト(S)
ベラ・コレニ(P)
アンドレアス・オッテンザマー(Cl)
ヘルヴィヒ・グラディシュニヒ(Sax)
ジュリアン・ラクリン(Vn)
ロビー・ラカトシュ(Vn)
ロベルト・ラカトシュ(Vn)
サラ・マクエルレイヴィ(Va)
ボリス・アドリアノフ(Vc)

録音:2017年2月12-15日Tonstudio Tonal, Vienna, Austria
“古式ゆかしきオーストリア”かつてのハプスブルク帝国首都ウィーンの至るところでは、日常的にドイツ語とイデッシュ語(崩れた 高地ドイツ語にヘブライ語やスラブ語の単語を交えた言語)が自然に混在していました。しかし第二次世界大戦時のナチス の政策によりこれらは一掃され、すっかりイデッシュ語は街の喧騒から消えてしまったのです。このアルバムは、ユダヤ系の作曲 家による「イディッシュ語」による歌曲を集めたもの。伴奏もピアノだけではなく、ヴァイオリンやクラリネット、サクソフォンなどの楽 器が加わることで、より親しみやすい雰囲気になっています。忘れられた歌が見事に復活しました。
Gramola
GRAM-99174(1CD)
ベートーヴェン:民謡編曲集
1.He promis'd me at parting, 別れるとき彼は約束した WoO154-12
2.Morning a cruel turmoiler is, むごく悩み多い朝 WoO152-21
3.Oh! thou art the lad of my heart,Willy, おお、おまえはわが心の若者Op.108-11
4.Could this ill world have been contriv'd, この病める世をいかにOp.108-16
5.The lovely lass of Inverness,インヴァネスの愛らしい乙女 Op.108-8
6.Dermot and Shelah, ダーモットとシェラー WoO152-14
7.Oh had my fate been join'd with thine, 陽気な紳士淑女を目覚ましめよOp.108-12
8.The sweetest lad was Jamie, ジャミーは最も優しい若者だった Op.108-5
9.Oh would I were but that sweet Linnet, おお、私があの優しいベニヒワだったら WoO154-9
10.The British light dragoons, 英国軽騎兵 WoO153-3
11.Thy ship must sail,my Henry dear, あなたの船は出ていく WoO153-20
12.Sally in our alley, 横町のサリー Op.108-25
13.Faithfu'Johnie, 忠実なジョニー Op.108-20
14.On the massacre of Glencoe,グレンコウの虐殺で WoO152-5
15.Enchantress, farewell, 魅惑的な女よ、さようなら Op.108-18
16.O who, my dear Dermot, おお、愛しいダーモットよ WoO154-5
17.Cupid's kindness, キューピッドの親切 WoO155-21
18.Love without hope, 望みない愛 WoO155-4
19.When mortals all to rest retire, 人々がみな眠りにつけば WoO155-15
20.Sad and luckless was the season, 悲しい不幸な季節 WoO153-6
21.Come fill,fill,my good fellow, 満たせよ杯を、よき友よOp.108-13
ローナ・アンダーソン(S)
ジェイミー・マクドゥガル(T)
トリオ・ヴァン・ベートーヴェン
【メンバー】
クレメンス・ツァイリンガー(P)
ヴェレーナ・シュトウルズ(Vn)
フランツ・オルトナー(Vc)

録音:2018年1月8-12日Franz Liszt Zentrumn
Raiding,Burgenland,Austria
19世紀初頭のヨーロッパでは、民族的な事項への関心が高まっていました。特にングランド、アイルランド、スコットランド、 ウェールズなどイギリス周辺の文化が注目されていましたが、ここで活躍したのが、イギリスの楽譜商でアマチュア音楽家ジョー ジ・トムソンでした。彼は各地の民謡を採取し、これらを伴奏付きの歌曲に編曲するように当時名高い作曲家たちに依頼、 ヘンデル、ハイドンやベートーヴェンたちが作品に仕立て上げました。 ハイドンはこの仕事をとても楽しんだと伝えられていますが、ベートーヴェンはトムソンがの「もっと簡単な伴奏に書き替えて」と いう要求に同意することができず、「私は自分の作品を修正することに慣れていない」という答えを返すなど、やや不服の残る 仕事だったようです。にも拘わらず、現在残っている一連の編曲はとても楽しく聞きごたえのあるもの。知られざるベートーヴェ ンの素顔が垣間見える曲集です。
Gramola
GRAM-99165(1CD)
ヴィヴァルディ:.弦楽のための協奏曲 ト短調 RV156
2台のヴァイオリンとヴィオラのためのソナタ 変ホ長調「聖なる墓にて」RV130
悲しめるイスラエルの娘たち RV638
スターバト・マーテル RV621
イェルサレムよ、主をほめ讃えよ RV609
グローリア ニ長調 RV589
アンドレアス・ショル(A)
ハンナ・ヘアフルトナー(S)
チュン・ジュウォン(S)
ザルツブルク・バッハcho
バッハ・コンソート・ウィーン
ルベン・ドゥブロフスキー(指)

録音:2017年4月6日 ライヴ
2017年の復活祭における“バッハ・コンソート・ウィーン”の公演曲目は、ヴィヴァルディの「スターバト・マーテル」と「グローリア」 というプログラムでした。演奏会では、この2曲に、弦楽のための協奏曲ト短調とソナタ、アンドレア・ショルを始めとした注目の 歌手たちが歌う復活祭のために書かれた声楽曲を組み合わせ、キリストの復活を祝福しています。ポーランド系イタリア人指 揮者ドゥブロフスキーはバッハ・コンソート・ウィーンの共同設立者。貴重な作品の復刻にも力を入れています。
Gramola
GRAM-98908(1CD)
ウィーン、わが夢の街
1.J・シュトラウス:喜歌劇「ジプシー男爵」序曲
2.ジーツィンスキー(1879-1952):ウィーン、わが夢の街
3.レハール(1870-1948):喜歌劇「ロシアの皇太子」-第1幕 誰かが来るでしょう
4.J・シュトラウス:皇帝円舞曲 Op.437
5.シュトルツ(1880-1975):喜歌劇「お気に入り」-第1幕 君はわが心の皇帝
6.スッペ:喜歌劇「ボッカチオ」-第1幕 恋はやさし野辺の花よ
7.J・シュトラウス&ヨーゼフ・シュトラウス:ピッツィカート・ポルカ
8.レハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」-第2幕 ヴィリヤの歌
9.レハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」-第3幕 唇は語らずとも
10.J・シュトラウス:ワルツ「美しく青きドナウ」
11.ユルマン(1903-1971):あなたとワルツと私(B.フィッシャー編)
中嶋彰子(S)…2.3.5.6.8.9.11.
ヴォルフガンク・ラウバル(Br)…9
ニールス・ムース(指)
モーフィング・ウィーン室内O

録音:2010年6月4-6日Glaserner Saal,Musikverein,Vienna
国際的に活躍するソプラノ、中嶋彰子のソロ4枚目のアルバム。ウィーン・フォルクスオーパーで活躍した彼女が強い思い入れ を持つ、ウィーンの名曲を集めた一枚。同じくフォルクスオーパーで活躍しオペラのエキスパートとして知られるニールス・ムース のタクトのもと、大人のユーモアとあでやかさ香り立つアルバムに仕上がっています。

SUPRAPHON
SU-4246(1CD)
東スロヴァキアの合唱作品集
(1)Bari Vera(2’37”)/ (2)Soske Mange Naphenes(3’25”)/ (3)Amen ?have Sam(3’48”)/(4)Baripen(3’37”)/ (5)O Del Man Sikavel(2’59”)/ (6)Suno(4’11”)/
(7)Av Tu Av, ?haje(2’31”)/ (8)Aural Av?as(3’20”)/ (9)Ba?avahas Gi?avahas(2’41”)/
(10)?un Devloro(6’30”)/ (11)Efta ?arda?a(4’23”)/ (12)Hej Romale(5’24”)
シャヴォレンゼ・ロマ児童cho
デシデリウス・ドゥズダ(ギター、作曲、詩)、
チェコPO、マルコ・イヴァノヴィッチ(指)
オンドレイ・クラインアーク(P)、
レオ・ニカ(アコーディオン)、イヴァン・ヘラーク(Vn)

録音:2017年7月16-20日/ルドルフィルム(プラハ)
合唱指揮者イダ・カレロヴァーとチェコ・フィルがロマの子供たちのために音楽を通じて支援していくプロジェクトがはじまって5年が経ちました。この プロジェクトは恵まれない環境下で生活をする子供たちに夢と希望を与えることを目的としたもので、チェコを代表するアーティストを中心にクラシック、 ジャズのアーティストが集いました。ここに収録された東スロヴァキアの合唱作品では子供たちが力強く歌い希望に満ちた歌声を届けてくれます。 (Ki)

FARAO
B-108102
ヴォルフラム・ブッヘンベルク(1962-):O Nata Lux(8声の混声合唱とヴィブラフォン)
アンナ・イグナトヴィチ(1968-):マリンバのためのトッカータ
トビアス・PM・シュナイト(1963-):… Wie die Zeit vergeht…(合唱、ヴィオラと打楽器)
エリクス・エセンヴァルズ(1977-):楽園にて(8声の混声合唱、ヴィオラとチェロ)
シモーネ・ルビーノ(1993-):マリンバのためのコラール
クヌート・ニーステッド(1915-2014):インモータル・バッハ(バッハ:「来たれ、甘き死よ」に基づく。4声の混声合唱とマリンバ)
シモーネ・ルビーノ(打楽器) 
カテリーナ・ジャンニツィオーティ(Vc)
ケルヴィン・ホーソーン(Va)
マーティン・ステイドラー(指)
アウディ・ユーゲントコーラスアカデミー

録音:2017年11月
打楽器と合唱という珍しい編成も登場するアルバム。と言っても使われているのはマリンバやヴィブラフォン。しかも弓奏により柔らかな音が伸ばされ、 合唱と対立するのではなく溶け合う効果を上げていて美しいです。弦楽器と合唱による作品も声のヴェールの中、弦のメロディがゆっくりと歌われて、ゆっ たり緩やかな時間感覚に浸れます。『インモータル・バッハ』はバッハのコラールがまずそのまま出てきて、その変奏(変容?)のような永遠性のあるハー モニーが続きます。 (Ki)

SOMM
SOMMCD-0184(1CD)
NX-B04
リチャード・ロドニー・ベネット(1936-2012):合唱作品集
1 wonder as I wander 私は彷徨いながら不思議に思う/Lullaby Baby 赤ちゃんの子守歌/ The Sorrows of Mary マリアの悲しみ/マドリガル集/Remember, O thou man 忘れるな、ああ人々よ/The Glory and the Dream 栄光と夢/This Day この日/ A Contemplation Upon Flowers 花の瞑想/マドリガル And can the physician「そして医者は」/Time 時/One Equal Music 一つの等しい音楽
ニコラス・モリス(Org)
ポール・スパイサー(指)
ロイヤル・バーミンガム・コンセルヴァトリー室内cho

録音:2017年6月26-28日 St. Alban the Martyr, Highgate, Birmingham
映画音楽の作曲家として知られるリチャード・ロドニー・ベネットは、多彩なジャンルにおける作品を残しています。ここでは彼がこの世を去る10か月前に書かれた「マドリガル」や、瞑想的なキャロルなど穏やかな曲から、華麗な「栄光と夢」まで15曲の合唱作品を収録。ブーレーズにも学んだことがある彼らしく、前衛的な作風を取り込んだユニークな作品はどれも聴きごたえたっぷりです。
SOMM
SOMMBCHM-16(2CD)
NX-C09
ハイドン:オラトリオ「四季」(英語歌唱) エルシー・モリソン(S)
アレクサンダー・ヤング (T)
マイケル・ラングドン(Bs)
ビーチャム・コーラル・ソサイエティ
トーマス・ビーチャム(指)ロイヤルPO

録音:1956年11月16-27日,1957年3月22日,1958年4月8日
ベートーヴェンやブラームスはあまり好まなかったとされるビーチャムですが、ハイドンやヘンデルは大のお気に入り。とりわけ、何曲かの交響曲と「四季」は得意なレパートリーであり、大変充実した演奏を残しています。
SOMM
SOMMCD-057(1CD)
NX-B04
セヴァーンとソンム
ガーニー(1890-1937):1.お前の真夜中の寝床で
 最愛の人よ、私が死ぬ時
 エドワード、エドワード/海の夢
 フランダースにて/セヴァーンの牧草地
 ディニーの丘/ストラットン大尉のお気に入り
 赤いばら/静寂の歌/白い滝
 慰められることの愚かしさ/春の望み
 散歩の歌/明かりは消え
 ブラック・スティッチェル
 西の船乗りたち
ハウエルズ(1892-1983):夜の女神
サンダース(1933-2003):ビーコン 第1番On Painswick Beacon
 ビーコン 第3番Cotswold Choice
ウィルソン(1920-):空っぽのコテージ
 不運な若者のためのアンセム
 ヴェナブルス(1955-)/真夜中の哀歌 Op.6
 キス Op.15/フライング・クロックド
 復活祭の歌 Op.16
ロデリック・ウィリアムズ(Br)
スージー・アラン(P)

録音:2005年8月11-13日 Potton Hall, Suffolk, UK
イギリスの詩人、作曲家アイヴァー・ガーニーとその友人の歌曲を集めた1枚。アルバムタイトルは彼の詩から採られています。ガーニーはスタンフォードに師事、作曲家を志しましたが、詩作にも興味を示し。第一次世界大戦への従軍体験をもとにした「セヴァーンとソンム」などの詩集を書き上げました。戦争時の後遺症と戦いながら、作曲を続けましたが、結局精神を病んでしまい、47歳で非業の死を遂げました。一連の作品はどれも静かな曲想に彩られています。
SOMM
SOMMCD-058(1CD)
NX-B04
トゥチャプスキー(1928-2014):作品集
スターバト・マーテル(1989)
カンタータ「マリア・マグダレーナ」(1991)
パヴラ・アウニツカー (Ms)
ロマン・ヤナール (Br)
ウラディミール・ヴァーレク(指)
日向野菜生(S)…
ヤン・ステイエル(Org)
ミロスラフ・コシュラー(指)
プラハ混声cho
チェコRSO

録音:1999年3月31日、2003年10月5日
チェコの作曲家、トゥチャプスキー。モラヴィア男声合唱団のメンバーであり、オストラヴァ放送児童合唱団の指揮者としても活躍、1975年からは主として作曲家として数多くの合唱作品を中心とした作品を書き上げました。「スターバト・マーテル」は彼の最高傑作とされており、シマノフスキを思わせる神秘的な作風と瞑想的な雰囲気を持っています。
SOMM
SOMMCD-072(1CD)
NX-B04
フィリップ・グラス:Another Look at Harmony Part 4
1.Opening Section: Choral plainchant in minims/2.Choral plainchant elaborated with quaver movement/3.Harmonic and rhythmic exploration, leading to -/4.Oscillating and repeated chords; then new melodic line added/5.Organ interlude on C pedal with gentle cross-rhythyms/6.Choral re-entry in repeated sequences with organ obligato/7.Final Section: Choir and organ with shifting harmonic roots
21世紀cho
クリストファー・バウワーズ=ブロードベント(Org)
ハワード・ウィリアムズ(指)

録音:2007年7月3-5日 Gray's Inn Chapel, London, United Kingdom
1970年代半ばに始まったフィリップ・グラス・プロジェクト。ミニマル・ミュージックという限られた枠の中で、より多くの色彩的調和を取り入れるための模索から生まれた作品は、美しい合唱と執拗なオルガンの音色を纏い、陶酔的な響きを生み出しています。
SOMM
SOMMCD-020(1CD)
NX-B04
ターンブル(1902-1976):声楽作品集
1.雪のなかのクロリス
2.In Fountain Court/3.少年の歌
4.私のベッドは小舟/5.ジュリアへ
6.水仙の花が顔をのぞかせだすと
7.Ejaculation to God/8.神へ
9.Piping Down the Valleys Wide
10.Cavalier/11.If Doughty Deeds
12.雨の日/13-14.月
15-16.リマインダー
17.Guess, Guess
18.私のモプサは小さい/19.花へ
20.シャワー/21.Cargoes
22.Where go the Boats
23.Take me to the North Countrie
24.You Spotted Snakes
25.There was a Simple Maiden
26.花へ
ロドリック・ウィリアムズ(Br)…1-3.6.8.10-11.15-18
ナンシー・アージェンタ(S)…4-5.7.9.12-14.19
ロビン・ボウマン(P)…1-19.21.23-26
ジョイフル・カンパニー・オブ・シンガーズ…20-26
アリステア・ヤング(P)…22
ピーター・ブロードベント(指)…20-26

録音:2000年6月22日.9月30日 St. Philip's Church, London, England, United Kingdom…1-19
2000年3月26日 Southlands College, London, England, United Kingdom…20-26
英国の作曲家ターンブルの作品集。ニューカッスルで生まれ、ジグムント・オッペンハイムからピアノを学びましたが、最初は音楽の道に進むことはなく、宝飾品のデザインを志しました。しかし、結局は作曲家となり、民謡風の合唱作品や繊細な管弦楽作品を数多く書き上げました。
SOMM
SOMMCD-238(2CD)
NX-C09
ヘンデル:オラトリオ「エステル」HWV50b ローズマリー・ジョシュア (S)/ジェイムズ・ボウマン (C.T)/スーザン・ビックリー(Ms)/クリストファー・パーヴス(Bs)/レベッカ・アウトラム(S)/アンドリュー・ケネディ(T)/セシリア・オスモンド(S)/アンガス・スミス(T)/クリストファー・ワトソン(T)
ローレンス・カミングス(指)
ロンドン・ヘンデルcho
ロンドン・ヘンデルO

録音:2002年4月23.25日 ライヴSt. George's Church, Hanover Square, London, United Kingdom
イギリスに滞在していたヘンデルの成功作の一つ、オラトリオの「エステル」。旧約聖書に登場する美女の名前で、有名なセルセ(クセルクセス1世)の王妃となった人です。ヘンデルらしい明快な音楽が魅力的です。ロンドン・ヘンデル・ソサエティとの共同制作。
SOMM
SOMMCD-240(2CD)
NX-C09
ヘンデル:オラトリオ「ヨシュア」HWV64 キャスリーン・マンリー(S)/アレクサンドラ・ギブソン(Ms)/アラン・クレイトン(T)/ジョージ・ハンフリーズ(Bs)/リチャード・ロウントゥリー(T)
ローレンス・カミングス(指)
ロンドン・ヘンデルcho
ロンドン・ヘンデルO

録音:2008年3月13日 ライヴSt. George Church, Hanover Square, London W1, United Kingdom
ヘンデル没後250年を記念して開催された「第32回ロンドン・ヘンデル・フェスティヴァル」は、偉大な作曲家に敬意を表して、優れたプログラムを発表しました。このオラトリオ「ジョシュア」は音楽祭から生まれた4作目のアルバムであり、イギリスを代表する歌手たちが一堂に会した壮麗な演奏です。
SOMM
SOMMCD-243(1CD)
NX-B04
エルガー:艦隊の周辺で
アンセル(1874-1948):序曲「プリスマ・ホー」
エルガー
:フリート川の周辺
ジャーマン(1862-1936):大きな汽船(T. ヒギンズによるバリトンと管弦楽編)
アイアランド(1879-1962):ルパート・ブルックの詩による2つの歌(T. ヒギンズによるバリトンと管弦楽編)
エルガー
:弦楽のためのエレジー Op.58
ウッド(1882-1959):マン島序曲
ジャーマン:(T. ヒギンズによる管弦楽編)
アンセル(1874-1948):序曲「帆船」
ウッド:イングランドのエリザベス
ロドリック・ウィリアムズ(Br)
ダンカン・ロック(Br)
ローレンス・メイクル(Br)
ニコラス・レスター(Br)
トム・ヒギンズ(指)
ギルドフォード・フィルハーモニー室内O

録音:2009年5月9-10日/All Hallows Church, Gospel Oak, London, United Kingdom
エルガーの知られざる作品を含む、イギリス近代の劇場のための音楽集。中でも聴きものはエルガーの「The Fringes of the Fleet-艦隊の周辺で」。小説家キップリングが海軍での経験をエッセイにまとめた冊子から詩を用い、全て男声によって歌われる「威風堂々」を思わせる勇壮な曲です。他にもイングランドを賛美する作品が並べられています。

H.M.F
HMM-931326(1CD)
バッハ:マニフィカト.ニ長調 BWV243
カンタータ「われらが神は堅き砦」BWV80
フィリップ・ヘレヴェッヘ(指)
シャペル・ロワイヤル
コレギウム・ヴォカーレ,
バーバラ・シュリック(S) 
ジェラール・レーヌ(C.T)
ハワード・クルック(T) 
ペーター・コーイ(Bs)

録音:1990 年 1月
落ち着いたテンポ設定で、華やかな管楽器のサウンドもヘレヴェッヘならではのしっとり感をまとった独特のマニフィカト。いつ聴いても美しいヘレヴェッ ヘに感嘆!の1枚です。BWV 80も名演です。 (Ki)

Paraclete
GDCD-063(1SACD)
NX-C09
ラフマニノフ:徹夜祷 ワディム・ガン(聖職者)
マリア・ベレゾフスカ(A)
ドミトリ・イワンチェンコ(聖職者・テノール)
ペーター・ジェルミホフ(指)
グローリエ・デイ・カントレス
聖ロマノス礼拝堂聖歌隊隊員
パトリアーチ・ティホン合唱団団員
ワシントン・マスター合唱団団員

ハイブリッドSACD/5.1マルチチャンネル
52ページ フルカラーブックレット
録音:「主イエスの変容」教会 マサチューセッツ州オーリアンズ

https://youtu.be/l3fIj7AdIOI
■Paraclete
パラクリート・レコーディングスは、アメリカ合衆国マサチューセッツ州オーリアンズに本拠地を置くキリスト教信 仰団体「コミュニティ・オブ・ジーザス」が運営するレーベル。「神の庇護のもと、常に前向きな希望を」という 「聖ベネディクトの戒律」の言葉に基づき、通常の活動のほかにも音楽やダンス、CDやビデオ、本の出版 などにも積極的に取り組んでいます。地元の合唱団「グローリエ・デイ・カントレス」によるクリスマスなどの合 唱曲や、フランス、ソレムの修道士たちによるグレゴリオ聖歌など宗教曲を中心に、多くのCDをリリースして います。

無伴奏合唱によるラフマニノフの大作『徹夜祷』は、日本では『晩祷』『晩課』とも訳される、ロシア正教会の奉神礼音楽です。このアルバムで歌う「グローリエ・ デイ・カントレス」は、リチャード・バグスレーが15年以上にわたって率いている、およそ40人のメンバーからなるマサチューセッツ州の合唱団。ソヴィエト連邦時代 からロシア宗教合唱曲のコンサートを本場の地で行っている彼らが、ロシア系アメリカ人でロシア宗教曲と正教会音楽のスペシャリストであるペーター・ジェルミホ フと組んだプロジェクトです。男声を中心に他の合唱団からのサポートを加え77人が参加し、キエフのウクライナ国立歌劇場からのソリスト2人も迎え、分厚いア ンサンブルを作り上げました。SACDではサラウンドで包み込まれるような音場を体験することができます。

TAFELMUSIK
TMK-1027(1CD)
NX-B01
ヘンデル:オラトリオ「メサイア」HWV56 ハイライト
1.第1部:Sinfonia
2.第1部:Accompanied: Comfort ye, my people
3.第1部:Air: Ev'ry valley shall be exalted
4.第1部:And the glory of the Lord shall be revealed
5.第1部:Recitative: Behold, a virgin shall conceive-Air: O thou that tellest
good tidings to Zion
6.第1部:For unto us a child is born
7.第1部:Pifa (Pastoral Symphony) - Accompanied Recitative: There were
shepherds
8.第1部:Glory to God in the highest
9.第1部:Air: Rejoice greatly, O daughter of Zion
10.第2部:Behold, The Lamb of God
11.第2部:He trusted in God that He would deliver Him
12.第2部:Thy rebuke hath broken His heart
13.第2部:Arioso: Behold, and see if there be any sorrow
14.第2部:Accompanied: He was cut off out of the land of the living
15.第2部:Air: But Thou didst not leave His soul in hell
16.第2部:Hallelujah
17.第3部:Air: I know that my redeemer liveth
18.第3部:Accompanied: Behold, I tell you a mystery
19.第3部:Air: The trumpet shall sound
20.第3部:Worthy is the Lamb that was slain
21.第3部:Amen
カリーナ・ゴーヴァン(S)
ロビン・ブレイズ(C.T)
ルーファス・ミュラー(T)
ブレット・ポレガー(Br)
アイヴァース・タウリンス(指)
ターフェルムジーク室内cho
ターフェルムジーク・バロックO

録音:2011年12月 ライヴ

※TMK1016(2枚組)からの抜粋盤
ターフェルムジークによる「メサイア」2011年の録音より聴きどころを抜粋した1枚。ヘンデル独自の様式を持つ孤高の宗教 作品である「メサイア」だけあって、この曲を幾度となく演奏してきた彼らにとっても、毎回の演奏が新たなチャレンジとなってい ます。この2011年の演奏も、すばらしいソリストたちを交えた白熱のドラマが繰り広げられており、聴衆と批評家から大絶賛 されました。

ALPHA
NYCX-10003(1CD)
国内仕様
税込定価
バッハとフルート〜合奏曲・無伴奏曲・声楽曲
バッハ:5声の序曲 ロ短調(管弦楽組曲第2番) BWV1067
アリア「愛のために、わが救世主は死を願うのです」〜『マタイ受難曲』BWV244 より
無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV1013
アリア「わが魂よ、おまえが喜んで味わうのはもはや」〜『復活祭オラトリオ』BWV249 より
トリオ・ソナタト長調 BWV1038〜フルート、ヴァイオリンと通奏低音のための
アリア「ああ!なんてすてきなコーヒーの味わい」〜『コーヒー・カンタータ』BWV211 より
アリア「わたしはただ満足です」〜教会カンタータ『わたしはただ満足です』BWV82a より
ジュリエット・ユレル(Fl)
マイリス・ド・ヴィルトレー(S)…8.13.18.19
アンサンブル・レ・シュルプリーズ

録音:2017 年4月
サント女子大修道院(フランス中西
部シャラント=マリティム県)
解説訳・補筆、歌詞訳:白沢達生
輸入品番:ALPHA358
教会カンタータ、受難曲、あるいはミサ曲...といった教会向けの音楽では、彼はオーボエやヴァイオリンと同じように、縦笛や横笛をさまざまな作品に盛り 込みました。とくに教会カンタータ(彼が仕えていたルター派プロテスタント教会で、日曜や祭日の礼拝のたび演奏されていた、合奏を伴う声楽作品)では、20 あまりの作品のなかにリコーダー(縦笛)が使われているのが知られています。そのかたわら、小人数の楽器奏者たちだけで演奏できる室内楽曲を書くとなれ ば、彼はむしろ横笛、すなわちフルートをことさらよく使ったのでした。(解説文より)

GENUIN
GEN-18602(1CD)
イ・ヨンジョ:歌曲集
(1)最愛の母/(2)絹の霞/(3)ダデオミ/(4)小鳥よ小鳥/ (5)鳥を追い払う歌/(6)星の光/(7)月の夜/(8)五百年/
(9)冗談を言う/(10)ムンジョンセジェ・アリラン/ (11)キョンサンドウ・アリラン/(12)チョンソングン・アリラン/ (13)(14)「ファン・ジニ」―チョンサンリの青い水,絶望的な憧れ/ (15)囚われのチュンヒャン/(16)神の子羊/ (17)詩篇第23 番/(18)イエスは真の葡萄の木
イ・ユラ=ホフ(S)
ミシャエル・シュッツェ(P)
(1)マリー=ルイーゼ・カーレ(Hrn)

録音:2017年9月11-14日,2018年2 月6-7 日 フランクフルト、
韓国の作曲家、イ・ヨンジョ Young-Jo Lee(1943-)の歌曲集。イ・ヨンジョはソウルの生まれ。ミュンヘンに留学、カール・オルフに学んだ。韓国民謡を基にした西洋音楽で高い評価を得ています。ここに収められているのは、留学前の若書きの2曲を除き、比較的近年の作品ばかり。「ファン・ジニ」は、度々映画化、テレビ化される李氏朝鮮時代の妓生ファン・ジニ 黄真伊を主人公とするオペラ。1999年に初演され、2001年4月には東京で日本初演もされた。 イ・ユラ=ホフはソウル生まれのソプラノ。ベルリンとライプツィヒに留学し、現在はドレスデンを拠点にドイツを中心に活動しています。高音のよく伸びる美声のソプラノです。

Cameo Classics
CC-9106(1CDR)
ヤング:スナーク狩り ピーター・イーストン(ナレーター)、
ダグラス・ヤング(ピアノ&打楽器)、
ピーター・フレッチャー(指)、
レスターシャー・スクールSOのメンバーたち、
レスターシャーcho

録音:1982年3月14日、ボスワース・カレッジ(イギリス)
※Cameo Classics/CC9019CDからの新装移行発売
ロンドンの王立音楽大学で作曲を学び、1970年にはカール・ランクル作曲賞を受賞した経歴を持つイギリスの作曲家ダグラス・ヤング(1947−)が、ルイス・キャロルの詩である「スナーク狩り」を題材として作曲した8楽章形式の大作。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

VIVAT
VIVAT-116(1CD)
歌曲の100年 Vol.3〜1830年−1840年
ファニー・メンデルスゾーン:5月の夜、どうしてバラは、さすらいの歌
フランツ・パウル・ラハナー:漁師の娘、山の声、彼女の肖像
メンデルスゾーン
:春の歌 Op.34-3、春の歌 Op.47-3、森の館、小姓の歌
マイアベーア:空の少女、聖ジョセフの狂女
アリャービエフ:なぜあなたは歌う, 美しい乙女よ/ワルラモフ:海
ベルリオーズ:あなたを信じています
アリャービエフ:あなたのイメージを見る
ダルゴムイシスキー:結婚, 幻想
レーヴェ
:彼に会って以来、私はわからない、手伝って, 妹たちよ、私の心に、恋に落ちたコフキコガネ、カッコウと夜鳴きウグイス
ソラヤ・マフィ(S)、
ローナ・アンダーソン(S)、
アンゲリカ・キルヒシュラーガー(Ms)、
ジョン・マーク・エインズリー(T)、
アレクセイ・グセフ(Bs)、
マルコム・マルティヌー(P)

録音:2015年6月−2017年6月、オール・セインツ教会(イースト・フィンチリー、イギリス)
キングズ・コンソートの自主レーベル"ヴィヴァット(VIVAT)"からスタートした新シリーズ、1810年から1910年までの一世紀における歌曲の歴史を、10年ごとの区切りでたどるという壮大な新プロジェクト「歌曲の100年」。
シリーズ第3巻は「1830年〜1840年」の10年間に作曲された歌曲。ドイツのメンデルスゾーン姉弟、フランツ・ラハナー、カール・レーヴェ、フランスのベルリオーズとマイアベーア(マイアベーアはドイツ生まれだが、フランス時代の作品)、ロシアのアリャービエフ、ダルゴムイシスキー、ワルラモフ(ヴァルラーモフ)の作品を組み合わせ、1830年代の歌曲の歴史を俯瞰します。
アンゲリカ・キルヒシュラーガーやジョン・マーク・エインズリーといった名歌手たちの歌声はもちろん、2014年マギー・テイト賞、2015年キャスリーン・フェリアー賞第2位、2016年スーザン・チルコット賞などを受賞し、イギリスのオペラ・シーンで絶賛活躍中の若きソプラノ、ソラヤ・マフィが歌うファニー・メンデルスゾーンにも注目です。
数々の歌曲アルバムへの参加で知られる名ピアニスト、マルコム・マルティヌーが監修する優れたコンセプトによる偉大な歌曲アンソロジー。次作第4巻(1840年−1850年)では、ドイツ、フランス、ロシアに加え、スカンジナビアとスペインの作品も収録予定です。ブックレット解説は、歌曲研究の第一人者であるスーザン・ユーインス教授(英語、フランス語、ドイツ語)。

Gramola
GRAM-99136(1CD)
エマヌエル・ガイベルの詩による歌曲集
メンデルスゾーン:月 Op.86-5
シューマン:魔法の角笛を持つ少年 Op.30-1
ラハナー(1803-1890):春 Op.134-2
 後悔 OP.84-2
 静かなる睡蓮 Op.134-1
イェンゼン(1837-1879):川のほとりに Op.21-6
 眠れ、愛しい娘 Op.21-3
作者不詳:遠い、離れて遠い
フェスカ(182-1849):静かな願い
ラントハルティンガー(1802-1893):瀕死の子供
クララ・シューマン:しとやかな蓮の花 Op.13-6
グリュンフェルト(1852-1924):夢の黄昏
シューマン:あこがれ Op.51-1
 子供のための歌のアルバム Op.79-7 ジプシーの歌 I-II
 スペインの騎士 Op.30-3
ヴォルフ:スペイン歌曲集 第17番 やさしい恋人を失った時は
 スペイン歌曲集 第21番すべてのものは、心よ、憩っている
メンデルスゾーン:二人の心が離れてしまえば Op.99-5
グリーグ:いつの日か、わが思いは Op.48-2
ブラームス:わが心は重く Op.94-3
 春の歌 Op.85-5
ヘルマン(808-1878):月が輝く大気の中で
ブルックナー:4月に WAB75
ブリュル(1864-1907):田舎の春の歌 Op.62-3
リラ(1822-1882):遍歴
フランツ(1815-1892):小鳥さん、そんなに急いでどこへ行くの
レーガー:4月に Op.4-4
プリューデマン(1854-1897):夜の歌
ウルフ・ベストライン(Br)
サーシャ・エル・ムイジ(P)

録音:2017年2月2-5日
ドイツ・ロマン派の詩人エマヌエル・ガイベル(1815-1884)。ベルリンで学び、マクシミリアン2世の招きでミュンヘンに移り、若 い詩人たちと共に詩作に励みました。ギリシャ語、ラテン語を得意とし、ロマンティックな詩の中に、古典的な語法を取り入れ るなど折衷的な作風が特徴で、その詩は同時代の作曲家たちにも多大なる影響を与えています。メンデルスゾーン、シュー マン、ブラームス、ブルックナーなど多くの作曲家がガイベルの詩に曲を付けており、このアルバムで歌われているのはその一部 ですが、当時どれほど彼の詩が愛されていたのかが理解できるでしょう。
Gramola
GRAM-99151(1CD)
バスのためのバラード集
伝承曲:Das schloss in Osterreich オーストリアの城
シューベルト:プロメテウス D674
 トゥーレの王 Op.5-5 D367
 人間の限界 D716
 十字軍 D932/魔王 Op.1 D328
マルシュナー(1795-1861):トゥーレの王
レーヴェ:オイゲン公、高貴なる騎士 Op.92
海をゆくオーディン Op.118
時計 Op.123-3
シューマン:二人の擲弾兵 Op.49-1
ブラームス:裏切り Op.105-5
ヴォルフ(1860-1903):炎の騎士
ヴァイスマン(1900-1980):物乞いのバラード
伝承曲:Todtenamt
エベルハルト・クンマー(ハーディ=ガーディ)
ロベルト・ホルツァー(Bs)
トーマス・ケルプル(P)

録音:2017年7月31日-8月10日
オーストリア出身のバス歌手、ロベルト・ホルツァーはリンツのブルックナー音楽院でリートとオラトリオを教えつつ、オペラ歌手とし て世界中で活躍しています。彼は長年に渡り、ピアニスト、トーマス・ケルプルと共に、多彩なコンサート、録音を行ってきまし た。彼らの最新作は「バラードにおける文学的形態と音楽的な処理についての考察」が反映されており、中世の物語詩が、 ロマン派の作曲家たちによって起伏の富んだ音楽で表現されている様子をじっくり聴かせています。アルバムの冒頭と最後に は、ハーディ=ガーディの素朴な音色による演奏が置かれており、聴き手を中世の物語へと引き込む工夫もなされています。
Gramola
GRAM-99156(1CD)
Rejoice!-喜び!
スタンフォード:For lo, I raise up 見よ、わたしは興す Op.145
ペルト(1935-):至福
マクミラン(1959-):主を恐れるものは幸いなり
ハウエルズ(1892-1983):マニフィカトとヌンク・ディミティス
メシアン:おお、聖なる饗宴
アイヴズ:詩篇135番「主をほめたたえよ」
ブリテン:祝祭カンタータ「キリストによりて喜べ」
ヴォルガンク・コーゲルト(Org)
アロイス・グラスナー(指)
ザルツブルク・バッハcho

録音:2017年11月1-4日
1983年に創設されたザルツブルク・バッハ合唱団は、発足後すぐにオーストリアの主要なヴォーカル・アンサンブルの一つにな り、2003年に芸術監督としてアロイス・グラスナーが就任してからは、更に活動の幅を広げ、ウィーン・フィルやザルツブルク・ モーツァルテウムOなど多くのオーケストラとも共演、ザルツブルク音楽祭に定期的に出演するなど、世界的な賞賛を 獲得しています。このアルバムではオルガニスト、ヴォルフガンク・コーゲルトの壮麗な伴奏を伴い、スタンフォード、メシアン、ブリ テンと言った近代の名合唱曲を演奏。優れたアンサンブル能力を発揮しています。

COL LEGNO
COL-20219(1CD)
NX-B06
ベルク:若き日の歌 ヘレーネ・リンドクヴィスト(S)
フィリップ・フォーグラー(P)
10代後半のベルクは、父の死、望まぬ子どもの誕生、卒業試験の失敗など、波乱に満ちた生活を送っていました。そんな 折、少しずつ書き溜めていたのが、後に「10代の歌曲」として出版された一連の歌曲です。これらの歌は1曲1曲は短いも のの、曲想は極めてロマンティックで、素直な感情が惜しみなく表出されています。

