湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5


NAXOS・ボックス・セット
バラで購入するよりもお買い得価格!
早期に廃盤になる可能性が高いので、お早めに!



オペラ作品 歴史的録音 日本の作曲家 ボックス・セット Naxos Japan
(日本企画)
品番順・全カタログ(上記商品以外)



品番 内容 演奏者
8.501042(10CD)
ハイドン:ピアノソナタ全集 イェネ・ヤンドー(P)
8.501053(10CD)
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集 イディル・ビレット(P)

録音:1994〜2008年
トルコの名手ビレットが挑んだベートーヴェン(1770-1827)のピアノ・ソナタ全集。最初の録音は1994年、そして最後は2008年と、14年間に渡って創り上げたこの全集ですが、彼女の演奏スタイルは一貫しており、どの曲もユニークな解釈と素晴らしい技術に基づいた聞き応えのあるものとなっています。若い頃にはヴィルヘルム・ケンプにも師事した経験のある彼女、32曲まとめて聴くことで、その独自の主張や音楽的趣向が理解できるかもしれません。
8.501066H(10CD)
ルトスワフスキー:交響曲・協奏曲・合唱・声楽作品集
<CD1原盤8.554283>
1-4.交響曲第1番
5-7.シロンスクの3章
8-11.ヴェネツィアの遊び
12-20.花の歌と歌のお話
21.ポストリュードT
<CD2原盤8.553169>
1.交響的変奏曲
2-5.小組曲/6-7.交響曲第2番
8-11.ピアノ協奏曲
<CD3原盤8.553423>
1.パガニーニの主題による変奏曲
2-5.織りこまれた言葉
6.眠りの空間/7.交響曲第3番<CD4原盤8.553202>
1-4.弦楽のための葬送曲
5-8.チェーンU:ヴァイオリンと管弦楽のためのディアローグ
9.間奏曲
10-14.ヴァイオリンと管弦楽のためのパルティータ
15.交響曲第4番
<CD5原盤8.553625>
1.オーケストラの書/2.チェロ協奏曲
3-7.ノヴェレッテ/8.チェーンV
<CD6原盤8.553779>
1-3.管弦楽のための協奏曲
4-6.アンリ・ミショーの3つの詩
7.ミ・パルティ
8.弦楽のための序曲
<CD7原盤8.555270>
1-3.3つの後奏曲
4-11.13の独奏弦楽器のための前奏曲とフーガ
12.小序曲
13.ルイヴィルのためのファンファーレ
14.CUBEのためのファンファーレ
15.G.S.M.D.のための前奏曲
16.ランカスター大学のためのファンファーレ
<CD8原盤8.555763>
1-5.クラリネットと管弦楽のための舞踊前奏曲
6-8.オーボエ,ハープと室内楽団のための二重協奏曲
9.グラーヴェ-チェロと弦楽のためのメタモルフォーゼ
10.チェーンT:14人の奏者のための
11-12.声と室内Oのための「2つの子どもの歌」
13-18.声と楽器のための「6つの子どもの歌」<CD9原盤8.555994>
1-20.20のポーランド語によるクリスマスキャロル
21.ラクリモーサ
22-26.5つの歌
<CD10.ラスト・コンサート原盤8.572450>
1-5.パルティータ(ヴァイオリンと管弦楽編)
6.間奏曲/7-10.チェーンU
11-19.花の歌と花のお話
20.チェーンT
オルガ・パシェチニク(ソプラノ…CD1:12-20,CD9:1-21)/ピオトル・パレチニ(ピアノ…CD1:8-11)/ベルント・グレムザー(ピアノ…CD3:1)/ピョートル・クシェヴィチ(テノール…CD3:2-5)/アダム・クルシェフスキ(バリトン…CD3:6)/クシシュトフ・バコヴスキ(ヴァイオリン…CD4:5-8.10-14)/アンジェイ・バウアー(チェロ…CD5:2)/カメラータ・シレジア…CD6:4-6/ズビグニェフ・カレタ(クラリネット…CD8:1-5)/アルカディウシュ・クルパ(オーボエ…CD8:6-8)/ニコラ・テュリエ(ハープ…CD8:6-8)/ラファウ・クヴィアトコウスキ(チェロ…CD8:9.10)/ウルシュラ・クリゲル(ソプラノ…CD:811-18)/ヤドヴィガ・ラッペ(アルト…CD9:22-26)/ポーランド放送合唱団…CD:91-21/ポーランド国立RSO…CD1-9/アントニ・ヴィト(指)…CD1-9/フジコ・イマジシ(ヴァイオリン…CD10:1-5.7-10)/ヴァルディン・アンダーソン(ソプラノ…CD10:11-19)/ニュー・ミュージック・コンサーツ…CD10/ヴィトルト・ルトスワフスキ(指)…CD10

録音:<CD1>1997年1月13-15日…1-4/1997年9月19日…5-7/1997年6月3-4日…8-11/1997年9月17-18日…12-20/1996年9月6日…21/<CD2>1994年8月25-30日…1-7/1995年6月27-28日…8-11/<CD3>1995年2月27日…1/1995年5月31日…2-5/1995年8月30-31日…6/1995年5月25-26日…7/<CD4>1994年12月19-22日/<CD5>1996年6月4-5日…1/1995年9月20-21日…2/1995年10月10-11日…3-7/1995年11月10日…8/<CD6>1996年9月,12月-1997年1月/<CD7>1996年9月6日…1/2000年5月16-17日…2-3.12-16/2000年7月23日…4-11/<CD8>2001年1月16-18日…1-8/2001年4月3-6日…9-18/<CD9>2001年12月3-5日…1-21/1997年1月15日…22-26/<CD10>1993年10月24日ライブ収録
第2次大戦後のポーランドを代表する作曲家、ピアニストの一人であるヴィトルト・ルトワフスキ(1913-1994)。バルトークの影響による民族主義的作風から出発し、12音技法の採用を経て、前衛技巧へと進みつつも、仄かに香る調性的な響きが味わい深く、また日本人作曲家、松平頼則を絶賛したことでも知られています。このBOXは彼の主要な交響曲、管弦楽、協奏曲、合唱と声楽作品を網羅したもので、彼の音楽の魅力をじっくり味わうことができるものです。CD10には、彼自身の最後のコンサートを収録。価値あるBOXです。
8.501109(11CD)
モーツァルト:交響曲全集
<CD1原盤…8.550871>
1-3.交響曲第1番変ホ長調K16
4-7.交響曲第2番変ロ長調K17
8-10.交響曲第3番変ホ長調K18
11-13.交響曲第4番ニ長調K19
14-16.交響曲第5番変ロ長調K22
<CD2原盤…8.550872>
1-4.交響曲第6番ヘ長調K43
5-8.交響曲第7番ニ長調K45
9-12.交響曲第8番ニ長調K48
13-16.交響曲第9番ハ長調K73
17-18.交響曲第10番ト長調K74
<CD3原盤…8.550873>
1-3.交響曲第11番ニ長調K84
4-7.交響曲第12番ト長調K110
8-11.交響曲第13番ヘ長調K112
12-15.交響曲第14番イ長調K114
<CD4原盤…8.550874>
1-4.交響曲第15番ト長調K124
5-7.交響曲第16番ハ長調K128
8-10.交響曲第17番ト長調K129
11-14.交響曲第18番ヘ長調K130
<CD5原盤…8.550875>
1-4.交響曲第19番変ホ長調K132
5-8.交響曲第20番ニ長調K133
9-11.交響曲第37番ト長調K444
<CD6原盤…8.550876>
1-4.交響曲第21番イ長調K134
5-7.交響曲第22番ハ長調K162
8-10.交響曲第23番ニ長調K181
11-13.交響曲第24番変ロ長調K182
14-16.交響曲第26番変ホ長調K184
<CD7.原盤…8.550113>
1-4.交響曲第41番ハ長調K551「ジュピター」
5-8.交響曲第25番ト長調K183
9.交響曲第32番ト長調K318
<CD8原盤…8.550264>
1-4.交響曲第36番ハ長調K425「リンツ」
5-8.交響曲第33番変ロ長調K319
9-11.交響曲第27番ト長調K199/K161b
<CD9原盤…8.550164>
1-4.交響曲第40番ト短調K550
5-8.交響曲第28番ハ長調K200
9-11.交響曲第31番ニ長K297「パリ」
<CD10原盤…8.550119>
1-3.交響曲第38番ニ長調K504「プラハ」
4-7.交響曲第29番イ長調K201
8-11.交響曲第30番ニ長調K202
<CD11原盤…8.550186>
1-3.交響曲第34番ハ長調K338
4-7.交響曲第35番ニ長調K385「ハフナー」
8-11.交響曲第39番変ホ長K543
ニコラス・ウォード(指)ノーザン室内O…CD1-6
バリー・ワーズワース(指)カペラ・イストロポリターナ…CD7-11

録音:1988-1994年
安心して聴くことができるNAXOSのモーツァルト交響曲全集。基本とつぼを押さえた名演です。

NAXOS-8.501111
(11CD)
ショスタコーヴィチ:交響曲全集
《CD1…NAXOS-8.572396》
1-4.交響曲第1番ヘ短調Op.10(1924-1925)
5-10.交響曲第3番変ホ長調「メーデー」Op.20(1929)
《CD2…NAXOS-8.572708》
1-3.交響曲第2番ロ長調「十月革命に捧ぐ」Op.14
4-7.交響曲第15番イ長調Op.141
《CD3…NAXOS-8.573188》
1-3.交響曲第4番ハ短調Op.43
《CD4…NAXOS-8.572167》1-4.交響曲第5番ニ短調Op.47
5-9.交響曲第9番変ホ長調Op.70
《CD5…NAXOS-8.572658》
1-3.交響曲第6番ロ短調Op.54
4-7.交響曲第12番ニ短調「1917年」Op.112
《CD6…NAXOS-8.573057》
1-4.交響曲第7番ハ長調「レニングラード」Op.60
《CD7…NAXOS-8.572392》
1-5.交響曲第8番ハ短調Op.65
《CD8…NAXOS-8.572461》
1-4.交響曲第10番ホ短調Op.93
《CD9…NAXOS-8.572082》
1-4.交響曲第11番ト短調「1905年」Op.103
《CD10…NAXOS-8.573218》
1-5.交響曲第13番変ロ短調「バビ・ヤール」Op.113
《CD11…NAXOS-8.573132》
1-11.交響曲第14番ト短調「死者の歌」Op.135
アレクサンドル・ヴィノグラードフ(Bs)…CD10.11
ガル・ジェイムズ(S)…CD11
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニーCho…CD2.1-3
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー合唱団男声セクション…CD10
ハダースフィールド合唱協会…CD10
ロイヤル・リヴァプールPO
ヴァシリー・ペトレンコ(指)

録音:2009年7月28-29日…CD1.1-4
2008年6月22-23日…CD1.5-10
,2011年6月14日…CD2.1-3,2010年10月26-27日…CD2.4-7,
2013年2月9-10日…CD3,2008年7月7-8日…CD4.1-4,
2008年7月29-30日…CD4.5-9,2010年6月23-24日…CD5.1-3,
2009年7月28-29日…CD5.4-7,
2012年6月1-3日…CD6,
2009年4月6-7日…CD7,
2009年9月11-12日…CD8,
2008年4月22-23日…CD9,
2013年9月27-29日…CD10,
2013年5月4-5日…CD11
UKリヴァプールフィルハーモニック・ホール
1976年、サンクトペテルブルクに生まれたヴァシリー・ペトレンコは、その地の音楽院
でイリヤ・ムーシンをはじめ、ヤンソンス、テミルカーノフ、サロネンら錚々たる指揮者たちに指導を受け、その才能を伸び伸びと開花させました。もちろんいくつものコンクール受賞歴を持ち、世界中のオーケストラを指揮し、喝采を浴びています。そのペトレンコによるショスタコーヴィチの交響曲全集の登場です。分売時から「多くの人がこれまで抱いていたショスタコーヴィチのイメージを覆す革新的な演奏」として高く評価されているものです。21世紀のスタンダードとして、一家に1セット。
8.501203
(12CD+DVD)
ハイドン:バーチャル・ハイドン-鍵盤独奏曲全集
〈CD1〉
ソナタ第14番ハ長調Hob.XVI:3/カプリッチョト長調「8人のへぼ仕立て屋に違いない」Hob.XVII:1/ソナタ第9番ニ長調Hob.XVI:4/ソナタ第11番変ロ長調Hob.XVI:〉ソナタ第12番イ長調Hob.XVI:12/
〈CD2〉
ソナタ第31番変イ長調Hob.XVI:46/ソナタ第31番変イ長調Hob.XVI:46-第2楽章/ソナタ第10番ハ長調Hob.XVI:1/ソナタ第13番ト長調Hob.XVI:〉
ソナタ第7番ニ長調Hob.XVII:D〉ソナタ第15番ホ長調Hob.XVI:13/
〈CD3〉
ソナタ第20番変ロ長調Hob.XVI:18/ソナタ第32番ト短調Hob.XVI:44/ソナタ第2番ハ長調Hob.XVI:7/ソナタ第16番ニ長調Hob.XVI:1〉
20の変奏曲イ長調Hob.XVII:2
〈CD4〉ソナタ第4番ト長調Hob.XVI:G1/ソナタ第19番ホ短調Hob.XVI:47bis/ソナタ第29番変ホ長調Hob.XVI:4〉ソナタ第6番ハ長調Hob.XVI:1〉13-15.ソナタ第30番ニ長調Hob.XVI:19
〈CD5〉
12の変奏曲変ホ長調Hob.XVII:3/ソナタ第3番ヘ長調Hob.XVI:9/ソナタ第1番ト長調Hob.XVI:8/ソナタ第33番ハ短調Hob.XVI:2〉ソナタ第34番ニ長調Hob.XVI:33/
〈CD6〉
ソナタ第36番ハ長調Hob.XVI:21/ソナタ第37番ホ長調Hob.XVI:22/ソナタ第38番ヘ長調Hob.XVI:2〉
ソナタ第22番ニ長調Hob.XVI:2〉
ソナタ第38番ヘ長調Hob.XVI:23-第2楽章/
〈CD7〉
ソナタ第23番変ホ長調Hob.XVI:25/3-7.ソナタ第41番イ長調Hob.XVI:26/ソナタ第42番ト長調Hob.XVI:2〉11-13.ソナタ第43番変ホ長調Hob.XVI:2〉14-16.ソナタ第44番ヘ長調Hob.XVI:29/
〈CD8〉ソナタ第45番イ長調Hob.XVI:30/ソナタ第46番ホ長調Hob.XVI:31/ソナタ第47番ロ短調Hob.XVI:3〉ソナタ第48番ハ長調Hob.XVI:3〉13-15.ソナタ第49番嬰ハ短調Hob.XVI:36/
〈CD9〉
ソナタ第50番ニ長調Hob.XVI:37/ソナタ第51番変ホ長調Hob.XVI:38/ソナタ第52番ト長調Hob.XVI:3〉ソナタ第33番ハ短調Hob.XVI:20/
〈CD10〉
6つの変奏曲ハ長調Hob.XVII:5/ソナタ第53番ホ短調Hob.XVI:34/ソナタ第54番ト長調Hob.XVI:40/ソナタ第55番変ロ長調Hob.XVI:41/ソナタ第56番ニ長調Hob.XVI:4〉
ソナタ第54番ト長調Hob.XVI:40:-第1楽〉
ソナタ第58番ハ長調Hob.XVI:4〉
ソナタ第58番ハ長調Hob.XVI:48/
〈CD11〉
ファンタジア(カプリッチョ)ハ長調Hob.XVII:4/ソナタ第59番変ホ長調Hob.XVI:49/5.ソナタヘ短調「ピッコロ・ディヴェルティメント-変奏曲」Hob.XVII:6/ソナタ第62番変ホ長調Hob.XVI:52/
〈CD12〉
前奏曲ハ長調/ソナタ第60番ハ長調Hob.XVI:50/ソナタ第61番ニ長調Hob.XVI:51/ソナタ第62番変ホ長調Hob.XVI:5〉
アダージョト長調Hob.XV:22(ピアノ三重奏曲第22番Hob.XV:22-第2楽章の第1稿〉
弦楽四重奏曲第62番ハ長調「皇帝」Op.76-3,Hob.III:77(ピアノ版)
トム・ベギン(ピアノ&フォルテ・ピアノ)
ハイドンのピアノ曲全集を様々な試みによって現代によみがえらせるというプロジェクト「ヴァーチャル・ハイドン」。こちらの全貌はBlu-rayDISC(NBD0001-04…近日発売)にて詳細を知ることができるでしょう。こちらでは、まず、その偉大なる演奏をCDでお楽しみいただきたく思います。同梱のDVDでは、3時間に渡っての演奏家&研究者であるベギンの奮闘ぶりがご覧いただけます。日本語字幕が付いていますので、細かい部分も文句なしです。
8.501204(12CD)
ベートーヴェン:交響曲・協奏曲・序曲集
<CD1>
1-4.交響曲第1番ハ長調Op.21
5-9.交響曲第6番ヘ長調「田園」Op.68(8.553474原盤)
<CD2>
1-4.交響曲第2番ニ長調Op.36
5-8.交響曲第5番ハ短調Op.67( 8.553476原盤)
<CD3>
1-4.交響曲第3番変ホ長調「英雄」Op.55
5-8.交響曲第8番ヘ長調Op.93( 8.553475原盤)
<CD4>
1-4.交響曲第4番変ロ長調Op.60
5-8.交響曲第7番イ長調Op.92( 8.553477原盤)
<CD5>1-4.交響曲第9番ニ短調「合唱」Op.125(8.553478原盤)
<CD6>1-4.ピアノ協奏曲第1番ハ長調Op.15(8.550190原盤)
5.合唱幻想曲ハ短調Op.80( 8.572783原盤)
<CD7>
1-3.ピアノ協奏曲第2番変ロ長調Op.19
4-6.ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」Op.73(8.550121原盤)
<CD8>
1-3.ピアノ協奏曲第3番ハ短調Op.37
4-6.ピアノ協奏曲第4番ト長調Op.58(8.550122原盤)
<CD9>1-3.ピアノ協奏曲ニ長調Op.61a
4-6.ヴァイオリン,チェロとピアノのための三重協奏曲Op.56(8.554288原盤)
<CD10序曲集第1集>
1.「フィデリオ」序曲Op.72
2.バレエ音楽「プロメテウスの創造物」Op.43
3.「コリオラン」序曲ハ短調Op.62
4.「アテネの廃墟」序曲Op.113
5.「エグモント」序曲Op.84
6.付随音楽「献堂式」Op.124
7.「レオノーレ」序曲第3番Op.72b(8.550072原盤)
<CD11序曲集第2集>
1.序曲「霊名祝日」Op.115
2.「レオノーレ」序曲第1番Op.138
3.「レオノーレ」序曲第2番Op.72a
4.「シュテファン王」序曲Op.117
5.騎士のバレエのための音楽Wo01
6.付随音楽「レオノーレ=プロハスカ」葬送行進曲Wo096/4
7.付随音楽「タルペイア」-勝利の行進曲WoO2a(8.553431原盤)
<CD12>
1-3.ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.61
4.ロマンス第1番ト長調Op.40
5.ロマンス第2番ヘ長調Op.50(8.550149原盤)
<CD1-5>ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア
<CD5>ハスミク・パピアン(S)、ルクサンドラ・ドノーセ(Ms)、マンフレッド・フィンク(T)、クラウディオ・オテッリ(バス・バリトン)、ベーラ・ドラホシュ(指)ニコラウス・エステルハージCho
<CD6:1-4>シュテファン・ヴラダー(P)、バリー・ワーズワース(指)カペラ・イストロポリターナ
<CD6:5>レオン・マッコーリー(P)、シティ・オブ・ロンドンCho、ヒラリー・デイヴァン・ウェットン(指)ロイヤルPO
<CD7>シュテファン・ヴラダー(P)、バリー・ワーズワース(指)カペラ・イストロポリターナ
<CD8>シュテファン・ヴラダー(P)、バリー・ワーズワース(指)カペラ・イストロポリターナ
<CD9>イェネ・ヤンドー(P)、ドン=スク・カン(Vn…4-6)、マリア・クリーゲル(Vc…4-6)、ベーラ・ドラホシュ(指)ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア
<CD10>スティーヴン・ガンゼンハウザー(指)スロヴァキアPO
<CD11>ベーラ・ドラホシュ(指)ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア
<CD12>西崎崇子(Vn)、ケネス・ジーン(指)スロヴァキアPO

録音:<CD1-5>1995年6月17-20日…CD1,1995年6月9-16日…CD2,1995年21-24日…CD3,1995年10月…CD4,1996年8月…CD5
<CD6:1-4>1988年10月3-4日ブラティスラヴァ,モイゼス・ホール
<CD6:5>録音:2011年2月5-6日ロンドン・キャドガン・ホール
<CD7>1988年3月スロヴァキア放送コンサート・ホール
<CD8>1988年3月スロヴァキア放送コンサート・ホール
<CD9>1997年5月1-6日ハンガリー,イタリア語放送,フェニックス・スタジオ
<CD10>1987年7月4-9日スロヴァキア放送コンサート・ホール
<CD11>1995年3月4-8日ハンガリー,イタリア語放送,フェニックス・スタジオ
<CD12>1988年7月スロヴァキアレドゥタ・コンサート・ホール

8.501205
(12CD)
ブルックナー:交響曲全集

《CD1…8.554430》
交響曲第1番ハ短調WAB101(1966年改訂なしのリンツ・オリジナル版に基くW.キャラガン版)
交響曲第3番ニ短調WAB103〜第2楽章(1876年L.ノーヴァク版)
《CD2…8.554006》
交響曲第2番ハ短調WAB102(1872年初稿版に基くW.キャラガン版)*
《CD3…8.553454》
交響曲第3番ニ短調WAB103(1873年L.ノーヴァク版)
《CD4…8.554128》
交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」WAB104(1881年R.ハース版)
《CD5…8.553452》
交響曲第5番変ロ長調WAB105
《CD6…8.553453》
交響曲第6番イ長調WAB106(R.ハース版)#
《CD7…8.554269》
交響曲第7番ホ長調WAB107(1885年オリジナル版に基くR.ハース版)<
《CD8,9…8.554215・6》
交響曲第8番ハ短調WAB108(1887年オリジナル版に基くL.ノーヴァク版)*
交響曲第0番ニ短調「ヌルテ」WAB100*
《CD10…8.554268》
交響曲第9番WAB109(1894年オリジナル版に基くL.ノーヴァク版)
《CD11…8.554432》
交響曲第00番ヘ短調「習作」WAB99
交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」WAB104(1878年版に基くL.ノーヴァク版)第4楽章

《CD12》
ゲオルク・テイントナーブルックナーを語る
ゲオルク・ティントナー(指)
スコティッシュ・ナショナルO
アイルランド国立SO*
ニュージーランドSO#

《CD1…8.554430》
録音1998年8月31日.9月1日グラスゴー,ヘンリー・ウッド・ホール
《CD2…8.554006》
録音1996年9月16-17日ダブリン,ナショナル・コンサート・ホール>
《CD3…8.553454》
録音1998年8月27-28日グラスゴー,ヘンリー・ウッド・ホール
《CD4…8.554128》
録音1996年10月16-17日グラスゴー,ヘンリー・ウッド・ホール
《CD5…8.553452》
録音1996年4月19-20日グラスゴー,ヘンリー・ウッド・ホール
《CD6…8.553453》
録音1995年7月30日-8月2日ニュージーランド,ロウワー・ハット・タウン・ホール
《CD7…8.554269》
録音1997年5月6-7日グラスゴー,ヘンリー・ウッド・ホール
《CD8…8.554215》
録音1996年9月23-25日ダブリン,ナショナル・コンサート・ホール
《CD9…8.554216》
録音1996年9月23-25日ダブリン,ナショナル・コンサート・ホール
《CD10…8.554268》
録音1997年5月8-9日グラスゴー,ヘンリー・ウッド・ホール
《CD11…8.554432》
録音:1995年9月3-4日グラスゴー,ヘンリー・ウッド・ホール
《CD12》
録音:1974年8月カナダ・ナショナル・ユース・オーケストラへのレクチャー風景録音カナダ放送 ※対訳なし
NAXOSが見出した真の天才指揮者ゲオルク・ティントナー(1917−1999)。彼は6歳からピアノを始め、ウィーン少年合唱団で活躍した後、ウィーン国立音楽アカデミーでピアノと作曲を学びました。しかし、ユダヤ人であったため国外に脱出。活躍の場を探す年月が続くことになります。ニュージーランドからオーストラリア、南アフリカ、イギリスを経て、もう一度戻ったオーストラリアでようやく生涯の伴侶を得ます。その後はカナダに落ち着き、後進の指導にあたりながら、大好きなブルックナーの演奏を続けてきたのでした。そんな彼がNAXOSの社長であるクラウス・ハイマンに出会ったのは1994年。74歳の時だったのです。すでに病魔に侵されていたティントナーですが、ハイマンは彼の演奏に非凡の才能を見出し、NAXOSにおけるブルックナー(1824-1896)全集の録音を託すことを決意したのでした。この録音にはいくつかの特筆すべき点があり、曲の解説はティントナー自身が執筆したこと、その中でも「使用した版へのこだわり」は広く知れ渡っているのではないでしょうか。1995年に始まった全曲録音は1998年9月に完了。これらの演奏は瞬く間に人気を博すとともに、NAXOSレーベルの名声も高めたものでした。2000年には来日公演も予定されていましたが、1999年10月2日、彼は自らの命を絶ってしまったのです。このBOXには、録音を始める前に彼が語った「ブルックナーへの思い」も収録。もう一度この愛すべき偉大な指揮者に賞賛を贈りたいと思います。
8.501502(15CD)
マーラー:交響曲全集
交響曲第1番(花の章付き)*
交響曲第2番「復活」**/交響曲第3番##
交響曲第10番〜アダージョ
交響曲第4番+/交響曲第5番
交響曲第6番「悲劇的」/交響曲第7番*
交響曲第8番/交響曲第9番*
交響曲第10番(ウィーラー版)##
ミヒャエル・ハラース(指)*
アントニ・ヴィト(指)
ロバート・オルソン(指)#、
ポーランド国立RSO
ハンナ・リソフスカ(S)**、
ヤドヴィガ・ラッペ(A)**、
クラコフ・ラジオ&テレビcho**
ジョエヴァ・ポドレシ(C.A)##、
クラクフ少年cho##、
クラクフ・フィルハーモニーcho##
リンダ・ラッセル(S)+
バルバラ・クビアク、イザベッラ・クロシンスカ、マルタ・ボベルスカ(S)、ヤドヴィガ・ラッペ、エヴァ・マルシニク(A)、ティモシー・ベンチ(T)、ヴォイテック・ドラボヴィチ (Br)、ピョートル・ノヴァツキ(Bs)ワルシャワ国立フィルハーモニーcho、ポーランド放送cho、ステファン・ヴィシンスキ大学cho/ワルシャワ少年cho
2010 年、2011 年ともにメモリアル・イヤーであるマーラー(1860-1911)の交響曲全集です。「大地の歌」が入っていない!など突っ込みどころも多々ありますが、マーラーを愛する人だったら、ぜひお手元に置いていただきたい愛すべきBOX です。大規模な曲になればなるほどに力が漲る指揮者ヴィト、荒削りながらも迫力満点のハラース、そして珍しいウィーラー補筆版を採用した、交響曲第10 番。など聴きどころは満載です。
NAXOS-8.501601
(16CD)
レーガー:オルガン作品全集
オルガンのための10の小品Op.69
前奏曲とフーガ嬰ハ短調Op.85-1
前奏曲とフーガト長調Op.85-2
前奏曲とフーガヘ長調Op.85-3
序奏、パッサカリアとフーガホ短調Op.127
9つのオルガン小品Op.129第1番-第7番
30の小コラール前奏曲Op.135a第1番-第10番
B-A-C-Hの名による幻想曲とフーガOp.46
オルガンのための12の小品Op.59第1番-第6番
幻想曲とフーガニ短調Op.135b
コラール幻想曲「暁の星のいと美しきかな」Op.40-1
オルガンのための小品Op.59第7番-第9番
序奏とパッサカリアヘ短調Op.63
オルガンのための小品Op.59第10番-第12番
コラール幻想曲「アレルヤ、神をたたえるは我が魂の歓び」Op.52-3
オルガン・ソナタ第2番ニ短調Op.60
オルガンのための12の小品Op.65第7番-第12番
コラール前奏曲「目覚めよと呼ぶ声あり」Op.52-2
コラール幻想曲「人はすべて死すべきものなり」Op.52-1
6つのトリオOp.47
創作主題による変奏曲とフーガOp.73
交響的幻想曲とフーガOp.57/3-9.
オルガンのための7つの小品Op.145
コラール幻想曲「われらが神は堅き砦」Op.27
オルガンのための12の小品Op.80-7
スケルツォ嬰へ短調
30の小コラール前奏曲Op.135a第11番-第16番
オルガンのための12の小品Op.80-8
ロマンスイ短調
30の小コラール前奏曲Op.135a第17番-第23番
ロマンスイ短調
.30の小コラール前奏曲Op.135a第24番-第30番
前奏曲とフーガ嬰へ短調
奏とパッサカリアニ短調
「国王陛下万歳」による変奏曲とフーガ
オルガンのための12の小品Op.65第1番-第6番
戸を高く上げよ/10.暁の星のいと美しきかな
おお、血と涙にまみれた御頭よ
おお嘆き、おお心の苦しみ
キリストは甦りたまえり
甘き死よ来たれ
コラール幻想曲「主よ、汝の怒りにてわれを罰するなかれ」Op.40-2
前奏曲とフーガホ短調Op.85-4
52のやさしいコラール前奏曲Op.67第39番-第44番
前奏曲とフーガ嬰ト短調
52のやさしいコラール前奏曲Op.67第45番-第52番
コラール幻想曲「おおわが魂よ、大いに喜べ」Op.30
オルガンのための12の小品Op.80第1番-第6番,第9番-第12番
3のコラール前奏曲Op.79b
オルガン組曲第1番ホ短調「バッハの手法による組曲」Op.16
オルガン組曲第2番ト短調Op.92
幻想曲とフーガハ短調Op.29
12のモノローグOp.63第7番-第12番
オルガン・ソナタ第1番嬰へ短調Op.33
5つのやさしい前奏曲とフーガOp.56第1番-第2番
52のやさしいコラール前奏曲Op.67第1番-第15番
5つのやさしい前奏曲とフーガOp.56第3番-第5番
12のモノローグOp.63第1番-第4番
52のやさしいコラール前奏曲Op.67第16番-第35番
後奏曲ニ短調WoO4第12番
オルガンのための3つの小品Op.7
バッハ:2声のインヴェンションBWV772-786
(M.レーガー&K.シュトラウベによるオルガン編曲)
52のやさしいコラール前奏曲Op.67第36番-第38番
前奏曲ハ短調WoO8第6番
フーガハ短調WoO4第8番
前奏曲とフーガニ短調WoO4第10番
バッハ:トッカータとフーガニ短調BWV913(M.レーガー編曲)
ベルナルド・ハース、
ルートガー・ローマン、
ハンス=ユルゲン・カイザー、
ヨーゼフ・スティル、
ステファン・フランク、
マルティン・ヴェルツェル、
エドガー・トラップ、
キルステン・シュトゥルム、
クリスティアン・バルテン、
ヴォルフガンク・リュプザム(以上,Org)