Nimbus
NI-5971(1CDR)
東洋の歌
ウルマン:ハーフェズの詩による歌曲集 Op.30
フォン・アイネム:8つのハーフェズの歌 Op.5
ウルマン:2つの中国の歌
ハース:古い中国の詩による4つの歌
フォン・アイネム:中国の5つの歌 Op.8
ハース:中国の歌 Op.4
ヴェレス:遠く離れた地の歌 Op.15
R・シュトラウス:東洋の歌 Op.77
ガル:5つの歌 Op.33より 第4番、第5番
サイモン・ウォルフィッシュ(Br)、
エドワード・ラッシュトン(P)

録音:2017年5月19日−21日、ワイアストン・レイズ(モンマス、イギリス)
ウルマンやハース、ヴェレスなど20世紀前半に活躍した作曲家たちの「東洋(中国)」にまつわる歌曲を集めたプログラム。近年再評価が進むハンス・ガルの歌曲も収録しています。
サイモン・ウォルフィッシュはバリトン歌手、チェリストとして活躍するマルチな才能を持ったイギリスの音楽家。父はチェリストのラファエル・ウォルフィッシュ、母はバロック・ヴァイオリニストのエリザベス・ウォルフィッシュというサラブレッドです。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

BRIDGE
BCD-9504(1CD)
ベサニー・ビアズリー、シューベルト・シューマン・ブラームスを歌う
(1)シューベルト:至福D433
 糸を紡ぐグレートヒェンD118
 独りずまいD800
 サヨナキドリ(夜鶯)D724
 森にてD708
 囚われの歌人たちD712
 音楽に寄せてD547
(2)シューマン:献呈Op.25-1
 くるみの木Op.25-3
 出会いと別れOp.90-3
 私は挨拶を送る(東方のばらより)Op.25-25
 ミニョンOp.79-28
 薔薇よOp.89-6
 宝探しの男Op.45-1
(3)ブラームス:私たちはさまよい歩きOp.96-2
 日曜日Op.47-3
 死はすがすがしい夜Op.96-1
 サヨナキドリ(夜鶯)に寄せてOp.46-4
 穏やかで生暖かい空気Op.57-8
 便りOp.47-1
ベサニー・ビアズリー(S)
(1)(2)ロイス・シャピロ(P)
(3)リチャード・グード(P)

録音:(1)1984年6月,(2)(3)1986年6月,米国マサチューセッツ州ウェルズリー
米国のソプラノ、ベサニー・ビアズリーの歌うドイツ・リート集。ベサニー・ビアズリーは1925年生まれ。20世紀半ばに幅広く活躍し、ことに当時の同時代の作曲家の音楽を積極的に歌い広めたことで知られています。これらの録音は彼女が60歳前後の時のものだが、若々しい声に驚かされます。ブラームスでは、ちょうどこの頃名高いベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集の録音を進行させていたリチャード・グードが伴奏を務めています。

SUPRAPHON
SU-4243(1CD)
シューベルト:『冬の旅』 D.9111 ヤン・マルチニーク(Bs)、
ディヴィッド・マルチェク(P)

録音:2017 年 3月24-29 日/ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホール
チェコ期待のバス歌手、ヤン・マルチニークが『冬の旅』を録音しました。マルチニークは2007年に開かれたプラシド・ドミンゴ主催のコンクールにてファ イナリストになった実力派で現在ベルリン国立歌劇場のソリストをつとめております。繊細かつ力強い歌声をもつ歌手として高く評価されております。スプ ラフォン・レーベルからリリースされているマルティヌー(マルチヌー)のオラトリオ『ギルガメシュ』(SU 4225)でも堂々たる歌声を披露しております。
この『冬の旅』ではまず、「おやすみ」の前奏から、ディヴィッド・マルチェクの美しい弱音に引き込まれます。マルチニークの表情の細かな表情の変化 とマルチェクの絶妙な伴奏が光る演奏です。 (Ki)

ODRADEK RECORDS
SAND-0006(1CD)
(SANCTIANDREE シリーズ)
「ジェームズ・マクミラン:お告げ」 〜21世紀の宗教音楽
ジェームズ・マクミラン(b.1959):アヴェ・マリア
 ザカリアのカンティクム
ジョン・タヴナー(1944-2013):お告げ
ケネス・レイトン(1929-1988):マニフィカト
 ヌンク・ディミティス
ジェームズ・マクミラン:新しい歌
アンセルム・マクドーネル(b.1994):ヒネニー
ドミニク・デ・グランデ(b.1980):「眠っている間、サバは私にヤコブについて語った」
ケレンサ・ブリッグズ(b.1990):エクソダスV
ショーン・ドハーティ(b.1987):神はサムエルを呼ぶ
リサ・ロバートソン(b.1993):沈黙の言葉の音
スチュアート・ビーチ(b.1991):ソロモンの受胎告知
ジェームズ・マクミラン:そして主の使が彼らの上にきた
ブリテン:聖処女への聖歌
ジュディス・ビンガム(b.1952):お告げ
ジェームズ・マクミラン:おお、眩しい夜明け
トム・ウィルキンソン(指)
セント・アンドルーズ大学聖サルヴァトール・チャペルcho
ショーン・ヒース(Org)

録音:2017年6月
ジェームズ・マクミランの作品を中心に彼が影響を受けたジョン・タヴナー、ベンジャミン・ブ リテン、さらには彼が将来に期待する現在 20〜30 代の若手作曲家による混声合唱とオルガ ンによる新しい宗教音楽を集めた。マクミランを初めとしていずれも新しい調性、ロマンティシ ズムを志向する美しい作品が多い。マクミランは指揮者としてN 響に客演したこともあり、新ロ マン主義的な傾向の作曲家として知られています。

GRAND SLAM
GS-2188(1CD)
モーツァルト:レクイエム ニ短調 K.626 ブルーノ・ワルター(指)NYO
ウエストミンスターcho
イルムガルト・ゼーフリート(S)
ジェニー・トゥーレル(A)
レオポルド・シモノー(T)、
ウィリアム・ウォーフィールド(Bs)

録音:1956年3月10&12日/カーネギーホール(ニューヨーク)
使用音源:Privatearchive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)
■制作者より
モーツァルトの生誕200年を記念して録音されたワルター&ニューヨーク・フィルのモーツァルトの「レクイエム」は、モノラルではありますが、今日もな おこの曲の最も重要な演奏として人気があります。今回もまた2トラック、38センチのオープンリール・テープを使用して復刻しましたが、その再生音は 全く驚くべきものです。音像は異様なほど前に出て来て、前後、左右、天地の響きの広がりも圧倒的です。低弦のゴツゴツした音も生々しいほどに聴き取 れます。宇野功芳著『名指揮者ワルターの名盤駄盤』(講談社+α文庫/絶版)には「いくぶん生々しさ〈汚さ〉に欠ける不満はあるが」とありますが、 おそらく当CDではそうした不満が解消されることでしょう。また、この録音セッションで撮影された貴重な写真が知られていますが、ほとんどのLP、 CDにはこれらが掲載されなくなっています。これではちょっと寂しいので、当解説書ではそれを復活させました。なお、当CDには対訳が付いていません。 ご了承下さい。(平林 直哉)

CORO
COR-16165(1CD)
グッドール:インヴィクタス〜キリストの受難(世界初録音) オックスフォード・クライスト・チャーチ大聖堂聖歌隊、
スティーヴン・ダーリントン(指)
ラニアー・アンサンブル、
カースティ・ホプキンス(S)、
マーク・ドッベル(T)

録音:2018年3月14日−16日、聖ヨハネ福音教会(オックスフォード、イギリス)
日本語版も出版されている「音楽の進化論」や「音楽史を変えた五つの発明」の著者であり、2009年の「英Classical BRIT Awards」における「年間最優秀作曲者賞」の受賞や、担当した「チャーチル 第二次大戦の嵐(原題:Into the Storm)」の音楽がエミー賞に選出されるなど、輝かしい経歴を持つイギリスの作曲家、ハワード・グッドール(1958−)。
「Mr.ビーン」などのイギリスのテレビ番組のテーマ音楽や挿入歌のヒット作を続々と世に送り出し、ミュージカルや映画音楽、テレビスコアなどの作曲家として絶大な人気を誇るグッドールがキリストの受難からインスピレーションを得て作曲した宗教曲「インヴィクタス〜キリストの受難」は、アメリカ、ヒューストンのセント・ルーク・ユナイテッド・メソジスト教会からの委嘱によって作曲されました。
グッドールの持ち味であるテレビスコア、サウンドトラック、ミュージカル的な作風を持つ「インヴィクタス」は、2018年3月の世界初演、同5月のイギリス初演で大成功を収めており、今回の「世界初録音」の登場によって、21世紀の新たな受難曲にさらなる注目が集まることでしょう!
演奏者陣も、オックスフォードの名門聖歌隊、そしてザ・シックスティーンからソリストとしてソプラノのカースティ・ホプキンス、マーク・ドッベルが参加するなど万全です!

Resonus
RES-10204(1CD)
NX-B05
クリスマスの音楽集
J.F.ウェイド(1711頃-1786):O come, all ye faithful 神のみ子は今宵しも(D.ウィルコックス編)
バード(1540頃-1623):Hodie Christus natus est 今日キリストはお生まれになった
伝承曲;コヴェントリー・キャロル(M.ショウ編)
ヘンリー八世(1491-1547):Pastime with good company 良き仲間との楽しみ
タリス:王が生まれた
プレトリウス編纂「シオンの音楽」(1609)より Es ist ein Ros’ entsprungen エサイの根より
クリストファー・タイ(1505頃-1573):Laudate nomen Domini ほめたたえよ、神のしもべたちよ
イギリス伝承:It came upon a midnight clear
澄み切った真夜中にやってきた(D.ウィルコックス編)
ホルスト:In the bleak mid-winter 木枯らし寒く吹きすさび
ノルマンディ伝承:飼葉桶の中で(R.ジャック編)
バスク伝承キャロル:ガブリエルのお告げ(E.ペットマン編)
チャイコフスキー:ばらの冠
イギリス伝承:ああベツレヘムよ(ヴォーン・ウィリアムズ/T.アームストロング編)
ケネス・レイトン(1929-1988): The Christ-child lay on Mary’s lap
リチャード・マッデン(1953-):Balulalow 子守歌
T.H.ジョーンズ(1984-):Lullay, my liking ルレイ、わがいとし子よ
R.R.ベネット(1936-2012):Out of your sleep あなたの眠りから
マシュー・コルリッジ:キリストのお体のキャロル
ウォーロック(1894-1930): Adam lay ybounden アダムは囚われ横たわり(R.パイネル編)
ピエ・カンツィオーネスより「Of the Father's heart begotten」世の成らぬ先に(D.ウィルコックス編)
イギリス伝承:God rest you merry, gentlemen
世の人忘れるな(S.ウィテリー編)
ジュール・スタイン(1905-1994):Let it snow 雪よ降れ(J. 編)
ピアポント(1822-1893):ジングル・ベル(K.ロバート編)
グルーバー(1787-1863):きよしこの夜(K.ロバート編)
メンデルスゾーン:Hark! the herald-angels sing 天には栄え(D.ウィルコックス編)
クィーンズ・シックス
【メンバー】
ダニエル・ブリテン(C.T)
ティモシー・チャールストン(C.T)
ニコラス・マッデン(T)
ドミニク・ブランド(T)
アンドリュー・トンプソン(Br)
サイモン・ホワイトリー(Bs)
リチャード・パイネル(Org)

録音:2015年9月8-10日
ルネサンス、バロック期に書かれた作品と、現代の作品をバランス良く配した「クリスマスのための」1枚。どの曲も静かな 喜びに満たされています。演奏している‘クィーンズ・シックス’は、イングランド女王エリザベス1世の即位450年(1558 年)を記念して2008年に創設された男声ヴォーカル・アンサンブル。ウィンザー城に拠点を置き、女王の宮廷に仕え ていた音楽家たち、タリス、バード、ギボンズらの作品を得意としながら、現代作品も積極的に演奏する注目の歌手 たちです。

BIS
BISSA-2351(1SACD)
J.S.バッハ:世俗カンタータ第10集
(1)カンタータ《たのしきヴィーダーアウよ》BWV30a(35’35”)
(2)カンタータ《わたしは自分に満ち足りている》BWV204(29’54”)
鈴木雅明(指)
バッハ・コレギウム・ジャパン
(1)(2)キャロリン・サンプソン(S)、
(1)ロビン・ブレイズ(A)
(1)櫻田亮(T)
(1)ドミニク・ヴェルナー(Bs)、
菅きよみ(フラウト・トラヴェルソ)、三宮正満(Ob/オーボエ・ダモーレ)、若松夏美(Vn)

録音:2017年7月/彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール
BCJによるバッハの世俗カンタータ録音がついに完結です!この世俗カンタータの第10集には、《たのしきヴィーダーアウよ》 BWV30aと《わたしは自分に満ち足りている》BWV204が収録されました。当シリーズの完結にふさわしく、名唱キャロリン・サンプソンをはじめ、 BCJでもおなじみのジョアン・ラン、櫻田亮、ドミニク・ヴェルナーをソリストに迎えた満を持してのキャスティングによる収録です。
《たのしきヴィーダーアウよ》BWV30aは、ヴィーダーアウの荘園領主に就任したザクセン選帝侯国宰相ブリュールの家臣であるヘニッケを表敬するた めに作曲された音楽劇で、《農民カンタータ》BWV212の姉妹作です。躍動感に富む音楽で軽やかなシンコペーションや整然とした舞曲風の楽節構造な どは当時ドレスデン宮廷に流れ込んでいたイタリアの新様式からの影響を示しています。
一方、ソプラノ独唱と小オーケストラのためのカンタータである《わたしは自分に満ち足りている》BWV204は現世の富に心惑わされず、おのれの内 に平安を求めよという内容で、終始この命題に寄り添って進みます。サンプソンの透き通るような歌声とBCJの極上のアンサンブルが光ります。 (Ki)

REFERENCE
FR-727SACD
(1SACD)
チェスノコフ:徹夜祷「主よ、汝さだめし道を私 に教え給う」 ウラジーミル・ゴルヴィク(指)
パトラム学院男声cho

録音:2016年7月/サラトフ使徒ヨハネ修道院(ロシア)
パヴェル・チェスノコフ(1877-1944)はタネーエフやイッポリトフ=イワノフに師事。聖歌作曲家として当時第一人者でしたが、ロシア革命後の共産主 義のもと宗教音楽の創作は困難となり、第2次世界大戦中の1944年3月に、パンの配給を受けるため並んでいて心臓発作に見舞われ急逝しました。
チェスノコフは生涯に325の宗教曲を残したとされますが、創作であるにもかかわらず、古くからの伝承曲のような風格と厳粛さに満ちていて感動的。 自身聖歌隊で歌い、25年にわたり指導してきただけに男声合唱の機能を知り尽くした効果と美しさが光ります。
ロシア正教は教会内での楽器演奏を禁じているため、この作品も67分アカペラの男声合唱のみで構成されています。1曲目から力強く深々とした男声 に釘付けとなります。ロシアの聖歌隊は驚異的なレンジの広さを持ち、地鳴りのように響く低音を軸に分厚いハーモニーを聴かせ、声だけで存分に感動さ せられます。パトラム学院男声合唱団はロシアとアメリカの合唱団を混成したもので、テノール21人、バリトン9人、バス7人から成ります。
さらに魅力なのが、リファランス・レコーディングス・レーベルならではの高音質録音。グラミー賞の常連サウンドミラーのチームによる音作りが、これ まで完全に録音に収めることができなかったロシアの宗教合唱を、凄みを感じさせる音圧に蘇らせています。 (Ki)

Wigmore Hall Live
WHLIVE-0090(1CD)
虚栄の歌〜第一次世界大戦中のイギリス歌曲集
フィンジ:月食にて
■軍隊への招集
ブリテン:ああ、なんとうっとりする光景か
サマヴェル:戦場に赴くルーカスタによせて
ブリッジ:Tis but a week
アイヴス:トムが船出する
アイヴァー・ガーニー:Most Holy Night
チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード:A soft day
ブリテン:可愛いポリ・オリヴァ
ハイドン・ウッド:ピカルディーの薔薇
■ポピュラー・ソング
ロバート・ウェストン&バート・リー:Goodbye-ee
ナット・D・エイヤー:世界で唯一の女の子なら
アイヴァー:ノヴェロ:ライラックの花を集めましょう
■海で
ハイドン:水夫の歌
エルガー:潜水艦
ブリテン/ディブディン:トム・ボウリング
ガーニー:船
■死別
ブリテン:静けき夜にはしばしば
ジョン・アイランド:春の悲しみ
リザ・レーマン:私が死んだときには
ブリッジ:ぼくのもとにおいで、ぼくの夢
■休戦後
ピーター・ウォーロック:わが国
ホルスト:旅路の果て
スタンフォード:奇跡の旅
■アンコール
アイヴァー:ノヴェロ:ライラックの花を集めましょう
ソフィー・ベヴァン(S)
セバスチャン・ウィブリュー(P)

録音:2014年12月14日 ロンドン、ウィグモアホール・ライヴ
イギリスで活躍するソプラノ歌手ソフィー・ベヴァンによる第一次世界大戦中のイギリスの歌。伴奏は王立音楽院時代からのパートナーであるセバスチャ ン・ウィブリュー。 このリサイタルは、戦地へ行く者、そして残されるものの心情を反映した、第一次世界大戦中、イギリスで生まれ歌われた歌を集めています。ハーディの 詩によるフィンジの歌曲集「地球が朽ちるまで」の第6曲「月食にて」ではじまります。またヒット・ミュージカルから生まれた「世界で唯一の女の子なら」は、 第一次世界大戦中の英国貴族を描いたドラマ『ダウントン・アビー』でも印象的に歌われていました。ソフィー・ベヴァンは、美しくも悲しい、20世紀 初頭のイギリス歌曲をデリケートにかつ心を揺さぶるような自然な感情の起伏を見事に表現しています。 (Ki)

BIS
BISSA-2341(1SACD)
アルフレード・ヤンソン(1937-):合唱のための音楽
エバ・リンドクヴィストの3つの詩(1975?80)〜混声合唱のための*
風は思いのままに吹く〜混声合唱、ヴァイオリン、チェロとファゴットのための(2016)
今は暮らしがとても楽しい時(1983)〜混声合唱とピアノのための
母なる小さな地球(1983)〜混声合唱、ピアノとメロディカのための
サラバンド(1995)〜二重合唱、2つのホルン、2人の打楽器奏者、オルガン、2つのヴァイオリン、2つのチェロのための#
ソネット76番(2000)〜合唱、バリトン・ソロまたはシンギング・アクターのための
建造(1963)〜混声合唱と器楽のための【グンナル・エーリクソン(1936-)編】
キーと美しいマダム・キー(1967)〜混声合唱、ピアノとメロディカのための
風よささやけ(1973)〜混声合唱、ピアノメロディカのための
夜想曲(1967)〜二重合唱、2つのチェロ、ハープと2人の打楽器奏者のための#
グレーテ・ペーデシェン(指)、
ノルウェー・ソリストcho
アルフレード・ヤンソン(メロディカ即興、メロディカ)
エミーリエ・ヘルダール・リースハイム(Vn)、
ヤン・クレメンス・カールセン(Vc)
エムブリーク・スネルテ(コントラフォルテ)、
ヘルゲ・リーエン(P)
ラーシュ・ノット・ビルケラン(Org)
マリア・アンゲリカ・カールセン(Vn)
アンデシュ・クレグネス・ハンセン(打楽器)、
オスロ・シンフォニエッタ団員

録音:2014年6月*、2017年6月リース教会(オスロ)、2015年6月# ソフィエンベルグ教会(オスロ)
ノルウェー・ソリスト合唱団のBISアルバム第9作『風は思いのままに吹く』。ノルウェーの作曲家アルフレード・ヤンソンの 作品のアンソロジーです。ヤンソン(1937-)は、ジャズとポピュラー・ミュージックのピアニスト、アコーディオン・プレーヤー、作曲家として活動しな がらクラシカルのピアノを学び、ビョルン・フォンゴールとフィン・モッテンセンから音楽理論を教わりました。ヨーロッパ・アヴァンギャルド、後期ロマンティ シズム、ジャズ、民俗音楽など、さまざまなジャンルからインスピレーションを得て、多様なスタイルの音楽を作りつづけています。ヤンソンの作曲の中心 のひとつ、ヴォーカルのための作品は、ノルウェー・ソリスト合唱団も1950年の創設以来、重要なレパートリーにしています。初期のモダニスト・スタ イルの作品から近作まで、創作の全段階から選ばれた合唱のための音楽。スウェーデンのニューストレムが《シンフォニア・デル・マーレ》や歌曲集《魂 と風景》に使ったスウェーデンの女性詩人の詩をテクストにした《エバ・リンドクヴィストの3つの詩》。『ヨハネによる福音書』(第3章第8節)の一節 をヤンソンが「事実上盗み」自由にアレンジしたテクストに作曲した《風は思いのままに吹く》。ノルウェーの作家アーリル・ニュークヴィスト(1937-2004) の詩による2つの曲、「……だってカラーテレビがあるもの」と戦争や飢餓でさえ美しく見せるメディアを皮肉たっぷりに謳った詩による《今は暮らしがと ても楽しい時》と、思慮のない人類による破壊が止まない地球へ賛歌《母なる小さな地球》は、簡素なメロディで書かれています。《キーと美しいマダ ム・キー》は、ノルウェーの詩人ハーラル・スヴェードルプ(1923-1992)が、ベトナム戦争時代の政争を暗喩的に詠んだ詩がテクストです。エミリ・ ディキンソンの『In this short Life(この短い人生の中で)』に作曲した《サラバンド》とシェイクスピアの《ソネット76番》(「Why is my verse so barren of new pride(なぜ私の詩は誇れる新しさに欠けるのか)」)は、《風は思いのままに吹く》と同じく、ペーデシェンとノルウェー・ソリスト合唱団 の委嘱で作曲されました。《建造》は、管弦楽のための《建造と賛美歌(Konstruksjon och Hymne/Construction and Hymn)》(1963)(Aurora NCD-B4941)を、ヨーテボリ室内合唱団の指揮者グンナル・エーリクソン Gunnar Eriksson が混声合唱と器楽のために書き直した作品。エーリクソ ンとヤンソンの共同作業は長く、エリーサベト・ヘルムードソン(1927-2017)の詩による《風よささやけ》もヨーテボリ室内合唱団のために書かれた 作品です。ニーチェの『ツァラトゥストラはこう語った』の「ツァラトゥストラのラウンドレイ」による実験的な語法も交えたネオロマンティックな《夜想曲》 は、ノルウェー・ソリスト合唱団の創設者ニューステットの指揮で録音(NCD-B4941)したあと、ペーデシェンが指揮してアルバム『夢と同じ糸で(As Dreams)』(BIS SA 2139)に録音しております。 (Ki)

IDIS
VERMEER-40019(1CD)
マルコ・ソフィアノプロ(1952-2014):宗教音楽集 カペッラ・チヴィカ

録音:1999年〜2015年
オルガンと合唱による宗教作品集です。現代の作品とは思えぬ美しい調性の響きによる合唱とペダルを効果的に用いたオルガン。何世紀も前から続く音楽の伝統を感じます。

Solo Musica
SM-286(1CD)
NX-B03
声と楽器のための作品集
シュポア:6つの歌曲 Op.154
サン=サーンス:夕べのヴァイオリン
マスネ:エレジー
ヴェットシュタイン(1970-):美への讃歌
ブラームス:2つの歌曲 Op.91
シュポア:6つの歌曲 Op.154
サン=サーンス:夕べのヴァイオリン
マスネ:エレジー
ヴェットシュタイン(1970-):美への讃歌
ブラームス:2つの歌曲 Op.91
ソーニャ・ロイトワイラー(Ms)
ベンヤミン・エンゲリ(P)
アストリッド・ロイトワイラー(Vn)
ベンヤミン・ニッフェネッガー(Vc)
ハンナ・ヴァインマイスター(Va)
ルミナSQ

録音:2017年7月12日、2018年2月9-11日
「ピアノと歌」という組み合わせに更に他の楽器を加えることで深まる魅力を追求したアルバム。このアルバムのために 作曲されたヴェットシュタインの「美への讃歌」を始め、歌手と奏者たちが紡ぎ出す美しい響きを堪能できる1枚です。 シュポアの歌曲集は声とピアノ、クラリネットのために書かれていますが、クラリネットをヴァイオリンに置き換えることでまた 違った表情を見せています。ブラームスが試みたのは声とヴィオラの組み合わせ。渋い美しさが光る名作です。弦楽四 重奏と歌で奏でるドラマティックなレスピーギの「夕暮れ」、サン=サーンス、マスネのフランス歌曲、アイヴズ、マレク、ペ ティレクなどの近代作品も収録されています。

Bach-Stiftung
(ザンクトガレン・バッハ財団)
B-592CD(1CD)
NX-D03
J.S.バッハ:カンタータ集 第20集
主キリスト、神の独り子 BWV96
死人の中より甦りしイエス・キリストを覚えよ BWV67*
われらキリストを讃えまつらん BWV121#
ヤン・ベルナー(A)
ハンス・イェルク・マンメル(T)
ノエミ・ゾーン・ナッド(S)
ヴォルフ・マティアス・フリードリヒ(Bs)
ベルンハルト・ベルヒトルト(T)
マーゴット・オイツィンガー(A)
ドミニク・ヴェルナー(Bs)
ヨハネス・カレシェケ(T)…
ステファン・マックロード(Bs)
ユリア・ノイマン(S)
バッハ財団O&cho
ルドルフ・ルッツ(指)

録音:2011年10月21日、2014年4月25日*、2013年3月22日# Trogen ライヴ
ルドルフ・ルッツによる「バッハ(1685-1750)のカンタータ演奏会」のライヴ録音第20集。このアルバムでは三位一 体節後第18日曜日用のカンタータ「第96番」と、復活後第1日曜日用の「第67番」、降誕節第2日用の「第121 番」が収録されています。イエスとファリサイ派の人々の論争を描いた第96番は、ソプラニーノ・リコーダーの軽やかな 調べで幕を開け、キリストの降誕と愛の喜びが高らかに歌われます。壮麗な合唱のフーガで始まり、全編キリストの復 活を喜ぶ第67番、ルターのコラールを器楽パートが彩り、厳粛な雰囲気で始まる第121番の3曲です。
Bach-Stiftung
(ザンクトガレン・バッハ財団)
B-617CD(1CD)
NX-D03
J.S.バッハ:カンタータ集 第21集
われらが神は堅き砦 BWV80
まじりけなき心 BWV24
主なる神は日なり、盾なり BWV79
クラウス・メルテンス(Bs)
ドロテー・ミールズ(S)
ベルンハルト・ベルヒトルト(T)
テリー・ウェイ(C.T)
マリアンネ・ベアテ・キーラント(A)
ダニエル・ヨハンセン(T)
ドミニク・ヴェルナー(Bs)
ミリアム・フォイアージンガー(S)
マルクス・フォルスター(C.T)
マティアス・ヘルム(Bs)
バッハ財団O&cho
ルドルフ・ルッツ(指)

録音:2016年8月19日、2016年6月17日*、2017年4月28日# Trogen ライヴ
ルドルフ・ルッツによる「バッハ(1685-1750)のカンタータ演奏会」のライヴ録音第21集。このアルバムにはバッハの カンタータの中でも最も名高い作品の一つ第80番「われらが神は堅き砦」と三位一体節後第4日曜日用の第24 番、宗教改革記念日用の第79番が収録されています。ルターのコラール「神はわがやぐら」をそのまま取り入れた第 80番では神への信仰心の強さが歌われ、比較的短い第24番でも信仰心が穏やかな曲想で歌われます。また、常 にユニークな演奏を試みるルッツらしく、第79番ではコラールの部分の合唱を聴衆たちに歌わせ、一体感を出すことに 成功しています。
Bach-Stiftung
(ザンクトガレン・バッハ財団)
B-664CD(1CD)
NX-D03
J.S.バッハ:カンタータ集 第22集
われは喜びて十字架を負わん BWV56
キリストこそ わが生命 BWV95
来たれ、汝甘き死の時よ BWV161
クラウス・メルテンス(Bs)
ユリア・ゾフィー・ヴァグナー(S)
チャールズ・ダニエルズ(T)
マティアス・ヘルム(Bs)
アレックス・ポッター(A)
ダニエル・ヨハンセン(T)
バッハ財団O&cho
ルドルフ・ルッツ(指)

録音:2014年10月24日、2015年9月18日*、009年9月25日# Trogen ライヴ
ルドルフ・ルッツによる「バッハ(1685-1750)のカンタータ演奏会」のライヴ録音第22集。このアルバムでは三位一 体節後第19日曜日用の第56番と、三位一体節後第16日曜日用の第95番、三位一体節後第16日曜日用の 第161番の3曲を聴くことができます。どの作品もバッハの全カンタータの中で高い知名度を誇り、名演も数多くありま すが、ルッツもユニークな解釈による素晴らしい演奏を披露しています。
Bach-Stiftung
(ザンクトガレン・バッハ財団)
B-665CD(1CD)
NX-D03
J.S.バッハ:カンタータ集 第23集
われ信ず、尊き主よ、信仰なきわれを助けたまえ BWV109
汝ら、キリストの者と名のるともがら BWV164
彼らみな汝を待ち望む BWV187
ユリウス・プファイアー(T)
ルート・ザントホフ(A)
ヤコプ・ピルグラム(T)
マルクス・フォルペルト(Bs)
ヤン・ベルナー(C.T)
モニカ・マウフ(S)
ドミニク・ヴェルナー(Bs)
エルヴィラ・ビル(A)
ウルリケ・ホーフバウアー(S)
バッハ財団O&cho
ルドルフ・ルッツ(指)

録音:2010年10月22日、2016年2月19日*、2017年3月31日# Trogen ライヴ
ルドルフ・ルッツによる「バッハ(1685-1750)のカンタータ演奏会」のライヴ録音第23集。三位一体節後第21日 曜日用の第109番、三位一体後第13日曜日用の第164番、三位一体後第7日曜日用の第187番の3曲を収 録。テノールとアルトのアリアが美しい「救済を信じる心」を歌った第109番、隣人愛と永遠の命を題材にした第164 番、飢えた民衆を救った奇跡が歌われる第187番、どれも真摯な神への祈りが反映された力強い作品です。

Delphian
DCD-34202(1CD)
ジュリアン・アンダーソン:合唱作品集
わが愛する者語りて(世界初録音)
鐘のミサ(世界初録音)
新しい歌を主に向かって歌え
私は永遠を見た(世界初録音)
4つのアメリカの合唱
ヌンク・ディミティス(世界初録音)
フレスコバルディ:トッカータ第4番
ケンブリッジ・ゴンヴィル&キーズ・カレッジcho
ジェフリー・ウェッバー(指&Org)
マイケル・ハウ(Org)、
ルーク・フィッツジェラルド(Org)

録音:2017年7月2日−4日、マートン・カレッジ・チャペル(オックスフォード、イギリス)
ジュリアン・アンダーソン(1967−)は、ギルドホール音楽院の作曲家教授、コンポーザー・イン・レジデンスの任にあり、過去にはバーミンガム市SOの同ポジション、フィルハーモニアOのコンサート・シリーズ「Music of Today」のアーティスティック・ディレクターなどを務めた実績を持ち、現在のイギリスで最も注目を集めている作曲家の1人。
「女王の音楽師範」ジュディス・ウィアーやシチェドリン、ブラジルの合唱音楽、さらには古代の楽器との共演など、幅広いレパートリーの録音を行ってきたケンブリッジ・ゴンヴィル&キーズ・カレッジ合唱団の演奏、解釈にも期待がかかります。また「ヌンク・ディミティス」は同合唱団の委嘱作品であり、今回が世界初録音となります。
Delphian
DCD-34005(1CD)
エジンバラの1マイル以内に
伝承曲:エジンバラの1マイル以内に
ドゥシーク:「エジンバラの1マイル以内に」による変奏曲
伝承曲:Thou'rt gane awa
伝承曲:Loch Eroch Side
コッリ:「Loch Eroch Side」による変奏曲
伝承曲:美しきドゥーンの川岸
コッリ:「美しきドゥーンの川岸」による変奏曲
伝承曲:Busk Ye Busk Ye
ロス:「Busk Ye Busk Ye」による変奏曲
伝承曲:私の恋人はまだ小娘、ロスリン城
ドゥシーク:「ロスリン城」による変奏曲
伝承曲:The Lass of Peaty's Mill
伝承曲:ウィリーのかみさん
ウルバーニ:「ウィリーのかみさん」による変奏曲
伝承曲:ハミラ、黄色い髪の少年
J.C.バッハ:「黄色い髪の少年」による変奏曲
伝承曲:Here's a health to them that's awa'
ジョン・キッチン(フィルテピアノ/Rochead1805年頃製)
マルコム・グリーン(Br)

録音:2001年7月、バーンズ・コレクション(スコットランド)
18世紀のスコットランドの美しく抒情的な旋律を、同時代のフォルテピアノの音色、そしてバリトンの歌声でたっぷりと堪能できる、スコットランドのレーベルならではの好企画。
1787年に出版された「Scots Musical Museum」からの美しき旋律の数々、またスコットランド国立図書館のコレクションからの鍵盤作品が、世紀を越えて愛され続けるスコットランドの名旋律の魅力を改めて伝えてくれます。
Delphian
DCD-34002(1CD)
外国からの歌
ファリャ:7つのスペイン民謡
ウィアー:外国からの歌
ロドリーゴ:4つの愛のマドリガル
ベリオ:4つの民謡
ポリー・メイ(Ms)、
ルーシー・ウォーカー(P)

録音:2001年1月27日−29日、リード・コンサート・ホール(エジンバラ)
モダン、ピリオドの両方に精通するスコットランド、エジンバラゆかりのメゾ・ソプラノ、ポリー・メイのデビュー・アルバム。スペインのファリャやロドリーゴ、イタリアのベリオ、そしてイギリスのウィアーなど国際色豊かなプログラムが特徴。

Prima Facie
PFCD-075(1CD)
現代のクリスマス・キャロル集
アイレス:今日キリストがお生まれになった
フランセス=ホード:今、幼子が生まれ
カスワース:Of A Rose Synge We
モーガン:我らはこの祝祭を喜び
パーシャル:あの幼児が
フォーセット:大天使ガブリエル
ターナー:飼い葉の桶で
フラーム:わたしたちは生まれ
カム:カンターテ・ドミノ
クック:スザンニ
マックスウェル・デイヴィス:飼い葉の桶で
マッケイブ:平和のキャロル
メイエス:クリスマスの音楽
ピノック:クリスマスの鐘
カミングス:まぶねにやすけく
スティール:2つのキャロル
ハンド:He Left The Silver Stars At Play
コールリッジ:子守歌
リムクス:聡明で最良の
トゥーヴェイ:アレルヤ
ハリソン:アッサラーム
ヒューイット:きよしこの夜
カントス室内cho
エルスペス・スローラック(指)

録音:2017年9月17日−24日、聖アン教会(マンチェスター)
ジョン・マッケイブやピーター・マックスウェル・デイヴィスなど現代のイギリスの作曲家たちのクリスマス・キャロルを集めたプログラム。マックスウェル・デイヴィスの「飼い葉の桶で」は、王室礼拝堂合唱団のために作曲され、エリザベス女王とフィリップ殿下に捧げられた作品です。

Signum Classics
SIGCD-547(1CD)
モーツァルト:カンタータ 「聖墓の音楽」 K.42/35A(1767年原典版)
歌劇 「バスティアンとバスティエンヌ」(1768年原典版)
クラシカル・オペラ、イアン・ペイジ(指)
アンナ・ルツィア・リヒター(ソプラノ/天使、バスティエンヌ)、
ジャック・インブライロ(バリトン/霊魂)、
アレッサンドロ・フィッシャー(テノール/バスティアン)、
ダレン・ジェフリー(バス・バリトン/コラ)

録音:2018年1月7日−9日、ブラックヒース・コンサート・ホール(ロンドン)
モーツァルトとその同世代の作曲家たちの音楽のスペシャリスト、イアン・ペイジが1997年に設立し、今、イギリスで最もエキサイティングと称されるピリオド楽器使用のオペラ・カンパニー、クラシカル・オペラ。モーツァルトのオペラの全曲録音完成を目指すクラシカル・オペラのレコーディング・プロジェクト最新作は、モーツァルトの歌劇のなかで唯一、劇場ではなく民家での演奏のために書かれた1幕のオペラ(ジングシュピール)「バスティアンとバスティエンヌ」と、キリストの死を嘆く天使と霊魂の対話を描いたカンタータ「聖墓の音楽」、神童時代のモーツァルトが作曲した2作品を収録。これまで数々のモーツァルト・オペラの「原典版」の演奏・録音で評価されてきたイアン・ペイジの優れた解釈はもちろん、アンナ・ルツィア・リヒター、ジャック・インブライロといった注目歌手の参加もポイントです。
Signum Classics
SIGCD-557(2CD)
ア・ウォーク・ウィズ・アイヴァー・ガーニー
ヴォーン・ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲
ハウエルズ:鹿が谷川の流れを慕いあえぐように
ガーニー:我は, 天地の創造主, 全能の父なる神を信ず
ジュディス・ビンガム:ア・ウォーク・ウィズ・アイヴァー・ガーニー(世界初録音)
ガーニー(ハウエルズ編):棺の側で、フランドルにて
ガーニー(フィンジ編):眠り
ヴォーン・ウィリアムズ:オックスフォード悲歌、
 ヴァリアント・フォー・トゥルース、
 主よ, 御身は我らの隠れ家
サラ・コノリー(Ms)、テネブレ、
ナイジェル・ショート(指)
サイモン・キャロウ(ナレーター)、
オーロラO