録音:1996年9月ドイツギーンゲン・アン・デア・ブレンツエヴァンゲリカル教会
1999年10月、2002年10月2010年7月2013年6月10-11日ドイツフルダ大聖堂
2001年10月21-22日、2003年7月8-9日、2007年10月24-25日、2008年6月23-25日、2009年7月4-5日、2013年6月4-5日ドイツトリエール大聖堂
2005年10月29-30日ドイツパッサウ大聖堂
2011年9月16-18日ドイツロッテンブルク,聖マルティン大聖堂
2012年8月28-29日ドイツマンハイムキリスト教会
2013年5月13日USAシカゴ大学ロックフェラー教会
2016年に没後100年を迎えるマックス・レーガー(1873-1916)のオルガン作品全集です。12人のオルガニストが、7台の異なる楽器を演奏して完成させたもので、楽器の音色の違いや、表現の違いを楽しむこともできるという素晴らしい16枚組です。バッハをはじめとするドイツのオルガン曲の伝統を引き継ぎながらも、独自のロマン的な和声と対位法を用いた一連の作品には、まさにドイツ的な堅固さと、技術的な困難さが溢れています。確かにとっつきにくさもありますが、じっくり聴いてみると、オルガンというもののすみずみを知り尽くしていなければ、また楽器に対する愛がなければ書けない作品であることに気が付くのではないでしょうか?学生時代のレーガーが友人とともに、バッハのインベンションをオルガン用に編曲した珍しい作品も興味深いものです。
8.501702H(17CD)
ドヴォルザーク:出版された管弦楽作品集
<CD1原盤8.550266>
1-4.交響曲第1番ハ短調「ズロニツェの鐘」B.9
5-9.伝説Op.59B.122第1番-第5番
<CD2原盤8.550267>
1-4.交響曲第2番変ロ長調Op.4B.12
5-9.伝説Op.59B.122第6番-第10番B.122
<CD3原盤8.550268>
1-3.交響曲第3番変ホ長調Op.10B.34
4-7.交響曲第6番ニ長調Op.60B.122
<CD4原盤8.550269>
1-4.交響曲第4番ニ短調Op.13B.41
5-8.交響曲第8番ト長調Op.88B.163
<CD5原盤8.550270>
1-4.交響曲第5番ヘ長調Op.76B.54
5-8.交響曲第7番ニ短調Op.70B.141
<CD6原盤8.550271>
1-4.交響曲第9番ホ短調「新世界より」Op.95B.178b
5.交響的変奏曲Op.78B.70
<CD7原盤8.550896>
1-3.ピアノ協奏曲ト短調Op.33
4.交響詩「水の精」Op.107B.195
<CD8>
1-3.ヴァイオリン協奏曲イ短調Op.53B.108
4.ロマンスヘ短調Op.11B.38
5.マズレックOp.49B.90
<CD9>
1-3.チェロ協奏曲ロ短調Op.104B.191
4.森の静けさOp.68-5B.182
5.ロンドOp.94B.181
<CD10原盤8.550143>
1-8.スラヴ舞曲第1番-第8番Op.46B.83
9-16.スラヴ舞曲第9番-第16番Op.72B.147
<CD11原盤8.550610>
1.狂詩曲イ短調Op.14
2-4.3つのスラヴ狂詩曲Op.45
<CD12原盤8.550598>
1.交響詩「真昼の魔女」Op.108B.196
2.交響詩「金の紡ぎ車」Op.109
B.197
3.交響詩「野鳩」Op.110B.198
<CD13>
1-5.弦楽のためのセレナードホ長調Op.22B.52
6-9.管楽のためのセレナードニ短調Op.44B.77
10.弦楽のためのノットゥルノロ長調Op.40B.47
11.5つのプラハ・ワルツB.99
12.ポルカ変ロ長調「プラハの学生たち」Op.53a-1B.114
<CD14>
1-7.小オーケストラのための7つの間奏曲B.15
8-12.チェコ組曲ニ長調Op.39B.93
13-17.組曲イ長調「アメリカ」Op.98bB.190
18.ポロネーズ変ホ長調B.100
19.祝典行進曲Op.54B.88
<CD15原盤8.223272>
1.歌劇「王様と炭焼き」Op.14B.42/141-序曲
2-4.歌劇「ジャコバン党員」Op.84B.159/200より
5-8.歌劇「悪魔とカーチャ」Op.112B.201より
9-10歌劇「ルサルカ」Op.114B.203より
11.歌劇「ディミートリー」Op.64B.127/186-序曲
12.歌劇「アルミーダ」Op.115B.206a-序曲
<CD16原盤8.550600>
1.序曲「プジェデフラ・ヴァンダ」Op.25B.55
2.序曲「自然の中で」Op.91B.168
3.序曲「謝肉祭」Op.92B.169
4.序曲「オセロー」Op.93B.174
5.序曲「わが故郷」Op.62B.125a
<CD17>
1.序曲「フス教徒」Op.67B.132
2.歌劇「いたずら百姓」Op.37B.67a-序曲
3.悲劇的序曲Op.posthB.16a
4.スケルツォ・カプリッチョーソ変ニ長調Op.66B.131
5.交響詩「英雄の歌」Op.111B.199
アレクサンドル・トロスティアンスキ(Vn)…CD8:5
イェネ・ヤンドー(P)…CD7:1-3
イリヤ・カーラー(Vn)…CD8:1-4
ドミトリー・ヤブロンスキー(Vc)…CD9:4-5
マリア・クリーゲル(Vc)…CD9:1-3
スロヴァキアPO…CD1:1-4、CD2:1-4、CD3、CD4、CD5、CD6、CD10、CD11、CD17:2-4
スロヴァキアRSO…CD1:5-9、CD2:5-9
ポーランド国立RSO…CD7、CD8:1-4、CD12、CD14:8-12.19、CD17:1.5
ロシアPO…CD8:5、CD9:4-5、CD13:10-12、CD14:1-7.13-18
ロイヤルPO…CD9:1-3
オスロ・フィルハーモニー・ウィンド・ソロイスツ…CD13:6-9
カペラ・イストロポリターナ…CD13:1-5
スロヴァキア国立コシツェPO…CD15
BBCフィル…CD16
スティーヴン・ガンゼンハウザー(指)…CD1、CD2、CD3、CD4、CD5、CD6、CD12、CD16、CD17:2
アントニ・ヴィト(指)…CD7、CD14:8-12.19、CD17:1.5
カミラ・コルチンスキー(指)…CD8:1-4
ドミトリー・ヤブロンスキー(指)…CD8:5、CD13:10-12、CD14:1-7.13-18
ミヒャエル・ハラース(指)…CD9:1-3
フェリックス・コロドフ(指)…CD9:4-5
ズデニェク・コシュラー(指)…CD10、CD11:2-4、CD17:4、
リボル・ペシェク(指)…CD11:1
ヤロスラフ・クレチェク(指)…CD13:1-5
ロベルト・スタンコフスキー(指)…CD15
リボル・ペシェク(指)…CD17:3

録音:<CD1>1990年5月…1-4/1991年5月…5-9
<CD2>1990年5月…1-4/1991年5月…5-9
<CD3>1990年5月4-9日
<CD4>1989年2月
<CD5>1989年2月
<CD6>1989年3月1-2日…1-4、11月10.11日…5
<CD7>1993年11月9-13日
<CD8>1994年3月28-31日…1-4、2003年10月10-12日…5
<CD9>1991年11月8-10日、2003年10月10-12日…4-5
<CD10>1987年9月、1988年3月19-22日
<CD11>1986年3月…1、1987年9月…2-4
<CD12>1992年9月1-6日
<CD13>1990年5月6-11日…1-5、1996年11月4-6日…6-9、2003年10月10-12日…10-12
<CD14>2003年10月10-12日…1-7.13-18、1994年4月11-15日…8-12.19
<CD15>1989年2月22-28日
<CD16>1992年3月23-24日
<CD17>1994年4月11-15日…1、1987年7月12-22日…2、1986年3月…3、1988年3月19-22日…4、1993年10月12-13日…5
日本でも大人気のドヴォルザークですが、実際のところ誰もが知っている「新世界より」や第8番の交響曲、チェロ協奏曲など一部の曲以外は、あまり聞く機会がないのではないでしょうか?交響曲でも、標題のついている第1番「ズロニチェの鐘」は別にして、第2番や第3番はなかなか耳にすることがありません。交響詩も同じであり、オペラに至っては「ルサルカ」も美しいアリアが知られている程度。最近ようやく「チェコ組曲」が人気を得たかな。と言ったところでしょう。無論、特定の曲だけで普遍の人気を獲得したドヴォルザークの偉大さには瞑目しますが、そろそろ他の曲もじっくり聞いてみてもよいのでは?この17枚組でチェコの自然にどっぷり浸かってみてはいかがでしょう。

8.501901
(19CD+DVD)
イディル・ビレット:ベートーヴェン・エディション
ピアノ・ソナタ全集
ピアノ協奏曲全集
合唱幻想曲
交響曲全集(リスト編)

《DVD…2.110282》
1.イディル・ビレットによるベートーヴェン録音集ができるまで
2.アントニ・ヴィトとの共演によるベートーヴェン・ピアノ協奏曲第2.3.4.5番
3.アンコール:バッハ:コラールBWV307/734,ヘンデル:メヌエット,ブラームス:ハンガリー舞曲第1番
イディル・ビレット(P)
オズゲキャン・ジェンチェル(S)
グルベン・オジシク・キャヤン(S)
セマ・バイサル(A)
キャン・セルハット・サイジ(T)
エテム・デミール(T)
アリ・シナン・グルセン(Bs)
トルコ州立ポリフォニックCho
アントニ・ヴィト(指)ビルケントSO

録音:1985〜2008年
トルコの名ピアニスト、イディル・ビレット。彼女はかのマルタ・アルゲリッチと同じ年に生まれ、数々の偉業を成し遂げてきたにもかかわらず、日本ではイマイチ知名度がない人。(もちろんNAXOSファンの間ではお馴染みですが…)その原因はただ単に、日本に来ないため、広く知られる機会がないだけなのではないでしょうか?この彼女のベートーヴェンBOXは、全19枚のCDに、ソナタ、協奏曲、そしてEMIへ録音していたリスト編曲の「交響曲集」が全て収録されています。そして嬉しいことに、アントニ・ヴィトと共演したピアノ協奏曲第2番-第5番までの映像と、インタビューなどが収録されたDVDも同梱されているという嬉しいもの。まさに記念碑的BOXといえるのではないでしょうか?

8.502400(25CD)
ハイドン:弦楽四重奏曲全集 コダーイ・クワルテット
8.503069(3CD)
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集
合唱幻想曲ハ短調Op.80
イディル・ビレット(P)
アントニ・ヴィト(指)ビルケントSO
オズゲキャン・ジェンチェル(S)
グルベン・オジシク・キャヤン(S)
セマ・バイサル(A)
キャン・セルハット・サイジ(T)
エテム・デミール(T)
アリ・シナン・グルセン(Bs)
トルコ州立ポリフォニックCho

録音:2008年
数あるレパートリーの中でも、名ピアニスト、イディル・ビレットが力を入れているのがベートーヴェンの作品集です。この協奏曲は、ソナタなどの独奏曲などのような自由さ満点の演奏とは違い、かなり古典的なアプローチで臨んでいるのが特徴です。アーティキュレーションはリズムがしっかりと制御され、明確な像を結びます。これはヴィトの指揮によるものも大きいことでしょう。第1番から第5番までの協奏曲全曲に加えて「合唱幻想曲」も収録。こちらも期待に違わぬ名演です。
8.503229(3CD)
リュリ:グラン・モテ集

CD1…第1集 8.554397》
テ・デウム/われを憐れみたまえ
手を打ち喜べガリアの国よ

CD2…第2集 8.554398》
人々は泣き叫ぶかのごとく
おお信仰の涙/怒りの日/深き淵より

CD3…第3集 8.554399》
主は汝の声を聞き(詩篇第19番)
おお、いと甘き主よ(プティ・モテ)
ノトゥス・イン・ユダエア・デウス(詩篇第75番)
主の僕たちよ、主をほめたたえよ(詩篇第112番)(プティ・モテ)
ベネディクトゥス
エルヴェ・ニケ(指)
ル・コンセール・スピリチュエル
イタリア出身ながらも、ルイ14世の寵愛を受け、作曲家&踊り手として活躍。多くのバレ(フランスではこう呼ばれました)を作曲したリュリ(1632-1687)は、宗教音楽も多数残しています。そんなリュリの宗教曲を、ニケ&ル・コンセール・スピリチュエルによる誉れ高き名演のセットでお楽しみください。グラン・モテとは、室内編成または標準編成のオーケストラが声楽を伴奏するモテットのことで荘厳な響きが楽しめます。それに対してプティ・モテとはオルガンと通奏低音が伴奏するモテットで、このBOXの中にも数曲含まれていて、こちらは素朴で簡素な美しさが楽しめます。
8.503268(3CD)
アントニ・ヴィト指揮によるヘンリク・グレツキ:作品集
<CD1…8.550822>
1-3.交響曲第3番「悲歌のシンフォニー」Op.36
4-6.3つの古い様式の小品
<CD2…8.555375>
1.主を信ずる者は幸いなりOp.38
2-3.交響曲第2番「コペルニクス党」Op.31
<CD3…8.572872>
1-4.サートゥン・ポルカのための小レクイエムOp.66
5-8.コンチェルト・カンタータOp.65
9-10.ハープシコード協奏曲Op.40(ピアノ版)
11-13.3つの舞曲Op.34
<CD1>
ゾフィア・キラノヴィチ(S)…1-3
アントニ・ヴィト(指)ポーランド国立放送SO
<CD2>
アンジェイ・ドッバー(Br)…1
ゾフィア・キラノヴィチ(S)…2-3
ポーランド放送Cho
シレジア・フィルハーモニーCho
アントニ・ヴィト(指)ポーランド国立放送SO
<CD3>
アンナ・ゴレツカ(P)…1-4.9-10
キャロル・ウィンセンス(Fl))…5-8
アントニ・ヴィト(指)ワルシャワPO

<CD1>録音1993年12月カトヴィツェポーランドラジオ・コンサート・ホール
<CD2>2000年11月18-19日カトヴィツェグルツェゴルツ・フィテルベルク・コンサート・ホール
<CD3>2011年4月29日…1-4、2011年9月6-7日…5-8、2011年4月28日…9-10、2011年4月26日…11-13ワルシャワ・フィルハーモニー・コンサート・ホール
1933年、ポーランド南部の都市に生まれたヘンリク・グレツキ(1933-2010)。作曲家として活動を始めた初期の頃は、極めて前衛的な作品を書き、トーン・クラスター(一度に数多くの音を鳴らす技法)や、ノイズなどを積極的に用いた音楽……しかし、この当時には同じような作風を持つ作曲家が数多く存在していた……を書いていました。しかし、1970年代から突如、自らの音楽に深淵なる宗教性を取り入れ、その作風もシンプルになり、和声も全音階的なものにあっていきます。そして彼の名を決定的に高めたのが「悲歌のシンフォニー」と呼ばれる交響曲第3番です。この作品はシンプルであり、透明であり、そして浄化の光に溢れています。現代音楽とは何か?と議論が高まる今日この頃、このような音楽の存在に思いを馳せるのもよいのではないでしょうか。グレツキ音楽の最良の案内人、ヴィトの指揮で。


NAXOS-8.503293
(30CD)
完全限定盤
ディスク1 【8.554609】
バッハ:管弦楽曲・協奏曲全集第8集(管弦楽組曲集)
管弦楽組曲 第1番〜第4番
カルル・カイザー(Fl)
H.ミュラー=ブリュール(指)ケルンCO
ディスク2 【8.550045】
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」
第23番「熱情」、第14番「月光」
イェネ・ヤンドー(P)
ディスク3 【8.573489】
ブラームス:チェロ・ソナタとチェロで奏でる歌曲
チェロ・ソナタ第1番ホ短調Op.38
6つの歌曲(G.シュヴァーベ&N.リンマーによるチェロとピアノ編)<5月の夜Op.43-2/便りOp.47-1/愛の炎Op.47-2/失望Op.72-4/夏の夕べOp.85-1/ナイチンゲールOp.97-1>*
チェロ・ソナタ第2番ヘ長調Op.99
ガブリエル・シュヴァーベ(Vc)
ニコラス・リンマー(P)

録音:2014年12月16-18日ドイツブレーメンゼントザール
*=世界初録音
自己の作品の完成度に対して、非常に厳しい態度を取っていたブラームスは、18歳の頃に書いたチェロ・ソナタを完全に破棄してしまいます。その後も紆余曲折を経て、最終的に残されたのは、1865年に完成された第1番のチェロ・ソナタと、その後21年を経て書かれた第2番の2曲のみ。どちらの作品もチェロには高い技術が求められるのと同時に、ピアノ・パートも極めて精緻に書かれていることで知られています。幾度かの逡巡の末、緩徐楽章を削除して3楽章形式として完成させた第1番は、少しだけ冷たい雰囲気を持つ仄暗い第1楽章で始まります。音符たちが踊るような第2楽章、ブラームスらしい対位法を駆使した第3楽章と、見事な手法が際立つものです。それに比べ第2番は、冒頭から溢れる自信が感じられる美しい旋律で始まり、美しい第2楽章と、さざめく心が映し出された不安気な第3楽章を経て、民謡風な優しい終楽章で曲を閉じるという、全体的に余裕が感じられる曲となっています。この2つの曲間を埋めるかのように、ここでの演奏家たちが編曲した5曲の歌曲のチェロとピアノ版が置かれているところが、このアルバムの見事なところでしょう。ブラームスの歌曲は、チェロで演奏することでまた違った美しさが溢れ出すのです。
ディスク4 【8.553452】
ブルックナー:交響曲第5番
ゲオルク・ティントナー(指)
ロイヤル・スコティッシュO
ディスク5 【8.554540】
ショパン
:ピアノ協奏曲第1番/第2番
イディル・ビレット(p)、
ロベルト・スタンコフスキー(指)
スロヴァキア国立コシツェPO
ディスク6 【8.559758】
コープランド:ロデオ-1幕のバレエ(1942)-4つのダンス・エピソード<カウボーイの休日/畜舎の夜想曲/土曜の夜のワルツ/ホーダウン>
ダンス・パネル:7部のバレエ(1959/1962改)
エル・サロン・メヒコ(1932/1936改)
キューバ舞曲(1942/1945改)
レナード・スラットキン(指)
デトロイトSO

録音:デトロイト,マックス.M.フィッシャー・ミュージック・センター,オーケストラ・ホール2012年11月9-11日、2012年11月12-14日
あまりにもカッコいい演奏なので、これらの曲の演奏がとても難しいということを一瞬忘れそうになってしまう、スラットキンのコープランド作品集です。誰もが知っているロデオからの「4つのエピソード」を始め、すばらしい出来なのにあまり知られていない「ダンス・パネル」、複雑なリズムが交錯する「キューバ組曲」、そして(ノリノリの演奏の場合のみ)狂乱の熱狂をもたらす「エル・サロン・メヒコ」。これらはちょっとでもリズム感が狂ったものなら、たちまちダサい音楽へと転落してしまうという、実に気難しい作品群なのです。これらを颯爽をさばいていくスラットキンとデトロイトSOの勇姿は、まるで荒馬を易々と乗りこなすカウボーイの如く。これぞまさしく「真のアメリカ音楽」です!
ディスク7 【8.559635】
ドアティ:メトロポリス・シンフォニー他
オーケストラのための「メトロポリス・シンフォニー」
ピアノとオーケストラのための「デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)」
メアリー・キャスリン・ヴァン・オズレイル(Vn)
エリック・グラットン(Fl)
アン・リチャーズ(Fl)、テレンス・ウィルソン(P)
ジャンカルロ・ゲレーロ(指)ナッシュヴィルSO
1938年に原作ジェリー・シーゲルおよび作画ジョー・シャスターにより、アクション・コミックス誌第1号で初登場した世紀のヒーロー、スーパーマン。このメトロポリス・シンフォニーは彼の生誕50周年を記念してドアティ(1954-)がより現代的なモティーフを用いて作曲、5年の歳月をかけて完成されたものです。各々の楽章にはスーパーマンに関係した名称が与えられ、例えば第1楽章では、彼の宿敵であるレックス・ルーサーはヴァイオリンの超絶技巧で表現されるという奇想天外な作品となっています。もう1つの作品である「デウス・エクス・マキナ」は列車を音楽にした作品。「鉄」の方々必聴のアイテムと言えるでしょう。
ディスク8 【8.572584】
ドビュッシー:管弦楽作品全集第8集
前奏曲第1巻
前奏曲第2巻(以上,P.ブレイナーによる管弦楽編曲版)
準・メルクル(指)
ロイヤル・スコティッシュ・ナショナルO
BOXはリヨン管で創り上げたかった・・・というのが拘りでした。そのため、あの時は別ヴァージョンで仕上げました。でもバラで1枚1枚買ってくださった方には大変申し訳ない。ということで、準・メルクルがオーケストラを変えて録音したのは、NAXOSお馴染みの編曲家ブレイナーによる「24の前奏曲」という変わり種です。これならば、全く違う演奏をお楽しみいただけることでしょう。もちろん、C.マシューズの版でお楽しみいただいている方にも胸を張ってご紹介できる逸品です。現代における「管弦楽法の魔術師」ブレイナーの精妙かつ美しいオーケストラ編曲は、もともとこの曲集がオーケストラを想定していたかのような嵌り具合をみせています。
ディスク9 【8.573279】
ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲集第1集
ピアノ三重奏曲第3番ヘ短調Op.65,B.130
ピアノ三重奏曲第4番ホ短調「ドゥムキー」
テンペスト三重奏団
<イリヤ・カーラー(Vn)
アミット・ペレドゥ(Vc)
アーロン・ゴールドスタイン(P)>

録音:2013年5月26-29日USAメリーランド
ディスク10 【8.570714】
オールソップ/「新世界」
ドヴォルザーク:交響的変奏曲、
交響曲第9番「新世界より」
マリン・オールソップ(指)
ボルティモアSO
ボルティモア交響楽団とオールソップによる3枚のドヴォルザーク・シリーズ。最初のアルバム「新世界」の登場です。ホールに漲る熱気をさらりとかわすオールソップの粛々とした指揮ぶりをご堪能ください。むやみに感傷に流され過ぎることのない第2楽章はとりわけ新鮮に感じられることでしょう。美しいメロディが次々と変容していく「交響的変奏曲」も美しさが満ち溢れています。
ディスク11 【8.550503】
エルガー:チェロ協奏曲ホ短調、
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調
マリア・クリーゲル(Vc)、
ミヒャエル・ハラース(指)RPO
ディスク12 【8.557273】
エルガー:行進曲集
戴冠式行進曲 Op.65、
葬送行進曲(付随音楽「グラニアとディアミド」Op.42 より)、
行進曲「威風堂々」、
カンタータ「カラクタクス」〜行進曲、
付随音楽「インドの王冠」〜ムガール皇帝たちの行進曲、
帝国行進曲、
交響的前奏曲「ポローニア」Op.76
ジェイムズ・ジャッド(指)
ニュージーランドSO
有名な「威風堂々第1番」だけではなく、王室付きの作曲家も務めたエルガーは行進曲の名手。現在にまで続く、イギリス行進曲の伝統を生み出した作品群とも言えるでしょう。日本にも客演回数の多いジャッドの指揮で。
ディスク13 【8.573161】
グリエール:交響曲第3番ロ短調「イリヤ・ムーロメツ」Op.42(1911)
ジョアン・ファレッタ(指)
バッファローPO

録音2013 年5 月3-5 日ニューヨークバッファロー,クレインハウス・ミュージック・ホール
ロシア、キエフで生まれ、モスクワ音楽院でタネーエフ、アレンスキーらに作曲を学んだグリエール(1875-1956)。しかし実は彼の父はドイツ人で、母はポーランド人。祖先を辿ってもロシア人はいなかったようです。そんなグリエール、バレエ音楽「けしの花」や幾つかの協奏曲が知られていますが、この交響曲第3 番は彼の最高傑作として讃えられる見事な作品です。このイリヤ・ムーロメツとは中世ロシアの伝説上の英雄の名前。並外れた力持ちであったとされ、数多くのエピソードが伝えられています。グリエールはそんな英雄にまつわる4 つのエピソードを選び出し、重厚な交響曲を描きだしました。ロシア国民主義と後期ロマン派の手法を結びつけた表現的で雄大な作品からは、例え、ムーロメツの個性を知らずとも、各々の聴き手の脳裡にその人物像が鮮明に浮かび上がるだけの表現力が溢れ出しています。ファレッタの指揮は、グリエールの完膚なきまでの構築性を存分に浮かび上がらせています。
ディスク14 【8.550822】
グレツキ:交響曲第3番「嘆きの歌の交響曲」、
3つの古代風小品
ゾフィア・キラノヴィッツ(S)、
アントニ・ヴィト(指)
ポーランド国立放送カトヴィツエSO響
ディスク15 【8.570236】
グリーグ:管弦楽作品集 第4集
ペール・ギュント組曲第1番
ペール・ギュント組曲第2番 Op. 55
ビョルンソンの「漁夫の娘」による4 つの詩 Op. 21〜初めての出会い、
山の精とらわれし者 Op. 32 5、
6 つの歌 EG 177
インガー・ダム・イエンセン(S)、
パレ・クヌーセン(Br)、
ビャルテ・エンゲセト(指)マルメSO
イプセンの戯曲「ペール・ギュント」へのグリーグ(1843-1907)の付随音楽は、ノルウェーの伝説的人物を題材とした5 幕の劇 に付けられた26 曲からなる大作です。初演時から大成功を収め、とりわけ、この中から選んだ各4 曲からなる組曲は ノルウェーのみならず全世界の人々に愛されています。物語の方は実に荒唐無稽、略奪愛、冒険、魔物との戦い・・・そして 無償の愛。
ディスク16 【8.557764】
ヘンデル:水上の音楽(組曲 第1番 〜第3番)、
王宮の花火の音楽
ケヴィン・マロン(指)
アレイディア・アンサンブル
カナダのトロントを本拠として活動し、ナクソスではヴィヴァルディ、シャルパンティエなど多くのバロック〜古典派作品を録音している団体が、ヘンデルの2大名曲を演奏。「王宮の花火の音楽」では自筆譜をあたってフラウト・トラヴェルソを加えるという新解釈も。
ディスク17 【8.550315】
エルデーディ四重奏曲Vol.2
ハイドン:弦楽四重奏曲第78番/79番/80番
コダーイQ
ディスク18 【8.570517】
リスト:ピアノ協奏曲集
ピアノ協奏曲第1番、
ピアノ協奏曲第2番、死の舞踏
エルダー・ネボルシン(P)、
ヴァシリー・ペトレンコ(指)
ロイヤル・リヴァプールPO
エルダー・ネボルシンは1974年ウズベキスタン生まれ。サンタンデール国際ピアノコンクールなどの国際コンクールを制覇し、華々しい活動を行いいくつかのCDもリリースしている実力派なのです。NAXOSレーベルには既にラフマニノフの前奏曲集(8.570327)がありますが、このリスト(1811-1886)も文句なく素晴らしい演奏です。豪放な1番、真摯な2番、そして「死の舞踏」。ペトレンコの熱い指揮も嬉しい「燃える」リストをどうぞ。
ディスク19 【8.557011】
モーツァルト:フルート協奏曲集
フルート協奏曲 第2番 、
フルートとハープのための協奏曲*、
フルート協奏曲 第1番
パトリック・ガロワ(Fl, 指)、
ロデリック・ショー(cemb)、
ファブリス・ピエール(hp)*、
カタリーナ・アンドレアソン(指)
スウェーデンCO
ディスク20 【8.572827】
ノルウェーのヴァイオリン名曲集
スパッレ・オルセン(1903-1984):ノルウェイ、ロムからの6つの古い村の歌
アッテルベリ:ヴァイオリン,ヴィオラ,弦楽オーケストラのための組曲第3番(2台ヴァイオリンと弦楽版)…世界初録音
ステーンハンマル:ヴァイオリンとオーケストラのための2つの感傷的なロマンス
ブル:ハヴァナの思い出
 山の幻影(ヴァイオリンと弦楽合奏版)
ハルヴォルセン(1864-1935):ヴァイオリンとオーケストラのためのノルウェイ舞曲第3番
シベリウス:ヴァイオリンとオーケストラのための6つのユモレスクOp.87&89
シンディング:晩景Op.120
ヘンニング・クラッゲルード(Vn多重録音)
ビャルテ・エンゲセト(指)
ダーラシンフォニエッタ
シベリウス、シンディングの協奏曲であまりにも繊細で美しいヴァイオリンを響かせるかと思うと、シンディングの知られざる小品を丹念に発掘し、知られざる名作に光をあてる・・・そんな若きヴァイオリニスト、ヘンニング・クラッゲルードの新しいアルバムは、ほとんど耳にする機会もないような北欧のヴァイオリン作品を集めたものです。1800年代の終わりから1900年代の始めに集中的に書かれたこれらの作品は、どれも新鮮な響きの中に、甘い憧憬と、胸がちょっぴり痛むような感傷が込められていて、例え初めて耳にする曲だとしても、昔からの知人と会った時のような懐かしさに心がふるえることでしょう。クラッゲルードは曲によっては多重録音を用い、これらの持つ魅力を100%伝えることに成功しています。
ディスク21 【8.573469】
ラフマニノフ:絵画的練習曲Op.39
楽興の時Op.16
ボリス・ギルトブルク(P)

録音:2015年6月15-17日UKモンマス,ウィアストン・レイズコンサート・ホール
NAXOS期待のピアニスト、ボリス・ギルトブルクの新アルバムは、彼が得意とするラフマニノフ(1873-1943)の2つの曲集です。以前、他レーベルからリリースされたピアノ・ソナタ第2番での表現…叙情性と攻撃性の程よいバランスは、彼とラフマニノフの相性の良さを物語るものでしたが、ここでは一層の親密さを見せてくれます。ラフマニノフ自身が「音楽から連想したものを自由に描き出せばよい」と語ったという「音の絵」は、出版経緯の紆余曲折があり、完全な形で世に出たのは1969年、ラフマニノフの死後のことでした。実際は両手のための練習曲で、どの曲も超絶技巧が凝らされており、演奏は非常に難しいことで知られています。第6曲は「赤頭巾ちゃんとオオカミ」と評されている曲で、ギルトブルク自身も、アルバムのブックレットの中でこの曲についての感想を詳細に記しています(英語)。「楽興の時」も技巧的な作品で、これら6つの曲の中には様々な楽想と形式が取り入れられており、弾き手は指の鍛錬とともに、高い表現力を養わなくてはいけないと言う難曲です。もちろんギルトブルクはこれらの曲を完全に手中に収め、変幻自在な音で聴き手を魅了します。
ディスク22 【8.572787】
リムスキー=コルサコフ:組曲「雪娘」
交響的絵画「サトコ」
組曲「金鶏」 他
シアトルSO
ジェラード・シュワルツ(指)

録音:2011年3月
ロシア音楽、なかでもグラズノフやリムスキー=コルサコフの珍 しいレパートリーもNAXOSが得意とする分野です。この管弦 楽による組曲集では、敢えてロシアのオーケストラではなく、 シュワルツ率いるシアトル交響楽団を起用したところが特徴。 絢爛豪華な音色に魅了される1枚です。
ディスク23 【8.550729】
ヴィラ=ロボス:ギターと小管弦楽の為の協奏曲、カステルヌオーヴォ=テデスコ:ギター協奏曲第1番、ロドリーゴ:アランフェスの協奏曲
ノーバート・クラフト(g)、
ニコラス・ウォード(指)ノーザン室CO
ディスク24 【8.553436】
ロッシーニ:歌劇「セヴィリアの理髪師」(ハイライト)
フランコ・デ・グランティス(Bs)
ソニア・ガナッシ(Ms)他
ファイローニ室内O
ウィル・ハンバーグ(指)

録音:1992年11月
NAXOSはオペラの録音も積極的に手掛けています。この 《セヴィリアの理髪師》はオペラ全曲録音の最初期のアルバム ですが、当時注目され始めた歌手を起用した若々しい歌唱 が魅力。ロッシーニならではの軽妙な音楽運びも存分に楽し めます。
ディスク25 【8.572216】
サラサーテ:ヴァイオリンと管弦楽のための作品集第2集
カルメン幻想曲Op.25
グノーの「ロメオとジュリエット」による演奏会用幻想曲Op.5
ロシアの歌Op.49(ヴァイオリンと管弦楽編)
ナイチンゲールの歌Op.29(ヴァイオリンと管弦楽編)
狩りOp.44
ホタ・デ・パブロOp.52(ヴァイオリンと管弦楽編)
楊天堝(Vn)
エルネスト・マルティネス=イスキエルド(指)
ナバーラSO
有名な「カルメン幻想曲」で始まるこのアルバムは、NAXOS期待の新人、1987年生まれの楊天堝によるサラサーテ(1844-1908)の管弦楽とヴァイオリンのための作品集第2集になります。冒頭から素晴らしい緊張感と美音に満ちた彼女の演奏に引き込まれない人はいないでしょう。彼女はNAXOSのサラサーテ録音を一手に引き受けていますが、リリースが進むごとに成熟度が高まるのはさすが!少女時代から数多くのコンクールを制覇し、アイザック・スターンに学び、13歳でパガニーニの「24の狂詩曲」を録音、世界各国のオーケストラとも共演する彼女の今後が本当に楽しみです。サラサーテは一部の曲のみばかりが知られますが、こんなに良い曲があるとは!と驚かれた人も多いはず。情熱的な曲をもっと聴きたい方は第1集(8.572191)か、ピアノとヴァイオリンのための作品集の第1集(8.557767)、第2集(8.570192)もどうぞ。
ディスク26 【8.570724】
シマノフスキ:スターバト・マーテル
聖母マリアの典礼 他
イヴォナ・ホッサ(S)他
ワルシャワPO&cho
アントニ・ヴィト(指揮)

録音:2007年6月
ポーランドの指揮者ヴィトが得意とする作曲家の一人、シマノ フスキ。「スターバト・マーテル」は神秘的な響きと精緻な合唱 が持ち味の美しい作品で、作曲家の特質が存分に表出され ています。
ディスク27 【8.557770】
タリス:汝のほかにわれ望みなし(40声のモテット)、
めでたし清らかなおとめ(モテット)、
ミサ曲「めでたし清らかなおとめ」、
全ての心と口にて、
おお主よ彼らを苦しめよ、
おお主よ私は汝によびかけ
ジェレミー・サマリー(指)
オックスフォード・カメラータ
タリスは、イギリスの大聖堂に響き渡る多数の教会作品を作曲。特に40声部のポリフォニーを駆使したモテットは人気曲であり、ナクソスではおなじみのオックスフォード・カメラータが完璧に歌い上げています。
ディスク28 【8.570568】
NAXOS-
チャイコフスキー:マンフレッド交響曲他
マンフレッド交響曲
交響的バラード「ヴォエヴォーダ」
ヴァシリー・ペトレンコ(指)
ロイヤル・リヴァプールPO