録音:2018年1月2日−4日&4月18日、セント・ジャイルズ=ウィズアウト=クリップルゲート(ロンドン)
キングズ・シンガーズの元メンバーであるナイジェル・ショートによって2001年に設立された、合唱王国イギリスを代表するヴォーカル・アンサンブル、テネブレ。「天体の音楽(SIGCD 904)」がグラミー賞2018の「Best Choral Performance」にノミネートされ、更に世界的な注目を浴びているテネブレの新録音は、第一次世界大戦によってその有望なキャリアを中断してしまった作曲家、アイヴァー・ガーニー(1890−1983)をフィーチャーしたアルバム。
多くの合唱作品で知られるイギリスの女流作曲家ジュディス・ビンガム(b.1952)が、テネブレの委嘱によってデイム・サラ・コノリーのために書いたガーニー・インスパイア作品「ア・ウォーク・ウィズ・アイヴァー・ガーニー(アイヴァー・ガーニーとの歩み)」を中心に、ガーニーの同時代の(そして友人でもあった)ハウエルズやヴォーン・ウィリアムズらの作品、ハウエルズやフィンジがオーケストレーションを施したガーニーの作品を収録。
Signum Classics
SIGCD-545(1CD)
プライズ・マイ・ソウル〜ケンブリッジ・ジーザス・カレッジからの人気賛美歌集
ジョン・ゴス:プライズ・マイ・ソウル
トマス・タリス:栄光あれ, わが神よ
ウィリアム・クロフト:主よ, わが助けよ
リチャード・レッドヘッド:ちとせの岩よ
モーリス・ベヴァン:There’s a wideness in God’s mercy
クレメント・スコールフィールド:この日も暮れゆきて
J.B.ダイクス:聖なる, 聖なる, 聖なるかな
ウィリアム・H.ファーガソン:いと高きところには栄光
ベートーヴェン:み神の愛をば(歓喜の歌)
ハウエルズ:われらの望みは
フランシス・ジャクソン:For the fruits of his creation
イングランド民謡(ヴォーン・ウィリアムズ編):He who would valiant be
エドワード・ミラー:さかえの主イエスの
ジョン・アイアランド:My song is love unknown
シリル・テイラー:Sing we of the blessed Mother
オーランド・ギボンズ:静かに涙を流しながら
ジェシー・アーヴァイン:主は我が牧者
ヴォーン・ウィリアムズ:聖霊の神
デイヴィッド・マナーズ:How shall we sing salvation’s song
W.H.モンク:日暮れて四方は暗く
ジョン・バーナード:勝利のキリスト
ケンブリッジ・ジーザス・カレッジcho
リチャード・ピネル(指)

録音:2018年1月9日−12日、ジーザス・カレッジ礼拝堂(ケンブリッジ大学)
1496年創設という長い歴史と伝統を誇るケンブリッジ大学のジーザス・カレッジの合唱団。音楽監督のリチャード・ピネルは、かつてウィンザー城セント・ジョージ・チャペルの副音楽監督を務めたヴィルトゥオーゾ・オルガニスト。「イギリスの四大賛美歌」と呼ばれる『さかえの主イエスの』や『ちとせの岩よ』、ベートーヴェンの歓喜の歌に基づく『み神の愛をば』など、世界で親しまれている人気の賛美歌を歌います。
Signum Classics
SIGCD-543(1CD)
ロクサンナ・パヌフニク:天の鳥〜合唱作品集
アンエンディング・ラヴ*
天の鳥(セレスティアル・バード)
サルヴェ・レジナ/オー・ハーケン
聖パンクラスのマニフィカトとヌンク・ディミッティス
Since We Parted/子守歌
Deus est Caritas/聖エイダンの祈り
天の子
ジェフリー・スキッドモア(指)
エクス・カシドラ、ミラプフェスト*

録音:2018年1月19日−20日、バーミンガム大学(イギリス)
アンジェイ・パヌフニクの娘であり、SignumやChandos、Coro、Delphianなどのレーベルから多くの作品が録音されるなど、世界で注目を高めているポーランド系イギリス人作曲家、ロクサンナ・パヌフニク(b.1968)。ジョン・タヴナーのテキストにロクサンナ・パヌフニクが音楽を付けた話題作「99ワーズ(SIGCD 519)」に続くSignum Classicsからのリリースは、パヌフニクの生誕50周年を記念した録音。英国古楽界の名指揮者ジェフリー・スキッドモアが率いるバーミンガムのピリオド・オーケストラ&合唱団、エクス・カシドラがパヌフニクの50歳を厳粛に祝います。
インドの詩人ラビンドラナート・タゴールの詩に基づく「アンエンディング・ラヴ(Unending Love)」では、インド音楽の芸術団体「Milapfest」が参加。

Phi
LPH-951(2LP)
NX-E03
ドヴォルザーク:スターバト・マーテル イルセ・エーレンス(S)
ミヒャエラ・ゼーリンガー(Ms)
マクシミリアン・シュミット(T)
フローリアン・ベッシュ(Bs)
フィリップ・ヘレヴェッヘ(指)
ロイヤル・フランダースPO
コレギウム・ヴォカーレ・ヘント(合唱)

録音:2012年4月21-24日
※CD LPH009と同内容
2012年のヘレヴェッヘの録音は、総譜の細部に目を配り、合唱の透明感溢れる響きと、素朴な情感を漂わせたオーケスト ラの音色が相俟った感動的な演奏として知られています。CD発売時よりGramophone誌のEditor’s Choiceなど数多く のメディアで高い評価を受けていますが、今回のリリースは、演奏に加え、更にLPならではの素晴らしい音が期待できます。

ABC Classics
ABC-4816296(1CD)
スタンホープ:合唱作品集
フィアント・ルミナリア/アニュス・デイ−私のお墓で佇み泣かないで/ルクス・エテルナ/ユビ・カリタス/聖チェチーリアのための哀歌/ザ・ランド・イズ・ヒールド.Ban.garay!/亡命の哀歌〜3つの合唱曲/ヘルヴィムの歌
ポール・スタンホープ(指)
シドニー室内cho

録音:2015年、2016年、シドニー音楽院
シドニー室内合唱団の元音楽監督であり、現在はシドニー大学のシドニー音楽院で講師を務めているオーストラリアの作曲家、ポール・スタンホープ(b.1969)の宗教合唱作品集。
ABC Classics
ABC-4811374(1CD)
シンプル・ギフト
ドヴォルザーク:月に寄せる歌
プッチーニ:ねえ、優しい優しいお父様
ドリーブ:カディスの娘たち
ノヴェロ:ウィール・ギャザー・リラックス
グノー:アヴェ・マリア
ヘンデル:輝かしいセラフィム
フランク:天使の糧
シューベルト:セレナーデ
グリーグ:ソルヴェイグの歌
ドヴォルザーク:我が母の教えたまいし歌
メンデルスゾーン:歌の翼に
シューベルト:ロマンス
マルティーニ:愛の喜び
伝承曲(カントルーブ編):バイレロ
伝承曲(ギャムリー編):ダニー・ボーイ
伝承曲(フロート編):庭の千草
伝承曲(ブリテン編):おお悲しみよ
伝承曲(ハースト編):アイ・ノウ・ウェアー・アイム・ゴーイング
ビショップ(ガムレイ編):埴生の宿
伝承曲(コープランド編):シンプル・ギフト
イヴォンヌ・ケニー(S)、
ウラディミール・カミルスキ(指)
メルボルンSO

録音:1993年12月13日−16日、サウス・メルボルン・タウン・ホール(オーストラリア)

※ABC 442509-2からの新装移行再発売(限定盤のため十分な枚数をご提供できない可能性、また未入荷となるがございます。予めご了承下さい)。
初リリース時に35,000枚以上の売上を記録しゴールド・ステータスを獲得したABC Classicsの最大のヒットの1つ、イヴォンヌ・ケニーの「シンプル・ギフト」の発売20周年を記念して製作された新装ヴァージョン
アヴェ・マリアやダニー・ボーイなど、馴染みの深いオペラ・アリア、歌曲、伝承曲のメロディーが1つ1つ大切に歌われた「シンプル・ギフト」はその名のとおり、イヴォンヌ・ケリーからのシンプルで素晴らしい贈りもの。
ABC Classics
ABC 4814927(1CD)
オルフ:カルミナ・ブラーナ(合唱、2台ピアノと打楽器版) カンティレイション、
アントニー・ウォーカー(指)
サラ・マクリヴァー(S)、ジ
ョナサン・サマーズ(Br)、
ポール・マクマホン(T)、
シドニー・パーカッション、
オーストラリア・ヴィルトゥオージ、
シドニー少年cho

録音:2001年10月11日、13日−14日、ユージン・グーセンス・ホール(シドニー、オーストラリア)
※ABC 4764225からの新装移行再発売
フォーレの「レクイエム」などで素晴らしいハーモニーを聴かせてくれているオーストラリアの名合唱団、カンティレイションが歌うオルフの「カルミナ・ブラーナ」。
ヴァージョンが"オーケストラ版"ではなく『2台ピアノと打楽器版』というところがポイント!2台ピアノと打楽器のシンプルな響きと合唱のコラボレーションが聴きどころです。

Hyperion
CDA-68242(1CD)
ブラームス:ドイツ・レクイエム
(室内アンサンブル版)〔室内アンサンブル・オーケストレーション:イアン・ファリントン〕
デイヴィッド・ヒル(指)
イェール大学スコラ・カントールムcho
マット・サリヴァン(Br)、
ナターシャ・シュヌーア(S)
B
録音:2017年1月23日&25日−27日、セント・ジョセフ教会(ニューヘイブン、コネチカット)
サイモン・キャリントンによって2003年に創設され、2009年から2013年には鈴木雅明が指揮を務めた(現在は首席客演指揮者)、イェール大学スコラ・カントールム合唱団(イェール・スコラ・カントルム)。アメリカの名門イェール大学のすべての学科からオーディションによりメンバーが集められ、イェール大学教会音楽研究所の支援を受けてハイレベルな教会音楽を演奏しています。
現在ディレクター兼首席指揮者を務めるデイヴィッド・ヒルは、これまでウィンチェスター大聖堂やウェストミンスター大聖堂、ケンブリッジ・セント・ジョンズ・カレッジなどの名門聖歌隊を率いてきたイギリスの名匠。デイヴィッド・ヒル自身の新たな編曲による「フォーレ:レクイエム(CDA-68209)」で話題を呼んだ合唱団の新たな録音は、ブラームスの傑作「ドイツ・レクイエム」。ブラームス自身の「ピアノ・リダクション版」からインスパイアされて作られた、「室内アンサンブル(vn, va, vc, cb, fl, ob, cl, pの八重奏)版」です。
編曲を施したのは、ロンドンの王立音楽アカデミーとケンブリッジ大学で学んだイアン・ファリントン。ピアニスト、オルガニスト、作編曲家として多彩に活動しながら、特に大規模なオーケストラ作品の小編成版アレンジで知られており、この「室内アンサンブル版ドイツ・レクイエム」や15人の奏者のために編曲された「マーラーの交響曲第1番」は世界中で演奏されています。
Hyperion
CDA-68191(1CD)
オワイン・パーク:合唱作品集
風の翼
アップヘルド・バイ・スティルネス
トリニティ・フォーブルドン(マニフィカトとヌンク・ディミッティス)
我が救い主が星の上に
フォス・ヒラロン
アヴェ・マリス・ステラ
悪の商人ユダは/正しき人の魂
まったき道を歩む者は幸いなり
今日、昇天せり
フォー・ザ・フォールン/主の祈り
アイ・ワンダー・アズ・アイ・ワンダー
聖霊の息吹
スティーヴン・レイトン(指)
ケンブリッジ・トリニティ・カレッジcho

録音:2017年7月4日−7日、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ礼拝堂
イギリス合唱界の名指揮者、スティーヴン・レイトンが音楽監督を務める名門カレッジ聖歌隊、ケンブリッジ・トリニティ・カレッジ合唱団。ジョン・ラッターに学んだイギリス新世代の合唱作家、オワイン・パークの合唱作品集が登場!
オワイン・パークは1993年イギリス生まれ、若くして作曲家、指揮者、歌手、オルガニストなど多彩に活動を拡げる天才ミュージシャン。ケンブリッジ・トリニティ・カレッジとウェルズ大聖堂のシニア・オルガン・スカラーを務め、歌手としてはテネブレのアソシエイト・アーティストとして活動し、ポリフォニーやダニーデン・コンソートの演奏にも参加、またヴォーカル・アンサンブル「ジェズアルド・シックス」も主宰しています。特に優れた作曲家として華々しく活動しており、その作品はヴォーチェス8やレイチェル・ポッジャー、テネブレ、タリス・スコラーズ、ケンブリッジ・トリニティ・カレッジ合唱団等によって演奏・録音されています。ブックレットの解説(英語)は師であるジョン・ラッターが執筆。次代の英国合唱界を担うであろう若き作曲家、オワイン・パークの本格的な合唱アルバム、合唱関係者要注目です!

Hanssler
HC-17082(6CD)
メンデルスゾーン:宗教曲作品集


■Disc1&2
(1)オラトリオ『エリヤ』Op.70
(2)オラトリオ『聖パウロ』Op.36

■Disc5
(1)詩篇第98番「主に向かいて新しき歌をうたえ」Op.91
(2)詩篇第115番「われらにではなく、主よ」Op.31
(3)詩篇第114番「イスラエルの民エジプトを出て」Op.51
(4)詩篇第42番「鹿が谷の水を慕いあえぐように」Op.42

■Disc6
交響曲第2番変ロ長調『讃歌』Op.52
■Disc1&2
クリスティーネ・シェーファー(S)、コルネリア・カリッシュ(T)、ミヒャエル・シャーデ(T)、ヴォルフガング・シェーネ(Bs)、ヘルムート・リリング(指)シュトゥットガルト・ゲヒンガー・カントライ、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム
録音:1994年9月3-7日ヘーゲルザール、リーダーハレ(シュトゥットガルト)
■Disc3&4
ジュリアーヌ・バンス(S)、インゲボルク・ダンツ(A)、ミヒャエル・シャーデ(T)、アンドレアス・シュミット(Bs)、ヘルムート・リリング(指)シュトゥットガルト・ゲヒンガー・カントライ、プラハ室内cho、チェコPO
録音:1994年11月17-19日ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホール(プラハ)
■Disc5
(1)(2)マルリス・ペーターゼン(S)、
(2)アレクサンドラ・パウルミヒル(A)
(1)(2)トーマス・マイケル・アレン(T)、
(1)(2)モルテン・エルンスト・ラッセン(Bs-Br)
ヘルムート・リリング(指)シュトゥットガルト・ゲヒンガー・カントライ、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム
録音:2003年2月22、23日ベートーヴェンザール、リーダーハレ(シュトゥットガルト)

(4)シビッラ・ルーベンス(S)、スコット・ウィアー、クリストフ・ゲンツ(T)、マティアス・ゲルネ(Br)、トーマス・メーネルト(Bs)、ヘルムート・リリング(指)シュトゥットガルト・ゲヒンガー・カントライ、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム
録音:1997年5月5日シュタットハレ、ジンデルフィンゲン
■Disc6
ミヒャエラ・カウネ(S)、ナリーネ・バージェス(S)、クリストフ・ジャン(T)、ヘルムート・リリング(指)シュトゥットガルト・ゲヒンガー・カントライ、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム
録音:1997年10月12、13日ベートーヴェンザール、リーダーハレ(シュトゥットガルト)
これまでに独ヘンスラー・レーベルからメンデルスゾーン・シリーズとして数々の声楽作品を録音してきた巨匠ヘルムート・リリング。当セットは交響曲第 2番『賛歌』、オラトリオ『エリヤ』、『聖パウロ』、そして詩篇4篇を収めたメンデルスゾーンの宗教曲作品集6枚組です。
『聖パウロ』は、『エリヤ』と共にメンデルスゾーンの二大オラトリオと呼ばれる傑作。第1部では殉教者聖ステファノの告発と聖パウロの回心を、続く 第2部ではキリスト教徒となった聖パウロの伝道の様子を描いています。心情の変化鮮やかな美しいソロの数々はもちろん、随所で舞台を盛り上げていく ドラマティックな混声合唱も聴きどころです。
この録音において、まず特筆すべきはリリング率いるチェコ・フィルハーモニー管弦楽団のキレ味抜群の演奏です!ゆったりと荘厳に序曲を聴かせたと思 うと、第2曲冒頭では一転、毅然とした弦楽器のリズムによって鳥肌ものの高揚感を味わわせてくれます。全体的にテンポは前向きで、過剰な重みのない 毅然とした演奏といえ、他の追随を許さぬ劇的な表現力は、リリング盤最大の魅力といっても過言ではないかもしれません。
ソリストの顔ぶれも万全の布陣。『聖パウロ』の中核を担う聖パウロ役を担うアンドレアス・シュミットは、ハイドンのオラトリオ『天地創造』でも魅せた 素晴らしい歌声を披露しております。
交響曲第2番「賛歌」は1840年6月、活版印刷術の発明者グーテンベルク400年記念祭のために作曲され、バッハゆかりのライプツィヒの聖トーマ ス教会で一連の行事を締めくくる演奏会で初演されました。3楽章のシンフォニア(交響曲)と、続く9曲のカンタータ部分から成る大曲です。トロンボー ンが奏でる勝利的な主題で幕を開ける3楽章構成のシンフォニアで始まり、合唱を中心としたカンタータ部分へと続きます。カンタータ部の第7曲コラー ルの冒頭、八声部無伴奏合唱で演奏されるルター派のコラール「今やみなは心と口と手をもって」は非常に印象的で(バッハもこのコラールを用いてカンター タBWV 9、192を書いています)、管弦楽が加わってますます世界は広がっていきます。終曲は大規模な合唱フーガで、冒頭に現れる勝利的な主題が高 らかに奏でられるなか、感動的なフィナーレを迎えます。リリングが思い描く天国的で美しい響きをご堪能いただけます。 (Ki)
Hanssler
HC-15017(4CD)
ハイドン:ミサ曲集


■Disc 1
(1)『ミサ・チェレンシス』(第6番)ハ長調 Hob.XXII:5
(2)『ミサ・ブレヴィス』(第1番)ヘ長調 Hob.XXII:1

■Disc 2
(1)『深き悲しみのミサ(ネルソン・ミサ)』(第9番)ニ短調 HobXXII:11
(2)『天地創造ミサ』(第11番)変ロ長調 HobXXII:13

■Disc 3
(1)『ハルモニー・ミサ』(第12番)変ロ長調 Hob.XXII:14

(2)『オッフィーダの聖ベルナルドの賛美のミサ(ハイリッヒ・ミサ)』(第8番) 変ロ長調 Hob.XXII:10

■Disc 4
(1)『テレージア・ミサ』(第10番) 変ロ長調 Hob.XXII:12
(2)『よき四季斎日のミサ(戦時のミサ)』(第7番) ハ長調Hob.XXII:9

(※通し番号はブライトコプフ・ウント・ヘルテル社の旧ハイドン全集に準じます。)
■Disc 1(74’42”)
(1)プリシュカ・エザー=シュトレイト(S)、アンネ・ブター(A)、クリストフ・ゲンツ(T)、トーマス・ハンベルガー(Bs)
ゲルト・ググルヘール(指)、ノイ・ホフカペレ・ミュンヘン、オルフォイス・コール・ミュンヘン
録音:1997年6月19-21日ミュンヘン
(2)アン・ホイット(S)、ジュリー・リストン(S)、リチャード・リポルド(Bs)
オーウェン・バーディック(指)、ニューヨーク・トリニティ教会cho、ルベル・バロックO
録音:2001年5月23-24日トリニティ教会(ニューヨーク)
■Disc 2(79’09”)
(1)レティーツィア・シェラー(S)、ロクサーナ・コンスタンティネスク(A)、マクシミリアン・シュミット(T)、ミヒャエル・ナジ(Bs)、ヘルムート・リリング(指)、ゲヒンガー・カントライ・シュトゥットガルト、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム
録音:2006年11月18、19日リーダーハレ、ベートーヴェンザール(シュトゥットガルト)
(2)ドンナ・ブラウン(S)、ロクサーナ・コンスタンティネスク(A)、ロタール・オディニウス(T)、
マルクス・アイヒェ(Bs)、ヘルムート・リリング(指)、オレゴン・バッハ・フェスティヴァルO&cho
録音:2006年7月14日ユージーン、ハルト・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ(オレゴン)
■Disc 3(76’29”)
(1)シモーナ・シャトゥロヴァー(S)、ダニエラ・シンドラム(A)、ジェイムズ・テイラー(T)、ミヒャエル・ナジ(Bs)、ヘルムート・リリング(指)、ゲヒンガー・カントライ・シュトゥットガルト、
SWRシュトゥットガルトRSO(シュトゥットガルトRSO)
録音:2008年5月30日、6月1日リーダーハレ、ベートーヴェンザール(シュトゥットガルト)
(2)シビッラ・ルーベンス(S)、インゲボルク・ダンツ(A)、ロタール・オディニウス(T)、ミヒャエル・ナジ(Bs)、ヘルムート・リリング(指)、オレゴン・バッハ・フェスティヴァルO&cho
録音:2008年7月4-5日ユージーン、ハルト・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ(オレゴン)
■Disc 4(75’34”)
(1)シモーナ・シャトゥロヴァー(S)、ロクサーナ・コンスタンティネスク(A)、コービー・ウェルシュ(T)、
ヨーク・フェリクス・シュペーア(Bs)
ヘルムート・リリング(指)、オレゴン・バッハ・フェスティヴァルO&cho
録音:2007年7月7-9日ユージーン、ハルト・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ(オレゴン)
(2)ルート・ツィーザク(S)、インゲボルク・ダンツ(A)、クリストフ・プレガルディエン(T)、ミシェル・ブロダール(Bs)、ヘルムート・リリング(指)、ゲヒンガー・カントライ・シュトゥットガルト、シュトゥットガルト室内O
録音:1992年1月レオンベルク・シュタートハレ
独ヘンスラー・レーベルよりハイドンのミサ曲の傑作8篇を収録したお買い得な4枚組の登場です。8篇のうち6篇が巨匠リリングに指揮よる演奏です! 収録作品の中にはモーツァルトの『レクイエム』の「不思議なる響きのラッパが」からの引用が含まれる『深き悲しみのミサ』、ハイドンのオラトリオ『天地創造』 の楽想が2か所で借用されている『天地創造ミサ』も含まれます。また、1802年に書かれた『ハルモニー・ミサ』は、編成も充実して木管楽器(ハルモニー ムジークに由来)の活躍が顕著なことから、後世その名がついたハイドン最後のミサ曲や、聖人ベルナルドを讃えた『オッフィーダの聖ベルナルドの賛美の ミサ』も収録しております!
リリングによる演奏では、ルーベンスやダンツというおなじみのソリストの魅力とともに、シュトゥットガルトとオレゴンという性格の異なるふたつの手兵 を振り分けているのも注目といえます。ハイドンの至高な響きを存分に味わえる充実の内容です。 (Ki)



BR KLASSIK
BR-900325(1CD)
NX-B05
エディタ・グルベローヴァ 名唱集
1.モーツァルト:エクスルターテ・ユビラーテ 踊れ、喜べ、幸いなる魂よ K165/K158a
2.M・ハイドン:ソプラノ、合唱とオーケストラのためのカンタータ「Lauft, ihr Hirten, allzugleich 走れ、羊飼いたちよ、一息に」
3.モーツァルト:証聖者のための晩課 K339より「ラウダーテ・ドミヌム」
4.ヘンデル:歌劇《アルチーナ》より 「Ah! Mio cor, schernito sei ああ、私の心である人よ」
5.ドニゼッティ:歌劇《ランメルモールのルチア》より「Il dolce suono mi colpi di sua voce! - Ardon gl’incensi -Spargi d’amaro pianto
彼の声の甘美な響きが私に感銘を与える-香が焚かれている・・・輝いている」
6.ドニゼッティ:歌劇《シャモニーのリンダ》より「Ah, tardai troppo - O luce di quest’anima-ああ、遅すぎたわ-この心の光」
7.ベッリーニ:歌劇《テンダのベアトリーチェ》より「Ah! Se un’urna e a me ああ、もしも私に墓があるとしたら」
8.ロッシーニ:歌劇《セヴィリアの理髪師》より「Una voce poco fa 今の歌声は」
9.J・シュトラウス:喜歌劇《こうもり》より 「Spiel ich die Unschuld vom Lande 田舎娘を演じる時は」
エディタ・グルベローヴァ(S)

【指揮者】
レオポルド・ハーガー…1-3
マーク・エルダー…4.8
ランベルト・ガルデッリ…5
ピンカス・スタインバーグ…6.7
マルチェロ・ヴィオッティ…9
全てミュンヘン放送O


録音:1995年12月17日…1-3
Philharmonie im Gasteig, Munchen
1997年12月31日…4.8
Prinzregententheater, Munchen
1983年10月16日…5
Kongresssaal des Deutschen
Museums, Munchen
1996年11月5日…6.7
Prinzregententheater, Munchen
2000年6月25日…9
Stadttheater, Lindau
圧倒的な美声と驚異的な技巧を兼備したソプラノ、エディタ・グルベローヴァ。 ブラチスラヴァに生まれ、22歳で地元の歌劇場にロッシーニ《セヴィリアの理髪師》ロジーナ役でデビュー。2年後の1970年にウィーン国立歌劇場と契約し《魔 笛》の夜の女王役に抜擢、1973年にはグラインドボーン音楽祭においても同役で好評を博しました。1980年には初来日し、リヒャルト・シュトラウスの《ナク ソス島のアリアドネ》ツェルビネッタ役での超絶的な歌唱で瞬く間に人気を獲得、以降、21世紀に至るまで来日を重ね、円熟の歌声を披露しています。 グルベローヴァの歌手生活50周年記念としてBR-KLASSIKが制作したこのアルバムには、これまでにリリースされたことのない彼女の歌唱が年代を追って収 録されています。完璧なヴォーカル・テクニックに裏打ちされた魅惑的な響きを備えた歌の数々は、「コロラトゥーラの女王」の名にふさわしいものです。

CAvi
4260085-533732(1CD)
さすらい人〜シューベルト歌曲集
さすらい人 D.493
月に寄せる旅人の歌D.870
冥府への旅 D.526/舟人 D.536
月に寄せて D.259
漁夫の愛の幸せ D.933
ミューズの息子 D.764
ブルックの丘にて D.853
墓掘り人の郷愁 D.842
夕映えの中で D.799
夕べの星 D.806/さすらい人 D.649
春に D.882/ドナウ河の上で D.553
出会いと別れ D.767
アンドレ・シュエン(Br)
ダニエル・ハイデ(P)
さすらい、旅、といったシューベルト独特の世界観に彩られた歌曲集。「シューマン、ヴォルフ、マルタン(4260085533305)」、「ベートーヴェン (4260085533770)」に続く、アンドレ・シュエンのCAVIレーベル第3弾アルバムです。1984年イタリア生まれの歌手アンドレ・シュエンはザルツ ブルクやウィーンなどヨーロッパの音楽祭に参加し注目を集める新星。ピアノを弾くダニエル・ハイデは彼にとって重要な共演者。シューマンのアルバムで も共演しており、お互いに高い信頼感で結ばれています。 (Ki)

H.M.F
HAF-8905298(1CD)
ヘンデル:キャロライン王妃のための音楽集
戴冠式アンセム第3番「主よ、王はあなたの力によって喜び」 HWV260
テ・デウム「キャロライン王妃」 HWV280
キャロライン王妃の葬送のためのアンセム「シオンの道は悲しみ」 HWV264
ウィリアム・クリスティ(指)
レザール・フロリサン,ティム・ミード(C.T)
ショーン・クレイトン(T)
リサンドロ・アバディエ(Bs-Br)

録音:2013年11月20、21日、パリ
クリスティの名盤が再発売!ヘンデルは1710年頃から亡くなる1759年までほぼ半世紀をロンドンで過ごしました。その前半でヘンデルを熱心に支えたのが、キャロライン王妃 (1683―1737)でした。英国王ジョージ2世(1683―1760 在位1727―1760)の妃で、非常に人気の高い王妃でした。彼女はまだ少女の頃か ら2歳年下のヘンデルを知っていたそうで、ロンドンでのイタリアオペラの活動に奮闘していたヘンデルを常に庇護しました。ヘンデルはキャロライン王妃 のために多くの曲を書いていますが、その中でも有名な3曲を収録しています。 (Ki)

ARCANA
A-446(1CD)
ドビュッシー:声楽作品集
マンドリン/庭の色彩
3つのメロディ/3つのフランスの小唄
艶なる宴 第2集
愛し合う二人の散歩道
フランソワ・ヴィヨンの3つのバラード
マラルメの3つの詩
もう家がない子供たちのクリスマス
ティエリー・フェリクス(Bs-Br)
スタニー・ダヴィド・ラスリー(P)
1874年 エラール・コンサートピアノ 48878

録音:1995年11月20-24日
ドビュッシー没後100年にあたる2018年。ARCANAレーベルに眠っていた"ドビュッシーの名演"に光を当てるための過去の 名演復活シリーズ。 生涯に90曲ほどの歌曲を作曲したドビュッシー。幼い頃にヴェルレーヌの義母から音楽の手ほどきを受けたこともあり、若い頃 から詩や言葉には鋭敏な感覚を示したと言われています。このアルバムには、彼が最も愛したヴェルレーヌと、同じく同世代の 詩人マラルメ、グラヴォレの詩による歌曲と、15世紀から17世紀に活躍した人たち…シャルル・ドルレアン、レルミート、ヴィヨ ンの詩を用いた詩が収録されており、ドビュッシーのバランスの良い言葉選びと、言葉に即した柔軟な音作りを知ることができ ます。また、フランス語の絶妙な抑揚にふさわしい変幻自在な音楽はピアノ・パートにも如実に現れており、唐草模様のよう な流麗なパッセージは歌を美しく彩っています。ティエリー・フェリクスは1992年ベルギーのエリザベート王妃国際コンクールで 優勝したバス・バリトン。柔らかくふくよかな声が魅力です。

ATMA
ACD2-2407(1CD)
バッハ:カンタータ集Vol.8〜ルター・カンタータ
カンタータ第76番「もろもろの天は神の栄光を語り」 BWV76
カンタータ第79番「主なる神は日なり、盾なり」 BWV79
カンタータ第80番「われらが神は堅き砦」 BWV80
エレーヌ・ブルネ(S)
マイケル・テイラー(C.T)
フィリップ・ガニエ(T)
ジェシー・ブランバーグ(Br)
エリック・ミルンズ(指)
モントリオール・バロック

録音:2016 年/モントリオール・バロック・フェスティヴァル
カナダを代表するバロック・アンサンブル、モントリオール・バロックによる、OVPPを採用したバッハのカンタータ・シリーズ第8弾。演奏の巧さに加えて、 細やかなパートの動きが手に取るようにわかる録音の素晴らしさも注目です。 BWV76ではトランペット、BWV79ではホルンとティンパニが用いられ勇壮な曲想が展開されます。またBWV80はルターのコラール「神はわがやぐら」 を素材に使った人気作。ルターの旋律がカノンで歌われる第1曲からしてバッハの作曲技術の神髄が垣間見えます。 (Ki)
ATMA
ACD2-2776(1CD)
アカディアとフランスの愛の歌
■アカディア民謡
Suite acadienne no.1 / Plus aurore que le jour / Ecrivez-moi / Suite acadienne no.2 / Dans la ville de Paris / Le moine Simon / L’avent du reel acadien / Belle riviere / Le 31 du mois d’aout
ジャコタン・ル・ベル(v.1495-v.1556):N’auray je jamais reconfort / Aupres de vous / Interlude / Si bon amour / D’ung coup mortel / Interlude / Mary, je songay l’autre jour / Moi qui ne feiz / De trop penser / Interlude / A Paris a troys fillettes / Le voulez-vous / J’ay mes amours / Je changeray / Interlude
モニク・リチャード(指)
ルイスバーグcho
スカイ・コンソート

録音:2017年6月16、17、21、22日
知られざるルネサンスの作曲家ジャコタンの作品がこれだけまとまって聴けるのが貴重なディスク。ルイスバーグ合唱団は2006年創立のカナダの合唱 団です。 (Ki)

Arte Verum
QEC-2018(2CD)
エリザベート王妃音楽コンクール2018年≪声楽部門≫
■CD]
(1)マーラー:『子供の不思議な角笛』より「誰がこの歌を思いついたの?」「美しいトランペットの成り渡るところ」
メンデルスゾーン:『エリヤ』より「われは満ち足れり」
(2).バッハ:『マタイ受難曲』より「われを憐れみたまえ」
ロッシーニ:『アルジェのイタリア女』より「ひどい運命よ!」
ムソルグスキー:『死の歌と踊り』より「子守歌」
(3)ラフマニノフ:『アレコ』より「月は高く輝く」
(4)ドリーブ:『ラクメ』より「若いインド娘はどこへ」
(5)『サッフォー』より「どこにいるの?〜不滅のリラよ」
ドニゼッティ:『ラ・ファヴォリータ』より「おお私のフェルナンド!」
(6)プッチーニ:『ラ・ボエーム』より「私が町を歩くと」
(7)ベッリーニ:『カプレーティとモンテッキ』より「ああ、幾たびか」
■CD2
(1)シューマン:「悲劇」(ロマンスとバラード集 op.64より)、「二人の擲弾兵」(ロマンスとバラード集op.49より)
ヴォルフ:祝福あれ、幸いなる母上に
ブラームス:おお死よ、なんと汝は苦いことか
(2)ドビュッシー:「髪」(ビリティスの歌より)
チャイコフスキー:『スペードの女王』より「おぼえているかしら、わたしのいとしい人」
(以上ピアノ/フレデリク・ルバイ)
(3)モーツァルト:『フィガロの結婚』より「復讐だ、ああ、復讐だ」
ベートーヴェン:『フィデリオ』より「はは、時は来たぞ」
(4)ヴェルディ:『リゴレット』より「なんて素敵な名前!」
(5)マーラー:「私はこの世に捨てられて」(リュッケルト歌曲集)
(6)ナディア・ブーランジェ:冬の夜
(7)M.オルテガ:月のロマンス
(8)グリーグ:「4つのデンマーク語の歌」op.5
(9)シューベルト:『白鳥の歌』より兵士の予感
(10)スヴィリドフ:「町中の聖母」
(11)・R.シュトラウス:『アラベラ』より「ウィーンの殿方たちは」
■CD1]
(1)第1位 サミュエル・ハッセルホルン(Br)
(2)第2位 エヴァ・ザイーシク(Ms)
(3)第3位 アオ・リー(Bs)
(4)第4位 ロシオ・ペレス(S)
(5)第5位 エロイーズ・マ(Ms)
(6)第6位 マリアンヌ・クロー(S)
(7)入賞 シャルロッテ・ワインベール(S)
以上、ラン・アルティノグル((指)モネSO

■CD2
(1)第1位 サミュエル・ハッセルホルン(Br)
 ジョセプ・ミドルトン(P)
(2)第2位 エヴァ・ザイーシク(Ms)
 フレデリク・ルバイ(P)
(3)第3位 アオ・リー(Bs)
 トーマス・ホッペ(P)
(4)第4位 ロシオ・ペレス(S)
 キム・ソ=ジン(P)
(5)第5位 エロイーズ・マ(Ms)
(6)第6位 マリアンヌ・クロー(S)
 以上、フロランス・ボワゾ(P))
(7)入賞 ヘルマン・エンリケ・アルカンタラ(Br)
 ナット・ジャックス(P)
(8)入賞 ユーリー・ハジェツキー(Br)
 トーマス・ホッペ(P)
(9)入賞 アレックス・デソシオ(Br)
(10)入賞 ダニーロ・マトヴィエンコ
 ダニエル・ブルーメンタール(P)
(11)≪入賞 イ・ソヨン(S)
2018年に行われたエリザベート王妃音楽コンクール、声楽部門の入賞者たちのコンクールでの演奏。皆20代から30代前半ですが、ひとつひとつのアリアや楽曲の完成度の高さとテクニックは圧巻です。コンクールということを忘れて、純粋に演奏を楽しめる内容となっています。 (Ki)

Glossa
GCD-C81525(1CD)
ヘンデル:カンタータ 「クローリ、ティルシとフィレーノ」 HWV.96 ロベルタ・インヴェルニッツィ(ソプラノ/ティルシ)、イェツァベル・アリアス・フェルナンデス(ソプラノ/クローリ)、ロミーナ・バッソ(アルト/フィレーノ)、ファビオ・ボニッツォーニ(指&チェンバロ)、ラ・リゾナンサ

録音:2008年6月、サン・ミッシェル・アン・ティエラシュ修道院(フランス)
ボニッツォーニ&ラ・リゾナンサの人気シリーズ「ヘンデルのイタリアン・カンタータ集」より復刻!
ヘンデルのイタリア滞在時代に作曲された"カンタータ"の中から、器楽伴奏が付いた約30曲を選りすぐった、ファビオ・ボニッツォーニ&ラ・リゾナンサの人気シリーズ "ヘンデルのイタリアン・カンタータ集"。イタリア時代のヘンデルの有力なパトロンの1人フランチェスコ・ルスポーリ侯爵のローマ宮殿に招かれた1707年に作曲が行われたカンタータ「クローリ、ティルシとフィレーノ(忠実な心)」HWV.96。
3人のソリストを必要とするカンタータ「クローリ、ティルシとフィレーノ」は、"器楽伴奏付きカンタータ"でありながら、まるでミニ・オペラのような傑作の1つ。ソリストには、ソプラノのロベルタ・インヴェルニッツィ、キューバ生まれのソプラノ歌手イェツァベル・アリアス・フェルナンデス、イタリアのメゾ・ソプラノ、ロミーナ・バッソという人気歌手が集結。ファースト・ソロ・ヴァイオリン奏者としてレイラ・シャイエも参加しています。

Chandos
CHAN-10944(1CD)
夢の中で会いに来て〜王立音楽カレッジからの歌の120年
ハーバート:ザ・ロスト・ナイチンゲール
アイアランド:地球の呼び声、
 三羽のカラス
ダンヒル:天上のクロース
ハウエルズ:夜の女神
ブリッジ:旅の終わり
ブリテン:子守歌のお守り Op.41
サマヴェル:イントゥ・マイ・ハート・アン・エア・ザット・キルズ
ホルスト:旅の終わり
ブリッジ:彼女はどこで眠っている、
 夢の中で会いに来て
ブリテン:甘い子守歌(世界初録音)、
 質素な神ソムヌス(世界初録音)
パリー:もう泣かないで, 悲しみの泉よ
スタンフォード:ア・ソフト・デイ
ギブズ:セイリング・ホームワード
モーラン:たそがれ
ガーニー:あなたは私の目を喜ばせた、
 野原に夏が満ちている、
 オール・ナイト・アンダー・ザ・ムーン
レベッカ・クラーク:天上のクロース
ティペット:アリエルのための歌
ターネジ:フェアウェル(世界初録音)
サラ・コノリー(Ms)、
ジョセフ・ミドルトン(P)