録音 2007年6月20-21日イギリス リヴァプール,フィルハーモニック・ホール
ヴァシリー・ペトレンコは1976年生まれ。サンクトペテルブルク音楽院であのイリヤ・ムーシンやテミルカーノフに指示した、今後の活躍が期待される逸材です。演奏はなかなかに豪壮!ソ連時代の指揮者のような野太いサウンドよりも洗練されたスタイリッシュなフォルムの音楽作りを行なっていますが、決して平均的にグローバル化した音作りではなく、表情の押しの強さ、響きの濃厚さなど、ロシア音楽の醍醐味を満喫させてくれる点は無視できません。オケの統率力、牽引力も抜群!第2楽章冒頭の木管の細かな音型もポコポコと軽く浮遊せず、一音一音を強固に刻印。音を有機化させる意思がこんなところにまで浸透しているのです。ペトレンコの実力を最高に発揮されているのが終楽章。いくらでも下品に鳴らすことも可能なこの楽章を、美しいフォルムを維持したまま、芯が強くぶれないダイナミズム惜しげもなく披露。中間部の沈静に見るハーモニーの均衡とデリカシーも必聴。オルガン登場以降の呼吸の深さはもはや巨匠級!最近台頭している若手指揮者の中には、変に自己顕示が目立つ人もいますが、ペトレンコにはそんな嫌らしさがないのです。したがって音楽の凄みをそのものを堪能することが可能となったのです、抜群に巧いオケの機能美、音質も優秀さも特筆もの。【湧々堂】
ディスク29 【8.557690】
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
ゆううつなセレナード
なつかしい土地の思い出(管弦楽編曲:グラズノフ)
ワルツ・スケルツォ
イリヤ・カーラー(Vn)、
ドミトリ・ヤブロンスキー(指)ロシアPO
ロシア生まれの名手による名協奏曲と、チャイコフスキーが残したヴァイオリン曲を網羅。パガニーニやドヴォルザークなどナクソス・ファンが注目してきたカーラーのCDですが、ことさらにテクニックをひけらかすのではなく丁寧な演奏が好感を得ているのでしょう。
ディスク30 【8.550056】
ヴィヴァルディ:合奏協奏曲「四季」
西崎崇子(Vn)、
スティーヴン・ガンゼンハウザー(指)
カペラ・イストロポリターナ

NAXOS-8.503294
(30CD)
NX-L01
ジェラード・シュワルツ・コレクションBOX
■CD1
R・シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」Op.20 TrV156
交響詩「死と変容」Op.24 TrV158
交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」Op.30 TrV176
■CD2
R・シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」Op.28 TrV171
歌劇「ダナエの愛」-はじめに Op.83 Trv278
二重協奏曲 へ長調 Trv293*
クープラン(R・シュトラウス編):小オーケストラのためのディヴェルティメント Op.86 Trv245b#
■CD3
ブラームス:交響曲 第3番 へ長調 Op.90
交響曲 第4番 ホ短調 Op.98
■CD4
ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 Op.68
ハンガリー舞曲 WoO1(抜粋)
 第5番:嬰ヘ短調
 第6番:変二長調
 第7番:ニ短調
 第16番:ヘ短調
ウェーベルン:Langsamer Satz 緩徐楽章*
■CD5
ブラームス:交響曲 第2番 ニ長調 Op.73*
メンデルスゾーン:歌劇「異国からの帰郷」Op.89-序曲*
ドヴォルザーク:管楽セレナード ニ短調 Op.44 B77
■CD6
ブラームス:セレナード 第1番 ニ長調 Op.11
ドヴォルザーク:チェコ組曲 ニ長調 Op.39 B93
■CD7
シェーンベルク:弦楽四重奏と管弦楽のための協奏曲 変ロ長調(原曲:ヘンデル)
室内交響曲 第1番 Op.9
管弦楽のための5つの小品 Op.16(F.グレイスル編)
■CD8
ブラームス(シェーンベルク編):ピアノ四重奏曲 ト短調 Op.25(管弦楽版)*
シューベルト:交響曲 第3番 ニ長調 D200
■CD9
エリオット・カーター:ミノトール
アーヴィング・ファイン(1914-1962):ノットゥルノ
ファイン:シリアス・ソング
バーバー:弦楽オーケストラのためのセレナード Op.1
カーター:エレジー
 3のためのカノン-ヴァージョン1
 3のためのカノン-ヴァージョン2
■CD10
ダイアモンド(1915-2005):弦楽オーケストラのためのラウンズ
スティーヴン・アルバート(1941-1992):山の花
ジョージ・パリー(1915-2009):セレナード 第3番
パリー:ピアノ協奏曲
ルチア・ドルゴスツェウスキ(1931-2000):Space is a Diamond
チャールズ・ウィッテンバーグ(1927-1984):ポリフォニー
シュテファン・ヴォルペ(1902-1972):トランペットのための小品
■CD11
ヴィクター・ハーバート(1859-1924):チェロとオーケストラのための組曲 Op.3
弦楽オーケストラのための3つのコンポジションズ
弦楽オーケストラのためのセレナード Op.12

サムエル・ジョーンズ(1935-):テューバと管弦楽のための協奏曲(2005)
■CD12
アンジェイ・パヌフニク(1914-1991):交響曲 第10番(1988)
秋の音楽(1962/1965改編)
英雄的序曲(1952/1969改編)
聖なる交響曲(交響曲 第3番)(1963)
■CD13
シュレーカー:室内交響曲(1916)
ヒンデミット:室内音楽 第1番 Op.24-1
ブゾーニ:クラリネットと室内オーケストラのための小協奏曲 Op.48
オネゲル:室内協奏曲
■CD14
R・シュトラウス:組曲「町人貴族」Op.60-III Trv228b
■CD15
バーンスタイン:交響曲 第3番「カディッシュ」(1963/1977改編)
ディームズ・テイラー(1885-1966):ピーター・イベットソン Op.20(抜粋)
■CD16
ビゼー(シチェドリン編):カルメン組曲(1967)
ケルビーニ:交響曲 ニ長調(1815)
■CD17
ショスタコーヴィチ:交響曲 第10番 ホ短調 Op.93
リムスキー=コルサコフ:歌劇「ムラダ」-組曲*
■CD18
A・スカルラッティ:1-4.カンタータ「テブロ川のほとりで」
セレナータ「Endimione e Cintia」-Se geloso e il mio core
ヘンデル:6.アン王女の誕生日のためのオード HWV74-永遠の光の源
オラトリオ「サムソン」HWV57-第3幕「Let the bright Seraphim in
burning row」
ランペットのための組曲
テレマン:協奏曲 ニ長調
ヘルテル:5声の協奏曲
アルビノーニ:協奏曲 ハ長調
■CD19
フレスコバルディ:5つのカンツォーネ
フォンターナ:6つのソナタ
カッツァーティ:ソナタ ニ短調-ラ・ペリカーナ
フォターナ:バレとパセ・メッツォ
マルティーニ:ソナタ ニ短調
 ロマネスカ
テレマン:エア
■CD20
ビーバー:7声のソナタ ハ長調
ペツェル:ソナチネ 第61番
 ソナチネ 第65番
ビーバー:ソナタ ハ長調
ジョヴァンニ・ガブリエリ(1557-1612):ソナタ
シャイト(1587-1654):カンツォーナ
ラートゲーバー(1682-1750):協奏曲 変ホ長調 Op.6 第15番
ペツェル:ソナチネ 第62番-アンダンテ
 ソナチネ 第66番-アレグロ
モルター(1696-1765):シンフォニー ハ長調
ビーバー:2つのコーラスのためのソナタ
ピーター・マクスウェル・デイヴィス(1934-2016):トランペットとピアノのためのソナタ
■CD21
ハーバート・クラーク(1867-1945):Stars in a Velvety Sky(G.シューラーによるコルネットと室内アンサンブル編)
ガンサー・シュラー(1925-2015):インターリュード
W.M.スミス(1890-1937):3人の王(G.シューラーによる3つのコルネットと室内アンサンブル編)
シューラー:インターリュード
エドモンド・デデ(1827-1903):メフィスト・マスク(G.シューラーによる室内アンサンブル編)
ジョージ・モリソン(1891-1974):子守歌(G.シューラーによるトロンボーンと室内アンサンブル編)
シューラー:ヴァイオリン・インターリュード
J=B.アーバン(1825-1889):ベッリーニの「ノルマ」による変奏曲(G.シューラーによるコルネットと室内アンサンブル編)
クラーク:ネプチューンの宮廷(G.シューラーによるコルネットと室内アンサンブル編)
シューラー:モジュレーション
クラーク:Side Partners(G.シューラーによるコルネット、トロンボーンと室内アンサンブル編)
 3つのエース(G.シューラーによる3つのコルネットと室内アンサンブル編)
シューラー:モジュレーショナリー・インターリュード
ジョプリン(1868-1917):Pleasant Moments(G.シューラーによるコルネットと室内アンサンブル編)
シューラー:インターリュード
クラーク:Lake of Bays(G.シューラーによるコルネットと室内アンサンブル編)
クリル(1875-1961):ジョセフィーネ(G.シューラーによるコルネットと室内アンサンブル編)
クラーク:南十字星(G.シューラーによるコルネットと室内アンサンブル編)
ヴィンセント・バッハ(1890-1976):ハンガリーのメロディ(G.シューラーによるコルネットと室内アンサンブル編)
■CD22
ジェラード・シュワルツ(1947-):(1)Above and Beyond
ルドルフとジャネット
ホルン、ヴァイオリンとピアノのための三重奏曲
グリーンスリーヴスによる変奏曲
イン・メモリアム
ブラス・クィンテットとオーケストラのための協奏曲(ヘンデルの合奏協奏曲 へ長調 Op.6-9 HWV327:原曲)
グルーバー(1787-1863):きよしこの夜(シュワルツ編)
伝承曲:東方の三博士/ウィ・ウィッシュ・ア・メリー・クリスマス(シュワルツ編)
■CD23
バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第2番 へ長調 BWV1047
ヘンデル:合奏協奏曲 ト長調 Op.6-1 HWV319
メサイア HWV56-Rejoice Greatly
リナルド HWV7-涙の流れるままに
アレクサンダーの饗宴 HWV75-The Prince, Unable to Conceal His
Pain
バッハ(レスピーギ編):3つのコラール P167
ざ来ませ、異邦人の救い主よ BWV 659
わが魂は主をあがめ BWV648
目覚めよ、と呼ぶ声が聞こえ BWV645
パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582(P159)
バッハ(エルガー編):幻想曲とフーガ ハ短調 BWV537(Op.86)
■CD24
モーツァル:交響曲 第41番 ハ長調「ジュピター」K551
ベートーヴェン:交響曲 第8番 へ長調 Op.93
ベートーヴェン:プロメテウスの創造物 Op.43-序曲
ロッシーニ:シンフォニア ニ長調「コンヴェンテッロ」
 大序曲
■CD25
メンデルスゾーン:交響曲 第2番「讃歌」

シューマン:序曲,スケルツォと終曲 Op.52
ワーグナー:楽劇「神々の黄昏」-夜明け-ジークフリートのラインの旅-ジークフリートの葬送行進曲-終景
■CD26
ドヴォルザーク:交響曲 第6番
コダーイ:ガランタ舞曲
■CD27
R・シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」-組曲(G.シュワルツによる管弦楽版)
歌劇「影のない女」-交響的幻想曲 Trv234a
マーラー:交響曲 第10番 嬰へ長調-第1楽章 Adagio
■CD28
ボロディン:交響曲第3番 イ短調(未完…グラズノフによる管弦楽補筆版)
リムスキー=コルサコフ:歌劇「雪娘」-組曲
ショスタコーヴィチ:交響詩「十月革命」Op.131
ストラヴィンスキー:幻想的スケルツォ Op.3
 ナイチンゲールの歌
■CD29
ハンソン(1896-1981):交響曲 第1番 ホ短調「ノルディック」Op.21
メンニン(1923-1983):コンチェルタート「モビー・ディック」
ピストン(1894-1976):管弦楽のための組曲
ホヴァネス(1911-2000):前奏曲とクアドゥルプレ、フーガ Op.128
フート(1853-1937):組曲 ホ長調 Op.63
■CD30
ダイアモンド(1915-2005):交響曲 第4番
クレストン(1906-1985):祈りと舞曲 Op.58
ウィリアム・シューマン:交響曲 第3番
グリフィス(1884-1920):白クジャク
ハービソン(1938-):ルビー(セロニアス・モンク「 Ruby, My Dear」による)
ブライト・シェン(1955-):Tibetan Swing
■CD1
セルマ・ハンティ(Vn)
ジェラード・シュワルツ(指)/ロイヤル・リヴァプールPO
録音:2006年2月9日、2005年3月9-10日、2005年5月28日

■CD2
ジェラード・シュワルツ(指)
ロイヤル・リヴァプールPO
ディヴィッド・スミス(Cl)*
ケネス・マンディ(Fg)*
ロサンジェルス室内O*
ニューヨーク室内O#
録音:2006年3月8-9日:2005年10月31日:1980年12月:1986年9月

■CD3
ジェラード・シュワルツ(指)/シアトルSO
録音:2007年2月、2009年1月

■CD4
ジェラード・シュワルツ(指)
シアトルSO
クィーンズランドSO*
録音:2009年9月、1996年12月、2012年2月

■CD5
ジェラード・シュワルツ(指)
シアトルSO*
アラン・フォーゲル(Ob)
テリー・ロウ(Ob)
ディヴィッド・シフリン(Cl)
ギャリー・グライ(Cl)
ケネス・マンディ(Fg)
ジョン・ステインメッツ(Fg)
デイヴィッド・リドゥルズ(コントラFg)
ロビン・グラハムズ(Hrn)
リチャード・トッド(Hrn)
エリック・エイケン(Hrn)
ダグラス・デイヴィズ(Vc)
スー・ランニー(Cb)
ロサンジェルス室内O
録音:2010年5月、1991年5月、1981年3月

■CD6
ジェラード・シュワルツ(指)ロサンジェルス室内O
録音:1983年4月、1981年1月9日

■CD7
ジェラード・シュワルツ(指)
アメリカSQ
ニューヨーク室内SO
ロサンジェルス室内O
録音:1987年3月

■CD8
ジェラード・シュワルツ(指)
イースタン音楽祭O*
ニューヨーク室内SO
録音:2011年7月16日、1987年10月12日

■CD9
ジェラード・シュワルツ(指)
ニューヨーク室内SO
ジーン・デーン(Va)
スーザン・ジョリーズ(Hp)
ロサンジェルス室内O
ジェラード・シュワルツ(Tp)
ルイス・ランガー(Tp)
スタンリー・ローゼンツヴァイク(Tp)
録音:1988年12月、1987年10月13日、1980年4月2日、1972年

■CD10
ジェラード・シュワルツ(指)
ロサンジェルス室内O
ルーシー・シェルトン(S)
ニューヨーク室内SO
リチャード・グード(P)
ミュージック・トゥデイ・アンサンブル
ジェラード・シュワルツ(Tp)
録音:1980年4月2日、1986年、1983年11月、1972年

■CD11
ジェラード・シュワルツ(指)
ダグラス・ディヴィス(Vc)
ロサンジェルス室内O
クリストファー・オルカ(Tub)
シアトルSO
録音:1984年6月6-7日、2006年10月

■CD12
ジェラード・シュワルツ(指)/シアトルSO
録音:1996年

■CD13
ジェラード・シュワルツ(指)
デイヴィッド・シフリン(Cl)
デイヴィッド・ショスタク(Fl)
アラン・フォーゲル(イングリッシュホルン)
ロサンジェルス室内O
録音:1984年5月5日、1983年4月19日、1980年12月

■CD14
ジェラード・シュワルツ(指)
アキ・ショウコ(独奏Vn)
アンドレー・エメリアノフ(独奏Vc)
ニューヨーク室内SO&cho
録音:1989年

■CD15
ジェラード・シュワルツ(指)
ウィラード・ワイト(語り)
イヴォンヌ・ケニー(S)
ロイヤル・リヴァプールPO・cho
リヴァプール・フィルハーモニック・ユースcho
リヴァプール・メトロポリタン・大聖堂cho
シアトル交響cho
アンソニー・ディーン・グリフェイ(T)
ローラン・フラニガン(S)
ロリ・サマーズ(Ms)
バリー・ジョンソン(Br)
録音:2004年5月、1999年5月

■CD16
ジェラード・シュワルツ(指)/ロサンジェルス室内O
録音:1981年、1981年3月

■CD17
ショスタコーヴィチ:交響曲 第10番 ホ短調 Op.93
リムスキー=コルサコフ:歌劇「ムラダ」-組曲*
ジェラード・シュワルツ(指)
クィーンズランドSO
シアトルSO*

録音:2012年2月、2011年3月4日*

■CD18
ジェラード・シュワルツ(Tp)
ジュディス・ビーガン(S)
ケネス・クーパー(ハープシコード)
コロンビア室内アンサンブル
ロナルド・ローズマン(Ob)
スーザン・ウェイナー(Ob)
ドナルド・マッコート(Fg)
ウィリアム・スクライブナー(Fg)
ヴァージニア・ブレーワー(Ob)
エドゥワルド・ブレーワー(ハープシコード)
録音:1974年

■CD19
ジェラード・シュワルツ(Tp)
ジュリー・フェーヴズ(Fg)
ヘレン・カッツ(ハープシコード)
レオナルド・シャロウ(Fg)
アルバート・フーラー(ハープシコード)
録音:1996年、1971年

■CD20
ジェラード・シュワルツ(トランペット&指)
アラン・ディーン(Tp)
マーク・ゴールド(Tp)
リー・ソパー(Tp)
レイモンド・メーズ(Tp)
ローランド・コーロフ(ティンパニ)
ルイス・ランガー(Tp)
レオナルド・ヒンデル(Fg)
ケネス・クーパー(ハープシコード&オルガン)
ニュートン・マンスフィールド(Vn)
オスカー・レヴィナー(Vn)
フレッド・ズロトキン(Vc)
トーマス・ライセンビー(Tp)
ラリー・ウィルソン(ティンパニ)
ジョン・ウェール(Tp)
フレッド・ズロトキン(Vc)
ウルスラ・オッペンス(P)
録音:1972年

■CD21
ジェラード・シュワルツ(コルネット)
アレン・ディーン(コルネット)
マーク・グールド(コルネット)
ジョン・スワロウ(Tb)
ガンサー・シュラー(指)
コロンビア室内アンサンブル
録音:1977年

■CD22
ジェラード・シュワルツ(指)
アメリカ海兵隊バンド
ジェイソン K.フェティング中佐(指)
レスリー・ノートン(Hrn)
キャロライン・フーブル(Vn)
メリッサ・ローズ(P)
マリア・ラリオノフ(Vn)
ミュージック・オブ・リメンブランス
ジュリアン・シュワルツ(Vc)
シアトルSO
録音:2012年3月、2016年2月21日、2016年、2007年12月、2006年5月、2006年2月、2007年12月

■CD23
イェラード・シュワルツ(指)
ジェラード・シュワルツ(Tp&指)
デヴィッド・ショスタク(Fl)
アラン・フォーゲル(Ob)
マルジョリー・クランスバーグ(Vn)
ロサンジェルス室内O
アーリーン・オージェ(S)
モストリー・モーツァルト祝祭O
シアトルSO
録音:1980年、2008年5月、1990年10月、1989年10月、1990年1月.1991年1月

■CD24
ジェラード・シュワルツ(指)
ロサンジェルス室内O、LSO
録音:1984年、1981年3月

■CD25
ジェラード・シュワルツ(指)/シアトルSO
録音:1991年4月、1989年12月、1986年3月

■CD26
ジェラード・シュワルツ(指)/シアトルSO
録音:2009年5月、1989年9月

■CD27
ジェラード・シュワルツ(指)/シアトルSO
録音:2008年6月
1991年5月
2009年6月

■CD28
ジェラード・シュワルツ(指)/シアトルSO

録音:2010年1月、2011年3月、2000年2月、1990年4月5日、1988年1月

■CD29
ジェラード・シュワルツ(指)
イースタン音楽祭O
シアトルSO
録音:1988年9月、1994年11月、1991年3月、2013年7月

■CD30
ジェラード・シュワルツ(指)/シアトルSO
録音:1989年9月、1991年3月、2005年9月、1990年5月、2006年2月、2004年9月
■ジェラード・シュワルツ(1947-)
アメリカ合衆国の指揮者、トランペット奏者。 活動の初期はトランペット奏者として、ニューヨーク・フィルハーモニック、アメリカン・ブラス・クインテットなどで活動。1966年からは指 揮も始め、数多くのアメリカ音楽を演奏してきました。 1983年にはシアトル交響楽団の設立に尽力、1985年には音楽監督に就任し、DELOSレーベルに数多くの録音を成し遂げて います。その他、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団やニューヨーク室内管弦楽団、ロサンゼルス室内管弦楽団など多く のオーケストラを指揮、いくつかのレーベルに様々な音楽を録音しています。

このBOXには、トランペット奏者として活躍していた時期から、最近の録音までがまとめられています。なかでも初期のNonesuchと DELOSへの録音は貴重。シュワルツの音楽家としての足跡を辿るとともに、アメリカ音楽の変遷を知ることのできる貴重な30枚
8.503801(38CD)
シューベルト:歌曲全集BOX
1.第5集:8.554664-美しき水車屋の娘
2.第1集:8.554771-冬の旅
3.第2集:8.554663-白鳥の歌
4.第3集:8.554665-ゲーテの詩による歌曲集第1集
5.第13集:8.554666-ゲーテの詩による歌曲集第2集
6.第16集:8.554667-ゲーテの詩による歌曲集第3集
7.第6集:8.554740-シラーの詩による歌曲集第1集
8.第8集:8.554741-シラーの詩による歌曲集第2集
9.第18集:8557369-70-シラーの詩による歌曲集第3&4集
10.第4集:8.554738-マイヤホーファーの詩による歌曲集第1集
11.第12集:8.554739-マイヤホーファーの詩による歌曲集第1集
12.第9集:8.554799-友人たち第1集
13.第15集:8.557171-友人たち第2集14.第28集:8.557567-友人たち第3集
15.第7集:8.554795-ヨーロッパの詩人第1集
16.第14集:8.557026-27-ヨーロッパの詩人第2集
17.第19集:8.557371-72-感傷主義の詩人第1&2集
18.第20集:8.557568-感傷主義の詩人第3集
19.第21集:8.557569-感傷主義の詩人第4集
20.第22集:8.557373-感傷主義の詩人第5集
21.第33集:8.570480-感傷主義の詩人第6集
22.第31集:8.572036-疾風怒濤の詩人
23.第29集:8.570838-その他の詩人たち
24.第11集:8.555780-北ドイツの詩人たち25.第24集:8.554797-ロマン派の詩人たち第1集
26.第25集:8.557831-ロマン派の詩人たち第2集
27.第26集:8.557832-ロマン派の詩人たち第3集
28.第27集:8.570067-ロマン派の詩人たち第4集
29.第10集:8.554796-オーストリアの詩人たち第1集
30.第17集:8.557172-オーストリアの詩人たち第2集
31.第23集:8.557833-オーストリアの詩人たち第3集
32.第35集:8.572322-希少作品、断片、異稿版
33.第32集:8.570961-パート・ソング第1集
34.第33集:8.570962-パート・ソング第2集
35.第34集:8.572110-パート・ソング第3集
様々なアーティスト
NAXOSが長い期間をかけて、着々と進行させたシューベルトの歌曲全集。最新の研究結果を踏まえ、ドイツが誇る歌手たちを揃えた、万全の仕上がりです。

8.504016(4CD)
ダウランド:リュート音楽集BOX ナイジェル・ノース(Lute)

(8.557586第1集/8.557862第2集/8.570449第3集/8.570284第4集のセット化)
ジョン・ダウランド(1563-1626)は後期ルネッサンス時代のイギリスの作曲家、リュート奏者です。彼の素朴な旋律美に溢れたリュート音楽は、時を超えて現代の芸術家たちにも愛されています。ナイジェル・ノースは言わずと知れたダウランドの第1人者。彼の演奏は、全ての曲から変幻自在の表情を引き出して、私たちに典雅なる喜びを与えてくれるのです。
8.504017(4CD)
ナクソス―BOXセット
ルーセル:交響曲全集
交響曲第1番「森の詩」Op.7
交響的前奏曲「復活」Op.4
劇音楽「眠りの精」Op.13(録音2008年10月、2009年4月)
響曲第2番Op.23
春の祭りに寄せてOp.22
組曲ヘ長調Op.33(録音2007年5月、2006年5月)
交響曲第3番ト短調Op.42
バッカスとアリアーヌOp.43
組曲第1番/組曲第2番(録音2006年5月、2006年10月)
交響曲第4番イ長調Op.53
交響詩「フランドル狂詩曲」Op.56
小組曲Op.39
小管弦楽のためのコンセールOp.34
シフォニエッタOp.52(録音2006年10月、2007年5月、6月、2008年8月)
ステファン・ドヌーヴ(指)
ロイヤル・スコティッシュ・ナショナルO
ルーセル(1869-1937)の交響曲全曲番と、交響詩、他管弦楽作品をまとめたBOXです。アルベール・ルーセルは1869年にルーアンに生まれ、印象主義から新古典主義に進み、ラヴェルとともにドビュッシー亡き後のフランス楽壇をリードした作曲家です。若い頃は海軍の道を志し、30歳の頃は海上で働き、様々な異国の地の風景をその目で見てきました。退役後、真剣に音楽を学び直し、若い頃の体験を音楽に移し変えることに専念。色彩豊かな素晴らしい曲を数多く作曲したのです。演奏はステファン・ドヌーヴ。母国フランスの音楽をこよなく愛する名指揮者による、最良の解釈をお聴きいただけます。

NAXOS-8.504046(4CD)
サラサーテ:ヴァイオリンと管弦楽のための作品集
<CD1…第1集:8.572191>
1.ツィゴイネルワイゼンOp.20/2.スペイン風アリアOp.18(ヴァイオリンと管弦楽編)/3.ミラマール=ソルツィーコOp.42(ヴァイオリンと管弦楽編)/4.ペテネラスOp.35(ヴァイオリンと管弦楽編)/5.ノクターン・セレナードOp.45/6.ビバ・セビーリャOp.38(ヴァイオリンと管弦楽編)/7.「白衣の婦人」による幻想曲Op.3
<CD2…第2集:8.572216>
1-5.カルメン幻想曲Op.25/6.グノーの「ロメオとジュリエット」による演奏会用幻想曲Op.5/7.ロシアの歌Op.49(ヴァイオリンと管弦楽編)/8.ナイチンゲールの歌Op.29(ヴァイオリンと管弦楽編)/9.狩りOp.44/10.ホタ・デ・パブロOp.52(ヴァイオリンと管弦楽編)
<CD3…第3集:8.572275>
1.モーツァルトの歌劇「魔笛」による演奏会用幻想曲Op.54/2.ナヴァラOp.33(2台のヴァイオリンと管弦楽による)/3.ムイニエラOp.32/4.グノーの歌劇「ファウスト」による新しい幻想曲Op.13/5.ヴェネツィア風舟歌Op.46(ヴァイオリンと管弦楽版)/6.序奏とカプリース・ホタ
<CD4…第4集:8.572276>
1.序奏とタランテラOp.43(ヴァイオリンと管弦楽編)/2.サン・フェルミンのホタOp.36(ヴァイオリンと管弦楽編)/3.モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」による演奏会用幻想曲Op.51(ヴァイオリンと管弦楽編)/4.ウェーバーの「魔弾の射手」による演奏会用幻想曲Op.14(ヴァイオリンと管弦楽編)/5.パンプローナのホタOp.50(ヴァイオリンと管弦楽編)/6.スコットランドの歌Op.34(ヴァイオリンと管弦楽編)/7.夢Op.53(ヴァイオリンと管弦楽編)/8.森のエスプリOp.48
ティアンワ・ヤン(楊天堝)(Vn)(CD3:トラック2は多重録音)
ナバーラSO
エルネスト・マルティネス=イスキエルド(指)

録音:<CD1>2008年9月1-5日
<CD2>2009年11月1-5日…1-5、2009年7月2日…6、2008年11月3-6日…7-10スペインパンプローナ,ナバーラSOコンサート・ホール
<CD3>2009年6月30日-7月3日
<CD4>2009年11月9-13日スペインパンプローナ、バラナイン・コンサート・ホール
すすり泣くようなヴァイオリンが印象的な「ツィゴイネルワイゼン」で知られるパブロ・サラサーテ)。歴史上、最も成功したヴァイオリニストの一人であったはずなのに、彼の他の作品は想像以上に知られていないのが実情です。サラサーテは、1844年にスペインのパンプローナで生まれました。父は連隊の楽団指導者で、幼いパブロにヴァイオリンを教えましたが、才能に溢れた息子はすぐに父を追い越し、もっと技術を磨くためにマドリッドに移ります。彼の早熟な才能は時のスペイン女王イザベラ2世に認められ、支援を受けてパリ音楽院に留学し、それ以降は優れたヴァイオリニストとして活躍することになります。彼の作品はスペインの民族音楽や舞曲を取り入れた華やかなものばかりで、このBOXではそんなサラサーテの素晴らしいヴァイオリンと管弦楽のための作品がもれなく収録されています。演奏しているのは「非常に才能ある若いヴァイオリン奏者」ティアンワ・ヤン(楊天堝)。彼女は他にもサラサーテの「ピアノとヴァイオリンのための作品集」も4枚リリースしているので、サラサーテに関して彼女の右に出る者はいないはずです。滑らかな音色、表現力。どこをとっても文句なしです。

8.505040(4CD)
アーティスト・プロフィール・シリーズ〜ラルフ・ファン・ラート
8.559285ジョン・アダムス
8.559360ジェフスキ
8.570442タヴナー
8.570542リンドベルイ
ラルフ・ファン・ラート(P)
20世紀の精緻なるピアノ曲を集めたファン垂涎のスペシャルBOXの登場です。アムステルダムでピアノを学び、数々の国際コンクールで入賞、とりわけ現代音楽の分野で高い評価を受けているピアニスト、ラルフ・ファン・ラートの芸術の集大成です。彼は多くの作曲家からの信頼も厚く、たくさんの曲を献呈されていて、それらを的確な解釈で表現できる類い稀なる資質を持っていることでも知られ、ここで聴けるリンドベルイの作品集や、ジェフスキの「不屈の民の主題による変奏曲」などは、他の演奏を圧倒するほどの迫力を備えています。現代のピアノ作品を味わいたい人にもうってつけのBOXです。
8.505086(5CD)
セレブリエール〜ストコフスキー編曲集
ワーグナー=ストコフスキー交響的編曲集(8.570293)
バッハ=ストコフスキー編曲集 1(8.557883)
バッハ=ストコフスキー編曲集 2(8.572050))
ムソルグスキー=ストコフスキー編曲集(8.557645)

■ボーナスCD
セレブリエールとストコフスキー(セレブリエールが語るモントゥーと、ストコフスキーの生涯と業績&演奏)
ホセ・セレブリエール(指) 他
ウルグアイの名指揮者、セレブリエールによるストコフスキーの編曲集です。幼い頃から音楽の才能を示したセレブリエールは、作曲をコープランド、指揮法をアンタル・ドラティとピエール・モントゥーに師事した後、ストコフスキーと出会います。22歳の若きセレブリエールの才能を認め、自分の片腕として重用したストコフスキー。彼はそんな大指揮者から多大なる影響を受け、「私の師の中で最も多くのことを学ばせてくれた人」と語るほど、ストコフスキーを尊敬していると言います。2003年、ストコフスキー協会から、ストコフスキーの編曲作品を演奏会のレパートリーに入れ、録音してほしいという提案を受けたセレブリエールは、この申し出を快諾。師が残した録音とはまた違った解釈で、現代的かつ華やかなバッハやワーグナー、ムソルグスキーの作品を再構築しました。ボーンマス交響楽団のスタイリッシュで華麗な響きによる壮大な響きに圧倒されます。
8.505225(5CD)
マックスウェル・デイヴィス:NAXOS弦楽四重奏曲全集BOX マッジーニQ

(8.557396第1番&第2番/8.557397第3番&第4番/8.557398第5番&第6番/8.557399第7番&第8番/8.557400第9番&第10番のセット化)
現在、スコットランドの北に位置するオークニー諸島で暮らす作曲家マックスウェル・デイヴィス卿(1934-)。彼の作品は確かに難解ではありますが、それはこの世のありとあらゆるものを自身の作品に取り入れ、肥大化した情報をきちんと整理したからに他なりません。このNAXOS弦楽四重奏曲は、ナクソス委嘱作品でもあり、作曲家のライフワークでもあります。占星術、絵画、世界情勢、彼が触発された様々な物が投影された独自の音世界は、聴き手に自らの心を向き合う姿勢をも要求する孤高の世界でもあります。
8.505226(52CD)
J・シュトラウス2世:管弦楽作品全集 多数のアーチスト
8.505228(5CD)
W.シューマン:出版された交響曲全集
交響曲第4番/管弦楽の歌/サーカス序曲「サイド・ショー」/交響曲第9番「アルデアティーネの洞窟」
交響曲第7番/交響曲第10番「アメリカのミューズ」
交響曲第3番/交響曲第5番「弦楽のための交響曲」/ユディト:管弦楽のための舞踏詩
交響曲第6番/戦争時の祈り/ニュー・イングランド三部作<喜びあれ、アメリカ/イエスがなく時/チェスター>
交響曲第8番/夜の旅
アイヴズ:「アメリカ」による変奏曲(管弦楽編曲:W.シューマン)
ジェラルド・シュワルツ(指)
シアトルSO
2010年に生誕100年を迎えたアメリカの大作曲家、ウィリアム・シューマン(1910-1992)の「出版された交響曲」全集です。最初はポピュラー音楽を書いていたのですが、1930年にトスカニーニ指揮のニューヨーク・フィルを聴いて職業作曲家になることを決意、大学を中退して、個人的に作曲を学び始めたという経歴を持ちます。作曲家としてはかなり多くの作品を残していて、吹奏楽ファンにも人気が高く、アメリカ現代曲を知るためには外せない人です。彼は10曲の交響曲を書いているのですが、最初の2曲は本人によって破棄されてしまったため、実質、この8曲で交響曲全集となります。おなじみ、アイヴズ作曲“「アメリカ」による変奏曲”の管弦楽編曲版ももちろん入ってます。