録音:2017年9月22日−25日&2018年4月7日、ポットン・ホール(サフォーク)
イギリスを代表するメゾ・ソプラノ歌手、サラ・コノリーは、ロンドンの王立音楽カレッジ(RCM)で歌とピアノを学び、BBCシンガーズのメンバーとして活動、その後オペラ歌手として本格的なキャリアを歩み、イングリッシュ・ナショナル・オペラ、ロイヤル・オペラ・ハウスを始めとするイギリス、そして欧米の主要なオペラハウスに出演。ザ・シックスティーンのメンバーとしても演奏・録音で高い評価を得、2010年にはCBE(大英帝国三等勲爵士)、2017年には「デイム」の称号を授与されるDBE(大英帝国二等勲爵士)を受勲しています。
2011年に発売された「私の心は彼のもの(CHAN-10691)」以来となるサラ・コノリーのイギリス歌曲集は、コノリーのBBCプロムス・リサイタル・デビューと、ヒューバート・パリー没後100周年を記念したプログラム。王立音楽カレッジ(RCM)で学び、また教えるなどしてきたRCMゆかりのイギリスの作曲家、スタンフォードからターネジまで120年にわたる素晴らしき近現代イギリス歌曲を歌います。ブリッジの2曲と、サラ・コノリーのために書かれたターネジの「フェアウェル」は世界初録音。

Sterling
CDA-1824-2(3CDR)
ビョルクルンド=ユッランデル:即興、コンサート・エチュード、瞑想
[CD1]
ビョルクルンド=ユッランデル:コンサート・エチュード第1番 変ホ短調、コンサート・エチュード第2番 変ホ長調、コンサート・エチュード第3番 嬰ハ短調、コンサート・エチュード第4番 嬰へ短調、『この世はうるわし』による5つの異なる流儀の即興〔モーツァルトの流儀で、バルトーク/ストラヴィンスキーの流儀で、ショパンの流儀で、ドビュッシーの流儀で、リストの流儀で〕、『主の道をととのえよ』による即興、『ハッピー・バースデイ』による即興
カール=ミケール・ベルマン:さあ, 君の長生きを願い
ビョルクルンド=ユッランデル:『さあ、君の長生きを願い』のモーツァルト風即興
[CD2]
ビョルクルンド=ユッランデル:瞑想第1番、瞑想第2番、瞑想第3番、瞑想第4番、瞑想第5番、瞑想第6番
[Bonus CD]
ビョルクルンド=ユッランデル:モーツァルトの交響曲第40番第1楽章(合唱とピアノのための編曲)*
スタファン・ビョルクルンド=ユッランデル(P)、
ニコライ室内cho
クリスチャン・ユングレーン(指)

録音:1994年6月13日、グスタフ・アドルフ教会(スンツヴァル)/2008年12月&1992年4月28日、ストックホルム大聖堂/2012年1月29日、2017年11月、2004年&2015年、エーリクソン・ホール(ストックホルム)
スタファン・ビョルクルンド=ユッランデルは、1955年、ストックホルム生まれ。ストックホルムの王立音楽大学、イタリア、ハンガリーのリスト音楽院で学び、オルガニスト、ピアニスト、作曲家として活動。2000年からボロースのグスタフ・アドルフ教会の教会音楽家を務め、ピアノやオルガンのための作曲と即興も手がけています。ビョルクルンド=ユッランデルの作品集。4つの「コンサート・エチュード」と6つの「瞑想(Meditation)」。賛美歌やシンガー・ソングライター、ベルマンの「誕生日を祝う乾杯の歌」による「即興」。
Bonus CD に収録された「モーツァルトの交響曲第40番第1楽章」の合唱とピアノのための編曲は、ストックホルムのニコライ室内合唱団の中国ツアーに彼が参加した際の演目です。2004年、彼がヨーテボリ大学音楽演劇学部の修士号取得のために提出したクラシック・ピアノの即興に関する論文の要約(英語)がブックレットに掲載されています。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Nimbus Alliance
NI-6367(1CDR)
ヴァイマル&バック
ヒューズ&リム:イン・ベルリン
ワイル:光のベルリン
ヒューズ&リム:ウィーヴ・ビーン・ヒア・ビフォア
ハイマン:モノトナス・ナイト
ホレンダー:イリュージョンズ
スポリアンスキー:ラヴェンダーの歌
ヒューズ&リム:オール・ザ・ベスト・メン・アー・ガイ、
 アイ・ラヴズ・マイ・マン、
 つまずきの石はどこ
ワイル:ユーカリ(タンゴ・ハバネラ)
ホレンダー:チャック・オール・ザ・メン・アウト・オヴ・ザ・ライヒシュターク
ヒューズ&リム:ブリタニア・ウェイヴス・ザ・ルールス、
 プリーズ・ドント・インヴァイト・ミー・トゥ・ユア・カントリー・エステイト
スポリアンスキー:男は家を持たなければならない
メリンダ・ヒューズ(ヴォーカル)、
ジェレミー・リム(P)、他

録音:2018年、メトロポリス・スタジオ(ロンドン)
オランダのマーストリヒト音楽院、ロンドンの王立音楽カレッジ、ベルギーのブリュッセル・オペラ・スタジオなどで学び、アイーダ、トスカ、蝶々夫人などのタイトル・ロールを務めたオペラ歌手、メリンダ・ヒューズ。オペラの他、多くのオペレッタやミュージカルもレパートリーとしており、ピアニストのジェレミー・リムとともに、風刺的キャバレー・グループ、「キス&テル」のメンバーとしても活動するメリンダ・ヒューズのセカンド・アルバム。クルト・ワイルやミシャ・スポリアンスキーらのナンバーに、自作のミュージカル「MARGO」からの作品など、ヒューズ&リムの作品を組み合わせたプログラム。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

MN Records
MNRCD-138(1CD)
ナイマン:ウォー・ワーク〜フィルムと8つの歌 ヒラリー・サマーズ(A)
マイケル・ナイマン(P)、
マイケル・ナイマン・バンド

録音:2014年11月、ロンドン
フランスの国際映画祭「War on Screen」のために、第一次世界大戦の100周年となる2014年に作曲された作品。第一次世界大戦期に亡くなった各国の詩人の詩が使われた8つの歌を、これまでもマイケル・ナイマンと共演を重ねてきたウェールズのコントラルト、ヒラリー・サマーズが歌います。

SOMM
SOMMBCHM-08(1CD)
NX-B04
ビーチャム・コレクション-ディーリアス:人生のミサ-前奏曲他
1.人生のミサ-第2部 前奏曲
2.アラベスク/3-10.日没の歌
11.秋/12.すみれ/13.I-Brasil
14.7つのノルウェーの歌-第4曲 やさしいヴェネヴィル
15.2つの歌-第2番 空は、屋根のはるか向こうで
16.すみれ
17.7つのノルウェーの歌-第3曲 夕暮れの声
18.7つのノルウェーの歌-第1曲 子守歌
19.5つのノルウェーの歌-第2番 ナイチンゲール
ロイ・ヘンダーソン(Br)
ドーラ・ラヴェット(S)他
トーマス・ビーチャム(指,P)
LPO
ロンドン・セレクトcho
BBC合唱団 他

録音:1934年10月…2.3-9
1938年2月11日…1.11-14
1946年11月30日…10
1929年…15-20 MONO
ビーチャムがこよなく愛したディーリアスの作品集。ディーリアスもビーチャムを敬愛しており、ビーチャムだけには自作の編曲を許可したことでも知られています。退廃的な雰囲気を湛えた「日没の歌」が絶品です。
SOMM
SOMMCD-0102(1CD)
NX-B04
とても甘い旋律
ベルリオーズ:オラトリオ「キリストの幼時」Op.25-若いイスマイル人の三重唱
ランベルガー:主の降誕 イ長調 Op. 126-グローリア
リスト:眠りから覚めた御子への讃歌 S19/R508
ゴダル:この子供を見よ
ブリテン:キャロルの祭典 Op.28より
ベルリオーズ:オラトリオ「キリストの幼時」Op.25-第3部 サイスへの到着
ラインベルガー:主の降誕 イ長調 Op. 126 - ベネディクトゥス
ゴダル:おやすみイエスよ
ベッラ:言葉は肉となり
ラインベルガー:6つの讃歌 Op. 118-第6番 みどり児ベツレヘムに生まれたまえり
ブリテン:乙女の歌うやさしい歌
ブリテン:キャロルの祭典 Op. 28-間奏曲
トスト:ボネ・ヘスレ
ヴォーン・ウィリアムズ:おお、わが心よ
ブリテン:キャロルの祭典 Op.28-As dew in Aprille
ガリヴァー・ラルストン(指)
ヒルデガルドcho

2009年8月28-29日、10月21日/Church of St. Michael and All Angels, Summertown, Oxford, United Kingdom
イギリス、スロヴァキア、フランス、ドイツの「知られざる音楽」を集めた1枚。ベルリオーズ、リスト、ラインベルガーなどの合唱作品を、1991年に創設された英国の女声アンサンブル「ヒルデガルド合唱団」による美しいハーモニーで楽しめます。指揮者ラルストンはオックスフォード大学の教会音楽監督も務めるベテラン。18世紀から19世紀の合唱作品のオーソリティです。
SOMM
SOMMCD-0180(1CD)
NX-B04
グルーポット・コネクション-イギリス近代合唱作品集
ウォーロック:フル・ハート
ロースソーン:4つの季節の歌
アイアランド:丘
バックス:私は少女を歌にする
 川に浮かぶように
ディーリアス:クレイグ・ドゥーにて
ラッチェンス:愛の詩/モーラン:春の歌
ウォルトン:生まれた音楽はどこに行く?
アイアランド:薄明の夜
ブッシュ:リデゥツェ
バックス:御子の御母よ、祈り給え
ロンディニアム
アンドリュー・グリフィス(指)

録音:2017年7月21-23日/All Hallows, Gospel Oak, London, England, UK
20世紀前半、イギリスのパブ「ジョージ」に集まった新進気鋭の作曲家たち。かのヘンリー・ウッドはこのパブに「血まみれのグルーポット」とニックネームを与えるほどに日夜激しい議論が交わされていました。このアルバムにはパブに集った作曲家たちの合唱曲が収録されており、この時代の持つ独特の雰囲気が見事に再現されています。
SOMM
SOMMCD-267(1CD)
NX-B04
エルガー/ハイドン:宗教的合唱曲集
エルガー:見よ、大いなる司祭を
 われら神であるあなたを讃えん Op.34-1
 ベネディクトゥス Op.34-2
 耳を傾けよ Op.64
 詩篇第48番「主は偉大なり」Op.67
 詩篇第29番「主に捧げよ」Op.74
 スペインのセレナード Op.23
 バイエルンの高地からの情景 Op.27
ハイドン:ミサ曲第12番 変ロ長調 「ハルモニー・ミサ」 Hob.XXII:14
バリー・ワーズワース(指)
ブライトン祝祭cho
BBCコンサート・オーケストラ

録音:2016年9月12-13日/Watford Colosseum, Watford, England, UK/トラック14のみ1949年ハイドン・ソサエティ(ベネディクトゥス トラック14のみ…ミュンヘン大聖堂O&choの歴史的演奏)による【MONO録音】
幼少期のエルガーに大きな影響を与えた合唱の世界。彼の妹は「私たちは合唱の喜びを味わいました」と家族の夕べの風景を回想しました。このアルバムでは1888年の「見よ、大いなる司祭を」から1910年代に書かれた詩篇まで、およそ25年に渡って書かれたエルガーの合唱作品を、ワーズワースが指揮するBBCコンサート・オーケストラとブライトン祝祭合唱団の素晴らしい演奏で楽しめます。また、アルバムには「見よ、大いなる司祭を」と同じテキストを持つハイドンのハルモニー・ミサ:ベネディクトゥスの1949年、ミュンヘン大聖堂合唱団の演奏も収録されています。
SOMM
SOMMCD-270(1CD)
NX-B04
ヒューバート・パリー:イギリスの詩による歌曲集 第2集
1.When comes my Gwen 私のグェンが来るときに/2.And yet I love her till I die それでも私は死ぬまで彼女を愛する/3.Love is a bable 愛はバイブル/4.O World, O Life, O Time おお、世界、生活、時/5.When we two parted 別れた時/6.Gone were but the winter cold 寒い冬は去った/7.There be none of Beauty’s daughters 美人の娘はいない/8.Bright Star! 輝く星/9.Proud Maisie 誇らしげなメイシー/10.Marian マリアン/11. Dirge in Woods 悲歌は林に/12.If thous wouldst ease thine heart もしあなたの心を和ませるなら/13.What part of dread eternity 永遠の恐怖はどの部分?/14.Love and laughter 愛と微笑み/15.A Welsh Lullaby ウェールズの子守歌/16.Dream Pedlary 夢見るペードリー/17.Three Aspects 3つの側面/18.A Fairy Town 妖精の街/19.The Witches’ Wood 魔女の木/20.Whether I live 私が生きるかどうか/21.Armida’s Garden アルミダの庭/22.The Maiden 乙女/23.There あちら
サラ・フォックス(S)
ジェームズ・ギルクリスト(T)
ロデリック・ウィリアムズ(Br)
アンドリュー・ウェスト(P)

録音:2017年4月19-21日/Turner Sims, University of Southampton
2018年は、イギリスの作曲家ヒューバート・パリーの没後100年にあたります。このアルバムは彼の偉業を讃えた1枚です。第1集では、シェークスピアなど、エリザベス朝の詩人の詩が用いられていましたが、第2集で用いられているのはバイロンやウォルター・スコットなどのロマンティックなものが多く、パリーのメロディも詩に合わせて大胆、かつ雄弁になっています。歌手たちの感性溢れる歌唱も聴きものです。

オクタヴィア
OVCL-00674(1CD)
税込定価
2018年6月27日発売
ラフマニノフ:カンタータ「春」Op.20*
 合唱交響曲「鐘」Op.35
ジョン・ヴィクトリン・ユウ(指)
フィルハーモニアO
レジーナ・ネイサン(S)
アレクセイ・マルティノフ(T)
アナトリー・サフューリン(Bs)
フィルハーモニアcho

録音:1996年1月18-19日2月17日* ロンドン、トゥーティング、オール・セインツ教会
90年代からイギリスを中心に活動し、「惑星」や「エニグマ」などで評判に上った、ジョン・ヴィクトリン・ユウの未発表新発売。ラフマニノフは過去に「交響曲第2番」も発表しており、今作が2枚目。 優秀なオケとコーラスのソノリティやソリストたちの名唱を得て、溢れるようなロマンティシズムを聴かせてくれます。 ユウの随所に見せる音楽的才腕に、耳を欹(そばだ)ててしまうアルバムです。(オクタヴィア)

PIERRE VERANY
PV-730114(1CD)
ヴィヴァルディ:幸いなるかな RV597
エルサレムよ、主をほめたたえよ RV609
主が私の主に言った RV594
ポール・クエンツ(指)
ポール・クエンツO&cho
クリスティーナ・ファーレンカンプ(S)
マリー=ノエル・クロス(S)
バルバラ・デッカー(A)
パトリック・ガレ(T)
フィリップ・ラングショー(Bs)

録音:2003年
フランスの指揮者、ポール・クエンツによるヴィヴァルディの宗教曲3 曲。モダン楽器による ライヴ録音で、合唱を含め近年のピリオド演奏のヴィヴァルディとはだいぶ異なる流儀だが、 クエンツならではの大らかな温かさに溢れている。

ALPHA
ALPHA-397
NX-B08
サンドリーヌ・ピオー/歌曲を歌う
レーヴェ:ああ、お願いです、苦しみの聖母さま
シューマン:ヴィルヘルム・マイスターよりの歌曲と歌 Op.98-1 ミニョン
 5つの歌曲 Op.127-2 あなたの顔は
 歌曲集「ミルテの花」 Op.25-7 はすの花
ドビュッシー:華やかな宴 第1集
ヴォルフ:アイヒェンドルフ歌曲集 第3番「秘めた愛」
 メーリケ歌曲集〜第45番:葦の根の妖精/第7番:見棄てられた娘/第38番:風に寄せる歌
ガーニー(1890-1937):5つのエリザベスの歌-第4番「眠り」
バクサ(1938-):あなた、彼を忘れましょう
プーランク:歌曲集「平凡な話」 FP107
バーバー:歌曲集「それでもなお」Op.41-4
プーランク:歌曲集「メタモルフォーゼ」第2番 あなたはこんなふう
プレヴィン(1929-):3つのディキンソンの歌
サンドリーヌ・ピオー(S)
スーザン・マノフ(P)

録音:2017年9月
名ソプラノ、サンドリーヌ・ピオーのALPHA-レーベルへの初のリサイタル・アルバム。タイトルの「CHIMERE−シメール」とはギリ シャ神話に登場する“ライオンの頭と山羊の胴体、毒蛇の尻尾を持つ怪物”(英語読みではキマイラ)のことですが、時には 理解できない夢の象徴や、様々な要素を併せ持つ存在=女性そのものを示す、まさにこのアルバムにふさわしい言葉です。 彼女が変幻自在に歌い上げるレーヴェ、ヴォルフ、ドビュッシー、プーランク、あまり聴くことのないガーニー、バクサ、そしてバー バー、プレヴィンの歌曲は、ドイツ語、フランス語、英語の3つの言語を行き来しながら、聴き手を詩的で親密な夢の旅へとい ざないます。伴奏のマノフのピアノもピオーの歌にぴったりと寄り添い、ユニークな世界を描き出しています。
ALPHA
ALPHA-398
NX-B08
ヒンデミット:歌曲集「マリアの生涯」Op.27(1922/23年版) ユリアーネ・バンゼ(S)
マルティン・ヘルムヒェン(P)

録音:2017年9月
独特の深い声質を持ち、現代から古典までを歌いこなすドイツのソプラノ、ユリアーネ・バンゼ。一連のロマン派作品の歌唱や 宗教曲での強い存在感を放つ彼女の歌は、一度耳にしたら忘れることはできないほどの印象を残します。 今アルバムでバンゼが取り組んだのは、ヒンデミットが1923年に作曲した歌曲集「マリアの生涯」。リルケの詩による15曲で構 成された詩集は、聖母マリアの誕生から死までが忠実に綴られており、ヒンデミットはこの詩にワーグナーの妖艶さとドビュッ シーの繊細さを兼ね備えた曲をつけました。当時のヒンデミットの作風はかなり前衛的で、ピアノ伴奏も歌も演奏が困難だっ たため、後の1948年にヒンデミット自身が曲を改訂。こちらの方が耳なじみが良いため、演奏される機会が多いのですが、か の名手グレン・グールドは初稿版をより高く評価しており、このバンゼの演奏も初稿版で歌われています。
ALPHA
ALPHA-358
NX-B08
Bach Inspiration
バッハ:管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067
マタイ受難曲 BWV244-アリア「愛よりしてわが救い主は死にたまわんとす」
無伴奏フルート・ソナタ イ短調 BWV1013
復活祭オラトリオ「来い、急げ、走れ、逃げまどう者たちよ」 BWV249-アリア「魂よ、あなたの香油は」
フルート・ソナタ ト長調 BWV1038
コーヒー・カンタータ BWV211-アリア「ああ、なんて美味しいの、コーヒーは」
カンタータ 第82番「われは満ちたれり」-アリア「われは満ちたれり」
ジュリエット・ユレル(Fl)
マリ・ド・ヴィユトレイ(S)
アンサンブル・レ・シュルプリーズ

録音:2017年4月
フランス出身、パリ国立音楽院で学んだフルート奏者ジュリエット・ユレル。1998年よりロッテルダム・フィル首席フルート奏者 を務めています。数多くの録音があり、そのレパートリーはハイドン、モーツァルトからフランス近代作品、現代作品までと幅広 く、最近ではヴォーチェ四重奏団とのモーツァルト:フルート四重奏曲全集(ALPHA-204)でのチャーミングな演奏が話題と なりました。今回のアルバムはJ.S.バッハに焦点を当て、まずはフルートが活躍する「管弦楽組曲 第2番」と2曲の「フルート・ ソナタ」をピックアップ。それだけではなく、カンタータなどでフルートのオブリガードが付けられているいくつかの作品を、ソプラノ歌 手ヴィユトレイと共に演奏し、バッハ作品におけるフルートの役割を見せてくれます。アンサンブル・レ・シュルプリーズの洗練さ れた響きも、ユレルのフルートにマッチしています。

Etcetra
KTC-1585
(CD + Book)
フランシス・プーランクとポール・エリュアールの世界
プーランク:歌曲集 「ある日ある夜」
歌曲集 「燃える鏡」
夜想曲第7番変ロ長調
ポール・エリュアールの5つの詩
夜想曲第4番ハ短調
手は心の意のまま/磁器の歌
彼女の優しい小さな顔
しかし死ぬための/夜想曲第8番ト長調
歌曲集 「冷気と火」
夜想曲第1番ハ長調
歌曲集 「画家の仕事」
ヤスパー・シュヴェッペ(Br)、
アルテュール・スホーンデルヴルト(P)

※ブックサイズ:約23cm×23cm
919年頃パリの芸術サークルで出会い交友を深めた音楽家フランシス・プーランクと詩人ポール・エリュアール。詩、音楽、絵画が魅力的な影響を与えあった二人の友情を、ヤスパー・シュヴェッペの歌と豪華プックで読み解きます。 CDには、オランダ室内合唱団の芸術コーディネーターも務めるバリトン歌手ヤスパー・シュヴェッペが歌う、エリュアールの詩によるプーランクの歌曲を収録。124ページのハードカバー・ブックには、ラドバウド大学のヨーロッパ文学者Maaike Koffeman博士、アムステルダム大学の現代美術史家Tessel M. Bauduin博士、作曲家&詩人のMicha Hamelによる解説と多くのカラー写真を含む資料、歌詞を掲載(オランダ語、フランス語、英語)。

Etcetra
KTC-1609(1CD)
フアン・デ・ナバス:歌曲集
リュリ:チャコーナ
ナバス:規則のバラ、それはあなたの悲しみですか?/おお羊飼い/誰が盲目を恐れるべきか、これが暴君のハープ
作曲者不詳(スペイン):アマブル
ナバス:ああ私は幸せ, そして不幸/森よさらば
サンス:パバナ ニ長調
ナバス:翼ある雪の白鳥
サンス:パサカレス ホ長調
ピエール・ビュケ:組曲第2番
ナバス:おお愛よ、花, 2羽のナイチンゲールを聞く
ムジカ・フィクタ〔ハイロ・セラーノ(テノール、パーカッション)、
カルロス・セラーノ(リコーダー)、
フリアン・ナバーロ(バロック・ギター、ハラナ)〕

録音:2016年1月7日−13日、コロンビア
ムジカ・フィクタは、テノール(&パーカッション)、リコーダー、バロック・ギター(&ハラナ)を中心メンバーとし、ラテン・アメリカとスペインの古楽を専門とするアンサンブル。コロンビアをベースに、南米全土から欧米諸国、シンガポール、トルコなどで演奏しています。1669年にマドリード王立礼拝堂のハープ奏者となったフアン・デ・ナバス(1632−1687)のアート・ソング(多くが世界初録音)と同時代の器楽曲(ビュケのリコーダー組曲は世界初録音)を収録。

Signum Classics
SIGCD-491(1CD)
ハウス・オヴ・ザ・マインド
ハウエルズ:見よ, おお, われらが庇護者なる神よ、聖チェチーリアへの賛歌
ベドナル:主よ, わが心はおごらず
ハウエルズ:神がわがこうべにあらんことを
ヴォーン・ウィリアムズ:正義の魂は
ハウエルズ:ハウス・オヴ・ザ・マインド(心の家)
スタンフォード:われらの闇を明るくし
ハウエルズ:鹿が谷川の流れを慕いあえぐように
マーリー:鹿が谷川の流れを慕いあえぐように
ジョン・スコット:見よ, おお, われらが庇護者なる神よ
パトリック・ハドリー:わが愛する者はかもしかのごとく
ハウエルズ:天の女王
ベドナル:救い主のうるわしき母
ハウエルズ:めでたし女王
ベドナル:ようこそ天の女王
オックスフォード・クイーンズ・カレッジcho
オーウェン・リース(指)

録音:2017年1月10日−11日、聖マイケル&オール・エンジェルズ教会(オックスフォード)&2017年3月11日−12日、キーブル・カレッジ・チャペル(オックスフォード)
OAEやブルック・ストリート・バンドと共演を重ねるなど、活躍の場を広げているオックスフォード大学の名門聖歌隊の1つ、クイーンズ・カレッジ合唱団。英国合唱界に大きな影響を与えてきたハーバート・ハウエルズを中心とした、近代〜現代イギリスの宗教合唱作品集。1979年生まれのイギリスのコンポーザー=ピアニスト&オルガニスト、デイヴィッド・ベドナルの2作品「救い主のうるわしき母(Alma redemptoris mater)」と「ようこそ天の女王(Ave regina caelorum)」は、ハウエルズがウェストミンスター大聖堂のために書いたセットを補完するもので、このアルバムが世界初録音。
ルネサンスの音楽から近現代まで幅広いレパートリーを歌うオックスフォード・クイーンズ・カレッジ合唱団は、かつてベドナルの「クリスマス・カンタータ「ようこそ、全ての奇跡よ」(SIGCD-335)」も録音しており、英グラモフォン誌などで賞賛されています。
Signum Classics
SIGCD-537(1CD)
ヴィヴァルディ&ヘンデル
ヘンデル:カンタータ 「風よ静まれ」 HWV 242、
 グローリア HWV deest、めでたし女王(サルヴェ・レジナ) HWV 241
ヴィヴァルディ:モテット 「まことの安らぎはこの世にはなく」 RV 630
グレース・デイヴィッドソン(S)、
エンシェント室内O

録音:2015年4月27日−29日&2017年1月14日、オール・ハロウズ教会(ゴルペル・オーク、ロンドン)
ジョン・エリオット・ガーディナー、ポール・マクリーシュ、フィリップ・ヘレヴェッヘ、ハリー・クリストファーズ、ピーター・フィリップスら古楽界の巨匠と共演してきた英国を代表する古楽系ソプラノ、グレース・デイヴィッドソン。クリストファー・ホグウッドが創設した名門古楽器オーケストラ、エンシェント室内O(AAM)との共演によるヘンデル&ヴィヴァルディ・アルバムが、Signum Classicsから登場。タリス・スコラーズやザ・シックスティーンのメンバーとしても活躍し、特にザ・シックスティーンとのレコーディングでは「ヘンデルの「イェフタ」(COR-16121)」や「モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」(COR-16126)」など、10年間に渡り多くの名盤に参加してきたグレース・デイヴィッドソンが、得意のバロック・レパートリーで清らかな歌声を響かせます。
コンサート・マスターのボヤン・チチッチを始め、ヨーロッパの名立たるバロック・ミュージシャン達が参加するエンシェント室内Oの真摯な演奏もポイントです。

BRIDGE
BCD-9494(1CD)
シューベルト:「冬の旅」 ランドール・スカーラータ(Br)
ギルバート・カリッシュ(P)

録音:2015年1月10-12日 米国,ペンシル
ベニア州,ウェストチェスター
米国のバリトン、ランドール・スカーラータの歌うシューベルトの冬の歌。ランドール・スカーラータは 1969 年、ペンシルベニア州ウェインの生まれ。この 20 年ほど、オペラ、オーケストラ演奏会、歌曲と様々な時代の幅広いレパートリーで活躍している。明るく柔らかい音色のバリトンでシューベルトらしい味わいを残した冬の旅になっている。

ALTO
ALC-2029(2CD)
ブリテン:戦争レクイエム サビーナ・ツヴィラク(S)
イアン・ボストリッジ(T)
サイモン・キーンリーサイド(Br)
エルタム・カレッジガ
ロンドン交響cho&SO
ジャナンドレア・ノセダ(指)

録音:2011年、ライヴ、バービカン・センター、ロンドン、イギリス
原盤、ライセンサー、前出:LSO Live, LSO 0719
ALTO
ALC-1368(1CD)
ベートーヴェン:ミサ曲ハ長調Op.86*
 交響曲第9番「合唱」〜第4楽章「歓喜の歌」+
サリー・マシューズ(S)*
サラ・ミンガルド(A)*
ジョン・マーク・エインズリー(T)*
アラステア・マイルズ(Bs)*
トワイラ・ロビンソン(S)+
カレン・カーギル(アルト+)
ジョン・マクマスター(T)+
ジェラルド・フィンリー(Bs)+
ロンドン交響cho&SO
コリン・デイヴィス(指)*
ベルナルト・ハイティンク(指)+

録音:2006年、ライヴ、バービカン・センター、ロンドン、イギリス
原盤、ライセンサー、前出:LSO Live, LSO 0594* / LSO 0592+

CD ACCORD
ACD-242(1CD)
NX-C07
ルトスワフスキ:作品全集 第7集-子供たちの歌
4つの子供のための歌より
歌曲集「春」-合唱と室内オーケストラ版
2つの子供のための歌(1952)
6つの子供のための歌
ストロー・チェインと子供への他の小品
2つの子供のための歌(1948)
Warzywa 野菜
Trudny Rachunek トリッキーな計算
4つの子供のための歌より
アンジェイ・コセンジャク(指)
NFM少年cho
ルトスワフスキ四重奏団
ルトスエア五重奏団
NFMヴロツワフ・フィルハーモニーの奏者たち

録音:2017年2月11-14日
ポーランド屈指のホール「ナショナル・フォーラム・オブ・ミュージック」とCD ACCORDの共同制作による「ルトスワフスキの全作 品」をリリースするプロジェクトが長年に渡り進行しています。この第7集は子供たちのための作品を収録。ポーランド・ラジオの 放送用に書かれたものが多く、ルトスワフスキも普段の実験的な作風を用いることなく、こどもたちのために、わかりやすく親し みやすい曲を書いています。NFM少年合唱団を始めとするポーランドを代表する奏者たちによる演奏です。
CD ACCORD
ACD-243(1CD)
NX-C07
モニューシコ:カンタータ「Widma-幽霊」 ヤロスワフ・ブレク(Bs-Br)、アレクサンドラ・クバス=クルク(S)、イェルジ・バトリャン(Bs-Br)、ボグダン・マカル(Bs-Br)、ヨアンナ・ロット(Ms)、ドミニク・クジャワ(Br)、アントニ・ジュスキェヴィッツ(Boy-S)、ミコワイ・ジュスキェヴィッツ(Boy-S)
アンジェイ・コセンジャク(指)
NFM合唱団、NFM少年合唱団よりソリストたち
ブロツワフ・バロックO

録音:2017年8月26-28日
「ポーランド歌劇の父」と称されるモニューシコ。同じくポーランドの国民的詩人のアダム・ミツキエヴィチの詩を愛し、12冊にも 及ぶ歌曲集を書いています。このカンタータもミツキエヴィチの台本によるもので、詩と音楽が見事に融合した壮大な作品に 仕上がっています。ただし、現在知られているのは作曲家の死後に、彼の友人たちによって改訂された版であり、演奏者コセ ンジャクは作品の形を正しく伝えるために、音楽学者マチェイ・プロハスカに総譜の再構築を依頼、他の人が加えた改訂を全 て取り除き、作品の元々の形を洗い出すことに成功しました。もちろんこのヴァージョンでの世界初演、初録音盤です。

H.M.F
HMM-902270(1CD)
ロシア、英国の三位一体の讃歌、およびミサ曲集
グレチャニノフ (1864-1956):ケルビムの聖歌(Heruvimskaya pesn)op. 29
ブリテン:祝祭テ・デウムop.32
グラハム・ロス (b. 1985):セラフィムの二重唱
スタンフォード(1852-1924):Laudate Dominum(詩篇150)
チェスノコフ (1877-1944):ケルビムの聖歌(Heruvimskaya pesn)op. 29 n° 5
ジョン・スティナー(1840-1901):I saw the Lord
ジェームズ・マクミラン(b. 1959):サンクトゥスとベネディクトゥス(ミサ曲より)
チャイコフスキー:ケルビムの聖歌 ヘ長調(Heruvimskaya pesn)
ジョン・シェパード(c. 1515-1558):Libera nos, salva nos I & II
ウィリアム・バード:O lux beata Trinitas
ラフマニノフ:ケルビムの聖歌(Heruvimskaya pesn)op. 31-8
ジョシュア・パチェイ(b.1995):Tres sunt
グリンカ:ケルビムの聖歌(Cherubic Hymn) op. 31-11
ガブリエル・ジャクソン(b.1962):三位一体への讃歌 (Honor, Virtus, et Potestas)
チャールズ・ウッド(1866-1926):Hail, gladdening light
ケンブリッジ・クレア・カレッジcho
グラハム・ロス(指)

録音:2017年 6月
毎回素晴らしいハーモニーを聴かせてくれるグラハム・ロス率いるケンブリッジ・クレア・カレッジ合唱団。最新盤は、ロシアおよび英国の、三位一体 を讃える作品を集めた1枚。合唱、祈りの気持ちには、時代や海を超えても共通点があることを知らせてくれる内容です。 (Ki)
H.M.F
HMM-902368(1CD)
J.S.バッハ:カンタータ集
「いと尊きイエス、わが憧れよ」BWV 32
「試練に耐えうる人は幸いなり」BWV 57
「われは行きて汝をこがれ求む」BWV 49
ゾフィー・カルトホイザー(S)
ミヒャエル・ヴォッレ(Bs)
RIAS室内cho
ベルリン古楽アカデミー
ラファエル・アルパーマン(Org&指)

録音:2017年10月、テルデックス・スタジオ・ベルリン
対話のカンタータ集。ソプラノは魂、バスはイエスとなり、魂とイエスの心の交流を描くものです。ソプラノのカルトホイザーはベルギー出身、現代最高 のモーツァルト歌いとして名を成しているほか、バロック・オペラから歌曲まで幅広く活躍し、そのまっすぐな歌声で世界を魅了しています。カルトホイザー による歌唱は聴き手の共感を自然に呼び起こすもので、悩める場面や喜びの場面での自然な表情が魅力的です。バスのミヒャエル・ヴォッレは、ドイツ出 身で、モーツァルトで活躍するほか、チャイコフスキーやヴェルディのオペラでも引っ張りだこの万能選手です。49番の第1曲目はシンフォニアで、チェ ンバロ協奏曲ホ長調(BWV 1053)の第3楽章を転用したもの。オルガンがソロを務めますが、非常に喜ばしい雰囲気です。当盤で指揮およびオルガ ンを務めるアルパーマンは、1982年のベルリン古楽アカデミー設立以来演奏している傍ら、アバド指揮ベルリン・フィルとバッハの協奏曲を共演するな ど、第一級の鍵盤奏者として、そして近年は指揮者としても活躍しています。バッハが、このような感動的な楽曲を毎週の礼拝のために生み出していたとは、 とあらためて驚嘆させられる充実の作品集です。 (Ki)

フォンテック
FOCD-9750(1CD)
2018年6月6日発売
鈴木輝昭(1958- ):地球歳時記による作品集

(1)《森へ》

(2)《幻の風・光る海》

(3)《夢の木》
(1)浜崎香子(指)、鈴木あずさ(P)
出雲市立第一中学校合唱部&OG
録音:2004年12月23日〜24日ビッグハート出雲 白のホール
(2)佐藤美紀子(指)
清泉女学院音楽部&La Pura Fuente
録音:2016年4月29日鎌倉芸術館 大ホール・ ライヴ
(3)佐藤美紀子(指)、鈴木あずさ(P)
清泉女学院音楽部
録音:2016年8月31日 神奈川県立音楽堂
緻密な書法と斬新なモチーフにより、近年では特に合唱分野で幅広い支持を得ている作曲家・鈴 木輝昭。2015 年にリリースされ、高い評価を受けた男声合唱作品集(FOCD-20106)に続く、 待望の女声合唱作品集の登場です。 公益財団法人JAL 財団の事業として制作された、世界中の子供たちによる俳句・画集「地球歳 時記」。Haiku By World Children と題されたこのシリーズは現在、14 巻の出版をかぞえま す。世界平和の理念を底流に抱いて編纂された同作をテキストとして、鈴木輝昭は第1 作《森 へ》(1992)、第2 作《幻の風・光の海》(2002)、第3 作《夢の木》(2016)の3 つ の合唱組曲作品を作曲。(公財)JAL 財団の委嘱により第3 作の完成初演を迎えた記念に、シ リーズ3 作品全てを1 枚のCD に収めました。 歌うはともに合唱コンクール全国大会の常連にして、鈴木輝昭作品を数多く演奏し、作曲家本人 の信頼も厚い出雲市立第一中学校(&OG)と清泉女学院音楽部の2 校です。 全日本合唱コンクールの自由曲などでも頻繁に演奏される3 つの名品を、どうぞお聴き下さい。 (フォンテック)

COL LEGNO
COL-20031(1CD)
NX-B05
Iosis
ジェズアルド:Ecco moriro
ジェズアルド:Hai, gia mi disco loro
シュヴェール:enigme
作曲家名なし:h
ジェズアルド:Moro, lasso
ヴァルター:L´Infinito
ジェズアルド:Io tacero
イザベル・マンドライ:Ohne Titel
ジェズアルド:In van, dunque
マティアス・ヘルマン:Iosis
フーバー:Sein als einspruch
ドーメン:Portraits und Wiederholung
マンフレード・シュライアー(指)
ノイエ・ヴォーカルゾリステン・シュトゥットガルト

録音:1998年
ノイエ・ヴォーカルゾリステン・シュトゥットガルトによる「実験的な」1枚。最近ではよく見かける「ルネサンスの音楽」と「現代音 楽」を並べることで、共通項と対比を探求するというコンセプトを20世紀の終わりに行ったこのアルバム。主要なテーマに据え たのがジェズアルトというところも特長の一つです。愛と情熱、喜び、法悦、死、これらを独特の視点から見つめた曲集です。

EOS
EOS-2342006(1CD)
NX-B03
世界のクリスマス音楽集
1.Koppangen:Sweden, P. Moraeus
2.Il est ne le divin enfant:France
3.Les anges dans nos campagnes:France
4.Minuit Chretien:France
5.Dormi, dormi, bel bambin:Italy
6.O Santissima:Italy
7.Fum, fum, fum:Spain
8.Die Glorie:Uruguay, C.A.Irigary
9.シューベルト:Ave Maria: Germany
10.Maria durch ein Dornwald ging: Germany
11.グルーバー:きよしこの夜 Austria
12.Ich steh an deiner Krippen hier: Germany
13.グノー:アヴェ・マリア France
14.J.S.バッハ:アリア BWV1068 Germany
15.Bog sie rodzi: Poland
16.Ziw ziw kuriilkaa: Russia
17.Lulajze, Jezuniu: Poland
18.J.F.ウェイド:Adeste Fideles: England
19.The first Noel:England
20.Away in a manger: England
21.Jingle Bells: America, J.L.Pierpont
ハイケ・シュタッドマン(Ms)
ミヒャエル・ヴィンクラー(G)
北欧から南米まで、様々な地域のクリスマス音楽を集めた1枚。家族と静かに過ごす夜、友達と賑やかに過ごす夜、祈りを 捧げる夜。それぞれの聖夜のために、ギターと10か国語で歌われるクリスマス・キャロルをお贈りします。ハイケ・シュタッドマンは スイス育ちのメゾ・ソプラノ。世界各国の歌劇場で活躍しています。

アールアンフィニ
MECO-1047(1SACD)
税込定価
村上敏明/ヴィヴァ・イタリア!
陽はすでにガンジス川から(スカルラッティ)
愛の喜びは(マルティーニ)
サンタ・ルチア(コットラウ)
泣かないお前(デ・クルティス)
太陽の大地(ダンニバーレ)
つれない心(カタリ・カタリ)(カルディッロ)
コメ・プリマ(ディ・パオラ、タッカーニ)
ヴォラーレ(モドゥーニョ)
君と旅立とう(タイム・トゥ・セイ・グッバイ)(サルトーリ)
「リゴレット」〜“女心の歌”(ヴェルディ)
「イル・トロヴァトーレ」〜“ああ、愛しい人よ”(ヴェルディ)
「イル・トロヴァトーレ」〜“見よ、あの恐ろしい炎を”(ヴェルディ)
「アイーダ」〜“清きアイーダ”(ヴェルディ)
「道化師」〜“衣装をつけろ”(レオンカヴァッロ)
「トスカ」〜“星は光りぬ”(プッチーニ)
「西部の娘」〜“やがて来る自由の日に”(プッチーニ)
「トゥーランドット」〜“誰も寝てはならぬ”(プッチーニ)
村上敏明(T)
栗原正和(P)
古館由佳子(Vn)
田中早苗(マンドリン)

録音:2017年5月10日-12日 五反田文化センター
世界的トップ・テノール、村上敏明のデビュー20 周年記念アルバムです。 長年にわたり檜舞台の第一線で歌い続けてきた村上敏明が、こよなく愛するイタ リア・オペラ・アリアからイタリアン・ポポラーレまで全 17 曲を収録しました。 村上自身のアイデアによるピアノ、ヴァイオリン、マンドリンとのアンサンブル はまさにヴィヴァ・イタリア! 心から愛してやまないイタリアに捧ぐ、パッションとロマン溢れる珠玉の名曲を ご堪能下さい。

Danacord
DACOCD-790(1CD)
サティの時間〜サティと彼の歌
サティ:食欲をそそらない/ジュ・トゥ・ヴー(あなたが欲しい)/1916年の3つの歌〔青銅の像、伊達男(ダフェネオ)、帽子屋〕/スポーツと気晴らし〔ブランコ、狩、イタリア喜劇、魚釣り、ヨット遊び、海水浴、競馬〕/1886年の3つの歌〔天使、悲歌、シルヴィ〕/グノシエンヌ第1番/グノシエンヌ第2番/潜水人形〔ねずみの歌、憂鬱、アメリカの蛙、詩人の歌、猫の歌〕/ヴェクサシオン(嫌がらせ)/「もうひとつの3つの歌」より〔歌、花〕/グノシエンヌ第3番/グノシエンヌ第6番/スポーツと気晴らし〔テニス、陣取り遊び、ゴルフ、ピクニック、蛸、いちゃつき、タンゴ〕/4つの小さな歌〔悲歌、踊り子、乾杯の歌、さようなら〕/ランピールの歌姫/ジムノペディ第1番
トリオ・サティ〔イサベル・ピガニョル(S)、ラース・マルター(Cb)、ウラ・ヘーバマン(P)〕

録音:2017年6月、Garnison Church(デンマーク)
「トリオ・サティ」は、1900年代の初頭、第一次世界大戦前後のフランス音楽に「恋をした」三人が2012年にコペンハーゲンで結成したアンサンブル。フランス人を祖先にもつオペラ歌手のイサベル・ピガニョル、ベーシストのラース・マルター、ピアニストのウラ・ヘーバマン。彼らは、サティを中心にイベール、ドビュッシー、ラヴェル、プーランクたちの音楽をレパートリーにフレゼリクスベアの「メトロノーム」でコンサートを行い、「サティと友人たちフェスティヴァル(Satie-med-venner-festival)」を毎年開催しています。彼らが共演を始めた2008年以来、コンサートで取りあげてきたサティの代表的な作品をセッション録音した『サティの時間』。メトロノームで行われるコンサートの名称が、アルバム名に採られました。

Pentatone
PTC-5186634
(1SACD)
コープランド:エミリ・ディキンソンの8つの詩(1948/1950)
ジェイク・へギー(1961-):毎日、より新しく(2014)
ゴードン・ゲッティ(1933-):ディキンソンの4つの歌(2008)(6’49”)
マイケル・ティルソン・トーマス(1944-):エミリ・ディキンソンによる詩 セレクション(2001)
リサ・デラン(S)
ローレンス・フォスター(指)
マルセイユPO

録音:2017年 6月、7月/マルセイユ
1700篇以上の詩を残しつつ、ほとんど作品を発表することなく無名のまま56年の生涯を閉じた19世紀アメリカの詩人、エ ミリ・ディキンソン。死後、大量の作品が発見され、その型破りな作風と豊かな叙情により、ホイットマンと並んでアメリカが生んだ偉大な詩人として評さ れるようになりました。このディスクはそんなディキンソンの詩によるオーケストラ伴奏の歌曲集です。アメリカを代表する作曲家、アーロン・コープランド と、現在アメリカの作曲界を牽引する3人の作曲家、ジェイク・ヘギー、ゴードン・ゲッティ、マイケル・ティルソン・トーマスが、それぞれにディキンソ ンの世界を描きます。コープランド以外の作品は本録音のために管弦楽編曲されています。
演奏は、世界中の主要なホールや音楽祭で活躍するソプラノ、リサ・デランと、ローレンス・フォスターの指揮によるマルセイユ・フィルハーモニー管弦楽団。 光を放つような歌声が魅力的です。 誰にも知られずに膨大な数の試作を続けたディキンソンの生き様は、人間にとっての創作、芸術の意味を改めて考えさせられます。そんなディキンソン の世界に、4人の作曲家の耳を通して浸ってみてはいかがでしょうか。 (Ki)


ATMA
ACD2-2741(4CD)
特価
フォーレ:歌曲全集
■CD1
2つの歌 Op.1 第1曲「蝶と花」、第2曲「5月」/私は口づけをしたから/オリンピオの悲しみで/2つの歌 Op.1 第1曲「ある修道院の廃墟で」、第2曲「船乗りたち」/オーロラ/2つの歌 Op.3 第1曲「孤独」/2つの歌 Op.4 第1曲「漁師の歌(哀歌)」、第2曲「リディア」/3つの歌 Op.5 第1曲「秋の歌」、第2曲「愛の歌」、第3曲「君なくて」/3つの歌 Op.6 第1曲「朝の歌」、第2曲「悲しみ」、第3曲「シルヴィ」/3つの歌 Op.7 第1曲「夢のあとで」、第2曲「賛歌」、第3曲「舟歌」/3つの歌 Op.8 第1曲「川のほとりで」、第2曲「罪の償い」、第3曲「この世では」/2つの二重唱曲 Op.10 第1曲「この地上ではどんな魂も」、第2曲「タランテラ」
■CD2
3つの歌 Op.18 第1曲「ネル」、第2曲「旅人」、第3曲「秋」/3つの歌 Op.23 第1曲「揺りかご」、第2曲「私たちの夢」、第3曲「秘め事」/歌曲集『ある1日の詩』 Op.21/2つの歌 Op.27 第1曲「愛の歌」、第2曲「歌を教える妖精」/マドリガル Op.35/4つの歌 Op.39 第1曲「あけぼの」、第2曲「捨てられた花」、第3曲「夢の国」、第4曲「イスファーンのばら」/祈り/2つの歌 Op.43 第1曲「降誕祭」、第2曲「夜曲」/2つの歌 Op.46 第1曲「贈り物」、第2曲「月の光」/4つの歌 Op.51 第1曲「涙」、第2曲「墓地にて」、第3曲「スプリーン」、第4曲「ばら」/付随音楽『シャイロック』 Op.57 (抜粋)/ヴォカリーズ・エチュード/町人貴族のセレナーデ
■CD3
5つのヴェネツィアの歌 Op.58 第1曲「マンドリン」、第2曲「ひそやかに」、第3曲「グリーン」、第4曲「クリメーヌへ」、第5曲「やるせない夢心地」/歌曲集『優しい歌』 Op.61/金の涙 Op.72/2つの歌 Op.76 第1曲「消え去らぬ香り」、第2曲「アルペジオ」/メリザンドの歌/2つの歌 Op.83第1曲「牢獄」、第2曲「夕暮れ」/3つの歌 Op.85第1曲「9月の森で」、第2曲「波に漂う花」、第3曲「伴奏」/2つの歌 Op.87第1曲「一番楽しい道」、第2曲「山鳩」/沈黙の贈り物 Op.92/シャンソン Op.94/2つの歌 Op.3 第2曲「トスカーナのセレナーデ」/平和が来た Op.114
■CD4
歌曲集『イヴの歌』 Op.95/歌曲集『幻想の水平線』 Op.118/歌曲集『幻影』 Op.113/歌曲集『閉じられた庭』 Op.106
エレーヌ・ギュメット(S)
ジュリー・ブーリアンヌ(Ms)
アントニオ・フィゲロア(T)
マルク・ブーシェ(Br)
オリヴィエ・ゴダン(P:1859 年製エラール)

録音:2015 年 10 月〜 2017 年 9 月/モントリオール美術館内のコンサートホール
フォーレがピアノと声のために書いた歌曲作品をすべて集めた注目の4枚組アルバムです。カナダの一流声楽家4人が歌い継ぐ、美しいメロディの数々。 もちろん全部、楽譜通り指定された声域と調性で歌っています。そしてピアノは何と1859年製エラール!ピッチは1859年当時一般的だった435Hz。フォー レ自身がまさに耳にしたであろう音色と少し高めの調律で、天にも昇るような響き。 (Ki)

ATMA
ACD2-2781(1CD)
ラヴェル:シェヘラザード
ドビッシー:ビリティスの3つの歌
シューマン:メアリー・スチュアート女王の詩 Op.135
ロバート・フレミング:The Confession Stone
キャロライン・ゲリナス(Ms)
オリヴィエ・ゴダン(P)

録音:2018 年1月
フランス系カナダ人のメゾソプラノによるソロ・アルバム。フランスからラヴェルとドビュッシー、ドイツからシューマン、そしてカナダの作曲家ロバート・フレミング(1921-1976)と幅広く選曲しています。 (Ki)
ALBANY
TROY-1715(1CD)
「私は見上げた」〜宗教合唱音楽集
アルヴォ・ペルト:聖母マリア
ニコラス・リーヴズ:主よ今すぐに
アルバート・ベッカー:私は復活する
アンドレア・ラムゼイ:ルミニセンス
アドルファス・ハイルストーク:私は見上げた
オラ・ジェリオ:太陽のミサより
アントニオ・ロッティ:第1旋法のミサ
スチュアート・ダンカン:これらの壁の中に
イアン・デイヴィッド・コールマン:ともに喜び歌おう
トマス・ルイス・デ・ビクトリア:キリエ
ウィリアム・ドーソン:ああそれはすぐに完了する
アンソニー・J・マリオーネ(指)
ウィリアム・ジュウェル・カレッジ・コンサートcho
デイヴィッド・M・サンチェス(T)
ロバート・サマー・シムズ(P)

録音:2017年5月
ビクトリアからアルヴォ・ペルトまでルネサンスから現代の宗教合唱曲を集めたアルバム。ウィリアム・ジュウェル・カレッジ・コンサート合唱団はカンザス州の大学で組織された混声合唱団。カナディアン・ブラス、キングス・シンガースとも共演したこともあり、アンサンブルの水準はかなり高い。このアルバムでも特にアカペラにおける音色の美しさは格別でアントニオ・ロッティの「第1旋法のミサ」は一聴に値する。

若林工房
WKPR-8015(1CD)
「美しい五月に」〜シューマン歌曲集
リーダークライス Op.39
5つのリート Op.40
詩人の恋 Op.48
ミルテの花 作品 Op.25〜きみは花のよう/献呈
近野賢一(Br)
上野 真(P:ベヒシュタイン)

録音: 2017 年 8 月 28 ‐31 日 魚沼市小出郷文化会館大ホール
期待のバリトン歌手、近野賢一のデビュー盤。得意とするレパートリーから選ばれた のは、シューマンの歌曲集。1840 年、シューマンの「歌の年」に作曲された3 つのツィク ルスと、2 曲が収録されています。「詩人ごとにコントラストを際立たせるシューマン歌曲 の色彩の豊かさを感じていただけるよう選曲した」(近野賢一)という 、こだわりのプログ ラム。日本を代表する実力派ピアニスト、上野真による万全のサポートを得て、しなやか で瑞々しいドイツ・ロマン派の心を表現しています。

SOMM
SOMMCD-0137(1CD)
NX-B04
アイアランド:声楽作品集
大地の叫び
いとしい人よ、私が死んでも
母と子/2つの歌/3つの歌
シークレット・フレーム/2つの歌
すべて、そして緩く
三羽のからす(声楽とピアノ編)
聖と俗の歌/3つの歌
恋は悲しみ満ちた病
カデ・ルーセル」による変奏曲
J'ai douze boeufs
エイプリル・フレデリック (S)
マーク・ベッビントン (P)

録音:録音:2012年8月28-29日/Symphony Hall, Birmingham, England, United Kingdom
文学を愛する家庭に生まれ、人生を通じて詩への深い愛情を抱いていたアイアランドの歌曲集。同世代の数多い詩人の詩を自身の作品に用い、抒情的な歌曲に仕上げたアイアランドの歌曲は、これまでほとんど男声によって歌われてきましたが、このアルバムでは全てソプラノで歌われており、作品の新たな魅力が引き出されています。
SOMM
SOMMCD-0159(1CD)
NX-B04
イギリス近代合唱集
ヴォーン・ウィリアムズ: 航空機のヴィジョン
 天の父への祈り
 ミサ曲 ト短調
ホルスト:夕べの観察 Op.43-1
 Sing me the men, Op.43-2
ハウエルズ:心の家
ヴォーン・ウィリアムズ: 主よ、あなたはわれらの避難所である
ジョナサン・シェパード(Tp)
ポール・スパイサー (指)
バーミンガム音楽院室内cho

録音:2015年6月22-23日/St Alban the Martyr, Highgate, Birmingham, United Kingdom
バーミンガム音楽院室内合唱団は、厳しいオーディションによって選ばれた24人の学生たちによるアンサンブル。指揮者ポール・スペンサーの指導による、柔軟で感性豊かな演奏を繰り広げる彼ら、ここではホルストの名曲をはじめ、ヴォーン・ウィリアムズの「ミサ曲」などを美しく歌い上げています。
SOMM
SOMMCD-063(1CD)
NX-B04
Love's Voices イギリス近代歌曲集
ヴォーン・ウィリアムズ: ウェンロックの断崖で
ガーニー:パンとさくらんぼ
 サリー・ガーデン
アイアランド:災いおける友情
 三羽のからす/格子
ヴェナブルス:愛の声 Op.22
ガーニー:ハナッカーの水車屋
 雪/鷹とバックル
フィンジ:Oh Fair to See Op.13
ヴェナブルス:どうして人の一生ははかなく
ヴェナブルス:2つの歌 Op.28/カバ
アイアランド:失われた大陸
ネイサン・ヴェイル(T)
ポール・プラマー(P)

録音:録音:2006年2月13-15日/Potton Hall, Suffolk, England, United Kingdom
イギリス近代歌曲を存分に楽しめる1枚。タイトルの「Love's Voice 愛の声」はジョン・アディントン・シモンズの詩によるヴェナブルスの歌曲集。ロマンティックな旋律で“愛の無慈悲”が切々と歌われる心に迫る歌です。フィンジの歌曲集「Oh Fair to See おお、見るも美しい」では、更に繊細で傷つきやすい若者の心が歌われます。ネイサン・ヴェイルのデリケートなテノールが歌を引き立てています。
SOMM
SOMMCD-071(1CD)
NX-B04
ヴォーン・ウィリアムズ:自作自演集
交響曲第5番 ニ長調*
われらに平和を与えたまえ(ドナ・ノビス・パーチェム)
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ(指)
LPO*
レニー・フリン(S)
ロイ・ヘンダーソン(Br)
BBCシンフォニー・コーラス
BBC響

録音:1952年9月3日 Royal Albert Hall, United Kingdom、1936年11月ライヴ BBC Studios, England, United Kingdom…5-10
ヴォーン・ウィリアムズ自作自演による「交響曲 第5番」の1952年ライヴ録音。1943年に初演され、シベリウスに献呈されたこの作品は、第4番で見られた先進性は影を潜め、幾分穏やかな曲調を持つため、日本でも高い人気を誇っています。同時収録は1936年に演奏された「ドナ・ノビス・パーチェム」。こちらも緊張感を湛えた素晴らしい演奏です。
SOMM
SOMMCD-264(1CD)
NX-B04
キャスリーン・フェリアー〜Remembered
1.シューベルト:ミューズの息子 D764/2.シューベルト:さすらい人の夜の歌 II D768/3.ブラームス:日曜日 Op.47-3/4.ブラームス:ことづて Op.47-1/5.ブラームス:ナイチンゲール Op.97-1/6.ヴォルフ:メーリケ歌曲集 第15番「旅路にて」/7.マーラー:原光/8.シューベルト:笑いと涙 D777/9.シューベルト:ズライカ II D717/10.ブラームス:われらはさまよい歩いた Op.96-2/11.ブラームス:ことづて Op.47-1/12.ブラームス:湖上で Op.59-2/13.ブラームス:花たちはみな見つめる Op.96-3/14.ブラームス:狩人 Op.95-4/15.ブラームス:マゲローネのロマンス Op.33 第9曲「憩え、いとしい恋人」/16.シューベルト:ズライカ I D720/17.シューベルト:ロザムンデのロマンス「満月は丘の上に輝き」D797/18.シューベルト:憩いなき愛 D138/19.シューベルト:歌曲集「冬の旅」D911-第6曲「あふるる涙」/20.シューベルト:若い尼僧 D828/21.スタンフォード(1852-1924):美しいけれど無慈悲な乙女/22-24.ラップラ(1901-1986):3つの詩篇 Op.61/25.ジェイコブソン(1896-1976):雅歌/26.バリー:愛はバブル Op.152-3
キャスリーン・フェリアー(C.A)
フレデリック・ストーン(P)…1-7.12-25
ブルーノ・ワルター(P)…8-11.
ジェラルド・ムーア(P)…26

録音:1948年4月26日 BBC Maida Vale Studio V, London, UK…1.2/1949年8月12日 Concert Hall, Broadcasting House, London, UK…3-6/1950年9月28日…7/1951年3月9日 BBC Studio 1, 5 Queen Street, Edunburgh, UK…8-11/1952年2月4日 Concert Hall, Broadcasting House, London, UK…12-15/1952年9月29日 BBC Maida Vale Studio 2, London, UK…16-20/1948年2月16日 BBC Maida Vale Studio V, London, UK…21/1947年3月1日 BBC Maida Vale Studio V, London, UK…22-25
20世紀を代表する名歌手、キャスリーン・フェリアー。このアルバムにはBBC放送のアーカイヴ音源と、エンジニア、ケネス・リーチによって1930年代から50年代にかけて録音されたコレクションからの歌曲が収録されています。リーチが録音した音源は残念ながらDECCAの基準には合わなかったのですが、このアルバムではサウンド・エンジニアのテッド・ケンダルの手によって最上の響きが与えられています。
SOMM
SOMMBCHM-11(1CD)
NX-B04
ベートーヴェン:ミサソレミニス イゾベル・ベイリー(S)
メアリー・ジャード(C.A)
ヘドル・ナッシュ(T)
キース・ファルクナー(Br)
H・パーシー・リチャードソン(Org)
トーマス・ビーチャム(指)
リーズ音楽祭cho
LPO

録音:1937年10月5日 ライヴ/Leeds Town Hall, Columbia, United States
1937年、リーズ音楽祭で行われたライヴ録音。“ベートーヴェンの高揚感とビーチャムのインスピレーションが連動した素晴らしい演奏”と当時のGramophone magazineで絶賛された演奏です。ベイリーをはじめとしたソリスト、合唱団も美しい歌唱を聴かせています。

Lyrita
SRCD.365(1CDR)
シリル・スコット:歌曲集
ピエロと月の乙女/水仙 Op.68-1
春の歌/ドント・カム・イン・サー, プリーズ!
柳 Op.24-2/妖精のボートで Op.61-2
ラヴリー・カインド&カインドリー・ラヴィング Op.55-1
スコットランドの子守歌 Op.57-3
ウォッチマン/スイレン
幻影の声 Op.24-1/日没
秋のリュート/告別 Op.36-1
子守歌 Op.57-2/不測 Op.74-3
失われた愛 Op.62-1/夜の歌
悲しみ Op.36-2/愛の余波/振り返り
瞑想曲/古い歌が終わり/静寂の谷 Op.72-4
シャーロット・ド・ロスチャイルド(S)、
エイドリアン・ファーマー(P)

録音:2017年11月2日−3日、ワイアストン・レイズ(モンマス、イギリス)
Nimbus Recordsの代表兼アーティスティック・ディレクターも務めるエイドリアン・ファーマーがピアノ伴奏を務め、シャーロット・ド・ロスチャイルドとともに知られざる歌曲を録音してゆく発見の旅。ノーマン・ピーターキン(SRCD.362)に続いて、イギリスのシリル・スコット(1879−1970)の歌曲集が登場。
ドイツのフランクフルトで音楽を学んだ英国の作曲家グループ「フランクフルト・ギャング」のメンバーであり、先見の明を持ったヘンリー・ウッドやトーマス・ビーチャムという代弁者を得て1920年代〜30年代にかけてその作品が盛んに演奏された"イギリス印象派"の代表者シリル・スコット。一見シンプルながら、弟子のラッブラによって「素晴らしい工芸品のよう」と評されたように、優れた作曲技法が盛り込まれた素朴で美しいスコットの歌曲24曲を収録。歴史に埋もれていたスコットの管弦楽や室内楽作品は、Chandosレーベルによる一連の録音によって再評価が進んでおり、このシャーロット・ド・ロスチャイルドによる歌曲集も新たな復権の一助となることでしょう。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Nimbus
NI-5969(1CDR)
クィルター:歌曲集 Vol.2
●シェイクスピア歌曲集〜おお、私のねえさん/そんな唇はいらない/水仙の花が顔を出すとき/浮気心はどこにある/きけきけひばり!/ため息はおやめ/シルヴィアって誰?/緑陰で楽しく/おいで、この黄色の砂浜に/壁にいくつもの氷柱が/泉に咲くアマリリス/朝の歌
●エリザベス朝の詩〜もう泣かないで/不実な羊飼いの娘/チューリップ/ワインと美に/行け、美しいバラよ/
●ジャコビアン朝の詩〜嫉妬深い恋人/牢獄よりアルシーアへ/
●ジュリアへ Op.8
ネイサン・ヴァーレ(T)、
エイドリアン・ファーマー(P)

録音:2017年3月2日−3日&8月21日−23日、ワイアストン・レイズ(モンマス、イギリス)
シャーロット・ド・ロスチャイルドが歌った第1巻(NI 5930)に続く、ニンバスの新しいロジャー・クィルター(1877−1953)を歌うのは、英国声楽界のニュースター、ネイサン・ヴァーレ!
ハリー・クリストファーズやポール・グッドウィン、ネヴィル・マリナー、ローレンス・カミングス、デイヴィッド・ヒルなどの名指揮者たちにソリストとして招かれるなど、まさに引く手あまた。その活躍ぶりは各所で注目を浴びています。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

LAWO Classics
LWC-1146(1CD)
まぼろし〜フォーレ:歌曲集
歌曲集「ある日の詩」 Op.21(シャルル・グランムージャンの詩)
歌曲集「まぼろし」 Op.113(バロンヌ・ド・ブリモンの詩)
歌曲集「優しき歌」 Op.61(ポール・ヴェルレーヌの詩)
歌曲集「幻想の地平線」 Op.118(ジャン・ド・ラ・ヴィル・ド・ミルモンの詩)
ベッティーナ・スミス(Ms)
ヤン・ヴィレム・ネレケ(P)

録音:2016年8月15日−19日、ソフィエンベルグ教会(オスロ)/Recorded in DXD 24bit/352.8kHz
ガブリエル・フォーレは、60年以上にわたり100を超す数の歌曲を作曲、「フォーレの天賦の才がもっとも美しく花開いたのは歌曲」と、彼の下で学んだラヴェルも書き、フランス歌曲(melodie)のジャンルでもっとも優れた作曲家とみなされています。
『まぼろし(Mirages)』は、フォーレの全歌曲集を録音するベルゲン生まれのメゾソプラノ、ベッティーナ・スミスのプロジェクトの最後のアルバムです。彼の最初の歌曲集「ある日の詩」、「まぼろし」「優しき歌」 、最後の歌曲集「幻想の地平線」。先にリリースされた『温室』(LWC1008)と『艶なる宴』(LWC1116)と異なり、フォーレの作品だけで構成されています。前2作のロッティンゲンに代わりオランダのヤン・ヴィレム・ネレケが共演しました。
LAWO Classics
LWC-1144(1CD)
姿をあらわす黄金色の太陽のように〜ノルウェーの合唱作品集
アルフレード・パウルセン(1849−1936):ノルウェー、わがノルウェー
ソルフィヨルド伝承の子守歌(イードゥン・ヴィンスポル・アルネセン 編曲):冬の夜
トリーネ・フランクスダッテル(1990−):マリー・カルテンボルンが死んだ時、庭で
伝承曲(イードゥン・ヴィンスポル・アルネセン 編曲):ローディンゲンの結婚行進曲
カール・グスタフ・ スパッレ・オールセン(1903−1984):わたしの国を見たか
ダーラナ県マールングの旋律(キム・アンドレ・アルネセン(1980−)編曲):このすばらしい夏に
伝承曲(イードゥン・ヴィンスポル・アルネセン 編曲):ヤムトランドの結婚行進曲
コンラディン・クロイツァー(1780−1849)(ペール・ヴィンゲ(1858−1935)編曲):学生の歌
フランスの民謡(メッテ・オストビュー・マドセン(カンペンハウグ) 編曲):穀粒は土深く眠る
ヨアキム・クノフ(1979−)(イードゥン・ヴィンスポル・アルネセン 編曲):結婚行進曲
グーブランスダールの伝承曲(ヘンリク・オーデゴール編):姿をあらわす黄金色の太陽のように
シーグル・イスランスモーン(1881−1964):森の黎明
ハルフダン・シェルルフ(1815−1868)(エミール・ニルセン 編曲):高い山を越え
クリストフ・エアンスト・フリーズリク・ヴァイセ(1774−1842):(マーリト・トンデル・ヴァイデ(1981−)編曲)
神に祝福されし、われらが素晴らしき祖国
ヴァルダールの伝承曲(ヘンリク・オーデゴール(1955−)編曲):見よ、澄みゆく大地を
オスロ大学女声合唱クラブ、
マーリト・トンデル・ヴァイデ(指)

録音:2016年6月24日−26日、9月23日−25日、10月21日−23日、リス教会(オスロ)/Recorded in DXD 24bit/352.8kHz
オスロ大学女声合唱クラブ Kvindelige Studenters Sangforening(KSS)(アカデミー女声合唱団、オスロ大学女声合唱協会)は1895年に創設、世界最古といわれる学生の女声合唱グループです。『貧しき地はクリスマスの静けさに』(LWC1009)、『ブラームス作品集』(LWC1054)、『雨よ降れ』(LWC1134)につづく LAWO Classics のアルバム第4作『姿をあらわす黄金色の太陽のように』。アルフレード・パウルセン、スパッレ・オールセン、クノフ、イスランスモーン、シェルルフたちノルウェーの作曲家の作品、ノルウェーの音楽家が編曲した、ノルウェー、スウェーデン、フランスの伝承曲。トリーネ・フランクスダッテル作曲の「マリー・カルテンボルンが死んだ時、庭」と、ヘンリク・オーデゴールが編曲を手がけた、中世の修道士トマス・キンゴの詩によるグーブランスダールの伝承賛美歌「姿をあらわす黄金色の太陽のように」とヴァルダールの伝承曲「見よ、澄みゆく大地を」は、オスロ大学女声合唱クラブの委嘱で作られました。マーリト・トンデル・ボスベルグ・ヴァイデ(1981−)の指揮。成功を収めたアメリカ・ツアーから帰国した2016年、オスロのリス教会で行われたセッションで録音されました。

Centaur
CRC-3618(1CD)
ルービン:ピアノと弦楽器、声楽のための作品集
ルミネーションズ/6つの変奏
「いばらの森のマリア」による変奏曲
最期の言葉/さかしま
小さな無限カノン/ミサ曲/2つの前奏曲
ソロン・ピアース(P)、
デュオ・ジェラン、アリッサ・アンダーソン(Ms)、
ジョゼフ・スポールストラ(G)、
デュオ・ガストレシ=ベゼルラ

録音:2015年−2016年
ミネソタ大学ダルース校音楽学部の作曲家教授、UMDニュー・ミュージック・フェスティヴァルの音楽監督として活躍中の音楽家、ジュスティン・ルービン(1971−)の室内楽作品集。オルガニスト、ピアニストとしてもブクステフーデからソラブジまでをカバーするなど幅広いレパートリーを持ち、その作品はミネソタ管やミネソタ・シンフォニアなどによって演奏されています。
Centaur
CRC-3570(1CD)
グリーブリング:フラクタル・ハートT
フラクタル・ハートU
愛のディアローグと死T
愛のディアローグと死U
マシュー・K.タトゥ(T)、
ステファニー・スミットル(S)、他

録音:2016年6月6日−10日
アメリカの女流作曲家カレン・グリーブリングの作品集。初期の作品はハワード・ハンソンやヴィンセント・パーシケッティからも一目置かれ、現在はアメリカ、アーカンソー州のヘンドリックス大学で教授を務めています。

CAvi
4260085-533893(1CD)
ハンス・ゾマー:バリトンとピアノのための歌曲集
Ballads & Romances Op.8 & 11(抜粋)
Loreley Op.7
Jung Douglas und schon Rosabell Op.24
Die junge Konigin Op.25
Junge Anne Op.18-1
セバスティアン・ノアック(Br)
マヌエル・ランゲ(P)
ドイツの作曲家ハンス・ゾマー(1837-1922)の歌曲集。数学を学び、物理学の教授となり、さらに工科大学の学長も務めるなど音楽家としては異 例の経歴を持つゾマー。作曲家としてもリヒャルト・シュトラウスとドイツ作曲家共同組合を創設するなど積極的に活動、歌劇や歌曲といった声楽作品を 多く発表し成功を収めました。 (Ki)

WERGO
WER-6425(1CD)
リサ・シュトライヒ(1985-):作品集
Segel(2017)〜管弦楽
Pieta(2016/16)〜モーターライズド・チェロとアンサンブル*
Agnel(2013)〜12声の合唱、オブジェクト、 少年合唱とエレクトロニクス**
Asche(2012)〜クラリネットとチェロ#
Stabat(2017)〜32声の合唱##
グレゴール・A・マイアホーファー(指)ルツェルン祝祭アカデミーO
ニクラス・ザイドル(モーターライズド・チェロ)、他*
エーベハルト・メッテルニヒ(指揮)、ケルン大聖堂cho**
アンサンブル・ルシェルシュ#
ロレンツォ・ドナーティ(指)UT混声cho##

録音:2017年
1985年スウェーデン生まれの作曲家シュトライヒによる魅惑的な美しさの作品集。身体性があり、力強い意志を持ち、また同時にひどく繊細。そして 残酷なカラーも見せる彼女の音楽は、生身でありながら今まで世界に存在しなかったような衝撃性があります。『Segel』は鞭が規則的に打ち鳴らされ、オー ケストラがその残響の如く、影のように響いて漂います。また、声楽作品はケルン大聖堂やローマのサンタ・マリア・イン・カンピテッリ教会で録音され 宗教的な雰囲気を高めています。何とも霊気を感じる1枚。 (Ki)

Dynamic
CDS-7807(1CD)
NX-B03
シルヴィア・コラサンティ(1975-):レクイエム マリアンジェラ・グァルティエリ(ナレーター)
モニカ・バチェッリ(メゾソプラノ)
マッシミリアート・ピトッコ(バンドネオン)
マキシメ・パスカル(指)
ボルツァーノ&トレント・ハイドンO
アンサンブル・ヴォカーレ・コンティヌム

録音:2017年9月27日 ライヴ
ローマ生まれの女性作曲家シルヴィア・コラサンティのレクイエム。サンタ・チェチーリア音楽院で学び、ヨーロッパ作曲 家賞を獲得、2017年にはイタリア大統領より「イタリア共和国功労勲章」のウッフィチャーレを授与されました。この レクイエムは、2016年8月に起きた「イタリア中部地震」の被災者のために作曲され、2017年のスポレート音楽 祭で世界初演された最新作。伝統的なレクイエム・ミサの形式の中に、朗読やバンドネオンの音色を取り入れた 斬新な作品です。とりわけ第8曲「Perdonate=赦し」でのバンドネオン・ソロの美しくも悲しい旋律は強く心に残 ります。

ONDINE
ODE-1312(1CD)
NX-B04
シューマン:バラード「小姓と王女について」Op.140

J.S.バッハ:カンタータ 第105番「主よ、汝のしもべを裁きにかけることなか
れ」(ロベルト・シューマン版:ドレスデン 1849年)
シューマン:降臨節の歌 Op.71…世界初録音
キャロリン・サンプソン(S)
ユーレ・トゥイスク(S)
ベンノ・シャヒトナー(C.T)
ヴェルナー・ギューラ(T)
コルネリウス・ウーレ(Bs…王 BWV105)
ヨナタン・ゼルス(Bs…海神 Op.71)
アーポ・ハッキネン(指)
エストニア・フィルハーモニー室内合cho
ヘルシンキ・バロックO(ピリオド楽器)

録音:2017年9月25-28日
シューマンの合唱曲の中でも、ほとんど演奏されることのない2つの曲集「小姓と王女について」と「降臨節の歌」、そしてシュー マンが編曲したバッハのカンタータ第105番。この3曲を演奏するのはエストニアを代表するエストニア・フィルハーモニー室内合 唱団とハッキネンが率いるヘルシンキ・バロックOです。「降臨節の歌」は1848年11月に作曲された曲集で、リュッケ ルトの詩が用いられており、円熟期のシューマンらしい息の長い旋律が歌われていく印象的な作品です。シューマンは傾倒す るゲーテの影響を受け、バッハの作品も大切にしており、1850年にライプツィヒでJ.S.バッハの全作品を出版するのが目的で ある“旧バッハ協会”が発足した際にはシューマンも自身の“新音楽時報”において、バッハの重要性を説くとともに、作品を何 曲か編曲し演奏することで普及に務めました。このカンタータは1849年に自身で演奏するために編曲したものです。こちらも シューマンの好みの響きで満たされています。
ONDINE
ODE-1322(1CD)
NX-B04
ゲオルギー・スヴィリドフ(1915-1998):讃歌と祈り シグヴァルズ・クリャーヴァ(指)
ラトヴィア放送cho

録音:2018年1月25.26.29.30日
シューマンの合唱曲の中でも、ほとんど演奏されることのない2つの曲集「小姓と王女について」と「降臨節の歌」、そしてシュー マンが編曲したバッハのカンタータ第105番。この3曲を演奏するのはエストニアを代表するエストニア・フィルハーモニー室内合 唱団とハッキネンが率いるヘルシンキ・バロックOです。「降臨節の歌」は1848年11月に作曲された曲集で、リュッケ ルトの詩が用いられており、円熟期のシューマンらしい息の長い旋律が歌われていく印象的な作品です。シューマンは傾倒す るゲーテの影響を受け、バッハの作品も大切にしており、1850年にライプツィヒでJ.S.バッハの全作品を出版するのが目的で ある“旧バッハ協会”が発足した際にはシューマンも自身の“新音楽時報”において、バッハの重要性を説くとともに、作品を何 曲か編曲し演奏することで普及に務めました。このカンタータは1849年に自身で演奏するために編曲したものです。こちらも シューマンの好みの響きで満たされています。