8.506019(6CD)
ハイドン:協奏曲全集 アウグスティン・ハーデリッヒ(vn)/ドミトリ・ババノフ(hr)/ハラルド・ヘーレン(ハープシコード/フォルテピアノ)/アリアドネ・ダスカラキス(vn)/ユルゲン・シュースター(tp)/マリア・クリーゲル(vc)/セバスティアン・クナウアー(p)/ハラルド・ヘーレン(org)/ケティル・ハウサンド(ハープシコード)/ダニエル・ロテルト&フィリップ・シュペートリンク(リコーダー)/ブノワ・フロマンジェ&インゴ・ネルケン(fl)/クリスティアン・ホンメル(ob)/ケルンCO/ヘルムート・ミュラー=ブリュール(指)
8.506021(6CD)
バーバー:作品集
序曲「悪口学校」Op.5/交響曲第1番ホ短調Op.9/管弦楽のためのエッセー第1番Op.12/交響曲第2番Op.19
ヴァイオリン協奏曲Op.14/バレエ組曲「スーヴェニール」Op.28/弦楽のためのセレナードOp.1/シェリーによる一場面のための音楽Op.7
チェロ協奏曲Op.22/バレエ組曲「メデイア」Op.23/弦楽のためのアダージョOp.11
ピアノ協奏曲/クリスマスに/メデイアの瞑想と復讐の踊り/コマンド行進曲
ノックスヴィル、1915年の夏Op.24/管弦楽のためのエッセー第2番Op.17/同第第3番Op.47/祝典トッカータOp.36
キャプリコーン協奏曲Op.21/歌劇「ブリッジ遊び」Op.35/ミューテーションズ・フロム・バッハ/歌劇「ヴァネッサ」Op.32より間奏曲/オーボエと弦楽のためのカンツォネッタ/ファドグラフ・オブ・ア・イースターン・シーンOp.44
マリン・オールソップ(指
)ロイヤル・スコティッシュO
バーバー(1910-1981)と言えば、あの有名な「弦楽のためのアダージョ」が真っ先に頭に浮かぶ人も多いことでしょう。もともとは弦楽四重奏曲第1番の第2楽章として作曲されたのですが、現在ではこちらの編曲ヴァージョンの方が広く愛されています。突きあげるような慟哭、深い悲しみ、これらが無限に続くような幅広いメロディで繰り返されていくこのメロディは1963年のJ.F.ケネディの葬儀で演奏されポピュラーになり、以降、映画やドラマで効果的に使われています。しかし、この曲は彼の作品の中では比較的初期のもの。こうしてじっくり聴いてみると実に多彩な音楽を書いていた人だということがわかるでしょう。オールソップの比類なき解釈で。
8.506026(6CD)
MONSTER MUSIC!
《CD1…8.570183》
スタイナー(1888-1971):コングの復讐/猟奇島
《CD2…8.570188》
ソルター&デッサウ:フランケンシュタインの家
《CD3…8.557700》
スタイナー:キングコング/
《CD4…8.557703》
キラール(1932-):ドラキュラ
 キング・フォー・バーニング
 死と処女
 The Beads of One Rosary
 Pearl in the Crown
《CD5…8.557705》
スキナー(1897-1968):フランケンシュタインの息子
スキナー&ソルター(1896-1994):透明人間の帰還
スキナー&ソルター:狼人間
《CD6…8.557850》
フランケル(1906-1973):吸血狼男
 So Long at the Fair Medley
 ジェット機M7号/The Prisoner
《CD1》レオニド・マカレヴィチ(P)
ウィリアム・ストロンバーグ(指)モスクワSO
《CD2》ウィリアム・ストロンバーグ(指)モスクワSO
《CD3》ウィリアム・ストロンバーグ(指)モスクワSO
《CD3》クラクフ・フィルハーモニーcho
《CD4》アントニ・ヴィト(指)ポーランド国立RSO
《CD5》ウィリアム・ストロンバーグ(指)モスクワSO
《CD6》カール・デイヴィス(指)ロイヤル・リヴァプールPO
NAXOSが誇る「映画音楽集」の中から、モンスターにまつわる音楽を収録したアルバムの6枚セットです。無声映画の頃は、お話を盛り上げるのは全て音楽でした。背後から何かが忍び寄ってくるシーン、まさに怪物に襲われるシーン、その時々にふさわしい迫力満点の音楽が奏されていたのです。このBOXには、アレンジャーJ.モーガンが当時のスコアを洗い出し(もしくは記録された音楽を再現)、リライトして、その音楽をより一層迫力あるものに仕上げているものを中心に収録。また、CD4にはポーランドの純クラシックの作曲家としても知られるキラールの作品集が含まれています。ドラキュラに付けられた悲劇的な音楽は一度聴いたら忘れることのできない魅力を放っています。
8.506027(6CD)
ベートーヴェン:交響曲全集(リスト編 イディル・ビレット(P)

録音:1985〜1986年
トルコの名ピアニスト、イディル・ビレットがかつてEMIに録音したベートーヴェン(1770-1827)=リスト(1811-1886)の交響曲全集。この難曲に挑んだピアニストといえばシプリアン・カツァリス、もしくはNAXOS盤のシチェルバコフなど何名かの名前を挙げることができますが、このビレットによる全曲も素晴らしくレヴェルの高いものであり、例えば交響曲第3番の終楽章や、交響曲第9番の終楽章での息を飲むような迫力でその技巧を存分に楽しみながらなお、ベートーヴェンの高貴な精神に触れることができるという稀有な名演と言えるでしょう。ビレットは1台のピアノから無限の響きを紡ぎだしています。

8.507008(7CD)
ハイドン:オラトリオ集(7枚組) ロベルタ・インヴェルニッツィ(S)/ゾフィー・カートホイザー(S)/アン・ハーレンベルグ(A)/アンドレス・J・ダーリン(T)/ニコライ・ボルチェフ(B)/スンハエ・イム(S)/ヤン・コボウ(T)/ハンノ・ミュラー=ブラハマン(B)/クリスティーネ・ヴェーラー(A)/シビラ・ルーベンス(S)/アンドレアス・カラシアク(T)/シュテファン・マクロード(B)/ヴォーカル・アンサンブル・ケルン(マックス・シオレック合唱(指))/アンドレアス・シュペリング(指)/カペラ・アウグスティーナ/ゲヴァントハウス室内cho/ライプツィヒCO/モーテン・シュルト=イェンセン(指)
8.507013(7CD)
ジェズアルド:マドリガルBOX
CD1…第1集(8.570548)
1. 甘く優しい口づけよ
2. 甘き愛をもって
3. マドンナ、私はそうなってほしい
4. どのように生きることができようか
5. 冷たいマドンナの乳房
6. マドンナは横たわっている
7. ああ、あまりにも賢明な誤り
8. そのように高貴な手の時は
9. 愛は平和を求めない
10. 何と喜ばしい。私の悲しみをつくることは
11. おお、甘き私の苦しみ
12. ティルシは死を望む
13. ティルシは自らの欲望を感じた
14. わが星をあなたは見ていますか
15. 見ないで、見ないで
16. 美しく芳香に満たされた花よ
17. 幸せな春よ
18. 正直なニンフたちが踊る
19. 自然があなたに与えたばら
20. 美しく小さな天使
CD2…第2集(8.570549)
1. 親愛なる愛しいほくろ様
2. そして彼女は持っている
3. あなたが壊して緩めた
4. 傷は浅い
5. 私の胸は感傷的になる
6. 最も優雅なベールで
7. 悲しみが甘い時
8. 私はすぐに死んでしまう
9. 痛みが激しい時、私は無口になる
10. おお、これほどまでに大きな罰
11. おお、甘き情熱
12. 私が感じるがままに
13. この手ではない
14. たいまつか矢のどちらかで
15. 雪のような白い手
16. あなたの残り香が
17. そして、幸せの竪琴を
18. 私は変わらない
19. 輝く瞳に出会ったとき
20. 私の光を消さないで
21. フランスの歌
22. ガリアルダ
CD3…第3集(8.572136)
1.あなたは私が死ねばいいと思っている
2.死んだ方がいいの?
3.悲しいかな、絶望的な生活
4.私は元気がない。そして死ぬ
5.あなたの曇りのない目の美しさで
6.悲しいかな、残酷で情け容赦のないもの
7.愛の甘き精神
8.私の心はため息をついている
9.おお、悪しき生まれの悪しきメッセージ
10.見てください、私の太陽が輝くのを
11.私はあなたを愛してない、そんな言葉を投げかけないで
12.愛の奇蹟
13.そして私は焼け焦げそう
14.残酷な悲しみ
15.彼女は泣いている、悲しくて
16.耐え難い苦痛が私を殺す
17.もし私があなたの慈悲深さを知ったなら
18.ああ、それはすでに残酷だった
19.最高に甘きため息(6声)
20.わが人よ、もし私を殺すなら
21.どのように私の心は生きることができるか(5声部のカンツォネッタ)
22.月桂樹の陰で(5声部のカンツォネッタ)
CD4…第4集
1. 清らかな澄んだ光よ
2. 時には正直な欲望に
3. 私は沈黙の中で静かでならなければならない(第1部)
4. 無駄に、残酷に(第2部)
5. あなたは私に何をしているの?
6. この残酷で信心深き女性
7. 私が思ったのと同じように(第1部)
8. おお、ここまで残酷な愛(第2部)
9. わが心よ、ああ、泣くことはない(第1部)
10. だから私を傷つけないで(第2部)
11. ルッツァッスキ(1545-1607):4声のトッカータ(オルガン・ソロ)
12. 我が主の顔は死に覆われている
13. 最後に溜息をつき、私は死ぬ(第1部)
14. 人生は死を歓迎する(第2部)
15. 彼女は結局のところ
16. 私の心を伝えよう
17. 見よ、従って私は死ぬだろう(第1部)
18. ああ、すでに私は血の気が引く(第2部)
19. 私の心は燃えている
20. あなたの心に小さな愛があれば
21. 太陽は明るく(6声-第1部)
22. わが光よ、戻っておいで(6声-第2部)

CD5…第5集(8.573147)
1.歌って楽しみなさい
2.見つめなければ私は死なないが
3.行け、わがため息よ
4.とてもいとしいわが命のひとよ
5.ああ、痛ましい喜び
6.いとしい方よ、愛の甘い「ああ」という言葉は
7.いとしいひとの目に宿り
8.もし私の悲しみがあなたを悲しませるのなら
9.わが心の命であるまなざしよ
10.命のひとから離れる者は
11.情けをと私は泣きながら叫ぶのだが
12.ああ、お前たちはあまりにもしあわせ
13.恋人たちよ、競い合って急ぎなさい
14.美しい目をふきなさい
15.お前は私を殺す
16.ああ、美しい胸を覆ってほしい
17.悲しく涙もろい私の気質に
18.けれど私を死へと導く

CD6…第5集&第6集(トラック4から) 8.573148
1.ああ、暗い日よ
2.もしお前が逃げるなら
3.あなたを愛しています、私の生命よ
4.もしもお前が私の死を望むなら
5.美しい人よ、心を持ち去るのなら
6.お前は泣いている、私のフィッリよ
7.私を煩わすのをやめておくれ
8.明るく輝く太陽
9.私は行くとしか言わなかった
10.一日に千回も私は死ぬ
11.優しい私の宝である人よ
12.ああ、いくらため息をついても無駄なのだ
13.こんなに大きな苦しみの中でも
14.優美な音色と甘い言葉で
15.白くみずみずしい花

CD7…第6集(8.573149)
1.大胆な小さい蚊が
2.お前を求めて私は燃える
3.死のみが私を殺すのだから
4.私の希望を打ち砕いたあの残酷な「いや」という言葉を
5.私は死ぬ、悲しみや苦しみゆえに
6.蝶のように舞う
7.私の喜びに空はかくも晴れ渡り
8.お前は追いかける、おお美しいクローリよ
9.お前を愛する故に私はやつれ果てる
10.悲嘆にくれて泣いていたのは昔
11.にこやかで美しいリコーリが
マルコ・ロンギーニ(指)
デリティエ・ムジケ

録音:2007年7月23-27日…CD1
2007年7月27-28日…CD2
2008年7月27日-8月1日…CD3
2009年7月20-24日…CD4
2010年7月6-10日,24-29日…CD5-7
不貞の妻とその愛人を殺害したことで名前が知られる後期ルネサンスの作曲家、カロル・ジェズアルド。彼の作品もその生涯に負けず劣らず独自性の高いものでした。当時の音楽語法とは全く異なる音列や和声、半音階的なメロディは、もちろん当時受け入れらることもなかったのですが、現代社会においては、却って表現力豊かなものとして高く評価されるようになったのです。肌をざわつかせるほどに歪んだ美しさに満ちた一連の作品、この機会にまとめてお楽しみください。

8.508009(8CD)
ハイドン:ミサ曲全集
スターバト・マーテル
ミサ曲ハ長調「祝福された聖処女マリアの賛美のミサ・チェレンシス」(聖チェチリアのミサ)
ミサ曲ト長調「聖ニコライ・ミサ」
ミサ曲ニ短調「ネルソン・ミサ」
ミサ曲ハ長調「ミサ・チェレンシス」(マリアツェル・ミサ)
ミサ曲ハ長調「よき四季斎日のミサ」(戦時のミサ)
ミサ・ソレムニス「大オルガンミサ」
ミサ曲変ロ長調「オッフィーダの聖ベルナルドの賛美のミサ」
ミサ・ブレヴィス
ミサ曲変ロ長調「ハルモニー・ミサ」
ミサ・ブレヴィス(1805年版)
ミサ曲変ロ長調「天地創造ミサ」
ミサ曲変ロ長調「神なる聖ヨハネのミサ・ブレヴィス」(小オルガンミサ)
ミサ曲変ロ長調「テレージア・ミサ」
J.オーウェン・バーディック(指)
ジェーン・グローヴァー(指)
トリニティ・コア
レーベル・バロック・オーケストラ
2009年のハイドン(1732-1809)没後200年のために8年間をかけて録音されたミサ曲全集。素朴な味わいの合唱団とオリジナル楽器による管弦楽団の温かみのある演奏がたまりません。一家に1セット。一度は聴きたい全集です。分売予定は今のところありません。
NAXOS-8.508015(8CD)
NX-D05
グリーグ:管弦楽作品全集
【CD1:秋に/ピアノ協奏曲他】・・・8.557279
秋にOp.11/ピアノ協奏曲
交響的舞曲Op.64
【CD2:ピアノ作品からの管弦楽編曲集】・・・8.557854
スロッテルOp.72(ゾンメンフェルトによる管弦楽編)
 弟8番:婚礼の行進(粉ひきの少年による)
 第4番:妖精の丘からの舞曲
 第2番:ヨン・ヴェスタフェの飛び跳ね舞曲
ノルウェー舞曲集Op.35(シットによる管弦楽編)
リカルド・ノルドロークのための葬送行進曲EG107(ハルヴォルセンによる管弦楽編)
人びとの生活の情景Op.19-第2曲婚礼の行列(ハルヴォルセンによる管弦楽編)
バラードト短調Op.24(トヴェイトによる管弦楽編)
叙情小品集第5巻Op.54-6「鐘の音」(グリーグ/シードルによる管弦楽編)
【CD3:交響曲ハ短調/古いノルウェーの歌と変奏曲】・・・8.557991
交響曲ハ短調EG119
古いノルウェーの歌と変奏曲(管弦楽版)
組曲「十字軍の兵士シグール」Op.56
第1番:前奏曲「王の広間」
第2番:間奏曲「ボルグヒルの夢」
第3番:忠誠行進曲
【CD4:「ペール・ギュント」組曲第1番/第2番他】・・・8.570236
ペール・ギュント組曲第1番Op.46
 朝/オーゼの死
 アニトラの踊り/山の魔王の宮殿にて
ペール・ギュント組曲第2番Op.55
 イングリッドの嘆き・アラビアの踊り
 ペール・ギュントの帰郷/ソルヴェイグの歌
ビョルンソンの「漁夫の娘」による4つの詩Op.21-第1曲初めての出会い
山の精にとらわれし者Op.32
6つの歌EG177
【CD5-6:「ペール・ギュント」Op.23劇音楽全曲版他】・・・8.570871-72
「ペール・ギュント」Op.23(全曲版)
南の修道院にてOp.20
ベルグリョートOp.42
【CD7:組曲「ホルベアの時代から」他】・・・8.572403
2つの悲しき旋律Op.34
2つのメロディOp.53
組曲「ホルベアの時代より」Op.40
2つの叙情小品Op.68
2つのノルウェーの旋律Op.63
抒情組曲Op.54
【CD8:付随音楽「十字軍の兵士シグール」他】・・・8.573045
故郷への帰還Op.31
付随音楽「十字軍の兵士シグール」Op22(抜粋)
 第4番:北国の人々/第8番:王の歌
 第9番:ホルンのシグナル/第1番:はじめに
 間奏曲
オラヴ・トリュグヴァソンOp.50
 第1場:多くの刺激的な名前に隠された
 第2場:あなたが呼ぶほどではない
 第3場:すべての神に感謝の恵みを捧げる
ノイペルト(1842-1888):習作Op.26-第1楽章アンダンティーノ(グリーグによる管弦楽編)
【CD1】
ホーヴァル・ギムセ(P)・
ロイヤル・スコティッシュ・ナショナルO
ビャルテ・エンゲセト(指)
録音:2003年5月13-15日