Rondeau
ROP-6154(1CD)
NX-B03
J.S.バッハ:カンタータ集
昇天祭オラトリオ(カンタータ)「神をそのもろもろの国にて頌めよ」BWV11
カンタータ「信じて洗礼を受けし者は」BWV37
カンタータ「おお永遠の火、おお愛の源よ」BWV34
ヤスミン・ヘルナー(S)
ユリエン・フレイムート(C.T)
クリスティアン・ラートゲーバー(T)
クリスティアン・ヴァグナー(Bs)
フェリックス・コッホ(指)
グーテンベルク室内cho
ノイマイヤー・コンソート

録音:2016年4月27-29日
バッハはオラトリオと題する作品を3曲書きました。このBWV11はその中の1曲で昇天祭のためのオラトリオであり「復活したイ エスが弟子のもとに40日留まったのち昇天した」という説話に基づいています。作品自体はほとんどの曲が旧作からの転用で 構成されていますが、明るさ漲る美しいオラトリオとして成立しています。BWV37も同じく昇天節の音楽。BWV34はバッハ の最後のカンタータをされる曲ですが、こちらも1727年頃に書かれた「結婚カンタータ」からの転用とされています。 この3曲を指揮するのはドイツのチェリスト、指揮者フェリックス・コッホ。バロック期の作品に新鮮な解釈を施す彼は、ドイツの 古楽界でも注目されており、このバッハでもトランペットとティンパニの音色を際立たせる華麗な演奏を披露しています。
Rondeau
ROP-6155(1CD)
NX-B03
アルベルト・ヘムシ(1898-1975):セファルディの民謡集
セファルディの民謡集 Op.7(Rhodos / Rhodes, 1932)
セファルディの民謡集 Op.8(Rhodos / Rhodes, 1932)
セファルディの民謡集 Op.13(Thessaloniki, 1932)
セファルディの民謡集 Op.18(Thessaloniki, 1932)
アシャフ・レヴィチン(Br)
ナーマン・ヴァグナー(P)

録音:2017年10月9-12日
2018年のアルベルト・ヘムシ生誕120年を記念して企画されたアルバム。ヘムシはトルコで生まれましたが、家族のルーツは セファルディでした。セファルディとは、15世紀にスペインがイスラム政権を滅ぼした際に、迫害を避け南欧諸国に移住したユダ ヤ人たちを示す言葉であり、ヘムシも幼い頃からシナゴーグ(ユダヤの教会)での祈りや、奏でられる音楽に興味を抱きました。 音楽の勉強を始めてからは、一時期イタリアに留学しましたが、ユダヤの音楽を学ぶことはできませんでした。故郷に戻ってか らはセファルディの民謡を採取、17年以上に渡って230以上の詩と歌を書き留めました。これらは全てメロディのみだったた め、ヘムシは幻想的で雰囲気豊かなピアノの伴奏を追加し、作品として成立させました。このシリーズはセファルディ文化を保 護するための重要な役割を果たします。
Rondeau
ROP-6150(2CD)
NX-C07
ダニエル・パシッティ&クリスティアン・マイスナー:「われらは物乞い」
(2017年,マルティン・ルターによる宗教改革500年を記念して)
ルター…ローマン・トレーケル(Br)
尾崎 佑里子(S)
クリスティアン・ロンカリオ(S)
アルトゥ・カタヤ(Br)
ドミニク・バルベリ(Bs)
ダニエル・パシッティ(指)
レフォルメイションズユビロイムス(改革記念日)cho&児童cho
ブランデンブルク州立O

録音:2017年6月28日 ライヴ・ベルリン・フィルハーモニー
1517年、マルティン・ルターはローマ教会に抗議してヴィッテンベルク市の教会、ヴィッテンベルクの城内に95ヶ条の論題を打 ちつけました。これが宗教改革の始まりとされ、この行動はドイツ社会全体に大きな影響を与えました。2017年はルターが行 動を起こしてから500年が経過、ヨーロッパではルターにまつわる多くの記念式典が開催されるとともに、新しい芸術作品も生 まれました。このオラトリオもその一つです。パシッティはアルゼンチンの血をひくイタリアの現代作曲家ですが、この作品は、ル ターの時代に合わせた中世の合唱をはじめ、イタリア・オペラの伝統を踏まえた歌など、バランスの良い作風による曲を組み合 わせた耳になじみの良い仕上がりとなっています。この演奏のために素晴らしい歌手たちが集結。ルター役を名バリトン、トレー ケルが歌う他、日本の尾崎佑里子さんも活躍しています。

OUR Recordings
OU-6.220671(1SACD)
NX-B06
フランク・マルタン:二重合唱のためのミサ曲
マルティヌー:聖母マリアのための4つの歌曲
 アリエルの5つの歌
マルティヌー:たんぽぽのロマンス H364
マーカス・クリード(指)
デンマーク国立声楽アンサンブル

録音:2017年9月25-29日
マルタンとマルティヌー、2人の近代作曲家による声楽作品集。12歳の時にバッハの「マタイ受難曲」を聴き感銘を受けたとい うマルタンは、以降バッハを精神の拠り所にし、数多くの作品を生み出しました。この「ミサ曲」も新古典派の影響もあるもの の、やはり根底にはバッハへの敬意が感じられる作品。マルタン自身は「この曲は自分の信仰心の表れであるため公の場では 演奏してほしくなかった」と語ったということですが、後にその言葉を撤回。現代では多くの合唱団がこの難曲に挑んでいます。 一方マルティヌーの「聖母マリアのための4つの歌曲」はヤナーチェクやバルトークを思わせる民謡風の雰囲気を持ち、合唱でも 各声部が競い合うような闊達なやりとりが楽しめます。他には神秘的なマルタンの「アリエルの5つの歌」とマルティヌーの郷愁の 念が込められた「たんぽぽのロマンス」を収録。 演奏しているデンマーク国立声楽アンサンブルは、エコー賞を獲得し、グラミー賞にもノミネートされた実力ある合唱団です。

Resonus
RES-10211(1CD)
NX-B05
ギャリー・デイヴィソン(1961-):合唱作品集
Awake, My Soul 目覚めよ、わが魂
Most High, Glorious God 至高、栄光の神
Wessex Service ウェセックスの礼拝
Magnificat マニフィカト
Nunc dimittis ヌンク・ディミティス
Missa pro defunctis ミサ「深き淵から」
Introit:Requiem aeternam 入祭唱:主よ、永遠の安息を
Kyrie eleison あわれみたまえ
Gradual:Dominus regit me 昇階唱:主は私の羊飼い
Tract:Absolve, Domine 詠唱:主よ、全ての死せる信者の霊魂を
Sequence:Dies irae 続唱:怒りの日
Offertory:Domine Jesu Christe 奉献唱:主イエス・キリストよ
Sanctus&Benedictus 聖なるかな&祝福されますように
Agnus Dei 神羊誦
Communion:Lux aeterna 聖体拝領唱:永遠の光
レイチェル・ロイド(Ms)
フィリップ・デュークス(Va)
デイヴィッド・ベドナル(Org)
マシュー・オーウェンズ(指)
ウェルズ大聖堂cho

録音 2017年2月8-9日,3月8-9日
世界初録音
アメリカの作曲家ゲイリー・デイヴィソンによる宗教曲集。演奏しているのはマシュー・オーウェンズ率いるウェルズ大聖堂合唱 団で、作曲家と合唱団は以前から緊密なコラボレーションを行っており、このアルバムの全ての作品もこの合唱団のために 書かれました。 アルバム全体が一つの宗教曲として設定されており、最初の「Awake, My Soul」に続く祈りの音楽と礼拝の音楽を経 て、アルバムのメインとなるミサ「深き淵から」へと到達、全曲に溢れる示唆に富む神秘的な響きで聴き手を魅了します。ウェ ルズ大聖堂合唱団は西暦909年から活動している伝統ある児童合唱団。2009年には設立1100年として記念式典が 催されました。長らく少年のみがメンバーでしたが、1994年から少女も加わり、現在は男女18人ずつの精鋭メンバーによっ て構成されています。

SUPRAPHON
BRF-001(1CD)
コジェナー、コール・ポーターを歌う
Just One Of Those Things
Always True To You In My Fashion
It's Allright With Me
My Heart Belongs To Daddy
Let's Misbehave
Love For Sale
I've Got You Under My Skin
Miss Otis Regrets
What Is This Thing Called Love
Begin The Beguine
You're The Top
You'd Be So Nice To Come Home To
Let's Do It
Night And Day
Ev'rytime We Say Goodbye
マグダレーナ・コジェナー(Ms)
オンジェイ・ハヴェルカ、
ヴォイチェフ・ハヴェルカ、
シチェパーン・ヤノウシェク(ヴォーカル)

録音:2017年 6月15-20日/チェコ放送スタジオA(プラハ)
今や世界最高の歌手のひとりマグダレーナ・コジェナーが、故郷のチェコで興味津々の録音を行いました。何とコール・ポーター (1891-1964) のヒッ ト・ソングを集めたアルバム。
「ビギン・ザ・ビギン」や「ナイト・アンド・デイ」など人気ナンバーをはじめ全 15 曲をラトル仕込み (?) の美しい英語で歌唱。それもオペラ風に絶 唱するのではなく、戦前のモノクロ映画もしくは SP 蓄音器から聴こえてくるような、古き良き時代の雰囲気でじっくり歌っていて絶品。伴奏も戦前の楽団 を研究し、その奏法や響きを再現しているのも注目。なんとも味わい深いアルバムとなりました。
コジェナーは学生時代にポーターの音楽に魅せられ、彼の同時代の伝説的なジャズの大物たちの録音を愛聴、現在まで崇拝が続いているとのこと。そ れほど熱愛しながらこれまで歌わなかったのは、クラシックの訓練を受けた声楽家が手掛けると、何かが足りないと感じてきたからだと本人が述べていま す。ところが、フレデリカ・フォン・シュターデの歌うポーターを聴き、彼女が自分のスタイルを崩すことなく魅力的で一味違う世界を築いているのに目を 開かされ、自分流のポーターを歌おうと決意しました。 コジェナーはそのためフレージングのとり方からマイクを使ったデリケートな歌い方などを勉強し、できる限り自然な仕上がりを目指したとされます。そ の結果、どの歌手からも聴いたことのない極上のポーターの世界が実現、宝物にしたくなるアルバムの登場です! (Ki)

COL LEGNO
COL-20427(1CD)
NX-B09
ペルト(1935-):宗教的合唱曲集
マニフィカト
Beatitudines 至福
Nunc dimittis 今こそ主よ、僕を去らせたまわん
3 Hirtenkinder aus Fatima ファティマの3人の羊飼いの子供
The Deer's Cry 鹿の叫び
主よ、我らが日々に平和を与えたまえ(無伴奏混声合唱版)
バビロン河のほとりに座って私たちは泣いた(混声合唱とオルガン版)
Littlemore Tractus もう少し長くのばして
Vater unser 天にましますわれらの父よ
ヨハネス・シュテッヒャー(指・Org8)
ヴィルテン修道院少年cho

録音:2013年6月-2014年11月
インスブルックを拠点とするヴィルテン修道院。ここで13世紀から活動する少年合唱団によるアルヴォ・ペルトの宗教作品 集。ペルト80歳を記念して2015年にリリースされたこのアルバムは、全編静謐で美しい響きに満たされています。永遠の時 の中の一瞬を切り取ったかのような、少年たちのピュアな声が織りなす神秘的な音楽です。

VOX
MCD-10020(1CD)
NX-A13
ラフマニノフ:合唱交響曲「鐘」Op.35
 交響詩「死の島」Op.29*
レナード・スラットキン(指)
セントルイスSO&cho
マリアンナ・クリストス(S)
ウォルター・プランテ(T)
アーノルド・ヴォケタイティス(Bs)

録音:1980年、1979年*
1983年のグラミー賞において、ベスト・コーラス・パフォーマンスにノミネートされたアルバム。レナード・スラットキンは、1979年 〜1996年までセントルイスSOの音楽監督として活躍、その後もワシントン・ナショナルSO、デトロイト交響楽 団の音楽監督を務めるなど、現代を代表する指揮者の一人です。スラットキンが率いていた時代のセントルイス響は、アメリ カのオーケストラ番付においてビッグ・ファイブ(ニューヨーク・フィル、クリーブランド管、フィラデルフィア管、ボストン響、シカゴ響) を脅かす存在と高く評価され、Voxに残したラフマニノフの交響曲・管弦楽曲集は、ラフマニノフ演奏の正しい解釈者としてク ラシック・ファンから大きな支持を集めました。エリート・レコーディングスのオボール&ニクレンツによる録音はここでも高い完成 度を誇っています。MMG(Moss Music Group)原盤。

Solo Musica
SM-281(1CD)
NX-B03
ハンス・ゾマー(1837-1922):歌曲集
歌曲集「サフォーの歌」Op.6
ゴットフリート・ケラーの詩による7つの歌 Op.16
Desdemona デズデモーナ
アイヒェンドルフの詩による3つの歌
ゲーテの詩による3つの歌
5つの歌 Op.1-第1番:Stumme Liebe
コンスタンツェ・ヘラー(Ms)
ゲロルト・フーバー(P)

録音:2017年11月13-15日
ドイツの作曲家、ハンス・ゾマーの歌曲集。数多くの劇音楽や歌劇を書きましたが、作曲家として知られる前は「数学者」とし て注目され、1875年から1881年まではブラウンシュヴァイク大学で数学科の教授として後進の指導に当たっていたことでも 知られています。また著作権の確立にも尽力し、R・シュトラウスと同じく、ドイツ著作権協会「GEMA」の前身である 「AFMA」の創設者の一人に名を連ねています。ゾマーは生涯を通じて300曲ほどの歌曲を残しましたが、現在に至るまで ほとんど演奏されることがありません。しかし、初期の楽天的な作品から、晩年の哲学への深淵なアプローチに彩られた作品 まで、どの歌曲にもドイツ・リートの伝統が色濃く宿っています。演奏するヘラーは2006年にベルリン国立歌劇場でデビューし た中堅メゾ・ソプラノ。陰影ある美しい声が魅力的です。

Sono Luminus
DSL-92219
(1CD+Blu-ray AUDIO)
NX-B09
Seven Words from the Cross 十字架上の七つの言葉
【プロローグ】
黒人霊歌:Were you there? あなたはどこから来たのですか?
ビリングス(1746-1800):When Jesus Wept イエスが泣いたとき
【父よ、彼らを許してください。彼らは彼らが何をしているのか分からないからです】
伝承:アメイジング・グレイス
伝承:Wondrous Love 不思議な愛
【あなたは今日私と共にパラダイスにいます】
ビリングス:ヨルダン(ここは純粋な喜びに溢れた場所)
ディストラー(1908-1942):Ich wollt, das ich daheime war
【女よ、そこにあなたの子がいます:そこに、あなたの母が】
ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179):Karitas Abundat
バックリー(1833-1864):Break it Gently to my Mother
ビリングス:David’s Lamentation ダヴィデの嘆き
【私の神、わが神よ、どうして私を見捨てたのですか?】
プーランク:Vinea mea electa
ビリングス:プリムトン(深い苦しみの中で私は泣いたことがない)
【私は渇いている】
ソルヴァルドスドッティル(1977-):Tann heilaga kross 聖なる十字架
【終わった】
マンティヤルヴィ(1963-):死は解消するだろう(ビリングスの讃歌によるファンタジア)
【父よ、私の霊をあなたの手にまかせます】
黒人霊歌:深い河
シェパード(1515-1558):In manus tuas あなたに
【エピローグ】
Just as I am 私と同じように(ウィリアム・ブラッドバリーの旋律による伝承讃歌)
スカイラーク・ヴォーカル・アンサンブル

録音:2017年6月21-24日
キリストが十字架上で語ったとされる「七つの言葉」。ハイドンやシュッツをはじめ、多くの作曲家がこの言葉に基づく感動的な 音楽を生み出しました。このアルバムではヒルデガルト・フォン・ビンゲンからアメリカ近代作曲家の作品、黒人霊歌など、様々 な時代と地域の「七つの言葉」による作品を集め、順を追って並べています。精緻なハーモニーを聴かせるのはアメリカの精 鋭ヴォーカリストたちが集う「スカイラーク・ヴォーカル・アンサンブル」。静かな感動を呼ぶ美しいハーモニーです。

DIVOX
CDX-21702
NX-B03
21世紀の宗教曲
ロマン・ルティスハウザー(1960-):テネブレ(2010-2011)
1.レスポンソリウム II:Tristis est anima -Versus: Ecce appropinquat
2.レスポンソリウム IV:Vinea mea electa - Versus: Sepivi te
3.レスポンソリウム V:Eram quasi - Versus: Omnes inimici
4.レスポンソリウム VI:Velum templi - Versus
5.レスポンソリウム VII:Tenebrae factae sunt - Versus: Exclamans Jesus
パウル・ギーガー(1952-):ペル・エム・フル(2006-2007)
6.第1番:Media vita in morte sumus
7.第2番:Altus solo I
8.第3番:Glissauno media vita
9.第4番:Altus solo II
10.第5番:Hinausgang der seele ins volle tageslicht
ヒリヤード・アンサンブル…1-5
パウル・ギーガー(Vn)…1-5.6-10
デイヴィッド・ジェイムズ(C.T)…6-10
コレギウム・ヴォカーレ…6-10
タブラター・コンツェルトcho…6-10
マリー=ルイーズ・デーラー(Cemb)…6-10
プディ・レーマン(打楽器)…6-10
ハンス・エーベルハルト(指)…6-10

録音:2012年10月20日ライヴ録音、2011年6月29-30日
ルネサンス期の音楽から現代曲まで幅広いレパートリーを持つ、世界最高のヴォーカル・グループ「ヒリヤード・アンサンブル」。 このアルバムでは2010年から2011年にかけて作曲されたルティスハウザーの「テネブレ」を、名ヴァイオリニスト、パウル・ギー ガーとともに演奏しました。作品は即興的で自由なハーモニーに満ちており、神秘的な声に呼応するヴァイオリンの響きが独 特かつ神聖な雰囲気を作り上げています。パウル・ギーガーはスイスで生まれ、若い頃にはアジアでストリート・ミュージシャンと して活動していたという異色の経歴の持ち主。3年間、ザンクトガレンSOのコンサートマスターを務めるなど才能は折り 紙付きで、最近は作曲家としても活動しており、このアルバムで聴ける「ペル・エム・フル」は、合唱とオーケストラ、ヴァイオリン による感動的な音楽が展開、その才能を存分に見せつけています。

Hyperion
CDA-68152(1CD)
ヘンデル:低声部のためのアリア集 Vol.2
Gelido in ogni vena(歌劇 「ペルシャ王シローエ」 HWV.24より)/Turn not, O Queen, thy face(仮面劇 「エステル」 HWV.50aより)/When storms the proud(オラトリオ 「アタリア」 HWV.52より)/Oh, memory! ? Opprest with never-ceasing(オラトリオ 「ベルシャザール」 HWV.61より)/E ver che all’amo intorno(歌劇 「カトーネ」 HWV.A7より)/合奏協奏曲第4番ヘ長調 Op.3-4,HWV.315/Piangi pur(歌劇 「エジプト王トロメーオ」 HWV.25より)/Ah, canst thou but prove me!(オラトリオ 「アタリア」 HWV.52より)/カンタータ 「アフリカの森で」 HWV.136aNell’africane selve HWV136a/The walls are levell’d ? See, the raging flames arise(オラトリオ 「ヨシュア」 HWV.64より)/How art thou fall’n(仮面劇 「エステル」 HWV.50aより)/Tu di pieta mi spogli(歌劇 「ペルシャ王シローエ」 HWV.24より)/Vieni, o cara(歌劇 「リナルド」 HWV.7aより)/Shall I in Mamre’s fertile plain(オラトリオ 「ヨシュア」 HWV.64より)
クリストファー・パーヴェス(Br)、
ジョナサン・コーエン(指)アルカンジェロ

録音:2016年2月26日−28日、セント・ジュード・オン・ザ・ヒル教会(ロンドン)
イタリア語のオペラとカンタータ、英語のオラトリオと仮面劇など多彩な作品から選ばれた充実のプログラムを、パーヴェスの豊かな歌声とアルカンジェロの洗練された響きで贈ります。
パーヴェスとアルカンジェロによるヘンデル第1弾(CDA-67842)は、英グラモフォン誌「エディターズ・チョイス」、英BBCミュージック・マガジン「オペラ・チョイス」にそれぞれ選ばれ、グラモフォン賞&BBCミュージック・マガジン賞の両方にノミネートするなど高く評価されているだけに、このヘンデル第2弾にも大きな期待がかかります。

Signum Classics
SIGCD-483(1CD)
フォーレ:歌曲全集 Vol.3
この世で Op.8-3/水のほとりで Op.8-1/秋の歌 Op.5-1/ヴォカリーズ(第13番)/オリンピオの悲しみ/秋 Op.18-3/月の光 Op.46-2/憂鬱 Op.51-3/イスファハンのばら Op.39-4/ばら Op.51-4/消え去らぬ香り Op.76-1/夕暮れ Op.83-2/メリザンドの歌 Op.80/町人貴族のセレナード/アヴェ・マリア Op.93/ヴォカリーズ・エチュード/沈黙の贈り物 Op.92/小唄 Op.94/ヴォカリーズ(第24番)/歌曲集 「幻影」 Op.113
ローナ・アンダーソン(S)、
イゾベル・ブキャナン(S)、
ジョン・チェスト(Br)、サラ・コノリー(Ms)、
イェスティン・デイヴィス(C.T)、
ウィリアム・デイズリー(Br)、
ジャニス・ケリー(S)、
ルイーズ・ケメニー(S)、アン・マレー(Ms)、
トマス・オリーマンス(Br)、
マルコム・マルティヌー(P)

録音:2013年2月−2015年10月、オール・セインツ教会(イースト・フィンチリー、ロンドン)
英国を代表する名ピニアストであり、世界的な歌曲伴奏者であるマルコム・マルティヌーがリードするSignumの歌曲シリーズ。「プーランクの歌曲全集」の成功を受けてスタートした新たなフランス歌曲、「ガブリエル・フォーレの歌曲全集」も、ついに第3巻がリリース!
これまでのシリーズに引き続き、アン・マレーやサラ・コノリー、当代有数のカウンターテナーであるイェスティン・デイヴィス、ジェラール・スゼーの再来と称されるトーマス・オリーマンスなど、イギリス最高峰の歌い手たちが集い、フォーレが生み出した優美な歌曲の数々を歌い上げます。
Signum Classics
SIGCD-541(1CD)
ヴォーン・ウィリアムズ:ミサ曲ト短調
テ・デウム ト長調
すべての国人よ
アンティフォン (5つの神秘的な歌より)
ロージメードル(ウェールズの讃美歌による3つの前奏曲より)
主の恵みふかきことを味わい知れ
天の父への祈り
もろもろの民よ、手をうち
主よ、あなたは世々われらのすみかでいらせられる
ケンブリッジ・セント・ジョンズ・カレッジcho
アンドルー・ネスシンガ(指)

録音:2017年7月17日−20日、セント・ジョンズ・カレッジ・チャペル(ケンブリッジ、イギリス)
1670年代から礼拝での役目を担うなど歴史と伝統を誇り、現在では世界屈指のカレッジ聖歌隊として知られるケンブリッジ・セント・ジョンズ・カレッジ合唱団(聖歌隊)と、2007年の音楽監督就任後、数多くの名演を共に創り上げてきたアンドルー・ネスシンガ。
Signum Classics移籍後も、Signum第1弾となったジョナサン・ハーヴェイの合唱作品集(SIGCD-456)がBBCミュージック・マガジン賞で合唱部門を受賞するなど大きな存在感を放っているセント・ジョンズ・カレッジ合唱団の2018年リリースは、1918年の第一次世界大戦終戦100周年を記念したヴォーン・ウィリアムズの宗教合唱作品集。
ヴォーン・ウィリアムズは終戦後に音楽活動を再開してから、宗教音楽の創作に本格的に取り組み始めており、このアルバムに収録された作品の多くも、この次期に書かれています。

Champs Hill Records
CHRCD-124(1CD)
メンデルスゾーン:歌曲全集 Vol.3
ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル:朝のセレナード Op.1-5/あたかも嬉しいかのようにしばしば歌うことが出来る/秋に Op.10-2/非難/悲しい道/オークの森はざわめき/現在/マーリンのように/海は広く輝き/もみの木と椰子の木/ああ、あの瞳は変わらないまま/昔の墓 Op.9-4/なぜバラはこんなにも色褪せているのだろうか Op.1-3/竪琴弾きの歌/ただそれが降りてきて/ズライカ/舟遊びをする女/希望の視線が見えない/五月の夜 Op.10-1/すべての山の頂きに安らぎが/さすらい人の夜の歌/南へ Op.10-1/さすらい人の歌 Op.1-2/山登りの喜び Op.10-5
マルコム・マルティヌー(P)、
スサナ・ガスパー(S)、
ゲイリー・グリフィス(Br)、
マヌエル・ヴァルザー(Br)、
キティ・ウェイトリー(Ms)

録音:2013年12月2日−3日&2015年3月16日−17日&7月6日−9日、チャンプス・ヒル・ミュージック・ルーム(ウェスト・サセックス、イギリス)
グレアム・ジョンソンと並ぶ歌曲伴奏のスペシャリスト、マルコム・マルティヌーがリードするメンデルスゾーンの歌曲全集第3巻は、フェリックスの姉、ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼルの歌曲集。
一部はフェリックスの作品として出版されていたことでも知られ、現在ではその重要性の再評価が進むファニー=ヘンゼルの歌曲の数々。19世紀前半のヨーロッパにおける女流作曲家のパイオニア的存在としての役割を果たしたファニー=ヘンゼルの重要なレパートリーが、マルティヌーのピアノと、キティ・ウェイトリーをはじめとする若き旬の歌い手たちによって美しく奏でられています。

Linn
CKD-482(1CD)
シベリウス&ラフマニノフ:歌曲集
シベリウス:5つのクリスマスの歌 Op.1、海辺のバルコニー Op.38-2、北国 Op.90-1、黒いばら Op.36-1、葦よそよげ Op.36-4、5つの歌 Op.37
ラフマニノフ:スタニスラフスキーへの手紙、ライラック Op.21-5、何とすばらしい所 Op.21-7、まひわの死に寄せて Op.21-8、キリストは蘇った Op.26-6、子供たちに Op.26-7、夜の静けさ Op.4-3、乙女よ, もう歌わないでおくれ Op.4-4、春の洪水 Op.14-11
ジャック・インブライロ(Br)、
アラスター・ホガース(P)

録音:2014年9月23日−25日&2016年7月8日、スネイプ・モルティングス(イギリス)
南アフリカ出身、ロンドンの王立音楽カレッジやロイヤル・オペラ・ハウスのJette Parker Young Artists Programmeで学んだバリトン歌手、ジャック・インブライロのソロ・リサイタル・アルバムがLinn Recordsから登場。
南アフリカの様々なコンクールや、キャスリーン・フェリアー・コンクール、BBCのシンガー・オヴ・ザ・ワールド・コンクールなどで優秀な成績を収めてきたジャック・インブライロが、プリンス・コンソートのディレクターも務めるアラスター・ホガースと共演。北欧とロシア、シベリウスとラフマニノフの神秘的で感傷的な歌を、悠々たるバリトンで抒情豊かに歌います。

Paraty
PARATY-117155(1CD)
ヴィーナスの誕生
ドビュッシー:シャルル・ドルレアンの詩による3つの歌
ラヴェル:3つのシャンソン
フロラン・シュミット:A contre-voix op.104より〔Pour vous de peine/ Bonnet vole〕
プーランク:雪の夜
メシアン:5つのルシャン
ミヨー:ヴィーナスの誕生
カントルーブ:オーヴェルニュ高地の百姓たちの5つの歌より〔A la campagne/ Chaine de bourrees〕
アルシス・ブルゴーニュ(声楽アンサンブル)
ミアリ・ゼケ(指)

録音:2017年6月27-30日
フランスの声楽アンサンブル、アルシス・ブルゴーニュによる、フランスの無伴奏合唱作品集。美しい発音とハーモニーに魅了される1枚です。 (Ki)

Arte Verum
ARV-015SPE(1CD)
THE ROAD TO FREEDOM〜自由への道
即興(Feeling Bad Bluesに基づく)器楽- instrumental [ライ・クーダー]
ピープル・ゲット・レディ[カーティス・メイフィールド]
We Shall Not Be Moved [黒人霊歌]
Woke Up This Morning (With My Mind On Jesus) [黒人霊歌]
Amazing Grace(アメイジング・グレイス) [John Newton]
Keep Your Eyes On The Prize [黒人霊歌]
Take My Hand, Precious Lord [Thomas A. Dorsey]
Another Man Done Gone [traditional]
Down in Mississippi [J.B. Lenoir]
即興(器楽)[M.アルゴットソン]
奇妙な果実(Strange Fruit) [Allan Lewis]
移民たちのメドレー〜(「サマータイム[ガーシュウィン]、Home [詩:ワーザン・シャイア]、Sometimes I Fell Like
a Motherless Child(時には母のない子のように)[黒人霊歌])
I Wish I Knew How It Would Feel To Be Free [Taylor, Lamb]
Oh Freedom [Traditional]
バーバラ・ヘンドリックス(S)
マティアス・アルゴットソン(P、ハモンド・オルガン)
マックス・シュルツ(G)
ウルフ・エングランド(スライド・ギター、ギター)

録音:2018 年 1 月 30,31日、ラ・フォル・ジュルネ・ド・ナントにて(ライヴ)
ヘンドリックスが長年大切に歌っている黒人霊歌。ここでは、ナントの地でのラ・フォル・ジュルネ音楽祭のライヴ録音で、名曲なども取り入れながら、 歌い継がれてきた黒人霊歌を彼女のために編成したバンドと共に演奏しています。ヘンドリックス自身、幼い頃に差別を受け、成長するにつれ、差別をな くそうという活動に様々に関わるようになりました。「私の生きている間だけでなく、今日、我々は世界中で皆、正義のために、連帯、そして自由のために 立ち上がらなくてはならない。日々、瞬間瞬間に、この戦いを続け、励ますために、これらの歌を歌えることに感謝している」というヘンドリックスの言葉 の重みと思いの強さを感じます。 (Ki)

Pentatone
PTC-5186614
(2SACD)
ハイドン:オラトリオ『天地創造』 ニコル・ヒーストン( 天使ガブリエルとイヴ/ソプラノ)
トビー・スペンス( 天使ウリエル/テノール)
ペーター・ローズ(天使ラファエルとアダム/バス)
アンドレス・オロスコ=エストラーダ(指)
ヒューストンSO&cho

録音:2016年9月27日-10月2日/ジョーンズ・ホール(ヒューストン)
今最も勢いのある若手指揮者の一人、オロスコ=エストラーダ。ヒューストン交響楽団とのドヴォルザークの交響曲の録音でも 注目を集めていますが、当録音ではハイドンのオラトリオ『天地創造』を収録しました。
アンドレス・オロスコ=エストラーダは1977年南米のコロンビア生まれ。19歳でウィーンに渡り指揮を学びました。2009年から2015年までウィー ン・トーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者を、また2014/15シーズンからはhr交響楽団とヒューストン交響楽団の音楽監督となり、現在最も注 目を集めている若手指揮者の一人です。歴史あるヒューストン交響楽団との入念なリハーサルと深い信頼関係から当団の伝統を維持しつつ若き巨匠の新鮮 な解釈を取り入れており、当録音でも情熱あふれる演奏を聴かせてくれます。
ハイドンがロンドンから持ち帰った旧約聖書の「創世記」とミルトンの「失楽園」をもとにした英語の台本を、ヴァン・スヴィーテン男爵が自由にドイ ツ語訳した3部33曲の『天地創造』。第1・2部は6日間にわたる神の天地創造の物語、第3部はエデンの園におけるアダムとイヴを扱っています。壮 大な合唱と豊かな旋律が魅力のこのオラトリオは和声的書法と対位法的書法が総合されており、特に独唱者と合唱とが荘重なフーガに発展し、力強いアー メンの絶唱で全曲が結ばれる終曲は非常に印象的です。 (Ki)

DIVERSIONS
DDV-24162(1CD)
NX-A14
A.E.ホースマンの詩による歌曲集
ベンジャミン・バローズ(1891-1966):グレナディアー
 半月/ため息/遠方から
バックス:はるか西のブルックランドで
 朝に/私が21の時
ブライアン・ブリス・ドブニー(1929-):失われた満足の地
マーガレット・ウェゲナー(1920-):ぼくの目をのぞき込まないで
クライヴ・ポラード(1959-):Because I Liked You Better
カルヴァン・ボーマン(1972-):R.L.S.(Home is the sailor, home from sea)
スティーヴン・デューロ(1939-):ぼくの馬引き鋤は耕しているのか?
モーラン(1894-1950):ラドロー・タウン-第1曲 When smoke stood up from
Ludlow
モーラン:シュロップシャーの若者の4つの歌 第2番 When I came last to
Ludlow
モーラン:シュロップシャーの若者の4つの歌 第4番 Far in a Western Brookland
サマヴェル:シュロップシャーの若者
スティーヴン・フォークス(Br)
デイヴィッド・ベドノール(P)

録音:2006年6月2日 ライヴ
このアルバムはイギリスのグループ「English Poetry and Song Society」のプライヴェート・ライヴコンサートを収録したも の。2006年はイギリスの詩人、A.E.ホースマンの詩集「A Shropshire Lad」が出版されて110年目にあたるということで、 これを記念してホースマンの詩を用いた多彩な作品が歌われています。 残念なことにポータブル録音機器での録音のため、マイクの位置などが理想的ではなく、音質はあまり良くありませんが、その 難点を上回るほどの幅広いイギリス歌曲作品を聴くことができます。
DIVERSIONS
DDV-24163(1CD)
NX-A14
近代イギリス歌曲集
ホルスト:軍曹の歌 Op.15-3
 今、ここだけの話 Op.15-5
キャリー(1883-1968);春
サマヴェル:母の夢
フィンジ:私は恋人に言った Op.19b
ロジャー・ロード(1924-2014):Corn a-turnen yollow
アリソン・エドガー(1927-2007):ドアの風
ジュディス・ベイリー(1941-):ジーン
ブライアン・ブリス・ドブニー(1929-):嵐
ロード:Come
ヴォーン・ウィリアムズ:春に
 ブラックモアの娘たち
 冬の柳/リンデン・リー
スティーヴン・フォークス(Br)
コリン・ハント(P)

録音:2002年3月10日 ライヴ
このアルバムはイギリスのグループ「English Poetry and Song Society」のプライヴェート・ライヴコンサートを収録したも の。2001年に「EPSS」が開催した声楽コンクールで入賞した歌手によってフィンジやヴォーン・ウィリアムズ、他、イギリス現代 作曲家の作品まで幅広いレパートリーが歌われています。 残念なことにポータブル録音機器での録音のため、マイクの位置などが理想的ではなく、音質はあまり良くありませんが、その 難点を上回るほどの幅広いイギリス歌曲作品を聴くことができます。

TOCCATA
TOCC-0482(1CD)
NX-B03
グレゴリー・ローズ(1948-):合唱作品と編曲集
夕べのカンティクルズ、聖パンクラスの祈祷(2007)
It's snowing 雪が降る(1972)
スターバト・マーテル(2015)
4つの断章(1997)
Missa Sancti Dunstani(2009)

◎編曲作品集
スカボロー・フェア(2008編曲)
コール・ポーター: Ev'ry Time We Say Goodbye(1979編曲)
クリスマス・キャロル「Nkosi Jesu」(2002編曲)
ポール・マッカートニー:I Will(2006編曲)
グレゴリー・ローズ(指)
ラトヴィア放送cho

録音:2017年9月29日,10月2-5日
作曲家でもあり、オックスフォードのクィーンズ・カレッジでオルガン奏者として活躍したバーナード・ローズを父に持つグレゴリー・ ローズ。彼は英国の合唱音楽の伝統を継承しながら、ヨーロッパとアメリカのモダニズムを作品に融合させ、40年以上に渡っ て数多くの合唱作品を生み出しました。このアルバムにはオリジナル作品と、彼が編曲した4曲を収録。合唱音楽の素晴らし さを自身が指揮するラトヴィア放送合唱団が丁寧に伝えています。

SMC(モスクワ音楽院)
SMCCD-0231(1CD)
ラフマニノフ:歌曲集
夢 Op.8-5+/私を信じるな、友よ Op.14-7+
私のために歌わないで、美しい人よ Op.4-4+
何という苦痛 Op.21-12+/リラの花 Op.21-5*
春の奔流 Op.14-11*/何とすばらしいこの場所 Op.21-7*
私はあなたを待つ Op.14-1*/この夏の夜 Op.14-5*
再び私は独り Op.26-9+/夜は悲しい Op.26-12+
彼女らは答えた Op.21-4+/何という幸せ Op.34-12+
6つの歌曲 Op.38
 夜に私の庭で*/彼女に*/ひな菊*/ねずみ捕りの男+/夢*/おーい+
2つの聖歌(1916)
 祈り*/神に栄光あれ*
エレーナ・アユシェーエヴァ(S)*
チンギア・アユシェーエフ(T)+
イリーナ・オシポヴァ(P)

録音:2017年、モスクワ音楽院大ホール、モスクワ、ロシア
文字高さ=1.2に設定。文字高さ=1.2に設定。文字高さ=1.2に設定。文字高さ=1.2に設定。文字高さ=1.2に設定。文字高さ=1.2に設定。

Naive
V-5441[NA](1CD)
グノー&リスト
(1)グノー:アッシジの聖フランチェスコ(世界初録音)
(2)グノー:聖セシリアへの讃歌
(3)リスト(1811-1886):聖セシリアの伝説
(1)スタニスラス・ド・バルベイラク(T)
(1)フロリアン・センペイ(Br)
(2)デボラ・ネムタヌ(ソロVn)
(3)カリーヌ・デエ(Ms)
パリ室内O
アクサンチュス
ロランス・エ キルベ イ(指)

録音:2016年6月21-22日、フィルハーモニー・ド・パリ(フランス)(ライヴ録音)
2011年に発見されたグノーの「アッシジの聖フランチェスコ」が、フランス合唱界が誇る人気指揮者、ロランス・エキルベイによる指揮で世界初録音 されました!フランス・ロマン主義の使徒、グノー。最も有名なのはやはりオペラ(たとえば「ファウスト」)。オペラでは抒情的で魅力的な音世界で、声とオー ケストレーションの魔術師の才を遺憾なく発揮していますが、グノーは晩年宗教作品に熱心に取り組んでおり、死の2年前にアッシジの聖フランチェスコ を完成させました。この作品は1891年のコンセール・スピリチュエルで演奏されたという記録は残っています。その後スコアは消失したとされていたも のの、2011年に発見されました。フランス・ロマン音楽の未知の作品に光が当てられた貴重な録音(2016年のライヴ)。グノーはフランシスコの厳格さを、 時に官能的な音色のオーケストラで描いています。旋律線の美しさと禁欲的な世界が、一音目から私たちを魅了します。
本CDでは、この他にグノーによる「聖セシリアへの讃歌」を収録。そして、そのグノーの「聖セシリア」を編曲していたリスト(その編曲楽譜は出版 されていない)による、「聖セシリアの伝説」を収録。生涯を神にささげたリストにとって、音楽の神でもある聖セシリアはきわめて重要なモティーフでした。 1839年に既にこの作品のテキストを入手していたリストは1874年に聖セシリアの祝日(11月22日)にまつわる聖歌の旋律を加え、1875年に初演 されました。10節から成るこのテキストにリストは、冒頭は嘆きの色合いの抑えた編成のオーケストレーションで始め、情熱と瞑想、古の音楽とロマン 派の音を交互に扱いながら、次第にオーケストラの編成も大きく、最終的には合唱も加わるかたちで作品を閉じています。フランスの人気歌手デエのヴェ ルヴェットのような質感の声と、最後はハープも登場する大編成のオーケストラのくっきりとしたアンサンブルによって、リストの壮大なこの宗教作品が鮮 やかに響きます。 (Ki)

VMS
VMS-248(1CD)
コサック・セレナーデ
最大の力で/夕べの鐘/見よ、兄弟が共に住む/コサックの物語/ロシアは雪で覆われている/黒い目のコサック/ドリップ・ドリップ・ドリップ/バラライカとアンサンブルのためのロシアの踊り/ロシアのコサック・セレナーデ/ロシアのロマンスとカリンカ/他
ロシア・ドン・コサックcho
マルセル・ヴェルホフ(指)
アンサンブル 「フィラルモニア」

録音:2016年9月25日(ライヴ)
1992年に設立されたロシア・ドン・コサック合唱団。1999年には「Army choir of the great Don Army」の称号を与えられ、2000年にはモスクワの"ホワイトハウス"でも演奏しています。ロシアのみならずヨーロッパ中で活躍するロシア・ドン・コサック合唱団のニュー・レコーディングは、2016年〜2017年に行われたドイツとオランダのツアー・プログラム、「コサック・セレナーデ」。
力強い勇壮なテノール、バヤンやバラライカによるアンサンブル「フィラルモニア」の賑やかな合奏で、雄大なロシアのロマンスが歌われます。
VMS
VMS-237
ラフマニノフ:晩祷 Op37 ロシア国立モスクワ・アカデミー少年&男声cho
マルセル・ヴェルホフ(指)

録音:1991年8月
ヴィクトル・ポポフが創設した合唱芸術アカデミー(Academy of Choral Art)が擁する合唱団のうちの一つ、ロシア国立モスクワ・アカデミー少年&男声合唱団(グレート・ロシアン・アカデミック・ボーイズ・アンド・メール・クワイア)が歌ったラフマニノフの「晩祷」。指揮は、ロシア・ドン・コサック合唱団のディレクターも務める、マルセル・(ニコラエヴィチ・)ヴェルホフ。

Sterling
CDA-1818-2(1CDR)
セシリアに〜スウェーデンの愛の歌
ヤルマル・カッセルマン(1891−1967):ベアトリス・アウロレ、なんといっても, 歩くあなたがとても好き、マダムはとても可愛く、夜の星、紫のチューリップ、歌、私たちの再会は, まったくの偶然だった、花屋の外で、両の手
R・シュトラウス:あした! Op.27 no.4
エヴェルト・トーブ(1890−1976):海がこれほど美しく光ることは、小さな星のように、愛しい人, あなたはバラの花のよう、愛と風、マーロのマイ
ヒューゴ・アルヴェーン(1872−1960):わが心を汝(な)が御手に Op.54
リレ・ブルール・ソーデルルンド(1912−1957):花を残していってもいいですか
トリニ・ビョルク(1938−):民謡の調子で
グンナル・テューレソン(1906−2001):秋のメロディ
レオ・フェレ(1916−1993):Snurra min jord
ニカ・ドミニク(1940−):献呈
ロルフ・フォーゲルストレム(1912−1992):ビューバッカのワルツ、スヴェア=ウッレのワルツ
ペール=エーリク・モレウス(1950−):コッポンゲン
グンナル・ド・フルメリ(1908−1987):あなたが私の目を閉じると Op.27 no.1
トシュテン・モッスベリ(T)、
スティーナ・ヘルベリ・アイバック(ハープ)、
ユーナス・イーサクソン(G)、
アンデシュ・カールクヴィスト(P)

録音:2017年3月11日−12日、3月25日、ナンナ小学校講堂(ウプサラ)、8月1日、ベアテルンド・ゴード、フォーフェンガン(インガロー島、スウェーデン)
「歌の国」スウェーデンのラブソング・コレクション。プログラムは、スウェーデン国王の専任医を務め「バラードの友協会」の創設会員でもあった医師ヤルマル・カッセルマンが、ハリエット・ローヴェンイェルムやヴィルヘルム王子、グッルベリたちの詩に作曲した9曲。シンガーソングライター、エヴェルト・トーブの人気曲「海がこれほど美しく光ることは」など5曲。詩、戯曲、児童書、翻訳と幅広く手がけスウェーデン・アカデミー会員にも選ばれた作家ラーシュ・フォシェル(1928−2007)がスウェーデン語歌詞を作り、スウェーデンの歌手たちに歌われるようになったレオ・フェレのシャンソン。フォシェルの書いた歌詞にジャズ・ミュージシャンのモニカ・ドミニクが作曲した「献呈」は、彼女のピアノとザ・リアル・グループの共演(Phono Suecia PSCD42)で録音され、人気を集めました。ペール=エーリク(ペッラ)・モレウスの「コッポンゲン」は、合唱曲にも編曲され、クリスマスの季節を中心に広く歌われている曲です。
テノールのトシュテン・モッスベリは、麻酔科学と集中治療学が専門の医師。声楽をエステル・ルールサイツ、エヴァ・ピラット、ビョーン・テューリンに学び、バラード、ロマンス、キャバレーソングを主なレパートリーに歌手としても活動、リレ・ブルール・ソーデルルンド の歌曲を歌った『尊いもの』(CDA1657-2)など4つのアルバムをSterlingレーベルに録音しています。ギター、ハープ、ピアノの共演、曲によって楽器を変えて歌っています。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。 

Glossa
GCD-921210(1CD)
クロスドレッシング・バッハ〜バッハ:異稿&希少作品集
ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ ニ長調 BWV.1028(原曲:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのための)
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ ト短調 BWV.1013(原曲:無伴奏フルートのための)
ソナタ ニ短調 BWV.964(BWV.1003からの編曲)
ヴァイオリンとチェンバロのためのトリオ ニ短調 BWV.583
ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第3番ト短調 BWV.1029(原曲:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのための)
ヴァイオリンとチェンバロのためのフーガ ト短調 BWV.1026
エンリコ・ガッティ(バロック・ヴァイオリン/コルネリウス・クレインマン1670年頃製作)、
リナルド・アレッサンドリーニ(チェンバロ/ロベルト・リビ2008年製作、ミヒャエル・ミートケ1700年頃製作モデルのレプリカ)

録音:2017年6月、ロンジャーノ(チェゼーナ、イタリア)
イタリアが世界に誇る古楽界の至宝であり、バロック・ヴァイオリンの神様とも称されるエンリコ・ガッティが、同じくイタリアの古楽界を代表する世界的奏者、リナルド・アレッサンドリーニとの超豪華コンビでグロッサ(Glossa)に久々の登場!しかもプログラムは「バッハ」という話題必至の特大リリース!
ソリスト、室内楽奏者としてはもちろんのこと、アンサンブル・アウローラ、コンチェルト・イタリアーノという世界的な古楽アンサンブルを率いて、数多くの名演を送り出してきたガッティとアレッサンドリーニ。
単純にヴァイオリンやチェンバロのための有名作品を並べるのではなく、「ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ」や「無伴奏フルートのためのパルティータ」の『ヴァイオリン版』や、「BWV.1003」からチェンバロ独奏版へと編曲された『BWV.964』などの「異稿版」や「希少作品」にフォーカスしたこの作品集は、百戦錬磨の同コンビならではの唯一無二のバッハ・アルバムに仕上がっています。
グロッサを舞台として実現したガッティ、アレッサンドリーニ、そしてバッハの音楽の共演にご期待下さい!

Lyrita
SRCD.366(2CDR)
ハード:合唱作品集Vol.2&歌曲全集
CD1:合唱作品集Vol.2〜ディス・デイ・トゥ・マン、聖セシーリアのための歌、不死鳥と雉鳩、音楽の賛美、合唱カンタータ
CD2:歌曲全集〜4つの初期の歌、夜の白鳥、カルミナ・アモリス、デイズ・アラーム、ロバート・グレーヴスの3つの歌
CD1〜マルタ・フォンタナルス=シモンズ(S)、サラ・マップルベック(Ms)、ハートフォードシャーcho、ロンドン・オーケストラ・ダ・カメラ、デイヴィッド・テンプル(指)

CD2〜ベンジャミン・ヒューレット(T)、マーカス・ファーンズワース(Br)、サイモン・レッパー(P)

※2017年5月20日&6月3日(CD1)、2017年2月14日−15日(CD2)
トーマス・アームストロング、バーナード・ローズ、レノックス・バークリーから作曲法を学び、オペラ、声楽曲、アンセム、"ポップな"カンタータなどを数多く遺したイギリスの作曲家、マイケル・ハード(1928−2006)の合唱作品集第2弾と、声楽とピアノのための歌曲全集がセットになった2枚組。英国内では特に子供やアマチュアのために優れた作品を書いたことで知られており、宗教、世俗の合唱作品ともに、現在人気を博している合唱界のイギリス人作曲家たちの音楽に通ずる作風を持っています。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

ODRADEK RECORDS
HLSCD-007(1CD)
(HELLO STAGE シリーズ)
「クリスマスの歌」
ベツレヘムの小さな町/私たちの野辺で天使たちが/ 夕闇が迫り/最初の聖誕祭だ(牧人ひつじを)/ マリアの子守歌/飼葉桶の中で/ 牛と灰色の驢馬の間で/マリアは茨の森を抜けて行く/ 私はあなたの飼葉桶のところに立ち/クリスマスの聖歌/ ああ、イエス様の深い愛/清しこの夜
バルバラ・マリー=ルイーズ・パヴェルカ(S)
壽千明(P)
様々なクリスマスの歌を集めている。バルバラ・マリー=ルイーズ・パヴェルカはウィーン生 まれのソプラノ。現在ドイツのハムのオペラアカデミーに在籍している。壽(ことぶき)千明は京 都芸術大学で学んだ後、ウィーンに留学し現在もウィーンで活躍しているピアニスト。

Acte Prealable
AP-0411(1CD)
マルチン・コプチンスキ(1973-):歌曲集
だから愛せるOp.59(2012)
占いOp.62(2013)
幸あれ、聖母マリア [Felix namque es, sacra Virgo Mara]Op.71(2015)
全能にして永遠なる神 [Omnipotens sempiterne Deus]Op.66(2014)
すべて美しく甘く [Tota formosa et suavis es] Op.50(2009)
私は目を閉じるOp.68(2014)*
嘘Op.56-2(2011)+
慰安者なる芸術 [Ars consolatrix] Op.43-2(2007)+
発音Op.43-3(2007)+
なんと恐ろしく、なんと厳しくわれに語られることか主よOp.72(2015)+
われはわが王を作りぬ [Dico ego opera mea Regi]Op.69(2015)#
アンナ・ヴィルク(S)
マルチン・コプチンスキ(P)
ヴォイチェフ・デュンゴシュ(Br(*/+)
ドロタ・クチヌカ=トラウカ(P)+
カミラ・クワコフスカ(S)#
歌劇ノヴァO(*/#)
ピョトル・ヴァイラク(指(*/#))

録音:2017年6月20、23-24日、9月16日、ビドゴシュチ音楽アカデミー・コンサートホール、ビドゴシュチ、ポーランド
マルチン・コプチンスキはポーランドのイノヴロツワフに生まれ作曲家。ビドゴシュチ音楽アカデミーで学び、2017年現在同校准教授。

Phaedra
PH-92097(1CD)
イン・フランダース・フィールズVol.97〜モルテルマンス:海の子供たち
ローデヴェイク・モルテルマンス:歌劇 「海の子供たち」(抜粋)
ペーター・アーツ:イン・フランダース・フィールズ
アウフスト・ドゥ・ブック:それはあなたの中にある, 愛しい人よ、
 フランチェスカのカンティレーナ(歌劇「エメラルド・ロード」より)、
 サン・ビーム王女のレチタティーヴォとアリア(歌劇「冬の夜の夢」より)
リースベト・ドフォス(S)、
ペーター・ハイスベルトセン(T)、
ヴェルナー・ファン・メヘレン(Bs-Br)、
ディルク・フェルミューレン(指)
ロイトリンゲン・ヴュルテンベルクPO

録音:2017年7月、ロイトリンゲン(ドイツ)
歴史に埋もれたフランドル地方の音楽を発掘する"イン・フランダース・フィールズ(In Flanders' Fields)" 第97集。
かつて「フランダースのブラームス(the Flemish Brahms)」と呼ばれた19世紀ベルギーの作曲家、ローデヴェイク・モルテルマンスの再発見されたオペラ「海の子供たち(The Children of the sea)」からの音楽。
Phaedra
PH-92098(2CD)
イン・フランダース・フィールズVol.98
ピート・スウェルツ:オラトリオ 「木々の交響曲」
リー・ビセット(S)、
トマス・ブロンデル(T)、
デイヴィッド・アンガス(指)
フランダースSO

録音:2017年9月26日(ライヴ)
歴史に埋もれたフランドル地方の音楽を発掘する"イン・フランダース・フィールズ(In Flanders' Fields)" 第98集。1993年のエリザベス王妃国際音楽コンクールで優勝したベルギーの作曲家、ピート・スウェルツ(b.1960)。日本では吹奏楽作品のコンポーザーとしても知られるスウェルツの新たな作品、「木々の交響曲(A Symphony of Trees)」は、ソプラノとテノールの独唱にオーケストラ、そして児童合唱を含む複数の合唱団が加わる大規模な作品です。

Christophorus
CHR-77423(2CD)
バッハ:マルコ受難曲 BWV.247(1744年版) グーテンベルク室内cho
ノイマイヤー・コンソート、
フェリックス・コッホ(指)
ヤスミン・ヘルナー(S)、
ユリアン・フライムート(C.T)、
ゲオルク・ポプルッツ(T)、
クリスツィアン・ヴァーグナー(Bs)、
ヴォルフガング・ファーター(朗読)
J
録音:2017年3月17日−20日、クリストフォルス教会(ヴィースバーデン、ドイツ)
現在は楽譜が失われ、台本のみが残されるなか、様々な復元・再構築が行われてきたマルコ受難曲。ここでは、Diethard Hellmann(1964年)とAndreas Glockner(2001年)の復元版をベースに、マインツ音楽大学の名誉教授を務めるフランクフルトの音楽学者、Karl Bohmerが2016年に校訂・補完を行い、1744年に演奏された改訂版を再現。レチタティーヴォが朗読されるなどの特徴があります。
演奏は、マインツ音楽大学の教授、ヨハネス・グーテンベルク大学マインツのコレギウム・ムジクムの指揮者、フランクフルト古楽フォーラムの芸術監督などを務める指揮者、チェリスト、音楽教師のフェリックス・コッホと、ヨハネス・グーテンベルク大学マインツのコレギウム・ムジクムの一部であるグーテンベルク室内合唱団、2007年にフェリックス・コッホが設立したバロック・オーケストラ「ノイマイヤー・コンソート」によるものです。

Avie
AV-2382(1CD)
イリュミナシオン
フォーレ:歌曲集 「優しい歌」*
ドビュッシー:歌曲集 「忘れられた小唄」##
ブリテン:歌曲集 「イリュミナシオン」#
ニコラス・パーン(T)、
マイラ・ホァン(P)*##、
テレグラフSQ*、ザ・ナイツ#、
コリン&エリック・ジェイコブセン(指)#
I
録音:2017年9月26日−27日、スカイウォーカー・サウンド・スタジオ(カリフォルニア)
ブーレーズ&シカゴ響のストラヴィンスキー「プルチネッラ」でグラミー賞にノミネートしたアメリカのテノール、ニコラス・パーン。2016年9月にはバッハ・コレギウム・ジャパンに初登場し話題を呼び、12月にも共演、バッハのレコーディングにも参加し好評を得ています。
ニューヨーク・タイムズによって「アメリカ古楽界のスター」と称されたニコラス・パーンの新たなソロ・レコーディングは、19世紀フランスの二人の偉大な詩人、ポール・ヴェルレーヌとアルチュール・ランボーの詩に基づくフォーレ、ドビュッシー、ブリテンの歌曲集。
2013年に結成したアメリカの若きクァルテット、テレグラフSQや、コリン&エリック・ジェイコブセンの兄弟が主宰する室内アンサンブル"ザ・ナイツ"の伴奏で、「もっとも美しいヤング・リリック・ヴォイス」と称されるニコラス・パーンの歌声を響かせます。

CPO
CPO-555173(1CD)
NX-B10
ヘンデル:ヨハネ受難曲
「ああ主よ、哀れなる罪びとわれを」によるコラールカンタータ
ラ・カペラ・ドゥカーレ
[ウルリケ・ホフバウアー(S)
イナ・ジードラチェク(S)
アレクサンダー・シュナイダー(C.T)
ダヴィッド・エルラー(C.T)
ハンス・イェルク・マンメル(T)
トビアス・フンガー(T)
ヴォルフ・マティアス・フリードリヒ(Br)
マティアス・フィーヴェグ(Br)]
ローランド・ウィルソン(指)
ムジカ・フィアタ

録音:2017年5月28-30日
この演奏で指揮を務めるローランド・ウィルソンはトランペットとコルネット奏者として高く評価されるとともに、音楽学者としても 活躍。バロック期の知られざる作品を発見、演奏することに力を注いでいます。このアルバムに収録されたヘンデルの2つの作 品のうち1704年に初演された「ヨハネ受難曲」は、作曲家は匿名で発表された曲。1723年に同じ詩を用いて作品を発表 したマッテゾンによる詳細なレビューでも「この作品からは成熟したヘンデルを想起させる」とあり、ヘンデルの作品であることは 間違いないでしょう。もう1曲のコラール・カンタータは、早期の作品と考えられていますが、こちらもヘンデルらしい輝かしく荘厳 な旋律に溢れています。

Capriccio
C-7221(5CD)
NX-C05
C.P.E.バッハ:宗教的合唱曲集
クロプシュトックの詩による天地創造祭の朝の歌 Wp239(1784)
「天は御神の栄光を語り」 Wq249(1775)
Anbetung dem Erbarmer Wq243(1784)
「聖なるかな」Wq217(1776)
H.P.ガジーの序論へのカンタータ Wq250(1785)
Wer ist so wurdig als du Wq222(1774)
主よ、生きよ Wq251
マニフィカト Wq215
カンタータ「正しき人は、たとえかりそめに死んでも」 H818(1774)
オラトリオ「イエスの復活と昇天」Wq240(1777-78)
オラトリオ「イエスの復活と昇天」Wq240(続き)
神は主を復活させたまいし Wq244(1756)
バルバラ・シュリック(S)
ヨハンナ・コズロヴスキ(S)
ヴィルフリート・ヨッヘンス(T)
ゴットホルト・シュヴァルツ(Bs) 他
ヘルマン・マックス(指)
ライニッシェ・カントライ
ダス・クライネ・コンツェルト
ミヒャエル・シュナイダー(指)
ドレスデン室内cho
ラ・スタジオーネ・フランクフルト

録音:1984-2000年
2018年に没後230年の記念年を迎える「カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ」の宗教的合唱曲集。J.S.バッハの次男として 生まれ、父よりも“名付け親”テレマンの作曲様式を受け継ぎ、古典派音楽の基礎を築いた人物として知られています。偉大 な父を終生尊敬した彼は、父が残したカンタータやオラトリオを更に発展させ、ハンブルクで活躍した時代から亡くなるまでの 約20年間に、20曲の受難曲と約70曲のカンタータ、他、様々な合唱作品を書き上げました。この5枚組には最高傑作の ひとつ「イエスの復活と昇天」をはじめとした選りすぐりの名作が、名手ヘルマン・マックスの演奏を中心に収録されています。全 てピリオド・アプローチによる生き生きとした演奏です。

Resonus
RES-10190(1CD)
NX-B05
クラウディオ・ダッラルベロの宗教作品集
1.In medio ecclesiae
2.Parvulus filius
3.Magnificat VIII Toni
4.Non corruptibilibus
Missa'De Angelis’
5.キリエ
6.グローリア
7.クレド
8-10.Trittico di Cantabrigia カンタブリアの三位一体(オルガン独奏)
Missa'De Angelis’
11.サンクトゥス
12.アニュス・デイ
13.Psallite Domino
14.Fuga Francescana
15.Oratio in Festo S. Caroli
デヴィッド・スキナー(指)
ケンブリッジ・シドニー・サセックス・カレッジcho
ジム・クーパー(Org)
ローレンス・カーデン(Org)
スティーブン・ファー(Org)

録音:2016年6月20-22日 St George's Church, Chesterton
2017年3月22.24日 Chapel of Sidney Sussex College,Cambridge
全て世界初録音
ローマの作曲家、合唱指揮者クラウディオ・ダッラルベロの宗教的作品集。ドメニコ・バルトリッチに作曲を師事し、現在はサン タ・チェチーリア音楽院で「合唱音楽と指揮法」を教えています。彼の作品はヨーロッパをはじめ、アゼルバイジャン、全米、 オーストラリアなどで演奏され高い評価を受けています。彼の作品は時として中世作品を思わせるほど、どれも清冽で美しい 響きを持ち、決して難解な音は使われていません。 ケンブリッジ・シドニー・サセックス・カレッジ合唱団はアカペラの宗教的作品を専門に手掛ける団体であり、このような現代作 品もやすやすと歌い上げます。

ONDINE
ODE-1233(2CD)
NX-B04
フィンランドの中世の聖歌と初期の声楽曲集
【CD1】 聖ヘンリックの思い出に
フィンランドの守護聖人への中世の聖歌コレクション
1.Deus in adiutorium 神よ、速やかにわたしを救い出し
2.Gaudeamus omnes すべての者よ、主に向かいて喜ばん
3.Sanctum Ericum comitans 聖ヘンリックの集いで
4.Sanctus Ericus dulciter 聖ヘンリックを愛して
5.Quidam homines de Kwmo コケメキからの男たち
6.Martir iste militauit 殉教者は兵士だった
7.Multitudo languencium 病人たちは回復した
8.O vita commendabilis ああ、立派な人生
9.Christi pugil eximius キリストの良き兵士
10.Digitus martiris gloriosi 輝かしい殉教者の指
11.Imitator Saluatoris 救い主を模倣せよ
12.Perfecte desiderium 完全に満たされた欲望とともに
13.Omnes gentes iubilate すべての民よ、手を打ち鳴らせ
14.Dum deuotis poscitur 献身的な祈りによって
15.Preclari patris sanctitas 高名な父の神聖さ
16.Gaude cetus fidelium 喜べ、忠実なる人々よ
17.Alleluya. Pie presul ハレルヤ、敬虔な司教
18.Ecce magnus presbiter 偉大な司教を見よ
【CD2】ピエ・カンツィオーネス
初期フィンランドの声楽曲集
1.Iucundare iugiter あなた方はともに喜ばなくてはならない
2.Iucundare iugiter
3.Cedit hiems eminus 冬の力が薄れる
4.Cedit hiems eminus
5.Aetas carmen melodiae 人々よ、歌を歌え
6.Aetas carmen melodiae
7.Iesu dulcis memoria イエス、甘い記憶
8.Ramus virens olivarum オリーブの緑の枝
9.Ave funda Davidis
10.Zachaeus arboris ザアカイの木を登り
11.Puer natus in Bethlehem ベツレヘムで少年が生まれた
12.De radice processerat
13.Verbum caro factum est 言葉は肉を造った
14.Omnis mundus iucundentur 全ての世界は喜ぶでしょう
15.Paranymphus adiens 天使が訪れた
16.Laetetur Ierusalem エルサレムが喜ぶでしょう
17.Resonet in laudibus
18.Jumalisten joucko 忠実な群衆
19.Ad cantus laetitiae 賛美を歌うこと
20.Parvulus nobis nascitur 小さな子供が私たちのために生まれた
21.Kunniallisuuden hyvys 名誉の徳
22.Vanitatum vanitas 虚栄の虚栄
23.Coeperit faustis 幸運の始まりと継続的な成功
24.Insignis est figura 驚くべき形
25.Mars praecurrit in planetis
26.Mirum si laeteris あなたが喜ぶならばそれは奇跡である
27.Ad perennis vitae fontem 永遠の命の泉への
セトゥス・ノステル(ヴォーカル・アンサンブル)
コユハット・リタリット(ヴォーカル・アンサンブル)

ティモ・ヌオランネ(指)
フィンランド放送室内cho


録音:1995年9月、1998年1-2月
かつてリリースされていた2枚のアルバム(ODE-874とODE-918)をまとめたリイシュー・アルバム。「聖ヘンリック」とは12世紀 フィンランドに十字軍の侵攻と共にやってきて、人々にキリスト教の教えを説いたとされる人。人々の反発にあい暗殺されてし まったという伝説がありますが、はっきりとした記録は残されていません。しかしその偉業は現代でも讃えられています。もう1枚 の「ピエ・カンツィオーネス」は16世紀フィンランドで編纂された聖歌集。“古い時代の司教の教会および学校のための聖歌” の原題を持ち、多様な歌が収録されています。曲集のほぼ半分はスカンジナビア半島の民謡であったり、他の国を起源とす るもので、これらは恐らく他の国を巡った人がフィンランドに持ち込んだと推察されています。どちらも素朴なハーモニーと清冽な 歌唱が印象的です。

SWR music
SWR-19415CD(1CD)
NX-B03
エリーザベト・グリュンマー/1956-1958年録音集
モーツァルト:心配しないで、愛する人よ K.490*
 ああ、私を見捨てないで K.V295a(486a)*
 春の初めに K.597/夕べの想い K.523
 秘めごと K.518/すみれ K.476
シューベルト:ズライカ II D.717
 それらがここにいたことは D.775
 憩いなき愛 D.138
 子守歌 D.867/春の想い D.686
ブラームス:エオルスの竪によせて op.19-5
 森に囲まれた丘から op.57-1
 秘めごと op.71-3/乙女 op.95-1
ヴォルフ:スペイン歌曲集より
 進軍ラッパが鳴っている
 愛が私の心に
 口さがないひとたちはみな
 私を花で覆って下さい
 私の巻き髪の陰で
エリーザベト・グリュンマー(S)
アルテュール・グリュミオー(Vn)
カール・ミュンヒンガー(指)
シュトゥットガルト室内O
フーゴー・ディーツ(P)

録音:1956年7月8日*、1958年5月30日
全てモノラル
※CD94.209 再発売盤
「彼女の穏やかで素敵な歌声を一度でも聴けば決して忘れることはできないだろう」とイタリアの名オペラ批評家ランフランコ・ ラスポーニが評した、20世紀の名歌手エリーザベト・グリュンマー(1911-1986)。 マイニンゲンの演劇学校で女優として活躍していたエリーザベト・グリュンマーを見出したのはカラヤンでした。1941年にアーヘ ンの歌劇場でデビューし、戦争によって一時期活動を中断しながらも、1946年からはベルリン市立歌劇場のメンバーとして 活動を再開。優雅な立ち振る舞いは独特の雰囲気を醸し出し、とりわけモーツァルトとワーグナー作品での歌唱は他を圧倒 しました。1961年までは毎年バイロイト音楽祭でも歌いましたが、華やかな演奏活動に比べると、録音はあまり多くなく、こ の一連の放送録音はとても貴重な記録です。 SWR所蔵のオリジナル・テープからデジタル・リマスタリングを行っています。

Forgotten Records
fr-1515(1CDR)
アンドレ・カプレオラトリオ「イエスの鏡」 イルマ・コラッシ(S) 
ピエール・キャプドヴィエル(指)パリ室内楽協会O、
フランス国立放送聖歌隊&女声cho

録音:1953年6月10日、サント・シャペル、パリ、フランス、ライヴ
Forgotten Records
fr-1500(1CDR)
ヘルマン・シャイ
レーヴェ:魔王 Op.13 *
 小世帯 Op.71 *
 歩き回る鐘 Op.20-3 *
ブラームス:4つの厳粛な歌 Op.121 #
マーラー:亡き児をしのぶ歌+
ヘルマン・シャイ(Br)
フェリクス・デ・ノーブル(P;*/#)
ヴィレム・ファン・オッテルロー(指)ハーグPO+

録音:1953年頃*、1951年6月24日-25日#
※音源 Philips N 00625 R、 A 00103 R +
Forgotten Records
fr-1472(1CDR)
ブラームス:ドイツ・レクイエム テレサ・シュティヒ=ランダル(S)
ジェイムズ・ピース(Br)
カール・バンベルガー(指)
北ドイツRSO
ハンブルク・ジングアカデミー

録音:1958年、ハンブルク
※音源:Guilde Internationale du Disque MMS 2099

ALBANY
TROY-1631(1CD)
リビー・ラーセン(b.1950):歌曲集
(1)ザ・マグダレーン(詩:ピスティス・ソフィア)
(2)かわいい少女(詩:デヴィッド・ホリー)
(3)不可思議で荒々しい歌(詩:ルイス・キャロル)
(4)ちいさな鳥(詩:ルイス・キャロル)
(5)売春婦のアリア(詩:フィリップ・リテル)
(6)永遠の(詩:ソル・フアナ・イネズ・デ・ラ・クルズ)
(3)グレゴリー・ブルックス(Br)
(4)クイン・パトリック・アンクルム(Ms)
ジェフリー・ペターソン(P)

録音:2015年12月
ミネソタ在住の作曲家リビー・ラーセンの声楽作品集。彼女はこれまでに 12 のオペラを含む約400 曲を作曲した多作家でCD の何枚かはグラミー賞を受賞している。ここに収められた歌曲はいずれもテキストの内容によって無調、調性を精妙に使い分けながら英語のイントネーションを生かした手堅い筆致で書かれている。テキストにルイス・キャロルの詩も使われている現代の抒情歌曲集。
ALBANY
TROY-1703(1CD)
トム・シプロ(b.1956):の歌曲
(1)ある時代に(全6 曲)/(2)夫
(3)一瞥(全7 曲)
(4)行進/(5)不眠症(全10 曲)
(1)(5)ローラ・ストリックリング(S)
(2)(3)ナオミ・ルイーザ・オコネル(Ms)
(2)マイケル・アンソニー・マギー(Br)
(4)スティーヴン・エディ(Br) (1)(2)(4)(5)リザ・ステパノーヴァ(P)
ほか

録音:2015-16年 [65:21]
シプロはニューヨーク出身、作曲をデル・トレディチに師事した。現在までに 225 曲の歌のほか多くの声楽入りの作品を発表している。作風はいずれも調性を基本とする抒情的なもので 21世紀のアメリカン・リートといった趣き。歌手陣の丁寧な歌唱が現代の都会における悲哀とリリシズムを見事に描き出している。
ALBANY
TROY-1711(1CD)
チャールズ・アイヴズ(1874-1954):歌曲集(全28 曲)
《歌曲集》《ユーモア》《宗教》《哲学、社会意識》
《こどもたち》《戦争》《人生の出来事》
ブラッドリー・ロビンソン(Br)
ステーシー・ロジャーズ(P)

録音:2002/2016年
アメリカ現代音楽のパパといわれるチャールズ・アイヴズが 80 年の生涯に渡って書き続けた歌曲を集成。ハイネ(ドイツ語に作曲)、T.S.エリオット、伝承曲の詩、自作の詩などテキストは様々。彼が生きた激動の時代を反映してか、シューベルトかと見紛うような抒情的なものからフォスター風のノスタルジックな歌、南北戦争時代の軍歌のパロディ、多調、無調、ピアノ伴奏がトーン・クラスター風のもの、代表作「コンコード・ソナタ」の声楽版のような先鋭的な歌まで、バラエティに富んでいる。曲によってはモダン・ジャズの歌に聴こえる作品もあり、アイヴズの時代を越えた先見性にあらためて驚かされる。彼の交響曲、管弦楽曲の中に度々する登場するメロディはもともと歌曲の旋律であることが数多く、アイヴズ、20 世紀音楽ファンは必携。

BIS
BISSA-2343(1SACD)
キャロリン・サンプソン/シューベルト:歌曲集
ズライカ その1「東風」 Op.14-1 D.720
ズライカ その2「西風」 Op.31 D.717
ロマン劇「ロザムンデ」のためのロマンツェ D.797 No.3b
ブロンデルからマリアへ D.626
「ヴィルヘルム・マイスター」からの歌より【ミニョンの歌 その1「私に言わないで」D.877-2/ミニョンの歌「ただあこがれを知る者だけが」 D.877-4/ミニョンの歌 その2「大人になるまでこのままに」 D.877-3/ミニョン「君よ知るや南の国」 D.321】
糸を紡ぐグレートヒェン Op.2 D.118
塔の中のグレートヒェン D.564(補完:ベンジャミン・ブリテン)
テューレの王 Op.5-5 D.367
すみれ Op.123 D.786
エレンの歌【その1 Op.52-1 D.837/その2 Op.52-2 D.838/その3 Op.52-6 D.839】
キャロリン・サンプソン(S)
ジョゼフ・ミドルトン(P)

録音:2017年 8月/ポットン・ホール、サフォーク州(イギリス)
バッハ・コレギウム・ジャパンのソリストとしてもおなじみの “名花” キャロリン・サンプソン。当ディスクではシューベルトを 収録しました。サンプソンは「完璧なコロラトゥーラ技術と豊かにのびる輝かしい声」と評され、世界の聴衆を魅了し続けています。バロック・古典派の 歌曲からオペラまで幅広いレパートリーを持っており、BISレーベルより『花にまつわる歌曲集』(BISSA-2102)、『ヴェルレーヌの詩による歌曲集』(BISSA-2233)などのソロ・アルバム、またバッハ・コレギウム・ジャパンの結婚カンタータ&コーヒーカンタータ集など、澄み切ったその歌唱は官能的で聴 くものを魅了してやまないと評価されています。このシューベルトのアルバムでもサンプソンの実力を十分に堪能できる内容です。 (Ki)

BONGIOVANNI
GB-2039(1CD)
ジャコモ・アントニオ・ペルティ(1661-1756):独唱、合唱と器楽のための8声のミサ曲

【ボーナス】
同:『カンターテ・モラーリ・エ・スピリチュアーリ』よりカンタータ第3、6、9番
オックスフォード・ニューカレッジcho
カペッラ・ムジカーレ・ディ・サン・ペトローニオ
ファビオ・ビオンディ(Vn1)
セルジョ・ヴァルトロ(指)

録音:1986年10月3日/ボローニャ(ライヴ録音)、【ボーナス】1996年11月
ずっと廃盤になっていたペルティの『8声のミサ曲』が同品番のままバーコードを変えてリマスタリング再発売されます。合唱や管楽器が華やかなミサ曲 で、教会の芳醇な残響つき。器楽セクションにビオンディがいるのも注目です。再発売にあたり別作品をボーナス収録しており、こちらは器楽と独唱・二 重唱のためのカンタータ。ビオンディはいませんがヴァルトロがチェンバロを弾きながら指揮したものです。 (Ki)

QUERSTAND
VKJK-1709
(CD+DVD)
ワイマール城でのゲーテ時代の芸術歌曲

■CD
シューベルト:竪琴弾きの歌(孤独に身を委ねる者は D478/涙を流しながらパンを食べたことのない者は D480/戸から戸へと回り D479)
白鳥の歌 D957(全13 曲)
ツェルター:聖ネポムク祭前夜
エーベルヴァイン:愛のための愛、時間のための時間/避けられない/
ハーテム 機会が泥棒をつくるのではない/遠く去っていった人に/涙の中の慰め/憩いのない愛
■DVD(PAL)
インタビュー、録音風景など
トーマス・シュティンメル(Bs)
カテリーナ・マイヤー(S)
リーゼ・クラーン(フォルテピアノ)

録音:2017 年3 月 ワイマール,

DVD 仕様:PAL/リージョン 0/16:9/10'50/ドイツ語
※DVDはPAL仕様です。日本の一般的なDVDプレイヤーでは再生できません。PALに対応したプレイヤーかPCで再生する必要があります。
※美麗なブックタイプの装丁
フォルテピアノ(ドイツ語でハンマーフリューゲル)の伴奏によるシューベルトの歌曲集。3台のフォルテピアノを使い分けている。またゲーテ縁のワイマール城での録音で、音だけでもホールでの録音とは微妙に趣が異なることが伝わってくる。 トーマス・シュティンメルはミュンヘン生まれの若いバス。男性的な太い声の持ち主で、今後ますます活躍していくこと間違いない。カテリーナ・マイヤーはケルン音楽舞踊大学を修了して程無い若いソプラノ。リーゼ・クラーンは40 年以上様々な音楽を手がけるベテランのピアニスト。アンサンブル・インカントのピアニストとしても知られる。