【CD2】・・・8.557854
ロイヤル・スコティッシュ・ナショナルO
ビャルテ・エンゲセト(指)
録音:2005年5月2-3日

【CD3】
マルメSO
ビャルテ・エンゲセト(指)
録音:2006年4月10-13日

【CD4】
インガー・ダム=イェンセン(S)
パレ・クヌーセン(Br)
マルメSO
ビャルテ・エンゲセト(指)
録音:2006年5月29-31日

【CD5-6】
ハンス・ヤコプ・サント(俳優)
アンネ・マリット・ヤコプセン(女優)
エーリク・ヒヴュ(俳優)
イーサ・ゲーリケ(S)
ユンニ・ローヴリ(S)
レーナ・ヴィッレマルク(S)
ベルク・シュステン・ブローテン(Ms)
イツィアール・マルティネス・ガルドス(Ms)
ユングヴェ・アンドレ・ソベルグ(Br)
クヌート・スティクレスター(Bs) 他
マルメ室内cho
ルント・クルチュアシュコラン少年少女cho
マルメSO
ビャルテ・エンゲセト(指)
録音:2004年9月29日-10月2日、2008年1月11日、2006年8月23日、2006年8月24-25日

【CD7-8】
ユングヴェ・アンドレ・ソベルグ(Br)
ヘルゲ・ロニング(T)
ニーナ・グラーヴロク
マリアンヌE.アンデルセン(A)
マグネ・フレンメリー(Br)
マルメSO
マルメ室内cho
ルンド大学男声cho
マルメ歌劇場OO&cho
ビャルテ・エンゲセト(指)
録音:2009年5月26日、2012年6月7-9日
グリーグの管弦楽作品を全曲収録したこのBOX。グリーグが生涯に渡って追求したノルウェーの民族音楽の影響をはじめ、彼が愛した自然の情景、豊かな情感が、卓越した管弦楽法を用いて描かれています。どの作品も共感に溢れた素晴らしい演奏ですが、中でも、グリーグの代表作の一つ、イプセンの戯曲に基づいた「ペール・ギュント」の音楽は、一般的な組曲版の他、劇音楽完全版も収録。ノルウェーの演奏家たちの原語による勢いに満ちた演奏を聴くと、この作品の本来の姿が目の前に浮かび上がってくることでしょう。演奏しているエンゲセトはノルウェーを代表する指揮者の一人。シベリウス・アカデミーでヨルマ・パヌラに師事し、1989年の卒業後はスカンジナビア半島全域で指揮者として活躍、NAXOSにもこのグリーグをはじめ、シベリウスやスヴェンセンなど北欧の音楽を多数録音している実力派です。
NAXOS-8.508016(8CD)
イディル・ビレット・シューマン・エディション〜シューマン
■CD1…8.571307
ピアノ協奏曲イ短調Op.54
序奏とアレグロ・アパッショナート(コンツェルトシュテュック)ト長調Op.92*
序奏と協奏的アレグロOp.134*
■CD2…8.571291
アベッグ変奏曲/ピアノ・ソナタ第2番
幻想曲ハ長調/トッカータハ長調Op.7
■CD3…8.571292
クライスレリアーナ/花の曲変ニ長調Op.19
ウィーンの謝肉祭の道化Op.26
■CD4…8.571298
色とりどりの小品Op.99/幻想小曲集Op.12
■CD5…8.571301
蝶々Op.2/謝肉祭Op.9
アラベスクハ長調Op.18/森の情景Op.82
■CD6…8.571305
ピアノ五重奏曲変ホ長調Op.44
交響的練習曲Op.13
■CD7…8.550885
子どもの情景Op.15
チャイコフスキー:若い人の為のアルバムOp.39
ドビュッシー:子どもの領分
■CD8…8.571308
ラジオ・インタビュー(1949)
C.P.E.バッハ:ソルフェッジョハ短調Wq.117/2,H.220
F.クープラン:クラヴサン曲集第3巻第18組曲-修道女モニク
 クラヴサン曲集第3巻第18組曲-ティク−トク−ショック、またはオリーヴしぼり機
バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻BWV846-869-前奏曲とフーガ第3番嬰ハ長調BWV848
ベートーヴェン:7つのバガテルOp.33-第1番変ホ長調
ドビュッシー:子どもの領分-グラドゥス・アド・パルナッスム博士
ラジオ・イントロダクション(1953)
D.スカルラッティ:ソナタト短調K.12/L.489/P.68
バッハ:半音階的幻想曲とフーガニ短調BWV903
ドビュッシー:子どもの領分-小さな羊飼い
ブラームス:6つのピアノ小品Op.118-第6番間奏曲変ホ短調
シューマン:幻想小曲集Op.12
イディル・ビレット(P)

■CD1
ビルケントSO
ポーランド国立RSO*
アントニ・ヴィト(指)
録音:2006年11月アンカラピルケント・シンフォニー・ホール、1996年8月カトヴィツェポーランド国立放送ホール

■CD2
録音:2012年1月アンカラピルケント・シンフォニー・ホール

■CD3
録音:2012年1月アンカラピルケント・シンフォニー・ホール

■CD4
録音:1983年ダブリン
2000年ニュルンベルク

■CD5
録音:2013年5月ブリュッセル

■CD6
ボルサンSQ
録音:2014年5月ハイデルベルク

■CD7
録音:1993年5月ハイデルベルク

■CD8
録音:パリ1949年.1953年.1959年
イディル・ビレットにとって、シューマンは特別な存在です。例えばCD8に収録されている「幻想小曲集Op.12」は1959年に彼女がパリでLPに収録したもの。当時17歳であった彼女の瑞々しい感性は、2000年に再録した同じ曲にも見事に引き継がれています。また若き彼女が演奏した「クライスレリアーナ」はアルトゥール・ルービンシュタインに絶賛されました。ピアニストとして経歴を積み重ねている彼女ですが、その節目節目には必ずシューマンがあったと言っても過言ではありません。そんなビレットのシューマン、最初のピアノ協奏曲から魅了されること間違いありません。独特の歌いまわしとリズム感には痺れます。名手ヴィトの振るオーケストラも彼女にぴったりと合わせています。CD8は若き彼女のラジオ・インタビューを含む興味深い内容です。ベートーヴェンとは違った面持ちを魅せるビレットのシューマン。これは面白いです。


8.509002(9CD)
ドビュッシー:管弦楽作品集全集
牧神の午後への前奏曲/海
バレエ音楽「遊戯」
子どもの領分(A.カプレ編)
「ペレアスとメリザンド」交響曲(M.コンスタント編)
夜想曲/英雄の子守歌(管弦楽編)
12の練習曲〜第9番,第10番,第12番
映像
ピアノのために〜サラバンド(ラヴェル編)
舞曲(ラヴェル編)
スコットランド行進曲(管弦楽編)
レントよりもおそく
聖セバスティアンの殉教
バレエ音楽「カンマー」(C.ケクランによる管弦楽補筆編)
リア王(J. ロジェ=デュカス編)
セーヌ・リリック「放蕩息子」〜行列と踊りの歌
おもちゃ箱(C.ドビュッシー,A.カプレ編)
バッカスの勝利(M.F.ガイヤール編)
6つの古代の墓碑銘(E. アンセルメ編)
白と黒で(R.ホロウェイ編)
小組曲(H.ビュッセル編)
ベルガマスク組曲(G.クロエ編)
喜びの島(B.モリナーリ編)
前奏曲集第1巻(C.マシューズ編)
交響組曲「春」(H.ビュッセル編)
前奏曲集第2巻(C.マシューズ編)
版画〜塔(A.カプレ編)
版画〜グラナダの夕べ(H.ビュッセル編)
交響曲ロ短調(T.フィーノ編)
幻想曲/クラリネットのための第1狂詩曲
幻想曲(R.ロジェ=デュカス編)
2つの舞曲「神聖な踊りと世俗の踊り」
準メルクル(指)フランス国立リヨンO
準・メルクルによるドビュッシーの管弦楽作品全集です。このBOXには本来の管弦楽曲だけでなく、多くの管弦楽編曲(他の人の手によるものも含まれる)も収録されているのが特徴です。印象派を代表するドビュッシーの管弦楽の扱いの巧さについては今さら語る事もないでしょう。変幻自在に色を変える「海」の描写に始まり、「夜想曲」や、「牧神の午後への前奏曲」など、聴いているだけで、目の前に「音で描いた絵画」が立ち現れます。また彼を信奉する作曲家たちは、この手法を模倣するかのように、ピアノ曲などに素晴らしいオーケストレーションを施したのです。作品としての興味も、音としての興味も全て満足させてくれる充実のこのセット、ドビュッシー生誕150年を記念するにふさわしい贈り物と言えるでしょう。

NAXOS-8.558081(4CD)
ATOZストリング・プレイヤーズ
■CD1
1.シューベルト:「ます」D667〜第3楽章
2.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番〜第6楽章ジーグ
3.シューベルト:アルペッジョーネ・ソナタD821〜第2楽章
4.ヒューメ:バロック風二部作〜第2楽章フゲッテ
5.ショア:スケルツォ
6.モーツァルト:ピアノ三重奏曲「ケーゲルシュタット」第3楽章
7.ブラームス:ハンガリー舞第8番イ短調(編曲:J.ヨアヒム)
8.モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番〜第3楽章
9.ベートーヴェン:ノットゥルノニ長調Op.42〜第3楽章(W.プリムローズ編)
10.ガーシュウィン:ショート・ストーリー
11.ドルドラ:思い出
12.ヴィヴァルディ:ヴァイオリン・ソナタイ長調Op.2〜2,RV31〜第1楽章
13.ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番〜第3楽章
14.ハイドン:チェロ協奏曲第2番〜第3楽章
15.ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第7番〜第3楽章
16.マルティヌー:3つのマドリカル」H313〜第1楽章
17.ボッケリーニ:チェロ協奏曲変ロ長調G.482〜第3楽章
18.ミャスコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ短調Op.44〜第3楽章
■CD2
1.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043〜第1楽章
2.テレマン:12のファンタジー〜第2番ト長調TWV40:15
3.バッツィーニ:妖精の踊りOp.25
4.フランク:ヴァイオリン・ソナタ〜第1楽章
5.ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲〜第3楽章
6.ブリテン:無伴奏チェロ組曲第2番Op.80〜第1楽章
7.パガニーニ:カプリースOp.1〜16ト短調
8.フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第2番〜第3楽章
9.ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲ハ長調「喜び」Op.8〜6RV180〜第3楽章
10.ブラームス:チェロ・ソナタ第2番ヘ長調Op.99〜第4楽章
11.クーセヴィッツキー:小さなワルツOp.1〜2
12.シンディング:3つの悲歌的小品Op.106〜1「悲歌」
13.ブロッホ:ヘブライ組曲〜第2楽章「行列」
14.バッハ:G線上のアリア
15.バッハ/グノー:アヴェ・マリア
16.チン:フォルモサの四季〜第4楽章「春」
17.アイアランド:海への情熱
18.シュニトケ:フーガ
■CD3
1.ホフマン:ヴァイオリン協奏曲変ロ長調〜第3楽章
2.エネスク:ヴァイオリン・ソナタ第3番〜第3楽章
3.ヴィラ・ロボス:ブラジル風バッハ第5番〜第1楽章「カンティレーナ」
4.ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調Op.108〜第3楽章
5.バーバー:チェロ協奏曲Op.22〜第2楽章
6.ビスカーディ:ヴィオラは突然声になる
7.モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1番〜第3楽章
8.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番〜第3楽章
9.モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番〜第3楽章
10.ヴィヴァルディ:チェロ・ソナタ.ホ短調Op.14〜5RV40〜第1楽章
11.バルトーク:狂詩曲第1番BB94a〜第1楽章
12.ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第2番〜第1楽章
13.エルガー:愛の挨拶
14.パガニーニ:24のカプリースOp.1〜5イ短調
15.パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第2番〜第3楽章
■CD4
1.ディーリアス:劇付随音楽「ハッサン」〜セレナード
2.グラズノフ:2つの小品Op.20〜第2番「スペインのセレナード」
3.エルガー:ヴァイオリン・ソナタホ短調Op.82〜第1楽章
4.ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第11番「セリオーソ」〜第1楽章
5.ヘンデル:トリオ・ソナタホ長調Op.2〜9HWV394〜第1楽章
6.ワーグナー:「タンホイザー」〜夕星の歌
7.ホヴァネス:チェロ協奏曲Op.17〜第2楽章
8.ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリンのための協奏曲ト短調RV517〜第2楽章
9.ハイドン:チェロ協奏曲第2番〜第2楽章
10.ベンダ:ヴィオラ協奏曲ヘ長調〜第3楽章
11.メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調〜第3楽章
12.ターティス:日没
13.ブラームス:二重協奏曲〜第2楽章
14.モーツァルト:ディヴェルティメント変ホ長調K563〜第3楽章
15.バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第6番ト長調BWV1019〜第2楽章
16.ラッブラ:チェロ・ソナタト短調Op.60〜第2楽章
17.サラサーテ:カルメン幻想曲Op.25第5楽章
18.ブラームス:ハンガリー舞曲第20番
■CD1
1.ウィリー・ボスコフスキー(Vn)
2.パブロ・カザルス(Vc)
3.ガスパール・カサド(Vc)
4.ジェラール・コセ(Va)
5.ロジャー・チェイス(Va)
6.レベッカ・クラーク(Va)
7.ジェリー・ダラーニ(Vn)
8.ジョコンダ・デ・ヴィート(Vn)
9.ロベルト・ディアス(Va)
10.サミュエル・ドゥシュキン(Vn)
11.ミシャ・エルマン(Vn)
12.江藤俊哉(Vn)
13.マキシム・フェドートフ(Vn)
14.エマヌエル・フォイアマン(Vc)
15.ヨーゼフ・フックス(Vn)
16.リリアン・フックス(Va)
17.モーリス・ジャンドロン(Vc)
18.イリヤ・グルベルト(Vn)

■CD2
1.アルトゥール・グリュミオー(Vn)
2.アウグスティン・ハーデリッヒ(Vn)
3.クロエ・ハンスリップ(Vn)
4.ヤッシャ・ハイフェッツ(Vn)
5.ブロニスワフ・フーベルマン(Vn)
6.ティム・ヒュー(Vc)
7.イリヤ・カーレル(Vn)
8.カン・ドンスク(Vn)
9.ルイス・カウフマン(Vn)
10.マリア・クリーゲル(Vc)
11.セルゲイ・クーセヴィツキー(Cb)
12.ヘニング・クラッゲルード(Vn)
13.ミリアム・クレーマー(Vn)
14.フリッツ・クライスラー(Vn)
15.ヤン・クーベリック(Vn)
16.チョーリャン・リン(Vn)
17.ジュリアン・ロイド・ウェバー(Vc)
18.マルク・ルボツキー(Vn)

■CD3
1.ロレイン・マカスラン(Vn)
2.イェフディ・メニューイン(Vn)
3.フランク・ミラー(Vc)
4.ナタン・ミルシテイン(Vn)
5.ザラ・ネルソヴァ(Vc)
6.ポール・ニューバウアー(Va)
7.西崎崇子(Vn)
8.ダヴィッド・オイストラフ(Vn)
9.テオ・オロフ(Vn)
10.アルド・パリソ(Vc)
11.ジェルジ・パウク(Vn)
12.グレゴール・ピアティゴルスキー(Vc)
13.モード・パウエル(Vn)
14.ウィリアム・プリムローズ(Va)
15.フィリッペ・クイント(Vn)

■CD4
1.フレデリック・リドル(Va)
2.アレクサンダー・ルビン(Vc)
3.アルバート・サモンズ(Vn)
4.ヴォルフガンク・シュナーダーハン(Vn)
5.アルバート・スポルディング(Vn)
6.ウィリアム・ヘンリー・スクイア(Vc)
7.ヤーノシュ・シュタルケル(Vc)
8.アイザック・スターン(Vn)
9.ギレルミナ・スッジア(Vc)
10.ヨゼフ・スーク(Va)
11.ヨーゼフ・シゲティ(Vn)
12.ライオネル・ターティス(Va)
13.ジャック・ティボー(Vn)
14.ラーシュ・アネルス・トムテル(Va)
15.ルーシー・ファン・ダール(Vn)
16.ラファエル・ウォルフィッシュ(Vc)
17.楊天堝(Vn)
18.エフレム・ジンバリスト(Vn)
何とも胸躍る4枚組。この中に古今東西の名弦楽器奏者たちの演奏がたっぷりと詰まっています。総勢69名の時代を超えた演奏家たち。演奏スタイルや解釈は時代によって異なりますが根底に流れている音楽への情熱は普遍です。咽び泣く音色、輝かしい音色、これぞ「琴線に触れる音楽」です。じっくりとお楽しみください。650ページを越える解説書(英語のみ)ではアッカルドからズッカーマンまで300人を越える演奏家たちのバイオグラフィが掲載されており価値ある資料として役立つものです。

このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです。


Copyright (C) 2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.