Wigmore Hall Live
WHLIVE-0091(1CD)
シューベルト:歌曲集/イアン・ボストリッジVol.4
悲しみ D722/小人 D771
夜と夢 D827/ミューズの子 D764
去っていった人に D765
川のほとりで D766
歓迎とお別れ D767
さすらい人の夜の歌 II D768
竪琴に寄す D737
湖のほとりで D746
森で D738/魔王 D328
月に寄せて D259/恋人の傍 D162
夜の歌 D119
恋する者の様々な姿 D558
海の静けさ D216/湖上にて D543
ミニョンに D161/最初の喪失 D226
ガニューメト D544/月に寄せて D296
イアン・ ボ ストリッジ(T)
ジ ュリア ス・ドレイク(P)

録音:2014年9月16日ロンドン、ウィグモア・ホール、ライヴ
英国出身の名テノール、イアン・ボストリッジ。知的なアプローチ、多彩な美声、そして繊細な語り口で21世紀を担うリート歌手です。このアルバムは、 2013年9月にロンドンのウィグモア・ホールで行われたシューベルト・チクルス第4弾。ボストリッジは1995年のウィグモア・ホールでの初リサイタ ル以降チケットはいつも完売という人気ぶり。ピアノは彼が全幅の信頼を寄せるジュリアス・ドレイクです。 「悲しみ D722」にはじまり、「さすらい人の夜の歌 II D768」、そして「魔王 D328」と聴き手をのみ込むような内に秘めた激情で、いっきに歌い上 げます。 ボストリッジの理知的な歌唱、澄み渡る高音域の響き、そしてシューベルトの心理描写を巧みに描いています。ドレイクは、澄み渡る美しいピアノの音色がすっ と心に響く名伴奏です。 (Ki)

GENUIN
GEN-18490(1CD)
〜ドイツ音楽コンクール2016 年入賞者〜
カタリーナ・コンラーディ
シューベルト:夜と夢 D827/秘めた恋 D922/春の信仰 D686
トロヤーン:真夜中に/私は暗い夢の中に立ち
ドビュッシー:あらわれ/月の光/ロマンス
ブーランジェ:私のベッドの下で/あなたは心から私を見た
ラフマニノフ:私の窓辺に Op.26-10/ここは素敵なところ Op.21-7/夢 Op.38-5
クシェネク:ああ、涙を流し Op.48 (全3 曲)
ライトマン:蝶/そう、物事はそういうものだ/古い家
R.シュトラウス:薔薇のリボン Op.36-1/明日! Op.27-4
カタリーナ・コンラーディ(S)
ゲラルト・フーバー(P)
アンドレアス・リップ(Cl;ライトマン)

録音:2017年9月4-7日 ライプツィヒ
若く瑞々しい美声のソプラノが好きならばこのCDはぜひ耳にすべきだ。2016年のドイツ音楽コンクール Deutscher Musikwettbewerb 入賞者(このコンクールは複数入賞制)の一人、ソプラノのカタリーナ・コンラーディが歌う歌曲集。カタリーナ・コンラーディは1988年、キルギス共和国の首都ビシュケクの生まれ。母国で学んだ後、2009年から2013年までベルリン芸術大学で学び、この間に舞台デビューを果たしている。2014年からミュンヘン音楽舞台大学で学んでいる。2015年からヴィースバーデン・ヘッセン州立劇場に所属している。実に美しい声の持ち主で、特に透明で伸びの良い高音は既に一級品だろう。録音時まだ20代というまだ駆け出しのソプラノとはいえ、初めの一歩としてはたいへんに上出来と言うしかない。今後の活躍が楽しみな逸材だ。
GENUIN
GEN-18605
少年合唱による世界の歌
フンガ・アラフィア(東アフリカの歓迎の歌)
シュトライヒ:カモメの歌
ギルキソン:気楽に試してごらん
クライン:チャ=チャ=チャ=チンチラ
ラコミ:小川
エポ・イ・タイ・タイ・エー(ニュージーランドのマオリ
族の歌と踊り)
ハーゲン:水の中の魚
シュトライヒ:巡る惑星の上で
イスフェルト:狼の歌
フォイステル:フェリチタス、イモムシの子
ツュークハルト:郵便切手
フューレ:マモ、月の男
フューレ:世界は大きい
ヴィスキルヒェン:猫たちは夜通し歩く
ケーニヒ:夢の歌
ゾフィー・バウアー(指)
ライプツィヒ歌劇場少年cho

録音:2017年1月27-29日 グロースドイベン
小さな目、大きな世界 と題された、ライプツィヒ歌劇場少年合唱団の歌う世界の歌。といっても20 世紀に作られたドイツの歌も多い。水の中の魚は、パンクの令嬢ニナ・ハーゲンの最初のアルバム「ニナ・ハーゲン・バンド」に含まれる曲。

Forgotten Records
fr-1391(1CDR)
ブラームス:ドイツ・レクイエム フリーデリケ・ザイラー(S)
ローベルト・ティーツェ(Br)
マルセル・クーロー(指)
シュトゥットガルトSO
合唱アンサンブル

録音:1955年11月、
音源: Les Discophiles Francais
DF 174/5

Hanssler
HC-17068(1CD)
グリンカ:歌曲集(全22曲)
竪琴に寄せて/眠りのうちにも/恋人よ、覚えていておくれ/ああダフニス、この魂を/心を突き刺される思い/私は素晴らしい瞬間を覚えている/何故だか言って/哀れな歌い手/ひばり/私の心に燃える憧れの炎/お前といることは何と甘美なことか/セレナード/ヴァネツィアの夜/秋の夜/ああ夜よ、お前は/真夜中の閲兵/心が痛むと言わないで/疑惑/告白/勝利者/メーリ/むだに誘いをかけないで
ユリヤ・スクマノワ(S)
エレーナ・スクマノワ(P)
グリンカといえば「ルスランとリュドミラ」序曲ばかりが有名ですが、「ロシア音楽の父」とみなされ、ショスタコーヴィチやプロコフィエフら20世紀ソ 連の作曲家たちからも崇拝される存在でした。それはロシア音楽のエッセンスをすべて含み、たゆまずして湧き出る自然なメロディが後輩たちの羨望とな りました。そのグリンカの魅力をもっとも表しているのが歌曲。いずれもロシア的な美しいメロディに満ち、なんともいえない余韻を作り出しています。
ユリヤとエレーナ・スクマノワ姉妹はロシア出身で現在ドイツを本拠に活躍しています。ヘンスラー・レーベルはラフマニノフ歌曲集(HC16024)に次ぐ 第2弾。誰にも真似のできない世界を醸しだしています。 (Ki)

WERGO
WER-7333(1CD)
ハインツ・ホリガー:合唱作品集
(1)Shir Shavur(2004)
 ダヴィド・ロケアの12の詩に基づくブロークン・ソング〜混声合唱とソリストのための
(2)Psalm(1971)〜16の独唱者のための
(3)holle himmel(2011/12)
 カート・マルティの詩に基づくモテット〜混声合唱と任意のパーカッションのための
(4)Rosa Loui(2006/07)
 ベルン方言によるカート・マルティの4つの詩〜混声合唱のための
(5)Utopie Chorklang(2004)〜3群の12人からなる合唱団のための*
マルクス・クリード(指)
ハインツ・ホリガー(指)*
SWRヴォーカルアンサンブル

録音:(1)2007年7月2-5日、(2)2015年10月20-21日、(3)2015年3月20-21日・10月20-21日、
(4)2010年11月17日、(5)2006年2月9日

※(1)(3)(4)(5)世界初録音
世界屈指のオーボエ奏者にして高名な作曲家でもあるホリガーのア・カペラ合唱作品集です。驚くほど緻密な書法と繊細なことばの扱いによって複雑 にうねる音楽は、まるで打ち寄せる大波のよう。自由自在に声を操り、大オーケストラに劣らぬ、あるいはそれ以上の音響を造り上げています。「Shir Shavur」はヘブライ語とオランダ語が使われ、左右に分かれたパートが複雑に呼び交わし、ステレオ効果抜群。「Utopie Chorklang」は12人からなる 合唱グループが3つあり、グループごとに別々のピッチが求められます。第2グループが楽譜通り歌い、第1グループは記譜より1/3音高く、第3グルー プは1/3音低く歌うというような大変な作品。3分足らずの作品ですが非常に濃い内容で、様々な歌唱法で震えわななき、にじみ広がっていくサウンドが 圧巻です。
指揮のマルクス・クリードはケンブリッジのキングズ・カレッジ出身で合唱のスペシャリスト。SWRの合唱団もべらぼうに巧く、ホリガーの精緻な音楽 が完璧に鳴り響いています。合唱芸術ここに極まれり、といった名演奏です。 (Ki)

SUPRAPHON
SU-4238(1CD)
ドヴォルザーク:モラヴィア二重唱曲全集
モラヴィア二重唱曲集 Op.38 B.69
モラヴィア二重唱曲集 Op.20 B.50
モラヴィア二重唱曲集 Op.32 B.60&B.62
シモナ・シャツロヴァー(S)
マルケータ・ククロヴァー(A)、
ペトル・ネコラネク(T)、
ヴォイチェヒ・スプルニー(P;Bosendorfer ウィーン1879)

録音:2017 年 6月3-8日/アントン・ドヴォルザーク博物館(プラハ)
ドヴォルザークの作品の中でも美しく香るモラヴィア二重唱曲集。モラヴィアの古い民謡に基づくこの歌曲集は、ブラームスの目にとまり名声をえるきっ かけとなった作品です。注目はドヴォルザークが所有していた1879年製のベーゼンドルファーを用いての録音ということです。自国の作曲家の録音に力 を注いでいるスプラフォン・レーベルだからこそ実現した貴重な録音と言えましょう。チェコが誇る名唱シャツロヴァー、ククロヴァー、ネコラネクが丁寧 に歌い上げます。 (Ki)

Signum Classics
SIGCD-531(1CD)
シューベルト:連作歌曲集 「冬の旅」 D.911(ジェレミー・サムズによる英語版) ロデリック・ウィリアムズ(Br)、
クリストファー・グリン(P)

録音:2017年2月13日−15日、聖サイラス教会(ケンティッシュ・タウン、ロンドン)
2016年ロイヤル・フィルハーモニック協会賞を受賞、リーズ・リーダー音楽祭2016の芸術監督も務め、日本ではバッハ・コレギウム・ジャパンとの定期的な共演でも知られるイギリスの名バリトン、ロデリック・ウィリアムズ。歌曲、オペラ、宗教曲など数多の公演・録音に参加するロデリック・ウィリアムズの新たなレコーディング・プロジェクトは、シューベルトの3つの歌曲を英語に翻訳して歌うというユニークな企画で、第1弾は名作「冬の旅」の英語版です。翻訳はイギリスの指揮者、作編曲家、作家、作詞家、翻訳家として幅広く活躍するジェレミー・サムズによるもの。続編として「岩の上の羊飼い」、「美しき水車小屋の娘」を予定しています。
Signum Classics
SIGCD-536(1CD)
ローズ・マニフィカト
ケネス・レイトン:オヴ・ア・ローズ・イズ・オール・マイ・ソング
トマス・タリス:主のみ母の奇跡を見よ
ピーター・ウォーロック:4月の霧のように
ロバート・ホワイト:マニフィカト
ジェームズ・マクミラン:めでたし海の星(アヴェ・マリス・ステラ)
ジョン・シェパード:めでたし海の星(アヴェ・マリス・ステラ)
オワイン・パーク:めでたし海の星(アヴェ・マリス・ステラ)
ロバート・ウィルキンソン:ようこそ天の女王(サルヴェ・レジナ)
ハーバート・ハウエルズ:ようこそ天の女王(サルヴェ・レジナ)
ジョナサン・レイン:かくも麗しいバラはない
マシュー・マーティン:ローズ・マニフィカト
ガブリエリ・コンソート、
ポール・マクリーシュ(指)

録音:2017年6月12日−14日、ロムジー修道院(イギリス)
古楽界の鬼才ポール・マクリーシュとガブリエリ・コンソートの代名詞となった"大編成"「オラトリオ」と対を成すもう1つのプロジェクトである"小編成"「合唱作品集」。イングランド・ルネサンスのタリスやホワイト、シェパードから、20世紀のマクミラン、ハウエルズ、レイトン、ウォーロック、そしてマシュー・マーティン(b.1976)やオワイン・パーク(b.1993)といったイギリスの若き作曲家まで。聖母マリアの象徴であるバラ(Rose)をテーマに、聖母マリアへと捧げられたイギリスの数世紀にわたる広範なコレクションを探求します。

Glossa
GCD-924102(1CD)
バッハ:バス独唱のためのカンタータ集
カンタータ第56番「われは喜びて十字架を負わん」BWV.56
カンタータ第82番「われは満ち足れり」BWV.82
カンタータ第158番「汝に平安あれ」BWV.158
クリスティアン・セン(Bs-Br)、
ルーベン・ヤイス(指)ラバロッカ

録音:2017年4月2日−4日、オーディトリウム・ディ・ミラノ(イタリア)
1998年から2007年にかけてミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響合唱団の指揮者を務めたルーベン・ヤイスが率いる、ミラノを拠点とする器楽と声楽のバロック・アンサンブル "ラバロッカ(laBarocca)"のGlossa第2弾。ソニア・プリナが歌ったグルックのオペラ・アリア集(GCD-924101)に続くのは、チリの古楽系バリトン、クリスティアン・センが歌うバッハのカンタータ集。
クリスティアン・センはチリ生まれ、現在はイタリアで活躍するバリトン歌手。バッハやヴィヴァルディなどのバロック・レパートリーを主体とし、特に得意とするバッハはカンタータ集、クリスマス・オラトリオ、ヨハネ受難曲、マタイ受難曲、マニフィカトなど主要な作品をヨーロッパ各地で歌っています。また、日本では2006年のファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテの神奈川公演(ヴィヴァルディの「バヤゼット」)で共演しています。


Profil
PH-17015(12CD)
フリッツ・ヴンダーリッヒの芸術

(1)バッハ:ヨハネ受難曲BWV245

(2)バッハ:ヨハネ受難曲BWV245

(3)バッハ:マタイ受難曲BWV244

(4)バッハ:マタイ受難曲BWV244

(5)ヘンデル:メサイアHWV56

(6)ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」
(1)ピーター・ピアーズ(エヴェンゲリスト;テノール)、ホルスト・ギュンター(イエス;バリトン)、フリーデリケ・ザイラー(S)、マルガ・ヘフゲン(A)、フリッツ・ヴンダーリッヒ(T)、キート・エンゲン(Bs)、カール・リヒター(指)ミュンヘン・バッハcho、ミュンヘン・バッハO、アンスバッハ週間O
録音:1957年7月31日/聖グンベルト教会(ライヴ)
(2)フリッツ・ヴンダーリッヒ(エヴェンゲリスト;テノール)、ホルスト・ギュンター(イエス;バリトン)、アグネス・ギーベル(S)、マルガ・ヘフゲン(A)、ハンス=ヨアヒム・ロッチュ(T)、ハインツ・レーフス(Bs)
テオドル・エーゲル(指)フライブルク・バッハcho、南西ドイツ放送O
録音:1958年2月23日/フライブルク・シュタットハレ(ライヴ)
(3)ピーター・ピアーズ(エヴェンゲリスト;テノール)、ホルスト・ギュンター(イエス;バリトン)、フリーデリケ・ザイラー(S)、マルガ・ヘフゲン(A)、フリッツ・ヴンダーリッヒ(T)、キート・エンゲン(Bs)、カール・リヒター(指)ミュンヘン・バッハcho、ミュンヘン・バッハO、アンスバッハ週間O
録音:1957年7月24日/聖グンベルト教会(ライヴ)
(4)フリッツ・ヴンダーリッヒ(エヴェンゲリスト;テノール)、オットー・ヴィーナー(イエス;バリトン)、ヴィルマ・リップ(S)、クリスタ・ルートヴィヒ(A)、ヴァルター・ペリー、ヴォルフガング・シェレンベルガー、ペーター・ヴィムベルガー、ロベルト・シュプリンガー、オットー・ビンダー(Bs)、カール・ベーム(指)ウィーン楽友協会cho、ウィーン少年cho、ウィーンSO
録音:1962年4月18, 19日/ウィーン・ムジークフェラインザール(ライヴ)
(5)ティラ・ブリーム(S)、マルガレーテ・ベンス(A)、フリッツ・ヴンダーリッヒ(T)、オットー・フォン・ロール(Bs)、ハインツ・メンデ(指)シュトゥットガルト・フィル、南西ドイツ放送SO
録音:1959年3月20日/シュトゥットガルト・リーダーハレ(ライヴ)
(6)フランツィスカ・ヴァハマン(S)、マルガレーテ・ベンス(A)、フリッツ・ヴンダーリッヒ(T)、オットー・フォン・ロール(Bs)、イサイ・ディーゼンハウス(指)シュトゥットガルト・フィル、グリシュカト声楽団
録音:1955年7月/シュトゥットガルト(ライヴ)
Profileレーベル名物の12枚組Boxにヴンダーリッヒ登場。それもドイツ・リートではなく大規模な宗教作品を中心とした内容のうえ、大半は一般流 通していない珍しい音源を大盤振舞い。 フリッツ・ヴンダーリッヒはドイツを代表するリリック・テノールでしたが、不慮の事故により36歳で夭折しました。それゆえ残された録音はあまり多 くありませんが、ドイツ・リートなどは今日でもベスト盤のひとつに数えられる素晴らしさとなっています。
このBoxには2種の「ヨハネ受難曲」と「マタイ受難曲」が収められていますが、よく知られるDeccaのミュンヒンガー盤などではないうえ、2種と も違う役を歌っているのも注目。カール・リヒター指揮の両曲ではテノール独唱を務め、エヴァンゲリスト役は作曲家ブリテンの相方だったピーター・ピアー ズの名唱を堪能できます。一方エーゲル指揮の「ヨハネ」とベーム指揮の「マタイ」ではエヴァンゲリスト役を務め、とてつもない存在感に圧倒されます。 ことに「マタイ」のエヴァンゲリスト役は唯一の録音なのも貴重です。 リヒターとヴンダーリッヒによる2大受難曲は世にも尊い宝ですが、ベームの「マタイ」が興味津々。今日の主流であるピリオド奏法とは別世界のドイ ツ精神を表す熱さで、非常に感動的。ウィーン少年合唱団の天上の響も絶品。わずか半世紀前の演奏とは思えぬ世界がかえって新鮮です。これだけ収めて驚きの価格。基本的に限定生産ゆえ、お買い逃しなく! (Ki)

ROMEO RECORDS
RON-7321(1CD)
「ヴォヤージュ(旅)」
ラヴェル:5 つのギリシャ民謡(花嫁の目覚め/向こうの、あの教会に向かって/俺と比べられるような伊達男なんて/ランティスク摘み女たちの歌/すっかり陽気に!)
ブリテン:サリー・ガーデンズ/トネリコの林/彼らは木々をとても高く育て/耕す少年/夜霧の露/夏の最後の薔薇/オリヴァー・グロムウェル
ブラジル民謡:小さな家/モディーニャ/壊れたヴィオラ(小型ギター)/18 世紀の詩人の歌/オキニンバ/星と新月/新しい機械!
バルトーク:干し草作り/花嫁の元で/ラコダロムル/結婚式/子守歌/若者たちの踊り
イェヘズケル・ブラウン:3つのセファルディのロマンス(眠れ/それはラケルだった/モレニカ)
オブラドルス:2つのスペイン民謡(この上なく素晴らしい髪から/クロ・ドゥルセのクプレ)
アイエレット・アモツ=アヴラムソン(Ms)
ジョナサン・ザク(P)
『旅』と題されたCD。ラヴェルやバルトークの民謡を元にした歌曲や伝承歌を収録している。アイエレット・アモッツ=アヴラムソンはイスラエル出身のメッゾソプラノ。バロック音楽から現代音楽まで幅広く活躍している。伴奏のジョナサン・ザクとはブラームス、マーラー、ベルクの歌曲集(7288)でも共演していた。

Resonus
RES-10209(1CD)
NX-B05
ピツェッティ:歌曲集
Sera d'inverno 冬の夕方
L'annuncio 発表
5つの歌曲
Epitaphe 墓碑銘
Antifona amatoria di Basiliola アマトリア・ディ・バシリオラへのアンティフォナ
E il mio dolore io canto そして私は痛み、私は歌う
Incontro di Marzo 3月の打ち合わせ(3つの歌曲より)
2つの愛の歌
Scuote amore il mio cuore 私の心は愛に(3つの愛の歌から)
3つのギリシャの歌
ハンナ・ヒップ(Ms)
エマ・アッバーテ(P)

録音:2017年3月12-14日
イタリアの近代作曲家ピツェッティ。20世紀初頭のイタリアで「器楽曲復興」を目論んだ作曲家の一人として知られますが、 実は何曲かの歌曲も残しています。 ロンドンに本拠を置くイギリスのピアニスト、エマ・アッバーテはカステルヌオーヴォ=テデスコの歌曲集(RES10141)など、「20 世紀の知られざる歌曲」の復興に力を注いでおり、このピツェッティでもユニークな作品の紹介に一役買っています。イタリアだ けでなく、ギリシャ、フランス語など多彩なテキストを用いた歌曲は、イタリア風の明るい曲だけでなく時に激情を交えた独白風 の曲もあり、ヒップの歌唱と、アッバーテのピアノが作曲家の溢れる思いを的確に伝えています。

オクタヴィア
OVCL-00657(1CD)
2018年3月21日発売
春日保人〜ルーツ
貴志康一:かごかき
 さくらさくら/藝者
 船頭唄/富士山
早坂文雄:春夫の詩に拠る四つの無伴奏の歌
ピアソラ:バチンの少年
ファリャ:7つのスペイン民謡
ガルデル(呉恵珠 編):想いの届く日
春日保人(Br)、呉恵珠(P)

2017年8月28-31日
神奈川・相模湖交流センター
にて収録
春日保人は東京藝術大学及び大学院を卒業。大学院ではバロック専攻で、その後バッハ、モンテヴェルディ、シャルパンティエをなど、多くの宗教作品で活動。また、オペラでの活動も目立つなか、現代の邦人作品にもレパートリーを拡充し、徳山美奈子、樹原涼子などの作曲家から作品を献呈され、初演を行っていることも特筆されるでしょう。 アルバムの前半、20世紀中期にかけて活動した2人の邦人作曲家では、時代の背景や作品の特質に焦点を置き、それらを誠実に歌い上げることで、夭逝の天才たちへのオマージュとしています。後半のラテンの熱さを秘めた歌声が、想いをひそめたガルデルで閉じられるこのデビュー盤は、秀抜な呉のピアノを得て、このバリトンの「今」を鮮やかに伝えています。

MELODIYA
MEL-1002482(11CD)
完全限定生産
NX-M08
アンソロジー・オブ・ロシアン・シンフォニック・ミュージック Vol.3〜オラトリオ&カンタータ集

【CD1】
(1)リムスキー=コルサコフ:カンタータ「ホメロス」Op.60より-ソプラノ、メゾ・ソプラノ、アルト、女性合唱と管弦楽のための
(2)タネーエフ:カンタータ「ダマスカスのヨハネ(聖イオアン・ダマスキン)」 Op.1*

【CD2】
タネーエフ:カンタータ 第2番「詩篇の朗読」Op.36

【CD3】
アレクサンドル・カスタルスキー(1856-1926):Brotherly Prayer 死への友愛な祈り(1917)(カラフディ・プティツァ編)
「死への友愛な祈り」リハーサルの一部

【CD4】
ラフマニノフ:カンタータ「春」Op.20
合唱交響曲「鐘」
3つのロシアの歌 Op.41

【CD5】
ラフマニノフ:6つの合唱曲 Op.15
スヴィリドフ(1915-1998):セルゲイ・エセーニンの思い出に捧げる詩曲-テノール、合唱と管弦楽のための

【CD6、7】
ユーリ・シャポーリン(1887-1966):世俗オラトリオ「ロシアの地上戦の伝説」Op.17

オラトリオ「どれだけの間コンドルは飛び廻るのか?」Op.20

【CD8】
プロコフィエフ:カンタータ「アレクサンドル・ネフスキー」Op.78
カンタータ「スターリンへの祝詞」

【CD9】
ショスタコーヴィチ:歌曲集「ユダヤの民族詩より」Op.79a
オラトリオ「森の歌」Op.81*

【CD10】
ロスティスラフ・ボイコ:交響曲 第3番 ニ短調(1981)
詩的カンタータ「ヴィャトカの歌」(1972)

【CD11】ボーナス・ディスク
ラフマニノフ:徹夜祷 Op.37
全て、エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)
【CD1】
マルガリータ・ミグラウ(S)
ニナ・イサコヴァ(Ms)
グラフィラ・コロリョーヴァ(A)
ユルロフ・ロシア国立大学cho
モスクワPO
モスクワ放送cho*
ソヴィエト国立SO*
録音:1971年、1991年*
【CD2】
アデリーナ・コズローヴァ(S)
ライサ・コトーヴァ(Ms)
ユーリ・アントノフ(T)
ユーリ・ベロクリュンキン(Bs)
ユルロフ記念国立アカデミーcho
ソヴィエト国立SO
録音:1977年
【CD3】
リュドミラ・ネロブラーギナ(S)
リュボフ・アレシュチェンコーヴァ(Ms)
エフゲニー・ウラディミーロフ(Bs)
オルガ・イラリノーヴァ(Org)
モスクワ放送cho
ソヴィエト国立SO
録音:ライヴ収録、1977年3月12日(リハーサル含む)
【CD4】
ガリーナ・ピサレンコ(S)
アレクセイ・マスレンニコフ(T)
ユルロフ記念国立アカデミーcho
ソヴィエト国立SO
録音:1984年、1978年、1977年
【CD5】
アレクセイ・マスレンニコフ(T)
ソヴィエト放送choの女声グループ
ソヴィエト国立SO
エフゲニー・スヴェトラーノフ(P、指)
録音:1986年2月3日、1971年
【CD6、7】
ラリッサ・アヴデイェーヴァ(Ms)
ウラディーミル・イヴァノフスキ(T)
イヴァン・ペトロフ(Bs)
ソヴィエト国立アカデミー・ロシアcho
ソヴィエト国立SO
録音:1966年、1964年
【CD8】
ラリッサ・アヴデイェーヴァ(Ms)
ユルロフ記念国立アカデミーcho
ソヴィエト国立SO
録音:1966年、1980年*
【CD9】
ライサ・ボブリネーヴァ(S)
ガリーナ・ボリソヴァ(Ms)
アレクセイ・マスレンニコフ(T)
アレクサンドル・ヴェデルニコフ(Bs)
ソヴィエト放送cho
モスクワ合唱学校少年cho
ソヴィエト国立SO
録音:1980年、1978年* ライヴ
【CD10】
リディア・ニコルスカヤ(S)
アレクサンドル・ヴェデルニコフ(Bs)
ロシア民謡放送cho
ソヴィエト国立SO
録音:1982年
【CD11】
レニングラード国立アカデミー・グリンカ・コーラル・カペラ
録音:1991年
スヴェトラーノフは「全てのロシア、ソヴィエト連邦の交響曲、管弦楽作品」を録音するという強い信念のもとに、およそ30年に渡って数多くの録音を敢行、そ れまでに録音されることのなかった多くの作品を取り上げ、素晴らしい演奏を成し遂げました。 ボリショイ歌劇場のソリストであった父フョードルと母タチアナを両親に持つスヴェトラーノフは、幼い頃から声楽曲に愛着を抱いており、モスクワ音楽院ではオペ ラ管弦楽指揮法をアレクサンドル・ガウクに師事、ボリショイ劇場の指揮者になってからはロシア歌劇を数多く演奏するとともに、合唱が重要なロシアの作曲家 のカンタータ、オラトリオを積極的に演奏しました。1965年にソヴィエト国立SOの首席指揮者に就任してからは、ロシアだけでなく他国の作曲家、エル ガー、マーラー、リストなどの大規模な声楽曲の演奏を手掛け、その画期的な解釈と壮大な音作りが高く評価されています。 この11枚組には、ロシアの作曲家たち、リムスキー=コルサコフ、タネーエフ、ラフマニノフ、ショスタコーヴィチなどの有名曲からカスタルスキー、シャポーリン、ボイ コなど知られざるカンタータをまとめて収録。中には1978年に行われたショスタコーヴィチの「森の歌」のライヴ収録も含まれています。

H.M.F
HAF-8905293(2CD)
バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV 232 ウィリアム・クリスティ(指、Cemb)
レザール・フロリサン(合唱、管弦楽)
キャスリーン・ワトソン(S)
ティム・ミード(C.T)
レイノー・ファン・メヘレン(T)
アンドレ・モルシュ(Bs)

録音:2016年9月、フィルハーモニー(パリ)、ライヴ録音(拍手は収録されていません)
クリスティの母はニューヨークの教会の聖歌隊指揮者だったそうで、1950年代の終わりに、彼女が聖歌隊を指揮してロ短調ミサ曲の2曲を演奏して いたのを聴いて以来、ロ短調ミサはクリスティの中で特別な存在であったといいます(クリスティは1944年生まれ)。冒頭の「キリエ」から、なめらかに 丸みを帯びた合唱で、クリスティの真骨頂が発揮された絶美の演奏で、引き込まれます。また、自身鍵盤楽器の名手でもあるクリスティは、第2曲の「キ リストよ、憐れみたまえ」のソプラノとアルトの二重唱をはじめ、9つの楽曲ではチェンバロ(通奏低音)に専念し、事実上指揮者不在となっています。 これにより、クリスティが配した、適切な人数の合唱とオーケストラのメンバー、そして独唱者たちによって、より親密なアンサンブルが醸成されています。 また、自身ライナーノートでも書いていますが(日本語訳なし)、全体として軽やかな速めのテンポで演奏されています。「Cum Sancto Spiritu」などの 超絶技巧の楽曲でも、合唱もオーケストラも実に軽やかに輝かしく演奏しており、クリスティ率いる音楽家たちのきわめて高い完成度に圧倒されます。独 唱者たちののびやかな歌唱も印象的。バスの独唱(「Quoniam」)でのホルンとファゴットの名人芸も注目ですし、ソプラノ・アリア(Laudamus te)で はヒロ・クロサキのヴァイオリン・ソロが聴けるのもまた嬉しいところです。「カトリック、プロテスタントという宗派を超えて、自らのキリスト教信仰の普 遍形としてこのミサを書きあげた」バッハ(クリストフ・ヴォルフ/ライナーノートより(日本語訳なし)。厳格なミサ、というよりも、このミサ曲にバッハ が込めた、人間というものへの肯定が前面に打ち出された、音楽の悦びに満ちたたぐいまれなる名演となっています。 (Ki)

TOCCATA
TOCC-0416(1CD)
NX-B03
メラルティン:スウェーデン語のテキストによる歌曲集
4つのルーネベリの詩による歌曲
5つのヘメルの詩による歌曲
タゴールの歌 Op.105
ヘドヴィグ・パウリグ(S)
イルモ・ランタ(P)
ヤン・セーデルブロム(Vn)

録音:2015年2月2-4日
フィンランドの後期ロマン派時代に活躍した作曲家メラルティン。若い頃にウィーン音楽院に留学し、ロベルト・フックスに作曲 を学び帰国。ロシアとの国境に近いヴィープリで指揮者として3年間ほど活躍。その後はヘルシンキで長らく教職にありました。 交響曲やピアノ曲も残しましたが、250曲以上を数える歌曲は、その独特な雰囲気で異彩を放っています。テキストはフィン ランド語だけではなく、ドイツ語であったり、このアルバムのようなスウェーデン語によるものなど様々であり、曲調もドイツ後期ロ マン派風、フランス印象派風、清冽なシベリウス風など多岐に渡り、メラルティンの多彩な作風が感じられます。

CD ACCORD
ACD-238(1CD)
NX-B05
ポーランド現代合唱曲集
1.ウカシェフスキ(1968-):Ubi caritas 愛と慈しみのあるところ(2016)
2.ベンビノフ(1978-):Vulnerasti cor meum 汝は我が心を痛めたり(1997)
3.ファルチンキエヴィツ(1981-):Quem diligit anima mea わが魂の愛するものを(2016)…世界初録音
4.ケミエレフスカ(1993-):Ego dormio 私は眠る(2016)…世界初録音
5.クルトゥル(1987-):Vulnerasti cor meum 汝は我が心を痛めたり(2016)…世界初録音
6.マレク(1995-):Carmen vernale 真実の歌(2016)…世界初録音
7.ファルチンキエヴィツ:Pie Jesu ピエ・イェズス(2015)
ウカシェフスキ
8.Cantate Domino 主に向かいて歌え(2014)
9.Laudate Dominum 主をほめたたえよ(2009)
10.Ego sum pastor bonus われは良き羊飼い(2014)
De caritate 愛する(2016)…世界初録音
11.Magna res est amor 愛は偉大なり
12.Amans volat, currit et laetatur 愛を実行するのは幸いなり
ウカシュ・ファルチンキエヴィツ(P)…3.5
カロリーナ・シアダツカ(Ob)…6
バルトウォミェイ・パヨンク(パーカッション)…5.6
アニェスカ・フランコウ=ゼラツニー(指)
ナショナル・フォーラム・オブ・ミュージックガ
ナショナル・フォーラム・オブ・ミュージック・レオポルドO…4.5.6.9.11-12

録音:2017年10月8-10日
今の世界に必要とされる「愛」「慈悲」「優しさ」について書かれた現代ポーランドの“最も美しい”合唱曲集。ポーランドを代 表する6人の作曲家が書いた曲はどれも透明な響きと、神秘的なハーモニーに彩られています。ナショナル・フォーラム・オブ・ ミュージック合唱団は、もともと2006年に指揮者アンジェイ・コセンジャクがブロツワフPOのレジデン ト・アンサンブルとして創設した合唱団を2014年に再編した合唱団。以降、ポーランドで開催される主要なコンサートではお なじみの合唱団として活躍しており、2009年と2011年にはポーランド初の「BBCプロムス」に登場。その驚異的なパフォー マンスを世界中に披露しています。

MIRARE
MIR-332(1CD)
J.S.バッハ:カンタータ集
カンタータ第75番「乏しき者は食らいて飽くことを得」BWV 75
カンタータ第22番「イエス十二弟子を召寄せて」BWV 22
カンタータ第127番「主イエス・キリスト、真の人にして神よ」
リチェルカール・コンソート
フィリップ・ピエルロ(指)
ハンナ・モリソン(S)
カル ロ ス・メー ナ(A)
ハンス=イェルク・マンメル(T)
マティアス・ヴィーヴェク(Bs)

録音:2016年5月
とにかく美しく流れる演奏が持ち味のリチェルカール・コンソートによるバッハのカンタータ集の登場。バッハがライプツィヒでトーマス・カントル正式 就任後の礼拝で初めて披露したカンタータ第75番と、トーマス・カントル採用試験に際して演奏された第22番、そしてヨハネ受難曲の改訂稿上演を控 えた時期に作られた第127番、という充実作の組み合わせです。器楽陣の、流麗にして芯のある美しい響きに心奪われ、独唱者たちのしっとりとした歌 声に魅了されます。 (Ki)

Solo Musica
SM-263(1CD)
NX-B03
アンリ・マルトー:歌曲集
8つの歌曲 Op.19c
8つの歌曲 Op.28#
5つの「葦の歌」Op.31*
ヴェッセリーナ・カサロヴァ(Ms)
ガリーナ・ヴラチェヴァ(P)
D.フィッシャー=ディースカウ(Br)*
ギュンター・ヴァイセンボルン(P)*
フランツ・シュミットナー(Va)*

録音:2017年8月#、2017年4月19-21日、1956年10月2日*
世界初録音
フランス出身、スウェーデンに帰化したヴァイオリニスト、アンリ・マルトー。作曲家としても室内楽を中心に印象的な作品をいく つか残しています。作品の中で歌曲は比較的知られており、何人もの歌手たちによって彼の作品は歌い継がれています。 Op.19の歌曲は彼がドイツから追放され、スウェーデン国王の庇護のもと、スウェーデンで暮らしていた1915年から1917年 にかけて作曲された曲集。もともとは弦楽合奏の伴奏でしたが、ブルガリアの作曲家ヴラディグエロフがピアノ版に編曲してい ます。ブルターニュの自然風景、海、そして恋人の姿が描かれた美しい作品です。Op.28はドイツの詩人たちの詩が用いら れた、味わい深い風情を持つ歌曲集です。これらを歌うのは名歌手ヴェッセリーナ・カサロヴァ。オペラとはまた違う繊細な表 情で、これらの歌曲を丁寧に歌いあげます。ヴィオラを伴うOp.39「葦の歌」はフィッシャー=ディースカウによる1956年の歴 史的歌唱を収録。マルトーの魅力を再認識する1枚です。

Capriccio
C-5343(1CD)
NX-B07
マルティン・パルメリ(1965-):ブエノスアイレスのミサ 他
パルメリ:ブエノスアイレスのミサ(メゾ・ソプラノ、合唱、バンドネオン、ピアノと弦楽合奏のための)
ピアソラ:オブリビオン(忘却)
イスマエル・スピタルニク(1919-1999):エル・トロエスマ
ピアソラ:Milonga sin palabras 言葉のないミロンガ
ダグマール・リンデ(Ms)
ロッコ・ハインズ(バンドネオン)
ペーター・ショル(P)
バッハ=コア・ジーゲン
タンゴ・オーケストラ「エル・アローヨ」
ウルリヒ・シュテツェル(指)

録音:2016年4月17-18日
パルメリの「ブエノス・アイレスのミサ」は別名「ミサ・タンゴ」と呼ばれます。典礼文はラテン語を踏襲するものの、楽器編成は通 常のミサのような独唱、合唱、オルガン(もしくはオーケストラ)ではなく、独唱と合唱、ピアノ、バンドネオン、弦楽オーケスト ラ。曲調も徹頭徹尾「タンゴ」です。 アルゼンチン生まれのパルメリは、先人ピアソラと同じく出生地の伝統音楽を大切にしており、どの作品にも刺激的な味付け が施されていることで知られています。この1996年に作曲されたミサ曲は初演当時から高い人気を博し、世界各地で上演 が行われています。このアルバムではピアソラの作品と、やは